フレッツ光導入済みマンションの場合契約できるのは「フレッツ光」だけ?

フレッツ光

新しく引っ越し先のマンション集合住宅を探す時に、何を重要ポイントにしますか?

 

もちろん、交通の便や治安などの環境や、家族構成によっては学校までの距離や、公園の有無も大きな要素になります。

 

その上で、欲しい設備の有無を精査していくという流れが基本ですよね。欲しい設備や譲れない設備も、家族構成によって変わって来ます。

 

小さなお子さんがいる家族では、セキュリティを考えて「オートロック」や「防犯カメラ」、単身者では「宅配ボックス」や「24時間利用可能ゴミ置き場」などが人気です。

 

そんな中でも家族構成を問わずに、最も人気が有る設備は、「インターネット回線」です。

 

老若男女の関係なく、現代の生活に「インターネット回線」は必要不可欠になっています。

 

最も利用する端末機器はスマートフォンですが、通信会社の回線利用はコスパが悪く、出来ればWi-Fiを利用して、消費するギガを節約したいユーザーは多く、店舗に入る場合でもWi-Fiの有無は大きな選択要素になっています。

 

動画視聴など腰を落ち着けて利用する自宅では、尚更のことWi-Fiを利用しない・出来ない環境は、ちょっと考えられないユーザーが増加しています。

 

そんな視点で物件を探していると、よく目にするのは「フレッツ光導入済みマンション」です。

 

「よく解らないけど、うちはスマホがソフトバンクだから、フレッツ光では割引きが効かないしなぁ・・・導入回線がソフトバンク光の物件なら良かったのに・・・」

 

と、その物件をスルーするのは早いです!

 

確かに、光回線と組み合わせる事で、利用しているスマートフォンの割引きが受けられる「セット割」が存在しています。

 

「フレッツ光」は契約方法によっては、最も多種多様で数多い「セット割」が適用される光回線です。もちろん、ソフトバンクも「セット割」の対象になっています。

 

「フレッツ光」をお得に利用する方法や、「セット割」を最大限に利用して、通信費全体の支出を下げる具体的な方法まで、基本的な事から解説いたします。

 

フレッツ光導入済みマンションの場合契約できるのは「フレッツ光」だけではありません

日本でいち早く全国に光ファイバーケーブルの敷設したのはNTT東西で、CT市場専門のリサーチ会社、株式会社MM総研の2021年9月発表のデータを見ると、全国的に広く普及しているのは、「フレッツ光」の2303.4万件であり、そのシェアは半数を大きく超える7割弱に達しています。

 

そのため、多くのマンションに導入されている「光回線」は、圧倒的に「フレッツ光」が多くなり、「フレッツ光導入済みマンション」を目にする機会が多いのは当然だと言えます。

 

導入されている光回線しか利用出来ない

マンションで利用出来る光回線は、共有スペースまで引き込まれている事が前提条件で、「フレッツ光導入済みマンション」の場合は、光回線「フレッツ光」が共有スペースに導入されている事を意味しています。

 

ここに引き込まれていない光回線は、利用する事が出来ません。

 

「だから・・・ソフトバンク光ではないので、利用出来ないということ?」にはなりません。

 

「フレッツ光」の契約形態

光回線をインターネット利用するためには、接続業者「プロバイダ」が必要になります。これは「フレッツ光」も同様で、フレッツ光を契約するだけでは、インターネットを楽しむ事は出来ません。

 

「光回線」はデータ情報を運ぶ道路、「プロバイダ」は、その道先案内人だと考えてください。

 

図にすると、以下の感じになります。

 

 

出典:NTT西日本*一部改変

 

普段のインターネット利用で、プロバイダを意識する事は基本的に有りません。単純にインターネットの利用には必要な仕組みと、割り切って考えて問題ありません。

 

光回線のサービスが始まってから、2015年頃までは、この契約形態で利用する事が一般的でした。

 

しかし、契約先が2箇所になるということは、引き落としも2箇所に分かれるため、管理が煩雑になるだけで無く、トラブル時には問い合わせ先として、どちらになるのか?など判断が難しい事も発生します。

