格安スマホと光回線がセットで安くなるおすすめの3つの組み合わせをご紹介!

モバイル

近年ではdocomo、au、ソフトバンクという大手3キャリアの他に、「格安スマホ」が参入してくる時代になりました。

 

大手キャリアを使っている人であればこれまでの携帯代金を頑張って抑えても毎月6,000〜7,000円くらいで、たくさん利用する人であれば、1万円を超えるという人も少なくありません。

 

それに加えて、自宅やアパートなどでWiFiも使用する場合には、更に毎月の金額がかかってしまいます。そこで、格安スマホであれば、今までの料金を半額以下に抑えることができて、光回線とセットで更にお得になることが可能なのです。

 

そこで今回は格安スマホの魅力や、光回線とのセットで安くなるオススメの3つの組み合わせについてご紹介していこうと思います。

 

格安スマホ(格安sim)とは

まず始めに、格安スマホについてご紹介します。格安スマホとは、自分たちの会社で通信設備などを持つことなくdocomo、au、ソフトバンクの大手3キャリアから回線を借りて使えるスマートフォンのことです。

 

設備の維持費などが一切かからないので、その分安く提供できるというメリットがあります。有名なものを上げると、auのサブブランドであるUQモバイルや、ソフトバンクのサブブランドであるワイモバイルなどが該当します。また、格安スマホと同様に「格安sim」という言葉もよく使われていますが、厳密には意味が異なります。

 

simカードというのは自分の携帯電話番号などを記憶しているメモリーチップのようなものです。そのため、現在使っている携帯電話をそのまま使用したまま、格安スマホにしたいという場合にはsimカードだけを契約して使うことができます。

 

そして契約した格安simを入れた携帯電話こそが、「格安スマホ」になるのです。

 

また、docomo、au、ソフトバンクの大手キャリアは移動体通信事業者と称され、別名MNO(Mobile Network Operator)と呼ばれているのに対して、格安スマホを提供している会社は想移動体通信事業者と称され、MVNO(Mobile Virtual Network Operator)と呼ばれています。一応覚えておきましょう。

 

格安スマホのメリット

格安スマホにするメリットとは一体何なのでしょうか。それは、なんと言っても価格の安さです。

 

大手キャリアであればデータ通信量と電話の基本プランだけで6,000〜8,000円超える場合もありますが、格安スマホのプランは、データ通信量と電話プラン込みでも2,000〜3,000円と、大手キャリアに比べて半分以下の料金で使用することができます。

 

また、携帯本体に関しても、そのまま継続して使用することができるのもメリットと言えるでしょう。人によっては、新しい機種を単品で購入した後に、simカードだけ契約する人もいます。

 

以前までは格安スマホに切り替えることによって、通信速度が大手キャリアに比べると劣っているという問題もありましたが、今では品質も格段に良くなってきています。

 

携帯で動画をあまり視聴しない人はもちろん、普段からSNSやアプリ、ゲームなどをしている人でも、格安スマホに変えることで大幅に料金を下げることができるのです。

 

また、「自宅で携帯をたくさん使ったりしているけど毎月の料金を下げたい」という場合は、格安スマホと光回線のセットで利用すると更にお得になります。

 

光回線(Wi-Fi)とモバイルWi-Fiの違いは

光回線とはWi-Fiの一種で、その他にモバイルWi-Fiがあります。光回線とモバイルWi-Fiの違いは主に速度です。光回線はモバイルWi-Fiに比べて速度が圧倒的に早いです。

 

しかし、光回線を自宅で導入するためには工事が必要になったり、モバイルWi-Fiのように持ち運びができるということではないので、一度自分のライフスタイルを考えてみるようにしましょう。

 

もしあなたが、家にはほとんどいなく、外出先で作業する割合が高い場合にはモバイルWi-Fiがいいと思いますが、普段から自宅でパソコンでの作業が多く、オンラインゲームなどをしたり、パソコン代わりにスマートフォンを使って動画を視聴するのであれば、光回線を契約するのがオススメです。

 

おすすめの組み合わせ

光回線との割引が適用される場合は大手キャリアのイメージが強いかもしれませんが、格安スマホでもセット割引があります。

 

