マンションの光回線で安いのはどこ?コスパ抜群の利用方法を解説

光回線

マンションでは光回線を利用して、インターネットを利用する人が増えています。

 

自宅で光回線を利用出来るという事は、スマートフォンだけでなく、パソコンやタブレット、テレビやゲーム機などを、自由にインターネットに接続して、どれだけ家族で利用しても、定額の月額料金で楽しむ事が出来て、それらを現在の回線の中では最も安定して速く使えるという事です。

 

光回線は無線形式とは異なり、実際に回線ケーブルが自宅に接続されている必要が有ります。

一戸建てでの利用なら、それぞれ近くまで来ている光ケーブルを引き込む事で利用出来ますが、マンションで各戸がそれぞれ光回線を引き込む事は、想像するだけで無理が有り、基本的には一部の例外を除いて、建物に引き込まれた回線を各戸に配線して利用する事になります。

 

携帯電話ショップでは光回線の勧誘が積極的に行われ、家電量販店では数多くの光回線サービスのノボリがはためき、テレビCMやネット広告でも多くの光回線サービスが利用を呼びかけています。

しかし、マンションではどの回線でも利用出来るとは限らず、マンションならではの制約が存在している事も確かです。

 

また、光回線を導入すれば月額料金は固定費として毎月掛かるため、これ以上の出費は避けたい事が、回線導入を躊躇している原因ならば、光回線を入れる事で通信費トータルの費用を、むしろ下げる事が可能かもしれません。

 

マンションの光回線導入を、基本的な事から説明しながら、マンションの光回線利用で安いのはどこなのか?通信費トータル費用を削減出来る、コスパ抜群の利用方法を解説します。

 

マンションで光回線を利用する基本知識

光回線とは、光ガラス繊維で出来ている、光ファイバーケーブルを使った通信回線です。

 

通話用に敷設された従来の銅線とは全く異なり、新たに敷設されている回線です。

より多くのデータを、距離による毀損が無いまま、利用量の制約が無く、自由に無制限に利用する事が出来ます。

 

スマホの無制限プランと異なるのは、家族何人で利用しても、契約は1回線だけでOKであり、接続出来る端末や機器にも制限が無く、無線回線には存在する大量データの一気利用などでも、制限が掛からない事です。

 

数多いと感じる光回線ですが、実際に敷設されている回線は、それほど多くは有りません。

回線を街中に敷設出来るのは、大規模な資本が必要であり、既に何らかのインフラ設備を担っている企業だけに、現実的には限られてきます。

 

それ故に、実際に光ファイバーケーブルを敷設しているのは、NTT(電話線の電柱)・各地の電力会社(電線の電柱)・各地のケーブルテレビ(有線の電柱)に概ね集約されます。

 

日本に敷設されている光回線を、具体的に見てみましょう。

 

日本の光回線はフレッツ光が多い

株式会社MM総研の2021年9月発表のデータによれば、全国的に広く普及しているのは、NTTグループ(NTT東日本+NTT西日本)の2303.4万件であり、そのシェアは半数を大きく超える7割弱に達しています。

 

NTT東西がサービスを提供している光回線は、「フレッツ光」です。

 

 

(出典:MM総研

 

KDDIはauひかりを展開していて、NTT東西と合わせれば両者で4分の3のシェアを占めています。

ただ、KDDIは独自に自社で敷設した回線は一部に限られていて、その多くをNTTのフレッツ光が利用していない「ダークファイバー」と呼ばれる回線を利用しています。

 

オプテージは関西電力管内のみに展開する、関西電力系の光回線です。

 

ソニーネットワークコミュニケーションズは、NURO光を展開していますが、KDDIと同様にフレッツ光のダークファイバーを利用していて、自社で敷設は行っていません。

 

提供エリア外では光回線は利用出来ない

光回線では、回線サービスの提供エリアになっていなくては、利用する事が出来ません。

 

全国展開している代表的な光回線サービスの、提供エリアを見てみましょう。

 

auひかり

 

「auひかり」は、提供している具体的なエリアとして、以下の地域でのみ利用できます。

 

【北海道エリア】 北海道

【東北エリア】 青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島

【関東エリア】 東京都、神奈川、千葉、埼玉、群馬、茨城、栃木

【信越エリア】 新潟、長野

【中部エリア】 山梨

【北陸エリア】 石川、富山、福井

【中国エリア】 鳥取、岡山、島根、広島、山口

【四国エリア】 香川、徳島、愛媛、高知

【九州エリア】 福岡、大分、佐賀、宮崎、熊本、長崎、鹿児島

 

auひかり提供状況の確認

 

