ソフトバンク光のキャッシュバックはお得?他の光回線と比較して解説

フレッツ光

ソフトバンクグループは、孫正義氏が一代で築き上げた企業です。

 

2021年3月期のグループ連結売上は、5兆6,281億5,600万円に上り、純利益として4兆9,879億6,200万円を叩き出しています。

 

ソフトバンクグループの特徴・原動力として、「機を見て敏」「一度掴んだ顧客は離さない」「力業ででも引き込む」が有り、事業を広げる中でも一貫しています。

 

筆者には、離れて住む戦争を知る世代の親族がいます。そこそこ高齢なのですが、現役時代には大型コンピュータを扱う仕事に携わっており、パソコンの時代になると自宅にはIBM製の5インチフロッピー機を導入していました。それ故か、高齢の現在もwindows10のデスクトップ機にカラーレーザープリンターや、スキャナー・モノクロレーザープリンター・インクジェットプリンターを接続して利用しています。

 

当然光回線にも接続していて、インターネットを楽しんでいます。

 

その彼は、パソコン関係には明るくても、回線関係は「快適に繋がれば何でも良い」というタイプです。使っている光回線を地元のケーブル回線から、「SoftBank光」に変更した時の話を交えて、SoftBank光のキャッシュバックはお得なのか?他の回線と比較して解説します。

 

逃さない、攻めの経営

「機を見て敏」

 

時代の先読みをして、ココだと判断すれば果敢に動くのは、企業経営の教科書を見れば書いてある、当たり前のことです。

 

しかし、言うは易く行うは難しですが、企業の命運を賭けるようなチャレンジを、SoftBankは実際に行ってきています。

 

2006年に行われた、携帯電話事業の買収はその最たる物で、イギリスのボーダフォンから、日本で展開する携帯電話事業の株式・資産・負債を1兆7,500億円で買収しました。

 

当時の日本企業の買収案件としては、最高金額です。

 

多角的に事業を展開するソフトバンクグループの中で、携帯電話事業は今も中核事業であり、バーコード決済システムPayPay普及や、通販サイトとの連携など、複合的にハレーションを広げる武器になっています。

 

iPhoneの導入もSoftBankが最初でした。

 

まだガラケーが主流であった時代に、海のものとも山のものともつかぬiPhoneを、Appleと直接話を付けて独占的に日本へ導入しました。

 

携帯事業に参入した当初は、プラチナバンドと呼ばれる遠くまで届く、繋がりやすい周波数帯が割り当てられていなかったため、離脱する顧客を繋ぎ止める大きな武器になり、顧客増加への原動力になったのがiPhoneです。

 

それまで他社には無かった、SoftBankの携帯同士なら、夜8時まで通話無料の「ホワイトプラン」も画期的で、顧客数増に貢献しています。

 

なり振り構わない強引さも

「力業ででも引き込む」

 

インターネットの接続は、アナログモデムを使ったダイヤルアップ接続の時代を経て、ISDNでデジタル接続の扉が開かれ、2000年を向かえる頃に常時接続への扉はADSLで開かれました。

 

2001年頃の人出が多い街角で、「Yahoo!BB」のロゴが入った白いジャンパーを着た人たちが、白い紙袋に入ったモデムを配っていた事を覚えていませんか?

 

「高速通信のモデムです!」「無料です!是非お持ち帰り下さい!!」というセールストークに非常に驚き、面くらいました。

 

良くも悪くも画期的です。それまで電子機器を街角で通行人に無料で配る事なんて、考えてもみなかったことでした。

 

当時、ISDNを利用していた筆者は、ADSLにも興味津々のタイミングで、都内で何度も遭遇し、手に持たされたことも有りましたが、「ただより高いものはない」と思い直し、持って帰る事はありませんでした。

 

ISDNと比較したADSLの魅力は、通信速度です。ISDNが公称値64Kbps・電話料が倍になるデュアル接続で128Kbpsの時代に、ADSLは桁違いの公称値8M・12Mの常時接続を標榜していたからです。

