フレッツ光が遅い!原因や対策を考察

フレッツ光

長期間に渡って、多くの人に愛され続ける知名度が高いものは、特定のメーカーの商品名が、そのジャンル全部の名称に取って代わる事が度々有ります。

 

働くバイクの代名詞として定着しているのが、「カブ」です。「カブ」はホンダのビジネスバイクの名称で、故本田宗一郎の理念が具現化されたバイクで、2017年には世界生産累計台数1億台を達成して、2018年には誕生60周年を迎え、今も生産が各国で継続しています。

 

光ファイバーケーブル回線を、全国にいち早く・幅広く普及させたのは、NTT東日本と西日本のNTTグループの「フレッツ光」で、2003年頃から一般家庭でも光回線が利用できる様になりました。

 

現在でも全国で7割近い光回線のシェアを、「フレッツ光」は持っています。「光回線」=「フレッツ光」の時代が暫く継続して代名詞になりましたが、老舗のイメージはIT業界において、時間の経過と共に必ずしもプラスに働くとは限りません。

 

そのため、「フレッツ光」=「古い」=「通信速度が遅い」という、誤った情報を鵜呑みにする方も散見しています。

 

「でも、最近フレッツ光って、以前に比べると聞かなくなった気がするけど?」という話も耳にします。それは「フレッツ光」が法人需要に特化していることと、一般的なニーズには「光コラボレーション」がメインになって、「フレッツ光」の名前が前面に露出しなくなった事にあります。

 

「ドコモ光」や「ソフトバンク光」は、よく耳にする名前だと思いますが、どちらも「フレッツ光」を使う「光コラボレーション」の一つで、契約先がNTT東西ではないということです。

 

「フレッツ光」は昔も今も、常に光回線の最前線にいます。昔から最も多くの顧客を抱える中で、通信速度に不満の有るユーザーの中には、「フレッツ光」の回線自体が原因ではなく、別の理由が有る事を見逃している事例が数多く有ります。

 

その原因を考察して、対策を解説していきます。

 

マンション集合住宅でフレッツ光が遅い原因

一戸建てで「フレッツ光」を利用している方は、この項目を飛ばして次に読み進めて頂いても結構です。

 

マンション集合住宅では、回線が建物に共有スペースにあるMDFまで引き込まれていなければ、基本的に光回線の利用が出来ません。

 

光回線のサービス提供開始から、最も多くのユーザーに対してサービスを提供していて、多くのマンションに引き込まれている回線も、圧倒的にフレッツ光が多くなっています。

 

各戸への配線方式は建物によって異なり、その配線方式によっては、回線速度が著しく制限が掛かってしまうケースが有ります。

 

大きく分けて、3つの配線方式があります。

 

 

(出典:NTT東日本公式ページ*一部省略しています)

 

光配線方式

新しいマンション集合住宅に増えている方式です。MDF内のスプリッタで振り分けられた回線は、そのまま各戸まで光ファイバーケーブルで繋がれて、各戸内に回線終端装置を設置します。

 

もっとも安定して速く、マンション集合住宅において現状はベストな方式です。1Gbpsの光回線が来ていれば、理論上安定して1Gbpsの速度が出ます。

 

この環境下なら、「フレッツ光」本来のポテンシャルを楽しむ事が可能です。

 

VDSL方式

比較的古いマンション集合住宅に見られる方式です。MDF内に有る集合型回線終端装置の先にVDSL集合装置が設置されていて、そこから各戸までは電話線に変換して回線を結んでいます。

 

各戸では、電話用モジュラージャックからVDSL宅内装置に入り、ルーターに接続します。

 

1Gbpsの光回線が来ていても、残念ながらこの方式での最大通信速度は、上りも下りも100Mpbsしか出ません。戸数の多いマンションでは、この方式で同時に回線使用者が増えれば、回線速度は一層落ち込むケースが多々あります。

 

この環境下にある、フレッツ光回線ユーザーは、最高の値でも100Mpbsが上限になります。回線本来のポテンシャルを表している数字にはなりません。

 