NURO光

 

(出典:NURO公式

 

NURO光は、以下の地域でのみ利用できます。

 

【北海道エリア】 北海道

【関東エリア】 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県

【東海エリア】 愛知県、静岡県、岐阜県、三重県

【関西エリア】 大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県

【中国エリア】 広島県、岡山県

【九州エリア】 福岡県、佐賀県

 

NURO光提供状況の確認

 

フレッツ光

フレッツ光では正確な数字は発表されていませんが、人口エリアカバー率として、東日本では概ね95%以上、西日本では概ね93%以上だと言われています。

 

当然、全国全ての都道府県をカバーしています。

 

 

NTT西日本エリア

富山県 / 石川県 / 福井県 / 岐阜県 / 静岡県 / 愛知県 / 三重県 / 滋賀県 / 京都府 / 大阪府 / 兵庫県 / 奈良県 / 和歌山県 / 鳥取県 / 島根県 / 岡山県 / 広島県 / 山口県 / 徳島県 / 香川県 / 愛媛県 / 高知県 / 福岡県 / 佐賀県 / 長崎県 / 熊本県 / 大分県 / 宮崎県 / 鹿児島県 / 沖縄県

 

NTT東日本エリア

北海道 / 青森県 / 岩手県 / 宮城県 / 秋田県 / 山形県 / 福島県 / 茨城県 / 栃木県 / 群馬県 / 東京都 / 埼玉県 / 千葉県 / 神奈川県 / 山梨県 / 新潟県 / 長野県

 

 

 

 

共有スペース内まで引き込まれている回線しか利用出来ない

マンションで光回線を利用するには、建物の共有スペース内まで、光ファイバーケーブルの引き込み工事が完了している必要が有ります。

 

仮に光ファイバーケーブルが建物の近所まで来ていても、居住者が利用出来る光回線は、共有スペースまで入っている回線だけに、基本的には限定されます。

 

前述の回線シェアの数値以上に、日本中のマンションの多くには、NTT東西のフレッツ光の引き込み工事が完了しています。

 

光回線の利用には工事が必須

光回線は申し込んだら、すぐ利用出来るものではなく、回線工事が原則必要になります。

 

回線工事は、人数に限りの有るプロの専門業者が行う為、一般的に申し込んでから工事が完了するまでに、1ヵ月から長い場合だと3ヵ月程度掛かる場合があります。

 

フレッツ光は多くの専門業者を多数、古くから抱えていることから、比較的工事完了までの期間が短く、2週間から1ヵ月程度で多くの場合に完了しています。

 

マンションの工事内容

 

(出典:NTT東日本 一部改変)

 

マンション共有スペースまで来ている光回線なら、宅内工事で光回線は開通する事が出来ます。

 

実際に工事に掛かる時間は、建物の形状や状況によって変化しますが、概ね1時間から2時間程度です。

 

上図の中で工事内容は、「派遣工事」と「無派遣工事」に分かれています。

この二つを合わせて、一般的には光回線導入工事になりますが、無派遣工事だけで工事が完了するケースがあります。

 

無派遣工事って何?

既に光回線が利用出来る設備があるため、派遣工事の部分を行う必要が無いケースを、無派遣工事と言います。

 

専門業者が現場まで出向いて工事を行う必要が無く、NTT東西の局舎内だけで光回線の工事が完了します。

 

そのため工事費が安くなる(2,200円程度から数千円の範囲)上に、開通するまでの期間も短くなります。

 

無派遣工事だけで光回線が利用出来るのは、フレッツ光に限られていて、他の回線では派遣工事も含めて行う事が必須になります。

 

「auひかり」「NURO光」「電力系・ケーブルテレビ系」では、「無派遣工事」で完了する事は無く、必ず「派遣工事」が必要です。

 

利用したいマンションの部屋(主にリビングのケースが多いですが、別の部屋の場合もあります)に「光コンセント」があれば、無派遣工事でフレッツ光が利用出来る確率が高くなります。

 

 

(出典:SoftBank公式ページ*一部改変しています)

 

マンションの光回線ならフレッツ光

 

(出典:フレッツ光 お申し込みサイト

 

圧倒的な導入件数や、工事のスピードなどを考えても、マンションでの光回線利用は、フレッツ光が最適です。

 

マンションの管理者や大家さんに、「NTTフレッツ光のマンションタイプが導入されているかどうか?」問い合わせて頂く事が、マンションで光回線を利用する早道です。

 

光回線でインターネットを利用するには、回線とは別に接続業者プロバイダが必要になります。

 

プロバイダと光コラボ

マンションで光回線をインターネット利用する場合に、知っておいて頂きたいものとして、「プロバイダ」と「光コラボ」があります。

 

プロバイダとは?

