光回線のおすすめキャンペーンはどれ?人気の12社を徹底比較

光回線

「光回線のキャッシュバックキャンペーンはどれがおすすめ?」

「光回線を選ぶ基準がわからない」

「おすすめの光回線があれば知りたいな」



こんなことをお考えではないでしょうか。光コラボをはじめ主要な光回線事業者は20社以上もあるので、どのキャンペーンがお得になるか、わかりづらいものです。



キャッシュバック金額が多いからといって、初期費用や月額料金を含めて考えると、どの光回線がお得に契約できるか、プランも複雑なので混乱します。


そこでこの記事では、以下のことを解説します。

 

・お得に契約できる光回線を選ぶコツ
・人気の光回線12社のキャンペーンや月額料金を比較
・キャンペーンが豊富で実質料金が安いおすすめの光回線



「キャンペーンがお得で安い光回線と契約したい」と考えている方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

 

お得に契約できる光回線を選ぶ3つのコツ

お得に光回線を選ぶコツについて以下3つの項目に分けて、解説していきます。



1.キャッシュバック・初期費用・月額料金を含めた実質料金で比較する

2.光回線とスマホのセット割を活用する

3.キャッシュバックや割引が豊富な代理店や窓口から申し込む

 


これから光回線の契約を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

キャッシュバック・初期費用・月額料金を含めた実質料金で比較する

キャッシュバック・初期費用・月額料金を含めた実質料金で比較すると、契約期間で最もお得な光回線がわかります。



高額なキャッシュバックキャンペーンを用意している光回線事業者は、最大8万円以上のキャッシュバックを紹介する代理店もあるので、パッとみたときお得に感じるかもしれません。しかし、月額料金や初期費用も含めて考えたとき、長期契約すると安くなる光回線事業者もあります。

 

キャッシュバックキャンペーンだけでなく、初期費用や月額料金も含めた、実質料金で光回線を選びましょう。

 

光回線とスマホのセット割を活用する

光回線とスマホのセット割を活用しましょう。毎月のスマホ代の支払が安くなり、光回線を含めたご家庭の通信費を安く抑えられるからです。



たとえば、光回線のソフトバンク光は、ソフトバンクやワイモバイルと契約すると「おうち割光セット」のセット割が適用されます。家族1人あたりのスマホ代から、1,188円割引されるので、家族が多いご家庭ほど割引額が多くなります。



光回線によって、セット割が使えるスマホが違うので、事業者を選ぶ1つの基準となります。光回線を選ぶときは、スマホとのセット割も積極的に活用しましょう。

 

キャッシュバックや割引が豊富な代理店や窓口から申し込む

キャッシュバックや割引が豊富な、代理店や窓口から申し込みましょう。代理店や店舗によって、キャッシュバック金額が違ったり、キャンペーン商品が貰えたりするからです。


キャッシュバックが多い代理店では、最大8万円以上の金額を用意していたり、光回線を他社から乗り換えたときの費用を負担してくれたりします。



本記事でも安く契約できるおすすめの光回線と、申し込み窓口を紹介していますので、ぜひ最後までお読みください。

 

光回線12社の料金・工事費・キャッシュバックを徹底比較

人気のある光回線12社の月額料金や工事費、実質料金、セット割が使えるスマホについて表にまとめました。



キャッシュバック金額は、新規契約としてWebサイトから申し込んだ場合の金額です。工事費用は、各申し込みサイトの新規工事費を参考にしています。また実質料金は「(月額料金 x 契約月 + 工事費 − キャッシュバック)÷ 契約月」で1ヶ月あたりの金額を計算しました。

 

光回線12社の比較表

 

