毎月5,000円のお得に|貯金を増やすおすすめの通信費節約法とは

モバイル

 

国民の50%以上が貯金100万円以下?

LeadingTechが運営する情報メディア「ワイズローン」は、貯金実態調査の結果を発表。1,060もの有効回答から得られた結果は以下のとおりでした。

 

中央値100万円
平均値317万円
貯金100万円以下53,7%
貯金1,001万円以上5.1%

 

参考:ワイズローン

 

以上の表よりわかることは、半分以上の人が貯金100万円以下であること。そして、貯金を多く蓄えている少人数が平均値を底上げしているということです。

 

問題は「50%以上が貯金100万円以下」だということ。月の生活費が15万円だと仮定したとき、仕事をリストラさせられてしまったら、わずか半年間で生活費が底を尽きてしまうほどなのです。

 

いま、貯金をすべき理由

では、なぜ貯金が大事なのでしょうか?

 

特に貯金の使い道を意識しないでおいている人もいますが、多くの人が貯金をする理由は2つです。それが「老後2,000万円問題」と「将来の子供の教育費」。

 

将来のことをまったく考えずに貯金をしないままにしていると、仕事ができなくなってからお金が足りなくなってしまったり、自分が大切にしている人に対して素晴らしい環境を提供してあげられなくなるかもしれません。

 

貯金すべき理由を再確認しておくことは、しっかりと目的意識が強まり、貯金に対してのモチベーションを上げてくれます。堅実に貯金を積み上げていくためにも、貯金すべき理由をしっかりと考えてみましょう。

 

老後2,000万円問題

「老後2,000万円問題」というものを聞いたことがあるでしょうか?

 

老後2,000万円問題とは、金融庁が「老後の30年間で約2,000万円が不足する」と発表したことによって話題になった問題のこと。つまり、働けなくなった老後にお金が不足してしまうから「2,000万円の貯金をしたおくべきだ」と国が発表したということなのです。

 

さらに、この2,000万円という金額はこれからどんどん大きくなっていく可能性があります。なぜなら、平均寿命がこれから伸びたり、退職金が減少していっているからです。

 

よって、これまでは貯金がある程度あって、それに加えて退職金があれば寿命を終えるまでには金銭的に大きく困ることはなかったのですが、これからはたくさんの貯金がないとなかなか金銭的な不安を抱えずに人生を終えるということができなくなっていくのです。

 

若いうちから老後のことを考えて計画的に貯金していく必要があります。

 

子供の教育費にお金がかかる

また、子供の教育費のお金がかかることも貯金するための大きな理由です。一般的に子供1人にかかる教育費は1,000万円と言われています。子供が私立学校に進学した場合には2,000万円にもなる可能性があるほどなのです。

 

自分が貯金をしていなかったことによって、愛すべき自分の子供に満足した教育環境を提供できないとなれば、後悔だけでは済まされないような気持ちになることは間違いありませんよね。

 

子供が2人ほしいのなら、そのために余裕をもって4,000万円を用意しておきたいもの。しかしながら、子供2人が大学を卒業するまでに4,000万円を用意するというのはとても難しいことに思えます。

 

貯金を増やすために必要な2つのこと

「いざ貯金を始めよう」と思ってもどんな行動をとればいいのかわからない人は多いでしょう。

 

しかし、多くの人は貯金のことを難しく考えすぎているだけなのです。貯金をするために必要な行動は2つのシンプルなもの。その2つを同時に継続していけば、現在の毎月の貯金額にプラス数万円〜数十万円の貯金ができるようになるかもしれません。

 

ここではその「貯金を増やすために必要な2つの行動」を紹介していきます。

 

あまり複雑に考えると人はなかなか行動できません。貯金に対してシンプルな考えを持つことによって、しっかりと堅実に貯金ができるようなライフスタイルに転向していきましょう。

 

副業などをして稼ぐ

貯金をするために必要な行動1つ目は「稼ぐ」ということです。

 

生活スタイルやお金の使い方をそのままにしていても、今よりの稼げるようになれば、必然的に貯金できる額は大きくなっていくことでしょう。そのための手段としてあるのが、副業・投資などです。

 

たとえば、現在20万円の給料をもらっていて、そのうち毎月3万円を貯金している場合。新しく副業を始めることによって毎月10万円が稼げるようになれば、毎月13万円の貯金ができるようになるのです。年間36万円だった貯金額が、年間156万円まで膨れ上がるようになります。

 

稼ぎ始めるまでに時間はかかるかもしれませんが、稼げるようになったらどんどんと金額も大きくなっていくので、できるだけ早くスタートしたほうがいいでしょう。

 

生活費を節約する

貯金をするために必要な行動2つ目は「節約する」ということです。

 