プロバイダを図解でご説明すると、以下のようになります。

 

 

(出典:NTT東日本

 

プロバイダは「インターネット・サービス・プロバイダー」を省略した呼び名で、ISPとも呼ばれます。

 

プロバイダは利用者の端末を確定して、インターネットの世界と情報を繋ぐ、水先案内人です。

 

プロバイダは光回線特有のものではなく、有線無線を限らず、インターネットを利用する場合には必ず必要になります。

 

たとえば、スマホでドコモ契約を行っている場合、利用する回線はドコモで、プロバイダもドコモが行い、支払はドコモだけなので、プロバイダを意識する機会が無いだけです。

 

光コラボとは?

フレッツ光のサービスが開始されてからしばらくは、回線利用費はNTT東日本・西日本に支払い、接続料をプロバイダへ支払う事が一般的で、「フレッツ光」+「プロバイダ」の2箇所で契約を結んで、月額料金も別々に支払う必要がありました。

 

これをスマホなどと同じ様に、プロバイダと回線を一つにして、契約・支払が出来る利用形態が2015年から始まった「光コラボ」です。

 

 

(出典:NTT西日本*一部改変)

 

スマホと異なるのは、契約するのが回線を提供する企業ではなく、プロバイダになる事です。

NTT東西ではプロバイダ事業を行っておらず、プロバイダにフレッツ光を卸供給する事で、光コラボは成り立っています。

 

フレッツ光の個人利用契約は光コラボが主流で、法人契約はNTTと直接契約する事でメリットがあるため、「フレッツ光」+「プロバイダ」の2箇所契約が主流になっています。

 

「光コラボ」を扱う事業者は、NTT東日本エリアで530社・NTT西日本エリアで235社が有ります。

ここまで読んで頂いて、知名度の有る「ドコモ光」「ソフトバンク光」「楽天ひかり」などが、回線の種類解説に出てこない事を不思議に思った方も多いと思いますが、それらは光コラボだからです。

 

フレッツ光が利用出来るマンションでは、膨大な数の光コラボの中から、最適なサービスを選ぶ事が出来ます。

 

 

 

個人利用なら光コラボの理由

「フレッツ光」のプロバイダの中から、人気のサービスをいくつかピックアップしてみます。

 

OCN光@nifty光ビッグローブ光ソフトバンク光@TCOMヒカリ
光コラボマンション 月額3,960円4,378円4,378円4,180円4,180円
フレッツ光+プロバイダプロバイダ料金1,210円1,100円1,100円1,320円1,320円
東日本マンション月額計4,565円4,455円4,455円4,675円4,675円
西日本マンション月額計4,345円4,235円4,235円4,455円4,455円

 

たとえば、「フレッツ光(光回線)+@TCOM(プロバイダ契約)」で、東日本エリアでマンションにお住まいの場合には月額4,675円になりますが、「@TCOMヒカリ(光コラボ契約)」では月額4,180円になります。

 

どちらも回線にはフレッツ光、プロバイダは@TCOMヒカリを利用する事は同じなので、回線品質や速度に違いはありません。

そのため、価格が高くなる「フレッツ光+プロバイダ」を選ぶメリットは無く、「光コラボ」の方が安価に利用出来るため、個人利用では光コラボが主流になっています。

 

法人利用が「フレッツ光+プロバイダ」になっている主な理由は、NTTと直接契約する事で、どの通信会社よりも多いNTT東西の通信ノウハウを、積極的に利用出来る等のメリットが有るからです。

 

個人事業主やSOHOなど、インターネット回線を利用する事が主な導入理由なら、法人利用でも代表者の個人名義で「光コラボ」を利用した方がお得です。

 

マンションで利用する光回線の比較表

光コラボだけでなく、全国展開する人気の光回線を比較してみましょう。

 

