ドコモ光から乗り換えるのに最適な光回線はどこ?手順・方法・おすすめ回線を紹介

光コラボ

ドコモ光を使い続けたいと思いますか?

突然ですが、あなたは今使っているドコモ光の回線をこれからも使い続けたいと思いますか?おそらくこの記事にたどりつく人は「ぜひ乗り換えたい」「他の光回線でいいものがあれば乗り換えたい」と思っていることでしょう。

 

そこでこの記事では、ドコモ光から乗り換えるために最適な光回線を紹介。そして、乗り換えるための手順や方法を解説します。

 

いまやインターネット回線は生活に必須なもの。趣味としてYouTubeやネットサーフィンをする人は当たり前にいるようになり、テレワークの浸透などによりインターネットがなくては仕事ができない人もいます。

 

そんなインターネットが必須な世の中において、どれだけ快適な光回線を手に入れるかは非常に重要なものです。そして、どれだけ安く光回線を使えるのかもまた重要なこと。

 

せっかく安くて高品質な光回線があるにもかかわらず、月額料金が高くてそこまで高品質ではない光回線を使っている人もいます。現在使用している光回線に不満がある人はぜひ参考にしてみてください。

 

ドコモ光が選ばれていた理由

現在ドコモ光に対して不満を感じている人は一定数います。しかしながら、それでもドコモ光が選ばれ続けていというのもまた事実。一体なぜいままで、数ある光回線のなかからドコモ光が選ばれていたのでしょうか?

 

実は、今までドコモ光はドコモの携帯・スマートフォンとセットで利用することによってトータルで非常に安く利用できる状態になっていたのです。具体的なサービス名は「ドコモ光セット割」というもので、ネットとスマホをセットで契約するとスマホ料金が永年1,100円割引されるというものでした。

 

しかし、現代においてはさまざまな理由からドコモ光とドコモの携帯・スマホを一緒に使うことによって受けられる恩恵は、あまり大きなものだと感じられていません。

 

最近では、ドコモ光とドコモの携帯・スマホをセットで使っているよりも格段に安く、同程度の品質を手に入れられるものがあることを知った人たちが次々と乗り換えを検討しているようです。

 

ドコモ光から乗り換えたい人が多いワケ

では、なぜドコモ光から乗り換えたい人が多くなっているのでしょうか。

 

この理由を押さえておくことによって、ドコモ光の回線を使い続けることによるデメリットを知ることができます。逆にこのことを知らないままにしていると、毎月数千円という単位の損をし続けることになります。

 

ここではドコモ光から乗り換えたい人が多い理由を3つ紹介。

 

さらに、ドコモ光から乗り換えたい人が多い理由を知っておくことで、自分がこれからどのような回線を契約していくべきなのかも自然に見えてきます。ドコモ光はもちろんですが、それ以外の回線からの乗り換えを検討している人にも確実に役立つ情報になっていますよ。

 

そもそも料金が高い

ドコモ光から乗り換えたくなる人が多い理由の1つは「そもそも月額料金が他の光回線に比べて高い」ということにあります。

 

以下の表をみてみてください。他の光回線の月額料金に比べて、ドコモの光回線は100円から500円ほど高くなっていることがわかります。

 

光回線月額料金セット割
ドコモ光戸建て:5,720円〜

マンション:4,400円〜

docomo
フレッツ光(東日本)戸建て:5,170円~

マンション:3,355円~

※+プロバイダ料金

なし
フレッツ光(西日本)戸建て:4,730円~

マンション:3,135円~

※+プロバイダ料金

なし
auひかり戸建て:5,610円

マンション:3,740円~

au

UQ mobile

OCN光戸建て:5,610円〜

マンション:3,960円〜

OCNモバイルONE
@TCOMヒカリ戸建て:5,610円〜

マンション:4,180円〜

LIBMO

UQ mobile

ソフトバンク光戸建て:5,720円〜

マンション:4,180円〜

SoftBank

ワイモバイル

 

たかが数百円程度と思うかもしれませんが、光回線は人生においてずっと契約し続けるもの。20歳から一人暮らしを始めて80歳まで生きると仮定すると、月額100円の損が72,000円にまで膨れ上がってしまうのです。

 

契約を乗り換えるだけでその72,000円分の損を取り消せると考えると、やはり乗り換えたくもなりますよね。

 

3大キャリアのオンライン専用プランが発表された

3大キャリアであるau・ソフトバンク・ドコモがオンライン専用プランを発表したことも、ドコモ光から乗り換えたい人が多くなっている原因のひとつになっています。

 

3大キャリアのオンライン専用プランとは以下のもの。

 

 

なぜオンライン専用プランがドコモ光から乗り換えたくなる理由になっているかというと、オンライン専用プランがドコモ光が選ばれてきた理由である「セット割」の割引を遥かに上回るほどの料金の安さだから。

 