LAN配線方式

ちょっと前に建てられたマンション集合住宅に多い方式です。MDF内に設置された集合型回線終端装置から、各戸にLANケーブルで繋ぎます。

 

各戸ではLAN用のモジュラージャックが備えられ、ルーターに接続します。

 

こちらは導入された時代で、ケーブルが対応しているスピードが異なります。比較的新しい時代に導入されているケースでは1Gbpsの元回線に対して1Gpbsの速度が理論的に出る事も有りますが、古い時代に導入されている場合は100Mbpsの速度しか出ないケースも有ります。

 

VDSL方式・LAN配線方式のマンション集合住宅では、高速の回線が接続されていても、十分な回線速度が出ないケースが多く、100Mbpsは理論上の数値であり、多くのユーザーが集中する環境では、回線速度が確実に悪化します。

 

この場合は、簡単では有りませんが、配線方式の変更工事を行うか、「据え置き型無線ホームルーター」を検討する方が賢明な選択になります。

 

 

 

この後に記述する対策を実行しても、大きく改善する見込みは少ないと言えます。

 

利用端末の接続方法は?

ネット速度の計測が出来るサイトやアプリは多く有ります。

 

FASTcomUSENスピードテストgoogleスピードテストなどが、その代表的なものです。

 

実際に利用したいサイトとは別のサーバーで計測するため、利用時に同様のスピードが出るとは限りませんが、参考にはなります。

 

計測サイトが異なれば、出てくる速度も異なります。それ以上に、通信速度は接続方法で大きく変わります。

 

有線接続の方が速い

回線速度が遅い!と感じていて、無線Wi-Fi接続で利用しているなら、LANケーブルの有線接続を試してみて下さい。

 

光回線でパソコンを有線接続している状態で、ほぼ同じ時間帯に行った計測は、以下のようになりました。

 

図1

 

同じ光回線を利用して、Wi-Fi接続をしたスマートフォンで計測した場合は、以下の結果です。

 

 

図2

 

同じ光回線を使っても、有線LANケーブル接続と無線Wi-Fi接続では、大きな差が出ます。

 

有線LAN接続ではケーブルの規格も確認

LANケーブルを利用して「フレッツ光」に接続しているのに、回線速度に不満がある方は、使っているケーブル自体を見直してみてください。

 

これは、「脱線している・いない」「劣化している」という事とは全くの別問題です。

 

一見同じに見えるLANケーブルも、時代によって最大速度が変わっていて、「まだ利用出来るから」という古いLANケーブルの使用が、回線速度を妨げている恐れがあります。

 

LANケーブルはカテゴリごとに最大速度が異なります。

 

主な種類と最大速度は

 

カテゴリ5(CAT5)  100MB

カテゴリ5e(CAT5e) 1GB

カテゴリ6(CAT6)  1GB

カテゴリ6A(CAT6A) 10GB

カテゴリ7(CAT7)   10GB

 

になっています。

 

カテゴリ5(CAT5)を利用していれば、1Gの回線を利用していても、ケーブルの規格100MB以上の回線速度は出ません。

 

ケーブルを確認して、CAT5もしくはANSI/TIA/EIA-568-B.1の記述が有るなら、新しい上位のLANケーブルに交換することで、回線速度は本来のポテンシャルを取り戻し改善します。

 

オススメは、カテゴリ6(CAT6)規格のLANケーブルです。更に新しいカテゴリ7(CAT7)も販売されていますが、現状使えない機器も有るので注意が必要です。一般的なパソコンに装着されているLANの最大速度は、1GBが大半です。

 

サンワサプライ CAT7細径メッシュLANケーブル (2m) 10Gbps/600MHz RJ45 ツメ折れ防止 ブラック&ホワイト KB-T7ME-02BKW
安心のつめ折れ防止コネクタと、丈夫で取り回しの良い細径メッシュ採用の10G対応CAT7LANケーブル ・ギガビット以上での通信を行う際、複数本束ねると互いに干渉し、著しく性能が低下して通信エラーが発生します。これを「エイリアンクロストーク(ANEXT)」と言います。CAT7ケーブルは各4対のペアと外周をそれぞれシールド...