節約をすることは稼ぐことよりも簡単に始められて、それによって努力をしなくとも毎月のように口座に預けている貯金額が増えていくことになるでしょう。節約できる部分は日常生活に溢れているため、生活のすべてに節約を意識すれば、毎月数万円という金額の節約ができるようになるかもしれません。

 

誰でも簡単にできる節約といえば「コンビニで買っていたものをスーパーで買う」などです。毎朝コンビニで買っていたお昼ご飯をスーパーのものに変更するだけで節約はできます。1回の節約金額は少ないですが、回数が多いので、年間で換算するとある程度の金額が節約できていることに気づくでしょう。

 

おすすめなのは「節約」を始めてから、少しずつ「稼ぐ」をスタートさせていくということ。以上で紹介した2つを意識して、現在の生活に余裕を持たせつつ、将来のために堅実な貯金もしていきましょう。

 

貯金を始めるなら通信費削減から

節約による貯金を始めるのなら、通信費の削減がおすすめです。

 

コンビニからスーパーのへの切り替えほど簡単にできるものではありませんが、比較的簡単にスタートすることできます。また、一度プランを見直すなどをして通信費削減をしてしまえば、あとは何もする必要はありません、新しい契約プランのほうが安くなっているので、ただいままでと変わらずに生活をしているだけで節約になるのです。

 

通信費削減が節約におすすめな3つの理由

では、なぜそれほど通信費削減が節約にとっておすすめなのかを3つの理由から説明します。

 

通信費削減が節約におすすめな理由を知ると、いますぐにでも現在の通信費を確認して、毎月どれくらいが安くなるのかを計算したくなるかもしれません。もしかしたら、その節約したお金でどんな未来を実現しようかとまで考えてしまうかも。

 

通信費を削減することの魅力に気づき、堅実で確かな貯金をするためのファーストステップとして、ぜひ通信費を削減してみましょう。

 

毎月の支払いを節約できるから

通信費削減が節約におすすめな理由1つ目は「毎月の支払いを節約できる」というものです。

 

節約というと、何かを我慢するイメージが強いですよね。たとえば、スターバックスで買っていただ大好きなコーヒーをコンビニの缶コーヒーに変更したり、多少暑いと思ってもエアコンを使わないで扇風機を使ったり。

 

しかし、通信費削減による節約であれば、一度プランの見直しをして、自分のライフスタイルにマッチした契約をすれば、あとは普通に生活しているだけで毎月の支払いが節約できるのです。そのほかに何かを行動したり、我慢したりする必要はありません。

 

月間5,000円以上の節約になることもあるから

通信費削減が節約におすすめな理由2つ目は「月間5,000円以上の節約になることもある」です。

 

通信費のなかで大部分を占めているのが「スマホ代」と「インターネット代」でしょう。それら2つのプランや契約事業者を見直したり、「スマホ」と「インターネット」をセットで契約することによって安くなるキャンペーンなどを利用することによって、月間5,000円以上の節約が可能になるのです。

 

月間5,000円を聞いて、その金額を「高い」ととるか「低い」ととるかは人によりますが、年間で考えると6万円もの節約になることを考えてみましょう。あなたが現在30歳だったとして、これから80歳まで50年間、毎月5,000円の節約ができるとなると、その節約をした場合としなかった場合では300万円もの差ができてしまうのです。

 

300万円を節約せずに「稼ごう」と考えたら、どれだけの苦労をする必要があるでしょうか。通信費を見直すだけなら、プランを確認して、適切なものに変更するだけで300万円をゲットするチャンスがあるのです。

 

節約しても品質が下がらないから

通信費削減が節約におすすめな理由3つ目は「節約しても品質が下がらないから」。

 

基本的に節約をすることによってお金をかけなくなると品質は下がります。たとえば、1杯1,000円もするコーヒーと1杯100円で買えるコンビニのコーヒーでは、前者のほうが品質が良いに決まっています。

 

しかし、通信費はそうではないのです。通信費が高くなってしまう要因は品質によるものではなく、多くは実際の利用状況とプランの不一致だったり、必要以上のオプション、利用をしたこともないサポート体制などによるもの。しっかりと自分の利用スタイルに合わせたプランを利用することによって、品質を落とすことなく通信費を削減できるのです。

 

通信費をガクッと下げる4つのプラン

通信費をどれだけ「下げたい」と強く思っていても、適切なプランを調べて出会うことができなければ、最大限の節約が可能になることはないでしょう。

 

そこで、ここでは通信費をガクッと下げる4つのプランを紹介します。

 

以下で紹介する4つはそれぞれに業界トップクラスのメリットがあり、状況によってどのプランが最適なのかが違います。それぞれの特徴を解説していきますので、理解をしつつ、自分にはどのプランが最もマッチしているのかを判断していきましょう。

 

OCN光とOCNモバイルONE

 

低価格で高品質なものを追求したい場合には、「OCN光」という光回線を使い、セットで「OCNモバイルONE」という格安スマホを利用することをおすすめします。

 

