光回線のおすすめはどれ?通信料金をまとめて安くする!

光回線

毎月支払う全体の通信費が、ちょっと高いと思いませんか?

 

「そうは言っても、何をどうして良いのか・・・」

「今の環境に満足してるから、ちょっと高いとは思うけど・・・」

 

解らない事だからと、ある意味で諦めてしまうのも解ります。

 

でも、通信費全体の見直しのハードルは、実はそれほど高くありません。毎月数千円の節約出来れば、年間ではかなりの金額が浮くことになります。

 

通信費の内訳を考えた場合、携帯電話だけという方も多いと思います。昔の固定電話と違い、一家に一台というわけにはいきませんから、家族全員分の合計金額は掛け算で大きくなります。

 

的確な光回線を導入することで、通信環境を今まで以上に快適にしながら、通信費全体をまとめて安くする方法を解説します。

 

そのプラン、本当に適切ですか?

 

携帯ショップの覆面調査

2021年4月26日、総務省が有識者会議を開きました。「携帯電話会社の競争ルールの検証会議」の席上で、覆面調査の内容が発表されました。

 

公開された資料には、docomo・au・SoftBank・楽天モバイルの、大手キャリア(MNO)4社で働く人や離職後1年以内の方を対象に、接客の勧誘に対しての覆面アンケート調査を行った内容が記されていました。また、同様の内容を上位三社の代理店経営者に対し、聞き取り調査も行っています。

 

その内容は、強引な営業の実態でした。「利用者のニーズや意向を丁寧に確認せずに料金が高いなどの上位の料金プランを勧誘したことがあるか」との質問に対して、4割強がYESと回答し、「高額なスマートフォンやオプションなどを含めた勧誘をしたことがあるか」との質問には大半の回答者がYESと回答しています。

 

大手携帯電話会社は、その企業規模と比較して、世界でも指折りの高収益をあげています。ショップのスタッフは、大手携帯電話会社の社員ではありません。正規代理店の社員です。

 

ショップスタッフには、罪悪感を持っている人も多く、こうした噴飯ものの営業手法の源は、大手携帯電話会社からの、無理がある高い営業目標の設定があります。

 

評価が低い代理店は、販売手数料が減少して経営が困難になり、スタッフは営業目標の達成如何で給与に直接反映する事から、ユーザーに対して否応なく不誠実な対応を迫られていることが解ります。

 

携帯電話大手3社のメインプラン

いつも混み合っているショップに予約を取り、順番を待って、流れるような説明を受ける中で、よく解らないまま、言われる通りに契約をした記憶は有りませんか?

 

以前は複雑怪奇な料金プランが多く存在しましたが、昨今は国の意向もあってシンプルになってきています。具体的な、現在の大手キャリア3社のプランを見ていきましょう。

 

docomo

ギガホプレミアプラン 容量60GB/月 月額7,205円

 

家族で3回線以上docomoを利用すれば、1,100円の割引きが受けられます。

 

家族5人と仮定すれば

 

月の支払料金は(7,205円-1,100円)×5人=30,525円

 

になります。

 

au

使い放題MAX 4Gプラン 容量無制限 月額7,238円

 

使い放題を標榜していますが、テザリング(スマートフォンをWi-Fi基地局として使い、パソコンやタブレット・ゲーム機等を繋いで使用する事)は、データ容量の上限が有り、ネット環境としては現実的に使い物になりません。

 

家族3人以上で利用すれば、1,100円の割引きが受けられます。

 

家族5人と仮定すれば

 

月の支払料金は(7,238円-1,100円)×5人=30,690円

 

になります。

 

SoftBank

メリハリ無制限プラン 容量無制限 月額7,238円

 

こちらも無制限を標榜していますが、端末単体による通信だけが適用で、テザリングについては、30GB/月の容量制限があります。やはり、メインのネット環境としては利用に無理があります。

 

家族3人以上で利用すれば、1,210円の割引きが受けられます。

 

家族5人と仮定すれば

 

月の支払料金は(7,238円-1,210円)×5人=30,140円

 