格安スマホと光回線のおすすめセット割引の組み合わせを3つご紹介します。

 

OCNモバイルONEとOCN光

 

初めに紹介するのがOCNモバイルONEとOCN光です。ドコモの子会社化を予定しているOCN(オーシーエヌ)モバイルONEとフレッツ光の回線の提供を受けているOCN光です。

 

OCNモバイルONEはドコモ回線を使用しており、ドコモ回線の通信品質が格安スマホを提供している企業の中で2期連続総合1位を獲得しています。

 

 

(出典:OCNモバイルONE公式サイト)

 

OCNモバイルのプランは以下の通りとなっています。

 

プランデータ通信
(税込)
⾳声通話
(税込)
OCN光モバイル割
(税込)
1GB770円▲220円
3GB858円990円
6GB1,188円1,320円
10GB1,628円1,760円

 

データ通信だけのお値段と通話込みのお値段はそこまで変わらないので、音声通話込みを選ぶことをオススメします。

 

普段使わない人でも1GBはさすがに容量が少ないと思うので、3GBを選ぶ人が多いと思いますが、割引無しで税込1,000円切ります。また、OCN光も契約している場合には「OCN光 モバイル割」という割引が適用され、スマホ1台につき220円(税込)の割引が加わります。

 

最大で5台までは割引が適用されるので、220円×5台=1,100円の割引が加わり、非常にお得です。

 

OCN光については一戸建ての場合は月額5,610円(税込)、マンションに住んでいる場合は3,960円(税込)と、業界最安値のお値段で光回線を利用することができます。

 

また、2年自動更新型割引プランを契約している場合には、毎月1,210円(税込)の割引を受けることが可能です。

 

OCN光はIPoEという通信方式を採用しており、従来の通信速度よりもストレスなくスムーズに動画の視聴や音楽のダウンロードもできます。

 

更には、OCN光を開通する際には自宅に無料で訪問してくれるサービスもあるので、「契約したけど設定方法がわからない」という人にとっても安心です。

 

OCNモバイルONEのデータ通信1GBとOCN光をセットにすると合計月額4,510円~、戸建てタイプでも合計月額6,160円~という格安で使用することができるのです。

 

今ならOCN光を契約する際に指定のオプションを勧誘することによって最大で30,000円分のキャッシュバックキャンペーンもあるので、  是非一度確認してみましょう。

 

https://ocn-h.com/campaign/

 

ソフトバンク光とワイモバイル

 

2つ目がソフトバンク光とワイモバイルです。ワイモバイルはソフトバンクの回線を利用しているため、ソフトバンク光と組み合わせることで、割引の対象となります。

 

まずは、ワイモバイルの料金形態をみてみましょう。

 

2021年2月にワイモバイルは新料金プランを発表しました。それがシンプルS・M・Lプランです。

 

・シンプルSプランは3GBまで使用可能で税込2,178円

・シンプルMプランは15GBまで使用可能で税込3,278円

・シンプルLプランは25GBまで使用可能で税込4,158円

 

また、ワイモバイルには月額、税込550円加入できるデータ増量オプションがあるのですが、加入した場合は1年間無料でデータ容量を増やすことができます。

 

 

(出典:ワイモバイル公式サイト)

 

データ増量オプションした場合は以下の通りになります。

 

・シンプルSプラン 3GB→4GB

・シンプルMプラン 15GB→18GB

・シンプルLプラン 25GB→28GB

 

データ通信だけではなく、電話もたくさんするということであれば、

 

国内通話10分間     税込770円

国内通話24時間かけ放題 税込1,870円

 

2つの電話プランも用意されています。

 

ワイモバイルとソフトバンク光をセットで利用すると、「おうち割 光セット」という割引が適用され、毎月1,188円の割引を受けることができます。

 

格安スマホとは思えないほどの割引価格です。最大スマホ10台まで割引を受けることができるので、家族がワイモバイルであれば更にお得です。

 

おうち割引を適用することによって、シンプルSプランの場合は月額990円〜使用することが可能になります。

 

次にソフトバンク光の料金を見ていきましょう。

 

