PR

ドコモユーザーが格安SIMに乗り換えて通信費を節約する具体的な方法

WiFi

ドコモは日本で最も高いシェアを誇り、数多くのユーザーが利用しています。

高品質な通信回線は顧客満足度も高く、長期利用者が多い傾向にある通信キャリアです。

 

しかし、毎月支払う通信費には、頭を痛めているユーザーも多くなっています。

特に家族でドコモを利用しているユーザーは、自宅の光回線にドコモ光を利用しているケースも多く、毎月のドコモへの支払い費用は数万円になっているケースも珍しくありません。

 

ドコモに支払う費用負担は重くても、実際に乗り換えするのを躊躇してしまうのは、大きく2つの理由があります。

 

一つ目は、ドコモのスマホプランを家族で利用して、ドコモ光を併用する事による多額の割引きを、乗り換えで失ってしまうのが惜しいのと、これだけの割引きを受けているのだから、安くコスパ良く利用しているハズという思いです。

しかし、現実の負担額は重く、この堂々巡りからは抜け出すことができません。

 

二つ目は、費用負担は安くしたいけれど、現在利用している快適なインターネットの利用環境は失う事は考えられないし、乗り換えるにしても、どこから手を付けたら良いのか?快適な通信環境を失う事無く、乗り換える具体的な方法がまるで解らないというパターンです。

 

最終的にコスパが良いのは、割引き額が大きい事では無く、毎月の支払い額が少なくなることです。

ドコモユーザーが毎月の通信費トータル費用を下げるには、現在利用しているスマホがそのまま利用して乗り換えられる、ドコモの電波を使っている安価な格安SIMに乗り換えて、併せてその安価な格安SIMに、更にセット割が適用される光回線サービスに乗り換える事です。

 

どちらも決して難しい事ではなく、インターネットが利用できない期間も生じません。

ドコモユーザーが、格安SIMに乗り換えて通信費を節約する具体的な方法を解説します。

 

 

ドコモユーザーの通信費を家族の人数でシミュレーション

まずは、ドコモユーザーの現状発生している通信費トータル費用を計算してみます。

 

ドコモ光を併用しているユーザーは、毎月スマホ1台につき1100円の「セット割」が適用されています。

ドコモ光は選択するプロバイダによって、月額料金がタイプAとタイプBの2つのタイプがありますが、計算は安価なタイプAで計算します。

 

家族で利用しているドコモユーザーは、セット割以外に最大スマホ1台につき月額1,100円の「家族割」が適用されます。

家族割はプランによって割引き金額は異なりますが、ドコモショップで積極的に勧めていて契約者の多い、月額1,100円の最大割引きが適用される「ギガホプレミアムプラン」で計算します。

 

支払いにdカードを登録すると、月額トータルから187円が割引きされますが、支払い方法はユーザーによって異なるため、今回は考慮しません。

 

また、通話料やオプション、機種代の分割払いの料金については、個人差が大きいため計算には入れません。

 

家族4人で利用するドコモユーザーの通信費トータル費用

ドコモ光ギガホプレミアプラン家族合計
マンション4,400円5,115円4人24,860円
戸建て5,720円5,115円4人26,180円

 

ギガホプレミアムプランの月額料金は7,315円ですが、ドコモ光のセット割でスマホ1台につき1,100円の割引きと、家族割がスマホ1台につき1,100円の合計2,200円の月額割り引きが適用されて、スマホ1台の月額料金は5,115円になります。

 

スマホ1台につき月額2,200円の割引きですから、4人家族なら月額の割引料金の合計額は8,800円になります。

光回線のドコモ光の月額料金を大きく上回る割引額で、これはお得だ!という判断をしたユーザーが多いと思いますが、実際に支払う金額は毎月25,000円前後になっています。

 

家族3人で利用するドコモユーザーの通信費トータル費用

ドコモ光ギガホプレミアプラン家族合計
マンション4,400円5,115円3人19,745円
戸建て5,720円5,115円3人21,065円

 

同様に家族3人でシミュレーションすると、月額の割引の合計金額は6,600円になり、こちらも楽々と光回線の月額料金が捻出できていて、これはお得だ!という判断をしたくなりますが、実際に支払う金額は毎月20,000円前後の負担になります。

 

もっと安く利用しているドコモユーザーとその理由

ここまでシミュレーションしてみた金額と照らし合わせて、同じ家族構成で同じプランなのに、ウチはもっと安いよ!という方も少なくないと思います。

 

その理由は、何か特別な事をしているわけではなく、スマホ契約プランのギガ消費が月に3GB以下の利用の場合、ギガホプレミアムプランでは月額1,650円の割引きが、セット割と家族割に加わる事にあります。

 

自宅に光回線でWi-Fiが利用できればスマホ契約プランのギガ消費は限られる

 

(出典:MM総研

 

スマホを利用する時間が最も長いのは自宅であるユーザーが多く、自宅でのスマホ利用は腰を据えて動画視聴などの大量データを利用する傾向にあります。

 

しかし、ドコモ光を自宅で利用しているドコモユーザーは、自宅ではWi-Fiでスマホを利用するため、契約しているスマホプランのギガを自宅では消費していません。

 

この傾向はドコモユーザーに限らず、多くのスマホユーザーで同様の傾向が出ます。

上のグラフは、2023年3月1日に株式会社MM総研が調査した、「携帯電話の月額利用料金とサービス利用実態(2023年1月調査)」からの引用です。

 

Wi-Fi利用を除いた、純粋にスマホ契約プランのギガを1ヵ月位にどれだけ消費しているかの統計で、多くのスマホユーザーは3GB以下に固まっていて、最も多いのは月に1GB未満しかスマホプランのギガを消費していないユーザーです。

 

そのため、自宅にドコモ光があれば月のギガ消費量が3GB以下のスマホユーザーが多く、その場合にギガホプレミアムプランでは、月に3GB以下の月額1,650円の割引きが適用されています。

 

この割引きがある場合の、通信費トータル費用をシミュレーションしてみましょう。

 

家族4人で利用するドコモユーザーの通信費トータル費用(全員が月に3GB以下)

ドコモ光ギガホプレミアプラン3GB以下家族合計
マンション4,400円4,015円4人20,460円
戸建て5,720円4,015円4人21,780円

 

家族4人で全員が月に3GB以下のスマホプランのギガに収まっている場合の割引きは、(セット割)1,100円+(家族割)1,100円+(月に3GB以下割)1,650円=3,850円 がスマホ1台の割引き額になり、家族4人の1ヵ月の割引き額合計は15,400円にもなります。

 

この大きな割り引き額は手放したくないし、安く利用できていると思いつつ・・・毎月の通信費トータル費用は月額2万円強を支払い続ける事になります。

 

家族3人で利用するドコモユーザーの通信費トータル費用(全員が月に3GB以下)

ドコモ光ギガホプレミアプラン3GB以下家族合計
マンション4,400円4,015円3人16,445円
戸建て5,720円4,015円3人17,765円

 

家族3人で全員が月に3GB以下のスマホプランのギガに収まっている場合の、スマホ1台の割引き額は前述のように3,850円で、家族3人の1ヵ月の割引き額合計は11,550円になり、こちらも絶対額として大きな割引きの満足度は高いですが、毎月17,000円前後の支払いが発生しています。

 

ドコモユーザーが通信費を節約するには「格安SIM」+「安価な光コラボ」+「セット割」

ドコモユーザーが通信費トータル費用を節約するためには、現在利用しているドコモのスマホをそのまま利用できる安価な「格安SIM」に乗り換えて、その安価な月額料金が更に割引きが受けられる「セット割」の適用される、月額料金の安価な光回線サービス「光コラボ」に乗り換える事が最適です。

 

インターネットに利用している光回線を乗り換えるなんて・・・よく解らないし、また回線の導入工事や廃止するための工事に立ち会うのは面倒だなぁ・・・という誤解の多い、光回線の乗り換えについて、まずはご説明しましょう。

 

ドコモ光は「光コラボ」

 

(出典:NTT西日本*一部改変)

 

光回線でインターネットを利用するためには、回線の他に接続業者プロバイダが必要になります。

 

ドコモ光は、NTT東西が敷設管理している光回線「フレッツ光」の卸し提供をドコモが受けて、プロバイダとワンセットにして提供している光回線サービスです。

 

この形態はドコモ光に限られているのではなく、NTT東日本エリアで530社・NTT西日本エリアで235社から同様のサービスが提供されていて、これを「光コラボ」と言います。

つまり、ドコモ光は専用の回線を利用しているのではなく、多くの光回線サービスとフレッツ光を共有しているという事です。

 

数多くある選択肢の別の光コラボにドコモ光から乗り換えても、利用する光回線は同じ「フレッツ光」であることに変わりは無いため、面倒な回線導入工事も配線撤去工事も必要がありません。

この、光回線はそのままで別の光コラボに乗り換える方法を「事業者変更」と言います。

 

ドコモ光から他の光コラボには簡単な手続き「事業者変更」だけで乗り換え可能

 

(出典:NTT東日本公式

 

工事済みである光回線のフレッツ光をそのまま継続利用して、今利用している光コラボから別の光コラボに乗り換える手続きを「事業者変更」と言います。

 

そのため、ドコモ光から他の光コラボに事業者変更で乗り換えれば、回線工事は必要が無く、乗り換えによるインターネットが利用できない期間も生じる事がありません。

 

具体的な手続きの詳細については後述しますが、ドコモ光に連絡して事業者変更承諾番号を取得して、乗り換える光コラボの申し込み時に新規契約でなく事業者変更で行い、取得した事業者変更承諾番号を伝えればOKです。

 

概ね10営業日から2週間程度で、新しい光コラボに切り替わります。

 

ヒカリ電話をご利用中の方も、同じ自宅の電話番号が継続して利用できます。

 

ドコモ光ユーザーの乗り換え先の選び方

ドコモユーザーが毎月のスマホ代を安価にする方法として効果的なのは、格安SIMへの乗り換えです。

 

スマホプランの乗り換え先

前述のように自宅に光回線が導入されていれば、スマホプランは概ね3GB程度の小容量プランでOKですが、ドコモでは割引き制度を駆使しても月額3,000円程度はかかります。

格安SIMに乗り換えれば、3GB程度の小容量プランは月額1,000円程度で収まるケースが多くあります。

 

格安SIMは自社でアンテナや回線などの設備を持たない事で、安価に運営されているサービスです。

ではなぜ?設備を持たずに運営ができるのかと言うと、設備を持っている通信キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイル)に回線の一部を借りているからです。

 

通信キャリアによって、使っている周波数帯(電波)は異なっています。

格安SIMでは回線は一部を借りていますが、使える電波は全く同じです。

そのため、ドコモユーザーが乗り換える格安SIMとしては、ドコモ回線の格安SIMが最適です。

 

同じ電波を利用するので、現在ドコモで購入したスマートフォンが継続してそのまま利用ができます。

 

格安SIMに乗り換えても、現在利用している電話番号をMNP(モバイルナンバーポータビリティ)の制度を使って、そのまま継続利用する事ができます。

MNPの手続き方法詳細については後述します。

 

光コラボの乗り換え先

ドコモ光から乗り換える先として、光コラボなら何処でも前述の簡単に乗り換えができる事業者変更が使えます。

 

数多くある光コラボの選択肢の中には、ドコモ回線を使う格安SIMに「セット割」を提供しているものがあります。

 

この光回線とスマホプランを組み合わせて利用する事で、格安SIMへの割引きが受けられるセット割を適用させれば、安価に提供されている格安SIMの月額料金を更に安く使う事ができます。

 

ここまでをまとめると、ドコモ光からの乗り換え先の光コラボとしては、ドコモ回線の格安SIMにセット割が提供されている光コラボが最適で、通信費トータル費用コスパが良くなります。

 

具体的にそんな条件を満たす、光コラボと格安SIMの組み合わせをご紹介しましょう。

 

ドコモユーザーの乗り換え先は光コラボ「@TCOMヒカリ」+格安SIM「LIBMO」+セット割が最適

 

(出典:@TCOMヒカリ申込サイト)

 

光コラボの「@TCOMヒカリ」+ドコモ回線を使う格安SIMの「LIBMO」なら、セット割が適用されて通信費トータル費用を下げる事が可能です。

 

@TCOMとは?

@TCOMは定評のあるプロバイダで、ドコモ光の選択できるプロバイダの中にもあります。

ドコモ光の料金設定では、高額なタイプBに@TCOMは入っていて、ドコモ光で@TCOMを選択したタイプBの場合の月額料金は、マンション集合住宅4,620円・一戸建て5,940円になっています。

 

この場合の形態は、(光回線)フレッツ光+(プロバイダ)@TCOMでインターネットを利用します。

 

光コラボの@TCOMヒカリの形態は、(光回線)フレッツ光+(プロバイダ)@TCOMになり全く同じですが、@TCOMの月額料金はマンション集合住宅4,180円・一戸建て5,610円になり、同じ通信環境でも月額料金だけが安くなる事になります。

 

ドコモ光の安価なタイプAでも、マンション集合住宅4,400円・一戸建て5,720円ですから、いずれも@TCOMヒカリの方が安くなります。

 

LIBMOのセット割

 

(出典:LIBMO公式)

 

「LIBMO」はドコモ回線を使う格安SIMで、安価な月額料金で利用する事ができ、ドコモで購入したスマートフォンがそのまま利用が可能です。

 

格安SIM「LIBMO」で@TCOMヒカリと併用すれば、スマホ1台につき毎月220円の「セット割」が最大5契約まで適用されます。

 

さっそく月額料金の詳細を見てみましょう。

 

〇納得プラン
データ容量通常料金@T COMヒカリ
月額割引額
実質金額
3GBプラン980円1回線 220円/月割引760円
8GBプラン1,518円1回線 220円/月割引1,298円
20GBプラン1,991円1回線 220円/月割引1,771円
30GBプラン2,728円1回線 220円/月割引2,508円

 

自宅に光回線がある場合に最適な、月に3GBのプランは「セット割」を適用する事で、スマホ1台が月額760円という安価な価格になります。

 

ドコモのプランと比較すると、あまりに安く心配になる方もいらっしゃるでしょうが、「LIBMO」はドコモが数多い格安SIMの中で2社のみに認めている、「エコノミーMVNO」の一つであり、全国のドコモショップでも取り扱われています。

これは、大きな安心感になりますよね。

 

家族で自宅には光コラボの@TCOMヒカリ、スマホは格安SIMのLIBMO3GBプランを利用した場合で、シミュレーションしてみましょう。

 

家族4人で利用する通信費トータル費

@TCOMヒカリスマホ家族合計
マンション4,180円760円4人7,220円
戸建て5,610円760円4人8,650円

 

ドコモと比較すると、割引きの種類や絶対額では遙かに劣りますが、実際に支払う通信費トータル費用は、マンション集合住宅7,220円・一戸建て8,650円で、どちらもドコモの半額以下の1万円を大きく下回る金額で、家族4人のスマホ代と光回線の合計費用で賄える事になります。

 

家族3人で利用する通信費トータル費用

@TCOMヒカリスマホ家族合計
マンション4,180円760円3人6,460円
戸建て5,610円760円3人7,890円

 

家族3人の場合も大幅に安い、実際に支払う通信費トータル費用は、マンション集合住宅6,460円・一戸建て7,890円になります。

 

ドコモと比較すれば、毎月1万円程度が安くなる計算になります。

 

キャッシュバック

@TCOMヒカリでは、キャッシュバックキャンペーンを行っています。

事業者変更の手続きで乗り換えるだけで、20,000円以上の臨時収入が得られます。

 

キャッシュバック特典の詳細は、以下をご覧下さい。

 

@T COM(アットティーコム)ヒカリ 最短3ヵ月で最大55,000円キャッシュバック
@T COM(アットティーコム)ヒカリの新規加入で最大55,000円を最短3ヵ月で現金キャッシュバック!さらに工事費も最大19,800円が割引で実質無料!おトクに@T COM(アットティーコム)ヒカリを始めるチャンス!

 

 

ドコモユーザーが乗り換える具体的な手続き

現在ドコモ光+ドコモを契約してるユーザーが、別の光コラボである「@TCOMヒカリ」・格安SIM「LIBMO」に乗り換える具体的続きを解説します。

 

LIBMOに番号を持って乗り換えるMNPの手続き

ドコモで現在使っている電話番号を乗り換え先のLIBMOで継続して使うには、事前にドコモでMNP予約番号を収得します。

 

ドコモでMNP予約番号収得

MNP予約受付窓口受付時間
携帯電話[ドコモの携帯電話から] 151(無料)9:00~20:00
一般電話0120-800-0009:00~20:00
WebMy docomo → 契約内容・手続き → よく利用される項目 → ドコモオンライン手続き9:00~21:30
店頭ドコモショップ店舗によって異る

 

色々な手段でMNP予約番号は取得出来ますが、オススメは待ち時間が無いwebでのオンライン手続きです。

 

MNP予約番号には、有効期限15日があります。

LIBMOへの申し込み時に、有効期限が8日以上残っている必要があります。

 

仮に有効期限が過ぎてしまった場合は、再度ドコモで収得する必要があります。(無料)

 

LIBMOでMNP契約

TOKAIの格安SIM/格安スマホ|LIBMO(リブモ)
TOKAIの格安モバイル「LIBMO(リブモ)」。NTTドコモの回線で通話およびデータ通信が行える格安モバイルサービスです。

 

 

新規契約ではなく、MNPで契約を行って下さい。

 

ドコモ光から@TCOMヒカリに乗り換える手順

前述のようにドコモ光も@TCOMヒカリも、どちらもNTT東西の光回線であるフレッツ光を使う「光コラボ」ですから、「事業者変更」の手続きを行うだけで簡単に光回線サービスの乗り換えが可能です。

 

1.ドコモ光から事業者変更承諾番号を取得

ドコモ光へ事前に連絡が必要になります。

 

事業者変更を行うので、事業者変更承諾番号を出して欲しい旨を伝えます。

事業者変更承認番号は11桁の番号で、@TCOMヒカリの手続きに利用します。

 

連絡先 ドコモ光

電話 0120-800-000 (9:00~20:00 年中無休)

ドコモショップでもwebでも手続きが可能です。

 

事業者変更承認番号の取得が行えるのは、契約者本人か家族に限られます。

必要なのは、「契約者本人の名前」「契約者の住所」「契約時の登録電話番号」「契約者の生年月日」です。

 

ドコモ光の契約書があれば、御確認ください。

 

事業者変更承認番号には15日の有効期限があります。

@TCOMヒカリへの申込は、10日以上の有効期限が残っている時点で行って下さい。

 

2.@TCOMヒカリへ申し込み

@T COM(アットティーコム)ヒカリ新規受付サイト
光回線(フレッツ光)とプロバイダ(@T COM(アットティーコム)がセットになった超高速の光インターネット「@T COM(アットティーコム)ヒカリ」なら月額3,850円(税込)~と低価格!さらに今なら初期費用もお得。

 

 

新規契約ではなく、事業者変更で申し込みを行って下さい。

事業者変更承諾番号を伝えて下さい。

 

光電話やテレビ視聴などのフレッツ光を使ったオプション契約については、個別の手続きをする必要はありません。事業者変更の手続きだけで移行が完了します。

 

3.@TCOMヒカリから契約内容確認書等が送付される

ドコモ光から@TCOMに切り替えられる日程や、契約内容と共にユーザーID・パスワード等の設定に必要なお知らせが送付されてきます。

 

記載通りに設定を行えば、乗り換えが完了します。

 

4.ドコモ光からのレンタル品がある場合は返送

@TCOMヒカリが開通後には、ドコモ光からレンタル品がある場合は、返送をしてください。

 

NTTマークの付いている黒い筐体は、回線終端装置(ONU)と言う機器で、@TCOMヒカリに乗り換えた後も使用しますので、返却しないように注意して下さい。