光回線は穴あけなしでも工事可能?壁に傷をつけずに工事できる事例を解説

光回線

光回線でインターネットを使いたいと思った時、気になることの一つに、「工事で家に傷がつかないか」があります。

 

また、賃貸の方は、家に傷がつく工事の場合は大家さんの許可がおりない方もいるため、「工事で穴あけがあるか」はなおさら気にするポイントでもあるでしょう。

 

そこで、当記事では光回線の工事の時、穴あけなしで工事できるケースやできないケース、比較的穴をあけずに済む光回線まで詳しく解説します。

 

この記事で事前に知識をつけておくことで、工事の際の不明点や不安が減り、最終的に穴あけ工事が必要であるのかに関わらず、納得して工事ができるようになります。

 

まず、工事不要で導入できるケースかどうか確認

過去に自宅で光回線を導入したことがある方や、光回線の設備があるマンションに住まれている方は、すでに工事が終了している設備で光回線を使える可能性があります。

 

この場合、そもそも工事自体が不要なので、穴あけが必要かどうか迷う以前の問題となります。

 

今から、工事不要のケースをマンション、戸建て別に簡単に説明していきます。

 

マンションで工事不要のケース

マンションで工事がいらないかどうかは、すでにそのマンションに光回線の設備が導入されているかによって決まります。

 

そのため、工事不要かどうかを確認するためには、契約しようと考えている回線と同じものが導入されているかを、マンションの管理組合や大家さん、または導入を検討している光回線の事業者に問い合わせして確認する必要があるでしょう。

 

日本全国に展開の光回線 フレッツ光

関東、東海、関西、北海道エリアに展開の光回線 NURO光

関西エリアや一部を除くエリアに展開の光回線 auひかり

関西エリアに展開の光回線 eo光

 

 

問い合わせをしなくても、光コンセントなどの回線設備が部屋にあれば、導入されているかは目視で判断できますが、回線が古かったり、断線して使えない場合もあるので注意が必要です。

 

 

また、全国で一番マンションへの導入棟数が多い光回線はフレッツ光となっています。

 

ご自身のマンションにフレッツ光回線の設備があれば、フレッツ光や料金を安くできる光コラボも工事不要で使える可能性が高いため、工事不要で安くしたい方はそちらもみて検討する必要があります。

 

 

 

戸建てで工事不要のケース

一方、戸建てで工事が入らないかどうかもマンションと同じく、すでに住居の中に光回線の設備が導入されているかで決まります。

 

そのため、新築など今まで光回線を使ったことがない方は、賃貸で前住んでいた人が光回線を使っていた場合を除いて、工事不要で光回線を導入することはできません。

 

もし、過去に光回線を使っていて、住居内に光コンセントなどの設備が残っている場合は、工事不要でできる可能性が高いので、契約を考えている通信事業者に確認してみましょう。

 

フレッツ光や光コラボを使用中で、契約先が同じ光コラボなら工事不要

戸建てやマンションに関わらず、現在フレッツ光や光コラボを使っている方は、その光回線を利用できますので、契約先が同じ回線のものであれば、工事不要で契約することができます。

 

 

 

加えていうとするならば、最初の工事でフレッツ光回線を導入すれば、これからのライフスタイルに合わせて、自分にあった光回線を光コラボから選べるので、工事の回数を大幅に減らすことも可能です。

 

壁に穴を空ける工事になる可能性があるのはどんな人?

工事不要のケースに該当しなかった方で、壁に穴をあける工事の可能性がある方は以下の通りです。

 

・新築や今まで光回線を使って来なかった方

・契約する光回線が今まで使っていた線と違う方

・既存の設備が使えないことがわかった方

・マンションで部屋に直接引き込む必要があると言われた方

 

前提として、マンションで穴を開ける工事が必要な方は、例外的に戸建てと同じ線の引き込み工事をする必要がある場合のみなのがほとんどです。また、戸建てで工事をする必要がある方は例外なく、壁に穴をあける工事になる可能性があるといえるでしょう。

 

抽象的になってしまいましたが、実際、穴をあけずに工事できるかは、工事業者が現場に行かないとわからない、なおかつ工事を始めないとわからない部分もあるので、工事前にご自身で穴あけが必要かどうかを判断するのはとても難しいからです。

 

ただし、穴をあけずに工事できる事例を理解しておくことで、工事業者との話し合いがスムーズになり、穴をあける場合も開けない場合も納得して受け入れられる準備をすることはできます。

 

光回線の工事で、穴をあけずに工事できる事例は主に3通り!

