povoはauひかりとのセット割対象外?おすすめの乗り換え先とは

WiFi

povoはauひかりのセット割対象外

auが発表したオンライン専用プランであるpovoですが、実はauひかりとのセット割である「auスマートバリュー」の対象外だということを知っていましたか?

 

そのほかにも、povoではauで提供されている以下の割引サービスは提供されていません。

 

  • ​​家族割プラス
  • au PAY カードお支払い割
  • 家族間通話料・SMS利用料の割引

 

せっかくpovoはもともとの月額料金が安くなるのに、いままでの割引が対象外になるということで、「いったい、どうすれば通信費を安くできるの?」と思っている人もいることでしょう。

 

そこでこの記事では、povoを利用したときの月額料金と、povoを利用せずに割引を使った場合で、どっちのほうが支払い料金が安いのかを比較していきます。

 

また、auスマートバリューが対象外になっていることに合わせて、povoと一緒に使うことがおすすめな光回線も解説。povoユーザーや、利用を検討している人は必読です。

 

auの新プラン「povo」とは?

そもそもpovoとはどのようなものなのでしょうか?

 

povoの正体がわからないことには、利用する気にもなりませんよね。しかし、CMやYouTube広告にも出てくることから、気になっている人は多いはず。そこでここでは、auの新プランである「povo」がいったいどんなものなのかについて解説します。

 

povoに関する情報を知れば、確実に興味が深まるはず。もしかすると、いままで他のプランでauのスマホを使っていたことを後悔することになるかも知れません。

 

povoという名前を耳にしたことがある人はもちろん、耳にしたことがない人でも、スマホユーザーなら知っておくべきものです。

 

povoはオンライン専用プラン

povoはauが発表したオンライン専用プラン。オンライン専用ということで、申し込みもサポートも全部オンラインで行います。よって、auの店舗などではpovoに関する相談などもできなくなっているのです。

 

なぜオンライン専用になっているかというと、povoに関する申し込みなどの業務をすべてオンラインにすることによって、工数・人件費を削減しているから。つまり、オンライン専用にしていることによって、この安さが実現しているということです。

 

具体的にどれくらい安いかというと、従来プランである「povo 1.0」では月額2,728円、新プランである「povo 2.0」は180日間データ150GBのトッピングを利用することで毎月25GBを2,100円程度で利用できるというほど。

 

povoの最大の魅力である料金の安さと、大きな特徴であるオンライン専用だということは表裏一体なのです。

 

自分にぴったりなプランが選べる

オンライン専用プランは、ソフトバンクの「LINEMO」・ドコモの「ahamo」・auの「povo」というように3種類あります。さらに月額料金の安さを考えたときには、格安SIMスマホとも比較されがちです。

 

このようにスマホの種類・プランはたくさんあるものの、povoには他にはない圧倒的に特徴的なプランがあります。

 

それが「povo 2.0」というプラン。基本料金が0円で自分だけのプランを作り出すことで、無駄のないぴったりな支払いが可能になります。具体的にどんなトッピングがあるのかは以下のとおりです。

 

種類トッピング詳細料金
データトッピングデータ使い放題330円/24時間
データ1GB追加390円/7日間
データ3GB追加990円/30日間
データ20GB追加2,700円/30日間
データ60GB追加6,490円/90日間
データ150GB追加12,980円/180日間
コンテンツトッピングDAZN使い放題パック760円/7日間
smash使い放題パック220円/24時間
通話トッピング5分以内通話かけ放題550円/月
通話かけ放題1,650円/月

 

以上の表のなかから、自分で自由にプランを組み立てられるのです。

 

「ギガ活」で楽しくお得に利用可能

さらに、povoには「ギガ活」という楽しくお得に利用できるサービスがあります。

 

「ギガ活」とは、新プランである「povo 2.0」において日常のさまざまなお店やサービスの利用でGが貯まる活動のこと。2021年9月下旬からサービス開始予定です。

 

具体的には、日常で利用する店舗でギガを「もらう」、街中やバーチャルイベントなどに隠れているギガを「さがす」、抽選などでギガが「あたる」という3つの取り組みを実施。たとえば「ローソン」において、au PAYでの支払いで500円以上購入すると300MBのデータがもらえるなどです。

 

さらに「ギガ活」における新しい取り組みとして、2021年秋から「FIND povo」というものもスタート。povoのブランドカラーである黄色いアイテムを探すことによってら通常よりも多くのギガがもらえるようになります。

 

【比較】povoの月額料金とセット割ではどっちが安い?