マンション 料金キャッシュバックセット割引契約期間途中解約の違約金
OCN光月額3,960円37,000円OCNモバイルONE2年3,600円
工事費16,500円
ソフトバンク光月額4,180円25,000円SoftBank2年4,180円
工事費26,400円Y!mobile
乗換は実質無料
@TCOMヒカリ月額4,180円35,000円au2年2,200円
工事費16,500円月額割引をCBLIBMO
→ 実質無料換算3,960円UQ mobile
楽天ひかり月額4,180円月額割引をCBセット割無し3年4,180円
工事費16,500円換算26,400円(楽天モバイル)
モバイル加入者は実質無料(モバイル加入者は50,160円)
ASAHIネット光月額4,488円月額割引をCBau1年4,488円
工事費16,500円換算9,120円
→ 実質無料
@nifty光月額4,378円22,000円au3年3,630円
工事費16,500円月額割引をCBUQ mobile
換算19,800円
ビッグローブ光月額4,378円20,000円au3年3,360円
工事費16,500円UQ mobile
→ 実質無料
ドコモ光月額4,620円20,000円docomo2年4,180円
工事費16,500円
→ 実質無料
So-net光プラス月額4,928円50,000円au2年3,480円
工事費26,400円UQ mobile
→ 実質無料
NURO 光月額5,200円45,000円SoftBank3年3,850円
工事費44,000円+撤去費
→ 実質無料
auひかり
月額4,180円40,000円au3年2,730円
工事費33,000円UQ mobile+撤去費
→ 実質無料

 

コスパの良い光回線の利用方法は?

月額料金が安いサービスや高額キャンペーンを、コスパが良いと考える事は無論間違っていませんが、光回線は長期間利用するケースが多くなるため、スマホの「セット割」が受けられれば、長期間に渡る割引になり、通信費のトータル支払額を抑える事が出来ます。

 

光回線導入後のスマホプランは見直す

光回線を導入した後は、ドコモの「ギガホプレミアプラン」・auの「使い放題MAXプラン」・ソフトバンクの「メリハリ無制限プラン」などの、無制限プランを継続利用する意義が、多数のユーザーには無くなります。

 

最もコスパが悪いのは、これらのスマホ無制限プランを継続利用して、光回線の月額費用が加わる事です。

 

光回線を導入すれば、自宅ではWi-Fi環境が構築出来て、スマホを含めて利用出来るようになるため、通信会社の回線利用は外出時だけに限定されます。

 

2022年1月27日に株式会社MM総研は最新の「携帯電話の月額利用料金とサービス利用実態(2021年12月時点)」を公表しています。

 

 

(出典:MM総研

 

このデータは、通信会社回線の利用だけのグラフです。

3GB以下に利用者は集中している事が、一目瞭然です。

グラフの右側のユーザー層は、光回線を入れていないと考えられますが、光回線が自宅に有れば、スマホの契約プランは3GB程度で充分な方が大半です。

 

小容量プランは格安SIMが最適

月のデータ利用量が3GB程度の小容量の場合、無制限プランに比較すればキャリアでも安くはなりますが、仮に割引制度をフル活用しても、メリットの無い高額だと言えます。

 

ドコモ ギガライトプラン

・ステップ1 ~1GB 月額3,465円

・ステップ2 ~3GB 月額4,565円

・ステップ3 ~5GB 月額5,665円

・ステップ4 ~7GB 月額6,765円

 

au ピタットプラン

・~1GB     月額3,278円

・1GB超~4GB 月額4,928円

・4GB超~7GB 月額6,578円

 

SoftBank ミニフィットプラン+

・~1GB 月額3,278円

・~2GB 月額4,378円

・~3GB 月額5,478円

 

小容量なら、格安SIMに乗り換える事で大幅に安くなります。

3GB程度のプランなら、1,000円以下のサービスが色々あります。

 

通信料トータル費用の節約なら更にセット割

光回線を選択するときに、この格安SIMのセット割が適用される事を前提に選択すれば、安価な月額料金が更に安くなり、長期的にトータルの通信費用が節約出来ます。

 

具体的なオススメ回線と、格安SIMの組み合わせを見てみましょう。

 

オススメの組み合わせ① @TCOMヒカリ+LIBMO

 

(出典:@TCOMヒカリ申込サイト)

 

