戸建てにおすすめのインターネット契約は?料金を安くする方法も解説

光回線

戸建てにお住まいの方は、インターネット契約選びでお困りではないでしょうか。安定した高速のインターネット通信は、快適なWEB環境に不可欠です。しかし、できれば通信料金を安く抑えたいことでしょう。

 

本記事では、戸建てにおすすめのインターネット契約と、料金を安くする方法について解説します。

 

インターネット契約の種類

インターネット契約には、いくつかスタイルがあります。その中から、「光回線」、「ソフトバンクエアー」、「ポケットWiFi」といった代表的なものをご紹介しましょう。

 

光回線

光回線はインターネット契約でも最も一般的なもので、戸建てやマンションといった家庭はもちろん、オフィスや店舗など多様なユーザーに利用されています。

 

「インターネット回線」と「光回線」の二つの用語が存在しており、その違いを知らない方は少々混乱されるかもしれません。

 

「○○光」はNTTのインターネット回線を使っている

「フレッツ光」は、NTT東日本・NTT西日本の提供する光回線を利用したインターネットサービスになります。

 

 

(参考:フレッツ光お申し込みサイト)

 

その他にも「○○光」という名前のインターネット回線業者は多数ありますが、それらは全てNTT東日本・NTT西日本の光回線を用いて独自サービスを提供している会社です。こうした「○○光」という名の会社を、「光コラボ」と呼びます。NTT東日本・NTT西日本のフレッツ光回線と自社サービスのコラボレーションということです。

 

NTT東日本・NTT西日本の「フレッツ光」は安定した高速通信を実現しており、日本のインターネットインフラではトップシェアを誇ります。そのため、「インターネット回線」のテーマでは、しばしば「光回線」と言い換えられているのです。

 

ソフトバンクエアー

ソフトバンクエアーは、光回線の契約で必要な工事の負担を解決したインターネット契約になります。ソフトバンクエアーは工事不要で、専用の機器を電源に繋げて置くだけでインターネットが利用可能です。

 

インターネット回線を利用したひかり電話(固定電話)も、使用中の電話をそのままソフトバンクエアーの機器(ルーター)に繋ぐだけで電話できるようになります。

 

光回線では、NTT東日本・NTT西日本のインターネットケーブルから有線を家庭にひく工事が必要です。一方、ソフトバンクエアーは携帯電話の基地局のような方法で、インターネット回線と専用機器(ルーター)を無線接続して家庭で利用できるようにしています。

 

工事不要ならソフトバンクエアーがおすすめ

インターネット契約はしたいけど工事もしたくないなら、ソフトバンクエアーがおすすめです。インターネット工事のスケジュール調整、家具の配置や掃除が手間に感じられる方もおられます。この場合、置くだけでインターネットが使えるソフトバンクエアーが最適でしょう。

 

 

(参考:ソフトバンクエアーお申し込みサイト)

 

ポケットWiFi

ポケットWiFiは、ソフトバンクエアーと同じでWiFiという機器を用いた無線接続によるインターネット契約になります。ソフトバンクエアーのルーター(インターネット接続機器)もWiFiの一種ですが、大容量の高速通信ができるように設計されています。

 

一方、ポケットWiFiは家族や複数人など、特に戸建てのような環境での使用にはあまり向きません。若い方の一人暮らしで光回線の契約は負担に感じられる場合や、お仕事などによる外出先でのインターネット利用に向いています。

 

大容量の高速通信をお求めの場合は、無制限でインターネットに接続できる光回線やソフトバンクエアーを検討した方が良いでしょう。

 

 

 

戸建てにおすすめのインターネット契約は光回線

インターネット契約の種類についてご紹介しましたが、この中で戸建てにおすすめなのは光回線になります。

 

安定した高速通信で快適なインターネット環境

光回線の特徴は、信頼と実績のあるNTT東日本・西日本の安定した高速通信です。戸建てにお住まいの場合、ご家族など複数人でのインターネット利用が前提となるでしょう。

 

この場合、大容量の高速通信が必要になります。快適なインターネット利用のためには、安定した光回線でのインターネット契約が最適です。

 

ご家庭でのインターネットの利用では、ルーターという機器にパソコンやWiFi(無線接続機器)を繋いで使います。このルーターなら、様々なスタイルでの利用に対応していて便利です。

 

テレビには有線接続

近年販売されているテレビは、インターネットもできる機能が付いています。テレビでのインターネット利用には、無線よりも安定した有線接続が適しています。

 

テレビでYouTubeの動画を楽しみたいのに、回線が遅く映像が止まってしまう。光回線の有線接続なら、こうした不便なく快適インターネットを利用できます。

 

ゲームを楽しむなら有線の高速回線

eスポーツにも注目が集まる昨今では、オンラインゲームをご家庭で楽しまれる方も増えています。しかし、オンラインゲームの快適さは、インターネット環境に大きく依存するのが問題です。