 

古くからのネットユーザーの中には、インターネットが普及し始めた当初に使用された、カテゴリ3(CAT3)のLANケーブルが、未だに現役だったケースが有ります。

 

一見すると区別がしにくいですが、このケーブルを使用していれば、どれだけ速い光回線を利用していても、16Mbpsが最大速度になります。

 

Wi-Fi接続の規格を確認

先述のWi-Fi接続を行って通信速度を計測している図2では、同じ端末機器・同じ光回線・同じ時間帯で計測を行っているのにも関わらず、左右の数値には下りで10倍近くの大きな差が出ています。

 

現在一般的に使用されている無線Wi-Fiルーターの規格は、次の5つです。

 

・IEEE802.11b(最大通信速度11Mbps)

・IEEE802.11a(最大通信速度54Mbps)

・IEEE802.11g(最大通信速度54Mbps)

・IEEE802.11n(最大通信速度600Mbps)

・IEEE802.11ac(最大通信速度6.9Gbps)

 

図2の左側の数値は「IEEE802.11n」に接続して計測したもので、右側は「IEEE802.11g」に接続して計測したものです。

 

Wi-Fiルーターは、単一の規格だけを飛ばしている事は基本的に無く、複数の規格を飛ばしています。

 

これは、ユーザーが利用する端末によって、使える規格が異なる為です。

 

「n」の規格を飛ばすWi-Fiルーターを利用していても、「g」にしか接続出来ない端末を利用していれば、回線速度は本来出る速度よりも低下します。

 

逆に、「ac」規格が利用出来る端末を利用していても、Wi-Fiルーターが「a/b/g」規格しか飛ばせない場合も、本来のスピードが出ることはありません。

 

IEEE802.11nが策定されたのは2009年で、本格的に普及したのは2010年頃からで

IEEE802.11acが策定されたのは2014年で、本格的な普及は2015年頃です。

 

Wi-Fiルーターは常時通電する前提で設計されていて、以外と長持ちする機器です。もし、IEEE802.11bをずっと継続使用している場合には、1Gbpsの光回線を利用していても、最大で11Mbpsの速度しか出ません。実際の数値は概ね一桁Mbpsになります。

 

10年以上、同じWi-Fiルーターを利用しているケースも珍しく有りません。そんな場合は新しいWi-Fiルーターに買い換える事で、回線速度が著しく改善するケースが多く有ります。

 

バッファロー WiFi ルーター 無線LAN 最新規格 Wi-Fi 6 11ax / 11ac AX1500 1201+300Mbps Easy Mesh テレワーク 日本メーカー 【 iPhone 13 / 12 / 11 / iPhone SE (第二世代) / Nintendo Switch PS5 メーカー動作確認済み 】WSR-1500AX2S/NBK
【販売台数No.1実績メーカー】 バッファローの無線LANルーターAirStationシリーズは日本国内販売台数19年連続第1位を受賞(2021年 BCN調べ) 多くのお客様に支持されている品質で毎日を快適に 【テレワークでも高速・安定・安心】 OFDMAで同時接続を高速化 12台つないでも通信が途切れない ビデオ会議...

 

「n」以上の規格が飛ばせる比較的新しいWi-Fiルーターを使っている場合は、利用する端末のWi-Fi接続画面で、「g」に接続されていないか?今一度確認してみて下さい。

 

「n」以上が利用出来るWi-Fiルーターなのに、接続画面に「g」しか出てこない場合は、利用端末が古く対応していない可能性が有ります。端末を「n」以上の接続が可能な新しい機種に買い換える事で、接続速度は大きく改善します。

 

機器全部の再起動も試してみて下さい。

 

これは、LANケーブルを利用して有線接続している場合も同様です。

 

OFFにする順番としては

 

端末(パソコン・スマホなど) - ルーター - ONU

 

の順序で電源を切っていきます。

 

ゆっくりと10数えたら

 

ONU - ルーター - 端末(パソコン・スマホなど)

 

の順番で電源を入れていきます。

 