@TCOMヒカリの月額料金は、一戸建てタイプで5,610円・マンションタイプで4,180円です。

 

LIBMOとのセット割

 

(出典:LIBMO公式)

 

光回線に@TCOM(アットティーコム)ヒカリ、スマホにLIBMO(リブモ)を組み合わせて利用する事で、セット割が適用されます。

具体的な価格を見てみましょう。

 

 

〇納得プラン
データ容量通常料金@T COMヒカリ
月額割引額
実質金額
3GBプラン980円1回線 220円/月割引760円
8GBプラン1,518円1回線 220円/月割引1,298円
20GBプラン1,991円1回線 220円/月割引1,771円
30GBプラン2,728円1回線 220円/月割引2,508円

 

スマホ1台につき220円の割引きが受けられ、最大家族5人で1,100円が毎月割り引かれます。

 

LIBMOの3GBプランを利用して、@TCOMヒカリをマンションで組み合わせた場合、760円+4,180円=4,940円がトータルの通信費になります。

 

キャッシュバック

キャッシュバックキャンペーンを行っています。

詳細は以下をご覧下さい。

 

@T COM(アットティーコム)ヒカリ 最短3ヵ月で最大50,000円キャッシュバック
@T COM(アットティーコム)ヒカリの新規加入で最大50,000円を最短3ヵ月で現金キャッシュバック!さらに工事費も最大19,800円が割引で実質無料!おトクに@T COM(アットティーコム)ヒカリを始めるチャンス!

 

12ヵ月の間、月額料金割引

マンションタイプでは月額330円が12ヵ月割引きされます。

 

工事費無料

今なら工事費が無料になるキャンペーンを行っています。

 

@T COMヒカリ(アットティーコム)キャンペーン
@T COM(アットティーコム)ヒカリのお得なキャンペーン情報をご案内。今なら最大19,800円の新規工事費や契約事務手数料がキャンペーンの適用で実質無料になるため、お得に光インターネットを始めたい方はお見逃しなく!

 

オススメの組み合わせ② OCN光+OCNモバイルONE

 

(出典:OCN光申込サイト)

 

OCN光の月額料金は、一戸建てタイプで5,610円・マンションタイプで3,960円です。

 

OCNモバイルONEとのセット割

 

(出典:OCNモバイルONE公式

 

光回線にOCN光、スマホプランにOCNモバイルONEを組み合わせる事で、スマホ一台ごとに月額220円の割引きが受けられます。最大5台までセット割が適用されます。

 

通信容量/コース名月額料金セット割実質金額
500MB/月コース550円550円
1GB/月コース770円220円550円
3GB/月コース990円220円770円
6GB/月コース1,200円220円980円
10GB/月コース1,600円220円1,380円

 

「500MB/月コース」のみ「セット割」の対象外ですが、このプランのみ最大10分までの国内通話料金が全額割り引かれます。

通話料金は30秒で11円なので、通話料金が最大220円割引きされる事になります。

 

外出時に殆どインターネットをスマホで利用しないユーザーなら、500MBプランはオススメです。

 

多くの利用者がいる3GBのコースでも、月額770円で利用が出来ます。

このプランをマンションに住む家族3人で利用した場合、3,960円(OCN光)+2,310円(OCNモバイルONE 3GB)=6,270円 がトータルの通信費になります。

 

キャッシュバック

キャッシュバックキャンペーンを行っています。

キャッシュバック特典の詳細は、以下をご覧下さい。

 

OCN 光キャッシュバック 最大 60,000円を現金還元!
【当サイト限定】OCN 光の新規契約または転用(フレッツ光からの乗り換え)・事業者変更(光コラボ間の乗り換え)で最大60,000円キャッシュバック!さらに希望者にはWi-Fiルーターをプレゼント♪OCN 光公式割引&当サイト限定キャッシュバックでお得に高速インターネットを始めよう!

 

光回線が利用出来ないマンションでは?

