光回線とモバイル回線はどっちが快適?違いや特徴を6つの項目で徹底比較!

WiFi

「新しくインターネット環境を整えたい」

「光回線とモバイル回線どちらの方が快適に使えるかな?」

「おすすめの事業者はどれかな?」

 

こんな疑問にお答えします。インターネット環境を構築するうえで光回線とモバイル回線どちらを選べば良いか判断が難しいですよね。

 

それぞれ利用するシーンにおいてメリットやデメリットがあるので、特徴を比較検討したうえで決めたいものです。


結論、自宅で快適なネット環境を整えるなら光回線を選ぶのがおすすめです。こちらの記事では、光回線とモバイル回線の特徴を踏まえたうえで、以下の内容について解説します。

 

  • 光回線とモバイル回線を徹底比較
  • 自宅で快適なネット環境を整えるなら光回線がおすすめ
  • 光回線事業者を選ぶポイント
  • おすすめの事業者

 


快適なネット環境をつくって動画視聴やオンラインゲームなどを楽しみたい方は、ぜひ本コラムを参考にしてみてください。

 

光回線とモバイル回線の特徴をサクッと解説

光回線とモバイル回線を比較する前に、それぞれの特徴について簡単に説明します。基本的な内容を押さえておくことで、サービスを選ぶうえでの判断材料にしてみてください。

 

1.光回線の特徴

光回線とは、物理的な光ファイバーを通してインターネットを利用できる通信のことです。

 

有線ケーブルを使っているため、ノイズや障害の影響を受けにくく、大容量の通信においても安定していることがメリットです。

 

光回線には大きく分けて以下4つの事業者に分けられます。

 

  • フレッツ光
  • 光コラボレーション
  • 独自回線(NURO光・auひかり)
  • 電力会社

 

各事業者とも提供エリアや料金設定、通信速度が異なるため、比較してみて目的にあわせたサービスと契約することが大切です。

 

2.モバイル回線の特徴

モバイル回線は、携帯電話の基地局の電波を利用したデータ通信のことです。持ち運びが自由なモバイルWiFiルーターや、自宅に設置して使うホームルーターに分けられます。

 

電波による通信のため、回線工事が要らず機器が届いたその日から利用できます。また、モバイルWiFiルーターを持っていれば、外出時も高速通信が可能です。光回線と比較すると、手軽に使えるメリットがあります。

 

光回線とモバイル通信を6つの項目で徹底比較

光回線とモバイル通信について、以下のとおり比較表をつくったので、参考にしてみてください。

 

光回線

※1

モバイル回線
モバイルWiFiルーター

※2

ホームルーター

※3

月額料金戸建て:約5,500円

マンション:約4,200円

約35,00円約5,200円
通信速度

平均ping値:約20.13ms

平均ダウンロード速度:約337.83Mbps

平均アップロード速度:259.96Mbps

平均ping値:約62.59ms

平均ダウンロード速度:約39.48Mbps

平均アップロード速度:12.30Mbps

平均ping値:約64.17ms

平均ダウンロード速度:約92.66Mbps

平均アップロード速度:12.21Mbps

通信の安定度
通信容量の制限無制限制限あり無制限

時間帯によって低速になる

持ち運びの自由度××
開設工事の有無

※1:「ドコモ光」「auひかり」「ソフトバンク光」を参考にしています。

※2:「クイックWiFi」「WiMAX 5G」「AiR-WiFi」を参考にしています。

※3:「docomo home 5G HR01」「Speed Wi-Fi HOME 5G」「SoftBank Air」を参考にしています。

 

それぞれの項目について、詳しく解説していきます。

 

1.料金

毎月の月額料金を比較したとき、もっとも安く利用できるのはモバイルWiFiルーターです。各社とも3,000円台で利用できるため、とにかく通信費用を安く抑えたい方におすすめです。



光回線はマンションと戸建てタイプで料金が異なり、戸建ての方が1,000〜2,000円ほど高く設定されています。理由として、マンションの回線は複数世帯とシェアすることが前提であるのに対し、戸建てだと個別の契約が必要だからです。

 

一方で、ホームルータは各社とも5,000円以上の月額費用がかかるため、モバイルWiFiルーターと比較すると割高です。

 

2.通信速度

速度については、光回線が一番快適に利用できます。光回線の通信に使われる光ファイバーは光信号を送るため、モバイル回線と比較すると伝送のスピードが速いからです。

 

調べたデータは、各社のホームページに記載している公称値ではなく「みんなのネット回線速度」の実測値を参考にしています。理由としては、実際にネットを使ってみると遮蔽物や基地局までの距離、設備などの影響を受けるため、このスピードでは利用できないからです。

 


速度には大きく分けて「ダウンロード速度」「アップロード速度」があり、具体的には以下の条件に関係します。

 

  • ダウンロード速度:動画再生・Webサイト閲覧・メールの受信など
  • アップロード速度:動画投稿・SNSの投稿など

 

動画をサイトへ投稿する人を除けば、ダウンロード速度を重視するとインターネットを快適に利用できます。

 