いくらpovoは安く利用できるとはいえ、auひかりとのセット割である「auスマートバリュー」が利用対象外であることに加えて、他の割引サービスが利用できないこととなると、通信費を総合的に安くできるのかに不安が残ると思います。

 

そこで、ここではpovoの月額料金とセット割などの割引を使いながらauの通常プランを使った場合を比較します。

 

実質料金を比較することによって、どのようなプランで通信費を削減していくべきなのかが明らかになること間違いなし。povoの利用を検討している方はぜひ参考にしてください。

 

povoを利用したほうが安い

結論としては、auの通常プランを利用しながらさまざまな割引を使用するより、割引サービスが使えないとしてもpovoを利用するほうが安くなります。

 

なぜなら、さまざまな割引を受けたうえでの総割引額より、auの通常プランからpovoへ乗り換えたことによるスマホ使用料金の減り方のほうが大きいからです。

 

つまり、セット割などのあらゆる割引を捨ててでも、auの通常プランではなくオンライン専用プランであるpovoを使うべきだということ。

 

セット割が使えないということで、光回線もauひかりより安いものに乗り換えることによって、通信費の合計はさらに安くすることができます。

 

povoと通常プランとの料金の違い

実際にpovoと通常プランではどれほど違うのかは以下の表をご覧ください。表は月間20GBを使用、家族割には3人以上で加入しているものと想定して作成しています。

 

 povo 1.0povo 2.0使い放題MAX 5G/4G
月額料金2,728円2,700円7,236円
家族割プラス-1,100円
auスマートバリュー-1,100円
au PAY カードお支払い割-110円
合計2,728円2,700円4,928円

 

表を見れば、povoがどれだけ安く利用できるかわかるでしょう。

 

さらに「povo 2.0」は、トッピングによって「90日間で60GB(1ヶ月あたり20GB)」「180日間で150GB(1ヶ月あたり25GB)」というものもあり、月額料金に換算すると表で示した2,700円よりも安く利用することができます。

 

つまり、ただでさえ安いpovoですが、毎月20GBが必要になるとわかっているのであれば、もっと安く利用することができるのです。

 

povoのほうが高くなることも

しかし、povoを利用していたほうが月額料金が高くなってしまう場合もあります。

 

それは1ヶ月間毎日のように「データ使い放題」のトッピングをしている場合や、20GBでは足りずに何度もデータの追加を行っている場合です。

 

なぜこのようなことが起きるかというと、auのメインプランである「使い放題MAX 5G/4G」はその名のとおりデータが使い放題であることに対して、povoは月額プランとしての使い放題が用意されていないからです。

 

「povo 1.0」においては、1GB追加に550円・24時間データ使い放題に220円がかかります。「povo 1.0」においては、1GB追加に390円・24時間データ使い放題に330円です。

 

たくさんデータを使う日と全然使わない日がはっきりと分かれているのなら、24時間データ使い放題を駆使することによって、「使い放題MAX 5G/4G」よりも安い料金で済むかも知れませんが、基本的には大容量のデータを使いたいなら「使い放題MAX 5G/4G」のほうが安いと考えていたほうがいいでしょう。

 

povoを利用するなら別の光回線を

povoを利用することでauひかりとのセット割である「auスマートバリュー」が使えなくなることがわかったと思います。セット割が効かなくなったということは、他の光回線を使ってもいいということです。

 

実際、auひかりを利用するよりも月額料金が安いものや、キャンペーンによってauひかりをこのまま使っているよりもお得になることがあります。

 

そこで、ここではpovoを利用するときにおすすめの光回線を3つ紹介します。

 

povoを利用しているのにauひかり以外の光回線を使わないのはもったいないこと。現在povoを利用している方や、これからの利用を検討している場合にはぜひ頭に入れておくべきものです。

 

povoに最適な光回線1. @TCOMヒカリ

 

povoに最適な光回線1つ目は「@TCOMヒカリ」です。

 

@TCOMヒカリは、NTT東日本/NTT西日本が提供する「フレッツ光」と@TCOMのプロバイダがセットになった、高品質&オトクなインターネット接続サービス。利用料金は以下のとおりです。

 

戸建て5,610円
マンション4,180円
ヒカリ電話料金550円〜
テレビオプション料金825円
リモートサポート機能550円

 

さらには、最大19,800円の工事費を割引してくれたり、契約事務手数料の3,300円を初回事務手数料から割引をすることで実質無料にしてくれたりという特典がついてきます。

 

地域などのエリアによっては、auひかりよりもインターネット回線速度が早くなる可能がありますので一度検討しておくことをおすすめします。

 

@T COM(アットティーコム)ヒカリ キャッシュバック
TOKAIコミュニケーションズ提供の光コラボレーションモデル「@T COM(アットティーコム)ヒカリ」の戸建て(ファミリー)、マンションタイプの月額料金・サービス内容。ただいまお得なキャッシュバックキャンペーン実施中!