マンションの共有スペース内まで、光ファイバーケーブルが来ていない建物では、光回線の利用が基本的に出来ません。

 

管理者や大家さん、住民の総意を経て実際に工事を行うには、多大な時間と手間を有します。

現実的なインターネット回線の利用方法としては、光回線以外の手段も考える必要が有ります。

 

トータルの通信費を安くする、オススメの組み合わせを具体的に見ていきましょう。

 

家族で利用するならソフトバンクエアー+ワイモバイル

 

(出典:ソフトバンクエアー申込サイト

 

ソフトバンクエアーは、導入工事不要でコンセントを挿すだけで利用出来る、ホームルーターという回線手段です。12ヵ月間割引が受けられて、月額料金は3,080円~で利用が出来ます。

 

 

ワイモバイルのセット割

 

(出典:ワイモバイル公式)

 

ワイモバイルは、格安SIMが回線の一部を利用するのに対して、回線の全部を利用出来るMNOの高品質が安価に利用出来る、ソフトバンクのサブブランドです。

 

ソフトバンクエアーを組み合わせて利用する事で、おうち割 光セット(A)のセット割が適用されます。

 

通信容量/コース名月額料金セット割支払料金
3GB/Sプラン2,178円1,188円990円
15GB/Mプラン3,278円1,188円2,090円
25GB/Lプラン4,158円1,188円2,970円

 

多くのユーザーが利用する3GBプランを、ソフトバンクエアーと組み合わせることで、月額990円という、格安SIM並の料金で使う事が出来ます。

 

キャッシュバック

キャッシュバックキャンペーンを行っています。

キャッシュバック特典の詳細は、以下をご覧下さい。

 

ソフトバンクエアーキャッシュバック 最大35,000円を現金還元
当サイトよりSoftBank Air(ソフトバンクエアー)をお申し込みいただくと最大35,000円キャッシュバック!さらにソフトバンク公式の乗り換えキャンペーンや月額料金割引キャンペーンとも併用可能♪お得にソフトバンクエアーを始めるならぜひ当サイトまで!

 

 

単身者にオススメの回線① 楽天モバイル

 

(出典:楽天モバイル公式

 

無制限利用が安価に可能

「Rakuten UN-LIMIT」は、段階制の料金を採用していて、3GBまでなら月額1,078円・20GBまでなら2,178円になっていて、20GB以上は無制限に利用しても3,278円が上限金額になっています。

 

モバイルWi-Fiルーターは持ち運びが可能のため、自宅だけでなく外出時にも利用が出来ます。

そのため、スマホプランは基本的に通話だけになります。

 

その場合のオススメは、前述のOCNモバイルONEの500MBプランです。

 

 

(出典:OCNモバイルONE公式)

 

電話の待ち受けが月額550円で出来る他、月に合計10分までの通話料も込みになっていて、モバイルWi-Fiルーターの電池切れ等のトラブル時にも、500MBまで利用出来る手段がある事が、安心に繋がりオススメです。

 

キャンペーン

初めて楽天モバイルに申し込む場合には、機種代がポイント還元で実質無料になるキャンペーンを展開しています。

 

楽天回線の電波が利用出来る場所が前提

楽天モバイルの回線は日本で最も新しいため、他の3大キャリアと比較すると、まだ繋がらないエリアが存在している事も確かで、パートナー回線と呼ばれているau回線を利用する場合は、月に5GBの制限があります。

 

単身者にオススメの回線② クイックWiFi

 

(出典:クイックWiFi公式

 

100GBは事実上の無制限利用

月額費用は100GBの容量で3,718円です。

 

容量内なら、制限無く自由に利用することが可能です。

1日10GBまでなどの、他のモバイルWi-Fiルーターにはある制限がありません。

 

多くのユーザーにとって、月に100GBの容量は、無制限に近い感覚で利用出来ます。

 

クラウドSIM

3キャリアに対応するクラウドSIMタイプで、物理的なSIMは搭載していません。

 

docomo・au・SoftBankの電波の中で最適な電波を掴むため、日本中どこでも安心して利用出来るのは、楽天モバイルには無い大きなメリットです。

 

仮に1つのキャリアで電波障害が起こっても、他の回線で通信の継続が出来る事もクラウドSIMのメリットです。

 

キャンペーン

100GBのプランでは、8,000円のキャッシュバックをしているため、2年間利用時の実質価格を計算すれば、月額3,385円で利用出来る事になります。

 

キャンペーン | 【公式】クイックWiFi
【クイックWiFi】のおトクなキャンペーンについて。今ならクィックWiFiのご契約で8,000円キャッシュバック、さらに、光回線と新電力サービスをセットで契約すると追加でキャッシュバック!お得にWi-Fi環境を手に入れるならクイックWiFiで。

 

タイトルとURLをコピーしました