NTT提供の光回線を乗り換える方法とキャンペーンを解説

光回線

お使いのインターネット回線は、快調ですか?

 

ADSL回線をお使いならば、そろそろ具体的に光回線への乗換検討を始めても良いですね。

 

NTTフレッツADSLは2023年1月末・SoftBankヤフーADSLは2024年3月末での終了を公表しています。(*SoftBankヤフーADSLは2020年3月以降、一部地域から順次終了しています)

 

回線速度に不満があったり、契約期間のキリが良いので乗り換えを検討したり、そんな時に何を基準に契約先をお考えになりますか?

 

回線品質・月額料金・手間が掛からない等、色々ありますが、特典やキャンペーン・お得なキャッシュバックも見逃せません。

 

NTT光回線の具体的な乗り換え方法と、お得な特典キャンペーンを解説いたします。

 

光回線の勢力図

日本で最も早く、光ファイバーケーブル回線を利用したサービスを開始したのはNTTです。

2000年の年末に、東京・大阪の一部で試験サービスを開始して、翌年2001年の8月から本格的サービスをスタートさせました。

 

NTTは全国に光ファイバーケーブル回線の敷設を進めて、2019年3月発表の総務省データによる世帯カバー率は98.8%ですが、NTTの「フレッツ光」の光カバー率は95%となっていて、ほぼ日本中を網羅するところまで来ています。

 

以前は大きく引き離されていた、携帯電話の人口カバー率と大差無くなりました。

 

変化したフレッツ光回線の契約形態

「フレッツ光」回線を利用するのには、別途に接続業者プロバイダとの契約が必要です。

 

回線利用費はNTT東日本・西日本に支払い、接続料をプロバイダへ支払う事が一般的でした。ユーザーにとっては、「フレッツ光」+「プロバイダ契約」と2箇所で契約を結んで、月額料金も別々に支払う必要があり、トラブルが発生した時や、要望を伝えたくても窓口が二箇所あるのは、ユーザーにとってデメリットが大きく、ワンストップで契約支払いが出来るシステムを望む声が大きくなってきました。

 

 

(出典:NTT西日本*一部改変)

 

光回線をユーザーとの直接契約を結ぶシェアが、巨大企業NTTの独占状態になれば、競争原理が働かなくなり、普及が加速しないと考えた国の意向もあって、NTT東西は、フレッツ光回線の卸業務への移行へと方向転換をします。

 

NTTは光回線の卸事業へ注力して、卸し提供を受けたプロバイダを中心とした事業者が、プロバイダ機能と回線をワンセットにしたサービスを提供する「光コラボ」が、2015年2月から開始されました。

 

 

(出典:NTT西日本*一部改変)

 

現在個人の契約は「光コラボ」・法人の契約は「フレッツ光+プロバイダ契約」が主流になっています。

 

乗り換えは主戦場を狙う!

光回線に限らず、激しい競争下の中で新規顧客を獲りに行くところに、経営資源は投下されます。

簡単に説明すると、そこに一番お金が動くという事ですね。

 

個人で光回線の契約

個人契約での光回線新規契約の主戦場は、国とNTT東西の意向もあり「光コラボ」が主流になっています。

 

光コラボの契約は、サービスを提供するプロバイダでも行っていますが、より大きな特典キャッシュバックを狙うなら、正規代理店での契約がオススメです。

 

新規顧客を獲得するコストは、決して小さくありません。

光コラボを扱う企業の多くは、競争力保持のためにスリム化を進めています。

 

そのため新規獲得コストを従来の営業戦略につぎ込む事を止めて、回線運用に専念して、新規獲得は、正規代理店に任せる傾向が顕著です。

 

光コラボに関連する企業としては、NTT東西・光コラボ提供回線業者・正規代理店の3つがあり、それぞれが役割に応じた分業体制になっています。

 

NTT東西      -フレッツ回線を卸し提供

光コラボ提供回線業者-ユーザーの窓口として回線運用

正規代理店          -新規顧客獲得営業

 

法人での光回線契約

法人のフレッツ光契約の主戦場は、「フレッツ光+プロバイダ契約」です。

 

個人と法人で棲み分けがされているのは、ニーズが異なるからです。

法人が、フレッツ光+プロバイダ契約をするのには以下の理由があります。

 

固定IPの利用

フレッツ光の法人契約では、固定IPが付与されます。固定IPとは、インターネット上の住所が固定される事を意味します。個人契約の場合は、接続する度にIPアドレスが割り振られて変わります。

 

通常のネット閲覧をするだけなら、IPアドレスを固定するメリットは有りませんが、社外から社内のサーバーにアクセスする場合や自社サーバーでホームページの構築等、自社サーバーを運営する場合には固定IPが必要になります。