 

ADSLは既存の電話線を利用しますが、NTTの局内工事が必要です。

 

NTT局内にある、ADSL事業者のDSLAMというモデムに機器に、自分の電話回線が接続されることで、契約したADSLが利用出来る仕組みになっています。

 

1本の回線が同時に複数のDSLAMには接続出来ず、迂闊に白い紙袋に入ったモデムを受け取ると、別のADSL事業者とは接続出来なくなり、Yahoo! BB側で解約工事(回復工事)を行わない限り、立ち往生する危険性がありました。

 

筆者の様なISDNユーザーは、ある日突然、電話もネットも一切利用出来なくなる事態に陥り、NTTに苦情を申し入れても、Yahoo! BB側が回復工事をしない限り、頭を抱えて身動きがとれない状態になるリスクが有ったのです。

 

「モデムばら撒き」政策で、大量にNTT局内スペースを大量に確保占拠して保留状態にすることにより、先行していた「イーアクセス」「アッカネットワークス」等は事業に影響を受けている申し出を総務省に行い、2001年の年末に160万回線分のスペースをYahoo! BBはNTTに返却しました。

 

強引とも言える手法に非難は少なからず有りましたが、日本の高速固定常時通信を一気に広げて、世界でも有数の普及率へと一気に押し上げる効果が有った事は、歴史が証明しています。

 

SoftBank光とは?

 

(出典:Softbank光公式サイト

 

いつの時代もパワフルな、ソフトバンクグループが提供するSoftBank光は、どんな回線でしょうか?

 

フレッツ光を利用する光コラボです

「フレッツ光」は、NTT東西が敷設した光回線です。フレッツ光を使ったインターネット利用には、別途必ずプロバイダが必要になります。

 

「フレッツ光+プロバイダ契約」と「光コラボ」の2通りの契約方法が有ります。

 

「フレッツ光+プロバイダ契約」という形態では、NTTとの回線契約に加えてプロバイダ契約が必要になり、ユーザーは二箇所での契約が必要です。

 

 

(出典:NTT西日本*一部改変)

 

フレッツ光+プロバイダ契約は、支払いがバラバラの2箇所になり、解りにくく手間が有る事に加えて、トラブルが発生した時には二箇所の窓口に問い合わせる必要があります。

 

ユーザーにとって、もっと使いやすいサービスの提供は、光ファイバー回線の利用普及に繋がると考えた総務省の指導と、契約先が一箇所で済むワンストップサービスを臨む消費者の声を受けて、2015年2月より、「光コラボ」サービスが開始されました。

 

 

(出典:NTT西日本*一部改変)

 

光コラボは、光コラボレーションを略した呼び方です。

 

光コラボを提供する沢山の事業者は、NTT東西からフレッツ光回線の卸での提供を受けて、プロバイダ機能に独自のサービスを組み合わせて販売します。

 

NTTは光回線の卸しの提供に限っているため、光コラボ事業者としてサービス提供は行っていません。契約先にNTT東西は絡まず、光コラボ事業者のみとの契約になります。

 

2021年10月現在の「光コラボ」事業者は、NTT東日本で530社・NTT西日本で235社あり、「SoftBank光」を扱うソフトバンクは、光コラボ事業者の一つです。

 

訪問勧誘

 

訪問勧誘は突然に

前述の高齢者親族が、地元のケーブルテレビの回線から乗り換えた事を聞いたのは、数年前です。回線品質に不満が有った中で、ある日突然、ソフトバンクを名乗る男女が自宅を訪問したそうです。

 

「携帯電話は何処の会社をお使いですか?」と聞かれたので

 

その当時利用してた「ソフトバンクです」と素直に答えたところ

 

「それはラッキーです!今、インターネット回線なんて利用してないですよね?」と聞かれたので

 

「地元のケーブルテレビの回線を利用しているよ」と回答しました。

 