 

インターネット回線が遅く不安定だと、ゲームの動きもカクカクしたり重く遅かったりと思うような操作にはなりません。これでは、イライラしてしまい、全然ゲームを楽しめませんね。

 

オンラインゲームで快適に遊ぶなら、光回線の有線接続がおすすめです。安定して高速な光回線なら、ゲームの動作もサクサク快適で、プレイヤーの思いのままに操作できます。

 

スマホ・タブレットにはWiFiで無線接続

スマホやタブレットの利用には、WiFiでの無線接続が向いています。ご家庭でも、リラックスしながらスマホやタブレットといったモバイル端末でインターネットを利用されるでしょう。

 

この時、有線ではケーブルが邪魔で快適さを損なってしまいます。光回線のルーターにWiFiルーターを接続すれば、無線接続でスマホ・タブレットが使えるのでおすすめです。

 

さらに、WiFiでご家庭の光回線を使えば、スマホやタブレットなどのモバイル端末のギガ(データ容量)を使う必要がありません。毎月スマホのギガが足りなくてお困りなら、ご家庭では光回線をWiFiで無線接続し、ギガや料金の節約にもなります。

 

格安スマホとのセットで通信料金をまとめて安くできる

光回線でインターネット契約したいけど、できるだけ料金を安くしたい。このようなお考えの方もおられるでしょう。

 

光回線では、キャッシュバックなどのお得なキャンペーンを実施していますが、格安スマホのセット利用でさらに料金を安くすることができます。ご家庭のインターネットを光回線にして、スマホを格安SIMに。生活全体の通信料金をまとめて、安くお得に利用されるのがおすすめです。

 

光回線とプロバイダ

光回線とプロバイダの違いについても解説します。光回線業者とは、インターネットケーブルを管理し、回線や通信サービスを提供している会社です。

 

プロバイダは、インターネット回線とユーザーを仲介してインターネットサービスを提供しています。光コラボ事業者は光回線業者ではありますが、NTT東日本・NTT西日本のインターネット回線を使用してサービスを提供しているため、プロバイダの性格が強いです。

 

NTT東日本・NTT西日本は自社で光回線を管理運営し、「フレッツ光」という光回線サービスも展開しています。しかし、フレッツ光と契約する場合は、別にプロバイダとも契約しなければなりません。フレッツ光の利用には、光回線のNTT東日本・西日本とプロバイダの2業者と契約する必要があります。

 

一方、光コラボ事業者の多くはプロバイダも兼ねており、ひとつの窓口で光回線とプロバイダの契約が可能です。

 

光コラボと格安スマホのセットで料金が安くなる

光回線とプロバイダをセットで提供する光コラボ事業者の中には、自社で格安スマホを展開しているものも多くあります。

 

光回線・プロバイダ・格安スマホを1社で取り扱っている強みを活かし、光コラボはお得なセットプランの提供を可能にしています。

 

そのためインターネット契約をできるだけ安くするなら、光回線と格安スマホのセット利用がおすすめで、通信料金を大幅に安くできます。

 

おすすめの格安スマホプランはデータ容量10GB以下

光回線と格安スマホのセット利用する場合は、格安スマホのプランはデータ容量10GB以下にするのがおすすめです。

 

データ容量20GBや30GBといった大容量プランは、自宅に光回線をひかず、SNSやゲームなどでインターネットをたくさん利用される若い年代や一人暮らしの方向けになります。

 

戸建てなどご家庭で光回線を契約される場合は、帰宅後の時間帯のスマホ・タブレットの利用はWiFiで無線接続して使用すれば、その分のデータ容量が節約できます。家では光回線をWiFiで使うから、その分はスマホ料金がかからないという仕組みです。

 

そのため、外出中に使うデータ容量だけあればいいので、格安スマホは10GB以下のプランがおすすめという理由になります。

 

■3大キャリアのスマホプラン(割引適用前/税込価格)

 

・ドコモ/ギガライト:月額6,765円(7GBまで)

・au/使い放題MAX:月額7,238円(データ容量無制限)

・ソフトバンク/メリハリ無制限:月額7,238円(データ容量無制限)

 

3大キャリアのスマホ料金は、たくさんデータ容量を使う場合にはお得かもしれません。ドコモは格安ラインahamoの発表で話題になりましたが、こちらも20GBで2970円のプランのみとなっております。

 

3大キャリアに比べ、格安スマホはデータ容量に応じて複数のプランがあり、料金もその分安く抑えられます。

 

光回線はIPoE接続かが重要ポイント

光回線のご契約時は、その業者の提供する光回線が「IPoE接続」かを必ずご確認ください。

 

光回線(NTT東日本・西日本)には「PPoE」と「IPoE」の2つの接続方式があり、より高速で安定しているのが「IPoE接続」になります。

 

光回線業者のキャンペーンでは、「IPv6対応無線ルーター無料」をアピールするものがありますが、最新のIPv6対応ルーターであっても、「IPoE接続」でなければその能力を最大限に発揮させられません。

 

「高速通信=IPoE接続」とお考えの上、光回線の契約時には、この点をご確認ください。

 

 

 

料金の安い光回線と格安スマホ組み合わせは?

