NTT西日本エリア内で利用できる、光回線インターネットを解説

フレッツ光

日本は小さな国と思いがちですが、縦に長く四季がはっきりしていて、地方によって独特の文化が根付いています。

 

国土は縦に長くても二分する時は、南北ではなく東西と表記します。

 

東京は東日本で、大阪は西日本という解りやすさが有りますが、解りにくいのは東海エリアです、この土地の東西扱いは何らかの定義では確定しておらず、境界線は曖昧です。

 

気象庁は東海三県(愛知・岐阜・三重)は東日本という扱いで、愛知県は東日本の括りに入っています。

 

電気の周波数の違いも、東西の境界線を論じる時に必ず出てきます。「50Hz」と「60Hz」という周波数の異なる電気が混在している先進国は世界でも希で、通常はどちらかで統一されています。

 

明治時代の文明開化を遂げる中で、東京ではドイツ製の「50Hz」発電機・大阪ではアメリカ製の「60Hz」発電機が導入されて、東西バラバラのまま広がっていって、現在に至っています。境界線は、静岡県の富士川と新潟県の糸魚川(いといがわ)を結んだ線になっています。糸魚川静岡構造線と呼ばれる大断層のラインと酷似していて、当時主力の水力発電建設都合が有ったと推察出来ます。

 

NTTは、NTT東日本とNTT西日本に分かれる別会社になっています。元々一つの会社でしたが、電気の周波数に比較的近いラインで、東西にサービスエリアを持っています。この区分けは歴史的には比較的新しいので、日本の東西を示す尺度としては浸透していませんが、時間が経過していけば基準になる可能性が充分ありそうですね。

 

NTTはグループをあげて、全国に光ファイバーケーブルを敷設しましたが、NTT東日本とNTT西日本は別会社であるため、提供サービスの内容や価格が異なっているケースが有ります。西日本エリアにお住まいの方が利用出来る、インターネット光回線を解説します。

 

NTT西日本とNTT東日本は別会社

NTT西日本も東日本も、現在は民間企業になっています。しかし、以前は三公社(日本専売公社・日本電信電話公社・国鉄)の一つであり、民営化されるまでは株式会社ではなく官営でした。

 

NTT西日本の正式名は、西日本電信電話株式会社です。明治時代に始まった日本での電話サービスが、そのまま現在のNTT東西に繋がっています。

 

NTTは民営化された当初から、東西に分かれていたわけではありません。1985年に、日本電信電話株式会社法により日本電信電話公社は民営化されて、日本電信電話株式会社になりました。英語表記ではNippon Telegraph and Telephone Corporationになり、略称としてNTTを名乗っています。

 

民営化した(された)最も大きな理由は、親方日の丸体質を改善して、一私企業として競争原理の中に放り込み、日本における通信事業の活性化を狙ったものでした。しかし蓋を開けてみると、ガリバー企業であるNTTは他の通信会社よりも遙かに強く、NTTの市場独占力は依然として維持されたままでした。

 

1社の独占力が強い状態で通信市場の競争は起きにくく、国はNTTの力を削ぐことに尽力します。

 

1988年にはNTTデータを分社化して、1992年にはNTTドコモの分社化などを進め、1999年には仕上げとして、NTTを持ち株会社として存続させて、実際の営業活動をNTT東西にエリアで分割するとともに、長距離通信会社等に細分割化を行いました。

 

通常いくら大きな企業であっても、持ち株会社はグループ企業を経営統括する機能に留まり、従業員数は少ない事が多いですが、NTTでは約2,600人もの大所帯になっています。

 

これは統括機能だけでなく、世界屈指の研究所としての機能を有しているためです。NTTグループは日本最大の企業グループであり、グループ全体での社員数は30万人を超えています。

 

NTTグループ企業の中で、最も大きいのは言うまでもなくNTT西日本と東日本です。同じグループ内で情報や技術は共有しますが、営業政策や収益構造は完全に別会社です。

 

NTTは全国に光ファイバーケーブルを敷設

インターネットの利用には、無線電波を回線利用した方法と有線回線を利用した方法が有ります。

 

