フレッツ光が品質そのままでもっとお安くご利用いただけます!
光コラボ詳細
フレッツ光が品質そのままもっとお安くご利用いただけます!
▶ 光コラボの詳細はコチラ

BBNブロードバンドナビ㈱    NTT西日本・NTT東日本販売代理店 代理店コード 1001182140 兵庫県西宮市六湛寺町9-8 市役所前ビル5F

フレッツ光

  • F
  • フレッツ光 販売代理店 ブロードバンドナビ株式会社 0120-93-2299

ブロードバンド受付センター 受付時間 10:00~20:00(年中無休)

つながりにくい
場合にはコチラ

▶ 折り返し電話予約

ネット用語辞典

Dictionary of internet terms

仮想メモリとは?

仮想メモリとは、コンピューターがメインメモリの容量を超える作業を行う際、一時的にデータを移し替えることでメインメモリの空きを確保するための専用領域のこと。

仮想メモリは、仮想記憶とも呼ばれています。

ユーザーの命令によりコンピューターが作業を行う際には、メインメモリと呼ばれる作業領域にいったんプログラムやデータが保存され、その後、メインメモリからコンピューターの頭脳であるCPUにデータが渡され、各種処理が実行されます。

メインメモリを超える作業(メモリ不足)が発生した場合には、コンピューターは一時的に現在使用していないデータをハードディスクに存在する専用領域に移すことで、メインメモリの容量を空けます。この専用領域が仮想メモリです。

例えば、仕事をしていて、必要な資料すべてが机の上に乗り切らない場合、一部の資料を一時的に補助机の上に置くとか、開けたままの引き出しの上に置くなどすることがあります。この机の上をメインメモリ、補助机や引き出しの上を仮想メモリと考えるとわかりやすいでしょう。

コンピューターで、大容量のファイルや複数のソフトウェアを同時に操作することができるのは、仮想メモリが使われているためです。ただし、仮想メモリはメインメモリの完全な代替にはなりません。通常、仮想メモリにはハードディスクが使用されることが多いですが、ハードディスクの読み書き速度はメインメモリよりもはるかに遅いからです。パソコンの動作が慢性的に遅い場合、メインメモリの増設が有効な場合もあります。

BBN © Broad Band Navi All Rights Reserved.