3大キャリアはスマホの販売におけるコストがかかりすぎていることに目をつけ、オンライン専用での対応を取ることによって格段にコストカット。そして、月額3,000円を切るようなプランを完成させたのです。

 

これほどまでに安いプランが登場してしまうと、ドコモ光とドコモの携帯・スマホをセットにして1,100円の割引を受ける必要なんてなくなります。オンライン専用プランで安くスマホを使ったうえで、そもそも月額料金が安い光回線を契約したほうがいいのです。

 

格安SIMが高品質かつ安い

オンライン専用プランだけでなく、格安SIMの登場によっても同じような影響を受けました。つまり、格安SIMを利用して安くスマホを利用し、あとは月額料金が安くて高品質な光回線を契約するという方法です。さらに格安SIMにおいては光コラボという「スマホと光回線をセットで利用するとお得になる」というセット割を使って、トータル料金を削減できるのです。

 

格安SIMにおいては、当初「回線がつながらない」などの不満の声がよく聞こえていましたが、だんだんとサービスは改善。今では格安SIMは「安くて高品質なスマホ」を提供できるようになっているのです。

 

するとやはり、ドコモ光とドコモの携帯・スマホをセットで使う必要はなくなります。よって、ドコモ光から乗り換えたいという人が増えていったのです。

 

【状況別】ドコモ光から乗り換えるのに最適な光回線

しかし、ドコモ光から乗り換えたいと思っていても、一体どの光回線に乗り換えるのがベストなのかわかりませんよね。せっかく乗り換えたとしても、結局料金が高かったり、低品質な光回線に乗り換えたりしてしまったら、契約手続きの時間や手間が無駄になってしまいます。

 

そこで、ここでは状況別にドコモ光から乗り換えるのに最適な光回線について解説します。

 

自分のライフスタイルにマッチした光回線に乗り換えることに成功すれば、いままで使っていた光回線+携帯・スマホのセットよりも月額5,000円も安くなることもあるのです。逆に考えると、自分にとって最適な光回線を使わないと月5,000円も損をしている可能性があるということ。

 

現在使っている光回線に不満がある場合にも、ない場合にも一度目を通して参考にしてみてください。

 

安くて高品質なものが必要ならOCN光とOCNモバイルONE

できるだけ安く高品質な光回線を使いたいならOCN光がおすすめです。実はOCN光は日本国内における「光」の契約数がNo. 1。信頼と実績があるものとなっています。

 

 

(参考:OCN光お申し込みサイト

 

また、インターネット接続に必要な光回線もプロバイダも合わせて、マンションなら3,960円という安さで使えてしまいます。戸建てだとしても5,610円です。速度に関しても最大1Gbpsという問題のない速度となっています。

 

さらに、ドコモ光とドコモの携帯・スマホをセットで利用したのと同じように、OCN光とOCNモバイルONEをセットで使うともっとお得に。具体的には月額料金が220円安くなります。すでに安い状態なのにこれ以上安くなるというのは嬉しいですよね。

 

OCNを運営しているNTTコミュニケーションズは、ドコモと同じNTTグループであり、ドコモ光のプロバイダの技術を提供していることからも必要十分な品質で料金を格安にすることが可能ですよ。

 

 

(出典:OCNモバイルONE公式サイト)

 

データ通信量が多いなら@TCOMヒカリとLIBMO

データ通信量が多いという場合には、上記で紹介したOCN光とOCNモバイルONEのセットが最適とは言えません。なぜなら、データ通信量が多い場合におけるプランが用意させていないから。

 

データ通信量を20GBや30GBと多く使う場合には、@TCOMヒカリとLIBMOがおすすめです。

 

 

LIBMOのスマホプランでは、20GBを1,991円で利用可能。さらに、30GBを2,728円で利用できます。このプラン料金はスマホのデータ通信量が多い人へのプランとしては業界最安級です。

 

 

(出典:LIBMO公式サイト)

 

データ容量データ+音声通話+SMSデータ+音声通話+SMS
+10分かけ放題
@T COMヒカリ
月額割引額
3GBプラン980円(税抜891円)1,750円(税抜1,591円)220円(税抜200円)/月割引
8GBプラン1,518円(税抜1,380円)2,453円(税抜2,230円)220円(税抜200円)/月割引
20GBプラン1,991円(税抜1,810円)2,926円(税抜2,660円)220円(税抜200円)/月割引
30GBプラン2,728円(税抜2,480円)3,663円(税抜3,330円)220円(税抜200円)/月割引

 

最近、3大キャリアからは「データ無制限プラン」や「60GBプラン」などが出ていますが高額。「そんなにたくさんのデータ通信量は使わないけど、そこそこ使う」という方にLIBMOはぴったりのプランを用意しています。

 

そして、この記事の本題である光回線の@TCOMヒカリとセットで使うとさらに安くなるのです。@TCOMヒカリは日本中にインフラを提供しているTOKAIコミュニケーションズが運営しているのものなので安心して利用できますよ。