無線での利用は、携帯電話会社が運用する電波を利用して行います。電波を受信出来る状態のスマートフォン・タブレット等の他、モバイルWi-Fiルーターや据え置き型無線ホームルーターを使います。新世代の5Gは、数値上光回線を凌駕する値を提示して話題になっていますが、数値はあくまで計算上の理想値であり、実際にその数値が出る事は有りません。

 

様々な環境に影響を受けにくく、最も安定した速い回線品質では、光回線の利用が最適です。

 

一般的に光回線と言われているのは、正確にはFTTH(Fiber To The Home)という通信サービスです。ガラス繊維で出来ている、光ファイバーケーブルを使った通信回線で、従来の銅線と比較して、より多くのデータを、距離による毀損が無いまま、やりとりが可能になっています。

 

NTTでは、1975年に光ファイバーケーブルの基礎研究がスタートしています。1978年には唐ヶ崎─浜町間で、初めて光ファイバーケーブルを利用した、商用レベルでの現場実験を行っています。

 

その後、より広帯域・大容量の伝送方法として、日本縦貫光ファイバーケーブル伝送路(旭川─鹿児島間)を構築して、加入者光ファイバーケーブルの開発へとシフトします。1984年には加入者光ファイバーケーブルとして最初の試みである、FTTHトライアルを実施しています。

 

NTT東西が全国に敷設を進めてきた、光ファイバーケーブル回線が「フレッツ光」です。

 

既存の回線を利用しないため、全く新しく光ファイバーケーブルを全国に敷設するのは、莫大な資本必要になり、回線をエリアに巡らせるのには、既存の電柱の利用も必要になります。

 

各地の電力会社やケーブルテレビは電柱を既に利用していることから、光ファイバーケーブルの敷設は可能ですが、エリアが限定されていて全国展開は事実上出来ません。

 

KDDI(au)もNTTグループに続くシェアですが、実際に敷設した光ファイバーケーブルのエリアは限られていて、大半のエリアはNTTの光ファイバーケーブルを使用していて、「ダークファイバー」と呼ばれる、NTTで使われていない部分を利用しています。

 

SoftBankが展開する光回線サービスのソフトバンク光は、NTTの光回線フレッツ光を利用した光コラボです。NURO光を売り出し中のソニーネットワークコミュニケーションズも、KDDIと同様にNTTの敷設した光ファイバーケーブルで、ダークファイバーを利用しています。

 

ICT市場専門のリサーチ会社、株式会社MM総研の2020年9月発表のデータによれば(下図の左側の円グラフです)全国的に広く普及しているのは、NTTグループ(NTT東日本+NTT西日本)であり、そのシェアは半数を大きく超える7割弱に達しています。

 

 

(出典:MM総研

 

 

2003年頃から本格的な普及が始まり、2020年9月の時点での光回線総加入者数は、3,410万4000件になっています。

 

フレッツ光が利用出来る場所

光回線「フレッツ光」は、全国にサービスを展開しています。

 

マンション集合住宅では、共有スペースまで光回線が引き込まれていないと利用出来ませんが、多くのマンションには「フレッツ光」が引き込まれている建物が多く有ります。

 

戸建ての場合は、光ファイバーケーブル回線が近所まで来ている事が前提になります。

 

NTT西日本エリア

 

富山県 / 石川県 / 福井県 / 岐阜県 / 静岡県 / 愛知県 / 三重県 / 滋賀県 / 京都府 / 大阪府 / 兵庫県 / 奈良県 / 和歌山県 / 鳥取県 / 島根県 / 岡山県 / 広島県 / 山口県 / 徳島県 / 香川県 / 愛媛県 / 高知県 / 福岡県 / 佐賀県 / 長崎県 / 熊本県 / 大分県 / 宮崎県 / 鹿児島県 / 沖縄県

 

NTT西日本 対象エリア検索

 

お住まいの住所で御確認ください。

 

東日本エリアの方は、NTT東日本 対象エリア検索で御確認ください。

 

フレッツ光の利用方法は2タイプ

「フレッツ光」を利用する事で、インターネットを使う以外に、日本国内どこへかけても通話料が一律な「ひかり電話」など、色々なオプションを選択できます。

 

