インターネット契約のキャンペーンを回線種類ごとに紹介

WiFi

携帯ショップや家電量販店に行ったり、テレビやYouTubeを見ていたりすると、光回線やホームルーターなど様々な種類のインターネット回線のキャンペーンが目に入ります。それで、こんな風に疑問に思いませんか。

 

  • 一体どの種類のインターネット回線を選べばいいの?
  • 各種類のインターネット回線で今1番お得なキャンペーンは?

 

この記事では、3種類に分けられるインターネット回線を解説し、インターネット契約のキャンペーンを一覧で掲載しました。種類ごとのおすすめ回線はもちろん、理想的なインターネット契約も紹介しています。

 

きっとあなたにぴったりのインターネット契約が見つかるはず!ぜひ最後までお読みください。

 

3種類のインターネット回線

インターネット回線は、その特徴によって次の3種類に分けられます。

 

  • 光回線
  • ホームルーター
  • ポケットWiFi

 

インターネットを使うには、いずれかを契約します。各回線のメリット・デメリットを表にまとめました。

 

インターネット回線メリットデメリット
光回線●   通信速度が速い

●   有線LANでも無線でも接続できる

●   回線工事が必要

●   通信は自宅に限定

ホームルーター●   回線工事が要らない

●   有線LANでも無線でも接続できる

●   通信がやや遅め

●   通信は自宅に限定

ポケットWiFi●   回線工事が要らない

●   持ち歩ける

●   通信がやや遅め

●   有線LAN接続できない

 

特徴をさらに詳しく解説します。

 

光回線

光回線は通信速度が速いです。サクサク快適に繋がるインターネットを使いたいなら、光回線を検討します。

 

ただし、光回線は工事が必要です。光回線申込後、工事が完了するまで2週間~1ヶ月ほどかかる場合があります。また、賃貸物件に住んでいるなら、回線工事の許可が必要で、許可が下りない場合もあるかもしれません。光回線を選べない時は、ホームルーターかポケットWiFiを選びます。

 

ホームルーター

ホームルーターは、工事不要なインターネット回線です。コンセントに電源プラグを差すだけで、すぐにインターネットにつながります。賃貸物件など工事ができない場合に選びたいインターネット契約です。

 

ただし、ホームルーターは無線で電波を受信しているため、通信はやや不安定で光回線ほど速くありません。

 

ポケットWiFi

ポケットWiFIは、手のひらサイズのバッテリー内蔵型WiFiルーター。これさえあれば、自宅だけでなく、カフェでも移動中の電車内でもスマホやパソコンをインターネットにつなげられます。

 

ただし、ポケットWiFiはホームルーター同様にインターネットの電波をキャッチし通信するため、接続場所によっては通信がやや不安定です。また、LANケーブルを接続できないので、宅内の離れた場所ではポケットWiFIと接続できない場合もあります。

 

理想的なインターネット契約は光回線+格安SIM

コスパ最高の理想的なインターネット契約は、光回線と格安SIMの組み合わせです。というのも、固定回線の通信量が増える反面、モバイル回線の通信量は少なく、3GB程度の利用者が全体の半数以上を占めているからです。

 

総務省の報告による次のグラフを見てください。

 

 

※引用:総務省

 

 

赤色で示される固定回線の通信量は急増していますが、オレンジ色の移動通信回線(モバイル回線)はゆるやかに増えているだけです。

 

また、MM総研の市場調査によると、1GB~3GBの利用者数が最も多いことが判明しています。

 

 

※引用:MM総研

 

仕事場やカフェに加え、電車でも無線LANを利用できる箇所が増えた昨今、スマホの通信量はそれほど必要なく、自宅でたくさん通信したい人が増えてきました。

 

ですから、たいていの方は光回線と格安SIMを組み合わせたインターネット契約で十分です。そのうえ、光回線と格安SIMをきちんと選べば、月額通信料は8,000円に満たないことが多く、コスパを考えれば1番お得です。

 

光回線のキャンペーン一覧

マンション集合住宅タイプ

マンション集合住宅タイプの、光回線のキャンペーン一覧をまとめました。

 