「それでしたら、SoftBank光に乗り換える事で、携帯電話もインターネット回線料も安くなりますよ!」とたたみ掛けられました。

 

「でも、今使っている所を解約するとなると、色々と費用も掛かるし・・・」と素直に言うと

 

「それに掛かる費用は、当社で全額負担しますので大丈夫です!」とのこと。

 

内心、ガッツポーズしたそうです。

 

不満のあるインターネット回線が光回線になって、通信料が下がるだけで無く、携帯電話の料金まで安くなって、今利用している回線を始末する費用も全額負担してくれる。

 

なんて良い会社なんだ!携帯電話もソフトバンクで良かった!

 

と、当時少々興奮気味に筆者に対して、「SoftBank光」との契約に至る顛末を話してくれました。

 

湧き上がる疑問

「SoftBank光」では、「SoftBankあんしん乗り換えキャンペーン」を展開しています。

 

 

(出典:SoftBank光公式サイト

 

他社サービスを利用中のユーザーが、「SoftBank光」に乗り換え時の違約金や撤去費用を、最大10万円まで還元してくれます。

 

ADSL時代から続く「力業ででも引き込む」、有無を言わせぬパワーは健在です。

 

ユーザーにとってメリットが多く、むしろ乗り換えない理由が見当たらない!

 

快適な光回線を利用出来て、費用も安くなるなら良かったね!で終われば良いのですが・・・。

 

久しぶりに会った高齢の男性は、「安くなると言われて契約したのに、安くなっていない気がする・・・」と言ってきたのです。

 

金額を聞くと、確かに高い気がします。契約時の書類等は紛失していて手元に無く、月の明細も来る契約をしていないため、確認して精査する方法がありません。

 

仕方が無いので、SoftBankのお客様サポートに電話をして、契約内容の詳細を聞いてみました。

 

ルーターについて

なぜ?費用を支払って、ルーターをレンタルしているのか?大いなる疑問でした。

 

「SoftBank光」では「光BBユニットレンタル」という機器で、月額レンタル料は513円です。しかし、この機器単体のレンタルではWi-Fi環境を構築することが出来ません。別途「WiFiマルチパック」のオプションを選択することで利用できる様になりますが、月額レンタル料は1,089円です。

 

合計金額は月額1,602円になります。1年間で支払い費用は1,602円×12ヵ月=19,224円になります。1年間の支払い費用で、高性能なWiFiルーターが購入出来ます。

 

今日明日で、高性能なWiFiルーターをこちらで用意すれば問題無いと判断して、レンタルの解約を申し出ました。すると・・・

 

「IPoE IPv6が使えなくなりますけど、よろしいですか?」

 

完全に素人だと思って舐めてるな、何言ってるんだ?と思い

 

「いや、市販のルーターで、いくらでもIPoE IPv6接続に対応したルーターは販売されてますよね?」と問うと

 

「それは承知していますが、SoftBank光では、光BBユニットレンタル以外のルーターで、IPoE IPv6接続をご利用になる事は出来ません」との回答でした。

 

IPoE IPv6とは?

なるほど・・・と感心しました。「一度掴んだ顧客は離さない」の真骨頂です。「力業ででも引き込む」のに掛かるコストを、こういう所で回収していると、妙に納得しました。

 

IPoE IPv6接続について、ご説明します。

 

 

(出典:NTTPC公式サイト

 

光回線の従来からある通信方式は、PPPoEです。

 

PPPoEは、Point-to-Point Protocol over Ethernetの略で、電話回線の時代からある通信方式を、LANの規格であるイーサネットに対応させたものです。

 

これに対し、新しい通信方式が、IPoEです。

 

IPoE は、IP over Ethernetの略で、当初からLAN規格(イーサネット)の利用を前提として構築されています。

 

同じ回線を使っても、理論上の通信速度はPPPoEよりもIPoEの方が、10倍速くなります。

 