「フレッツ光」でインターネットを使う前提として、接続業者プロバイダとの契約が必要になります。回線利用費はNTT東日本・西日本に支払い、接続料をプロバイダへ支払います。インターネットを利用するユーザーは、「フレッツ光」+「プロバイダ契約」と2箇所で契約を結びます。

 

 

出典:NTT西日本*一部改変

 

しかし、ユーザーの利便性や国の意向も有り、NTT東西は、フレッツ光回線の卸業務への移行へと方向転換をします。

 

NTTは光回線の卸事業へ注力して、卸し提供を受けたプロバイダを中心とした事業者が、プロバイダ機能と回線をワンセットにしたサービスを提供する「光コラボ」が、2015年2月から開始されました。

 

 

出典:NTT西日本*一部改変

 

個人の契約は「光コラボ」・法人の契約は「フレッツ光+プロバイダ契約」が主流です。「フレッツ光」の法人契約は、法人格が無い個人事業主や店舗・SOHOでも契約が可能で、会社の登記は必要ありません。

 

逆に、法人の代表者個人が「光コラボ」の契約をすることも可能です。加入のキャンペーン特典は、個人限定が「光コラボ」・法人限定が「フレッツ光+プロバイダ契約」になっている事が大半です。

 

費用を比較した場合、同じプロバイダを利用するのであっても「光コラボ」の方が「フレッツ光+プロバイダ契約」よりも安くなります。企業の多くが法人契約にするのは、「フレッツ光」が法人契約限定で以下のサービスを展開しているからです。

 

経費として計上し易い

フレッツ光は法人契約の場合、請求書での支払いが可能になります。

 

会社や事業の経費として税務計上する場合には、請求書と支払い領収書が必要になります。

 

コラボ光やフレッツ光でも個人契約の場合には、クレジットカードでの支払いが一般的で、請求書・領収書の発行が有りません。

 

24時間サポートが受けられる

フレッツ光の法人契約では、24時間サポートが受けられるオプションサービスが有ります。

 

個人契約の通常保守は9時から17時の日中保守ですが、法人契約の場合はオプション加入で夜間や早朝を問わず、不具合があればフレッツ光の業者が駆けつけてくれて、対応が受けられます。ビジネスを止めません。

 

固定IPの利用

フレッツ光の法人契約では、選ぶプロバイダによって固定IPの利用が可能です。

 

固定IPとは、インターネット上の住所が固定される事を意味します。個人契約の場合は、接続する度にIPアドレスが割り振られて変わります。

 

通常のネット閲覧をするだけなら、IPアドレスを固定するメリットは有りませんが、社外から社内のサーバーにアクセスする場合や自社サーバーでホームページの構築等、自社サーバーを運営する場合には固定IPが必要になります。

 

VPNの利用

VPN(Virtual Private Network)は、仮想の専用回線構築です。データが暗号化されることでセキュリティが大きく高まり、社外から社内ネットワークに安全に接続するテレワークにも必須の機能です。

 

同時接続機器の台数

フレッツ光の個人契約では、端末の接続台数は10台までが推奨されています。法人契約のオプション契約(NTT東日本ではフレッツ光ネクスト プライオ1やフレッツ光ネクスト プライオ10・NTT西日本ではフレッツ光ネクスト ビジネスタイプ)を結べば、同時接続台数に制限が無くなります。

 

法人の契約は「フレッツ光+プロバイダ契約」

 

「フレッツ光」の申込みNTT西日本のサイトでは、キャッシュバックキャンペーンを行っていません。しかし、フレッツ光の法人契約は、正規代理店サイトで契約すれば、キャッシュバックが受けられます。

 

フレッツ光キャンペーン一覧 NTT西日本エリア
【NTT西日本エリア】フレッツ光のキャンペーン一覧。当サイトならキャッシュバックまたは豪華特典と選べるキャンペーンに加え、NTT西日本公式キャンペーンとも併用が可能!商品特典には新品パソコンや人気タブレットにPS4や任天堂スイッチなどの最新ゲーム機も!他にはない機器特典を多数ご用意♪

 

東日本の料金と比較すると、西日本の提供するフレッツ光料金は概ね安くなっています。

 

フレッツ光ネクスト料金

 

戸建てタイプ

1・2年目 月額4,730円 3年目以降 月額4,521円

 

マンション集合住宅タイプ

同じマンション集合住宅で、何世帯が利用するかで料金が変わってきます。

 

プラン1では8ユーザー以上・プラン2では16ユーザー以上(ただし、管理組合やオーナーなどの代表者から申込みが必要です)・ミニでは6ユーザー以上

 

マンションの各戸への接続方式で料金が変わります。

 

光回線方式とVDSL方式の月額料金です。

 

プラン1 1・2年目 月額3,575円 3年目以降 3,388円

プラン2 1・2年目 月額3,135円 3年目以降 2,948円

ミニ    1・2年目 月額4,345円 3年目以降 4,029円

 

LAN方式の月額料金です。

 

プラン1 1・2年目 月額2,915円 3年目以降 2,728円

プラン2 1・2年目 月額2,475円 3年目以降 2,288円

ミニ    1・2年目 月額3,685円 3年目以降 3,432円

 

2年単位の自動更新「光はじめ割」を適用した金額です。解約月以外の解約は違約金が発生します。

 

インターネットの利用には、フレッツ光の料金に加えてプロバイダ料金が掛かります。代表的なプロバイダをご紹介します。

 

@TCOM

大手速度測定ソフト(株式会社イードの運営しているRBBスピードテスト)において5年連続最優秀賞を受賞しています。

 

@TCOM月額料金

 

マンション集合住宅 1,320円

 

24ヵ月以内の解約時には、違約金が掛かります。

24ヵ月以降は、解約時に違約金は掛かりません。

 

戸建て       1,320円

 

24ヵ月以内の解約時には、違約金が掛かります。更新月以外は、違約金が掛かります。

 

Yahoo! BB

 

ソフトバンクグループが運営していて、Yahoo!コンテンツの特典やサービスが充実しています。

 

Yahoo! BB月額料金

マンション集合住宅 1,045円

 

24ヵ月以内の解約時には、違約金が掛かります。更新月以外は、違約金が掛かります。

 

戸建て       1,320円

 

24ヵ月以内の解約時には、違約金が掛かります。

更新月以外は、違約金が掛かります。

 

USEN NET

 

法人・店舗・事業者を意識したオプションが用意されています。

 

USEN NET月額料金

1,408円

 

24ヵ月以内の解約時には、違約金が掛かります。

24ヵ月以降は、解約時に違約金は掛かりません。

 

OCN

 

NTTグループが提供するプロバイダで、技術力が有り人気が有ります。

 

OCN月額料金

マンション集合住宅 990円

 

24ヵ月以内の解約時には、違約金が掛かります。更新月以外は、違約金が掛かります。

 

戸建て       1,210円

 

24ヵ月以内の解約時には、違約金が掛かります。更新月以外は、違約金が掛かります。

 

個人の契約は「光コラボ」にオンライン専用新プランを組み合わせて節約

一般家庭に光回線を導入するなら、利用するスマートフォンのプラン見直しを行いましょう。自宅に光回線でWi-Fiを利用するようになれば、外出時のみ携帯電話会社の回線を利用するスタイルになるため、大容量プランの継続は不要です。

 

以前は、光コラボでスマートフォンの「セット割」が通信費全体の費用節約に有効でしたが、2021年春以降に登場したキャリアのオンライン専用プランでは、「セット割」対象外のため積極的に選ぶ理由にはなりません。

 

格安SIMとは異なり、キャリア回線をそのまま利用するのに、20GBで月額3,000円以下になるahamo・povo・LINEMOと、価格的やサービス的にメリットの有る「光コラボ」との組み合わせで、大きく通信費全体の費用節約に繋がります。

 

3GBのプランも登場しています。

 

スマホ容量月額料金セット割割引き後
povo3GB990円0円990円
LINEMO3GB990円0円990円

 

LINEMOは従来からあるスタイルの月に3GB容量プランですが、povoはインターネットを利用する時にだけトッピングと呼ばれるオプションを追加するスタイルで、3GB(1ヵ月の期限)の費用が990円です。インターネットを利用しない場合の費用は0円(180日間トッピングを全くしなかったり、通話SMS等で規定の料金に満たなかったりする場合に解約されるケースがあり、ずっと無料で維持出来るワケでは有りません)で、使う時だけオプションを追加する事を、メリットと感じるか?面倒くさいと感じるか?向き不向きがあります。

 

きっちりお得に利用したい方はpovo、手間無くお手軽にならLINEMOがオススメです。

 

 

(参考:LINEMO公式サイト)

 

オススメの「光コラボ」① 期間縛りと違約金が無い「ぷらら光」

 

「光コラボ」契約期間の「縛り」は、多くのサービスで条件になっています。

 

期間を継続したら後はフリーになるわけでは無く、解約月と呼ばれる契約期間終了月前後に解約しなければ、その後も同じ期間で自動的に契約が継続される事が大半です。契約期間に設定されている2年や3年後の解約月に解約しなければ、自動的に2年や3年間の新たな縛りが発生します。

 

しかし、携帯電話では「縛り」が撤廃の方向に動いており、「光コラボ」にもユーザーのニーズに応えて、通常価格とは別に縛り無しプランを設定しているサービスも有ります。

 

月額料金
マンション戸建て
ドコモ光(縛りなしプラン)5,500円7,370円
OCN光(縛り無しプラン)5,170円6,820円
ソフトバンク光(縛りなしプラン)5,390円6,930円
auひかり(縛りなしプラン)4,180円6,930円
NURO光(縛りなしプラン)7,836円7,836円
ぷらら光3,960円5,280円

 

「ぷらら光」は「縛り」の有るプランが最初から無く、月額料金は他社の安価に設定される「縛り有り」プランと比較しても最安級です。

 

ahamo・povo・LINEMO等の安価なプランは、光回線との組み合わせで安くなる「セット割」も対象外の代わりに、契約期間の縛りも有りません。「ぷらら光」と組み合わせる事で、何者にも縛られない自由な回線が安価に完成します。急な転居や引っ越しでも違約金が掛からず、撤去費用も掛かりません。

 

NTTグループのNTTぷらら株式会社が運営していて、グループの技術力・資本力・サポート力・バックボーンによる安心感が有り、自信を持ってオススメ出来ます。

 

オススメする理由は、縛りが無くて安価なだけでなく、他にもあります。

 

次世代規格のIPv6 IPoEに対応

回線品質や速度は、実際に利用するのに大切な要素です。

 

IPv6 IPoEとは?

ぷらら光は、次世代規格のIPv6 IPoE「ぷららV6エクスプレス」が標準対応です。

 

 

(出典:NTTPC公式サイト

 

従来からある通信方式は、PPPoEです。

 

PPPoEは、Point-to-Point Protocol over Ethernetの略で、電話回線の時代からある通信方式を、LANの規格であるイーサネットに対応させたものです。

 

これに対し、新しい通信方式が、IPoEです。

 

IPoE は、IP over Ethernetの略で、当初からLAN規格(イーサネット)の利用を前提として構築されています。

 

同じ回線を使っても、理論上の通信速度はPPPoEよりもIPoEの方が、10倍速くなります。

 

従来の「IPv4 PPPoE」を使った接続方式がもたらす、プロバイダのネットワーク終焉装置がボトルネックになっている状態を、次世代規格のIPv6 IPoEを使う事で、ネットワーク終焉装置を経由が無くなり、最大理論値の速度に近づける事が可能になります。

 

実際の回線速度の差

ぷらら光は、フレッツ光回線を利用しています。

 

みんなのネット回線速度にある、直近3ヶ月に計測された44,522件のPPPoE方式のフレッツ光回線、178,214件のIPoE方式のフレッツ光回線の測定結果から平均値は、以下の通りです。

 

PPPoE方式のフレッツ光回線の平均値

平均Ping値: 35.36ms

平均ダウンロード速度: 180.22Mbps

平均アップロード速度: 175.08Mbps

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓これだけ数値が変わります↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

IPoE方式のフレッツ光回線の平均値

平均Ping値: 25.78ms

平均ダウンロード速度: 324.33Mbps

平均アップロード速度: 221.75Mbps

 

技術力に裏付けされた、安定した回線品質が「ぷらら光」が選ばれる理由の一つです。

 

WiFiルーターのレンタルが標準装備

 

前述の新世代技術「ぷららV6エクスプレス」に対応したWiFiルーターのレンタルが、無料で出来ます。対応ルーターを探して入手する手間も費用も掛からず、誰でも新技術を簡単に享受出来ます。(申し込み後にマイページから申し込むと、自宅に発送されます)

 

このルーターは、Wi-Fiを飛ばす機能を当然備えていて、安定した光回線を利用したWi-Fi接続が使えるので、タブレットやゲーム機、スマートフォン等を快適に利用出来ます。

 

ひかりTV

 

本格的な視聴には専用のチューナーが必要ですが、「ひかりTVエントリープラン」が無料で使えます。

 

映画・ドラマ・アニメなど幅広いジャンルで、20,000本以上のビデオ作品がオンデマンドで見放題です。スマートフォン・タブレット・パソコンで、視聴することが出来ます。

 

地上デジタル放送・BSデジタル放送・BS4Kデジタル放送の他、幅広いチャンネルに対応した「ひかりTV」の月額料金から、毎月660円の割引きが受けられます。

 

インターネットとの合計料金で割引き後は、マンション集合住宅では4,950円から・戸建てでは6,270円から利用する事が出来ます。

 

https://p-hikari.net/campaign/

 

オススメの「光コラボ」② キャンペーン充実の「@TCOMヒカリ」

 

@TCOMヒカリは自社データセンターを保有し、自社光ファイバーケーブルを運用するなど、単にプロバイダとしてだけで無く、豊富な技術力が有り人気があります。

 

@TCOMヒカリの月額料金は、一戸建てタイプで5,610円・マンションタイプで4,180円です。

 

@TCOMヒカリをオススメする理由も沢山有ります。

 

工事費無料

 

(出典:@TCOMヒカリ新規受付サイト)

 

光回線の導入には工事が必要で、実際に技術者や工事業者が動く為、工事費が掛かります。@TCOMヒカリの場合、最大19,800円の工事費が掛かりますが、工事費が無料になるキャンペーンを行っています。

 

キャッシュバック

 

新規契約だけのオプション無しで、戸建てタイプ30,000円・マンション集合住宅タイプで27,000円のキャッシュバックが受けられるキャンペーンを行っています。

 

Wi-Fiが使える無線Wi-Fiルーターを選ぶ事も出来ます。

 

12ヵ月の間、月額料金割引

 

契約から12ヵ月間、月額料金が割り引かれます。

 

戸建てタイプで5,610円が12ヵ月間は4,290円になり、マンション集合住宅タイプでは、4,180円が12ヵ月間は3,190円になります。

 

キャッシュバックまで考慮すれば、戸建てタイプの12ヵ月間の月額料金は実質1,790円で、マンション集合住宅タイプは940円になります。

 

au回線のスマホ利用中ならお得に

現在auのスマホやUQmobileのスマホをお使いなら、「auスマートバリュー」か「自宅セット割」が利用出来ます。

 

 

(出典:UQ mobile公式サイト

 

 

1台あたり毎月割引きが受けられ、お得になります。家族で利用していれば、大きなメリットになります。

 

格安SIM「LIBMO」がお得に使える

 

(参考:LIBMO公式サイト

 

データ容量データ+音声通話+SMSデータ+音声通話+SMS
+10分かけ放題
@T COMヒカリ
月額割引額
1GBプラン1,078円(税抜980円)2,013円(税抜1,830円)110円(税抜100円)/月割引
5GBプラン1,518円(税抜1,380円)2,453円(税抜2,230円)110円(税抜100円)/月割引
20GBプラン1,991円(税抜1,810円)2,926円(税抜2,660円)220円(税抜200円)/月割引
30GBプラン2,728円(税抜2,480円)3,663円(税抜3,330円)330円(税抜300円)/月割引

 

キャリアのオンライン専用プランは、細かい容量プランの設定をしていません。たとえばLINEMOの容量3GBで不足する場合、20GBを選択するしか有りませんが、LIBMOでは5GBプランを用意しています。20GBのプランでも、ahamo・povo・LINEMOよりも安価になります。格安SIMでは珍しい、30GBプランも用意されています。

 

@TCOMヒカリと併せて利用する事で、最大330円の割引きが受けられます。

 

https://t-hikari.com/campaign/

 

タイトルとURLをコピーしました