ビッグローブ光のキャッシュバックはお得?他の光回線と比較して解説

光コラボ

ビッグローブ光をご検討中の方は、キャッシュバックキャンペーンが本当にお得なのか疑問をお持ちではないでしょうか。

 

本記事は、ビッグローブ光のキャッシュバックについて、他の光回線と比較して解説します。

 

ビッグローブ光と他の光回線とのキャッシュバック比較

ビッグローブ光と他の光回線のキャッシュバックを、いろんな視点から比較してみましょう。

 

 

参考:ビッグローブ光公式サイト

 

まずは、ビッグローブ光を含む光回線13社のキャッシュバック(略:CB)額から比較します。下の表をご覧ください。

 

光回線キャッシュバック額月額料金
ビッグローブ光40,000円戸建て5,478円

マンション4,378円

OCN光5,000円戸建て5,610円

マンション3,960円

ぷらら光40,000円戸建て5,280円

マンション3,960円

ソフトバンク光25,000円戸建て5,720円

マンション4,180円

@TCOMヒカリ戸建て30,000円

マンション27,000円

月額割引をCB換算

(戸建て15,840円

マンション11,840円)

戸建て5,610円

マンション4,180円

月額12カ月割引

楽天ひかり月額割引をCB換算

(24,000円)

戸建て5,280円

マンション4,180円

月額12カ月割引

ASAHIネット光月額割引をCB換算

(戸建て13,920円

マンション9,120円)

戸建て5,698円

マンション4,235円

月額24カ月割引

@nifty光22,000円

月額割引をCB換算

(戸建て27,060円

マンション22,550円)

戸建て5,720円

マンション4,378円

月額41カ月割引

So-net光プラス60,000円戸建て6,138円

マンション4,928円

ドコモ光15,000円戸建て5,720円~

マンション4,400円~

NURO光45,000円戸建て5,200円

マンション5,200円

フレッツ光東日本35,000円

西日本45,000円

(東)戸建て5,170円~

(東)マンション3,355円~

(西)戸建て4,730円~

(西)マンション3,135円~

※+プロバイダ料金

auひかり40,000円戸建て5,720円

マンション4,180円~

 

キャッシュバックには通常のスタイルに加え、月額料金の割引という形もあります。この表では、月額割引をキャッシュバック額に換算して比較しております。

 

この中でビッグローブ光のキャッシュバック額は、40,000円と中ほどに位置していますね。最もキャッシュバック額が多いのはSo-net光プラスの60,000円でトップとなっています。

 

ただし、So-net光プラスは他の光回線と比べ月額料金が1,000円近く高くなっているため、2年以上の利用を考えると実質の利用料金は高くなってしまうという点は注意して検討することが必要です。それに、フレッツ光・西日本、NURO光が続く形です。

 

キャッシュバックの金額は、正確に最適な光回線を選ぶためのひとつの要素になります。キャッシュバックの適用条件、受け取るまでの期間や手続き方法など、複数の視点から総合的に判断することで、本当にお得で最適なキャッシュバックが選択できるのです。

 

キャッシュバック条件

 

光回線適用条件
ビッグローブ光・インターネットからビッグローブ光に新規加入

・申し込みから120日以内に開通している

・キャンペーン対象プランへの加入と利用開始

OCN光・「OCN光お申込みサイト」からの新規申し込み

・申し込みから120日以内に開通している

・キャンペーン対象プランへの加入と利用開始

ぷらら光・「ぷらら光お申込みサイト」からの新規申し込み

・申し込みから120日以内に開通している

・キャンペーン対象プランへの加入と利用開始

ソフトバンク光・インターネットからの新規申し込み

・申し込みから120日以内に開通している

・キャンペーン対象プランへの加入と利用開始

@TCOMヒカリ・新規または転用で加入

・申し込み日から120日以内に開通して利用開始している

・開通日から30日以内にお支払い情報登録を済ませている

・利用料の支払いに延滞がない

楽天ひかり・楽天ひかりへの申し込みと開通

・楽天モバイルへの申し込み

ASAHIネット光・新規加入

・お申し込み後7カ月以内に開通している

・個人会員(法人会員は対象外)

・開通月から3カ月以上の継続利用

@nifty光・インターネットからの新規申し込み

・申し込みから120日以内に開通している

・キャンペーン対象プランへの加入と利用開始

So-net光プラス・新規加入

・申し込みから6カ月後の末日までに利用開始している

・対象サービスのご利用開始から12カ月後に受け取り手続き

ドコモ光・新規加入

・ひかりTV for docomo + DAZN for docomoを新規契約

・公式サイトからの申し込み

NURO光・NURO光G2 V 新規入会

・申し込みから12カ月後末日までに開通してかつお支払方法を登録している

・キャッシュバック受け取りまでNURO光を継続利用している

フレッツ光・「フレッツ光お申込みサイト」からの新規申し込み

・申し込みから120日以内に開通している

・キャンペーン対象プランへの加入と利用開始

auひかり・新規または転用で加入

・申し込み日から120日以内に開通して利用開始している

・開通日から30日以内にお支払い情報登録を済ませている

・利用料の支払いに延滞がない

 

上の表をご覧ください。、各社のキャッシュバック適用条件は様々ですね。ビッグローブ光のキャッシュバック適用条件は、期間内に対象プランへの新規加入と、申し込みから4カ月以内の利用開始となっています。40,000円のキャッシュバック額を考えれば、比較的厳しくない条件ではないでしょうか。

 

中にはドコモ光のように、「ひかりTV for docomo」や「DAZN for docomo」といったオプションサービスとの同時加入が条件になるものもあります。もし当初から「ひかりTV for docomo」や「DAZN for docomo」をご検討なら、キャッシュバックはとてもお得なキャンペーンですね。

 

キャッシュバック額では60,000円とトップグループだったSo-net光プラスですが、12か月後の受取が条件となっています。引っ越しや移転の予定がある場合や、すぐにキャッシュバックを受け取りたい方には向いていないかもしれません。

 

キャッシュバックの手続き方法

 

光回線手続き方法
ビッグローブ光メール受信、インターネット
OCN光書面、インターネット
ぷらら光書面、インターネット
ソフトバンク光・インターネット

・郵送

@TCOMヒカリ書面、インターネット
楽天ひかり
ASAHIネット光インターネット
@nifty光書面、インターネット
So-net光プラス
ドコモ光インターネット
NURO光メール受信、インターネット
フレッツ光書面、インターネット
auひかり書面、インターネット

 

キャッシュバックを受け取るための手続き方法は、ほとんどの光回線業者でインターネットからとなっています。同じインターネットからでも、マイページでの手続きだったり、郵送される書類やメールに記載されたURLやリンクから専用サイトへアクセスしたりと違いがあります。

 

ソフトバンク光では、インターネットと郵送の両方に対応しており、必要書類などの提出が求められます。

 

キャッシュバックの還元時期

 

光回線キャッシュバック時期
ビッグローブ光開通から最短12カ月後
OCN光開通から最短2カ月後
ぷらら光開通から最短2カ月後と6カ月後
ソフトバンク光開通から最短7カ月後
@TCOMヒカリ開通から最短4カ月後
楽天ひかり
ASAHIネット光開通3カ月目の15日頃
@nifty光開通から最短2カ月目
So-net光プラス開通から最短3カ月後と12カ月後
ドコモ光開通から最短4カ月後
NURO光開通から最短6カ月後の15日
フレッツ光東日本:開通から最短2カ月後

西日本:開通から最短2カ月後

auひかり開通から最短7カ月後

 

ご覧のように、キャッシュバックの還元時期も、各社で様々となっています。楽天ひかりは月額割引のため還元時期については記載しておりません。

 

比較すると、最もキャッシュバック還元まで早いのは、ドコモ光の最短翌月になります。続いて、OCN光とフレッツ光・東日本/西日本、ぷらら光が開通から最短2カ月後、そして@TCOMヒカリが開通から最短4カ月後という形です。

 

ビッグローブ光は12カ月後となっており、1年以上の契約をご検討の場合は大きな問題とはならないでしょう。

 

ビッグローブ光のキャッシュバックはお得?

他社との比較から、キャッシュバック額、適用条件、還元時期などを総合的に判断すると、ビッグローブ光のキャッシュバックはお得な部類に入ると言えるでしょう。ただ還元時期は12カ月後なので、早くキャッシュバックが欲しい方には不向きとなります。

 

ビッグローブ光以外なら、ぷらら光やフレッツ光のNTT系がバランスが良く、キャッシュバック還元時期も3カ月後なのでおすすめです。また、@TCOMヒカリもバランスに優れたキャッシュバックで、月額割引と選べる点も魅力があります。

 

ビッグローブ光の特徴

続いては、ビッグローブ光の特徴について解説します。

 

ビッグローブ光はNTT回線を使用しているため、高いクオリティの光回線を安心して利用できます。

 

料金体系をシンプルにすることで、ユーザーが利用しやすいように配慮しており、複雑な料金体系や専門用語に苦手意識のある方におすすめです。

 

さらに、365日のサポート体制で、利用中のトラブルにも迅速に対応しています。その他、オプションサービスも充実しているので、多様なニーズに応えてくれるでしょう。

 

auスマホやビッグローブモバイルとのセット利用でお得に

 

光回線をご検討の際、しばしばキャッシュバック額だけに目を向けがちになってしまいます。ここで、スマホなどのモバイル端末との組み合わせもご検討になると、さらにお得に利用できるのです。

 

ビッグローブ光では、auスマホや格安スマホのビッグローブモバイルとのセット利用プランも提供しています。

 

auスマートバリューについて

 

■auスマートバリューの特徴

 

・ビッグローブ光(インターネット)とauスマホ(タブレットや携帯を含む)のセットプラン

・auスマホの月額料金が永年割引

・家族全員が対象

 

auスマートバリューは、auスマホの月額料金が永年割引になるお得なプランです。対象はひとりだけではなく、家族全員となっています。auスマートバリューには、ビッグローブ光への加入と、auスマホやケータイの利用が必要です。

 

割引額については、プランによって異なります。詳細については、auサイトでご確認ください。

 

今ならビッグローブ光とビッグローブモバイルのセットがおすすめ

ビッグローブ光とビッグローブモバイルとのセット利用も、大変お得なプランです。今ならキャンペーンも実施されているので、特におすすめとなっています。

 

 

参考:BIGLOBEモバイル公式サイト

 

■光SIMセット割について

 

ビッグローブ光とビッグローブモバイルとのセットプラン「光SIMセット割」は、スマホの月額料金が永年330円(税込)割引になるサービスです。年間なら、3,960円(税込)もスマホ料金が節約できます。

 

対象となるのは、ビッグローブモバイルの3ギガ以上でタイプDのプランです。フレッツ光とのセットでは月額110円の割引なので、3倍もお得ということですね。

 

加えて、ビッグローブ光、ビッグローブモバイルそれぞれの申込み特典と光SIMセット割の併用も可能です。ビッグローブ光のキャッシュバックも適用されるので、とてもお得なプランとなっています。

 

また、もし仮にすでにビッグローブ光またはビッグローブモバイルに加入済みの場合にも、別の割引プランが用意されています。ビッグローブモバイルに新規加入する場合は、スマホの月額料金が1年間550円(税込)、ビッグローブ光への加入の場合は1年間1,078円(税込)割引される限定プランです。

 

追記:ビッグローブ光がUQモバイルのスマホセット割である「自宅セット割」も対象となりました。

 

 

(出典:UQ mobile公式サイト

 

 

エンタメフリープランでもっとお得に

ビッグローブモバイルの音声SIMでは、3ギガ以上を対象にした「エンタメフリープラン」があるのをご存知でしょうか。

 

 

 

参考:BIGLOBEモバイル公式サイト

 

「エンタメフリープラン」は、月額料金に追加するオプションサービスです。YouTube、Spotify、U-NEXT、Apple Music、Amazon Musicといった人気エンタメサービス全21種類の通信料が無料となります。

 

