ドコモのスマホユーザーが電波環境を変えずに通信料金を節約する方法は?

モバイル

「格安SIMに乗り換えたら、今よりも通信状態が悪くなるのではないか」

「通信料金をできるだけ抑えて他のことにお金を使いたい」

「大手キャリアから乗り換えたいけど、どれがいいかわからない」

 

こんなお悩みをお持ちではありませんか?

 

日本のスマホの通信料金は、世界的に見ても高いと言われていました。2019年の総務省「通信利用動向調査」によると、大手キャリアで契約している人が支払っている通信料金は1ヶ月あたり5,000円~8,000円ほどが多く、決して小さな出費とは言えません。

 

しかし、2021年3月には政府の要請によりスマホ料金の見直しが行われ、大手キャリア3社が一斉に格安プランを打ち出しました。この値下げのおかげで、大容量のデータ通信が可能なスマホプランでも3,000円を下回る価格で利用可能になっています。

 

もし、あなたが大手キャリアでスマホを契約して毎月8,000円以上の通信料金を支払っているなら、格安SIMに乗り換えるだけで大幅に通信料金を抑えられるでしょう。

 

本記事では、大手キャリアのなかでもドコモに焦点を当てて、格安SIMとの違いを解説していきます。

 

ドコモで契約したスマホの繋がりやすさや通信環境を維持したまま料金を抑える方法、ドコモユーザーにおすすめの格安SIMなどがわかる内容にまとめました。「ドコモでスマホを契約中だけど料金を安くしたい」という方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

ドコモのスマホは繋がりやすい

スマホの繋がりやすさや通信環境は、契約している携帯キャリアの基地局の数や分布に影響を受けます。参考までに、大手携帯キャリアの5G基地局の数を以下にまとめました。

 

携帯キャリア国内5G基地局数(2019年度)
NTTドコモ240局
KDDI160局
ソフトバンク70局

 

特に、NTTドコモの基地局の多さは大手キャリア3社の中でも抜きんでています。基地局が多いということはそれだけ電波を届けられる範囲が広くなるので、ドコモは電波の繋がりやすさを重視するユーザーに人気です。

 

また、2021年6月にNTTドコモの基地局数は累計1万局を突破しており、今後も通信エリアの拡大が期待できます(2022年3月末までに5G基地局累計2万局、人口カバー率55%が目標)。

 

 

そんな通信環境の良さが売りのドコモですが、最近見かけることが多くなった格安SIMと比べると毎月の料金が高いのが難点です。

 

ドコモのスマホ料金が高くて悩んでいませんか?

ここでは、大手キャリアの中でも繋がりやすさに定評のあるドコモの料金について見ていきましょう。ドコモの2021年8月時点の料金プランや割引適用後の月額料金をまとめました。

 

プラン名1ヶ月の通信量月額料金割引適用後の月額料金
5G ギガホ プレミア無制限7,315円4,928円
5G ギガライト~1GB3,465円2,178円
~3GB4,565円2,728円
~5GB5,665円3,278円
~7GB6,765円4,378円
ギガホ プレミア~60GB7,205円4,818円
ギガライト~1GB3,465円2,178円
~3GB4,565円2,728円
~5GB5,665円3,278円
~7GB6,765円4,378円

 

 

ドコモは電波の繋がりやすさを重視するユーザーに選ばれていますが、他の大手キャリア同様に毎月のスマホ料金はそこまで安くないのが現状です。

 

近年では家にWi-Fi環境を整えているご家庭も多いので、通信量は少なくても大丈夫という方も多いかもしれません。とはいえ、外出時などのデータ通信が発生する環境でスマホを使う場合、最低でも3GB以上のプランで契約するのが無難です。

 

3GB以上のプランで契約することになると、毎月のスマホ料金は4,500円~7,000円前後になります。ただし、割引条件を満たすことで毎月のスマホ料金を安く抑えることも可能です。

 

ドコモのスマホ料金が割引になる条件

ドコモの月額料金に適用される割引には、以下の3つがあります。それぞれの条件についてもまとめました。

 

割引名割引額条件
みんなドコモ割▲1,100円家族で3回線以上ドコモを使っている
ドコモ光セット割割引なし~▲1,100円ドコモ光のネット回線を契約をしている
dカードお支払割▲187円利用料金の支払いをdカードに設定する

 

割引が適用されることでスマホ料金を抑えられますが、それぞれで条件が用意されているため、すべての人が割引を受けられるわけではありません。特に、割引額の大きい「みんなドコモ割」と「ドコモ光セット割」は、契約者1人だけでは条件を満たせない可能性が高いので注意しましょう。

