会社で使っている電話番号が無くなってしまう?!

固定電話の番号は発行元が「ひかり電話」と「アナログ電話」の2種類あります。
フレッツ光での番号発行の場合だと、インターネット回線を解約してしまった時点でご利用中のお電話番号は消滅してしまいます。(ただし転用の際は引継ぎが可能です)
設置先住所の変更がある場合は、どちらにしても電話番号が変わる可能性が高いのですが、もし同じNTT局舎内(同じ電話番号が使えるエリア)であれば、お引越しでも電話番号が変わらない場合もあります。(その場合は「移転」の手続きがおススメです)

<ひかり電話での番号発行>のメリットとデメリット

【メリット】
何といっても、初期費用が安いこと!!1番号につき、光回線方式だと1,000円、VDSL方式だと2,500円で新しい電話番号が発行できます。
また月々の基本料金がとても安いです。基本プランであれば月額500円(税別)で利用可能です。
【デメリット】
引っ越し等の場合や利用中のインターネット回線を解約してしまうと、利用中のお電話番号は消滅します。光コラボに転用されたあとに、別の光コラボへ乗り換える際は特に注意が必要です。プロバイダを乗り換える感覚で解約してしまうと、大切なお電話番号が無くなりますのでご注意ください。

<アナログ電話での番号発行(加入権有)>のメリットとデメリット

【メリット】
アナログ電話として発行された電話番号の場合は、一旦ひかり電話に番号ポータビリティをされたとしても、インターネット回線を解約する前に「アナログ戻し」をする事で、お電話番号の継続が可能となります。ただしアナログ戻しには2,000円~12,000円の費用が必要となりますのでご注意ください。
【デメリット】
アナログ電話での番号発行は加入権有の場合は、初期費用が高額になります。36,000円(税別)のほか手数料等が必要です。その代りアナログ戻しができるので、ひかり電話にした後にインターネット回線を解約しても番号を継続して使う事ができます。加入権無しの「アナログライトプラン」の場合、初期費用はお安くなりますがアナログ戻しができませんので注意が必要です。また月々の基本料金がひかり電話に比べ高めで、月額1,500円前後必要になります。

どうしても○○○○番が欲しい!良い番号が欲しい!!という方は…

固定電話の電話番号のシェアは
アナログ電話発行とひかり電話発行が、8:2位だそうです。絶対にこの番号でないと!!という企業様の場合は、アナログ電話発行がおススメです。料金は少々高くなりますが、使いたい電話番号を発行することが可能かもしれません!もちろんアナログ電話開通後に、ひかり電話に番号ポータビリティする事は可能ですのでご安心くださいね♪

いかがでしたか?意外と知らない方が多く、知っていれば後になって困る事がない情報ばかりをご紹介しました。
このケースだとどうなるの?などご不明な点はぜひ当社オペレーターまでご相談くださいね!

関連記事