ドコモ光を安くするには?品質変わらず、通信費を削減するおすすめの方法を解説

光コラボ

ドコモは、日本で最大の利用者数を誇る携帯電話会社です。全国津々浦々までショップを展開して、地域密着で手厚いービスを提供しています。

 

そのショップに来店した時に

 

「自宅に光回線未導入なら、ドコモ光がお得ですよ!」

 

と、勧誘を受けた方も多いでしょう。

 

資本主義に存在する企業として、売上拡大を追いかけるのは当然の事です。新規顧客獲得のコストは、既存ユーザーの維持に比べて5倍以上のコストが掛かると言われています。シンパシーを感じてくれている既存顧客への、新しい提案は日夜行われています。

 

別のサービスを加入してもらうことで、長期的に安定した囲い込みに繋がる事も、理由にあります。

 

国の方策として「自由競争は奨励するが、過度な顧客の囲い込みは否」が明快になっています。自社の回線でしか使う事の出来ない、SIMロックと呼ばれる携帯電話機種の販売が、事実上禁止されました。SIMフリーと呼ばれる、どの会社でも使うことを問わない機種の販売に変わっています。

 

既存のプランよりも明らかに安価な新プラン「ahamo」は、オンライン契約限定で、従来からあるdocomoの割引きを受ける事が出来ません。制約が少なくなって、自由に選べる環境になれば、本質的なメリットを自分で見極めることが出来ます。

 

品質をダウンさせる事無く、通信費全体をトータルで安価にするオススメの方法を、ドコモ光ユーザーの方々に解説いたします。

 

ドコモ光ユーザーになったきっかけ

 

「そろそろ自宅に光回線の導入をしたいなぁ~」

 

と漠然と思っているタイミングに、ドコモショップで

 

「光回線をお使いですか?まだならドコモ光がお得ですよ!手続きも簡単で今できます」

 

と勧誘を受けてドコモ光を導入した方が、ドコモ光ユーザーの割合の中では、とても多いです。そのまま光回線を利用し続けても、何ら問題はありません。しかし、お得の本質を理解するためには、光回線の実態から見ていきましょう。

 

光回線はNTTだけ?

ドコモ光の回線は、NTTの敷設した光ファイバーケーブル「フレッツ光」を利用しています。光回線サービスを行っている会社は、数多く有ると思いがちですが、実際に敷設されている光回線は、それほど多くありません。

 

ICT市場専門のリサーチ会社、株式会社MM総研の2020年9月発表のデータによれば(下図の左側の円グラフです)全国的に広く普及しているのは、NTTグループ(NTT東日本+NTT西日本)であり、そのシェアは半数を大きく超える64.9%です。

 

 

(出典:MM総研

 

グラフ中のその他は、限られたエリアでのサービス展開です。

 

KDDIもNTTグループに続くシェアですが、実際に施設した光ファイバーケーブルのエリアは限られていて、大半のエリアはNTTの光ファイバーケーブルを使用していて、ダークファイバーと呼ばれるNTTで使われていない部分を利用しています。

 

NURO光を売り出し中のソニーネットワークコミュニケーションズも、KDDIと同様にNTTの敷設した光ファイバーケーブルで、ダークファイバーを利用しています。

 

いち早く全国に向けて光回線の整備に乗り出し、普及を進めてきたNTTグループは、資本力や技術力でも他社を圧倒しています。

 

NTTフレッツ光の利用2形態

フレッツ光回線の利用には、別途でプロバイダと呼ばれる接続業者との契約が必要です。

 

「え!?ドコモとしか契約してないんだけど?」

 

というドコモ光ユーザーの方、その通りです。光回線の普及した時期の、一般的な契約方法は「フレッツ光+プロバイダ契約」でした。

 

 

(出典:NTT西日本*一部改変)

 

しかし、この形態では2箇所と契約を結ぶ必要があり、支払い先も2箇所になります。

トラブル時には対応窓口が2つ有ることになり、ユーザーにとっては不利益でした。

 

NTTがユーザーと直接契約する回線事業で、大きなシェアを持ち続けることが、競争の起こらない要因になって、光回線の普及が進まなくなる事を懸念した国は、多くの企業が扱う事で活性化する事を狙い、光回線の卸売りをNTTに要請します。

 

解りやすいシンプルな契約を望むユーザーの声もあって、2015年2月より「光コラボ」サービスが始まりました。

 

 

(出典:NTT西日本*一部改変)

 

「光コラボ」は光コラボレーションの略称です。

 

NTT東西から光回線の卸提供を受けた事業者が、光回線にプロバイダを組み合わせてワンストップサービスを行う形態です。これらの事業者は、光コラボ事業者と呼ばれます。

 

ドコモ光は「光コラボ」の一つです。そのため、NTTの回線フレッツ光を使用していますが、契約先はドコモ一社になります。

 

フレッツ光回線をNTT東西から卸し供給され、そのまま利用するので、光コラボで提供されるエリア・通信速度はフレッツ光と同じになります

 

 

ドコモ光ユーザーが支払う全体の通信費

スマートフォンにdocomoを利用するユーザーは、光回線でドコモ光を利用する事で、携帯料金の割引が受けられます。

 

通信費全体は、光回線+携帯電話利用料金の合計金額になっているケースが多く、携帯電話の割引きが受けられるのは、通信費全体のトータルコストを下げる効果があります。

 

スマートフォンの契約プランに応じて、割引き金額は変わってきます。

家族5人で契約している仮定で、通信費全体をシミュレーションしてみます。

 

○ギガホプレミアプラン 容量60GB/月 月額7,205円

 

携帯電話ショップにお任せで契約すると、勧められるプランです。

事実上は外出時に容量を気にする事無く、快適にネット利用が出来ます。

 

家族で3回線以上docomoを利用すれば、1,100円の割引きが受けられます。

 

家族5人と仮定すれば

 

月の支払料金は(7,205円-1,100円)×5人=30,525円

 

になります。

 

ギガホプレミアプラン契約者は、ドコモ光の利用で月額1,100円の割引きが受けられます。

 

30,525円-(1,100円×5人)=25,025円

 

・戸建ての場合 (スマートフォン料金)25,025円+(ドコモ光)5,940円=30,965円

・マンションの場合(スマートフォン料金)25,025円+(ドコモ光)4,620円=29,645円

 

*OCNをプロバイダ利用した場合

 

通信費全体は

 

ギガホプレミアプランを家族5人で利用して、光回線にドコモ光を利用している場合の通信費全体の金額は、戸建てで30,965円・マンションで29,645円になります。

 

まず、プランを見直しましょう

通信費全体のトータルコストを下げるのには、携帯電話のプランを見直す事を最初に行いましょう。

 

2021年2月に、ICT市場調査コンサルティングの株式会社MM総研が発表した2020年12月時点での調査によれば、スマートフォン利用者の月々のデータ通信量は7.56GBでした。

 

 

(出典:MM総研

 

平均数値は7.56GBですが、グラフを見ても明らかなように、7GBから8GB程度の利用者は多く有りません。

 

最も多いのは、1GB以下で30%を超えています。次は2GB未満で、それに続くのは3GB未満です。多くの方のデータ使用量は3GBまでで収まっている事を考えれば、先述の60GBプランを必要としていない方が大半であることを、ご理解頂けると思います。

 

光回線が導入されていてWi-Fiを利用する場合は、スマートフォンを自宅でどれだけ使っても、携帯電話会社のデータ量を消費しません。

 

光回線を引く前に使っていたプランがそのままなら、データの消費量が大きく変わっている可能性があるため、契約プランの見直しをオススメします。

 

実際に消費しているデータ量は、マイページを開けば、簡単にオンラインで見る事が出来ます。

 

では、docomoのデータ量が小さなプランへ、契約変更した場合を計算してみましょう。

 

■ギガライトプラン

 

1GBまで 月額3,465円

3GBまで 月額4,565円

 

家族で3回線以上利用すれば、1,100円の割引きが受けられます。

 

家族5人と仮定すれば

 

1GBまでの月の支払料金は(3,465円-1,100円)×5人=11,825円

3GBまでの月の支払料金は(4,565円-1,100円)×5人=17,325円

 

になります。

 

ギガライトプラン契約者は、ドコモ光の利用で月額最大1,100円の割引きが受けられます。

 

1GBまで11,825円-(割引き額550円×5)=9,750円

3GBまで17,325円-(割引き額1,100円×5)=11,825円

 

になります。

 

通信費全体は

 

○1GBまで

 

・戸建ての場合 (スマートフォン料金)9,750円+(ドコモ光)5,940円=15,690円

・マンションの場合(スマートフォン料金)9,750円+(ドコモ光)4,620円=14,370円

 

○3GBまで

 

・戸建ての場合 (スマートフォン料金)11,825円+(ドコモ光)5,940円=17,765円

・マンションの場合(スマートフォン料金)11,825円+(ドコモ光)4,620円=16,445円

 

*OCNをプロバイダ利用した場合

 

 

になります。

 

ギガホプレミアプランと比較すれば、自分にとって適正なプランにする事で、通信費全体のトータルコストは大幅に安くなります。

 

■ahamo 20GBまで 2,970円 5分かけ放題込み

 

2021年の春から登場した、話題の新プランです。

外出時にも通信データを消費する使い方をしている場合は、メリットが有ります。

 

オンライン契約に限定されていることと、今まで×××@docomo.ne.jpのメールアドレスを使っていた方はデメリットが有りますが、オンライン契約に抵抗がなく、メールもGmail等がメインの方なら問題ありません。

 

家族割やドコモ光割はありません。

 

2,970円×5人=14,850円

 

になります。

 

通信費全体は

 

・戸建ての場合 (スマートフォン料金)14,850円+(ドコモ光)5,940円=20,790円

・マンションの場合(スマートフォン料金)14,850円+(ドコモ光)4,620円=19,470円

 

*OCNをプロバイダ利用した場合

 

になります。

 

割引が無くても、ギガホプレミアプランと比較すれば、通信費全体のトータルコストが大幅に安くなります。

 

ドコモ光の特徴

通信費全体の費用を考える上で、携帯電話の料金について検証してきました。

次は、ドコモ光の回線について考えてみましょう。

 

ドコモ光は、光コラボ事業者の中では、少々形態が変わっています。光コラボ事業者の多くは接続業者プロバイダですが、ドコモ光では用意されたプロバイダから、一つを選択することが必要になります。

 

数社有るプロバイダの中で人気が有るのは、「ドコモnet」と「OCN」です。どちらもNTTグループの企業で、安心感から多くのユーザーが選択しています。純粋にプロバイダ業務を行っているのはOCNで、ドコモnetはOCNから技術供与を受けて運営されています。

 

ドコモ光でプロバイダにOCNを選ぶプランは、「ドコモ光 for OCN」ですが、これはフレッツ光回線を、OCNをプロバイダとして利用しているという事です。

 

ドコモ光 for OCNとOCN光の違い

同じ光回線のフレッツ光を利用しても、プロバイダの能力によって回線品質・速度は変わります。しかし、同じフレッツ回線を使い、同じプロバイダOCNを使えば、回線品質・速度は全く同じになります。

 

では、月額料金を比較してみましょう。

 

○ドコモ光 for OCN

 

・マンションの場合 4,620円

・戸建ての場合   5,940円

 

○OCN光

 

・マンションの場合 3,960円

・戸建ての場合   5,610円

 

になります。

 

基本的に同じサービスでも、月額料金はマンション・戸建て共にOCN光が安くなります。しかし、docomoユーザーにとっては、ドコモ光 for OCNに有った割引きが、OCN光では受けられなくなります。

 

通信費全体のトータルコストを考えた場合、回線月額料金の差額だけでは、「ドコモ光 for OCN」から「OCN光」に乗り換えるのは一見するとメリットが無い様に思います。でも、通信費全体のトータルコストを考えれば、「OCN光」に乗り換えた方がメリット大です。

 

OCNモバイルONEとは?

「OCN光」契約者にはdocomoの割引きはありませんが、格安SIM「OCNモバイルONE」で割引きが受けられます。

 

 

(出典:OCNモバイルONE公式

 

OCNモバイルONEの料金は、1GB/月で月額770円・3GB/月で月額990円・6GB/月で月額1,320円・10GB/月で月額1,760円です。

 

上記の金額から、OCN光契約者は家族全員分の割引きが受けられます。

 

 

(出典:OCNモバイルONE公式

 

同様に、家族5人で1GBプランを契約した場合のシミュレーションをしてみます。

 

○1GBプラン 1GBまで 月額770円

 

家族5人で利用した場合は、人数分だけ各220円の割引きが受けられます。

 

(770円-220円)×5人=2,750円

 

OCN光のマンションタイプ月額料金は、3,960円・戸建てタイプは5,610円です。

 

通信費全体は

 

・戸建ての場合 (スマートフォン料金)2,750円+(OCN光)5,610円=8,360円

・マンションの場合(スマートフォン料金)2,750円+(OCN光)3,960円=6,710円

 