光回線キャッシュバック月額料金工事費実質料金セット割引
@TCOMヒカリ戸建て30,000円
月額15,840円割引
マンション27,000円
月額11,880円割引
(12ヶ月間割)
戸建て 4,290円
マンション 3,190円
(13ヶ月以降)
戸建て 5,610円
マンション 4,180円
無料戸建て3,700円
マンション 2,560円
(2年更新)
au
LIBMO
UQモバイル
ぷらら光40,000円戸建て 5,280円
マンション 3,960円
戸建て19,800円
マンション 16,500円
戸建て 4,521円
マンション 3,064円
(2年で試算)
(契約期間なし)
なし
(ひかりTV)
OCN光5,000円戸建て 5,610円
マンション 3,960円
戸建て19,800円
マンション 16,500円
戸建て 6,226円
マンション 4,439円
(2年更新)
OCNモバイルONE
ソフトバンク光25,000円戸建て 5,720円
マンション 4,180円
無料
(乗換の場合)
戸建て 4,470円
マンション 2,930円
(2年更新)
SoftBank
ワイモバイル
ドコモ光20,000円戸建て 5,720円
マンション 4,400円
無料
(24回払い)
戸建て 4,646円
マンション 3,189円
(2年更新)
docomo
auひかり40,000円戸建て 5,610円
マンション 4,180円(V16)
無料
(24回払い)
戸建て 4,492円
マンション 2,622円
(2年更新)
au
UQモバイル
楽天ひかり月額26,400円割引
(モバイル加入者は1年無料)
戸建て 5,280円
マンション 4,180円
戸建て19,800円
マンション 16,500円
戸建て 5,096円
マンション 3,905円
(3年契約)
なし
楽天モバイル
ビッグローブ光20,000円戸建て 5,478円
マンション 4,378円
無料戸建て 4,783円
マンション 3,683円
(3年契約)
au
BIGLOBEモバイル
UQモバイル
NURO光45,000円戸建て / マンション
5,200円
無料
(3年契約)
戸建て / マンション
3,950円
(3年契約)
SoftBank
So-net光プラス60,000円戸建て 6,138円
マンション 4,928円
無料
(3年契約)
戸建て 4,471円
マンション 3,261円
(3年契約)
au
UQモバイル
@nifty光22,000円
月額 戸建て
27,060円割引
マンション
22,550円割引
戸建て 5,720円
マンション 4,378円
戸建て19,800円
マンション 16,500円
戸建て 4,907円
マンション 3,598円
(3年契約)
au
UQモバイル
AsahiNet光戸建て 13,920円割引
マンション 9,120円割引
戸建て 5,698円
マンション 4,235円
無料
(2年契約)
戸建て 5,060円
マンション 4,070円
(2年契約)
なし

 

光回線によって、キャッシュバック金額や工事費が無料になる事業者もあるので、実質金額からお得な事業者を判断しましょう。



契約期間中の実質金額が安くても、もともとの月額料金が高い場合、契約終了後に月額料金は高くなります。10年以上の長期契約を考えた場合、月額料金の安さを考慮すれば、コストパフォーマンスは高く利用可能です。



また、各社によって対象のスマホとセット割が適用されます。サービスによって、割引額は1,000円以上になるので、お持ちのスマホとのセット割も検討してみてください。

 

キャンペーンが豊富で実質料金の安いおすすめの光回線3社を紹介

本記事でおすすめする、キャンペーンが豊富で実質料金の安い光回線は、以下の3社です。

 

・おすすめの光回線①@TCOMヒカリ

・おすすめの光回線②ぷらら光

・おすすめの光回線③ソフトバンク光

 


それぞれ順番に説明しますので、光回線を選ぶときの参考にしてみてください。

 

おすすめの光回線① @TCOMヒカリ

 

@TCOMヒカリは、新規工事無料で12ヶ月の月額料金が割引で利用できるため、実質料金が安くおすすめの光回線です。



戸建ての月額料金は5,610円で、マンションは 4,180円となります。2年自動更新プランの「2年バリューパック」と契約すると、最初の12ヶ月は戸建て4,290円、マンションは3,190円で、工事費も無料になるので、格安で利用可能となります!



追加オプションの利用なしで30,000円のキャッシュバック(他社転用、事業者変更は2,5000円)を受けられ、初回事務手数料も無料で契約可能です。

 

@T COM(アットティーコム)ヒカリ キャッシュバック
TOKAIコミュニケーションズ提供の光コラボレーションモデル「@T COM(アットティーコム)ヒカリ」の戸建て(ファミリー)、マンションタイプの月額料金・サービス内容。ただいまお得なキャッシュバックキャンペーン実施中!