マンション 料金キャッシュバックセット割引契約期間途中解約の違約金
ドコモ光タイプA月額4,400円現在公式HPは

dポイントを

20,000ポイント

docomo2年8,800円
工事費16,500円
実質無料
ドコモ光タイプB月額4,620円現在公式HPは

dポイントを

20,000ポイント

docomo2年8,800円
工事費16,500円
実質無料
ぷらら光月額3,960円40,000円ひかりTV無し無し
工事費16,500円
So-net光プラス月額4,928円60,000円au3年20,000円
工事費26,400円UQ mobile
実質無料
ビッグローブ光月額4,378円20,000円au3年11,900円
工事費16,500円BIGLOBE
実質無料UQ mobile
楽天ひかり月額4,180円月額割引をCB換算無し3年10,450円
Rakuten UN-LIMIT IV利用していない工事費16,500円26,400円
楽天ひかり月額4,180円月額割引をCB換算無し3年10,450円
Rakuten UN-LIMIT IVユーザー工事費16,500円50,160円
ソフトバンク光月額4,180円25,000円SoftBank2年10,450円
工事費26,400円Y!mobile
乗換は実質無料
NURO 光月額5,200円45,000円SoftBank2年10,450円
工事費44,000円+撤去費
実質無料
OCN光月額3,960円5,000円OCNモバイルONE2年11,000円
工事費16,500円
@TCOMヒカリ月額4,180円27,000au2年13,200円
工事費16,500円月額割引をCB換算LIBMO
実質無料11,840円UQ mobile
@nifty光月額4,378円22,000円au3年22,000円
工事費16,500円月額割引をCB換算UQ mobile
22,550円
ASAHIネット光月額4,235円月額割引をCB換算9,120円au1年22,000円
工事費16,500円
auひかり月額4,180円50,000円au3年16,500円
工事費33,000円UQ mobile+撤去費 同一棟内16契約以上
実質無料

 

料金を比較すると、最安値はぷらら光/OCN光の月額料金3,960円に対し、最高値はNURO光の5,200円です。その開きは1,240円もあるので、料金を見て選ぶことは非常に重要です。3年間使うと、約45,000円も高く支払うことになります。

 

また、たいていの光回線は2~3年の契約期間が設けらており、解約金も10,000円前後と高額です。さらに回線撤去費が別途請求される回線もあります。きちんと解約時にかかる費用も想定することが重要です。

 

 戸建てタイプ

光回線戸建てタイプのキャンペーンを表にしました。

 

戸建て 料金キャッシュバックセット割引契約期間途中解約の違約金
ドコモ光タイプA月額5,720円現在公式HPは

dポイントを

20,000ポイント

docomo2年14,300円
工事費19,800円
実質無料
ドコモ光タイプB月額5,940円現在公式HPは

dポイントを

20,000ポイント

docomo2年14,300円
工事費19,800円
実質無料
ぷらら光月額5,280円40,000円ひかりTV無し無し
工事費19,800円
So-net光プラス月額6,138円60,000円au3年20,000円
工事費26,400円UQ mobile
実質無料
ビッグローブ光月額5,478円20,000円au3年11,900円
工事費19,800円BIGLOBE
実質無料UQ mobile
楽天ひかり月額5,280円月額割引をCB換算26,400円無し3年10,450円
Rakuten UN-LIMIT IV利用していない工事費19,800円
楽天ひかり月額5,280円月額割引をCB換算63,360円無し3年10,450円
Rakuten UN-LIMIT IVユーザー工事費19,800円
ソフトバンク光月額5,720円25,000円SoftBank2年10,450円
工事費26,400円Y!mobile
乗換は実質無料
NURO 光月額5,200円45,000円SoftBank2年10,450円
工事費44,000円+撤去費
実質無料
OCN光月額5,610円5,000円OCNモバイルONE2年11,000円
工事費19,800円
@TCOMヒカリ月額5,610円30,000円au2年13,200円
工事費19,800円月額割引をCB換算LIBMO
実質無料15,840円UQ mobile
@nifty光月額5,720円22,000円au3年22,000円
工事費19,800円月額割引をCB換算UQ mobile
27,060円
ASAHIネット光月額5,698円月額割引をCB換算13,920円au1年22,000円
工事費19,800円
auひかり月額5,610円50,000円au3年16,500円
工事費41,250円UQ mobile+撤去費
実質無料

