au回線の格安スマホとセット割がある光回線はどこ?

光回線

最近では、テレビCMや広告などで見かける機会が多くなってきた「格安スマホ」。ドコモ・au・ソフトバンクの大手キャリアの回線を利用することで、これまでにさまざまな格安スマホが誕生しました。

 

その中でも今回紹介するのがauです。au回線を利用している格安スマホは、UQモバイルやビッグローブモバイル、IIJmioやmineoなどたくさんの種類があります。しかし、格安スマホは全体的にデータプランの容量が多くありません。

 

そのため、利用しているユーザーの中には格安スマホの他に光回線をセットで契約して一緒に使いたいという人も少なくありません。せっかく格安スマホと光回線を一緒に契約するのであれば割引などで少しでも安くしたいですよね…。

 

そこで今回はau回線を利用している格安スマホとセット割引がある光回線について紹介していきます!

 

au回線の格安スマホと光回線について

そもそも、以前まではau回線を利用している格安スマホと光回線のセット割引というのは存在していませんでした。auで契約をしていて、auひかりなどの光回線契約をしているユーザーのみ「auスマートバリュー」というセット割引が適用されていました。

 

そのため、ワイモバイルとソフトバンク光を契約することで「おうち割 光セット」が適用されている格安スマホとau回線の格安スマホを比較すると、どうしてもau回線の格安スマホの方が高いと感じてしまうユーザーもいました。

 

しかし、2021年9月2日にUQモバイルで新しいセット割である「自宅セット割」が発表されたのです!

 

 

(出典:UQ mobile公式サイト

 

「自宅セット割」が適用されることによって、au回線の格安スマホであるUQモバイルと光回線を同時に契約する場合、ますますお得に使えることができるようになるのです。自宅セット割によってau回線の格安スマホを利用するユーザーが増えることが予想されます。では「自宅セット割」とはどのような割引なのでしょうか。次で解説します。

 

UQモバイルの自宅セット割とは

UQモバイルの自宅セット割とは、auでんきに加入するか、対象のインターネットサービス、もしくはauのホームルーター 5Gを契約することによって毎月の料金から割引されます。

 

ちなみに、割引対象のプランとなるのが、新プランの「くりこしプラン +5G」のみになります。以前までの「くりこしプラン」は自宅セット割の対象外になりますのでご注意ください。「くりこしプラン +5G」は、2021年9月2日から受付が開始されており、以前までの「くりこしプラン」に関しては新しく加入することはできなくなりました。

 

くりこしプラン +5Gのプラン内容

くりこしプラン +5Gは従来のくりこしプランと同じで3つのプランに分かれており、データ容量や基本料金に関しては変わりありません。では、従来のくりこしプランと比べて何が変わったのでしょうか。

 

主な変更点としては、4つあります。

 

1つ目は「5G」通信が対応可能になりました。

2つ目は海外でも通信することができる「世界データ定額」の利用が可能です。

 

出発前に、日本国内で事前に世界データ定額を予約することで、490円支払うと24時間使用することができるようになります。海外に旅行を考えてる人にとっては非常にありがたいサービスですよね。

 

3つ目はくりこしプランに比べて故障や破損した場合のサポートが充実しています。

 

「故障紛失サポート」と「故障紛失サポート with AppleCare Services」がついてくるので、万が一のことがあっても安心です。また、初心者の方でもすぐに使えるようになる「使い方サポート」などもついてきます。

 

最後の4つ目が自宅セット割が適用されるということです。

 

くりこしプラン +5Gのプラン内容と、自宅セット割を含めた月額料金は以下の通りになります。

 

くりこしプラン

S +5G

くりこしプラン

M +5G

くりこしプラン

L +5G

データ容量3GB15GB25GB
基本料金1,628円2,728円3,828円
自宅セット割638円638円858円
月額料金990円2,090円2.970円

 

自宅セット割は、データ容量によって割引金額が異なります。

 

くりこしプランS +5GとくりこしプランM +5Gは638円、くりこしプランL +5Gは858円です。

 

自宅セット割が適用されることによって、くりこしプランS +5Gの月額料金は990円と非常に安いです。データ容量も3GBまで使うことができるので、普段からスマホを使わない人にとってはちお手頃な価格です。

 

自宅セット割のコースについて

自宅セット割を適用する方法としては、「でんきコース」と「インターネットコース」の2つのパターンがあります。

 

1つ目のでんきコースは、以前まで「でんきセット割」という名称でしたが、今回から「自宅セット割」に名前が変更されました。au電気に加入することで、自宅セット割が適用されます。また、UQ電気でも可能です。

 

2つ目のインターネットコースでは、対象となるインターネットサービス(光サービス、ケーブルテレビ、光コラボレーションサービス)、またはau ホームルーター 5Gを契約することによって自宅セット割の適用になります。

 

対象となるインターネットサービスは以下の通りです。

 

【ホームルーター】

・Speed Wi-Fi HOME 5G L11

 

(出典:UQ WiMAX公式サイト)

 

【光回線サービス】

 

光回線対象エリア
auひかり近畿・東海以外の全国
auひかり ちゅら沖縄
ひかりゆいまーる沖縄
So-net光プラス全国
ビッグローブ光全国
@nifty光全国
エディオンネット全国
eo光近畿
コミュファ光東海
ピカラ光四国
BBIQ光九州
メガエッグ光中国
@T COMヒカリ静岡県以外の全国

*公式ページに記載のある、ひかりJは2018年3月31日に、ひかりJサービスおよびauセット割の新規受付終了をしているのでご注意下さい。

 

【ケーブルテレビ】

 

J:COM・提携先ケーブルテレビ

 

 

注意しなければいけないのは、光回線契約時はオプションである固定電話サービスなどに加入していないといけません。

 

固定電話サービスに加入していない場合には割引の対象になりませんのでご注意ください。

 

また、契約内容によっては光回線とテレビのオプションでも自宅セット割の対象になる場合があるので、気になる方は一度契約会社にお問い合わせしてみましょう。

 

自宅セット割のコースについてはそれぞれ提供開始時期が異なります。「でんきコース」に関しては2021年9月2日から提供が開始されています。一方で、「インターネットコース」に関しては2021年11月以降に順次提供が開始されます。

 

ただし、2021年9月2日〜11月下旬までの間、先行キャンペーンが開催されています。この期間の間にくりこしプラン +5Gに加入しつつ、専用のサイトから自宅セット割のお申し込みをおこなうことで、先行で割引が適用されることになるのです!

 

あくまでも先行キャンペーンなので、11月下旬以降には一度自宅セット割が終了します。一度自宅セット割が終了したら再度お申し込をおこなわないといけません。お申し込みを忘れてしまった場合、自宅セット割が適用されませんので、くれぐれも忘れないように気をつけましょう。

 

 

プランの変更方法について

実際にくりこしプランからくりこしプラン +5Gに変更する場合にはプランの変更だけではありません。

 

プランの変更とSIMカードの交換が必要になります。

 

SIMカードの交換が必要になるので、実店舗での交換もしくはオンラインで手続きをおこなう必要があります。自動で移行されるわけではないので注意しましょう。

 

※2021年11月下旬以降からは現在のSIMカードでもくりこしプラン +5Gに変更可能です。

 

一番オススメの光回線は?

UQモバイルと光回線を利用することによって、自宅セット割という割引が適用されるということは理解できたかと思います。自宅セット割を適用するためには光回線を契約しなければいけませんが、どの光回線が良いのでしょうか。

 

結論、@TCOMヒカリです。

 

@TCOMヒカリとは、@TCOM(アットティーコム)が提供している光コラボサービスです。

 

 

ちなみに光コラボサービスとは、NTT東日本とNTT西日本が携帯キャリアに対して光回線の卸販売を行っているサービスのことを指します。@TCOMヒカリはフレッツ光の回線を使っているので、通信品質並びに通信速度も安心です。@TCOMヒカリの月額料金はファミリータイプ(戸建て)とマンションタイプで料金が異なります。

 

毎月の料金は以下の通りです。

 

1年目2年目
ファミリータイプ(戸建て)4,290円〜5,610円〜
マンションタイプ3,190円〜4,180円~
ヒカリ電話550円〜550円〜

 

1年目は、12カ月間の割引が適用されるので、ファミリータイプ(戸建て)であれば4,290円、マンションタイプであれば3,190円から利用することができます。

 

他の光回線に比べて料金は安いです。しかし、UQモバイルの自宅セット割を適用するためには、オプションである電話機能を搭載しないといけないので、ヒカリ電話でプラス550円かかります。

 

@TCOMヒカリをオススメする一番の理由は、料金が安いだけでなくキャンペーンが充実しているからです。通常、光回線を契約する場合、工事をおこなわなければいけません。その場合、月額料金のほかに別途で工事費用が発生します。

 

@TCOMヒカリは2年ごとの自動更新で契約する代わり、工事費用が実質無料になるのです。また、@TCOMヒカリは新規契約のお客様に対して、キャッシュバックのキャンペーンをおこなっています。

 

@T COM(アットティーコム)ヒカリ キャッシュバック
TOKAIコミュニケーションズ提供の光コラボレーションモデル「@T COM(アットティーコム)ヒカリ」の戸建て(ファミリー)、マンションタイプの月額料金・サービス内容。ただいまお得なキャッシュバックキャンペーン実施中!

 

詳細は以下の通りです。

 

適用条件ファミリータイプ(戸建て)マンションタイプ
@TCOMヒカリ契約のみ30,000円27,000円
@TCOMヒカリ+ヒカリ電話31,000円28,000円
@TCOMヒカリ+指定オプション39,000円36,000円

 

UQモバイルの自宅セット割を適用する場合であれば、@TCOMヒカリとヒカリ電話を契約する必要があります。そのため、ファミリータイプ(戸建て)であれば31,000円、マンションタイプは28,000円もキャッシュバックを受け取ることができるのです!

 

また、その他にテレビオプションなどの指定されたオプションを追加することによって、最大で39,000円のキャッシュバック(ファミリータイプ)を受け取れます。これはかなりお得ですよね。

 

@TCOMヒカリはLIBMOとの組み合わせもお得!

 

(出典:LIBMO公式サイト)

 

@TCOMヒカリはUQモバイルだけではなく、格安スマホであるLIBMOとの組み合わせも非常にお得です。LIBMOとは、NTTドコモの回線を利用しており、格安スマホでありながら最大で30GBまでデータプランがあります。

 

データプランと料金表は以下の通りです。

 

データプランデータ通信+音声通話+SMSセット割引合計金額
1GBプラン1,078円110円968円
5GBプラン1,518円110円1,408円
20GBプラン1,991円   220円1,771円
30GBプラン2,728円330円2,398円

 

LIBMOは1GB、5GB、20GB、30GBの4つのプランに分かれています。LIBMOはUQモバイル同様に、@TCOMヒカリと一緒に利用することによってセット割引がつきます。

 

プランによって異なりますが30GBプランの場合、最大で330円まで割引が適用されます。1GBプランは110円のセット割引ですが、月額料金は1,000円を切ります。20GBのプランでも、2,000円以内で利用することができるので、大容量でさらにお得にスマホを使いたいという方はLIBMOも非常にオススメです。

 

 まとめ

今回はau回線の格安スマホとセット割がある光回線について紹介しました。これまでau回線の格安スマホと光回線のセット割引というものはありませんでした。しかし、今回のUQモバイルの自宅セット割が導入されることによって、UQを使用するユーザーも増えることでしょう。

 

それに伴って、今までホームルーターやポケットWi-Fiを使用していた人も光回線を検討するはずです。自宅セット割を適用させたいのであれば、キャッシュバックや工事費の無料のキャンペーンをおこなっている@TCOMヒカリがオススメです。

 

今回の記事を参考に、毎月のスマホ代を少しでも安く抑えたいのであれば、UQモバイルと@TCOMヒカリの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

タイトルとURLをコピーしました