になります。

 

実際のデータ使用量を把握しましょう

2021年2月に、ICT市場調査コンサルティングの株式会社MM総研が発表した2020年12月時点での調査によれば、スマートフォン利用者の月々のデータ通信量は7.56GBでした。

 

 

(出典:MM総研

 

7.56GBという数値だけ見ると、意外と使ってる印象ですが、グラフをもう一度見てみましょう。一番左にある、最も少ない1GB未満が突出して高い事に気が付きます。

 

1GB未満は全体の3割を超える31.4%で、おおよそ3人に1人は月に使うデータ量が1GB以下という事です。2GBは15%・3GBは13.7%で、3GBまでのデータ使用量のユーザーは全体の6割を超える60.1%にのぼります。

 

自分がどれくらいのデータ量を使っているのか、解らない方は簡単に調べられます。

 

ご自身でマイページを開けば、簡単にオンラインで見る事が出来ます。

 

また、あまりオススメしませんが、契約しているショップ店頭窓口に行けば、簡単に教えてもらえます。

 

そんな大きいプランは契約してない方も!

いやいや、「無制限とか60GBとか・・・そんな大きな容量の契約はしていない」から大丈夫!という方も、見直す余地は充分あります。

 

話題の大手三社が出してきた、格安プランahamo・povo・LINEMOは、以前の価格に比べれば、大幅に値下げした価格を提案してきました。各社とも3,000円を切る価格です。

 

しかし、これらのデータ容量は20GBです。

 

前述のグラフデータから考えれば、8割以上のユーザーにとっては、オーバークオリティです。

 

では、正義感溢れる良心的なショップスタッフさんに対応してもらって、比較的適正なプランを契約したラッキーな方の金額を見ていきましょう。

 

多くの方が当てはまる、3GBまでの使い方で、現在の大手キャリア3社のプランを見ていきましょう。

 

docomo

ギガライトプラン 1GBまで 月額3,465円

 

3GBまで 月額4,565円

 

家族で3回線以上利用すれば、1,100円の割引きが受けられます。

 

家族5人と仮定すれば

 

1GBまでの月の支払料金は(3,465円-1,100円)×5人=11,825円

3GBまでの月の支払料金は(4,565円-1,100円)×5人=17,325円

 

になります。

 

au

ピタットプラン 1GBまで 月額3,278円(2年契約)

 

4GBまで 月額4,928円(2年契約)

 

家族3人以上で利用すれば、1,100円の割引きが受けられます。

 

家族5人と仮定すれば

 

1GBまでの月の支払料金は(3,278円-1,100円)×5人=10,890円

3GBまでの月の支払料金は(4,928円-1,100円)×5人=19,140円

 

になります。

 

SoftBank

ミニフィットプラン 1GBまで 月額3,278円

 

3GBまで 月額5,478円

 

家族割はありません。

 

家族5人と仮定すれば

 

1GBまでの月の支払料金は3,278円×5人=16,390円

3GBまでの月の支払料金は4,928円×5人=24,640円

 

になります。

 

各社小容量プランを並べてみると・・・やはり圧倒的に新しい格安プランの方が安いですね。

 

たとえば、ahamoに家族5人が乗り換えれば

 

2,970円×5=14,850円 になります。

 

ショップでは取り扱いの無いオンライン限定契約だったり、キャリアメールアドレスが使えなかったりする事情を差し引いても、乗り換えるメリットは充分ありそうです。

 

スマートフォンで大容量のデータを使っている方

 

月額料金を安くする方法

先のグラフで、右側の方に位置する30GBから100GB以上の方も1割程度いらっしゃいます。21GB以上使っている方まで含めれば、2割近くになります。

 

実際に外出先で、大量のデータを消費しているのであれば、適正なプラン選択とも言えます。

 

しかし、外出先で100GB近くデータを消費する方でも、月々の通信料を抑える手段はあります。携帯電話を通話だけのプランにして、モバイルWi-Fiを使う手があります。

 

