光回線を立ち合いなしの無派遣で工事するには?

光回線

光回線を立ち合いなし、無派遣で工事したいと考える方は多いと思います。

 

「日々の仕事が忙しく、工事の時に立ち会う時間を取れない」

「部屋が散らかっていて、片付ける時間が取れない」

「犬が吠えるから、家に人を入れたくない」

 

など、その理由は、ライフスタイルによってさまざまです。

 

光回線の工事は、配線を家まで繋げる必要があるため、基本的に宅内、屋外ともに工事が必要です。

 

しかし、すでに住宅内に光回線の設備がある場合は、契約する光回線の種類によっては立ち合いなしの工事ができる可能性があります。

 

マンション(集合住宅)と戸建てで、無派遣工事ができるかの確認方法が違うので、それぞれ説明していきます。

 

マンションの場合は、現在建物に導入されている光回線をチェック

そもそも、光回線にはフレッツ光光コラボNURO光auひかり、関西電力系 eo光などいくつかの種類がありますが、マンションなどの集合住宅で利用するには、建物に、その光回線のサービスが導入されている必要があります。

 

もし光回線の設備が導入されていない場合は、立ち合いなしの工事はできず、マンションの管理会社や大家さんの許可がでないと工事すらもできません。

 

一般的に、ある程度の規模のマンション(16戸以上のマンション)にはいずれかの光回線が導入されていることが多いので、きちんと確認する必要があります。

 

マンションによっては、1種類の光回線だけでなく、複数種類の光回線設備が導入されているところもあります。

 

看板や掲示板に書いてあることだけで早とちりせずに、その集合住宅の管理組合や管理会社に問い合わせるか、光回線サービスの公式の検索サイトから調べて確認するようにしましょう。

 

NTT東日本 エリア検索

 

https://flets.com/app2/cao/

 

NTT西日本 エリア検索

 

フレッツ公式|エリア確認

 

NURO光公式 エリア検索

 

(出典:NURO光公式)

 

auひかり公式 エリア検索

 

(参考:So-net auひかり公式)

 

関西電力系 光回線 eo光 エリア検索

 

(出典:eo光公式)

 

マンションで光回線を無派遣の工事で導入できないケース

マンションで光回線を立ち合いなしで工事できないケースとしては、利用を考えている光回線の設備がマンションに備わってない場合です。

 

例えば、フレッツ光で使われている光回線と、NURO光で使われている光回線は違います。

 

なので、フレッツ光の設備はあるけど、NURO光の設備はないマンションに対して、無派遣でNURO光の工事をしてほしいとお願いした場合、新たに対応した光回線を引く工事をしないことには、利用不可能なことは理解できると思います。

 

マンションで光回線を無派遣工事で導入できる可能性があるケース

では、同じ名前の光回線しか使えないの?と思う方もいるかもしれませんが、そうではありません。

 

フレッツ光で使われている光回線と、ドコモ光」「ソフトバンク光」「ビッグローブ光」「@TCOMヒカリ」「ニフティ光」などの光コラボと呼ばれる回線は、同じ光回線が使われています。

 

 

 

フレッツ光の配線で光コラボも利用可能

先述したとおり、フレッツ光が集合住宅に導入されていれば、フレッツ光のコラボレーションモデルである「光コラボ」も利用することが可能です。

 

光コラボレーション | BBN
NTTフレッツ光の品質はNTT回線そのままに、価格を安くご利用するなら光コラボレーションが断然おトクです!

 

光回線の中でも全国的にサービスを展開し、もっとも数多く集合住宅に導入されている光回線は、NTTのフレッツ光の回線ですし、実際マンションのフレッツ光の回線を、光コラボで使っている方は大勢いらっしゃいます。

 

乗り換えようと考えている光回線が、もし今あげたような光コラボの場合で、マンションにフレッツ光の配線が通っている場合は、無派遣で工事ができる可能性があります。

 

戸建ての場合は、現在もしくは過去に使用している光回線を確認

戸建ての方で、光回線を立ち合いなしで工事したい場合、マンションと同じように、現在の住居にどの光回線の設備があるかを確認しておく必要があります。

 

これは、自分で契約した光回線に限らず、前に住んでいた人が使っていた光回線の設備も対象になります。

 

なので、賃貸物件や中古物件に引っ越されてきた場合、過去に契約したことがない光回線でも、同じ設備が残っていれば無派遣で工事できるケースがあります。

 

戸建てで無派遣で工事することができないケース

戸建てで立ち合いなしで工事することができないケースとしては、マンションと同様、利用を考えている光回線の設備がお家に備わってない場合です。

 

これは、今まで光回線を使ってこなかった方や、新築などそもそも工事をしていない方が当てはまります。

 

まだ光回線を引いたことがない住宅の場合、家まで光回線を引く工事と、宅内に引き込む工事が必要になりますので、立ち合いなしや無派遣で光回線を引くことは不可能です。

 

マンションで光回線を立ち合いすることなく、無派遣で工事を済ませるためには

ご自身の住むマンションに、フレッツ光回線などの同じ設備が導入されていることがわかっても、それだけで立ち合いなしや無派遣で工事できるとは限りません。

 

なので、現在の住居に備わっている設備を理解し、知識を身につけた上で、光回線の事業者と話し合う必要があります。

 

まず、工事の立ち合いなしの無派遣工事ができる可能性があるのは、フレッツ光の場合だと以下の3つの配線方式の場合となります。

 

  • 光配線方式で部屋に既に光コンセントが設置されている場合
  • VDSL方式で導入されている場合
  • LAN配線方式で導入されている場合

 

それぞれの見分け方と、無派遣工事をするポイントについて説明していきます。

 

光配線方式

居住しているマンションが比較的新しい場合は、ほとんどこの配線方式が採用されています。

 

現在ある中でもっとも安定していて、通信速度も速いとされている配線方式です。

 

光回線の速度は1Gbpsが多いですが、光配線方式だと理論上安定して1Gbpsの速度が出ます。

 

見分け方としては、部屋の中に、「光」と書いた差し込み口があるような「光コンセント」があるかを確認してください。

 

 

(出典:ソフトバンク光公式)

 

もし光コンセントがある場合は、光配線の設備が導入されている可能性が高いです。

 

また、光コンセントがあったとしても、配線が通っていない場合など、立ち合いなしの工事ができない可能性があるので注意が必要です。

 

LAN配線方式

少し前に建てられたマンションや集合住宅に多いのがLAN配線方式です。

 

 

(出典:NTT東日本公式)

 

この方式の場合、通信速度は配線されているLANケーブルに依存するため、比較的新しい建物の場合は1Gbpsの速い速度が出ることもありますが、古い建物だとその十分の一の100Mbps(0.1Gbps)しかでないケースもあります。

 

見分け方としては、部屋にパソコンやWi-Fiのルーターを繋げるようなLANポートのみが備えられているかどうかを確認してください。

 

そのLANポートから、LANケーブルを使ってWi-Fiやパソコンの機械に繋ぐことができる場合、LAN配線方式となります。

 

また、LANケーブルが断線してしまっている場合は無派遣工事ができない場合がございますので、通信事業者に確認するようにしましょう。

 

もし、「立ち合いなしの工事をして速い速度で使えなかったらどうしよう」と不安になる方は、光配線方式の工事をしてもらうことをおすすめします。

 

VDSL方式

比較的古い建物に多いのがVDSL方式です。電話用のモジュラージャックから、ネット回線を使うためのVDSL宅内装置を経由して、有線や無線のルーターに接続します。

 

 

(出典:NTT東日本公式)

 

この方式の場合、いくら光回線の速度が1Gbpsきていようと、使うときの最大の速度は100Mbps(0.1Gbps)になってしまう場合が多いです。

 

また、居住者が多いマンションの場合、同時に使用する人が多くなる夜の時間帯などは、さらに速度の制限がかかることがあります。

 

見分け方としては、光コンセントやLANポートはなく、電話機に繋ぐような差し込み口のみがあるかを確認してください。

 

VDSL方式でも、無派遣の工事をすることは可能ですので、簡単にインターネットの設備を自宅に導入できます。

 

戸建てで光回線を立ち合いすることなく、無派遣で工事を済ませるためには

戸建てで光回線を無派遣工事で済ませるためには、マンションの場合と同じように、自身の住居の状態を理解し、知識を身につけた上で、光回線の事業者と話し合う必要があります。

 

戸建て住宅で工事の立ち合いなしの無派遣工事ができる可能性があるのは、光コンセントが設置されている場合のみです。

 

残っている配線が使えるかどうかは、光回線の業者に聞いてみる必要があります。

 

無派遣の工事で安く使えるおすすめの光回線は?

いざ光回線を安いところで契約して、毎月の料金を下げようと思っても、工事日に立ち会わないといけなかったり、土日の工事日程が埋まっていて、平日に休みをとって工事をせざるをえない状態になったりすると、誰でもめんどくさいと思ってしまいます。

 

また、光回線を導入した後、使用するスマホのキャリアが変わったり、使う人が減ったりした際に、また乗り換える必要が出てくると、契約したプランより安い光回線が出てきて、もう一度工事の必要性が出てくる場合があります。

 

そんな時、工事を無派遣、立ち合いなしで契約を変更しやすい光回線として、以下の4つの項目に分けて説明いたします。

 

  • マンションの場合はフレッツ光を利用した光回線
  • 光コラボならコスパの高いOCN光
  • 光コラボならキャンペーン@TCOMヒカリ
  • 法人、個人事業主にはフレッツ光

 

マンションの場合はフレッツ光を利用した光回線

フレッツ光は、サービスエリアが全国で最も広く、マンションへの導入棟数が最も多い光回線です。

 

フレッツ光お申し込みサイト | BBN
NTTフレッツ光、光コラボのお得なキャンペーンお申し込みサイト。新品パソコン、タブレット、テレビ、PS4のプレゼントやキャッシュバックなど、公式割引&限定特典で最大9万円以上もおトクです。フレッツ光のお申し込みはブロードバンドナビへ

 

光回線を立ち合いなし、無派遣で工事を行える可能性が一番高いのはフレッツ光を利用した光回線です。フレッツ光がマンションに導入されていて、前述で説明した配線方式なら無派遣工事で比較的早く工事ができる可能性があります。

 

また、万が一導入に工事が必要であった場合も、次に変更する光回線が同じフレッツ光の回線を利用した光コラボ間であれば、次は無派遣の工事で自らにあった安いプランに乗り換えることも可能です。

 

光コラボレーション | BBN
NTTフレッツ光の品質はNTT回線そのままに、価格を安くご利用するなら光コラボレーションが断然おトクです!

 

光コラボならコスパの高い 「OCN光」

 

(出典:OCN光申込サイト)

 

NTTのグループ会社であるNTTレゾナント株式会社で、中核ブランドOCNの個人向けサービスを行っています。

 

世界有数の技術を持ちながら、OCN光は、光コラボでは最安値級の、一戸建てタイプで5,610円・マンションタイプで3,960円という価格設定で、非常に人気が有ります。

 

高品質の裏付けるバックボーン

 

プロバイダの通信品質に、バックボーンは大きな影響があります。

OCNは、世界的なTier1(ティア1) IPバックボーンを保有しています。

 

OCNは国内最大級のバックボーン
OCNは世界的なTier1IPバックボーン「NTTコミュニケーションズグローバルIPネットワーク」を世界レベルの技術陣が運用し、世界最高水準のインターネット接続サービスを提供しているため、国内最大級の品質と安心!

 

OCNのバックボーンは、世界でもトップクラスの太い道路だとお考えください。

 

OCNモバイルONEのセット割

 

(出典:OCNモバイルONE公式

 

光回線を導入したら、スマホを含めた自宅でのインターネット利用は、Wi-Fi環境で行う事になります。

そのため、自宅でスマホを動画視聴にどれだけ利用しても、契約プランのギガを消費しません。

 

外出時だけのギガ消費に合わせたプランが最適で、実際に利用している容量は、多くの場合月に3GB未満の方が大半です。それ以上利用する方でも、多くの方は7GB程度までの小容量プランで収まる事が大半です。

 

小容量プランは、格安SIMが3大キャリアに比べて大幅に安価になります。

格安SIMの「OCNモバイルONE」は、安価な月額料金がOCN光とのセット割で、更にコスパが良くなります。

 

通信容量/コース名月額料金セット割実質金額
500MB/月コース550円550円
1GB/月コース770円220円550円
3GB/月コース990円220円770円
6GB/月コース1,320円220円1,100円
10GB/月コース1,760円220円1,540円

 

500MBのコースを除いて、スマホ一台あたり毎月220円が「セット割」で割引されます。

最大で家族5人まで適用されます。

 

マンションで家族3人が、光回線にOCN光+3GBコースのOCNモバイルONEを利用した時の通信料トータル金額は、

 

3,960円(OCN光)+2,310円(OCNモバイルONE 3GB×3人分)=6,270円

 

で収まる計算になります。

 

OCN光では、キャッシュバックキャンペーンを行っています。

キャッシュバック特典の詳細は、以下をご覧下さい。

 

OCN 光キャッシュバック 最大 60,000円を現金還元!
【当サイト限定】OCN 光の新規契約または転用(フレッツ光からの乗り換え)・事業者変更(光コラボ間の乗り換え)で最大60,000円キャッシュバック!さらに希望者にはWi-Fiルーターをプレゼント♪OCN 光公式割引&当サイト限定キャッシュバックでお得に高速インターネットを始めよう!

 

光コラボならキャンペーン充実の「@TCOMヒカリ」

@TCOMヒカリは戸建てやマンションの方にもおすすめの光コラボです。

 

@T COM(アットティーコム)ヒカリ新規受付サイト
光回線(フレッツ光)とプロバイダ(@T COM(アットティーコム)がセットになった超高速の光インターネット「@T COM(アットティーコム)ヒカリ」なら月額3,850円(税込)~と低価格!さらに今なら初期費用もお得。

 

初期工事費無料、月額料金12ヵ月割引、最大50,000円のキャッシュバックもあり、キャンペーンも充実しています。

 

また、格安SIMの「LIMBO」の割引も受けられるので、スマホの料金も一緒に安くすることができます。

 

 

(出典:LIBMO公式サイト)

 

データ容量データ+音声通話+SMSデータ+音声通話+SMS
+10分かけ放題
@T COMヒカリ
月額割引額
3GBプラン980円(税抜891円)1,750円(税抜1,591円)220円(税抜200円)/月割引
8GBプラン1,518円(税抜1,380円)2,453円(税抜2,230円)220円(税抜200円)/月割引
20GBプラン1,991円(税抜1,810円)2,926円(税抜2,660円)220円(税抜200円)/月割引
30GBプラン2,728円(税抜2,480円)3,663円(税抜3,330円)220円(税抜200円)/月割引

 

 

@TCOMヒカリと組み合わせて利用する事で、スマホ1回線に対して220円の割引きが受けられます。光回線とスマートフォンを組み合わせて、長期に渡ってお得に利用できます。

 

法人や店舗経営などの個人事業主には「フレッツ光」

法人や個人事業主の方がインターネットを利用する場合はフレッツ光がおすすめです。

 

 

(出典:フレッツ光申込サイト)

 

事業をされている方がフレッツ光を契約するメリットとして以下の2つがあります。

 

  • 固定IPアドレスを利用できる
  • 請求書払いに変更できる

 

固定IPアドレスがあると、社外からでも社内のサーバーにアクセスできるなどビジネスの面でメリットも多いですし、請求書払いによって経理のタスクも減らすことができます。

 

また、そのほかにも手厚いオプションが充実していますので、チェックしてみてください。

 

フレッツ光キャンペーン一覧 NTT西日本エリア
【NTT西日本エリア】フレッツ光のキャンペーン一覧。当サイトならキャッシュバックまたは豪華特典と選べるキャンペーンに加え、NTT西日本公式キャンペーンとも併用が可能!商品特典には新品パソコンや人気タブレットにPS4や任天堂スイッチなどの最新ゲーム機も!他にはない機器特典を多数ご用意♪

 

フレッツ光キャンペーン一覧 NTT東日本エリア
【NTT東日本エリア】フレッツ光キャンペーン一覧。当サイトならキャッシュバックまたは豪華特典+NTT公式割引♪とキャンペーンの併用が可能!当サイト限定の豪華特典キャンペーンには新品パソコン・人気タブレット・PS4や任天堂スイッチなどの最新ゲーム機などおトクなキャンペーンが勢揃い!

 

提供エリア外や光回線が導入されていない建物、工事をしたくない場合は?

もしどうしても工事をせずにインターネットを使いたい場合は、ソフトバンクエアーやポケットWi-Fiを利用することをおすすめします。

 

ソフトバンクエアーは、工事不要で家のコンセントに刺すだけでWi-Fiが使えて、さらにおうちのでんわという固定電話のサービスも同じく工事不要で使えるサービスです。

 

 

(出典:ソフトバンクエアー申込サイト)

 

 

 

ポケットWi-Fiは、軽量なので家の中だけでなく、外にも持って行くことができるWi-Fiで、一人暮らしの方におすすめです。

 

 

(出典:クイックWiFi公式)

 

ただし、光回線に比べると速度は劣りますので、以下の三つの特徴に当てはまる場合は、工事をしてでも光回線を選ぶことも考える必要があります。

 

  • オンラインゲームをしている
  • Wi-Fiを家族みんなで使う
  • 動画配信サービスやyoutubeなどをよく見る

 

まとめ

光回線を立ち合いなし、無派遣で工事をするためには、ご自身が住んでいる場所にどの光回線の配線があるかどうかを確認した上で、その回線をそのまま使うことができるかを確認する必要がございます。

 

同じ回線の設備があったとしても、配線の不具合などで使えない場合や、古い設備による速度低下の場合もあるので注意が必要です。

 

また、もしフレッツ光の設備があるなら、光コラボを無派遣工事で導入できる可能性が高く、もし配線のない方で工事が必要な場合も、フレッツ光やコラボ光を利用すると、次に光回線を変える時に立ち合いなしで工事できる回線業者の選択肢を増やすことができます。

 

タイトルとURLをコピーしました