一人暮らしにもおすすめできる光回線と格安スマホのセット利用方法を解説

光コラボ

一人暮らしをするにあたって、しっかり考えておきたいのがインターネット環境です。近年では外出自粛に伴って自宅で過ごす時間が多く、オンラインゲームやリモート会議などで快適なインターネット環境が求められる機会も増えてきました。

 

これからインターネット環境を整える人の中には、「どのインターネット回線にすればいいの?」と悩んでいる方も多いでしょう。

 

結論からお伝えすると、インターネットは光回線を用意するのが得策です。あわせて、格安スマホとセットで利用することでお得にインターネットが使えます。

 

本記事では、一人暮らしの方にもおすすめできるインターネット回線について解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

一人暮らしで考えるインターネット回線

自宅にインターネット環境を整える場合、考えられる選択肢は以下の3つです。

 

  • 光回線
  • ホームルーター
  • モバイルWiFi

 

冒頭でもお伝えしたように、これからインターネット回線を用意するのであれば「光回線」がおすすめになります。ただし、光回線を使えるのは自宅にあらかじめ設備が用意されている場合や、光回線工事の許可を得られた場合です。

 

上記に当てはまらない(光回線を使えない)家の場合は、ホームルーターやモバイルWiFiを検討する必要があります。

 

ここでは、それぞれの特徴について見ていきましょう。

 

光回線

光回線は、光ファイバーを利用して通信を行うインターネット回線のことです。NTTフレッツ光や光コラボレーションサービス、NURO光といった、様々な種類が用意されていることも特徴となっています。

 

光回線は物理的な回線を自宅に引き込んで使うため、回線速度や繋がりやすさといった安定性に優れています。一方、利用するためには工事が必要となるのですぐには使えません。

 

高額キャッシュバックや割引キャンペーンなどの特典が充実していることもあり、インターネットを快適かつお得に使いたい人に向いているインターネット回線と言えます。

 

ホームルーター

ホームルーターは、開通工事なしで機器を電源に接続するだけで使えるインターネット回線です。通信方式にモバイル回線を使用しているため、誰でも手軽にインターネットを使えるのが特徴と言えます。

 

光回線のように工事が必要ないことから、光回線を使えない方におすすめです。ただし、光回線に比べると回線速度や繋がりやすさは劣ります。

 

オンラインゲームや大容量データの通信には不向きですが、動画視聴やブラウザ閲覧といった通常のインターネット使用であれば特に問題のない性能です。

 

モバイルWiFi

モバイルWiFiは、外出先でもインターネット接続できる通信端末です。外でも高速通信できるWi-Fiを使いたい人におすすめとなっています。

 

モバイルWiFiの端末が届けば、電源を入れてすぐにWi-Fiに接続できる手軽さが特徴です。

 

ただし、一般的にモバイルWiFiは一定のデータ量を超えてしまうと速度制限がかかるため、大容量のデータ通信には向いていません。

 

一人暮らしで光回線は必要か

光回線、ホームルーター、モバイルWiFiの特徴を見てきましたが、一人暮らしをしている方の中には「一人暮らしで光回線って必要かな?」「ホームルーターやモバイルWiFiでも良さそう」と思った方もいるでしょう。

 

しかし、結論としてはホームルーターやモバイルWiFiはおすすめできません。

 

一人暮らしの方が利用するインターネット環境には、確かに手軽なモバイルWiFiやホームルーターを設置する方法もありますが、よく「モバイルWiFiが速度制限にかかった」「回線が頻繁に不安定になる」という声を聞く方もいるのではないでしょうか。

 

無線方式のインターネット通信には通信制限があったり、通信が不安定になったりなど状況によっては快適に使えないケースがあります。

 

通信の安定性や費用面を踏まえると、現状では光回線と格安SIM・格安スマホを利用するのが最もおすすめです。

 

光回線と合わせて格安スマホで通信費を節約

光回線はホームルーターやモバイルWiFiと比較すると、費用は高い傾向にあります。ただし、光回線は格安SIM・格安スマホとセットで契約することでお得に利用可能です。

 

例えば、ホームルーターと大手キャリアのスマホを使っている人が、お得になる光回線と格安スマホにすることで、通信費を節約できる可能性があります。

 

このような理由からも、ホームルーターやモバイルWiFiよりも光回線の利用をおすすめしているのです。

 

一人暮らしの平均通信費

あなたは、一人暮らしの平均通信費をご存知でしょうか。もしかすると、自分の通信費が高いのか安いのかよくわからない、判断できていない方もいると思います。

 

総務省が発表している「家系調査2020年(表番号1)」を見てみると、一人暮らしの通信費の相場は男性で10,800円、女性で9,800円です。ここで言う通信費とは、スマホ料金とインターネット通信費を合わせた金額になっています。

 

つまり、上記の金額以上の通信費を支払っているのであれば、通信費が高すぎると言えるでしょう。

 

特に、スマホを大手キャリアのプランで契約していると、どんなにインターネット通信費をホームルーターやモバイルWiFiで安くしても、総額が高くなってしまいます。そこで考えたいのが格安スマホの利用です。

 

格安スマホは圧倒的に料金が安い

格安スマホは、大手キャリアの料金プランと比較しても圧倒的に料金が安いのが特徴です。月1,000円台や1,000円以下で使える格安スマホ、プランがあり、スマホ料金を見直すのであればまず検討すべきと言えます。

 

大手キャリアを使っているのであれば、半額以上節約できるのでお得に使えるのはほぼ間違いないです。

 

ただ、「格安SIM・格安スマホにすると通信速度が落ちるのでは?」と心配に思う方もいるのではないでしょうか。確かに、大手キャリアと比較すると通信速度や安定性は劣りますが、一般的な用途(ブラウザ閲覧や動画視聴)であれば問題ないレベルです。

 

一人暮らしで「少しでも通信費を節約したい」と思うのであれば、格安スマホの利用はとてもおすすめできます。

 

光回線とセットにすればさらに安くなる

格安スマホがおすすめなもう一つの理由は、光回線とセットにすることでより安く利用できる点です。

 

格安SIM・格安スマホは大手キャリアの回線を利用していることから、会社ごとに独自のプロバイダを保有しています。そのため、光回線と格安SIM・格安スマホでは各社でセット割引を用意しており、通信費をさらに節約できるのです。

 

ただでさえ安い格安スマホの料金が、光回線とセットにするだけで安くなるのでこれを使わない手はありません。

 

コスパ抜群!おすすめの光回線と格安スマホのセット

一人暮らしで通信費を節約するのであれば、光回線と格安スマホをセットで利用しましょう。

 

ここでは、コスパ抜群のおすすめ光回線と格安スマホのセットを3つご紹介します。

 

  • @TCOMヒカリとLIBMO
  • ソフトバンク光とワイモバイル
  • OCN光とOCNモバイルONE

 

どれも現在の通信費よりも安く使えること間違いなしです。1つずつご紹介していきます。

 

 

推奨するセット割①:@TCOMヒカリとLIBMO

 

(出典:@TCOMヒカリ申込サイト)

 

はじめにご紹介したいのが、TOKAIコミュニケーションズが提供する光回線と格安スマホのセットです。

 

名前を聞いたことがない方もいるかもしれませんが、「@TCOM(アットティーコム)ヒカリ」は光コラボの1つで月額基本料が最安3,190円(月額料金12ヵ月割引適用時)から利用できます。

 

格安スマホの「LIBMO(リブモ)」もTOKAIコミュニケーションズが提供しており、@TCOMヒカリとセットで加入すれば毎月220円割引されます。LIBMOはデータ通信量が20GBや30GBのプランを用意しており、データ通信を多く利用する方でも1,991円からとリーズナブルな料金で使用可能です。

 

 

(出典:LIBMO公式サイト)

 

LIBMO なっとくプラン月額料金

 

データ容量データ+音声通話+SMSデータ+音声通話+SMS
+10分かけ放題
@T COMヒカリ
月額割引額
3GBプラン980円(税抜891円)1,750円(税抜1,591円)220円(税抜200円)/月割引
8GBプラン1,518円(税抜1,380円)2,453円(税抜2,230円)220円(税抜200円)/月割引
20GBプラン1,991円(税抜1,810円)2,926円(税抜2,660円)220円(税抜200円)/月割引
30GBプラン2,728円(税抜2,480円)3,663円(税抜3,330円)220円(税抜200円)/月割引

 

 

@TCOMヒカリとLIBMOをセットで利用した場合の月額料金は、以下のようになります。

 

@TCOMヒカリとLIBMOの月額基本料金

 

LIBMO

音声通話SIMプラン

マンション

月額料金

戸建て

月額料金

セットなし4,180円5,610円
3GB4,940円6,370円
8GB5,478円6,908円
20GB5,951円7,381円
30GB6,688円8,118円

 

マンションタイプであれば30Gでも6,688円ですので、一人暮らしの平均通信費よりも安く使えます。外出先でもスマホを頻繁に使い、データ容量が必要な方に特におすすめなセットです。

 

また、@TCOMヒカリでは初回費用と工事費用が実質無料になるキャンペーンを実施しているので、余計な費用が発生しないのも魅力となっています。

 

@T COM(アットティーコム)ヒカリ キャッシュバック
TOKAIコミュニケーションズ提供の光コラボレーションモデル「@T COM(アットティーコム)ヒカリ」の戸建て(ファミリー)、マンションタイプの月額料金・サービス内容。ただいまお得なキャッシュバックキャンペーン実施中!