「エンタメフリープラン」は2021年4月に大幅改定され、月額308円(税込)と利用しやすい価格になりました。さらに、初回利用なら6カ月間無料となっています。そのため、「ビッグローブ光+ビッグローブモバイル+エンタメフリープラン」の同時加入でもっとお得になるのです。

 

さらに光回線と携帯の最安値の組み合わせを紹介

ビッグローブ光とビッグローブモバイル以外にも、光回線と格安スマホなど携帯がセットになったお得なプランがあります。その中から、業界最安値の組み合わせを2通りご紹介しましょう。

 

OCN光とOCNモバイルONE

 

https://ocn-h.com/campaign/cashback.html

 

OCN光と格安スマホのOCNモバイルONEとのセット利用なら、スマホ料金が月額220円(税込)割引されます。最大5回線まで契約でき、割引額も1,100円です。ご家庭で光回線の契約をご検討なら、ご家族のスマホもOCNモバイルONEでセットにすると業界最安級となるでしょう。

 

OCN光は、フレッツ光やドコモと同じNTTグループの会社です。そのため、光ケーブルなどのインフラもNTT東日本・西日本と同じものを利用しています。安定した高品質の回線とNTTグループである強みを生かしたリーズナブルな料金プランもOCN光やOCNモバイルONEの大きな魅力です。

 

 

 

参考:OCNモバイルONE公式サイト

 

@TCOMヒカリとLIBMO

 

参考:@TCOMヒカリ公式サイト

 

TOKAIコミュニケーションズが提供する光回線の@TCOMヒカリは、5年連続で最優秀賞を受賞した実績を持つ高品質で高速な回線が特徴です。

 

TOKAIコミュニケーションズは格安スマホのLIBMOも展開しており、@TCOMヒカリとのセット利用ならLIBMOが1契約につき月額220円(税込)割引となります。

 

LIBMOはNTTドコモ回線を使える格安スマホで、最近料金をリニューアルしたばかりです。8GB以下のプランが今なら初期費用0円にキャンペーンも行っています。

 

スマホでのインターネットが多い場合なら、20GBのプランも月額1,991円(税込)とリーズナブルです。インターネットとスマホをたくさん使いたいけど、できるだけ料金は安くしたいなら、業界最安級の@TCOMヒカリとLIBMOのセット利用もおすすめです。

 

 

参考:LIBMO公式サイト

 

追記:@TCOMヒカリがUQモバイルのスマホセット割である「自宅セット割」も対象となりました。

 

 

(出典:UQ mobile公式サイト

 

 

まとめ

ビッグローブ光のキャッシュバックについて、他の光回線と比較して解説しました。ビッグローブ光のキャッシュバック額は他社との比較では中位より上に位置します。還元時期や適用条件も合わせると、バランスに優れていると言えるでしょう。

 

ただ、ビッグローブ光のキャッシュバック時期は利用から12カ月後となるため、より早く受け取りたい場合はOCN光、フレッツ光、@TCOMヒカリをご検討ください。

 

また、ビッグローブ光は格安スマホのビッグローブモバイルとのセット利用で料金を安くできます。キャッシュバックとスマホのキャンペーンを併用できるので、とてもお得なプランになります。

 

その他、OCN光とOCNモバイルONE、@TCOMヒカリとLIBMOといった同様のセットも業界最安級にインターネットとスマホの料金が安くできるプランです。

 

光回線各社のキャッシュバックキャンペーンや、スマホとのセット利用については多種多様で複雑なため、個人では最適なものを見つけるのが難しいでしょう。その時は、専門業者にお問い合わせになるのがおすすめです。気軽に相談できて、ユーザーのニーズに合ったプランを提案してくれます。

 

フレッツ光お申し込みサイト | BBN
NTTフレッツ光、光コラボのお得なキャンペーンお申し込みサイト。新品パソコン、タブレット、テレビ、PS4のプレゼントやキャッシュバックなど、公式割引&限定特典で最大9万円以上もおトクです。フレッツ光のお申し込みはブロードバンドナビへ

 

光コラボレーション | BBN
NTTフレッツ光の品質はNTT回線そのままに、価格を安くご利用するなら光コラボレーションが断然おトクです!

 

タイトルとURLをコピーしました