お引越しのとき

part1.解説編のおさらい

part1.ではフレッツ光とコラボ光の違いや特長をふまえ、おススメしたいお客様のタイプをご紹介させていただきました。

  • フレッツ光
    ・回線とプロバイダをそれぞれ契約する。
    ・IP電話オプションに強みあり。
    ・西日本と東日本で契約が分かれるため引越し時は注意が必要。
    ・店舗経営やSOHOなど法人に好評。
  • コラボ光
    ・事業者がNTTから回線を借り受けてプロバイダとセットにして販売。
    ・安めの価格設定が一般家庭や個人に人気。
    ・東西を問わず日本全国のフレッツ光提供エリアで移転可能。

どちらもNTTの光回線を使用した高速インターネットを提供しています。

当コラムでは、インターネット契約を考える大きな機会となりそうな「プロバイダ変更」や「引越し」のケースをシミュレーションしています。

それぞれの特長をご紹介している[part1.解説編]もあわせてご覧ください。

case1.プロバイダを変更したい

では、プロバイダ変更からご紹介します。

フレッツ光

  • 《STEP1》
    現在のフレッツ光のサービスプランを契約書で調べるかNTTに電話して確認しましょう。次のプロバイダに申し込むときに間違いを防ぐことができます。
  • 《STEP2》
    電話や公式サイト等から新たなプロバイダに申し込みをします。
  • 《STEP3》
    契約書などが送られてきたら内容を確認し、記載されている接続IDやパスワードで新しいプロバイダの接続設定をします。この時点で新しいプロバイダの契約がスタートします。
  • 《STEP4》
    元々使っていたプロバイダの会員ページやコールセンターに連絡をして、旧プロバイダの契約を解除します。

これでプロバイダの乗り換えは完了です♪簡単ですよね!
フレッツ光のオプションサービスはそのまま利用でき、書類のやり取りや設定のみ。新しいプロバイダでインターネット利用開始です♪初めに使っていたプロバイダの解約を忘れてしまうと、料金の請求が重複してしまいますのでご注意くださいね。

コラボ光
プロバイダと回線がセットのため、旧コラボ光を解約して、新コラボ光を契約することになります。
一般的に「乗り換え」と呼ばれます。

  • 《STEP1》
    まず現在利用中の回線を解約する手続きを行います。更新月以外は解約金が発生するので注意しましょう。
    解約日は事業者と相談して決める事になりますが、即日解約はできない場合が多いので早めに連絡を入れましょう。解約すると利用中のIP電話、オプションサービスも契約終了となります。
  • 《STEP2》
    次に新規契約先に申し込みをします。現在利用中の回線と新規回線を同時に契約できない場合がありますので、状況によっては現在の回線解約後の開通となる場合もあります。
  • 《STEP3》
    解約日になれば、モデムやルーターなどレンタル機器やそれに付属する電源アダプタなどを返却します。
  • 《STEP4》
    新規契約先の工事が完了すれば、乗り換え完了となります。契約書などに記載されている接続IDやパスワードで新たにネットにつなぐための設定をします。

状況によって異なりますが、旧回線を解約後の新回線の工事の場合、工事が完了するまでインターネットは利用できませんのでご注意ください。
また、新たに回線を引く事になりますので一般的に新規工事費が必要となりますが、選ぶプランや状況によっては工事費をかなり抑えられるケースもあります!
私の場合はどうなの?と思われる方は、ぜひ当社までご相談ください!

インターネットの入口としてなくてはならないプロバイダですが、フレッツ光とコラボ光では乗り換え手順が大きく異なりますね!特にコラボ光をご利用中の方が乗り換えをする場合は解約金や工事費用も考える必要があり、より慎重な判断が求められることになりそうです。

case2.お引っ越しが決まりました

次に、お引越しのときの流れを確認しましょう!