 

VPNの利用

フレッツ光の法人契約では、VPNの利用の利用が出来ます。VPN(Virtual Private Network)は、仮想の専用回線構築です。

 

データが暗号化されることでセキュリティが大きく高まり、社外から社内ネットワークに安全に接続するテレワークにも必須の機能です。

 

24時間サポート

フレッツ光の法人契約では、24時間サポートが受けられるオプションサービスが有ります。

 

個人契約の通常保守は9時から17時の日中保守ですが、法人契約の場合はオプション加入で夜間や早朝を問わず、不具合があればフレッツ光の業者が駆けつけてくれて、対応が受けられます。

 

プロバイダのみ後で変更が出来る

社内のシステムが発展してくると、プロバイダによっては対応出来ないケースが出てきます。フレッツ光+プロバイダ契約の形態になっていれば、フレッツ光回線はそのままでプロバイダ変更のみが容易に出来ます。

 

フレッツ光の法人契約は、登記上の法人は不要です。

法人格が無い個人事業主や店舗・SOHOでも契約が可能です。

 

光コラボには無い、法人契約のメリットとして以下が有ります。

 

経費として計上し易い

フレッツ光は法人契約の場合、請求書での支払いが可能になります。

会社や事業の経費として税務計上する場合には、請求書と支払い領収書が必要になります。

 

コラボ光やフレッツ光でも個人契約の場合には、クレジットカードでの支払いが一般的で、請求書・領収書の発行が有りません。

 

同時接続機器の台数

法人契約のオプション契約(NTT東日本ではフレッツ光ネクスト プライオ1やフレッツ光ネクスト プライオ10・NTT西日本ではフレッツ光ネクスト ビジネスタイプ)を結べば、同時接続台数に制限が無くなります。

 

個人契約で「フレッツ光+プロバイダ契約」を選択する理由は、現時点では基本的にありません。

契約形態が異なるだけで、「光コラボ」なら回線品質が同じで、契約は1箇所で済むのに加えて、月額料金を比較しても安くなります。

 

しかし、前述のように法人契約については「フレッツ光+プロバイダ契約」しか出来ない事が多い為に、法人契約の主戦場になっています。

 

フレッツ光の法人契約の役割分担は以下の様になっています。

 

NTT東西      -フレッツ光回線を提供

プロバイダ     -回線接続業務

正規代理店          -新規顧客獲得営業

 

正規代理店なら何処でも同じ?

回線品質に限っては、どこで契約しても同じです。サービスも全く同じ内容が受けられます。

公式サイトで展開する特典に加えて、独自のプラス特典が享受出来る、正規代理店での契約がオススメです。

 

しかし、正規代理店なら何処でも特典は同じ?という事にはなりません。

特典・キャッシュバック内容は、代理店ごとに大きな差が有るからです。

 

正規代理店の収入源は、獲得契約者数に応じて手数料を得ることで成り立っています。

手数料以外には、別途に特典やキャッシュバック用の財源としての支払いは受けていません。

 

公式の特典やキャッシュバック以外に、代理店が独自で出している特典は、代理店が得る手数料の中から捻出されています。

 

そのため代理店の体力や、置かれた立場状況によって、支払いの出来る特典キャッシュバック内容が異なってきます。

 

コンスタントに一定数以上の新規ユーザーの獲得が出来る、集客力があり魅力を感じさせる優秀な代理店は、より有利な販売手数料を得ることが出来ます。

 

また、同じ販売手数料を財源として特典キャッシュバックを出すなら、経費の掛からない方が、より多くの特典金額を捻出することが可能になります。

 

現在最も好条件な特典キャッシュバックを行っているのは、web集客が中心の正規代理店です。実際に店舗がある正規代理店(家電量販店等のお店・携帯電話ショップ等)では、店舗の家賃経費や、店頭スタッフの人件費等に経費が掛かる事から、特典キャッシュバック用の大きな財源を確保することが困難です。

 

フレッツ光・光コラボの契約は、web集客が中心に行っている、特典キャッシュバックに大きなメリットのある正規代理店がオススメです。

 

フレッツ光キャッシュバック情報 NTT東日本エリア
【NTT東日本エリア】フレッツ光のキャッシュバック条件一覧。当サイトなら最短2ヵ月で最大79,800円のキャッシュバック!さらにプロバイダのみの乗り換えでも5,000円のキャッシュバック♪と加入特典がお得。フレッツ光の加入でキャッシュバックをお得に受け取るならぜひ当サイトまで!