3.通信の安定度

通信の安定度は、光回線がもっとも扱いやすいです。理由として、光ファイバーによる有線ケーブルを直接自宅につなぐため、遮蔽物による障害が発生しないからです。



一方で、モバイル回線は基地局と通信するため、利用する地域や建物の構造などによって電波が入りにくいこともあります。



長時間の動画視聴やZoomやチャットのオンライン面談を利用するときは、通信の安定した光回線がおすすめです。

 

 

 

4.通信容量の制限

通信容量は光回線が無制限で使えるのに対し、モバイル回線は制限がかかります。



モバイルWiFiルーターは提供するサービス会社によって、一定期間に使えるデータ容量の上限が決まっています。



例えば、WiMAXは3日で10GBの上限を定めており、容量をオーバーすると速度制限がかかります。他にも1月の総データ容量が決まっているサービスが多いため、インターネットの利用が多い方は、使い過ぎないよう注意してください。



一方で、ホームルーターは基本無制限で利用できるものの、ネットが混雑する時間帯によって通信制限をかけられるケースがあります。以下は、SoftBank Airの公式サイトの一文です。

 

→(引用文)


サービス安定提供にともなう速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。

ご利用の集中する時間帯(夜間など)は、サービス安定提供にともなう速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。

特定のエリアでネットワークが高負荷となった場合、該当エリアのお客さまについては、サービス安定提供にともなう速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。

 

引用元:SoftBank「SoftBank Air(ソフトバンクエアー) の速度制限などについて



通信を無制限でストレスなく使いたい方は、光回線の利用を検討しましょう。

 

5.持ち運びの自由度

持ち運びの自由度に関しては、モバイルWiFiルーターが優れています。サービスの提供エリア内であれば、どこでもインターネットを利用できます。



一方で、ホームルーターはコンセントに挿すだけで使えますが、契約で自宅内のみの利用に制限されるため、外に持ち出せません。

 

外出先でデスクワークする必要がある方や、外でスマホの動画をよくみる方はモバイルWiFiルーターを利用すると、いつでもWiFiを利用できます。

 

 

 

6.開設工事の有無

光回線を利用するには光ファイバーの敷設が条件のため、住宅に回線が設備されているケースを除いて工事が必要です。開設工事を開始するのに事業者と日程を調整する必要があるため、時期によっては1週間以上先になることもあります。



一方で、モバイル回線は事業者から機器が送られてきたら、その日のうちにサービスを利用できます。引っ越しが多い人にとっては面倒な工事を省けるので、モバイル回線の利用がおすすめです。

 

 

 

自宅で快適なネット環境を作るなら光回線を選ぼう

ここまで光回線とモバイル回線を比較してきました。結論として、自宅で快適なネット環境を作るなら光回線を選びましょう。



通信速度が速く無制限で使えるので、YouTubeやNetflixなどの動画視聴もストレスなく快適に利用できます。オンラインゲームを利用する方は通信速度が大きく影響するため、モバイル回線だとスペックが足りていません。



光回線とあわせて格安スマホをセットで契約すれば、ご家庭の通信費を抑えられます。外出時には自分が使う通信容量にあわせたスマホのプランを選べば、コストを抑えてインターネットを利用できるでしょう。

 

【失敗しない】光回線を選ぶ3つのポイント

光回線はさまざまな事業者がサービスを提供しているため、どのポイントを重視すると納得して契約できるかわかりづらいですよね。


そこでこちらでは、光回線を選ぶ3つのポイントを紹介します。

 

  1. 月額料金の安さ
  2. 通信速度の速さ
  3. スマホとのセット割引に対応している

 

それぞれ順番にみていきます。

 

1.月額料金の安さ

月額料金の安さは光回線を長く利用するうえで、もっとも大切です。月額利用料が1,000円安くなると、30年間で36万円の費用を節約できます。


各社とも入会キャンペーンを実施していますが、長期で契約したときに値上がりしないかもみておきましょう。1〜2年で比べると割高になるかもしれませんが、長期でみたときに安く利用できます。

 

2.通信速度の速さ

通信速度はインターネットを快適に利用するうえで、重要なポイントです。速度が速いほど動画視聴やオンラインゲームなど安定して利用できるからです。



また、事業者によってはホームページ上で公称値を出していますが、必ず「みんなのネット回線速度」をはじめとした口コミサイトで実測値を確認するようにしてください。光回線は遮蔽物や基地局までの距離によって障害があるため、実際のスピードは公称値より遅くなります。

 

光回線を快適に利用するため、ダウンロード速度を確認しましょう。快適に利用できると言われる速度は、以下のとおりです。

 

LINEやSNS1Mbps以上
Webサイトの閲覧10Mbps以上
動画視聴5Mbps以上
4K動画の再生20Mbps以上
オンラインゲーム100Mbps以上

 


オンラインゲームを利用する方は、ping値も確認してください。30ms以下が快適に利用できる目安です。また、FPSや対戦格闘など反応速度が必要なゲームでは、15ms以下のネットを選ぶとラグが少なく快適にプレイできるでしょう。