戸建てのインターネット契約には光回線が最適で、格安スマホとのセット利用で通信料金を大幅に安くできます。最後は、光回線と格安スマホの組み合わせについてご紹介します。

 

IPoE接続ならOCN光とOCNモバイルONE

 

(参考:OCN光お申し込みサイト)

 

安定した高速通信のIPoE接続なら、OCN光とOCNモバイルONEの組み合わせがおすすめです。

 

OCNモバイルONEの料金は、3大キャリアに比べて大幅に安いです。電話ができる音声SIMガードでは、データ容量1GBは770円(税込)、10GBでも1,760円となっています。

 

OCN光とOCNモバイルONEは、「フレッツ光」のNTT東日本・西日本と同じNTTグループです。その強みを生かした、OCN光とOCNモバイルONEのセット利用なら、スマホ料金が月額220円(税込)割引されます。

 

例えばデータ容量1GBなら770円(税込)が550円に、10GBでも1,540円に安くなるのです。さらに、最大5人まで適用されるので、家族5人のスマホ料金を合計2,750円/月に抑えることも可能です。

 

 

(出典:OCNモバイルONE公式サイト)

 

@TCOMヒカリとLIBMOは20GB~30GBプランがおすすめ

 

(参考:光コラボ比較サイト)

 

 

TOKAIコミュニケーションズの光回線サービス「@TCOMヒカリ」と格安スマホ「LIBMO」の組み合わせも大変お得になっております。

 

特にデータ容量をたくさん使いたい方におすすめで、LIBMOのプランは20GB月額1,991円(税込)、30GBでも2,728円と格安に料金設定されています。

 

 

(出典:LIBMO公式サイト)

 

今なら、音声SIMの20GBと30GBプランは限定キャンペーンも実施されており、最大12,000円相当のTLCポイントがプレゼントされます。このTLCポイントは、LIBMOの支払いに適用できるため、20GBプランを実質6カ月無料で利用することも可能です。

 

さらに、@TCOMヒカリとLIBMOにはセットプラン「SIM×光 セット割」があります。このセット利用によって、@TCOMヒカリのインターネット料金が最大月額330円(税込)割引になります。

 

このように、光回線と格安スマホの組み合わせは、3大キャリアに比べ大幅に安くなりますよね。

 

乗り換えならソフトバンク光とY!mobile

 

(出典:ソフトバンク光お申し込みサイト)

 

新規ではなく、光回線の乗り換えをご検討中の場合は、ソフトバンク光とY!mobile(ワイモバイル)の組み合わせがおすすめです。

 

現在ソフトバンク光では、選べる乗り換えキャッシュバックキャンペーンを実施しています。最大24,000円の普通為替または、月額料金1,100円割引(最大24カ月)の2通りです。

 

そして、ソフトバンクグループの格安スマホ「Y!mobile(ワイモバイル)」は3GB/月額990円(税込)のシンプルプランSから利用でき、シンプルプランMも15GB/月額2,090円となっています。

 

 

(出典:ワイモバイル公式サイト)

 

ソフトバンク光とワイモバイルのセット利用なら、「おうち割」が適用され、家族全員のスマホ料金が契約中ずっと最大1,100円/月割引になります。

 

つまり、ワイモバイルで15GBのシンプルプランMを契約しても、月々の料金はたった990円。25GB/2,970円のシンプルプランLなら、1,870円に割引されるということです。

 

まとめ

戸建てにおすすめのインターネット契約と、料金を安くする方法について解説しました。インターネット契約には、主に光回線、ソフトバンクエアー、ポケットWiFiが挙げられます。

 

戸建ての場合はご家庭での複数人使用となることから、大容量データ通信でも回線が安定して高速を維持する光回線がおすすめです。テレビでYouTubeといったインターネット閲覧や、オンラインゲームには有線接続での光回線利用が適しています。

 

また、光回線にしてWiFiルーターを用いれば、帰宅後のスマホ・タブレットの利用料金の節約にも繋がります。さらに、光回線と格安スマホをセット利用することで、生活全体の通信料金を安く抑えることが可能です。

 

おすすめの光回線と格安スマホの組み合わせは、IPoE接続ならOCN光とOCNモバイルONE、@TCOMヒカリとLIBMOの20GB~30GBプラン、乗り換えならソフトバンク光とY!mobileとなります。

 

光コラボレーション キャンペーン一覧
当サイト限定!光コラボレーション新規・転用キャンペーン実施中です。お申し込みプランに応じて、最大50,000円のキャッシュバック
タイトルとURLをコピーしました