従来の「IPv4 PPPoE」を使った接続方式がもたらす、プロバイダのネットワーク終焉装置がボトルネックになっている状態を、次世代規格の「IPv6 IPoE」を使う事で、ネットワーク終焉装置を経由が無くなり、最大理論値の速度に近づける事が可能になります。

 

「SoftBank光」は「IPoE IPv6」の利用する事は可能ですが、通常の光回線とは異なり、専用のレンタルルーターを、月額レンタル料を支払って利用しなければ、ソフトバンク側で制御されていて、利用出来ない仕組みになっています。

 

インターネットの利用で、光回線・「IPoE IPv6」接続が、現在考えられる最も通信品質が良くなる組み合わせなので、市販ルーターを利用することで月額レンタル料は節約出来ますが、「IPoE IPv6」が利用出来なくなるのは、大きな痛手です。

 

おうち割 光セット

SoftBankのお客様サポートとの続きです。

 

「お客様の回線は、おうち割 光セットが適用されておりますので、そのまま光BBユニットレンタルをお使い頂いた方がお得ですよ!」と言うので、詳細を聞くと

 

「光BBユニットレンタル」月額513円+「WiFiマルチパック」月額1,089円+「ホワイト光電話」月額513円=1,924円 が、おうち割 光セットが適用されて、月額550円で済む上に、SoftBankの携帯電話の料金も安くなっているとのこと。

 

つまりルーターを解約すれば、おうち割 光セットが解除されて、携帯電話の割引き(因みに550円です)は無くなり、光電話は維持する必要が有るので、月額513円は支払う必要が有り、「IPoE IPv6」は使えなくなります。

 

ひとまず、ルーターの事は諦めて、他に加入して支払っているオプションを確認しました。

 

光回線の加入は、オンラインに限る

他にも、月額オプションを支払っていることが判明しました。

 

一部ですが、以下の通りです。

 

加入していたオプション

 

〇リモートサポートサービス

月額550円

 

パソコンや周辺機器・ソフトウェアなどに関する困りごとや相談を、電話オペレータの遠隔操作などでトータルにサポートするサービスです。

 

電話を一旦保留にして、契約している本人にこのサービスについて確認したところ、使った事が無いどころか、存在さえ知らなかったとのこと。

 

〇Yahoo! BB基本サービス

(プレミアム)月額605円

 

「Yahoo!メール」「Yahoo!ウォレット」などをご利用いただけるサービスです。PayPayモールやYahoo!ショッピングで通常よりもポイントが増額されるなど、数々の特典があります。

 

再度、電話を一旦保留にして、契約している本人にこのサービスについて確認したところ、こちらも使った事が無いどころか、存在さえ知らなかったとのこと。

 

〇とく放題

月額550円

 

食料品・日用品・レジャー&旅行が驚きの割引額で手に入る大特価SALEや、140万件以上の割引・優待、コンビニ人気商品の抽選プレゼントなどおトクが満載!使えば使うほど生活がおトクで楽しくなるサービスです。

 

再度、電話を一旦保留にして・・・以下同文です。

 

何故?このような事になるのか?

「SoftBank光」では、豊富なオプションが用意されています。理解した上で加入すれば、メリットが大きい方も多数いらっしゃると思います。

 

しかし、高齢者には必要の無いオプションばかりで、加入した認識も無ければ、希望したことも無いのが現実です。使わないままに、オプション料金だけが上乗せされている状態でした。

 

訪問営業した方は、正確にはSoftBankの社員ではありません。「SoftBank光」を扱う代理店の職員です。代理店が全部悪いわけではありません。携帯電話のショップも、SoftBankの看板を挙げていますが、実際に運営しているのは代理店です。auやdocomoも同様です。

 

契約した親族に聞くと、キャッシュバックは無かったとのこと。特典やキャッシュバックは、回線運営企業から直接出る事は無く、契約数に応じた販売手数料の一部を代理店独自で充てています。人を介すれば人件費が掛かり、店舗を運営すれば経費が掛かるため、出せる特典キャッシュバックの内容は、限られる・もしくは無しになります。

 

オプションの有無で、販売手数料は変わるため、よく解らない契約者を言葉巧みに誘導した可能性もあります。

 

人件費や店舗経費が掛かっていない、オンラインで運営する代理店の方が、特典キャッシュバックに出せる原資は必然的に大きくなり、メリットが有ります。勧誘や誘導も無く、自分にとって本当に必要なオプションを選択する事も、オンラインなら可能です。

 

オンラインの契約でゲットできる、キャッシュバックも加味しながら、「SoftBank光」を他の回線と比較して見ましょう。

 

ソフトバンク光 キャッシュバック条件 | 高額現金還元
SoftBank 光(ソフトバンク光)のお申し込みでキャッシュバックをお得に受け取るならぜひ当サイトまで!当サイトならオプションの加入なしでも30,000円キャッシュバック♪電話サービスなどお得なオプションに加入する場合なら最大33,000円のキャッシュバック!

 

「SoftBank光」の料金・費用を他社と比較

「SoftBank光」に掛かる料金を、他社と比較してみましょう。

 

マンション集合住宅タイプ

マンション 料金キャッシュバックセット割引契約期間途中解約の違約金
ソフトバンク光月額4,180円30,000円SoftBank2年10,450円
工事費26,400円Y!mobile
(乗換は実質無料)
NURO 光月額5,200円45,000円SoftBank2年10,450円
工事費44,000円+撤去費
→ 実質無料
ドコモ光タイプA月額4,400円15,000円docomo2年8,800円
工事費16,500円
→ 実質無料
ドコモ光タイプB月額4,620円20,000円docomo2年8,800円
工事費16,500円
→ 実質無料
楽天ひかり月額4,180円月額割引をCB換算無し3年10,450円
Rakuten UN-LIMIT IV利用していない工事費16,500円26,400円
楽天ひかり月額4,180円月額割引をCB換算無し3年10,450円
Rakuten UN-LIMIT IVユーザー工事費16,500円50,160円
OCN光月額3,960円5,000円OCNモバイルONE2年11,000円
工事費16,500円
ぷらら光月額3,960円50,000円ひかりTV無し無し
工事費16,500円
@TCOMヒカリ月額4,180円27,000円au2年13,200円
工事費16,500円月額割引をCB換算LIBMO
→ 実質無料11,840円UQ mobile
@nifty光月額4,378円22,000円au3年22,000円
工事費16,500円月額割引をCB換算UQ mobile
22,550円
ASAHIネット光月額4,235円月額割引をCB換算9,120円au1年22,000円
工事費16,500円
ビッグローブ光月額4,378円25,000円au3年11,900円
工事費16,500円BIGLOBE
→ 実質無料UQ mobile
So-net光プラス月額4,928円60,000円au3年20,000円
工事費26,400円UQ mobile
→ 実質無料
auひかり月額4,180円50,000円au3年16,500円
工事費33,000円UQ mobile+撤去費 同一棟内16契約以上
→ 実質無料

 

戸建てタイプ

戸建て 料金キャッシュバックセット割引契約期間途中解約の違約金
ソフトバンク光月額5,720円30,000円SoftBank2年10,450円
工事費26,400円Y!mobile
(乗換は実質無料)
NURO 光月額5,200円45,000円SoftBank2年10,450円
工事費44,000円+撤去費
→ 実質無料
ドコモ光タイプA月額5,720円15,000円docomo2年14,300円
工事費19,800円
→ 実質無料
ドコモ光タイプB月額5,940円20,000円docomo2年14,300円
工事費19,800円
→ 実質無料
楽天ひかり月額5,280円月額割引をCB換算26,400円無し3年10,450円
Rakuten UN-LIMIT IV利用していない工事費19,800円
楽天ひかり月額5,280円月額割引をCB換算63,360円無し3年10,450円
Rakuten UN-LIMIT IVユーザー工事費19,800円
OCN光月額5,610円5,000円OCNモバイルONE2年11,000円
工事費19,800円
ぷらら光月額5,280円50,000円ひかりTV無し無し
工事費19,800円
@TCOMヒカリ月額5,610円30,000円au2年13,200円
工事費19,800円月額割引をCB換算LIBMO
→ 実質無料15,840円UQ mobile
@nifty光月額5,720円22,000円au3年22,000円
工事費19,800円月額割引をCB換算UQ mobile
27,060円
ASAHIネット光月額5,698円月額割引をCB換算13,920円au1年22,000円
工事費19,800円
ビッグローブ光月額5,478円25,000円au3年11,900円
工事費19,800円BIGLOBE
→ 実質無料UQ mobile
So-net光プラス月額6,138円60,000円au3年20,000円
工事費26,400円UQ mobile
→ 実質無料
auひかり月額5,610円50,000円au3年16,500円
工事費41,250円UQ mobile+撤去費
→ 実質無料

 

総評

SoftBank・Y!mobileのスマホユーザーは、「SoftBank光」と組み合わせる事で「おうち割」が受けられて、月額料金も大変お得です。

 

○SoftBankスマートフォン+SoftBank光の料金

 

メリハリ無制限は、家族で回線数が増えるほどお得になります。

 

スマホ料金プランおうち割 光セットセット割適用後 月額料金()内はセット割適用前
1回線2回線3回線以上
データプランメリハリ無制限~無制限-1,100円6,138円(7,238円)5,478円(6,578円)4,928円(6,028円)
~3GB-1,100円4,488円(5,588円)3,828円(4,928円)3,278円(4,378円)
データプランミニフィット+~3GB-1,100円4,378円(5,478円)
~2GB-1,100円3,278円(4,378円)
~1GB-1,100円2,178円(3,278円)

 

○Y!mobileスマートフォン+SoftBank光の料金

 

SoftBankのプランよりも元々安い上に、割引額が大きくセットで利用する大本命です。

 

 

(出典:ワイモバイル公式サイト)

 

スマホの料金プランおうち割 光セット(A)セット割適用後 月額料金
()内はセット割適用前
シンプルL(25GB)-1,188円2,970円(4,158円)
シンプルM(15GB)-1,188円2,090円(3,278円)
シンプルS(3GB)-1,188円990円(2,178円)

 

しかし、前述の様に「おうち割」の適用でスマートフォンの料金を下げるためには、専用ルーターのレンタル料を支払う必要が有り、光電話のオプションも必須です。

 

SoftBankやY!mobile以外の回線をスマートフォンで利用している場合は、「おうち割」の適用を諦めて、WiFiルーターも自前で用意するのが合理的ですが、その場合「IPoE IPv6」の利用が出来なくなるデメリットが有ります。

 

工事費も他の光回線と比較すれば高額になるため、急な転勤や引っ越しの場合には、短期解約をする事になり、残債や違約金等の解約時に支払う金額が高くなるリスクがあることも、考慮しておく必要が有ります。

 

他社から乗り換え時の費用負担は魅力的なプランですが、SoftBank光に加入後、別の回線への乗り換えは制約が多く、時期やタイミングを見計らう必要が有り、キャッシュバックだけを比較すれば、積極的に選択する決め手に欠けます。

 

ソフトバンク光 キャッシュバック条件 | 高額現金還元
SoftBank 光(ソフトバンク光)のお申し込みでキャッシュバックをお得に受け取るならぜひ当サイトまで!当サイトならオプションの加入なしでも30,000円キャッシュバック♪電話サービスなどお得なオプションに加入する場合なら最大33,000円のキャッシュバック!

 

 

その後

SoftBankのお客様サポートとの続きです。

 

ルーターを含む「おうち割」は継続して、不要なオプションは全て解約し、回線の解約月を確認して、電話を切りました。

 

「複雑怪奇」に「がんじがらめ」に縛られるのは懲り懲りで、もっとシンプルにスッキリした光回線は無いのか?とのリクエストがありました。

 

現在は同じフレッツ光を利用する「光コラボ」で「事業者変更」を行い、「ぷらら光」に乗り換えて、携帯電話をIIJmioの2ギガプラン(月額858円)に乗り換えました。

 

シンプルに安い、「ぷらら光」をオススメします

 

(出典:ぷらら光申込サイト)

 

「ぷらら光」を勧めた理由は簡単です。期間「縛り」が無く、安価だからです。

 

縛りの無いプランを比較して見ましょう。(「auひかり」と「NURO光」は「光コラボ」ではありませんが、参考のために入れています)

 

月額料金
戸建てマンション
NURO光(縛りなしプラン)7,836円7,836円
ドコモ光(縛りなしプラン)7,370円5,500円
OCN光(縛り無しプラン)6,820円5,170円
ソフトバンク光(縛りなしプラン)6,930円5,390円
auひかり(縛りなしプラン)6,930円4,180円
ぷらら光5,280円3,960円

 

一般的に掲げられている光回線の価格は、期間「縛り」の有るプランが大半で、「縛り無し」で比較すれば、一戸建てでもマンション集合住宅でも、「ぷらら光」が圧倒的に安くなります。急な転居や引っ越しでも違約金が掛からず、撤去費用も掛かりません。

 

ぷらら光は月額料金が割安でも、NTTグループの技術力・資本力・サポート力・バックボーンによる安心感が有り、自信を持ってオススメ出来ます。

 

オススメする理由は、縛りが無くて安価なだけでなく、他にもあります。

 

次世代規格のIPoE IPv6に対応

 

回線品質や速度は、実際に利用するのに大切な要素です。

 

「SoftBank光」では専用のルーターをレンタルしなければ利用出来ない、通信速度に大きな影響を与える「IPv6 IPoE」が、「ぷらら光」では別途費用が発生しない標準装備です。

 

WiFiルーターのレンタルが標準装備

 

前述の新世代技術「ぷららV6エクスプレス」に対応したルーターのレンタルが、無料で出来ます。対応ルーターを探して入手する手間も費用も掛からず、誰でも新技術を簡単に享受出来ます。(申し込み後にマイページから申し込むと、自宅に発送されます)

 

このルーターは、Wi-Fiを飛ばす機能を当然備えていて、安定した光回線を利用したWi-Fi接続が使えるので、タブレットやゲーム機、スマートフォン等を快適に利用出来ます。

 

ひかりTV

 

本格的な視聴には専用のチューナーが必要ですが、「ひかりTVエントリープラン」が無料で使えます。

 

映画・ドラマ・アニメなど幅広いジャンルで、20,000本以上のビデオ作品がオンデマンドで見放題です。スマートフォン・タブレット・パソコンで、視聴することが出来ます。

 

地上デジタル放送・BSデジタル放送・BS4Kデジタル放送の他、幅広いチャンネルに対応した「ひかりTV」の月額料金から、毎月660円の割引きが受けられます。

 

インターネットとの合計料金で割引き後は、マンション集合住宅では4,950円から・戸建てでは6,270円から利用する事が出来ます。

 

セキュリティ

 

マカフィー for plalaが、月額利用料が、最大24か月無料になっています。

 

キャッシュバック

 

「ぷらら光」では、キャッシュバックも行っています。

 

ぷらら光 キャッシュバック情報 最大70,000円を現金還元
NTTぷらら提供の光インターネット回線「ぷらら光」のおトクなキャッシュバック情報。最大70,000円を現金還元!