スマートフォンだけでなく、パソコンやタブレットの他、ゲーム機等も自由にWi-Fiで接続が可能になります。

 

オススメするモバイルWi-Fiルーターは、「クイックWiFi」が一押しです。

 

 

クイックWiFiは、3キャリアに対応するクラウドSIMのモバイルWi-Fiです。クラウドSIMは、物理的なSIMを搭載していません。日本中どこでも、3キャリアの中から最適な電波を利用するため、場所を選ばず繋がる安心感があります。

 

一月に100GBのデータを自由に使用することが出来て、月額3,718円です。

 

今なら、8,000円のキャッシュバックが受けられます。

 

クイックWiFiのキャッシュバックキャンペーン詳細については、以下をご覧ください。

 

https://quick-wifi.com/

 

 

どこで大量のデータを利用しているか?

前項で消費する場所を「外出先」と限定したのには、訳が有ります。

 

自宅でも携帯電話の回線を使って、たとえば動画視聴などをしていらっしゃるケースでは、全体の通信料を大きく下げる手段が有ります。

 

自宅で大量のデータを使うなら、モバイルWi-Fiルーターを使う事も手段としてありますが、通信速度や回線の安定感を考えれば、光回線の利用が最適です。

 

光回線なら高品質で高速な通信を、本当の無制限で利用できます。

 

先ほどと同様に、株式会社MM総研の発表では、スマートフォンによるデータ通信の約7割の消費は、携帯電話回線ではなく光回線を使ったWi-Fi環境での利用です。

 

 

(出典:MM総研

 

このデータは、スマートフォンの月間Wi-Fiデータ通信量で、単位はGBです。

 

多くの方が外出先では3GB以下の消費でも、実際にスマートフォンで使うデータ量は、その何倍にもなっています。この数値は自宅での使用データ量なので、外出先のデータ使用量と合わせれば、平均して約25GB以上を利用していることになります。

 

自宅は光回線でWi-Fi・外出時のみ格安SIMの利用がベスト!

光回線を自宅に導入する事で、携帯電話のプランを小さいデータ容量へと見直し、安価にトータルの通信費を抑える手段は、とても合理的です。

 

実際に多くの方が、その手段をとっています。

 

光回線を入れる事で、スマートフォンをWi-Fi環境で快適・無制限に利用だけでなく、IoTの家電で便利さを享受したり、大画面テレビで動画を楽しんだりするなど、生活スタイルが大きく便利に変わります。

 

しかし、もう一段階の通信費削減プランがあります。

 

それは、光回線の導入に併せて、使っていたキャリアの携帯電話回線を、格安SIMに乗り換える事です。

 

格安SIMとは?

電波は公共の財産であり、国(総務省)が管理しています。携帯電話事業も例外では無く、国から認可を受けなければサービスの提供は出来ません。

 

日本で認可を受けている携帯電話事業者は、DoCoMo・au・SoftBank・楽天モバイルで、この4社をMNO(Mobile Network Operator)と呼びます。

 

MNOで事業展開するためには、自社で全国に接続回線やアンテナ等の大きな設備投資が必要です。

 

先に挙げた、ahamo・povo・LINEMOは、格安を全面に打ち出していますが、MNOの中にある一つのプランであり、格安SIMではありません。

 

格安SIMと呼ばれるのは、自社で設備を持たないで、MNOの回線の一部を借りて運営する事業者です。設備投資が必要無い事で、格安価格で通信サービスを提供しています。

 

格安SIMは、MVNOと呼ばれています。仮想移動体通信事業者(Mobile Virtual Network Operator)の意味です。

 

でも、「回線の一部を間借りしているなら、回線速度が遅いのでは?」という、疑問をお持ちになっている方も多いですよね。

 

格安SIMの通信速度

通信速度には、上りと下りがあります。写真や動画を自分のスマートフォンからアップする時は上りで、動画鑑賞したりネット閲覧したりするのは下りです。

 

実際にスマホがサクサク動くと言われる快適な下り速度は

 

メール・LINEで128kbps~1Mbpsです。

 

ウェブを閲覧する為にはテキスト中心のサイトで1Mbps程度です。

 

大きな写真が混在しているサイトで10Mbps程度です。

 

動画は解像度にもよりますが、5Mbpsから20Mbpsの速度があれば快適に視聴出来ます。このスピードを下回ると使えないという事ではありません。あくまで快適にサクサク使うために必要なスピードです。

 

サービスを提供する企業が公表している速度は、理論上のベストな数値です。

その速度が現実に出る事は、基本的にありません。

 

実際にその回線を使っているユーザーが、計測している「みんなのネット回線速度」を見てみましょう。理論上ではない、リアルな数値が出てきます。

 

代表的な格安SIMの一つとして、「OCNモバイルONE」の速度レポートの場合、直近3ヵ月に計測された511件の測定結果の平均値は

 

下り平均速度 56.09Mbps

上り平均速度 11.6Mbps

 

と、なっています。

 

数値を見てご理解頂けるように、快適に使える速度を充分に上回っています。

 

どう選ぶ?光回線?

光回線サービスを提供する企業は、数多くあります。NTTの光回線フレッツ光を利用する、光コラボ事業者は優に500社を超えます。

 

その中から、選ぶポイントは以下の通りです。

 

回線品質と速度

IPoE IPv6接続に対応している光回線の事業者を選択してください。

 

 

(出典:NTTPC公式サイト

 

同じフレッツ光の回線を利用していても、新しい接続方式のIPoE は、当初からLAN規格(イーサネット)の利用を前提として構築されていて、理論上の通信速度はPPPoEよりもIPoEの方が、10倍速くなります。

 

現在、最も広く使われているIPv4はPPPoEのみの対応で、IPoEには対応していません。

 

格安SIMの割引きがある

光回線を導入して、携帯電話の契約内容を見直すことで、通信費全体が下がります。

 

格安SIMに乗り換える事で、もっと安くする事が可能になりますが、回線契約者には格安SIMの料金から、さらに割り引く光回線事業者がお得になります。

 

特典キャッシュバック

光回線は、何処で契約しても回線サービスや回線クオリティは、全く同一です。通信事業者の公式サイトで行っている特典にプラスして、代理店独自の特典キャッシュバックを受け取る方が得策です。

 

おすすめの光回線は?

具体的にオススメする光回線をご紹介します。

 

OCN光

 

NTTグループのNTTコミュニケーションズが提供する光コラボ「OCN光」は、月額価格の安さと高い技術力に加え信頼が大きく、光コラボの人気はいつもトップクラスです。

 

OCN光は、IPv6(IPoE)に標準対応していますが、さらに2021年6月1日より、「IPoEアドバンス」のオプション提供を始めました。快適な次世代インターネット接続方式のIPoE(IPv4 over IPv6)が、さらに高品質で超快適なインターネット環境になります。こだわりの回線品質に、一層磨きが掛かっています。

 

格安SIM「OCNモバイルONE」の割引が受けられます。

 

 

(出典:OCNモバイルONE公式

 

1GB/月で月額770円・3GB/月で月額990円・6GB/月で月額1,320円・10GB/月で月額1,760円です。

 

 

(出典:OCNモバイルONE公式

 

さらにOCN光の契約者は、家族全員の割引が受けられ、おトクです!

 

家族5人で1GBプランを契約した場合のシミュレーションをしてみます。

 

OCNモバイルONE 1GBプラン 1GBまで 月額770円

 

家族5人で利用した場合は、人数分だけ各220円の割引きが受けられます。

 

(770円-220円)×5人=2,750円

 

OCN光のマンションタイプ月額料金は、3,960円です。

 

スマートフォン月額×5人分 2,750円+光回線月額3,960円=6,710円

 

になります。

 

家族5人分のスマートフォンを維持して、自宅では家族全員光回線のWi-Fiで無制限に楽しんでも、通信費合計は6,710円になります。

 

大手の携帯プランの時の通信費総額と比較すれば、一桁安くなっていますね。

 

キャンペーン詳細については、以下をご覧ください。

 

https://ocn-h.com/campaign/cashback.html

 

 

@TCOMヒカリ

 

自社データセンターを保有し、自社光ファイバーケーブルを運用するなど、単にプロバイダとしてだけで無く、豊富な技術力が有り人気があります。

 

格安SIM「LIBMO」や「UQmobile」の割引が受けられます。

 

「LIBMO」は一般的に格安SIMは、10GB程度までのプランに強いですが、容量が大きくなるとメリットが少なく、割高なプラン設定になるか、プラン自体が無い場合もあります。

 

 

(出典:LIBMO公式

 

しかし、格安SIMのLINEMOは20GBプラン・30GBプランを競争力がある安価な価格で提供していて、外出先でもそれなりのデータ量を消費する方の、光回線との組み合わせとして最適です。テザリングする機会があっても、余裕を持って対処出来ます。

 

さらに!お得なキャッシュバックも、是非ゲットしてください。キャッシュバックキャンペーン詳細については、以下をご覧ください。

 

https://t-hikari.com/campaign/cashback.html

 

SoftBank光

 

高額なキャッシュバックを狙うなら、SoftBank光です。巨大通信企業ソフトバンクが運営していて、光コラボの中でトップクラスの人気を誇ります。

 

スマートフォンもSoftBankユーザーなら、家族も含めて一人あたり毎月1,100円の割引が受けられます。厳密には格安SIMではありませんが、サブブランドとしてY!mobileがあり、こちらも毎月550円の割引が受けられます。

 

 

(出典:ワイモバイル公式)

 

Y!mobileはSoftBankの回線をそのまま利用するサブブランドです。

月額料金は4GBで2,178円・15GBで3,278円・25GBで4,158円です。

 

さらに!お得なキャッシュバックも、是非ゲットしてください。キャッシュバックキャンペーン詳細については、以下をご覧ください。

 

https://sb-hikari.com/campaign/cashback.html

 

 

法人や店舗など事業用途ならフレッツ光

 

ここまでご紹介してきた光回線は、プロバイダ契約がワンセットになっている「光コラボ」です。

法人や店舗など、仕事場に光回線を導入する場合は、事情が少々異なります。

 

法人名義で光回線を契約する場合は、光コラボではなく「フレッツ光」をオススメします。

以下のメリットが有るからです。

 

1. 請求書払い

 

光コラボはカードでの支払いが一般的ですが、フレッツ光は請求書払いが出来ます。

 

2.サポート

 

24時間サポートオプションがあります。

 

3.固定IP

 

自社サーバーでホームページの運用や、外出先から接続出来るサーバーの構築が出来ます。

 

4. プロバイダ(接続業者)の変更

 

将来的に自社のシステムを発展させた場合、接続業者によっては対応出来ない場合でも、容易にプロバイダだけの変更が可能です。

 

法人や店舗の契約も、光コラボと同様にNTTに直接申し込むよりも、キャッシュバック特典が受けられる代理店の契約がお得です。

 

キャンペーンの詳細は、以下のリンクを御確認ください。

 

フレッツ光キャンペーン一覧 NTT東日本エリア
【NTT東日本エリア】フレッツ光キャンペーン一覧。当サイトならキャッシュバックまたは豪華特典+NTT公式割引♪とキャンペーンの併用が可能!当サイト限定の豪華特典キャンペーンには新品パソコン・人気タブレット・PS4や任天堂スイッチなどの最新ゲーム機などおトクなキャンペーンが勢揃い!

 

フレッツ光キャンペーン一覧 NTT西日本エリア
【NTT西日本エリア】フレッツ光のキャンペーン一覧。当サイトならキャッシュバックまたは豪華特典と選べるキャンペーンに加え、NTT西日本公式キャンペーンとも併用が可能!商品特典には新品パソコンや人気タブレットにPS4や任天堂スイッチなどの最新ゲーム機も!他にはない機器特典を多数ご用意♪

 

 

タイトルとURLをコピーしました