 

(出典:OCNモバイルONE公式サイト)

 

OCN光とOCNモバイルONEはセットで4,510円という業界最安級の値段で利用可能。OCN光には「光」の契約数は15年連続No. 1という安心の実績があり、OCNモバイルONEにはdocomo回線通信品質2期連続・総合1位という実績があります。

 

これだけの実績がある通信サービスを4,510円から利用できる話はここにしかありません。

 

OCN 光 キャンペーン一覧 最大30,000円の豪華特典
OCN 光の新規申し込みで新品パソコン、タブレット、PS4、Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ) などのゲーム機、液晶テレビなどの豪華特典プレゼント・割引または最大30,000円のキャッシュバックなどお得なキャンペーンを実施中!もちろんOCN公式キャンペーンも併用可能◎

 

 

@TCOMヒカリとLIBMO

 

「OCNモバイルONE」を利用したいけど、スマホの月間データ使用量を多く使うため適切なプランが用意されていない。

 

そんな悩みを抱えている場合には「LIBMO」という格安スマホが最も安く利用できるのでおすすめです。それに加えて、「@TCOMヒカリ」という光回線を「LIBMO」と一緒に契約すると、よりお得に利用できるようになります。

 

 

(出典:LIBMO公式サイト)

 

具体的には「LIBMO」において、20GBが1,991円・30GBが2,728円で利用できてしまうのです。運営会社はTOKAIコミュニケーションズであり、日本全国にインフラを提供している会社なので、非常に信頼できます。

 

外出先でのデータ通信量が大きい方にとっては、最も節約できるプランが「@TCOMヒカリ」と「LIBMO」のセット利用になることでしょう。

 

@T COM(アットティーコム)ヒカリ キャッシュバック
TOKAIコミュニケーションズ提供の光コラボレーションモデル「@T COM(アットティーコム)ヒカリ」の戸建て(ファミリー)、マンションタイプの月額料金・サービス内容。ただいまお得なキャッシュバックキャンペーン実施中!

 

ソフトバンク光とワイモバイル

 

「いち早く通信費を削減したいけど、現在利用している回線などの違約金や工事費が残っていて、なかなかプラン乗り換えに踏み出せない」

 

以上のような悩みを抱えている場合には、「ソフトバンク光」の利用をおすすめします。なぜなら、新規でソフトバンク光と契約すると、現在使っている回線などの違約金・工事費を満額還元してくれるから。つまり、ソフトバンク側が代わりに残ったお金を支払ってくれるのです。

 

さらに、誰もが知っているであろう「ワイモバイル」という格安スマホも一緒に契約すれば、セット割がきいてもっとお得に利用が可能になります。

 

 

(出典:ワイモバイル公式サイト)

 

いますぐ通信費の削減をスタートしたいという方には、ぜひおすすめです。

 

ソフトバンク光キャンペーン一覧 | 豪華特典を最短2週間還元
SoftBank 光(ソフトバンク光)の新規加入で最大33,000円キャッシュバックまたは新品パソコン・タブレット・人気ゲーム機などの豪華特典♪と選べるキャンペーン実施中!ソフトバンクの公式キャンペーンとも併用可能でダブルでお得。

 

ぷらら光とセット割のない格安スマホ

 

3大キャリアのオンライン専用プラン「ahamo」「povo」「LINEMO」やドコモのエコノミーMVNOとして発表されたプランの格安スマホを利用したいという方には「ぷらら光」と組み合わせて利用するのが最適です。

 

ぷらら光はスマホとのセット割はありませんが、月額料金がシンプルに他の光回線より安いため、「ahamo」「povo」「LINEMO」などの元々セット割が適用できない格安スマホを利用する場合、通信費の合計料金は最安値クラスで利用することが可能です。

 

 

(出典:OCNモバイルONE公式サイト)

 

ぷらら光 キャッシュバック情報 最大70,000円を現金還元
NTTぷらら提供の光インターネット回線「ぷらら光」のおトクなキャッシュバック情報。最大70,000円を現金還元!

 

通信費削減で、毎月ガッツリ貯金

貯金を増やすためには「稼ぐ」と「節約する」の2つの道があります。

 

しかしながら、「稼ぐ」ということには時間がかかるし、忙しいとなかなか踏み出せないもの。「節約する」ということに関してもたくさんのことを我慢する必要があるから、なかなか継続できないことが多いです。

 

そこで、貯金のための節約として最適なのが「通信費の削減」です。通信費をうまく削減できれば、品質を落とすことなく毎月5,000円以上の節約ができるようになってしまうかもしれません。

 

本記事で紹介した3つのプランのうち、自分にマッチしているものはどれかをしっかりと検討して、ぜひ通信費削減のために役立ててください。

 

タイトルとURLをコピーしました