 

フレッツ光キャッシュバック情報 NTT西日本エリア
【NTT西日本エリア】フレッツ光のキャッシュバック条件一覧。当サイトなら最大85,000円のキャッシュバックを最短2ヵ月還元!と還元時期が早いのも魅力♪電話サービスなど便利なオプションサービスの加入でさらにお得に!Web申し込みなら24時間受付中。

 

公式特典に加えて代理店特典が受け取れます。

 

NTT以外の光回線からフレッツ光回線利用に乗り換える手順

NTT以外の回線、auひかり・NURO光・電力系・ケーブルテレビ系等から、フレッツ光を使った回線に乗り換える場合、新しい回線が開通後に古い回線の解約をしてください。

 

乗り換え手順

 

1.フレッツ光・光コラボの申込みをする

2.工事日程を決める

3.工事日の前に接続機器が届く

4.開通工事が行われます

5.古い回線に解約の連絡を入れる

6.機器の接続設定をすれば、フレッツ光・光コラボが利用できる様になります。

7.古い回線にレンタル機器を返却

 

個人に乗り換えおすすめの光コラボ

乗り換えに合わせて、携帯電話の契約プランの見直しもおすすめです。

格安SIMに乗り換える事で、掛かっている通信費全体の費用が大幅に削減可能です。

 

OCN光

 

NTTグループのNTTコミュニケーションズが提供する光コラボ「OCN光」は、月額料金の安さと、高い技術力に加え信頼が大きく、光コラボの人気はいつもトップクラスです。

 

OCN光ユーザーは、格安SIM「OCNモバイルONE」で家族全員の割引が受けらます。

 

 

(出典:OCNモバイルONE公式

 

「OCNモバイルONE」の通常月額料金は、1GB/月で月額770円・3GB/月で月額990円・6GB/月で月額1,320円・10GB/月で月額1,760円です。

 

 

(出典:OCNモバイルONE公式

 

OCN光の契約者は、家族全員の1人220円の割引が受けらます。

 

現在3大キャリアでスマートフォンの契約をしているなら、是非「OCNモバイルONE」をご検討下さい。節約出来る金額で、光回線の月額料金が簡単に捻出出来ます。

 

OCN光の利用に最適な高速高性能Wi-Fiルーターのプレゼントキャンペーンも行っています。

 

 

テレビに有線で繋いでオンデマンドビデオを楽しんだり、高性能のゲーム機を有線繋いでレスポンスを楽しんだり、スマートフォンやタブレット、ノートパソコンをWi-Fiで繋ぎ、自由自在に無制限に利用出来る様になります。

 

特典詳細については、以下をご覧ください。

 

https://ocn-h.com/campaign/

 

 

@TCOMヒカリ

 

@TCOMヒカリは自社データセンターを保有し、自社光ファイバーケーブルを運用するなど、単にプロバイダとしてだけで無く、豊富な技術力が有り人気があります。

 

@TCOMヒカリユーザーは、格安SIM「LIBMO」の割引が受けられます。

 

 

(出典:LIBMO公式)

 

3GB/月で月額980円・8GB/月で月額1,518円・20GB/月で月額1,991円・30GB/月で月額2,728円です。

この金額から、毎月220円の割引が受けられます。

 

@TCOMヒカリ新規加入は、当サイトから申し込むと、サイト限定キャンペーンが適用いただけます!最大39,000円をキャッシュバック!公式キャンペーンや割引も併用でだんぜんお得に@T COM(アットティーコム)ヒカリを始められます!

 

具体的なキャッシュバック金額は以下の通りです。

 

キャンペーン条件ファミリータイプマンションタイプ
回線新規契約+ヒカリ電話オプションパックプラン+テレビオプション+LIBMO(音声SIMまたはデータSIM)39,000円36,000円
回線新規契約+ヒカリ電話29,000円26,000円
回線新規契約28,000円25,000円
IPv6(IPoE/IPv4 over IPv6)対応 Wi-Fiルータープレゼントキャッシュバックから -5,000円

 

特典詳細については、以下をご覧ください。

 

@T COM(アットティーコム)ヒカリ キャッシュバック
TOKAIコミュニケーションズ提供の光コラボレーションモデル「@T COM(アットティーコム)ヒカリ」の戸建て(ファミリー)、マンションタイプの月額料金・サービス内容。ただいまお得なキャッシュバックキャンペーン実施中!

 

法人に乗り換えおすすめのフレッツ光

 

フレッツ光の申込みNTT東西のサイトでは、キャッシュバックキャンペーンを行っていません。

しかし、フレッツ光の法人契約は、正規代理店サイトで契約すれば、キャッシュバックが受けられます。

 

○NTT東日本エリアの方

 

キャッシュバック詳細については、以下で御確認ください。

 

フレッツ光キャッシュバック情報 NTT東日本エリア
【NTT東日本エリア】フレッツ光のキャッシュバック条件一覧。当サイトなら最短2ヵ月で最大79,800円のキャッシュバック!さらにプロバイダのみの乗り換えでも5,000円のキャッシュバック♪と加入特典がお得。フレッツ光の加入でキャッシュバックをお得に受け取るならぜひ当サイトまで!