フレッツ光
フレッツ光はNTT西日本エリアと東日本エリアで運営会社が異なります。まずお引越し先が西日本と東日本でエリアをまたいでないか、またフレッツ光の提供エリアかも確認します。

  • ・同じエリア内の場合
    移転手続きをします。NTTへ連絡し引越しの希望を伝、機器を返送し新しい場所で開通工事が終わればOK。
    ※移転工事費がかかりますが、解約金は発生しません。
  • ・エリアが異なる場合
    現在のフレッツ光を解約し、新規契約します。手順はインターネットを始めるときと同じです。
    ※解約金については、NTTにお問い合わせ下さい。

コラボ光
お引越し先がフレッツ光の提供エリアか確認しましょう!

      • ・提供エリアの場合
        移転手続きをします。コラボ光事業者へ連絡し、引越しの希望を伝え機器を返送し、新しい住所での開通工事が終わればOK。
        ※移転費用がかかりますが、解約金は発生しません。
      • ・提供エリア外の場合
        現在使用しているコラボ光を解約し、新たなご住所で提供されているインターネットサービスを調べます。
        ※更新月以外は解約金が発生します。

こちらはお引越し先のご住所が大きなポイントになります。東日本から西日本など遠方への引越しの際にはフレッツ光は解約し新規で加入する事になります。その点、対応エリアが日本全国にあるコラボ光は移転できる可能性が高く、お引越し先でもお気に入りのプロバイダやオプションサービスを継続利用できそうです。

お引越しはおトクのチャンス!?

インターネット環境のお引越しは移転・新規契約の2つから選ぶことがわかりましたね。最近、代理店からのインターネット契約がおトクだと注目を集めています。最大のポイントの1つは電化製品のプレゼントやキャッシュバックなどの魅力的な契約特典なのではないでしょうか。

実は、フレッツ光とコラボ光は、契約内容の違いでキャッシュバック金額をはじめとする特典に大きな差が生じます!お引っ越しは何かと費用がかかるもの。インターネット契約でおトクな特典をゲットできたら、特にうれしいですよね♪
お引越しが決まりましたら正規代理店である当社ブロードバンドナビ株式会社(0120-93-2299)に是非ご相談ください!受付時間は10時~20時(年末年始を除く)。お客様の状況をお聞きし、よりメリットの高いプランをご案内させていただきます!

まとめ

最後にフレッツ光とコラボ光の特長をおさらいしましょう。

フレッツ光

  • ・ NTTとの直接契約。
  • ・ プロバイダを自由に選ぶことができる。
  • ・ インターネット回線とプロバイダを個々に契約するので、月々の利用料金が高め。
  • ・ 一度契約したプロバイダとは別のプロバイダを利用したい時に工事不要で変更できる。
  • ・ 電話番号を候補から選ぶことができる。
  • ・ 回線提供会社の強みを活かした電話系オプションが充実。
    (IP電話の複数チャネル契約可など)
  • ・ 店舗経営者やSOHOなど法人のお客様に特に好評。

コラボ光

  • ・ NTT回線をレンタルし、自社プロバイダと併せてコラボ光として提供している。
  • ・ 月々の利用料金が割安でランニングコストを抑えられる。
  • ・ お引越先がフレッツ光対応エリア内なら日本全国移転ができる。
  • ・ プロバイダと回線がセット販売のため、別プロバイダに変更したい時には回線の解約と新規工事が必要。
  • ・ 各企業の特色を活かしたオリジナルサービスの提供がある。
    (例:スマホ利用料割引、ショッピングポイント倍率upなど)
  • ・ 一般家庭や個人のお客様に人気が高く、利用者も多い。

いかがですが?フレッツ光とコラボ光、それぞれに特長がありますね。インターネットを始めたいと思った時や更新をお考えの時は、ぜひ正規代理店である当社ブロードバンドナビ株式会社にご相談ください。お客様のご要望にあった商品をご紹介させていただきます。また、自信を持って提供する限定特典の豪華さは業界トップクラスです!お客様からのご連絡をお待ちしております!

本コラムは2018年8月時点の情報をもとに作成しています。

当コラム前編[part1.解説編]はこちら

光コラボレーションをご検討の方は光コラボ専用サイトで詳細をご確認いただけます。

ソフトバンク光の詳細サイトはこちら

OCN光の詳細サイトはこちら

関連記事