 

ドコモの月額料金割引を受けるためのハードルは高い

ここまで、ドコモの料金プランと割引適用条件を紹介してきました。

 

月額料金の割引を受けられる場合は、お得な料金でスマホを使うことができます。しかし、割引を適用させるための条件はハードルが高いこともあり、最終的には通常料金でプラン契約するしかない方も多いでしょう。

 

それでも、ドコモの電波の繋がりやすさとスマホ料金の安さを両立させたいという場合は、ドコモ回線を使った格安SIMに乗り換えることで悩みを解決できます。

 

ドコモの電波状況を変えずに通信料を節約しよう

ドコモの繋がりやすさに魅力を感じていて、格安SIMに乗り換えた時に「電波状況が悪くなってしまうのではないか」と不安を感じて一歩踏み出せない方も多いのではないでしょうか。

 

実は、格安SIMは大手キャリアと同じ回線を使用しているため、通信環境は大手キャリアと比べても遜色ありません。仮に、ドコモでスマホの契約している方がドコモ回線を利用した格安SIMに乗り換えた場合、繋がりやすさはそのままで通信料金だけを抑えることができます。

 

とはいえ、ドコモ回線を使った格安SIMは数多くあり、自分で探してみても「いったいどの格安SIMがお得なのかわからない……」と混乱してしまったのではないでしょうか。そこで、本記事ではドコモユーザーにおすすめの格安SIMと光回線のセットをご紹介します。

 

具体的にどこのキャリアで契約するのがお得なのかを知りたい方は、ぜひ最後までチェックしてみてください。

 

ドコモユーザーにおすすめの格安SIMと光回線のセット

ドコモのスマホプランを契約している人におすすめしたい格安SIMと光回線のセットを2つご紹介します。

 

①OCN光とOCNモバイルONE

②@TCOMヒカリとLIBMO

 

上記の格安SIM・光回線は、どちらもドコモ回線を利用した通信サービスです。ここからは、それぞれの特徴や料金についてまとめましたので順番に見ていきましょう。

 

推奨するセット①:OCN光とOCNモバイルONE

 

(参考:OCN光お申し込みサイト)

 

OCN光は、NTT東日本・西日本が提供する光回線を利用し、OCNと光回線をNTTコミュニケーションズがワンストップで提供する月額定額サービスです。OCNモバイルONEは、そのモバイル版のサービスとなっています。

 

ドコモでスマホの契約をしている方は、OCNモバイルONEに乗り換えることで繋がりやすさはそのままで、毎月のスマホ料金をかなり安く抑えることができます。そんなOCNモバイルONEのプラン・月額料金は以下の通りです。

 

OCNモバイルONEの月額基本料金(新コース:2021年4月1日~)

 

プランデータ通信音声通話OCN光モバイル割
1GB770円▲220円
3GB858円990円
6GB1,188円1,320円
10GB1,628円1,760円

 

OCNモバイルONEの料金プランは、ドコモの料金と比較すると大幅に月額料金が抑えられるのが魅力となっています。ただし、データ無制限や60GBなどの超大容量プランは用意されていないため、Wi-Fiを使わずデータ通信を大量に使う方はドコモから乗り換えるのはおすすめしません。

 

また、1ヶ月の通信量が1GB~10GBで足りる場合は、自宅の光回線をOCN光で契約することでよりお得な料金でスマホが使えます。

 

 

(出典:OCNモバイルONE公式サイト)

 

OCN光とOCNモバイルONEをセットで契約したときの月額料金は、以下の通りです。

 

OCN光とOCNモバイルONEの月額基本料金

 

OCNモバイルONE

音声通話SIMプラン

マンション

月額料金

戸建て

月額料金

セット利用なし3,960円5,610円
1GB4,510円6,160円
3GB4,730円6,380円
6GB5,060円6,710円
10GB5,500円7,510円

 

 

OCN光とOCNモバイルONEをセットで契約することで、毎月のスマホ料金はもともとの価格からさらに220円割引されます。スマホ料金だけでなく光回線もお得に使えるので、ぜひチェックしておきたいセットです。

 

また、実施中のキャンペーンを利用すれば、さらにお得に契約できますので、ぜひ利用を検討してみてください!