 

戸建ての最安値はNURO光の5,200円に対し、最高値はSo-net光プラスの6,138円。月額料金の開きは962円もあります。3年間使うと34,362円も違います。

 

戸建てタイプは、マンション集合住宅タイプに比べ月額料金・工事費・解約金含め、費用が高めです。

 

光回線のおすすめはぷらら光

マンション集合住宅タイプ、戸建てタイプ共に光回線のおすすめは断然、ぷらら光です。

 

https://p-hikari.net/

 

最大の魅力は、最低利用期間と解約金の縛りがないこと。解約のタイミングで損をすることがないため、光回線が不要になったら気軽に解約できます。突然の引っ越しや転勤など暮らしの変化にも、余計な費用の負担がなく安心です。

 

さらに、ぷらら光は基本料金が光回線でも最安級に安く設定されています。スマホキャリアとのセット割引がなくても安いため、格安SIMユーザーにぴったりです。また、セット割引のような複雑な仕組みがないので、単純に高いか安いかが一目で分かります。

 

その他にも、通信量の速いIPv6 IPoE接続に対応していたり、WiFiルーターも無料で借りられたり、メリットが目白押し。光回線ならぷらら光がおすすめです。

 

https://p-hikari.net/campaign/cashback.html

 

ホームルーターのキャンペーン一覧

ホームルーターのキャンペーンを含めた料金を比較しました。ホームルーターはキャッシュバック額の差額が大きく、また利用年数により月額料金が変動するため、3年間の実質費用と実質月額料金に注目してください。

 

ドコモ home 5GWiMAX +5Gソフトバンクエアー
基本月額 1年目4,950円4,268円4,180円
基本月額 2年目4,950円4,268円4,180円
基本月額 3年目4,950円4,818円5,368円
3年間合計金額178,200円160,248円164,736円
キャッシュバック18,000円5,000円33,000円
3年間実質合計160,200円155,248円131,736円
実質月額料金4,450円4,312円3,659円

 

ドコモ home 5Gは、3年間料金が変わりません。対して、WiMAX +5Gとソフトバンクエアーは1,2年目が安くなります。

 

ソフトバンクエアーの通常価格は3社ホームルーターの最高値。とはいえ、キャッシュバックも最高値。きちんと受け取れば断然お得です。

 

ホームルーターのおすすめはソフトバンクエアー

ホームルーターのおすすめは、ソフトバンクエアーです。

 

https://s-air.jp/

 

実質月額料金が1番安いからです。3年間使用した場合、ドコモ home 5Gと比べると約33,000円、WiMAX +5Gと比べると約28,000円も安くなります。これだけの価格差を考えれば、まずはソフトバンクエアーから検討したいものです。

 

ホームルーターはインターネットを無線でキャッチし通信する特性上、ソフトバンクエアーのエリア・品質が心配な方もいます。ソフトバンクエアーは、開通から8日以内なら無料でキャンセル可能。ですから、ソフトバンクエアー住所別下り最大通信速度情報でお住まいのエリアを確認し、さらに実際に試したうえで使い続けるか判断できます。問題なければそのまま継続し、そうでなければ他社を選びましょう。

 

https://s-air.jp/campaign/

 

ポケットWiFiのキャンペーン一覧

ポケットWiFiのキャンペーンを比較しました。ポケットWiFiは利用年数で料金の変わるタイプが多いため、2年間利用の総額に注目してください。

 

月額料金2年間利用の総額契約期間解約金事務手数料エリア
 

楽天モバイル

WiFi ポケット

3,278円78,672円なし

(端末買取)

なしなし楽天

(au5GB)

クイックWiFi3,718円89,232円

– 8,000円CB

(8ヵ月目)

81,232円

2年間

(端末買取)

4,950円

(2年以内は端末代発生)

3,300円docomo

au

softbank

どこよりもWiFi

ピタッとプラン

3,400円81,600円2年間

(端末レンタル,

破損時19,800円)

10,450円3,300円docomo
GMOとくとくBB

WiMAX

1~2ヵ月目
2,079円
3~36ヵ月目
4,389円
37ヵ月目以降
4,444円
100,716円
– 13,000円CB
(12ヵ月目)
87,716円
3年間