になります。

 

ドコモ光で割引きを受けた、1GBの通信費全体のトータルコストを比較すると

 

・戸建ての場合

 

ドコモ光 15,690円 vs OCN光 8,360円

 

・マンションの場合

 

ドコモ光 14,370円 vs OCN光 6,710円

 

家族5人の通信費全部の料金は、戸建てで月額7,330円・マンションで月額7,660円の差額が出ます。

 

ドコモ光 for OCNからOCN光に乗り換える事で、年間にすると戸建てで87,960円・マンションで91,920円の通信費削減が可能になります。

 

格安SIMは不安?

「年間9万円前後も安くなるのは魅力だけど、よく解らないけど格安SIMって大丈夫?」という不安の有る方に、格安SIMをご説明します。

 

OCNモバイルONEは、docomo回線の一部を間借りしています。自分のところでアンテナなど大規模な投資をしていないことで、安価に提供が可能になっています。

 

通話はdocomo回線を利用するので、通話品質やエリア等は基本的に同じです。データ通信に関しては、一部の回線を間借りしているため、docomoほどの速度は出ません。

 

しかし、実用上の問題は殆どありません。

 

スマホがサクサク動くと言われる快適な下り速度は

 

メール・LINEで128kbps~1Mbpsです。

 

ウェブを閲覧する為にはテキスト中心のサイトで1Mbps程度です。

 

大きな写真が混在しているサイトで10Mbps程度です。

 

動画は解像度にもよりますが、5Mbpsから20Mbpsの速度があれば快適に視聴出来ます。このスピードを下回ると使えないという事ではありません。

 

あくまで快適にサクサク使うために必要なスピードです。

 

実際にその回線を使っているユーザーが、計測している「みんなのネット回線速度」を見てみましょう。理論上ではない、リアルな数値が出てきます。

 

「OCNモバイルONE」の、直近3ヵ月に計測された511件の測定結果の平均値は

 

下り平均速度 56.09Mbps

 

と、なっています。

 

数値を見てご理解頂けるように、快適に使える通信速度を充分に上回っています。

 

「ドコモ光 for OCN」から別の「OCN光」に乗り換える手順

「ドコモ光 for OCN」を現在契約している方が、「OCN光」へ乗り換える事を「事業者変更」と言います。

 

*上記2つに限らず、光コラボ契約者が事業者を乗り換える事を事業者変更と言います。

 

 

出典:NTT東日本公式

 

フレッツ光回線はそのまま利用するので、別途工事も必要ありません。

事業者変更前に利用していた光アクセスサービスの「お客さまID」「ひかり電話番号」は、事業者変更後も変更なく使う事が出来ます。

 

事業者変更の手順

 

  • 事業者変更承諾番号の収得を、契約中の光コラボ事業者へ申し込む
  • 新しい光コラボ事業者に、「事業者変更」として申し込む
  • 事業者変更の手続きが完了(概ね1週間から2週間程度)すれば、利用できる様になります。

 

通信費全体のトータルコストで考えれば、OCN光がオススメ!

 

 

「OCN光」にして、スマートフォンの契約も同時に見直せば、通信費全体の大きな節約に繋がる事をご説明してきました。

 

積極的に「OCN光」に変更をオススメする理由は、価格だけでは有りません。

 

技術力

NTTのグループ会社であるNTTコミュニケーションズが運営する「OCN」は、世界的なTier1 IPバックボーンを保有しています。Tier1とは、インターネットの品質を自らコントロール出来る世界規模の広帯域IPバックボーンを有するISPグループの事で、世界で数社しかありません。アジアでは唯一のステータス保持社です。

 

 

(出典:NTTコミュニケーションズ公式サイト

 

接続方式

OCNは、IPoE標準対応していて、次世代の規格を誰でも享受出来ます。爆発的に増加するネット人口によって、現在の渋滞しがちなネット環境を改善するのが、次世代方式IPoEです。

 

キャッシュバック等の特典

事業者変更はOCN光の公式ページから手続きが出来ますが、正規代理店での手続きを行った方が、多くのメリットが有ります。

 

公式の特典にプラスして、代理店独自のメリットを享受出来るからです。

 

お得なキャンペーンの詳細は、以下のリンクを御確認ください。

 

https://ocn-h.com/campaign/cashback.html
タイトルとURLをコピーしました