 

OCN 光 キャンペーン一覧 最大30,000円の豪華特典
OCN 光の新規申し込みで新品パソコン、タブレット、PS4、Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ) などのゲーム機、液晶テレビなどの豪華特典プレゼント・割引または最大30,000円のキャッシュバックなどお得なキャンペーンを実施中!もちろんOCN公式キャンペーンも併用可能◎

 

推奨するセット②:@TCOMヒカリとLIBMO

 

@TCOMヒカリは、NTT東日本・西日本が提供するフレッツ光と@TCOMのプロバイダがセットになったインターネット接続サービスです。また、LIBMOは株式会社TOKAIコミュニケーションズが提供する格安SIM・格安スマホのブランドです。

 

@TCOMヒカリとLIBMOをセットで契約することで、毎月最大330円割引されます。そんなLIBMOのプラン・月額料金は以下の通りです。

 

LIBMO 新プラン なっとくプランの月額基本料金

 

プランデータ通信音声通話SIMx光セット割
ライト528円1,078円
1GB748円1,078円▲110円
5GB1,265円1,518円▲110円
20GB1,991円1,991円▲220円
30GB2,728円2,728円▲330円

 

ドコモの料金プランと比較すると大幅に料金が安いのはもちろん、前述のOCNモバイルONEと比べても低価格なのが特徴です。

 

ただし、通信量の区分けは少なく、OCNモバイルONEと同様にデータ無制限や60GBなどの超大容量プランは用意されていません。そのため、Wi-Fiを使わずデータ通信を大量に使う方はドコモから乗り換えないほうが良いでしょう。

 

 

(出典:LIBMO公式サイト)

 

ちなみに、ライトプラン以外(1ヶ月の通信量が1~30GBのいずれか)の場合は、@TCOMとセットで契約することでよりお得な料金でスマホが使えます。@TCOMヒカリとセット割を適用した場合の月額料金は以下の通りです。

 

@TCOMヒカリとLIBMOの月額基本料金

 

LIBMO

音声通話SIMプラン

マンション

月額料金

戸建て

月額料金

セットなし4,180円5,610円
1GB5,148円6,578円
5GB5,588円7,018円
20GB5,951円7,381円
30GB6,578円8,008円

 

@TCOMヒカリとLIBMOを20GBのセットで契約すると、OCN光とOCNモバイルONEをセットの10GBと同程度の料金で使えます。そのため、毎月10GB以上データ容量を消費する方は、LIBMOで契約するとお得に使えるかもしれません。

 

@TCOMヒカリでは、初期工事費割引・契約事務手数料無料キャンペーンなどのキャンペーンを実施しているので、無駄な出費を抑えたい人は早めに契約を検討することをおすすめします!

 

@T COM(アットティーコム)ヒカリ キャッシュバック
TOKAIコミュニケーションズ提供の光コラボレーションモデル「@T COM(アットティーコム)ヒカリ」の戸建て(ファミリー)、マンションタイプの月額料金・サービス内容。ただいまお得なキャッシュバックキャンペーン実施中!

 

まとめ

本記事では、ドコモユーザーが通信環境を変えずに料金を安く抑える方法について解説しました。

 

ドコモのスマホ料金を節約したいときは、ドコモ回線を利用した格安SIMに乗り換えることでよりお得な価格で現在と同じデータ通信環境の維持が可能です。ちなみに、大手キャリアと格安SIMのプランを比較した結果、ドコモから格安SIMに乗り換えるべき人とそうでない人は以下のように分かれます。

 

乗り換えるべき人・毎月の通信料金に不満を感じている

・スマホのデータ通信をそこまで多く利用しない
(毎月の通信量が最大30GBまでに収まっている人)

・Wi-Fi環境でスマホを使用することが多い

乗り換えない方がいい人・毎月の通信料金に満足している

・スマホのデータ通信を大量に利用する
(無制限・60GBプランなどを利用中の人)

・Wi-Fiがない環境でスマホを利用することが多い

 

乗り換えるべき人の条件に当てはまっている場合は、ドコモ回線を利用している格安SIMに乗り換えることで、繋がりやすさはそのままで毎月のスマホ代を大幅に節約することが可能です。

 

具体的なキャリアとしては「OCNモバイルONE」や「LIBMO」がおすすめです!以下の光回線とセットで契約することで、スマホ料金がさらに抑えられます。

 

①「OCN光」と「OCNモバイルONE」

②「@TCOMヒカリ」と「LIBMO」

 

「毎月のスマホ代が高い」と感じている方は、ぜひ上記の格安SIM・光回線の利用を考えてみてはいかがでしょうか。

 

光コラボレーション | BBN
NTTフレッツ光の品質はNTT回線そのままに、価格を安くご利用するなら光コラボレーションが断然おトクです!
タイトルとURLをコピーしました