 

違約金などがあるならソフトバンク光とワイモバイル

途中解約したことによる工事費残債や違約金がある場合には、ソフトバンク光とワイモバイルをセットで使うことをおすすめします。

 

 

(参考:ソフトバンク光お申し込みサイト)

 

なぜなら、事業者変更の手続きでもキャッシュバックや違約金の負担が適用になり、お得に乗り換えができるからです。最大10万円までを満額還元してくれるので、安心してソフトバンク光に乗り換えることができます。

 

さらにワイモバイルの「シンプルS/M/L」というプランと一緒に契約すれば毎月1,188円も割引されるのです。家族4人なら毎月4,752円も割引されることになります。

 

 

(出典:ワイモバイル公式サイト)

 

会社としての信頼感は問題ないソフトバンク。そんなソフトバンクが違約金などを負担してくれると考えると、いますぐにでも乗り換えたいという人にはおすすめです。

 

ドコモ光からの乗り換え手順・方法とは?

実際に自分にライフスタイルにマッチしている光回線を見つけたとしても、どうやって乗り換えたらいいのかが分からなくては意味がありません。調べて乗り換えようとしても、めんどくさくてなかなかできないものです。

 

しかしながら、せっかく節約できる方法がわかったのに実践をしなくては意味がありません。乗り換える手順や方法がわからなくては月額5,000円をみすみす逃しているようなものです。

 

ここではドコモ光からの乗り換え手順・方法を解説します。

 

実はドコモ光から乗り換えるのは簡単なもの。知っておけばサクッと公式ページにアクセスして乗り換えられてしまうレベルです。しっかりと頭に入れておきましょう。

 

ドコモ光からは工事不要で乗り換え可能

ドコモ光はフレッツ光の回線を利用したサービスである事を知っていましたか?

 

フレッツ光の回線を利用しているということは、他の光コラボに乗り換えるときには工事が必要にならないということです。さらにはインターネットを使えない期間も発生しません。

 

工事が必要になる場合には、工事費がかかったり、工事の日程を決めるという手間がかかってしまいます。また、フレッツ光の回線を使わない回線を利用する場合には、旧回線と新回線の間が空いてしまうとインターネットが使えない期間が発生してしまうのです。

 

以上のことを考えると、ドコモ光からは別の光コラボへ乗り換えることがおすすめだということがわかります。上で紹介した光回線である以下の3つも光コラボです。

 

  • OCN光とOCNモバイルONE
  • @TCOMヒカリとLIBMO
  • ソフトバンク光とワイモバイル

 

よって、工事費・インターネット使用不可期間なしで乗り換えられますよ。

 

ドコモ光から違う光コラボにするなら事業者変更で

ドコモ光から違う光コラボにする場合の乗り換えのことを「事業者変更」と言います。

 

 

(出典:NTT東日本)

 

事業者変更をするために必要なのはたったの3ステップ。

 

  1. 現在使っている光コラボ事業者から「事業者変更承諾番号」を発行してもらう
  2. これから乗り換えたい光コラボ事業者へ申し込みをする
  3. 手続きが完了するのを確認する

 

自分で行う必要があるのはステップ1,2だけ。ステップ3に関しては、現在利用している光コラボ事業者とこれから使う光コラボ事業者の間で手続きを行ってくれます。

 

非常に簡単な手続きですが、実際にやり方を知っている人が少ないため、多くの人はやり方を調べるのをめんどくさがってしまいがちです。これほど簡単なのに事業者変更をしないのはもったいないので、しっかりと頭に入れておきましょう。

 

ドコモ光から自分にあった回線に乗り換えよう

ドコモ光はそもそも月額料金が他の光回線に比べて高いことや、3大キャリアがオンライン専用プランを発表したこと、格安SIMの品質が上がったことによって、いままでのドコモの携帯・スマホとのセット割でのうまみが少なくなってしまったために、乗り換えたいという気持ちになっている人が多くいます。

 

そこでおすすめなのが以下の3つの光コラボです。

 

  • OCN光とOCNモバイルONE
  • @TCOMヒカリとLIBMO
  • ソフトバンク光とワイモバイル

 

ドコモ光はフレッツ光を利用している回線のため、違う光コラボ事業者へ乗り換えるのなら事業者変更をする必要があります。事業者変更は以下の3ステップで簡単解決。

 

  1. 現在使っている光コラボ事業者から「事業者変更承諾番号」を発行してもらう
  2. これから乗り換えたい光コラボ事業者へ申し込みをする
  3. 手続きが完了するのを確認する

 

これだけで月額5,000円も節約できることがあるので、是非検討してみましょう。

 

 

光コラボレーション | BBN
NTTフレッツ光の品質はNTT回線そのままに、価格を安くご利用するなら光コラボレーションが断然おトクです!
タイトルとURLをコピーしました