フレッツ光とコラボ光の比較

フレッツ光とコラボ光のちがい

フレッツ光

NTTと直接契約するのが「フレッツ光」。インターネット回線利用料とISP(Internet Service Provider:以下プロバイダ)利用料をそれぞれの事業者に支払います。フレッツ光はNTT東日本エリアとNTT西日本エリアで契約先がはっきり分かれます。プロバイダは全国共通で契約ができます。

コラボ光

事業者がNTTから回線を借り受け、自社のプロバイダとセットにして提供されているのが「コラボ光」。SoftBank 光やOCN 光などがこれにあたります。インターネット回線利用料とプロバイダ利用料を事業者にまとめて支払います。東西を問わず日本全国のフレッツ光提供エリアで契約ができます。

どちらもNTTの光回線を使用してインターネットを利用します。フレッツ光はお好きなプロバイダを選べる点が、コラボ光は契約先が一元化されているので契約内容がシンプルである点が最大のメリットです。

当コラム[part1.解説編]では、主にそれぞれの特長を詳しくご紹介します。

プロバイダ変更やお引越しの流れをまとめた[part2.シミュレーション編]もあわせてご覧ください。

当社運営の各光コラボの専用サイトでも詳しくご確認いただけます。

ソフトバンク光サイトはこちら

OCN光サイトはこちら

じぶんに合うものを知りたい!

フレッツ光をおススメしたいお客様はこんな方

  • ・ 店舗経営者・SOHOなどで、法人契約を希望している。
    コラボ光は契約対象が主に個人のため、フレッツ光の選択がおススメです。
  • ・ 契約したいプロバイダがコラボ光を提供していない。
    多数の事業者より提供されているプロバイダから自由に選ぶことができます。
  • ・ より好みのプロバイダが見つかれば、すぐに変更したい。
    光回線とプロバイダを別に契約する最大のメリットの1つ。工事不要でプロバイダのみ乗り換えできます。
  • ・ 固定電話をIP電話に変更し、ビジネスにも活かしたい。
    ひかり電話A(エース)や複数チャネルなど、IP電話オプションが充実しているのも魅力の一つです。
  • ・ 遠くへの引っ越し予定がない
    NTT西日本とNTT東日本。契約先が変わる度に解約・新規申込が必要になります。

コラボ光をおススメしたいお客様はこんな方

  • ・ わかりやすいのがいちばん♪
    回線とプロバイダがひとまとめになっているので、料金の支払いなども簡潔です。
  • ・ 費用をなるべく抑えたい
    どのコラボ光も基本利用料金が安めに設定されています。リーズナブルに利用したい方におすすめです。
  • ・ 利用したいオプションがコラボ光にある。
    SoftBank 光のおうち割りなど、事業者の特色を活かしたオプションサービスはコラボ光ならではです。
  • ・ 転勤などやむを得ない引越しが多い。
    フレッツ光の提供エリアなら、日本全国どこでも移転できるので継続利用できます。

なるほど!ご自身の生活パターンから、利用したいサービスが提供されているものを選ぶ事がポイントになりそうですね!

資料だけじゃわかりにくい!?

「いざ契約先選び。ホームページでチェックすると、びっくりするくらいたくさんの商品があり決められない…!」

「フレッツ光を使ってみたくて資料をみたら、専門用語が難しくて困ってます。ちゃんと契約できるかしら?」

このような時は、当社ブロードバンドナビ株式会社までご相談ください!お客様のご相談内容にあったプランをコーディネートさせていただきます!
正規代理店である当社は取り扱い商品も多数あり、ご満足いただけるコラボ光がきっと見つかるはずです

もちろんフレッツ光のお取り扱いもありますので、是非当社にインターネット契約のコーディネートをお任せください!!

[part2.シミュレーション編]では、インターネット契約を考える大きな機会となりそうな「プロバイダ変更」や「引越し」のケースをシミュレーションしていきます。

本コラムは2018年11月時点の情報をもとに作成しています。

関連記事