月額基本料金は、集合住宅の場合は税込4,180円、戸建て住宅の場合は税込5,720円です。

 

ソフトバンク光にはいくつものサービスがあり、例えば他社からソフトバンク光に乗り換えた場合には月額料金を1,100円×24カ月間の割引または、2,4000円のキャッシュバック(普通為替)をもらうことができます。

 

また、他社からソフトバンク光に乗り換えた際に生じる違約金や工事の撤去費用に関しては、全てソフトバンクで最大100,000円分還元されます。

 

逆に、他社の光サービスなどを利用しておらず、ソフトバンク光が初めての契約だった場合には、10,000円分のキャッシュバックもあるので、初めての方でも他社から乗り換える方であってもお得にソフトバンク光を契約することができるのです。

 

https://sb-hikari.com/campaign/

 

LIBMOと@TCOMヒカリ

 

最後に紹介するのがLIBMOと@TCOMヒカリです。LIBMOはTOKAIグループのTOKAIコミュニケーションが提供しており、持ち株会社のTOKAIホールディングスに関しては、静岡県に本社を置いています。

 

TOKAIグループは通信事業だけではなく、セキュリティやヘルスケアなど様々なサービスを提供しています。ドコモ回線を使用しているので、通信品質も安心です。LIBMOの特徴としては、格安スマホでありながらも小容量ではなく、大容量に力を入れています。

 

LIBMOの料金プランは5段階あり、以下のようになります。

 

プランデータ通信
(税込)
⾳声通話
(税込)
LIBMOセット割

(税込)

ライト528円1,078円
1GB748円1,078円▲110円
5GB1,265円1,518円▲110円
20GB1,991円1,991円▲220円
30GB2,728円2,728円▲330円

注目してみて欲しいポイントとしては20GBのプランです。

 

他の格安スマホの場合は20GBまでのプランがそもそも無い場合や、あっても3,000〜4,000円を超えるプランがほとんどでしたが、冒頭でも話した通り、LIBMOは大容量プランに力を入れているので、20GB1,991円という破格の価格で提供しています。

 

 

(出典:LIBMO公式サイト)

 

5GBのプランと比較しても、約500円で15GBも使用できるデータ量が変わってくるので、どれだけお得であるかが分かります。

 

通話サービスに関しても、30秒22円ではありますが、短時間ではあるものの頻繁に通話する場合であれば、毎月935円で10分間かけ放題というプランもあるので、LIBMOはデータ通信も通話サービスもまんべんなく使いたいという人にとっては非常にオススメです。

 

また、@TCOMヒカリも契約しているとセット割引が適用されます。ちなみに@TCOMヒカリのマンションタイプの場合は月額4,180円、ファミリータイプの場合は月額5,610円です。

 

セット割引はLIBMOの料金プランによって割引額が異なり、110円〜最大で330円の割引が適用されます。

 

そのため、LIBMOの20GBのプランと@TCOMヒカリのマンションタイプを選択した場合、5,951円で毎月使用することができます。

 

自宅以外の外出先でも、頻繁にスマホを利用して動画を視聴したり、SNSやゲームを楽しみたい人にとってはオススメです。

 

また、@TCOMヒカリをご加入の方は最大で39,000円のキャッシュバックや、月額の料金が12カ月間割引のサービスなどもあるので、気になった方は是非チェックしてみましょう。

 

@T COM(アットティーコム)ヒカリ キャッシュバック
TOKAIコミュニケーションズ提供の光コラボレーションモデル「@T COM(アットティーコム)ヒカリ」の戸建て(ファミリー)、マンションタイプの月額料金・サービス内容。ただいまお得なキャッシュバックキャンペーン実施中!

 

まとめ

今回は、格安スマホのメリットと光回線とセットで安くなる3つの組み合わせをご紹介しました。それぞれ様々な特徴があり、格安スマホでありながら充実したサービスと光回線セットの割引が適用されます。

 

普段から携帯電話の代金が高いと感じている人や、毎月の携帯代金は抑えたいけど、今まで通りのデータ通信量で使用していきたい人は、今回の記事を参考に、是非格安スマホと光回線のセットプランを検討してみてはいかがでしょうか。

 

タイトルとURLをコピーしました