 

推奨するセット割②:ソフトバンク光とワイモバイル

 

(出典:ソフトバンク光申込サイト)

 

次にご紹介するのが、ソフトバンクが提供している「ソフトバンク光」と「ワイモバイル」です。テレビコマーシャルでもよく見る名前ですので、聞いたことのある方が多いのではないでしょうか。

 

ワイモバイルが新しく出した料金プランは「シンプルS・M・L」の3つがあり、月額2,178円からと格安です。さらに、ソフトバンク光とセットで利用すると「おうち割 光セット」が適用され、毎月1,188円割引とお得に利用できます。

 

 

(出典:ワイモバイル公式サイト)

 

ソフトバンク光とワイモバイルをセットで利用した場合の月額料金は、以下のようになります。

 

ソフトバンク光とワイモバイルのセット利用時の月額基本料金

 

ワイモバイル

音声通話SIMプラン

マンション

月額料金

戸建て

月額料金

セットなし4,180円5,720円
シンプルS 3GB5,720円7,260円
シンプルM 15GB6,820円8,360円
シンプルL 25GB7,700円9,240円

 

ソフトバンク光はマンションタイプであれば高くても7,700円ですので、一人暮らしの平均通信費よりも安く利用可能です。データ容量も25GBと大容量なので外で使う場合でも安心できるでしょう。

 

また、ソフトバンク光ではあんしん乗り換えキャンペーンを実施しています。他社で光回線を利用中の方でも、解除料金・撤去工事費をソフトバンク光が還元してくれるので、お得に利用可能です!

 

https://sb-hikari.com/campaign/index.html

 

その他、加入特典やキャッシュバックも豊富に揃っているので、「とにかくお得に節約したい」という方におすすめできます。

 

https://sb-hikari.com/campaign/cashback.html

 

推奨するセット割③:OCN光とOCNモバイルONE

 

(出典:OCN光申込サイト)

 

最後にご紹介するのが「OCN」の光回線と格安スマホです。NTTコミュニケーションズが提供しており、NTTグループが提供する光コラボ・格安スマホという安心感が魅力となってます。

 

本家のフレッツ光と遜色ない通信回線の品質で利用できるのも、おすすめする理由です。

 

OCN光とOCNモバイルONEを利用すると「OCN光モバイル割」の対象になり、毎月220円割引となります。もともとのスマホ代は最低額770円から利用できるため、割引が適用されれば最安550円から利用可能です。

 

 

(出典:OCNモバイルONE公式サイト)

 

OCN光とOCNモバイルONEをセットで利用した場合の月額料金は、以下のようになります。

 

OCN光とOCNモバイルONEの月額基本料金

 

OCNモバイルONE

音声通話SIMプラン

マンション

月額料金

戸建て

月額料金

セット利用なし3,960円5,610円
1GB4,510円6,160円
3GB4,730円6,380円
6GB5,060円6,710円
10GB5,500円7,510円

 

OCN光は、セット利用なしでもマンションの場合で3,960円と、業界最安級のお得な料金です。マンション・戸建てのどちらで利用しても、一人暮らしの平均通信費である9,800円〜10,800円よりも安く使えます。

 

マンション10GBで契約した場合、現在の通信費が9,800円であれば毎月4,300円の節約、年間で51,600円もの節約になる計算です。

 

さらに、OCN光が実施しているキャッシュバックキャンペーンに申し込めば、キャッシュバックを受け取れます。よりお得に契約できるチャンスですので、契約前にぜひチェックしてみてください。

 

https://ocn-h.com/campaign/cashback.html

 

 

まとめ

一人暮らしでインターネット環境を用意する場合、ホームルーターやモバイルWiFiを利用する手もありますが、コスパがいいとは言えずおすすめできません。

 

光回線であれば通信品質が安定しており、格安スマホと一緒に利用することで費用面でもお得に利用可能です。自宅で過ごす時間が増えて、安定したインターネット環境が必要な今だからこそ、光回線はより一層おすすめできます。

 

中でも、コスパ抜群のおすすめ光回線と格安スマホのセットとして、今回は以下の3つをご紹介しました。

 

 

①「@TCOMヒカリ」と「LIBMO」

②「ソフトバンク光」と「ワイモバイル」

③「OCN光」と「OCNモバイルONE」

 

どれもおすすめのセットですので、ぜひあなたにあった光回線と格安スマホを検討してみてください!

 

429 Too Many Requests

 

 

タイトルとURLをコピーしました