(端末買取)

12ヵ月未満

20,900円

24ヵ月未満

15,400円

25ヵ月目以降

10,450円

3,300円au
ギガWiFi3,718円89,232円2年間

(端末買取)

4,950円

(2年以内は端末代発生)

3,300円docomo

au

softbank

それがだいじWi-Fi3,718円89,232円2年間

(端末買取)

4,950円

(2年以内は端末代発生)

3,300円docomo

au

softbank

ASAHIネット

WiMAX

1ヵ月目

無料

2ヵ月目以降

3,850円

25ヵ月以降

4,719円

88,550円2年間

(端末買取)

12ヵ月未満

20,900円

24ヵ月未満

15,400円

(キャンペーン違約金

11,000円)

25ヵ月目以降

10,450円

3,300円au
ZEUS WiFi3ヵ月目まで

3,278円

4ヵ月目以降

3,828円

90,222円2年間

(端末レンタル,

破損時19,800円)

10,450円3,300円docomo

au

softbank

4,708円112,992円3,300円docomo

au

softbank

カシモ WiMAX1ヵ月目

1,518円

2ヵ月目以降

3,917円

91,609円3年間

(端末買取)

12ヵ月未満

20,900円

24ヵ月未満

15,400円

25ヵ月目以降

10,450円

3,300円au
So-net

WiMAX

1ヵ月目

無料

2ヵ月目以降

3,700円

13ヵ月以降

4,817円

97,328円3年間

(端末買取)

12ヵ月未満

20,900円

24ヵ月未満

15,400円

25ヵ月目以降

10,450円

3,300円au
UQ WiMAX4,268円102,432円2年間

(端末買取)

24ヵ月未満

1,100円

3,300円

+端末代

au
地球WiFi4,378円108,372円3年間

(端末買取)

10,450円

(3年以内は端末代発生)

3,300円docomo

au

softbank

BIGLOBE

WiMAX

5,258円126,192円

– 17,000円CB

109,192円

1年間

(端末買取)

12ヵ月未満

1,000円

3,300円

+端末代

au

 

最安値の楽天モバイルWiFiポケットと、最高値のBIGLOBE WiMAXでは2年間で約30,000円も支払額が変わります。

 

また、ほとんどのポケットWiFiは解約金が設定されています。UQ WiMAX等のように1,000円程度の解約金なら痛手は少ないものの、中には解約金が20,000円を超えるポケットWiFiもあるので注意しましょう。

 

ポケットWiFiのおすすめ回線は楽天モバイルWiFiポケット

ポケットWiFiのおすすめは、楽天モバイルWiFiポケットです。

 

 

出典:楽天モバイル公式サイト

 

最大のメリットは、楽天モバイルエリア内はデータ無制限なこと。月額料金2,980円で100GB以上も使えるため、他社より圧倒的にお得です。しかも、契約3ヶ月目までは月額料金無料。端末も1円でゲットできます。

 

さらに、契約事務手数料が無料で、契約期間の縛りもなければ解約金も一切かかりません。気軽に申し込めますし、最初の3ヶ月は言ってみれば” 実質1円 ”でお試しできます。

 

ただし、楽天エリア外の通信はau回線の5GBしか使えません。そのため、利用地域がエリア外であればお得と言えませんが、エリア内であれば間違いなくコスパは最高です。楽天モバイルWiFiポケットのサービスエリアを確認し、エリア内であればラッキー。ポケットWiFiなら楽天モバイルWiFiポケットから検討しましょう。

 

まとめ

インターネット契約のキャンペーンを回線種類ごとに紹介しました。

 

  • 光回線なら、ぷらら光
  • ホームルーターなら、ソフトバンクエアー
  • ポケットWiFiなら、楽天モバイルWiFiポケット

 

まずは、この3社から検討するのがおすすめです。

 

住居の工事や引っ越し予定などの制限がないなら、光回線を選びましょう。光回線は通信速度と安定性に長けています。1人でも家族みんなが使っても快適に使えますし、通信量の制限もありません。動画を見たりオンライン会議をしたり等、何をするにしても快適です。

 

タイトルとURLをコピーしました