光コラボを乗り換える方法とは?工事の有無や方法・手順を解説

WiFi

光回線とプロバイダがセットになった光コラボレーション、通称光コラボ。様々な事業者やプロバイダが、NTT東西の回線とプロバイダに独自サービスを付加し提供してきました。

 

光コラボは、料金が安かったり独自サービスの特典を受けられたりするだけではありません。光コラボを使えば、回線とプロバイダそれぞれに料金を支払う手間がないうえ、トラブル時の窓口が一箇所になるので、より安心して光回線を利用できます。

 

多くのメリットがあるとはいえ、光コラボ利用者の中には、通信速度やサポート対応など様々な理由で別の光コラボを検討している人がいます。でも、

 

  • 光コラボの乗り換え方法や手続きの流れがイメージできない
  • 光コラボの乗り換えには工事が必要なの?
  • 光コラボの乗り換えに注意点はある?

 

など、次々と疑問が出ていませんか。

 

この記事は、光コラボの乗り換え方法とは何か、工事の有無や具体的な手続き方法から乗り換え先におすすめな光コラボまで徹底解説しました。

 

最後まで読んでいただければ、光コラボの乗り換えをスムーズに進められるはずです。ぜひお読みください。

 

光コラボを乗り換える方法とは事業者変更

光コラボを乗り換える方法とは、すなわち事業者変更を指します。例えば、フレッツ回線を利用した光コラボである「OCN光」「ソフトバンク光」等から「@TCOMヒカリ」「ビッグローブ光」に乗り換えることが事業者変更です。

 

 

出典:NTT東日本

 

光コラボから光コラボへ乗り換える場合、事業者変更手続きを進めれば乗り換えられます。

 

事業者変更では、物理的な光回線自体は同じNTT東西が提供するため変更ありません。しかし、コラボレーション事業者が変更されるため、プロバイダや提供されるオプション・料金が変わります。つまり、基本的な通信品質はそのまま、オプションや料金が最適化されお得になるのが事業者変更です。

 

光回線の乗り換えとして、事業者変更とは別に「転用」という専門用語を目にするかもしれません。転用と事業者変更は別物です。転用は、フレッツ光から光コラボに乗り換えることを指します。

 

 

出典:NTT東日本

 

光コラボの乗り換えのメリット

光コラボは工事不要で乗り換えられる

光コラボは工事不要で乗り換えられることがメリット。すでに光コラボを利用しているため、光回線が自宅まで届いています。そのため、光回線の工事は必要ありません。初めて光回線を導入した時のように、工事に立ち会うためスケジュールを確保したり高い工事費用が請求されたりすることはありません。

 

事業者変更手続きと呼ばれる事務的な手続きを済ませれば良いだけです。

 

光コラボの手続き方法は簡単

光コラボの手続き方法は非常に簡単です。シンプルに2ステップしかありません。

 

  1. 現在の光コラボに「事業者変更承諾番号」を発行してもらう
  2. 乗り換え先の光コラボに「事業者変更」として申し込む

 

前述のとおり、工事が不要なため乗り換えの手続きは短期間で完了します。おおよそ手続き後、1~2週間で新しい光コラボでのインターネット通信が可能です。

 

光コラボレーション | BBN
NTTフレッツ光の品質はNTT回線そのままに、価格を安くご利用するなら光コラボレーションが断然おトクです!

 

光コラボの見直しでもっと安く快適になる

光コラボの見直しで、もっと安く快適になるのがメリット。すでに利用している光コラボで提供されるサービスや料金よりお得な光コラボが使えるようになります。

 

光コラボの提供は2015年に始まりました。提供開始当時は光コラボを扱う事業者が少なかったものの、現在は数百社の光コラボがあります。見直していけば、もっと自分にぴったりな光コラボを見つけれる場合があります。

 

特に、携帯キャリアを変更したり、基本料金や携帯料金とのセット割引など費用面で納得できなかったりするなら、それは光コラボの見直しのタイミング。もっと安く快適に使える光コラボを探しましょう。

 

