NTT東日本エリアのフレッツ光の料金体系を簡単に解説

フレッツ光

「光回線と言えば、フレッツ光かな。使ってみたいけど、気をつける点って何だろう。」

「西日本エリアから東日本エリアに引っ越してきた。料金とかって、結構変わるのかな。」

 

光回線と言えば、フレッツ光を真っ先に思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか。NTTが提供しているインフラサービスなだけあって、安心感がありますよね。しかし、NTTにも東日本と西日本があり、提供しているサービスや価格に微妙な差があったりします。

 

そこで今回の記事ではNTT東日本エリアのフレッツ光の料金体系について解説していきます。また基礎的な知識やオススメのプロバイダーなども併せてご紹介いたします。

 

 

 

昨今は光回線もNTTが提供するフレッツ光以外の選択肢も出てきました。しかし、フレッツ光は光回線の先駆け的存在として、まだまだファーストチョイスになっています。今回の記事を参考にしていただき、フレッツ光の料金体系やお得に利用する方法を把握していただければと思います。

 

フレッツ光とプロバイダについて

「ウチのマンションは光回線がなんと工事済み。その光回線はフレッツ光。さぁ明日から、インターネットを使うぞ!」

 

となりがちですが、少々お待ちください。光回線が用意できたからと言って、そのままインターネットが使えるわけではありません。

 

インターネットを使うには別途、プロバイダ契約をする必要があります。プロバイダとは回線業者のことであり、インターネットの世界とフレッツ光を接続する役目を果たしています。つまりプロバイダがいなければ、光回線はただの線のままなのです。

 

よって、月額料金は以下の足し算となります。

 

通信費:NTT東日本に支払う回線利用料+契約プロバイダ先へ支払うプロバイダ料金

 

よく聞く「〇〇光」って?

ここまではフレッツ光とプロバイダの関係についてご紹介しました。

 

ところで、TVやインターネットを頻繁に見る方の中には、以下のように思った方もいることでしょう。

 

「よく〇〇光って聞くけど、あれとフレッツ光の違いって何?」

 

TVの広告等で知られている「〇〇光」とは光コラボレーション事業者のことです。

 

例えば、OCN光やぷらら光、ソフトバンク光、ドコモ光、ニフティ光、@TCOMヒカリが光コラボレーション事業者に該当します。

 

光コラボレーション事業者とはNTTからフレッツ光を借り受け、プロバイダ契約とセットにして販売している業者のことです。一般的には「光コラボ」と略して、呼ばれています。

 

光コラボを利用するメリットはズバリ、料金をまとめて支払えることです。支払先が異なると都度料金支払いの手続きや作業が発生するため、面倒ですよね。光コラボを利用すれば、このような心配はありません。

 

よって、月額料金は以下となります。

 

通信費:光コラボレーション事業者へ支払う料金(回線利用料+プロバイダ料金)

 

フレッツ光 東日本エリア 料金プラン

この章では本記事のメインテーマであるフレッツ光 東日本エリアの料金プランについて解説いたします。複数のコースがあるので、それぞれ確認していきましょう。

 

フレッツ光には今回ご紹介しているコース・プラン以外にも、まだまだ数多くのコース・プランがあります。ご自身にピッタリのコースがあるはずですので、ぜひ探していただければと思います。

 

フレッツ光クロス

フレッツ光で最も速い通信速度を誇るコースになります。仕事やプライベートでガンガン、ネットワークを使う方にオススメのコースです。

 

初期費用20,680円

[内訳]

契約事務手数料:880円

工事費:19,800円

月額料金(戸建て)6,930円

 

【NTT東日本】フレッツ 光クロス(戸建て)料金詳細
「フレッツ 光クロス」は、最大通信速度が約10Gbpsのインターネット接続サービスになります。高画質のストリーミング映像や音楽の配信サービス、オンラインゲーム、SNSへの動画のアップロードなど大容量のコンテンツのやり取りが早くなり、従来(他のフレッツ光プラン)より快適に楽しむことができます。さらに最新の無線通信規格、W...

 

フレッツ光ネクスト

家族や個人でサクサクと通信したい方にオススメのコースになります。動画視聴やインターネットもストレスなく利用可能です。

 

初期費用17,380円~20,680円

[内訳]

契約事務手数料:880円

工事費:16,500円~19,800円

月額料金(戸建て)6,270円 ※ギガファミリー・スマートタイプ
月額料金(マンション)4,125円 ※ギガマンション・スマートタイプ

 

【NTT東日本】フレッツ 光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ(戸建て)料金詳細
NTT東日本提供の戸建て向け超高速定額プラン「フレッツ 光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ」のサービス内容・月額料金・初期費用・割引詳細についてご案内。最大1Gbpsの超高速インターネットを存分に利用するなら!

 

フレッツ光ライト

使った分だけ支払うタイプのコースになります。インターネットは頻繁に使わないけど、最低限を用意したい方にオススメです。

 

初期費用17,380円~20,680円

[内訳]

契約事務手数料:880円

工事費:16,500円~19,800円

月額料金(戸建て)6,050円 ※フレッツ光ライトプラス
月額料金(マンション)4,730円 ※フレッツ光ライトマンションタイプ

 

フレッツ光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ 利用料金 | NTT東日本エリア
NTT東日本提供の集合住宅向け超高速定額プラン「フレッツ 光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ」のサービス内容・月額料金・初期費用・割引詳細についてご案内。キャンペーンの適用で月額3,235円(税込)~とお得な料金で超高速インターネットの利用が可能!

 

フレッツ光の解約時にかかる違約金は?

前章ではフレッツ光の月額料金について、図を交えてご紹介しました。この章ではフレッツ光を解約する際にかかる違約金をご紹介します。

 

月額料金と共に解約料についても近年は注目されるようになってきました。携帯キャリアの解約料が注目を浴びたのをきっかけに、ユーザー側も敏感になりました。

 

主に解約料が発生するプランは「にねん割」コースとなっており、解約料は以下のようになっています。

 

フレッツ光ネクスト

コース・プラン解約料
ギガファミリー・スマートタイプ10,450円
ギガマンション・スマートタイプ1,650円
ファミリー・ハイスピードタイプ10,450円
マンション・ハイスピードタイプ1,650円

※更新月以外で解約した場合

 

全体的に戸建て向けプランでは解約料が高くなっています。そのため戸建てに住んでいる方は、解約のタイミングを図る必要があるようです。

 

フレッツ光を利用するのにオススメのプロバイダは?

この章ではオススメのプロバイダをご紹介します。フレッツ光を使うにはプロバイダ契約が必要になります。せっかく契約するのでお得に、そしてサービスが充実しているプロバイダを選びましょう。

 

 

 

OCN

まず1つ目にオススメするプロバイダは「OCN」になります。OCNと言えば、OCN光やOCNモバイルなど通信事業で様々なサービス展開を行っている企業です。通信事業を長年行っている経験やノウハウを基に、開通サポートなど痒い所に手が届くサービスを提供してくれます。

 

以下に戸建てとマンションタイプの料金表をまとめました。ぜひ参考にしてください。

 

フレッツ光対応プランプロバイダ月額料金
マンションタイプ990円
ファミリータイプ(戸建て)1,210円

 

※掲載しているプランは「2年割」適用時です。

 

またOCNでは固定IPサービスも展開しています。先ほど紹介したプロバイダ料金から、かなり高くなります。しかし、固定IPにはWebカメラ利用や遠隔操作には欠かせない仕組みです。

 

以下に戸建てとマンションタイプの料金表をまとめました。ぜひ参考にしてください。

 

フレッツ光対応プランOCNプランプロバイダ月額料金
マンションタイプハイスピードタイプ7,480円
ギガライン10,780円
ギガスマート10,780円
ファミリータイプ(戸建て)ハイスピードタイプ10,780円
ギガライン10,780円
ギガスマート10,780円

 

@T COM

2つ目にオススメするプロバイダは「@T COM」になります。@T COMは大手プロバイダと比較して、知名度では確かに劣ります。また対応可能エリアが「静岡県」以外となっているなど、少し変わったプロバイダになります。

 

しかし、@T COMが有するスペックは決して大手プロバイダに引けを取るものではありません。@T COMの強みは通信速度です。

 

通信速度を表彰するRBB SPEED AWARD最優秀賞を@T COM5年連続で受賞しています。快適なインターネットをお望みの方にはオススメのプロバイダになります。自社のプロバイダネットワークを保有し、IPoE IPv6接続も対応、新規加入時のキャッシュバックも実施しています。

 

フレッツ光キャッシュバック情報 NTT東日本エリア
【NTT東日本エリア】フレッツ光のキャッシュバック条件一覧。当サイトなら最短2ヵ月で最大79,800円のキャッシュバック!さらにプロバイダのみの乗り換えでも5,000円のキャッシュバック♪と加入特典がお得。フレッツ光の加入でキャッシュバックをお得に受け取るならぜひ当サイトまで!