 

それらの多くのユーザーの声に応えるかたちで、NTT東西は「フレッツ光」をユーザーと直接契約しないで、プロバイダに卸す形態である「光コラボ」を、2015年2月からスタートさせています。

 

契約がプロバイダ一箇所で済む形態の「光コラボ」は、支払い先もサポートも一箇所になり利便性が増しています。

 

 

出典:NTT西日本*一部改変

 

現在個人の契約は「光コラボ」・法人の契約は「フレッツ光+プロバイダ」が主流になっています。

 

「フレッツ光導入済みマンション」では、「光コラボ」が利用出来る

マンションに導入されている光回線が「フレッツ光」一本であっても、多数の「光コラボ」を利用する事が出来ます。

 

 

(出典:光コラボ申込サイト)

 

前述の「ソフトバンク光」も、この「光コラボ」の一つであるため、「フレッツ光導入済みマンション」なら当然利用出来るということになります。

 

ソフトバンクのプロバイダは、Yahoo!BBになります。

 

そのため、「フレッツ光+Yahoo!BB」のような「フレッツ光+プロバイダ」で契約した場合も、光コラボの「ソフトバンク光」で契約した場合も、利用出来る回線品質は全く同じになります。

 

契約先が2箇所から1箇所になるだけではなく、個人利用なら「光コラボ」を契約した方が、明らかに大きなメリットが有ります。

 

光コラボレーション キャンペーン一覧
当サイト限定!光コラボレーション新規・転用キャンペーン実施中です。お申し込みプランに応じて、最大50,000円のキャッシュバック

 

フレッツ光を個人利用するなら「光コラボ」にするメリット大

同じ内容のサービスを利用するなら、毎月の利用料は安い方が良いに決まっています。

 

価格の面で比較してみましょう。

 

「フレッツ光+プロバイダ」と「光コラボ」の価格比較

人気のあるサービスを数社ピックアップして、「フレッツ光+プロバイダ」の価格と「光コラボ」の月額料金を比較してみましょう。

 

OCN光@nifty光ビッグローブ光ソフトバンク光@TCOMヒカリ
光コラボマンション 月額3,960円4,378円4,378円4,180円4,180円
フレッツ光+プロバイダプロバイダ料金1,210円1,100円1,100円1,320円1,320円
東日本マンション月額計4,565円4,455円4,455円4,675円4,675円
西日本マンション月額計4,345円4,235円4,235円4,455円4,455円

 

たとえば、「フレッツ光(光回線)+@TCOM(プロバイダ契約)」では、東日本エリアでマンションお住まいの場合には、月額4,675円が支払い額合計になりますが、「@TCOMヒカリ(光コラボ契約)」では月額4,180円が支払い額になります。

 

この2つに回線品質に差違は無いため、「フレッツ光+プロバイダ」よりも「光コラボ」の方が安く、個人利用では敢えて「フレッツ光+プロバイダ」を選ぶメリットが基本的に有りません。

 

メリットが無いと思われる、この契約方法が残っている理由は、「法人契約」です。

 

法人契約のメリットとして、固定IPの利用(社外から社内のサーバーにアクセスする場合や自社サーバーでホームページの構築等で使われます)・VPNの利用・(社外から社内ネットワークに安全に接続する)等が有りますが、個人利用では基本的に必要が無い機能です。

 

個人契約で「光コラボ」を選ぶのに、もう一つ大きな理由があります。

 

特典キャッシュバック

新規加入契約者に対して、特典キャッシュバックを出しているケースが有ります。戻ってくる金額が有れば、結果的に通信費を下げる事が出来ますよね。

 

個人契約の場合、「フレッツ光+プロバイダ」で特典キャッシュバックを出している事は、基本的にありません。法人契約に限定されます。

 

逆に「光コラボ」では個人契約に対して、特典キャッシュバックを出しているケースが有っても、法人契約ではありません。

 

特典キャッシュバックは、回線企業の公式HPで出している事もありますが、代理店ではそれに加えて独自の特典キャッシュバックを設けているケースが有り、両取り出来るため代理店契約の方がお得です。