特に電源を入れっぱなしで利用しているスマートフォンやタブレットでは、上記の手順で再起動を行うだけで、劇的に改善するケースが数多く有ります。

 

接続以外の問題で回線速度が遅い場合

ここまでは主に、「フレッツ光」に接続する方法で生じる問題と対策を見てきました。

 

それ以外にも、回線速度が遅くなる原因は複合的にあります。

 

利用している端末機器の問題

前述のWi-Fi接続規格の問題だけでなく、古い端末機器(パソコン・スマートフォン)では、スペック自体に問題が有る場合が有ります。

 

作業する机の広さに当たるメモリーが少なかったり、処理する頭脳に当たるCPU・SoCの能力が低かったりすれば、処理能力が回線速度に追いつかず、回線速度を計測しても遅い数値が表示されます。

 

何年も同じ機種を使い続けているなら、他に大きな問題が無くても買い換える事で、劇的に通信速度が向上するケースがあります。

 

しかし、その前に確認すべき事が有ります。

 

同時に多くの端末で接続していないか?

沢山の端末機種を同時に接続して使用する場合は、通信速度が低下します。通信速度が必要な時にだけ、接続利用する端末を制限することで通信速度は改善します・

 

アプリ・webページを開きすぎていないか?

多くの事を同時に行っていれば、端末を複数接続している事と同じ状態になり、通信速度は低下します。

 

最新のスマートフォンでは改善されてきますが、電源を入れっぱなしで利用し続けている端末なら、アプリやウェブブラウザのページなどを全て一旦閉じてから、電源も再起動する事で回線速度が改善するケースが有ります。

 

アップデートが行われているか?

パソコンでもスマートフォンでも、セキュリティ上の見地からも最新のアップデートは欠かせません。特にスマートフォンのアプリでは、アップデートを行う事で、通信速度が改善する事があります。

 

プロバイダの能力

「フレッツ光」は光回線ですが、インターネットの利用には、接続業者プロバイダが必要になります。同じ「フレッツ光」を利用していても、プロバイダの能力で回線速度は変わってきます。

 

資本力

同じ設備で運用するなら、加入者数が増えれば増えるほど回線速度や品質は悪化します。加入者が増加すれば、それに見合った設備の増強が必要になります。しかし、加入者が契約時に纏まった金額を支払う訳では無いので、今後まで見通した上で、適正に設備投資を行うための資本力が必要になります。

 

資本力が無ければ、契約者増加に対して適正な設備増強を果たすことが出来ず、通信品質や速度は必然的に悪くなります。

 

IPv6 IPoEに対応しているか?

 

(出典:NTTPC公式サイト

 

光回線の従来からある通信方式は、PPPoEです。

 

PPPoEは、Point-to-Point Protocol over Ethernetの略で、電話回線の時代からある通信方式を、LANの規格であるイーサネットに対応させたものです。

 

これに対し、新しい通信方式が、IPoEです。

 

IPoE は、IP over Ethernetの略で、当初からLAN規格(イーサネット)の利用を前提として構築されています。

 

同じ回線を使っても、理論上の通信速度はPPPoEよりもIPoEの方が、10倍速くなります。

 

従来の「IPv4 PPPoE」を使った接続方式がもたらす、プロバイダのネットワーク終焉装置がボトルネックになっている状態を、次世代規格の「IPv6 IPoE」を使う事で、ネットワーク終焉装置を経由が無くなり、最大理論値の速度に近づける事が可能になります。

 

「IPv6 IPoE」は比較的新しい技術であり、古くからの「フレッツ光」ユーザーは、以前からの「IPv4 PPPoE」をそのまま利用しているユーザーも多く、その場合は本来の速度は出ません。

 

具体的な数値として、「IPv6 IPoE」のみで計測したデータでは、大幅に速くなります。

 

みんなのネット回線速度にある、直近3ヶ月に計測された40,731件のPPPoE方式のフレッツ光回線、171,992件のIPoE方式のフレッツ光回線の測定結果から平均値は、以下の通りです。

 

PPPoE方式のフレッツ光回線の平均値

平均ダウンロード速度: 184.81Mbps

平均アップロード速度: 181.98Mbps

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓これだけ数値が変わります↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

IPoE方式のフレッツ光回線の平均値

平均ダウンロード速度: 331.5Mbps

平均アップロード速度: 221.7Mbps

 

もちろんPPPoE方式の数値でも、一般的な利用には何の支障もありませんが、IPoE方式だけの数値を見れば、同じ「フレッツ光」を利用しても、通信速度が大きく改善されることが解ります。

 

「IPv6 IPoE」の利用には、プロバイダが対応していることと、対応しているルーターの使用が大前提になります。

 

資本力に疑問が有ったり、「IPv6 IPoE」未対応や別料金が掛かったりするプロバイダを利用しているなら、プロバイダの変更も検討の余地が有ります。

 

工事不要でお得になるプロバイダ乗り換え

「フレッツ光」を利用していて、プロバイダ乗り換えを考えたことがあっても、インターネットが利用出来ない期間が発生したり、工事までに時間・手間が掛かったりの懸念で躊躇した経験があるなら、現在はその心配は無用です。

 

特に現在「フレッツ光+プロバイダ」の形態で、2箇所に支払いが発生している方は、これを機に形態を変更することで、月額利用料金が下がる可能性大です。

 

その理由は、「フレッツ光」の契約形態の変化にあります。

 

フレッツ光の利用形態

フレッツ光は回線であり、プロバイダと呼ばれる接続業者と契約して、初めてインターネットの利用が可能になります。

 

 

出典:NTT西日本*一部改変

 

しかし、現在ではこの2箇所に契約する手段は、個人ではメリットが有りません。

現在の個人契約の中心は、「光コラボ」という契約が主流で、契約先が一箇所で済みます。

 

 

出典:NTT西日本*一部改変

 

NTTは「光コラボ」の販売取り扱いはありません。光コラボ事業者がNTTへの回線使用料支払いも行うスタイルになるので、ユーザーがNTTと直接契約はしません。

 

光コラボレーション | BBN
NTTフレッツ光の品質はNTT回線そのままに、価格を安くご利用するなら光コラボレーションが断然おトクです!

 

プロバイダを変更するだけでなく、「光コラボ」に契約形態を変更するのは、「転用」と言います。

 

転用

「フレッツ光+プロバイダ」の契約を現在している方が、「光コラボ」に乗り換える事を「転用」と言います。

 

 

出典:NTT東日本公式

 

フレッツ光回線をそのまま利用するので、それに伴う工事も基本的に必要ありません

契約先が一箇所にまとまる事で、問い合わせ窓口が一本化出来て、月額料金も安くなります。

 

転用の手順

1.転用承認番号の収得を、フレッツ光を契約しているNTTに申し込む

2.乗り換える光コラボ事業者に「転用」として申し込む

3.転用手続き完了(概ね1週間から2週間程度)すれば、利用できる様になります。

 

注意点としては、転用承認番号は15日間の有効期限があります。

 

2015年2月以前は「光コラボ」は無く、「フレッツ光+プロバイダ」を契約しているユーザーは、余分な費用負担をしている可能性が有ります。

 

同じ回線品質なのに、月額料金は「フレッツ光+プロバイダ」よりも「光コラボ」の方が安価に

具体例を挙げてみましょう。

 

たとえば、「フレッツ光」の契約に加えて、プロバイダを@TCOMで契約している、一戸建てに住む、東日本エリア在住のユーザーの支払い額は

 

フレッツ 光ネクストギガファミリー・スマートタイプ(2年縛り自動更新) 月額5,087円

@TCOM プロバイダ料金(2年縛り自動更新) 月額1,320円

 

となり、合計支払金額は6,407円になります。

 

これに対して「光コラボ」の「@TCOMヒカリ」では、月額料金が(2年縛り自動更新)5,610円になります。更に、当初の12ヵ月間は割引きが適用されて、月額4,290円になります。

 

「フレッツ光」+「@TCOM」と、「@TCOMヒカリ」は契約形態が異なるだけで、光回線に「フレッツ光」・プロバイダに「@TCOM」という回線の成り立ちは全く同じですが、支払う月額料金のみが異なってきます。

 

スマートフォンの「セット割」が充実した「光コラボ」なら、「@TCOMヒカリ」がオススメ!