2年間の実質料金は、戸建て3,700円、マンション2,560円と他社回線と比較しても安くなります。


通信速度も安定していて、月額220円で高速通信が期待できるIPoE(IPv6)接続が利用可能。IPoE(IPv6)接続の費用は、ヒカリ電話と契約すると無料です。



@TCOMヒカリとセット割引が対応するモバイル会社は、以下の3社となります。


・au

・LIBMO

・UQモバイル



LIBMOのセット割は、5契約まで月額利用料が220円割引となります。auスマホやタブレットと契約している方は「auスマートバリュー」の割引対象となり、月額最大で1,100円の割引です。ただし、auスマートバリューは、ヒカリ電話の契約が別途必要です。

 

 

(出典:LIBMO公式サイト)



UQモバイルは「自宅セット」が適用になるので、くりこしプランS(3GB)なら月額990円と格安でスマホを利用できます。

 

 

(出典:UQ mobile公式サイト



光回線のみの実質料金も安く、スマホとのセット割も含めた料金の安さから、@TCOMヒカリはおすすめの光回線です。

 

おすすめの光回線② ぷらら光

 

ぷらら光は月額料金が安い光回線です。戸建て5,280円、マンション3,960円となり、他社光回線と比較して月額料金が安くなるので、長期で契約するとコストパフォーマンスが高くなります。

 

スマホとのセット割はありませんが、ahamoやLINEMO、povoなどオンライン専用のセット割のないスマホと契約している方は、とくにおすすめです。



通信も安定していて、IPoE IPv6接続が無料で使えます。今ならキャンペーンを利用して、WiFiルーターのレンタルが永年無料になり、長く使えば使うほどお得な光回線です。

 

https://p-hikari.net/campaign/cashback.html

 


ぷらら光とひかりTVのセット割を適用すると、ひかりTVを月額990円で利用できるので、ひかりTVの契約を考えている方は割引を使ってお得に契約できます。

 

おすすめの光回線③ ソフトバンク光

 

ソフトバンクスマホやワイモバイルと契約している方は、セット割引がお得なソフトバンク光がおすすめです。

 

月額料金は戸建て5,720円、マンション 4,180円です。今なら新規契約時に、追加オプションなしで25,000円(他社転用、事業者変更は15,000円)のキャッシュバックを受け取れます!他にもパソコンやタブレット、液晶TVなどの割引販売やプレゼント特典が選べるので、特典が豪華なキャンペーンです。

 

ソフトバンク光キャンペーン一覧 | 豪華特典を最短2週間還元
SoftBank 光(ソフトバンク光)の新規加入で最大28,000円キャッシュバックまたは新品パソコン・タブレット・人気ゲーム機などの豪華特典♪と選べるキャンペーン実施中!ソフトバンクの公式キャンペーンとも併用可能でダブルでお得。

 

新設工事が必要な場合は26,400円が必要となりますが、他社からの乗り換えの場合、違約金などにかかる費用を最大10万円まで保障してくれます。



さらに、光回線の開設までの期間、無料でホームルーターもしくはモバイルルーターの貸し出しサービスを提供しています。光回線開通までの期間に、WiFi通信を利用できるのはお得です。

 

ソフトバンク光のセット割引は、ソフトバンク系列の以下2社が対象です。

 

・SoftBank

・ワイモバイル



セット割「おうち割光セット」の適応に必要な追加オプション(月額550円)を契約すると、スマホ1台1,188円の割引が適用となります。別居の家族にも適応され、家族が多いほど割引額が多くなるサービスです。

 

 

(出典:ワイモバイル公式サイト)

 

ソフトバンクスマホやワイモバイルと契約している方は、ぜひソフトバンク光の契約を検討してみてください。

 

【まとめ】実質料金を比較してお得な光回線と契約しよう

お得なキャンペーンを実施している光回線を探している方は、月額料金や初期費用も含めた実質料金で事業者を選ぶことがおすすめです。


お得に光回線と契約するコツは、以下の3つです。


1.キャッシュバック・初期費用・月額料金を含めた実質料金で比較する

2.光回線とスマホのセット割を活用する

3.キャッシュバックや割引が豊富な代理店や窓口から申し込む

 

また、人気の光回線12社のキャンペーンと実質料金の比較表を作ったので、本記事の内容を参考にしてみてください。



実質料金が安く、キャンペーンも豊富なおすすめの光回線3社は以下です。

 

・おすすめの光回線①@TCOMヒカリ

・おすすめの光回線②ぷらら光

・おすすめの光回線③ソフトバンク光

 

現在契約しているスマホとのセット割も考慮して光回線を選ぶと、通信費を安く抑えられます。



本記事を参考に、光回線の契約に役立ててください。

 

光コラボレーション | BBN
NTTフレッツ光の品質はNTT回線そのままに、価格を安くご利用するなら光コラボレーションが断然おトクです!

 

タイトルとURLをコピーしました