 

代理店には有人窓口のある「携帯電話ショップ」「大型家電量販店」などが有り、オンラインに特化した「オンライン代理店HP」の2タイプがあります。

 

回線企業からは独自キャッシュバックの財源は出ないため、代理店独自で捻出する必要が有り、人件費や家賃などが抑えられる「オンライン代理店HP」の方が、大きなメリットを出せる傾向にあります。

 

光コラボ キャッシュバック
当サイト限定!光コラボレーション各社の新規加入・転用契約のキャッシュバック一覧。お申し込みプランに応じて最大50,000円以上のキャッシュバック実施中!

 

「光コラボ」が利用出来るマンションか調べるには?

狙いを付けたマンションや、既に入居済みのマンションで、「光コラボ」が利用出来るのか調べるには、ここまで述べてきたように、「フレッツ光」が利用出来る状態なら「光コラボ」は利用出来ますから、「フレッツ光」の導入有無を調査します。

 

不動産屋の担当者に聞いたり、マンションの管理人や大家さんに問い合わせたりする方法も有りますが、確実で手間が無いのはNTT東西のHPで調べることです。

 

 

NTT西日本エリア

富山県 / 石川県 / 福井県 / 岐阜県 / 静岡県 / 愛知県 / 三重県 / 滋賀県 / 京都府 / 大阪府 / 兵庫県 / 奈良県 / 和歌山県 / 鳥取県 / 島根県 / 岡山県 / 広島県 / 山口県 / 徳島県 / 香川県 / 愛媛県 / 高知県 / 福岡県 / 佐賀県 / 長崎県 / 熊本県 / 大分県 / 宮崎県 / 鹿児島県 / 沖縄県

 

NTT東日本エリア

北海道 / 青森県 / 岩手県 / 宮城県 / 秋田県 / 山形県 / 福島県 / 茨城県 / 栃木県 / 群馬県 / 東京都 / 埼玉県 / 千葉県 / 神奈川県 / 山梨県 / 新潟県 / 長野県

 

NTT西日本 対象エリア検索

 

NTT東日本 対象エリア検索

 

 

スマホ料金を含めたコスパで「光コラボ」を選ぶ方法

数多い「光コラボ」の中から選ぶ時の考え方として、スマートフォンの料金を含めて、トータルの通信費を抑える事に繋がる選び方を重視します。

 

光回線を導入したら、最初に行うのはスマホ契約プランの見直しです。

 

スマホプランの見直し

3大キャリアを契約しているユーザーなら、「無制限・大容量」プランになっているケースが多く、そのまま継続してはコスパが酷く悪くなります。

 

自宅に「光回線」を導入してWi-Fi環境が整えば、通信会社の回線利用は外出時だけに限られ、それほど多くのデータ量を消費しない事が一般的です。

 

2021年8月26日に株式会社MM総研は最新の「携帯電話の月額利用料金とサービス利用実態(2021年7月時点)」を公表しています。

 

 

(出典:MM総研

 

このデータ使用量は、自宅以外での携帯電話会社の回線を利用した時のみのものです。

 

「1GB」31.8%・「2GB」11.7%・「3GB」14.1%で、57.6%のユーザーが3GB以下の通信量で収まっていて、約75.2%のユーザーは累計「7GB」までになっています。

 

単純に平均をとれば8.72GBになりますが、数値の中央値は3GBです。

 

一部の外出時に動画視聴を多用するユーザーを除けば、多くの方は小容量のデータ消費で収まっています。

 

最も簡単で最低限行う事としては、3大キャリアの「無制限・大容量」プランの契約をしているなら、小容量プランに変更する事です。

 

大手キャリア通信のセット割

三大キャリアの小容量プランに変更して、3GB程度の利用に収まれば、トータルの通信費は抑えることが出来ます。

 

安くなった料金から、「セット割」が適用される「光コラボ」を選択すれば、更に安い料金になります。
KDDIの光回線である「auひかり」は、「光コラボ」ではないため、「フレッツ光導入済みマンション」では利用する事が出来ませんが、「光コラボ」の中にもauの「セット割」が適用されるサービスは数多くあります。

 

スマホ容量月額料金セット割割引き後
ドコモ3GB4,565円550円4,015円
au4GB4,928円550円4,378円
SoftBank3GB5,478円1,100円4,378円

 

この容量を下回れば、さらに安い料金になるシステムになっていますが、どちらにせよ小容量の月額料金は3大キャリアの場合、「セット割」を適用しても割高だと言わざる得ません。

 

小容量利用なら「サブブランド」や「格安SIM」

小容量の利用では、「サブブランド」や「格安SIM」を利用した方が、大幅に料金を節約することが出来ます。「サブブランド」は、国(総務省)の値下げ要請もあり、メインプランよりも安い価格でサービスを提供しています。

 

KDDIのメインプランはauですが、サブブランドとして「UQモバイル」を運営しています。ソフトバンクは、サブブランドとして「ワイモバイル」を運営しています。回線品質はメインプランと同等で、街にあるショップで契約や相談が出来ます。

 

「格安SIM」は、自社で回線やアンテナ基地局を持っていません。3大キャリアが運用する回線の一部を借り受ける事で、安価に運営されています。より安価に利用出来る様にするため、契約や相談は対人ではなく、大半がオンラインのみです。

 

「光コラボ」では、価格の安い「サブブランド」や「格安SIM」の「セット割」を設けているサービスも有り、トータルの通信費はもっと安くなります。

 

具体的にトータルの通信費が安価になる、「光コラボ」と「スマホ回線」のオススメな組み合わせをご案内します。

 

豊富な特典で実質費用が安い「@TCOMヒカリ」+「LIBMO」

 

(出典:@TCOMヒカリ申込サイト)

 

「セット割」が適用される光回線で、最もオススメするのは@TCOM(アットティーコム)ヒカリです。

 

auの「スマートバリュー」、UQモバイルの「自宅セット割」、格安SIMであるLIBMO(リブモ)の「LIBMO×光セット割」など、複数のスマホキャリアとの「セット割」が可能になっています。

 

@TCOMヒカリは自社データセンターを保有し、自社光ファイバーケーブルを運用するなど、単にプロバイダとしてだけでは無く、豊富な技術力が有る人気の「光コラボ」で、「フレッツ光導入済みマンション」で利用出来ます。

 

@TCOMヒカリの月額料金は、マンションタイプで4,180円です。

 

格安SIM LIBMO

格安SIMの「LIBMO」と組み合わせる事で、通信費トータルは大きな節約が可能です。

 

 

(出典:LIBMO公式)

 

データ容量データ+音声通話+SMSデータ+音声通話+SMS
+10分かけ放題
@T COMヒカリ
月額割引額
3GBプラン980円(税抜891円)1,750円(税抜1,591円)220円(税抜200円)/月割引
8GBプラン1,518円(税抜1,380円)2,453円(税抜2,230円)220円(税抜200円)/月割引
20GBプラン1,991円(税抜1,810円)2,926円(税抜2,660円)220円(税抜200円)/月割引
30GBプラン2,728円(税抜2,480円)3,663円(税抜3,330円)220円(税抜200円)/月割引

 

3GBプラン980円が、@TCOMヒカリと「セット割」を適用することで、月額760円になるので、マンションタイプの場合なら760円+4,180円=4,940円がトータルの通信費になります。

 

キャッシュバックで、実質の支払い費用はもっと安くなります。

 

キャッシュバック

新規契約だけのオプション無しで、マンション集合住宅タイプでは25,000円のキャッシュバックが受けられる、嬉しいキャンペーンを行っています。Wi-Fiが使える無線Wi-Fiルーターを選ぶ事も出来ます。

 

@T COM(アットティーコム)ヒカリ 最短3ヵ月で最大50,000円キャッシュバック
@T COM(アットティーコム)ヒカリの新規加入で最大50,000円を最短3ヵ月で現金キャッシュバック!さらに工事費も最大19,800円が割引で実質無料!おトクに@T COM(アットティーコム)ヒカリを始めるチャンス!

 

たとえば、2年間の利用と仮定して計算した場合、25,000円÷24回=1,041円 になり、が1ヶ月あたりの支払い補填と考えれば、実質の料金は4,180円-1,125円=3,199円 になり「光コラボ」最安値級月額料金になります。

 

それに加えて、1年間割引きが受けられます。

 

12ヵ月の間、月額料金割引

契約から12ヵ月間、月額料金が割り引かれます。マンション集合住宅タイプでは、4,180円の月額料金が、12ヵ月間は3,850円になります。

 

キャッシュバックまで考慮すれば、マンション集合住宅の12ヵ月間の月額料金は、実質1,767円になります。

 

その上、工事費も無料になるキャンペーン中です。

 

工事費無料

光回線の導入には工事が必要で、実際に技術者や工事業者が動く為に、工事費が掛かります。@TCOMヒカリの場合、最大19,800円の工事費が掛かりますが、工事費が無料になるキャンペーンを行っています。

 

@T COMヒカリ(アットティーコム)キャンペーン
@T COM(アットティーコム)ヒカリのお得なキャンペーン情報をご案内。今なら最大19,800円の新規工事費や契約事務手数料がキャンペーンの適用で実質無料になるため、お得に光インターネットを始めたい方はお見逃しなく!

 

 

乗り換え違約金が全額負担してもらえる「ソフトバンク光」+「ワイモバイル」

 

(出典:ソフトバンク光申込サイト)

 

ソフトバンクは自社で光回線の敷設は行わず、「フレッツ光」を使用する「光コラボ」でサービスを提供しています。

 

月額料金は、マンションタイプで4,180円です。

 

今利用している回線の契約解除違約金を負担してもらえる

SoftBank 光 あんしん乗り換えキャンペーン
他社からSoftBank 光(ソフトバンク光)へ乗り換えで他社への違約金や撤去工事費を満額還元!【SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン】実施中♪超高速の光インターネット「ソフトバンク光」へお得に乗り換えるチャンス!

 

現在「モバイルWi-Fiルーター」や「据え置き型無線ホームルーター」を利用しているユーザーや、「光回線」を利用しているユーザーが、「フレッツ光導入マンション」に転居する場合、今までの回線は不要になります。

 

これまで利用してきた回線の解約を検討すると、問題に上がってくるのが「違約金」です。

 

利用しているサービスや、利用期間や端末の残債などで様々なケースが有りますが、無線系の回線では、20,000円以上の費用請求が有る場合もあります。

 

光回線では撤去費用も含めて、10万円近くになる事も有ります。

 

「ソフトバンク光」では、ソフトバンク以外の他社回線の解約に伴う違約金の費用を、最大100,000円まで(光回線の場合)全額負担するキャンペーンを行っています。

 

違約金だけでなく、回線撤収費用や機器の支払い残債も対象になります。(無線タイプ回線の最大金額は42,000円です)

 

「セット割」も有ります。

 

ソフトバンク光のセット割

ソフトバンクのスマートフォンでも「おうち割光セット」適用で、1台あたり月額1,100円の割引きがあります。

 

しかし、光回線を導入したら、ソフトバンクのキャリア回線をそのまま利用した、サブブランドの「ワイモバイル」に乗り換える方がずっとお得になります。

 

「ワイモバイル」を「ソフトバンク光」と組み合わせると、「おうち割光セット(A)」が適用され、1台あたり毎月1,188円の割引きが受けられます。

 

ワイモバイルとは?

 

(出典:ワイモバイル公式)

 

「ワイモバイル」はサブブランドで、街にある携帯電話ショップで契約や相談が出来ます。

 

月額料金はメインプランよりも大幅に安価であり、更に「セット割」が適用されることで格安SIMの価格と比較しても、大きな遜色が無くなります。

 

通信容量/コース名月額料金セット割支払料金
3GB/Sプラン2,178円1,188円990円
15GB/Mプラン3,278円1,188円2,090円
25GB/Lプラン4,158円1,188円2,970円

 

公式に行っているキャンペーン特典に加えて、代理店契約なら更にお得なキャッシュバックや豪華特典がゲット出来ます。

 

ソフトバンク光キャンペーン一覧 | 豪華加入特典を進呈
SoftBank 光(ソフトバンク光)の新規加入・転用・事業者変更で最大28,000円キャッシュバックまたは新品パソコン・タブレット・人気ゲーム機などの豪華特典♪と選べるキャンペーン実施中!ソフトバンクの公式キャンペーンとも併用可能でダブルでお得。

 

 

外出時利用が少ない方は、セット割と高い技術力の「OCN光」+「OCNモバイルONE」

 

(出典:OCN光申込サイト)

 

「OCN光」は、NTTグループの会社の一つで、NTTレゾナントによって運営されています。

 

世界的なTier1 IPバックボーンを保有していて、世界に数社しか無いアジアでは唯一のステータス保持社です。

 

「OCN光」の月額料金は、マンションタイプで3,960円です。

 

NTTレゾナントが運営する、格安SIM「OCNモバイルONE」で「セット割」が適用されます。

 

OCNモバイルONEとは?

 

(出典:OCNモバイルONE公式)

 

高品質な上に安価な料金が人気です。

 

月額料金は以下の通りです。

 

通信容量/コース名月額料金
500MB/月コース550円
1GB/月コース770円
3GB/月コース990円
6GB/月コース1,200円
10GB/月コース1,600円

 

格安SIMの契約は、一般的にオンラインになりますが、「OCNモバイルONE」は、全国のドコモショップや、一部の量販店にあるドコモカウンターの店頭で、対面契約する事が出来ます。

 

外出時に殆どスマートフォンを利用しないなら「500MB/月コース」

前述の、外出時には3GB程度しか利用しないユーザーが多い事をご説明したグラフを再度ご覧下さい。月に「1GB」未満の利用者は31.8%と、概ね3人に1人くらいの割合で存在します。

 

それらの小容量ユーザーは、月に500MB程度で問題無いケースも多くなっています。

 

500MBでは、心許ない値と感じる方も多いと思いますが、電話通話やLINEが中心で、他にインターネットをそれほど利用しない方なら、充分に事足りる可能性が有ります。

 

具体的に出来る事を見てみましょう。

 

LINE無料通話

LINEで通話する場合、1分あたりのデータ通信量は0.3MBです。

1時間電話しても、消費するデータ通信量は18MB程度です。

 

これは、外出時のみの数値で、自宅では光回線のWi-Fiに接続して利用する為、カウントしません。

 

月に10時間利用しても180MB程度ですから、他での利用分も充分余力があります。

 

テキストメール

Gmail等の送受信は、300文字程度のテキストメールで5KB程度です。

月に10,000通のメールを送受信したとしても、トータルで50MB程度です。

 

地図アプリ

閲覧する場所によって、消費するデータ量も異なってきます。建物が密集しているエリアでは、データサイズが大きくなる傾向にあります。

 

東京都23区内で現在地を表示して拡大表示を行った場合、消費データ量は概ね732KB程度です。

 

月に70回近く利用しても、消費データは概ね50MB程度です。

 

web

表示するページによっても大きく異なりますが、スマホ版のyahooトップページの閲覧は236KB程度を消費します。

 

月に250回(ページ)表示したとして、消費データは概ね50MB程度です。

 

LINE・メールを利用して、地図アプリ・web閲覧など、これらの事を全部行っているとしても、月のデータ消費量合計は330MB程度になります。

 

外出先(自宅を含むWi-Fi環境以外)で動画を見る習慣の無い方は、それほど多くのデータを消費していません。

 

OCNモバイルONEの「セット割」

 

(出典:OCNモバイルONE公式)

 

「OCNモバイルONE」と「OCN光」を組み合わせると、安価なOCNモバイルONEの料金が更に安くなります。

 

1契約ごとに月額220円の割引きが受けられます。最大5契約月額1,100円まで「セット割」が適用されます。

 

「500MB/月コース」のみ「セット割」の対象外ですが、このプランのみ最大10分までの国内通話料金が全額割り引かれます。

 

通話料金は30秒で11円なので、通話料金が最大220円割引きされます。

 

OCN光」とセット割にする事で、月に3GBの契約なら月額990円-220円=770円でスマートフォンを利用出来ます。

 

マンションで家族3人利用した時の通信料トータル金額は、3,960円(OCN光)+2,310円(OCNモバイルONE 3GB)=6,270円になります。

 

更に今なら、お得なキャンペーンも展開してます。

 

OCN 光 キャンペーン一覧 最大60,000円の豪華加入特典
OCN 光の新規・転用・事業者変更のお申し込みで新品パソコン、タブレット、PS4、Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ) などのゲーム機、液晶テレビなどプレゼントまたは割引や最大60,000円のキャッシュバックなどお得なキャンペーンを実施中!もちろんOCN公式割引キャンペーンも併用可能◎

 

 

店舗やオフィス等の業務用途なら、サポート充実のフレッツ光

 

(出典:フレッツ光申し込みサイト)

 

業務用途の法人契約の場合には、「光コラボ」よりもプロバイダを別契約する、「フレッツ光+プロバイダ」の方がオススメです。

 

豊富なノウハウがあり、比較的早く工事の完了が出来ます。

 

他にも多くのメリットが有ります。

 

キャッシュバックが充実

光回線販売を担う代理店では、キャッシュバックキャンペーンを行っている事がありますが、個人契約では「光コラボ」のみが対象で、「フレッツ光」は個人事業主や法人のみが対象になっている事が大半です。

 

フレッツ光キャッシュバック情報 NTT東日本エリア
【NTT東日本エリア】フレッツ光のキャッシュバック条件一覧。当サイトなら最短2ヵ月で最大79,800円のキャッシュバック!さらにプロバイダのみの乗り換えでも5,000円のキャッシュバック♪と加入特典がお得。フレッツ光の加入でキャッシュバックをお得に受け取るならぜひ当サイトまで!

 

フレッツ光キャッシュバック情報 NTT西日本エリア
【NTT西日本エリア】フレッツ光のキャッシュバック条件一覧。当サイトなら最大85,000円のキャッシュバックを最短2ヵ月還元!と還元時期が早いのも魅力♪電話サービスなど便利なオプションサービスの加入でさらにお得に!Web申し込みなら24時間受付中。

 

来店者向けWi-Fiの提供

セキュリティを考えた上で、店舗全体でお客様全体が快適に利用出来るWi-Fi環境の構築ができます。

 

経費として計上し易い

フレッツ光は法人契約の場合、請求書での支払いが可能です。

 

光コラボやフレッツ光でも、個人契約の場合にはクレジットカードでの支払いが一般的で、請求書・領収書の発行が有りません。

 

同時接続機器の台数

フレッツ光の個人契約では、端末の接続台数は10台までが推奨です。

 

法人契約のオプション契約(NTT東日本ではフレッツ光ネクスト プライオ1やフレッツ光ネクスト プライオ10・NTT西日本ではフレッツ光ネクスト ビジネスタイプ)を結べば、同時接続台数に制限は無くなります。

 

 

フレッツ光キャンペーン一覧 NTT東日本エリア
【NTT東日本エリア】フレッツ光キャンペーン一覧。当サイトならキャッシュバックまたは豪華特典+NTT公式割引♪とキャンペーンの併用が可能!当サイト限定の豪華特典キャンペーンには新品パソコン・人気タブレット・PS4や任天堂スイッチなどの最新ゲーム機などおトクなキャンペーンが勢揃い!

 

 

フレッツ光キャンペーン一覧 NTT西日本エリア
【NTT西日本エリア】フレッツ光のキャンペーン一覧。当サイトならキャッシュバックまたは豪華特典と選べるキャンペーンに加え、NTT西日本公式キャンペーンとも併用が可能!商品特典には新品パソコンや人気タブレットにPS4や任天堂スイッチなどの最新ゲーム機も!他にはない機器特典を多数ご用意♪

 

タイトルとURLをコピーしました