 

○NTT西日本エリアの方

 

キャッシュバック詳細については、以下で御確認ください。

 

フレッツ光キャッシュバック情報 NTT西日本エリア
【NTT西日本エリア】フレッツ光のキャッシュバック条件一覧。当サイトなら最大85,000円のキャッシュバックを最短2ヵ月還元!と還元時期が早いのも魅力♪電話サービスなど便利なオプションサービスの加入でさらにお得に!Web申し込みなら24時間受付中。

 

他社解約違約金が発生する方に乗り換えオススメの光コラボ

契約の期間や時期によって、他社回線を解約時に違約金や撤去工事費用が発生する場合があります。金額は数万円から10万円近くになる事もあり、大きな負担になります。

 

そんな方にはオススメしたい、光コラボがあります。

 

SoftBank光

 

契約している回線を解約する場合、使用期間によっては違約金や撤去費用が発生する費用を、他社からソフトバンク光に乗り換える場合、他社への違約金・撤去費用等が満額還元(最大10万円)してくれます。

 

 

撤去工事費や違約金の満額返還以外に、当サイトからの契約なら、キャッシュバックもあります。

キャンペーン条件
新規(回線)+当社指定オプション28,000円
新規(回線)+おうち割光セット加入オプション☆(光 BBユニット、Wi-Fiマルチパック、電話サービス)27,000円
新規(回線)+ホワイト光電話26,000円
新規(回線のみ)25,000円

 

ソフトバンク光が開通するまでの間、ネット環境が無い場合に無料でWi-Fiルーターがレンタル出来ます。

 

 

特典詳細については、以下をご覧ください。

 

https://sb-hikari.com/campaign/

 

フレッツ光回線を利用している方が光コラボへ・光コラボから別の光コラボへ乗り換える

フレッツ光+プロバイダ契約が、光コラボへ乗り換える場合と、光コラボを既にご利用の方が、別の光コラボ事業者に乗り換えるケースです。

 

転用

「フレッツ光+プロバイダ契約」を現在している方が、光コラボに乗り換える事を「転用」と言います。

 

 

出典:NTT東日本公式

 

フレッツ光回線をそのまま利用するので、それに伴う工事も基本的に必要ありません。

契約先が一箇所にまとまる事で、問い合わせ窓口が一本化出来て、月額料金も安くなります。

 

転用の手順

 

1.転用承認番号の収得を、フレッツ光を契約しているNTTに申し込む

2.乗り換える光コラボ事業者に「転用」として申し込む

3.転用手続き完了(概ね1週間から2週間程度)すれば、利用できる様になります。

 

注意点としては、転用承認番号は15日間の有効期限があります。

 

事業者変更

「光コラボ」を現在契約している方が、他の光コラボ事業者に乗り換える事を「事業者変更」と言います。

 

 

出典:NTT東日本公式

 

フレッツ光回線はそのまま利用するので、別途工事も必要ありません。

 

事業者変更の手順

 

  • 事業者変更承諾番号の収得を、契約中の光コラボ事業者へ申し込む
  • 新しい光コラボ事業者に、「事業者変更」として申し込む
  • 事業者変更の手続きが完了(概ね1週間から2週間程度)すれば、利用できる様になります。

 

注意点としては、事業者変更承諾番号は15日間の有効期限があります。

 

事業者変更も転用の場合も、公式特典に加えて正規代理店独自の、特典キャッシュバックが受けられます。

 

OCN光

キャンペーン条件キャッシュバック金額
ファミリータイプマンションタイプ
OCN 光 事業者変更5,000円5,000円
OCN 光 他社転用契約5,00055,000円
IPv6(IPoE)対応 Wi-Fiルータープレゼントキャッシュバックから-5,000円

 

@TCOMヒカリ

キャンペーン条件ファミリータイプマンションタイプ
事業者変更契約(他社光コラボをご利用中の方)22,000円20,000円
他社転用契約(フレッツ光をご利用中の方)22,000円20,000円
IPv6(IPoE/IPv4 over IPv6)対応 Wi-Fiルータープレゼントキャッシュバックから -5,000円

 

SoftBank光

キャンペーン条件
事業者変更15,000円
他社転用15,000円

 

特典詳細については、以下をご覧ください。

 

光コラボ キャッシュバック
当サイト限定!光コラボレーション各社の新規加入・転用契約のキャッシュバック一覧。お申し込みプランに応じて最大50,000円以上のキャッシュバック実施中!

 

タイトルとURLをコピーしました