光コラボの申込手順解説

光コラボの申込手順を解説します。現在、どの光コラボを利用していても、手続き方法は同じです。

 

STEP.1 現在の光コラボで「事業者変更承諾番号」を取得

まず、現在の光コラボで「事業者変更承諾番号」を取得してください。NTT東西では取得できません。それぞれの光コラボの退会/解約申請ページやお問い合わせページから連絡する場合がほとんどです。

 

事業者変更承諾番号は、頭文字が英字になった11桁です。次に契約する光コラボの申込で必要になります。この番号を忘れると、事業者変更できません。忘れないようメモしましょう。

 

また、事業者変更承諾番号は発行から15日間の有効期限が設定されています。取得したら、すぐに次のステップに進んでください。かりに有効期限を過ぎた場合は、再度申請します。

 

 

STEP.2 乗り換え先の光コラボで事業者変更で申込

次に、乗り換え先の光コラボで事業者変更を申し込みましょう。

 

それぞれの光コラボの申込ページでは、

 

  • 新規申込
  • 転用申込
  • 事業者変更申込

 

の3種類の申込方法が選択可能です。今回のように、光コラボ利用者が新しい光コラボに乗り換えるために申し込む場合は、事業者変更申込に該当します。

 

事業者変更申込では、現在の光コラボで取得した「事業者変更承諾番号」を入力する画面があります。番号を正確に入力し申し込みましょう。

 

申し込んだら、後は待つだけです。通信に必要な初期設定は、新しい光コラボから受け取ります。開通連絡があったら初期設定してください。

 

光コラボレーション | BBN
NTTフレッツ光の品質はNTT回線そのままに、価格を安くご利用するなら光コラボレーションが断然おトクです!

 

光コラボ乗り換え時の注意点

光コラボ乗り換えには多くのメリットがあるものの、注意点も存在します。事業者変更で乗り換える前に、ここで整理しましょう。

 

事業者変更に伴う契約事務手数料が発生する

事業者変更に伴い契約事務手数料が発生するので、注意してください。

 

  • 現在の光コラボに3,300円
  • 新しい光コラボに3,300円

 

合計6,600円の契約事務手数料が発生します。どの光コラボを選んでも、事業者変更手数料にかかる料金は同じです。それで、光コラボの乗り換えには最低でも6,600円の費用がかかると覚えておきましょう。

 

現在の光コラボの違約金・工事費残債請求

光コラボ乗り換え時に、現在の光コラボの違約金・工事費残債が請求される可能性があります。特に、現在の光コラボの利用期間が短いなら、該当する可能性が高いです。違約金・工事費残債の支払いが完了しないと、乗り換えられません。

 

光コラボの契約期間中に事業者変更する場合は、あらかじめ設定された違約金の支払いが求められます。負担を小さくしたいなら、契約更新月に事業者変更手続きをしてください。契約更新月なら、違約金は発生しません。

 

また、現在の光コラボ契約時に工事をし完済していないなら、事業者変更時に残債が一括請求されます。

 

契約更新月や工事費残債の状況は、現在の光コラボのマイページや請求書などで確認可能です。不明な場合、それぞれの光コラボに問い合わせましょう。

 

現在の光コラボのメールアドレスは使えない

光コラボを乗り換えると、現在の光コラボのメールアドレスが使えなくなるので注意してください。

 

メールアドレスを残したい場合、現在の光コラボで「メールコース」等で名づけられたメール専用プランがないか確認しましょう。事業者によっては、月額100~300円前後でメールコースを用意しています。

 

現在の光コラボがメールコースを用意していない場合、残念ながらメールアドレスは残せません。

 

現在の光コラボのオプションは別途解約が必要

光コラボ乗り換え時に、必ずオプションを解約しましょう。オプションを解約しないまま事業者変更手続きをした場合、延々とオプション料が請求される可能性があります。

 

特に、Google DriveやOneDriveと類似したデータ保管サービスやセキュリティ関連サービスの場合、サービスの性質上、別途解約が必要な場合が多いです。

 

事業者変更手続き前に、利用中のオプションがすべて解約済みになっているか確認します。

 

現在の光コラボのレンタル品の返却

現在の光コラボのレンタル品を返却しましょう。既定の返却期間より遅れて返却した場合、レンタル品ごとに設けられた高額な違約金を請求されるケースがあります。

 

特に、WiFiルーターをレンタルしている場合は注意しましょう。事業者変更では、ONU(NTTマークがついた光コンセントから一番近い黒い機器)は返却する必要がありません。ONUとルーターは外観が似ています。混同してしまい、レンタルルーターを返却し忘れないよう気を付けてください。

 

一部の電話番号は引き継げない

光コラボを乗り換える場合、一部の電話番号は引き継げないので注意します。

 

光コラボで発番した電話番号では引き継げません。つまり、現在の光コラボの契約時から新しい電話番号を使い始めたなら、その番号は次の光コラボで使えません。

 

電話番号を引き継げるのは、アナログ電話から番号を引き継いで光電話にした場合だけです。この場合は、手続きさえすれば電話番号を引き継げます。

 

乗り換え先でおすすめな光コラボ

@TCOMヒカリ

 

乗り換え先におすすめな光コラボの1つが、「@TCOMヒカリ」です。

 

月額料金戸建て:5,610円

マンション:4,180円

携帯キャリアのセット割引au / UQ mobile / LIBMO
キャッシュバック戸建て:22,000円

マンション:20,000円

契約期間/解約金2年/13,200円
端末代IPv6 IPoE対応ルーター:220円/月

 

最大の特徴は、3つの携帯キャリアのセット割引が受けられること。

 

 

これらの携帯キャリアを使っているものの、現在の光コラボで割引されていないなら、乗り換えを検討しましょう。毎月の携帯料金が割引されます。特に、格安スマホのLIBMOは、20GBの人気プランの料金が業界最安級です。光コラボの見直しとセットでLIBMOを使えば、家庭のインターネット通信費を大幅に削減できます。

 

 

(出典:LIBMO公式)

 

さらに、@TCOMヒカリは高額なキャッシュバックが魅力です。事業者変更でも、戸建てタイプは22,000円、マンションタイプは20,000円もキャッシュバックされます。

 

@T COM(アットティーコム)ヒカリ キャッシュバック
TOKAIコミュニケーションズ提供の光コラボレーションモデル「@T COM(アットティーコム)ヒカリ」の戸建て(ファミリー)、マンションタイプの月額料金・サービス内容。ただいまお得なキャッシュバックキャンペーン実施中!

 

@TCOMヒカリは、「RBB SPEED AWARD」で固定回線の通信速度で最優秀賞を5年連続受賞しました。現在の光コラボの通信速度で悩んでいるなら、実績のある@TCOMヒカリに乗り換えることで改善を期待できます。

 

 

OCN光

 

乗り換え先におすすめな別の光コラボが「OCN光」です。

 

 

月額料金戸建て:5,610円

マンション:3,960円

OCNモバイルONEのセット割引毎月220円割引
キャッシュバック5,000円
契約期間/解約金2年/11,000円

 

OCN光最大の特徴は、ドコモのエコノミーMVNOという位置づけの「OCNモバイルONE」とのセット割引が適用できることです。OCNモバイルONEは550円から利用できる格安スマホです。

 

例えば、OCN光のマンションタイプであれば、3960円+550円の合計月々4,510円で光回線とスマホを利用することが可能です。月々の通信費を抑えたい人には特におすすめの光回線となっています。

 

 

(出典:OCNモバイルONE公式)

 

 

https://ocn-h.com/campaign/

 

まとめ

光コラボを乗り換えるには、事業者変更手続きをします。光コラボの乗り換えは、工事が必要ありません。手続き方法は簡単なステップです。

 

  1. 現在の光コラボに「事業者変更承諾番号」を発行してもらう
  2. 乗り換え先の光コラボに「事業者変更」として申し込む

 

事業者変更による光コラボの乗り換えは、1~2週間で完了します。自分にぴったりな光コラボに乗り換えれば、ますますインターネットが快適でお得に使えます。ぜひチャレンジしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました