無制限で安いWi-Fiを家に設置するには?サービスタイプ別に紹介

WiFi

コロナ禍からの需要の回復に追いつかない供給と、ウクライナ紛争による穀物やエネルギー資源の不足、国同士の金利差から発生する円安傾向も重なって、物の値段が毎月のように値上がりしています。

給料が上がらない中での値上げ基調は自衛手段が不可欠であり、毎月支払っている固定の支払を見直す事が効果的です。

 

現在利用しているサービスを切る事で、固定費は確かに削減出来ます。

本当に自分にとって必要なのか?あらためて見直す事は大切ですが、生活の中に根付いている習慣にまで、我慢を強いる様な固定費削減は、多大なストレスを伴うだけでなく、意図していなかった生活パターンの変化や不利益も生じかねません。

 

家族でスマホを自由に利用するために、3大キャリアの無制限・大容量プランに加入しているケースは多く、各種割引を駆使しても、毎月支払うスマホ代のトータル金額は頭の痛い額です。

スマホに毎月掛かる費用の見直しは、固定費削減の効果的な手段の一つですが、利便性だけでなく生活手段に必要だと考えられる為、迂闊に手を付けることが出来ません。

 

そんな場合に、ストレス無く利用出来るインターネット環境は維持しながら、固定費の支払い費用を削減する方法があります。

具体的には、家族の個々で支払いが発生している、スマホの無制限利用回線を一本化する事です。

 

自宅に家族で利用する、無制限で利用が出来るWi-Fi環境構築のために、新たな回線を導入する事で、固定費の削減は可能になります。

回線の種類には複数有りますが、サービスタイプ別にご紹介して解説していきます。

 

今はインターネットの無制限利用環境が不可欠

インターネットのデータ利用量は、年々増加の一途を辿っています。

 

 

(出典:総務省

 

2022年8月に、総務省が発表しているインターネットの通信量を見ても明らかです。

これは、固定系ブロードバンドインターネットにおけるトラヒック(通信量)の実態を把握するためインターネットサービスプロバイダ(ISP)9社(「(株)インターネットイニシアティブ」、「NTTコミュニケーションズ(株)」、「(株)NTTぷらら」、「(株)オプテージ」、「KDDI(株)」、「JCOM(株)」、「ソフトバンク(株)」、「ニフティ(株)」及び「ビッグローブ(株)」)や、インターネットエクスチェンジ(IX)5団体等の協力の下で、2022年5月のインターネット回線の集計と試算です。

 

コロナ禍で巣ごもり現象が広がる中で、インターネットの利用が以前とは一層変わり、それが定着している事が見て取れます。

 

1か月当たりの下り(ダウンロード)だけを見ても、1契約(1回線)あたりに換算すると、概ね175GBが利用されています。

2020年国勢調査では1世帯当たりの人数全国平均は2.27人で、少なくとも2台から3台のスマホの他に、タブレットやパソコンに加えて、テレビやゲーム機をWi-Fi接続して、1人あたりに換算すると、77GB程度を1ヵ月にインターネットを利用している計算になります。

 

今後もデータ消費量は増加していく事が容易に想像されて、スマホの契約プランだけで賄うためには、高額な無制限プランを家族個々に契約するしか手段がありません。

 

何故?自宅のネット利用をWi-Fi回線に一本化すると安くなるのか?

自宅に快適なWi-Fi環境の構築が良い事は解っていても、月額支払費用の増加を懸念して、躊躇(ためら)っているユーザーが数多く居て、よく相談を受けます。

新たに回線を導入することで、費用負担の増加は避けたい心理が働くからです。

単純に新しい回線の費用を、現在のスマホ代に加えれば確かに増加しますが、それならオススメしません。

 

多くのスマホユーザーは自宅での利用時間が圧倒的に多く、利用するデータ量も多くなる傾向が確実にあります。

この自宅利用に新たな回線をWi-Fiで利用することで、契約するスマホプランのデータ容量に、無制限プランは多くの場合不要になり、外出時だけの利用容量(多くの場合は3GB以下です)に合わせた小容量プランにする事が可能になります。

 

 

 

小容量プランの月額料金は、無制限・大容量プランよりも安価になり、サブブランドのプランや格安SIMに乗り換える事で、より一層料金が下がります。

それによって

 

無制限・大容量プラン×家族人数の料金 > Wi-Fi回線の通信料+小容量プラン×家族人数の料金

 

になります。

 

無制限で安い、自宅でWi-Fi利用が出来るインターネット回線とは?

自宅で無制限利用が可能な回線には、無線で利用する手段と、有線で利用する手段があります。

 

無線で利用するのは、筐体がコンパクトサイズで持ち運びが可能な「モバイルWi-Fiルーター」と、コンセントを挿して自宅で固定利用する「ホームルーター」が有ります。

有線で利用するのは、光ファイバーケーブルの導入工事を行う「光回線」です。

 

回線には向き不向きや、メリットとデメリットがあります。

それぞれ解説しながら、オススメの回線を提示します。

 

モバイルWi-Fiルーター

モバイルWi-Fiルーターには大きく分けて、データを無制限で利用出来るタイプと、毎月決まったデータ量が利用出来るタイプが有ります。

 

モバイルWi-Fiルーターの大前提として、家族で利用する用途で自宅に導入する事には向いていません。

それを考慮すれば、無制限タイプだけでなく、月に100GB程度の容量タイプなら、事実上の無制限利用が可能だと考えて差し支え有りません。

 

モバイルWi-Fiルーターのメリット

回線工事が不要で、導入したら即、Wi-Fiでインターネットの利用が可能になります。

 

自宅で利用するだけでなく、外出時にも持って出掛ける事が可能になるので、出先でも自分だけのWi-Fi基地局を持ち運ぶ事になり、スマホだけで無くパソコンやタブレット等の端末も使えます。

 

モバイルWi-Fiルーターを契約したら、スマホのプランのギガ消費は基本的に無くなります。

無制限で安い回線を導入すれば、スマホプランは安価な最低限のプランに乗り換えが可能になり、通信費のトータル費用が安くなります。

 

たとえば、OCNモバイルONEの500MBプランにすれば、月額550円でスマホの利用が可能になり、モバイルWi-Fiルーター代+550円 で、通信費のトータル費用を賄うことが出来ます。

 

 

(出典:OCNモバイルONE公式)

 

モバイルWi-Fiルーターのデメリット

モバイルWi-Fiルーターが家族で利用するのに向かない回線である理由は、家族の誰かが外に持ち出したら、自宅に居る家族のインターネット回線が無くなってしまう事にあります。

 

また、筐体サイズがコンパクトに収まっている事から、アンテナ類も全て小さく、バッテリーの電源供給になる事と合わせて、通信速度は今回比較するWi-Fi回線の中で最も遅くなり、Wi-Fiが飛ぶ範囲も狭くなることから、機器の側で利用する事が基本になる事も、その理由です。

 

大きなデメリットの一つに、無制限を標榜しているサービスでも、無線回線の宿命として、完全に無制限利用が出来ない事があります。

利用の仕方(短期間に大きなデータ量を消費するなど)によっては制限が掛かる事が、無線利用の無制限サービスのホームページには、必ず注意書きとして存在しています。

 

モバイルWi-Fiルーターはデメリットが有ることも確かですが、単身世帯がワンルームマンションで利用するための、無制限に利用出来るWi-Fi環境の構築手段としては、スマホの無制限・大容量プランを利用するよりもメリットがあります。

 

以下、具体的なオススメのサービスをご紹介します。

 

無制限で安い、モバイルWi-Fiルーターを利用したWi-Fi利用手段① 「楽天モバイル」

 

(出典:楽天モバイル公式

 

無制限利用時の月額料金は、3,278円です。

端末本体代4,401円も楽天ポイントで満額返還されるため、実質0円で利用出来ます。

 

楽天モバイルは、ワンプランの従量制「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」で、データ利用が少ない月には、3GBまでなら月額1,078円・20GBまでなら2,178円に減額されます。

 

楽天モバイルのデメリットは?

安価に利用出来る楽天モバイルですが、特有のデメリットも存在しています。

 

最も大きなデメリットは、楽天回線の電波が提供されているエリアが、3大キャリアと比較して狭いことが挙げられます。

楽天回線の電波が利用出来ない場所では、au回線をパートナー回線として利用が出来ますが、この回線は打ち切りが相次いでいて、利用出来るエリアでも月に利用出来るデータ量が5GBまでに制限されます。無制限利用出来るのは、楽天回線の電波が掴める場所に限定されます。

 

都市部でも建物などの影響で、窓際では大丈夫でも、部屋の中では楽天回線を掴む事の出来ないケースもあります。

楽天回線の電波が利用出来る環境では、極めてコスパの高い、無制限で安いWi-Fi回線だと言えます。

 

無制限で安い、モバイルWi-Fiルーターを利用したWi-Fi利用手段② 「GMOとくとくBB WiMAX」

 

(出典:GMOとくとくBB WiMAX公式)

 

WiMAXはKDDI系の無線回線ですが、auが使っている電波とは異なる周波数帯を利用しています。

 

WiMAXは様々なプロバイダからサービスが提供されていますが、「GMOとくとくBB WiMAX+5」は最安値級だと言えます。

 

月額料金4,444円ですが、端末代を36回の分割で支払う必要が有り、月々605円を加算する必要が有ります。

端末代を分割している3年間は、月額料金の割引が受けられます。

具体的には端末分割代込みで、2ヵ月目まで2,079円・3年まで4,434円になります。

 

コスパ良く安く利用するためには、契約時のキャッシュバックも計算に入れる必要が有ります。

今なら、新規契約で23,000円のキャッシュバックが受け取れます。

 

WiMAX系のデメリットは?

通信速度の速さに定評があるWiMAXですが、電波の届く範囲は限られています。

 

周波数帯の異なる「au 4G LTE」と、同じくauの次世代回線「au 5G」を利用する事も出来ますが、利用にはプラスエリアモードのオプション料金として、毎月1,100円が加算されます。

プラスエリアモードでは、月に15GBの利用量制限があります。

 

WiMAXの電波が問題無く受信出来るエリアでは、単身者が利用する、無制限で安いWi-Fi回線としてオススメ出来ます。

 

月100GBで安い、モバイルWi-Fiルーターを利用したWi-Fi利用手段 「クイックWiFi」

 

(出典:クイックWiFi公式

 

単身者が利用するデータ量として月に100GBは、事実上の無制限利用が可能だと言えます。

 

100GBと言っても、その使用感がピンと来ないですよね?

たとえばYouTubeの高画質HD720pの視聴を、毎日欠かさず1ヵ月間、約3時間は楽しめる容量です。

 

月額料金は3,718円です。

 

前述の2つのモバイルWi-Fiルーターは、いずれも使いたい場所で電波が利用出来るか?が、大きな問題ですが、クイックWiFiはその対極にある「クラウドSIM」を採用しています。

これは、3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の電波が全て利用出来て、利用する場所で最適な電波を自動的に選択して接続します。

 

キャッシュバックも受け取る事が出来ます。

詳細は以下をご覧下さい。

 

キャンペーン | 【公式】クイックWiFi
【クイックWiFi】のおトクなキャンペーンについて。今ならクィックWiFiのご契約で8,000円キャッシュバック、さらに、光回線と新電力サービスをセットで契約すると追加でキャッシュバック!お得にWi-Fi環境を手に入れるならクイックWiFiで。

 

クイックWiFiのデメリットは?

単身者が一般的に利用するインターネットの使い方では、基本的に問題にはなりませんが、月に100GBを超える利用が出来ない事が、デメリットだと言えます。

 

単身者が無制限に安いWi-Fi回線導入方法として、クイックWiFiは最適と言える選択肢です。

 

ホームルーター

ホームルーターは、工事不要でコンセントを挿すだけでWi-Fiが利用出来る、気軽に導入出来る無線を利用するタイプですが、モバイルWi-Fiルーターとは異なり、Wi-Fiの飛ぶ範囲が広くなり、家族が別の部屋で利用する事も可能です。

 

回線速度もモバイルWi-Fiルーターと比較して速くなり、家族で利用するインターネット回線として充分に機能します。

 

ホームルーターのサービスは、3大キャリアのそれぞれから提供されています。

 

ホームルーターのメリット

導入工事が必要無く、機器が届いてコンセントに挿すだけでWi-Fiの利用が出来るため、短期間で気軽に自宅のWi-Fi環境が構築出来ます。

 

LANポートも備えていて、スマホパソコン・タブレットのWi-Fi利用だけで無く、有線のLANケーブルを使った端末の接続も可能になり、光回線でWi-Fiルーターを使用した時と、殆ど同様の使い勝手が実現します。

 

コンセントを利用するので持ち出す事は出来ませんし、利用する場所を登録する必要が基本的にはありますが、手続きを踏めば利用する場所の変更は可能で、引っ越しが多い転勤族ファミリーにも、引っ越し先で即日工事不要でWi-Fi環境が可能になるため、ホームルーターはオススメ出来る回線手段です。

 

ホームルーターのデメリット

ホームルーターは光回線と同様の使い勝手は実現できますが、通信速度や品質の安定感など、回線品質では光回線に遠く及びません。

 

無線回線である以上、無制限を標榜していてもモバイルWi-Fiルーターと同様に、ホームルーターの利用の仕方によっては制限が掛かる事があり得ます。

 

具体的に3社のホームルーターのサービスを見ていきましょう。

 

無制限で安い、ホームルーターを利用したWi-Fi利用手段① 「ドコモ home 5G HR01」

 

(出典:GMOとくとくBB ドコモ home5G

 

〇月額料金 4,950円

〇本体価格 39,600円 (月々サポートで毎月分1,100円が36回に渡り割引されるため、本体費用は実質無料で利用が出来ます。)

 

上記キャンペーンサイトにて「home 5G プラン」の新規契約と専用端末のご購入で、amazonギフト券18,000円分がゲット出来ます。

 

 

無制限で安い、ホームルーターを利用したWi-Fi利用手段② 「Speed Wi-Fi HOME 5G L12」

 

(出典:UQ WiMAX公式

 

〇月額料金 1・2年目4,268円 3年目以降4,950円

〇本体価格 11,088円

 

他の2社と異なり分割払でも割引制度は無く、36回払いで月額308円加えてを支払う必要があります。

 

モバイルWi-Fiルーターで書いたのと同様に、WiMAXが掴めないエリアでは、プラスエリアモードのオプション料金1,100円を支払って、auの電波を利用する必要が有り、月に15GBの容量制限があります。

 

現在新規契約と端末同時購入で、5,278円のキャッシュバックが受け取れますが、クレジットカードでの月額料金支払いに加えて、auスマートバリューに加入するなどの条件があります。

 

無制限で安い、ホームルーターを利用したWi-Fi利用手段③ 「ソフトバンクエアー ターミナル5」

 

(出典:SoftBank Air 公式

 

〇月額料金 1年目3,080円 2年目以降5,368円

〇本体価格 71,280円 (月々割で毎月分1,980円が36回に渡り割引されるため、本体費用は実質無料で利用が出来ます。)

 

現在は、「Airターミナル5 GoGoキャンペーン」を行っていて、1年間の月額料金から毎月2,288円が割引きされるため、月額料金が3,080円になります。

 

公式サイトではキャッシュバックキャンペーンは行っていませんが、オンライン代理店で申し込むと、高額のキャッシュバックキャンペーンを行っています。

詳細は以下をご覧下さい。

 

ソフトバンクエアーキャッシュバック 最大35,000円を現金還元
当サイトよりSoftBank Air(ソフトバンクエアー)をお申し込みいただくと最大35,000円キャッシュバック!さらにソフトバンク公式の乗り換えキャンペーンや月額料金割引キャンペーンとも併用可能♪お得にソフトバンクエアーを始めるならぜひ当サイトまで!

 

 

最も安く無制限でWi-Fi利用が出来るホームルーターはソフトバンクエアー

 

(出典:ソフトバンクエアー申込サイト

 

キャッシュバックまで考慮して、実際に2年間利用した場合の実質金額を計算した、3社のサービスを比較します。

 

ドコモ home 5GWiMAX +5Gソフトバンクエアー
基本月額 1年目4,950円4,268円3,080円
基本月額 2年目4,950円4,268円5,368円
2年間合計金額118,800円102,432円101,376円
キャッシュバック18,000円5,278円33,000円
2年間実質合計100,800円97,154円68,376円
実質月額料金4,200円4,048円2,849円

 

実質支払額で比較すれば、無制限で最も安いホームルーターは、ソフトバンクエアーです。

 

光回線

無線回線の2タイプと比較すれば、回線品質が最も優れているのは圧倒的に光回線です。

 

有線の光ファイバーケーブルを使用する回線のため、自宅への導入工事が必要ですが、メリットはそれ以上にあります。

 

光回線のメリット

 

回線品質が優れる

現在一般的に利用出来る回線の中で、最も回線品質に優れているのは光回線です。

 

「あれ?新世代の5Gなら、無線の方が速いのでは?」

と思われた方、よくご存じですね!その通りです。

 

光回線で主流になっている通信速度は1Gbpsですが、5Gのサービスでは、この数値を凌駕する値のサービスが次々に登場しています。

しかし、これらの数値は「公称値」という、サービスを提供する側が出している、計算上の理想値であり、実際に使える通信速度ではありません。

 

光回線でもユーザーに届くまでにはロスが発生して、利用する端末や周辺機器によっても通信速度は公称値を下回りますが、無線基地局からの距離や建物の構造などに大きな影響を受ける無線回線は、それ以上に利用出来る実際の通信速度は低下します。

 

具体的な実速度を確認する目安として、実際に回線を利用しているユーザーが速度計測をしている「みんなのネット回線速度」で、各回線タイプの直近3ヶ月の平均値を比較してみましょう。

 

回線Ping下り上り
光回線27.2ms353.2Mbps304.7Mbps
ホームルーター81.4ms176.1Mbps17.6Mbps
モバイルWi-Fiルーター86.0ms57.4Mbps14.1Mbps

 

Ping値は反応速度を表していて、数値が小さいほど高レスポンスになります。

 

これはレイテンシと呼ばれる事も有り、サクサク動くための重要な指標のひとつで、特に反応速度が必要になるオンラインゲームなどでは、大きな影響があります。

 

下りはダウンロード速度・上りはアップロード速度です。

数値が大きいほど、通信速度は速くなります。

 

下りのダウンロード速度は、ホームルーターの平均値のおよそ2倍の速度が出ていて、高密度な動画視聴など、大きなデータの読み込みが高速で必要になる場合でも、余裕を持って対応するスペックがあります。

 

上りのアップロード速度は、それ以上の大きな差が出ています。

昨今のコロナ禍で増加している在宅ワーク等で、zoomなどのweb会議を利用する場合には、この上り速度が大きく影響しますが、光回線なら快適に利用することが可能になります。

 

通信制限が無い

無線回線を利用した場合、利用の仕方によっては無制限のサービスでも、制限が掛かる事が発生しますが、光回線では完全に無制限であり、利用方法が問われません。

 

完全に無制限で利用出来る唯一の回線手段は、光回線だけだと言えます。

 

光回線のデメリット

 

回線導入工事が必要

無線回線と比較して、最も大きな光回線のデメリットは、立ち会いが必須の導入工事が必要になることです。

 

申込みをしてから回線工事が完了するまでには、一定の期間が掛かります。

利用する光回線によっては、利用出来るまでの期間が数ヶ月以上先になる事もありますが、NTT東西のフレッツ光・フレッツ光を利用する光コラボでは、2週間から1ヵ月程度で多くが完了しています。

 

フレッツ光お申し込みサイト | BBN
NTTフレッツ光、光コラボのお得なキャンペーンお申し込みサイト。新品パソコン、タブレット、テレビ、PS4のプレゼントやキャッシュバックなど、公式割引&限定特典で最大9万円以上もおトクです。フレッツ光のお申し込みはブロードバンドナビへ

 

また、フレッツ光・光コラボなら、部屋に光コンセントが既に設置されている場合、無派遣工事で開通することがあり、その場合は1週間程度で開通する上に立ち会い工事も不要になります。

 

 

 

Wi-Fiルーターを別途入手する必要がある

ホームルーターやモバイルWi-Fiルーターは、機器自体にWi-Fiを飛ばす機能が備わっていますが、光回線では多くの場合で別途Wi-Fiルーターを用意する必要が有ります。

 

 

(出典:NTT西日本

 

光回線で自宅にWi-Fi環境を構築するためには、Wi-Fiルーターをレンタルするか、購入する事が一般的ですが、オンライン代理店でNTTフレッツの光回線「光コラボ」を申し込む事によって、ルーターがプレゼントされます。

 

 

(出典:光コラボ お申し込みサイト

 

数多いルーターの中から最適なルーターを選択する知識や手間も不要で、機器代の費用も掛かりません。

詳細は以下をご覧下さい。

 

光コラボレーション Wi-Fiルーターキャンペーン
光コラボレーションの新規加入で、ご希望の方にもれなく、当サイト限定で最大867Mbps対応のIPoE(IPv4 over IPv6)無線LANルーターをプレゼントいたします。標準モデルの無線LANルーターもご用意しておりますので、用途に応じてお選びいただけます。

 

無制限で安いWi-Fiを自宅に設置するには「光回線」が最適

工事のハードルさえクリア出来るなら、無制限で安いWi-Fiを家に設置する手段としては光回線が最適で、その中でも個人契約で利用するなら「光コラボ」が最良の選択です。

 

「光コラボ」を扱う事業者は、NTT東日本エリアで530社・NTT西日本エリアで235社が有り、サービスを競い合っています。

 

光コラボなら数多くの「セット割」がある

数多い光コラボの中には、光回線とスマホを組みあわせる事で、毎月のスマホ代が割引される「セット割」が多数存在していて、ニーズや使いたいスマホ回線によって選べる、選択肢が広がっています。

 

前述のように、家族の自宅利用の回線を一本化して、外出時だけのデータ利用量に合わせた小容量プランにする事で、通信費のトータル費用は下げることが出来ますが、小容量プランの価格は、キャリアやサブプランよりも格安SIMの価格設定が安価になっています。

 

その安価な価格から、セット割を適用させる組みあわせで更に安くなり、無制限で安いWi-Fiを利用しながら、とことん通信費のトータル費用を削減する事ができます。

 

具体的に、格安SIMでセット割が適用されるオススメのサービスを、光コラボの中からピックアップしてご紹介します。

 

無制限で安い、光回線を利用したWi-Fi利用手段① 「OCN光」

 

(出典:OCN光申込サイト)

 

OCN光の月額料金は、一戸建てタイプで5,610円・マンションタイプで3,960円です。

 

自宅では家族で回線品質に定評のある光回線「OCN光」を、Wi-Fiを使って家族で利用して、外出先のスマホ利用では格安SIMの「OCNモバイルONE」に乗り換える事で、セット割が適用されるため、快適にインターネットが利用出来る環境を保持しながら、安価な通信費で収める事が出来ます。

 

OCNモバイルONEのセット割

 

(出典:OCNモバイルONE公式

 

OCNモバイルONEのセット割は、1契約ごとに月額220円の割引き(500MBのプランを除く)が受けられ、最大5契約月額1,100円まで「セット割」が受けられます。

 

通信容量/コース名月額料金セット割実質金額
500MB/月コース550円550円
1GB/月コース770円220円550円
3GB/月コース990円220円770円
6GB/月コース1,320円220円1,100円
10GB/月コース1,760円220円1,540円

 

たとえば、マンションに居住する家族3人で、利用者が多い3GBプランで、OCNモバイルONEに乗り換えたケースで計算してみます。

 

3,960円(OCN光)+2,310円(OCNモバイルONE 3GB×3人分)=6,270円

 

になり、この価格で無制限に安くWi-Fiが自宅に設置できます。

 

キャッシュバック

OCN光ではオンライン代理店契約で、高額キャッシュバックキャンペーンを行っています。

キャッシュバック特典の詳細は、以下をご覧下さい。

 

OCN 光キャッシュバック 最大 60,000円を現金還元!
【当サイト限定】OCN 光の新規契約または転用(フレッツ光からの乗り換え)・事業者変更(光コラボ間の乗り換え)で最大60,000円キャッシュバック!さらに希望者にはWi-Fiルーターをプレゼント♪OCN 光公式割引&当サイト限定キャッシュバックでお得に高速インターネットを始めよう!

 

Wi-Fiルータープレゼントも可能です。

 

無制限で安い、光回線を利用したWi-Fi利用手段② 「@TCOMヒカリ」

 

(出典:@TCOMヒカリ申込サイト)

 

@TCOMヒカリの月額料金は、一戸建てタイプで5,610円・マンションタイプで4,180円です。

 

光回線に@TCOMヒカリ+格安SIMにLIBMO を組みあわせて利用する事で、安価なスマホ月額料金が更に割引されます。

 

LIBMOのセット割

 

(出典:LIBMO公式)

 

光回線の「@TCOMヒカリ」と格安SIM「LIBMO」で適用されるのセット割は、1契約ごとに月額220円の割引きが受けられ、最大5契約月額1,100円まで「セット割」が受けられます。

 

〇納得プラン
データ容量通常料金@T COMヒカリ
月額割引額
実質金額
3GBプラン980円1回線 220円/月割引760円
8GBプラン1,518円1回線 220円/月割引1,298円
20GBプラン1,991円1回線 220円/月割引1,771円
30GBプラン2,728円1回線 220円/月割引2,508円

 

キャッシュバック

オンライン代理店では、@TCOMヒカリ契約のキャッシュバックキャンペーンを行っています。

キャッシュバック特典の詳細は、以下をご覧下さい。

 

@T COM(アットティーコム)ヒカリ 最短3ヵ月で最大50,000円キャッシュバック
@T COM(アットティーコム)ヒカリの新規加入で最大50,000円を最短3ヵ月で現金キャッシュバック!さらに工事費も最大19,800円が割引で実質無料!おトクに@T COM(アットティーコム)ヒカリを始めるチャンス!

 

Wi-Fiルータープレゼントも可能です。

 

12ヵ月の間、月額料金割引

契約から12ヵ月間、月額料金が割り引かれます。

戸建てタイプでは月額440円が割引きされ、マンションタイプでは月額330円が12ヵ月割引きされます。

 

戸建てタイプで5,610円が12ヵ月間は5,170円になり、マンション集合住宅タイプでは、4,180円が12ヵ月間は3,850円になります。

 

工事費無料

最大19,800円掛かる工事費が、今なら無料になるキャンペーンを行っています。

 

@T COM(アットティーコム)ヒカリ 新規工事費無料特典
@T COM(アットティーコム)ヒカリなら2年バリューパック(24ヵ月の自動更新)を新規でお申込みの方は「新規工事費無料特典」の適用で、最大19,800円(税抜18,000円)の新規工事費が月額料金から毎月割引され実質無料!初期費用がお得に。

 

 

タイトルとURLをコピーしました