 

povoに最適な光回線2.ぷらら光

 

povoに最適な光回線2つ目は「ぷらら光」です。

 

ぷらら光は、月額利用料金が安いことが魅力の回線となっています。スマホとのセット割がなくても基本料金が安く、IPoE IPv6接続が無料提供・WiFiルーターのレンタルが永年無料などのキャンペーンも利用可能。auひかりから乗り換えて、できるだけ料金を安くしたいと思っているなら、ぷらら光一択です。

 

具体的な月額利用料金は以下のとおりです。

戸建て5,280円
マンション3,960円
ひかりTV990円

 

ぷらら光は最大65,000円のキャッシュバックを受け取れます。ぜひ一度、ぷらら光の申込サイトでチェックしてみましょう。

 

ぷらら光 キャンペーン一覧
NTTぷらら提供の光インターネット「ぷらら光」のおトクなキャンペーン実施中!今ならもれなく限定キャッシュバック実施中。

 

povoに最適な光回線3.ソフトバンク光

 

povoに最適な光回線3つ目は「ソフトバンク光」です。

 

ソフトバンク光は、他の光回線事業者に比べてキャンペーン内容が抜群にいいものです。現在開催されているキャンペーンは全部で8つ。料金や割引に関するキャンペーンに加えて、プレゼントがあるキャンペーンもあります。

 

具体的な開催されているキャンペーンは以下のとおり。

 

  • SoftBank 光 乗り換え新規でキャッシュバック/割引キャンペーン
  • ハッピーバリュー!キャンペーン
  • SoftBank 光 ファミリー・10ギガ限定キャンペーン
  • おうち割
  • SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン
  • SoftBank 光 加入特典

 

なかには、ソフトバンクのスマホとセットでのキャンペーンもあるため、povoを利用している人には適用されないものもあります。しかしながら、ほとんどのキャンペーンには該当しているため、どんな特典を受け取れるのかを確かめておきましょう。

 

ソフトバンク光キャンペーン一覧 | 豪華特典を最短2週間還元
SoftBank 光(ソフトバンク光)の新規加入で最大70,000円キャッシュバックまたは新品パソコン・タブレット・人気ゲーム機などの豪華特典♪と選べるキャンペーン実施中!ソフトバンクの公式キャンペーンとも併用可能でダブルでお得。

 

光回線が使えないなら「ソフトバンクエアー」を

 

もし何らかの事情によって光回線が使えない方もいるはずです。たとえば、住んでいる場所が光回線のエリア外だったり、工事不可だったり。引越しが多いことによって、工事費がかかる光回線を避けている方もいるかも知れません。

 

そんな方におすすめなのがホームルーター。そのなかでも「ソフトバンクエアー」がおすすめです。なぜなら、ソフトバンク光と同じようにキャンペーンが充実しているからです。開催されているキャンペーンは以下のとおり。

 

  • SoftBank Airスタート割プラス
  • ハッピーバリュー!キャンペーン
  • U-25限定 SoftBank Air 割引
  • SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン

 

光回線を利用できないという方はぜひ、ソフトバンクエアーの利用を検討してみてください。

 

ソフトバンクエアーキャンペーン一覧 最短2週間還元!
SoftBank Air(ソフトバンクエアー)新規加入キャンペーンのご案内。当サイトなら最大70,000円のキャッシュバックまたはパソコンやテレビにゲーム機などの豪華特典と選べるキャンペーンを実施中♪さらにソフトバンク公式キャンペーンと併用可能でダブルでお得!

 

povoを使うならauひかりから乗り換えよう

povoはauひかりとのセット割である「auスマートバリュー」を含めた、さまざまな割引の対象外プランとなっています。しかしながら、割引サービスを適用するよりも料金が安くなるので、利用することはおすすめ。

 

ポイントは、povoを契約したあとにどの光回線を使うのか。セット割の適用対象外ということで、もうauひかりを使い続ける必要はありません。

 

本記事においては以下の3つの光回線をおすすめしました。

 

  1. @TCOMヒカリ
  2. ぷらら光
  3. ソフトバンク光

 

どれも魅力的な光回線ですので、いったん情報を確認しておくべきでしょう。また、光回線が使えない場合にはホームルーターである「ソフトバンクエアー」を使うのがおすすめですよ。

 

光コラボレーション | BBN
NTTフレッツ光の品質はNTT回線そのままに、価格を安くご利用するなら光コラボレーションが断然おトクです!

 

 

タイトルとURLをコピーしました