光回線で穴あけなしの工事ができるパターンとしては、以下の3つがあります。

 

・すでにある配管を通す

・エアコンダクトから通す

・その他の隙間から通す

 

まず基本的に、ほとんどの工事は配管を通すかエアコンダクトを利用して線を引き入れます。

 

 

出典:NTT東日本公式

 

光回線が導入されたばかりの頃と比べて、現在は技術も発展しており、外から家の中に穴をあけて通すことは滅多にありません。

 

それでも心配な方は、「穴をあけないで欲しい」と工事業者に伝えると、線を取り入れる経路を他で探すなど最大限の配慮をしてもらえますので、ちゃんと伝えることも大事です。

 

もちろん、工事業者が勝手に穴をあけることはなく、あける前にきちんと許可をとってからあけますので、伝えなければ勝手に穴が開くことはありませんが、伝えた方が工事がスムーズに進みます。

 

 

では、これから穴をあけずに工事ができるそれぞれの方法の説明と、その方法ができない場合について詳しく説明していきます。

 

穴あけなしで工事できる場合①:配管を通す

配管とは、電話線やドアホンなどの、すでに他の線の通り道が確保されている管を指します。そこに光ファイバーを通せる場合、穴をあけることなく工事をすることが可能です。

 

 

また、新築の場合でも配管が備わっている場合もあるので、詳しくは工事業者の方に確認してみてください。

 

配管を通せない場合

逆に配管を通せない場合として以下の理由がございます。

 

・配管がサビや汚れで詰まっている

・配管にすでにいろんな線が通っていて、新しい線を通せない

・配管の出口付近に障害物がある

 

どの理由も、工事を開始して配管の入り口の状態を目視で確認したり、実際に配管に線を通してみないとわからないことばかりです。

 

ケースごとに簡単に解説していきます。

 

配管がサビや汚れで詰まっている

築年数が古いお家だと、劣化や汚れで配管が詰まっている場合が多いです。昔の設備の名残りで、針金などが詰まっているケースもあります。

 

配管にすでにいろんな線が通っていて、新しい線を通せない

配管が綺麗だったとしても、すでに他の線が配管内を埋め尽くしていると通せません。

 

たとえば、家に穴をあけずに、地下に配管を通すポールを採用している住宅の場合、通せる線のスペースが限られているので、多くの線がすでに入っていると工事は困難を極めます。

 

配管の出口付近に障害物がある

また、配管の出口に障害物がある場合は工事をすることができません。

 

基本的に、光回線の工事は外から線を通すだけではなく、配管の出口に到達した線を工事員が機械に接続するための作業も含まれます。

 

そのため、配管の出口を含む壁際に、簡単には動かせないような大きな家具などがあり、動かすのが困難である場合、配管を使うことを諦めることになります。

 

基本的に、「光ファイバーは折り曲げてはいけない」と覚えておいてください。

 

そのため、急なカーブのある経路には通せないですし、糸のように合間を無理やりぬって通せるものではないので、その点を理解しながら工事業者と話し合うようにしましょう。

 

穴あけなしで工事できる場合②:エアコンダクトを通す

エアコンの室外機につながっている管から通せる場合、すでに空いている穴を使うので、新しく家に穴をあけることはございません。この場合、配線を壁に埋め込むこともできるので、きれいに収納することもできます。

 

 

ただし、エアコンのある部屋に限られてしまったり、エアコンを買い替えるときに邪魔になるため注意が必要です。

 

エアコンダクトを通せない場合

エアコンダクトを通せない場合としては、以下の理由が挙げられます。

 

・天井についているような業務用のエアコンを使っている。

・電線とエアコンの位置が離れすぎている

 

業務用のエアコンの場合、構造の影響で光回線の配線に使うことはできません。

 

また、電線とエアコンの位置関係が、建物を挟んだ反対側にあるなど、工事で家に線を這わせる必要が出てきた場合、工事業者によっては穴あけを提案することもあります。

 

その他の隙間

配管やエアコンダクトが通らない場合でも、ドアや窓・換気扇の隙間から光ファイバーを通すこともできます。

 

 

出典:NTT東日本公式

 

その他、外部に通せる隙間があり、提案すれば業者が考えてくれます。電話線の出口含め、お住まいの方しかわからないこともあると思うので、しっかりと工事業者に伝えると、選択肢を増やすことにつながるかもしれません。

 

穴をあけないといけないと言われても諦めてはいけない!

以上を踏まえても、やむをえず穴をあけないといけないと判断されてしまった場合や、そもそも工事ができないと言われてしまった場合も諦めてはいけません。

 

もしかすると、工事業者にきちんと伝わっていない部分があるせいで、工事方法の選択肢が狭められていた可能性があるのです。

 

今から、工事内容の選択肢を増やせるかもしれない事例を2つ紹介します。

 

固定電話を使わなくてもいい場合は、電話機のそばに機械を置く必要はない。

最近、家に固定電話を置かない判断をする方が、特に若い世代で増えてきました。仮に、今まで電話の契約があったが、新しい契約ではインターネットのみで契約した方がいたとします、この場合、もともと使っていた機械は電話の側に置かれていることが多いです。

 

そのため、工事業者は、もともと機械や配線があったところ、つまり電話の近くまで線を持ってきて同じところに機械を置くことを考えます。

 