 

(出典:@TCOMヒカリ申込サイト)

 

「セット割」が適用される光回線で、最もオススメするのは@TCOMヒカリです。auの「スマートバリュー」、UQモバイルの「自宅セット割」、格安SIMであるLIBMO(リブモ)の「LIBMO×光セット割」など、複数のスマホキャリアとのセット割ができます。

 

@TCOMヒカリは自社データセンターを保有し、自社光ファイバーケーブルを運用するなど、単にプロバイダとしてだけで無く、豊富な技術力が有り人気があります。

 

@TCOMヒカリの月額料金は、一戸建てタイプで5,610円・マンションタイプで4,180円です。

 

数ある自宅セット割回線の中から@TCOMヒカリをオススメするのは、キャッシュバックを利用して、自宅セット割に加えてトータルの通信費を節約出来るからです。

 

 

(出典:UQ mobile 公式)

 

1年間の実質支払額を、自宅セット割+キャッシュバックを加えて、シミュレーションしてみましょう。

 

自宅に光回線を導入すれば、外出時だけ携帯電話回線を利用するだけで良く、多くのユーザーは月に3GB程度の通信量で収まっています。UQ mobileの「くりこしプラン +5G」3GBを利用したと仮定します。

 

マンションタイプ戸建てタイプ
月額料金3,190円4,290円
ヒカリ電話 月額料金550円550円
年間料金44,880円58,080円
キャッシュバック25,000円28,000円
UQ mobile 3GB990円990円
スマートフォン年間11,880円11,880円
通信費支払い総額31,760円41,960円
実質支払い月額2,646円3,496円

 

マンションタイプでは、光回線を導入してスマートフォンを維持しても、実質月額費用は2,646円で収まります。

 

表中のキャッシュバック詳細については、以下をご覧下さい。

 

https://t-hikari.com/campaign/cashback.html

 

 

他にも、@TCOMヒカリをオススメする理由が沢山有ります。

 

工事費無料

光回線の導入には工事が必要で、実際に技術者や工事業者が動く為、工事費が掛かります。@TCOMヒカリの場合、最大19,800円の工事費が掛かりますが、工事費が無料になるキャンペーンを行っています。

 

12ヵ月の間、月額料金割引

契約から12ヵ月間、月額料金が割り引かれます。戸建てタイプで5,610円が12ヵ月間は4,290円になり、マンション集合住宅タイプでは、4,180円が12ヵ月間は3,190円になります。

 

 

格安SIM「LIBMO」がお得に使える

 

(出典:LIBMO公式)

 

@TCOMヒカリユーザーのスマートフォン割引きはauのスマートバリュー・UQ mobileの自宅セット割以外に、格安SIM「LIBMO」に乗り換えれば、1回線につき220円の割引きも受けられます。

 

データ容量データ+音声通話+SMSデータ+音声通話+SMS
+10分かけ放題
@T COMヒカリ
月額割引額
3GBプラン980円(税抜891円)1,750円(税抜1,591円)220円(税抜200円)/月割引
8GBプラン1,518円(税抜1,380円)2,453円(税抜2,230円)220円(税抜200円)/月割引
20GBプラン1,991円(税抜1,810円)2,926円(税抜2,660円)220円(税抜200円)/月割引
30GBプラン2,728円(税抜2,480円)3,663円(税抜3,330円)220円(税抜200円)/月割引

 

UQ mobileのプランでは、3GBでちょっと足らないユーザーは次の15GBしか有りませんが、LIBMOでは8GBプランが有ります。

 

外出時に動画視聴などを利用する方は、UQ mobileでは25GBプランが自宅セット割で2,970円になりますが、LIBMOの30GBプランは割引き後2,508円になり、通信費が節約出来ます。

 

今使っているのがau回線プランのユーザーは、LIBMOに乗り換える事で、更に大きな通信費の節約が可能になります。

 

https://t-hikari.com/campaign/

 

 

タイトルとURLをコピーしました