 

以下に戸建てとマンションタイプの料金表をまとめました。ぜひ参考にしてください。

 

フレッツ光対応プランプロバイダ月額料金
マンションタイプ1,320円
ファミリータイプ トク割プラン(戸建て)1,320円
ファミリータイプ 標準プラン(戸建て)1,540円

 

※掲載しているプランは24ヶ月契約プランです。

 

先ほど掲載した料金プランですが、24ヶ月以内の契約解除には解約手数料が発生するので、注意しましょう。どのタイプでも5,500円の手数料が発生します。

 

また@TCOMで提供されている固定IPサービスはありませんので、注意してください。

 

インターリンク

 

(出典:インターリンク公式

 

3つ目にオススメするプロバイダは「インターリンク」になります。自社サーバーを運用していて、ホームページを開設していたり、ファイルサーバーをご利用になっていたりする法人契約の方は、インターリンクをオススメします。

 

 

(出典:インターリンク公式

 

いつも同じIPアドレスを維持するコストとして、現状の費用を仕方が無いと思っていらっしゃるなら、大幅に改善できる可能性があります。

 

自社サーバー運用以外にも、例えば防犯対策のwebカメラの運用には固定IPが必要になるケースが多くなっています。固定IPの価格は通常の接続料金と比較して、大幅に高額になっている事が多いですが、インターリンクでは非常に安価(1,320円から)に設定されています。

 

法人での契約を検討中ならば、フレッツ光

ネットワークの利用は何も個人に限った話ではありません。企業もネットワークを利用して、ビジネスを行います。

 

最後にこの章では法人契約にもフレッツ光をオススメする理由をご紹介します。フレッツ光を法人契約にオススメする理由はズバリ、3つです。

 

・フレッツ光を提供しているのはNTTのため、信頼性が抜群
・法人向けキャンペーンを積極的に展開している
・解約時にも設備の撤去費用がかかりにくい

法人利用ですので安全性が何より求められます。しかし、そこはNTTが提供元のため、非常に安心です。24時間サポートが受けられるオプション等があります。

 

また法人利用とは言え、費用は削りたいものです。そこもキャンペーンが積極展開されているため、フレッツ光を選択すれば、間違いありません。

 

フレッツ光キャンペーン一覧 NTT東日本エリア
【NTT東日本エリア】フレッツ光キャンペーン一覧。当サイトならキャッシュバックまたは豪華特典+NTT公式割引♪とキャンペーンの併用が可能!当サイト限定の豪華特典キャンペーンには新品パソコン・人気タブレット・PS4や任天堂スイッチなどの最新ゲーム機などおトクなキャンペーンが勢揃い!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はNTT東日本エリアのフレッツ光の料金について、解説いたしました。

 

改めて、振り返っていきましょう。

 

まず第一章と第二章でフレッツ光とプロバイダ、そして光コラボの関係性についてご紹介しました。フレッツ光はあくまでインターネット回線であるため、インターネットを使うにはプロバイダ契約が必要になります。そして光コラボとはフレッツ光を利用したプロバイダ業者です。有名どころで言えば、「ドコモ光」や「ソフトバンク光」が特に有名なのではないでしょうか。

 

光コラボレーション | BBN
NTTフレッツ光の品質はNTT回線そのままに、価格を安くご利用するなら光コラボレーションが断然おトクです!

 

次に第三章と第四章ではフレッツ光の料金と解約料を具体的な数値でご紹介しました。今回ご紹介したプラン以外にも、まだまだプランはたくさんあります。そのため、ご自身に合うプランを探していただければと思います。

 

そして第五章ではオススメのプロバイダを3つご紹介しました。3社それぞれに特徴があるので、どれを選んでも間違いはないでしょう。

 

 

OCN

@T COM

インターリンク

 

 

最後に第六章ではフレッツ光の法人利用について解説しました。ネットワーク利用というと個人利用にフォーカスが当たりがちですが、企業側も間違いなくネットワーク利用します。今回はフレッツ光を法人利用にオススメする理由は3つに絞って、紹介しました。

 

フレッツ光と言えば、光回線のパイオニア的な存在であることは間違いありません。信頼や実績があるのに加えて、近年はキャンペーン活動にも力を入れています。古くからあると値段だけ高いというイメージがありますが、常に改善を繰り返しているのがフレッツ光とも言えます。フレッツ光を検討中の方は、ぜひ本記事を参考にしていただければと思います。

タイトルとURLをコピーしました