しかし、インターネットのみとなると、回線が家の中にさえあれば、構造に問題がない限り無線で電波は届くので、必ずしも今まであったところに機械をおかなくてもいいです。

 

そのためもし、電話があったところまでの工事はできないと言われても、家のどこかのエアコンダクトから通すように提案すれば、穴あけなしの工事が可能になる場合があります。

 

WiFiを同じところに置く必要はない

先ほどと同じく、Wi-Fiは家のどこに置いても、構造などに問題がなければ電波が届きます。

 

もともとWi-Fiの機械があったところに新しい機械をおこうとすると穴あけが必要でも、他の方法で、機械の場所を元あるところに拘らなければ、穴あけなしで工事ができる可能性があります。

 

自宅に穴をあけずに工事を行いたい時、おすすめの光回線

光回線の種類はさまざまありますが、回線によっては禁止している工事内容があったり、工事業者サイドの経験値が少ないと対応できない工事方法があります。

 

その中で古くからサービスを開始し、日本全国に工事業者も存在するのがフレッツ光です。また、同じ回線を使っている光コラボも工事の内容としては変わりません。

 

今回、比較的穴をあけずに工事できる可能性の高いフレッツ光の回線として、2つの光回線をおすすめします。

 

  • 戸建て、マンションには@TCOMヒカリ
  • 法人、個人事業主にはフレッツ光

 

戸建て、マンションの個人向けには@TCOMヒカリ

 

出典:@TCOMヒカリ申込サイト

 

@TCOMヒカリは戸建てやマンションの方にもおすすめの光コラボです。マンションであれば最大36,000円、戸建てであれば最大39,000円のキャッシュバックもあり、キャンペーンも充実しています。

 

このキャッシュバックキャンペーンにより、今契約している光回線の解約金を補填することもできますし、自分へのご褒美で好きなものを買うこともできます。

 

また、格安SIMの「LIMBO」の割引も受けられるので、スマホの料金も一緒に安くすることができます。

 

 

(出典:LIBMO公式サイト)

 

データ容量データ+音声通話+SMSデータ+音声通話+SMS
+10分かけ放題
@T COMヒカリ
月額割引額
3GBプラン980円(税抜891円)1,750円(税抜1,591円)220円(税抜200円)/月割引
8GBプラン1,518円(税抜1,380円)2,453円(税抜2,230円)220円(税抜200円)/月割引
20GBプラン1,991円(税抜1,810円)2,926円(税抜2,660円)220円(税抜200円)/月割引
30GBプラン2,728円(税抜2,480円)3,663円(税抜3,330円)220円(税抜200円)/月割引

 

キャリアのオンライン専用プランは、細かい容量プランの設定をしていません。たとえばLINEMOの容量3GBで不足する場合、20GBを選択するしか有りませんが、LIBMOでは8GBプランも用意しています。20GBのプランでも、ahamo・povo・LINEMOよりも安価になります。格安SIMでは珍しい、30GBプランも用意されています。

 

@TCOMヒカリと組み合わせて利用する事で、スマホ1回線に対して220円の割引きが受けられます。光回線とスマートフォンを組み合わせて、長期的に渡ってお得に利用できます。

 

法人や店舗経営などの個人事業主にはフレッツ光

 

出典:フレッツ光申込サイト

 

法人や個人事業主の方がインターネットを利用する場合はフレッツ光がおすすめです。

 

事業をされている方がフレッツ光を契約するメリットとして以下の2つがあります。

 

  • 固定IPアドレスを利用できる
  • 請求書払いに変更できる
  • キャッシュバックキャンペーンが高額

 

選ぶプロバイダによって固定IPアドレスがあると、社外からでも社内のサーバーにアクセスできるなどビジネスの面でメリットも多いですし、請求書払いによって経理のタスクも減らすことができます。

 

また、キャッシュバックキャンペーンも実施しており、そのほかにも手厚いサポートやオプションが充実しています。

 

フレッツ光キャンペーン一覧 NTT西日本エリア
【NTT西日本エリア】フレッツ光のキャンペーン一覧。当サイトならキャッシュバックまたは豪華特典と選べるキャンペーンに加え、NTT西日本公式キャンペーンとも併用が可能!商品特典には新品パソコンや人気タブレットにPS4や任天堂スイッチなどの最新ゲーム機も!他にはない機器特典を多数ご用意♪

 

フレッツ光キャンペーン一覧 NTT東日本エリア
【NTT東日本エリア】フレッツ光キャンペーン一覧。当サイトならキャッシュバックまたは豪華特典+NTT公式割引♪とキャンペーンの併用が可能!当サイト限定の豪華特典キャンペーンには新品パソコン・人気タブレット・PS4や任天堂スイッチなどの最新ゲーム機などおトクなキャンペーンが勢揃い!
タイトルとURLをコピーしました