 

スマホとのセット割が充実の「@TCOMヒカリ」

 

@TCOMヒカリは自社データセンターを保有し、自社光ファイバーケーブルを運用するなど、単にプロバイダとしてだけで無く、豊富な技術力が有り人気があります。

 

@TCOMヒカリの月額料金は、一戸建てタイプで5,610円・マンションタイプで4,180円です。

 

今回乗り換えを検討した候補の一つでしたが、LIBMOの月に1GBではニーズに合わなかったため見送りました。しかし、外出時にデータ量を消費する方には、ピッタリです。

 

@TCOMヒカリをオススメする理由も沢山有ります。

 

工事費無料

 

(出典:@TCOMヒカリ公式サイト)

 

光回線の導入には工事が必要で、実際に技術者や工事業者が動く為、工事費が掛かります。

 

@TCOMヒカリの場合、最大19,800円の工事費が掛かりますが、工事費が無料になるキャンペーンを行っています。

 

キャッシュバック

 

新規契約だけのオプション無しで、戸建てタイプ30,000円・マンション集合住宅タイプで27,000円のキャッシュバックが受けられるキャンペーンを行っています。

 

@T COM(アットティーコム)ヒカリ 最短3ヵ月で最大39,000円キャッシュバック
@T COM(アットティーコム)ヒカリの新規加入で最大39,000円を最短3ヵ月で現金キャッシュバック!さらに工事費も最大19,800円が割引で実質無料!おトクに@T COM(アットティーコム)ヒカリを始めるチャンス!

 

Wi-Fiが使える無線Wi-Fiルーターを選ぶ事も出来ます。

 

12ヵ月の間、月額料金割引

 

契約から12ヵ月間、月額料金が割り引かれます。

 

戸建てタイプで5,610円が12ヵ月間は4,290円になり、マンション集合住宅タイプでは、4,180円が12ヵ月間は3,190円になります。

 

キャッシュバックまで考慮すれば、戸建てタイプの12ヵ月間の月額料金は実質1,790円で、マンション集合住宅タイプは940円になります。

 

au回線のスマートフォンとセットでお得

現在、au回線のスマートフォンをお使いなら、auスマホの「auスマートバリュー」、UQ mobileスマホとのセット割「自宅セット割」が適用できます。

 

スマホ1台あたり毎月の割引きが受けられ、継続してお得になります。

 

 

(出典:UQ mobile公式サイト

 

家族で複数台利用していれば、大きなメリットになります。

 

格安SIM「LIBMO」がお得に使える

 

(出典:LIBMO公式サイト)

 

データ容量データ+音声通話+SMSデータ+音声通話+SMS
+10分かけ放題
@T COMヒカリ
月額割引額
1GBプラン1,078円(税抜980円)2,013円(税抜1,830円)110円(税抜100円)/月割引
5GBプラン1,518円(税抜1,380円)2,453円(税抜2,230円)110円(税抜100円)/月割引
20GBプラン1,991円(税抜1,810円)2,926円(税抜2,660円)220円(税抜200円)/月割引
30GBプラン2,728円(税抜2,480円)3,663円(税抜3,330円)330円(税抜300円)/月割引

 

キャリアのオンライン専用プランは、細かい容量プランの設定をしていません。たとえばソフトバンクのオンライン専用プランLINEMOの容量3GBで不足する場合、20GBを選択するしか有りませんが、LIBMOでは5GBプランを用意しています。20GBのプランでも、ahamo・povo・LINEMOよりも安価になります。格安SIMでは珍しい、30GBプランも用意されています。

 

@TCOMヒカリと併せて利用する事で、最大330円の割引きが受けられます。光回線とスマートフォンを組み合わせて、長期的に渡ってお得に利用出来ます。

 

@T COMヒカリ(アットティーコム)キャンペーン
@T COM(アットティーコム)ヒカリのお得なキャンペーン情報をご案内。今なら最大19,800円の新規工事費や契約事務手数料がキャンペーンの適用で実質無料になるため、お得に光インターネットを始めたい方はお見逃しなく!

 

 

タイトルとURLをコピーしました