一方で、動画投稿を検討している方は、アップロード速度を重視することで時間短縮できます。

 

3.スマホとのセット割引に対応している

スマホとのセット割引に対応しているのも、光回線選びで大切なポイントです。毎月の月額料金から割り引きされるので、お得に利用できます。


例えばSoftBankを利用していれば「NURO光」や「ソフトバンク光」とのセット割で、最大1,100円の割引対象となります。



3大キャリアと契約している方はセット割料金が大きいため、事業者のサービスを見比べて、光回線を選びましょう。

 

【用途別】おすすめの光回線2社を紹介

光回線事業者を選ぶには、各社ともお得なキャンペーンをつけているので、どのサービスを選べば良いか迷うものです。



そこでこちらでは、入会キャンペーンを含めて厳選した2つのサービスを紹介します。

 

  1. 各種サポートとオプションが充実しているフレッツ光
  2. スマホとのセット割やキャンペーンがお得な@TCOMヒカリ

 

それぞれ詳細を解説するので、光回線との契約に役立ててみてください。

 

1.【店舗・オフィス向け】各種サポートとオプションが充実しているフレッツ光

 

(出典:フレッツ光申込サイト)

 

フレッツ光は全国各地で幅広くサービスを提供しており、マンションへの設備導入数がもっとも多い光回線です。



フレッツ光と契約しインターネットを利用するには、以下2つの方法の中から選べます。

 

  • フレッツ光+プロバイダ
  • 光コラボレーション

 

マンションや店舗など複数の契約が見込まれる場合、フレッツ光と選ぶと、月額料金を安く設定できます。具体的な料金体系は、以下のとおりです。

 

契約数通信速度配線方式通常料金割引適用

※にねん割適用

16契約以上最大200MbpsVDSL3,135円実質3,025円
LAN2,750円実質2,640円
8契約以上VDSL3,575円実質3,465円
LAN3,190円実質3,080円
4契約以上VDSL4,235円実質4,125円
LAN3,850円実質3,740円

 

選べるプロバイダは以下の4種類から選べ、いずれも月額1,000円前後で契約できます。

 

  • @T COM(アットティーコム)
  • Yahoo!BB(ヤフーBB)
  • USEN NET(ユーセン ネット)
  • OCN(オーシーエヌ)

 

すでに光コンセントが設置されている住宅やマンションは、比較的早く工事が終わる可能性があります。

 

今なら最大85,000円の割引がつくキャッシュバックキャンペーンを実施中のため、この機会にぜひチェックしてみてください。

 

 

フレッツ光キャンペーン一覧 NTT東日本エリア
【NTT東日本エリア】フレッツ光キャンペーン一覧。当サイトならキャッシュバックまたは豪華特典+NTT公式割引♪とキャンペーンの併用が可能!当サイト限定の豪華特典キャンペーンには新品パソコン・人気タブレット・PS4や任天堂スイッチなどの最新ゲーム機などおトクなキャンペーンが勢揃い!

 

フレッツ光キャンペーン一覧 NTT西日本エリア
【NTT西日本エリア】フレッツ光のキャンペーン一覧。当サイトならキャッシュバックまたは豪華特典と選べるキャンペーンに加え、NTT西日本公式キャンペーンとも併用が可能!商品特典には新品パソコンや人気タブレットにPS4や任天堂スイッチなどの最新ゲーム機も!他にはない機器特典を多数ご用意♪

 

2.【個人向け】スマホとのセット割やキャンペーンがお得な@TCOMヒカリ

 

(出典:@TCOMヒカリ申込サイト)

 

auスマホをすでにお持ちの方は、セット割を使った利用料金のお得な@TCOMヒカリがおすすめです。セット割のauスマートバリューを利用すれば、毎月の請求から最大4,400円が割引されます。

 


基本利用料は、以下のとおりです。

 

マンションタイプ5,610円※
ファミリータイプ4,180円※

※2年バリューパック適用後の料金です。



月額220円を追加すると、高速通信が期待できるIPoE接続方式と契約できるため、オンラインゲームを楽しみたい方にも利用しやすいでしょう。



また、光回線と同時にスマホの契約を見直したい方は、@TCOMヒカリとセット割に対応したLIBMOがおすすめです。

 

 

(出典:LIBMO公式)

 


20GBの大容量において1,771円から使えるため、他のスマホと比較すると格安で使えます。

 

 

https://t-hikari.com/campaign/

 

 

まとめ

光回線とモバイル回線を比較検討しながら、それぞれの特徴について解説しました。



結論、自宅で快適なネット環境をつくるなら、通信速度が安定し無制限で使える光回線を選びましょう。高画質動画の再生やオンラインゲームなど快適に楽しみたいなら、安定したネット環境が不可欠です。

 

また、数ある光回線の中からおすすめのサービスは、以下2つのとおりです。

 

 

快適なインターネット環境を構築するため、当コラムをみてサービス導入の参考にしてみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました