PR

光回線を引くにはどうする?住所や建物ごとに具体的な手順を解説

WiFi

訪問販売で商品を購入したり、サービスを契約したりする事は有りますか?

 

もちろん、訪問販売の中には良い商品やサービスも数多くあります。

一昔前なら、「広告や店舗の経費を掛けずに、直接消費者の手元に届けるからこそ、良質な商品やサービスが安価に提供出来る」という説明は、一定の説得力がありました。

しかし、現在では事情が変わってきています。

 

たとえば、同じ商品を購入するなら、高い人件費を使って手元に持ってきて貰う訪問販売よりも、大量仕入れを行う大型店舗に出向いて購入する方が、多くの場合で安価に入手する事が出来ます。

さらに、人件費や店舗の運営費などが掛かる大型店舗よりも、経費を掛けずに運営されるオンラインのネット購入の方が、より安価に入手出来るケースが多くなります。

 

自宅でのインターネット利用には、光ファイバーケーブルを利用した、光回線が最適です。

高速で安定した通信環境は、無線回線が新生代の5Gサービスを開始した今でも、その優位性は変わりません。

ただ、光回線の導入を決めても、調べてみると通常の商品やサービスとは異なり、「複雑怪奇でワケが解らない!」と閉口する方も多いのは事実です。

 

そんな方が光明を見いだすのが、普段付き合いのある携帯電話ショップです。

対面で相談が出来る携帯電話ショップは、誤解を承知で敢えて言うなら、スマホ契約と同様に、よく解らないままでも契約を進める事が出来て、結果的に利用する事が出来るようになります。

 

しかし、光回線の利用は長期間に渡ることが多く、家賃や人件費の掛かっている、携帯電話ショップ窓口での契約はコスパが悪く、結果的にオンラインでの契約に比べて、高額な費用を支払う事にも繋がりかねません。

コスパ良く光回線を導入するのにはどうするのか?具体的な手順を、解りやすく簡単に解説していきます。

 

どんな光回線が有るのか?光回線の種類を知りましょう

数多くの光回線サービスが乱立している様にも感じますが、整理してみると、それほど多くの光回線は、実際に敷設されていません。

 

光回線は、実際に光ファイバーケーブルを各利用場所に届ける必要が有るため、街中でケーブルの取り回しが出来る、既に何らかのインフラを担っている企業に限られています。

具体的には、NTT(電話線の電柱)・各地の電力会社(電線の電柱)・各地のケーブルテレビ(有線の電柱)が、大半を占めています。

 

実際の光回線シェアを見てみましょう。

 

敷設されている光回線のシェア

ICT市場専門のリサーチ会社、株式会社MM総研の2022年3月末時点のデータによれば、全国的に広く普及しているのは、NTTグループ(NTT東日本+NTT西日本)の2326.6万件であり、そのシェアは半数を大きく超える63.5%に達しています。

 

 

(出典:MM総研

 

1位と2位のNTT東西が、敷設管理している光回線は「フレッツ光」です。

3位にはKDDIの「auひかり」、5位にはソニーネットワークコミュニケーションズの「NURO光」が入っています。

 

4位にあるオプテージが関西電力系で、6位のアルテリア・ネットワークスが法人向けである事を除けば、他の電力会社系やケーブルテレビ系は、全てその他の中に入っています。

 

全国エリアで利用出来る光回線には、利用出来るエリアの違いは有りますが、「フレッツ光」「auひかり」「NURO光」の3回線しかありません。

 

光回線の導入には提供エリアになっている必要がある

光回線の提供エリアは、それぞれの回線ごとに異なっています。

提供エリアでは無い場所や建物では、光回線を利用する事が出来ません。

 

光回線の導入には、原則として導入工事が必要

光回線は立ち会い工事が必要になるため、申込みをしてから工事のスケジュールを打ち合わせて、開通するまでには一定の期間が必要になります。

 

それぞれの光回線で、契約してから工事が完了するまでの期間は、大きく異なります。

 

一戸建て住宅の場合

光回線の利用には、戸建て住宅の場合では、光ファイバーケーブルが利用する場所の近くまで来ている必要があり、電柱から自宅に引き込み工事を行います。

 

賃貸住宅を利用している方で、大家さんが回線工事に同意しない場合や、建造物など何らかの都合で光回線の引き込み工事が出来ない住宅では、光回線を利用出来ません。

 

マンション集合住宅の場合

マンション集合住宅での利用は、基本的に建物の共有スペースまで導入されている光回線を、各戸までの配線工事を経て利用出来る様になります。

 

共有スペースまで光回線が引き込まれていない建物では、原則的にそのままでは光回線を利用する事が出来ず、引き込まれている光回線以外も、同様に利用する事が出来ません。

 

引き込まれている光回線の有無や、その回線の種類については、管理事務所や大家さんに問い合わせる事で判明しますし、これから契約する場合には、多くの不動産物件情報には光回線の情報が掲載されています。また見当たらない場合でも、仲介業者に問い合わせれば直ぐに判明します。

 

光回線が全く導入されていないマンション集合住宅の共有スペースまで、新たに光回線を導入するのには、管理者・大家さん・居住者等の同意を得る必要があり、多大な手間と時間が必要になります。

その場合、現実的なインターネット回線の導入としては、残念ですが光回線ではなく、無線を利用した「ホームルーター」の導入を検討した方が早道です。

 

ホームルーターの契約なら、コスパの良い「ソフトバンクエアー」がオススメです。

ソフトバンクエアーは、ソフトバンクのショップでも受け付けていますが、オンライン代理店で契約した方が、公式特典に加えて独自特典のキャッシュバックも得られるなど、大幅にお得になります。

 

契約後の回線品質やサービス・サポートは、どこで契約しても全く同じです。

オンライン代理店の、お得な特典やキャッシュバックは以下で御確認ください。

 

ソフトバンクエアーキャッシュバック 最大35,000円を現金還元
当サイトよりSoftBank Air(ソフトバンクエアー)をお申し込みいただくと最大35,000円キャッシュバック!さらにソフトバンク公式の乗り換えキャンペーンや月額料金割引キャンペーンとも併用可能♪お得にソフトバンクエアーを始めるならぜひ当サイトまで!

 

 

インターネットの利用には接続業者であるプロバイダが必要

 

 

(出典:NTT東日本

 

光回線だけに限らず、どんな回線でもインターネットの利用には、接続業者プロバイダが必要になります。

 

プロバイダが行っている事

回線はユーザーからプロバイダまでを繋ぐ手段であり、実際に世界中に散らばるデータの置き場所(サーバーと言います)まで接続して、回線を通じて契約者にデータを届ける役目は、プロバイダが行っています。

 

光回線のプロバイダ契約は、スマートフォンのように回線の契約を行うと、自動的にプロバイダが決まり、意識しないで利用が出来るパターンと、プロバイダの選択肢が用意されているケースが有ります。

 

プロバイダによって変わる事

同じ回線を使ってインターネットを利用しても、プロバイダによって回線品質は異なります。

 

プロバイダごとに異なる、バックボーンと呼ばれるインターネットの世界への接続回線を含む、投資されている設備の違いや、技術力の違いで供給される回線品質に違いが出る他、利用するエリア(居住する都道府県という意味です)でも変わって来ます。

 

そのため、回線をそのまま利用してもプロバイダを替えること事で、回線品質が劇的に向上する場合があり、プロバイダの選択肢の多さは、光回線選びの重要なポイントの一つです。

 

プロバイダによって、サービスも変わります。

これは、通信品質という意味では無く、コスパに関わる話です。

特に重要なのは、毎月スマホ料金の割引が受けられる「セット割」です。

 

このセット割については、3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)が有名ですが、プロバイダによっては、同様の割引政策を行っている事が多くあります。

ここで押さえておきたいポイントは、光回線を導入すれば、自宅でのスマホ利用はWi-Fiを使って光回線で行うため、通信キャリアで契約しているギガは消費しないということです。

 

外出時だけの利用するデータ消費容量に、契約プランの見直しが必要になり、3大キャリアのメインプランである無制限・大容量プランは、多くのユーザーにとって必要が無くなります。

外出時だけに利用するデータ量は、大半のユーザーが概ね月に3GB程度であり、小容量プランは3大キャリアでも用意されていますが、セット割を適用させても非常に割高な料金になります。

 

小容量プランは格安SIMを利用した方が大幅に安く、その安価な月額料金から更に、セット割が適用出来るプロバイダも存在しています。

選択出来るプロバイダが多ければ、自分の使いたいニーズに合ったサービスを自由に選ぶことが可能になります。

 

大手3社の光回線を比較して解説

全国展開している光回線のポイントを比較して、解説していきます。

 

光回線の種類提供されている
エリア
選べる
プロバイダ数
工事までの
期間
無派遣工事

だけで開通

主流の回線速度
公称値
フレッツ光全国47都道府県全てを網羅
提供エリアは広い多数のマンション共有部分に導入済
多数短い可能1Gbps
auひかり提供エリアは限られている

マンションでの利用は多くの場合困難

少ない普通不可1Gbps
NURO光提供エリア少ない

マンションでの利用は
殆ど出来ない

So-net限定長い不可2Gbps

 

提供されているエリア

全国47都道府県全てが提供エリアになっているのは、NTT東西のフレッツ光だけです。

具体的なエリアを比較してみましょう。

 

フレッツ光

 

(出典:フレッツ光申込サイト)

 

NTT東西が敷設運営しているフレッツ光は、単に47都道府県全てをカバーしているだけでなく、実際に利用が出来るエリアも広く、正確な数字は発表されていませんが、人口エリアカバー率として、東日本では概ね95%以上、西日本では概ね93%以上だと言われています。

 

NTT西日本エリア

富山県 / 石川県 / 福井県 / 岐阜県 / 静岡県 / 愛知県 / 三重県 / 滋賀県 / 京都府 / 大阪府 / 兵庫県 / 奈良県 / 和歌山県 / 鳥取県 / 島根県 / 岡山県 / 広島県 / 山口県 / 徳島県 / 香川県 / 愛媛県 / 高知県 / 福岡県 / 佐賀県 / 長崎県 / 熊本県 / 大分県 / 宮崎県 / 鹿児島県 / 沖縄県

 

NTT東日本エリア

北海道 / 青森県 / 岩手県 / 宮城県 / 秋田県 / 山形県 / 福島県 / 茨城県 / 栃木県 / 群馬県 / 東京都 / 埼玉県 / 千葉県 / 神奈川県 / 山梨県 / 新潟県 / 長野県

 

数多くのマンション集合住宅の共有スペース内まで、既に引き込み工事が完了しているのは、フレッツ光が圧倒的に多くなっています。

 

 

auひかり

 

スマートフォンのauは全国展開していますが、光回線のauひかりでの提供エリアは、部分的に抜けている地域が存在しています。

 

【北海道エリア】 北海道

【東北エリア】 青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島

【関東エリア】 東京都、神奈川、千葉、埼玉、群馬、茨城、栃木

【信越エリア】 新潟、長野

【中部エリア】 山梨

【北陸エリア】 石川、富山、福井

【中国エリア】 鳥取、岡山、島根、広島、山口

【四国エリア】 香川、徳島、愛媛、高知

【九州エリア】 福岡、大分、佐賀、宮崎、熊本、長崎、鹿児島

 

表記された県内に住居があっても、必ずしも利用出来るとは限りません。

 

これは、戸建て住宅で利用出来るエリアで、マンション集合住宅での利用はさらに限られてきます。

 

 

So-netが提供する高速インターネットサービスは基本料金割引特典実施中! | auひかり | So-net (ソネット)
高速インターネットサービスはSo-netのauひかり。安心安定のKDDIが提供するauひかり回線を利用。

 

NURO光

 

(出典:NURO公式

 

NURO光は、比較する全国展開回線の中で、最も利用出来るエリアが少なくなっています。

 

【北海道エリア】 北海道

【関東エリア】 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県

【東海エリア】 愛知県、静岡県、岐阜県、三重県

【関西エリア】 大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県

【中国エリア】 広島県、岡山県

【九州エリア】 福岡県、佐賀県

 

こちらも、表記された県内にお住まいでも、利用出来るとは限りません。

 

マンション集合住宅には、共有スペース内までNURO光回線の引き込み工事が完了している建物は殆ど存在せず、利用は難しいと言えます。

 

【公式】NURO 光 現金キャッシュバック45,000円!さらに他社解約費用を最大6万円還元 | NURO 光 2ギガ/10ギガ
NURO 光のお申し込みで現金キャッシュバック45,000円!NURO 光でインターネットライフをより楽しく快適に

 

選べるプロバイダ数

回線工事は手間が掛かるため、同じ回線を長期間利用する傾向が強くなります。

選択出来るプロバイダ数が多い事は、回線品質の上でも大きなメリットになるのに加えて、適切なセット割を利用する事で、通信費のトータル費用を削減出来るコスパにも、大きな影響があります。

 

フレッツ光

フレッツ光を利用する形態としては、2通りがあります。

 

一つは回線とプロバイダの2箇所で契約をする、「フレッツ光」+「プロバイダ」の契約形態です。

 

 

(出典:NTT西日本*一部改変)

 

フレッツ光のサービス開始当初から有る契約形態ですが、NTTと直接契約する事で、そのノウハウを利用出来るメリット等がある法人契約の主流ですが、個人契約では利用するメリットが基本的にありません。

 

 

(出典:NTT西日本*一部改変)

 

フレッツ光回線をNTT東西がプロバイダに卸供給する事で、契約窓口が一本化された2015年から登場した「光コラボ」が、個人契約の主流になっています。

手間や煩わしさだけでなく、2箇所バラバラで契約した合計金額よりも、光コラボで一本化した方が安価になるのが理由です。

 

利用出来るプロバイダの数は圧巻で、光コラボを扱う事業者プロバイダは、NTT東日本エリアで530社・NTT西日本エリアで235社が有ります。

プロバイダごとにサービスの違いが有り、利用者ニーズに合った「セット割」の選択肢も数多くあります。

 

 

 

auひかり

「auひかり」ホーム 1ギガで利用出来るプロバイダは、7社に限られています。

 

絶対数がすくないため、幅広いニーズに対応する事は難しくなっています。

 

NURO光

「NURO光」はプロバイダの選択は出来ず、So-netに限定されています。

 

格安SIMは同じグループにNUROモバイルが有りますが、長期に渡るセット割は存在せず、コスパ対策には、利用する事が事実上は出来ません。

 

工事までの期間

光回線の導入工事には、立ち会い工事が必要になります。

回線の申込みから、実際の工事が行われて開通するまでの期間は、回線の種類によって異なり、契約者のスケジュールと、工事業者のスケジュールを擦り合わせる必要が有ります。

 

また、人が移動する時期(春や秋の異動のことです)は、通常のスケジュールよりも、更に期間が延びる可能性があります。

 

フレッツ光

申込みから開通するまでの期間は、概ね2週間から1ヵ月程度です。

電電公社の時代から電話工事に携わってきた、ノウハウ豊富な業者を数多く抱えているNTT東西は、比較的早い工事までの期間で、光回線を開通する事が可能です。

 

auひかり

マンション集合住宅で概ね2週間から1ヵ月程度・戸建てでは概ね1ヵ月から2ヵ月程度が、申込みから工事が完了して、光回線が開通するまでの期間です。

 

NURO光

マンション集合住宅タイプで、2ヵ月から3ヵ月程度・一戸建てで1ヵ月から3ヵ月程度が目安です。

 

NURO光はエリアによって、大きく工事完了までの期間が異なる場合があります。

福岡県、佐賀県、岐阜県、北海道エリアは、工事状況により更に1~2カ月程度は余分に見ておく必要が有ります。

 

また、NURO光のみ、宅内工事と屋内工事が別の日程で行われ、どちらも工事には立ち会いが必要です。

 

無派遣工事

実際に行われる工事内容についても、簡単にご説明しましょう。

 

フレッツ光で解説しますが、工事の内容については回線を問わず概ね同じです。

フレッツ光と他回線で大きく異なるのは、「無派遣工事」だけで開通出来る可否です。

 

一戸建て住宅の工事内容

 

(出典:NTT東日本 一部改変)

 

近くまで来ている光ファイバーケーブルを、電柱から利用する住宅の外壁まで取り込んで、屋内へケーブルを通します。

 

マンション集合住宅の工事内容

 

(出典:NTT東日本 一部改変)

 

マンションの共有スペース内まで引き込み工事が完了している光回線では、各戸への配線工事も完了している場合なら、宅内工事を行うだけで光回線が開通します。

 

無派遣工事だけで完了出来るのはフレッツ光のみ

無派遣工事だけで回線導入工事が完了するケースは、NTTのフレッツ光と、その回線を利用する光コラボだけに限られます。

 

他の光回線では、無派遣工事で完了する事は無く、派遣工事が必要になります。

 

無派遣工事だけで完了するメリットは、数多くあります。

まず、立ち会い工事が必要無くなり、手間が大幅に削減出来る事があります。

それ以外にも、工事完了までの時間が短くて済み、工事費も大幅に安くなるメリットがあります。

 

実際に申込みをして調査するまで結論は出ませんが、自宅に光コンセントが設置されている場合は、無派遣工事だけで完了出来るケースが多くなっています。

 

 

(出典:SoftBank公式ページ*一部改変しています)

 

 

 

主流の回線速度公称値

現在主流になっている光回線の回線速度は1Gbpsで、NURO光のみ普及タイプでも2Gbpsになっています。

 

ただ、この数値は公称値と呼ばれる、サービス提供社側が出した計算上の理想値であり、実際にこの速度が利用する中で出る事はありません。

 

実際に利用出来る通信速度を比較しても、NURO光の通信速度が速い事が多いですが、1Gbpsの公称値回線で、現在のインターネット利用で最も速度が必要な動画視聴でも、不足を感じることは基本的にありません。

 

光コラボを申し込む窓口、最もメリットが有るのは?

ここまで様々な角度から比較してきましたが、個人契約で光回線を利用するなら、「光コラボ」が最も利用しやすく、メリットが有る事をご理解頂けたと思います。

 

では、光コラボをどの窓口で申し込むのか?が、次の問題になってきます。

申込み先としては、「公式サイト」「携帯電話ショップ・大型家電量販店の窓口」「オンライン専門代理店」の、大きく分けて3つがあります。

 

どこで申し込んでも得られるサービス等は同じ

公式サイトは文字通り、光コラボを運営する事業者が行っています。

新規顧客獲得は、安定的な経営を継続する上で絶対に必要ですが、新規顧客の獲得には多大なコストが掛かり、効率が良くない事から、回線の運用と契約者への対応に特化する傾向にあります。

 

そのため、新規顧客獲得業務を担っているのが正規代理店です。

大型家電量販店に行くと光コラボの旗や看板が掲げられていますが、光コラボ事業者が自ら行っている事は殆ど無く、別資本の代理店によって運営されています。

携帯電話ショップも同じで、通信キャリアの看板を掲げた店舗でも、基本的に運営しているのは別資本の代理店です。

 

オンライン専門代理店は、新規顧客獲得業務を担っている事は同様ですが、実店舗を持たずにオンライン上だけで運営されています。

 

代理店は、光コラボの事業者から正式に業務を担っている、正規代理店という立場なので、実際の利用にあたってのユーザーの不利益は一切無く、サービスやサポート・回線品質や月額料金も全て同じです。

では、何処で契約しても同じかというと、契約時に得られる特典では大きな差があるケースがあります。

 

オンライン代理店が最もお得

公式サイトでも代理店でも、公式に行っている特典は同じ様に享受出来ます。

代理店独自の特典を設けている場合では、公式の特典に加えて、キャッシュバック等の特典も両取りで受けられるため、お得になります。

 

代理店が独自に行う特典キャッシュバックになる原資は、公式側から出る事はありません。

そのため、代理店独自に行う特典キャッシュバックの財源は、代理店の新規契約に公式側から支払われる、報酬の中から捻出する必要が有ります。

そのため、代理店によって独自の特典内容は大きく異なり、独自特典は設けていない代理店も少なく有りません。

 

得られる報酬の中から、代理店の運営費用も全て賄う必要が有るので、より経費を掛けずに運営出来るオンライン代理店の方が、特典キャッシュバックに廻せる原資の捻出がし易く、その金額や内容も魅力的になります。

 

ユーザーにとって魅力ある特典が出せるオンライン代理店には、多くの新規顧客が集まり、コンスタントに新規契約者を獲得出来る代理店には、公式からの手厚いサポートだけでなく、新規顧客獲得の報酬額も増加する好循環が生まれています。

 

光コラボは、人気のあるオンライン代理店での契約が、ユーザーにとっては最もメリットが有ります。

以下の、光コラボお申し込みサイトを是非ご覧下さい。

 

 

 

(出典:光コラボ申込サイト)

 

「光コラボ」申込みから開通までの手順

光コラボはフレッツ光を利用するため、日本全国の幅広いエリア・多くのマンション集合住宅で利用が可能です。

 

1.申込み

電話(フリーコール)かweb上で、光コラボの申込みをします。

 

不明な点や相談も気軽に出来ます。

 

電話での申し込み 問い合わせ 0120-93-2299 (10時から19時)

 

web上で申込み

 

web上でお問い合わせ

 

2.連絡が来る

申込みを下に確認作業を行い、申込み内容の確認と料金などを案内する連絡が来ます。

 

最終確認が済むと、工事担当者から連絡が来ますので、工事の日程を調整します。

 

3.工事完了・開通

工事が行われる前に、光コラボ事業者から郵便物が届きます。

中には、契約内容や設定内容の詳細が記載された書類が入っています。

 

工事完了後に、書類内容に基づいた設定を行えば、光コラボの高速通信が開通します。

 

これで光コラボ開通までの、一連の流れはご理解頂けたと思いますが、膨大な数が有る光コラボの中から、最適な光コラボを選択するのは大変ですよね。

 

通信費のトータル費用を下げる、コスパの良い光コラボを具体的にご紹介します。

 

個人契約にオススメの光コラボ @TCOMヒカリ

 

(出典:@TCOMヒカリ申込サイト)

 

@TCOM(アットティーコム)ヒカリの月額料金は、一戸建てタイプで5,610円・マンションタイプで4,180円です。

 

@TCOMヒカリは、auひかりが利用出来ないエリアでも、auスマートバリューが利用出来ます。

 

しかし、前述のように、光回線が自宅に導入されれば、スマホは小容量プランの契約で充分なユーザーが大半であり、auでは割高になります。

格安SIM「LIBMO」を@TCOMヒカリと組みあわせて利用する事で、セット割を適用する方が、通信費のトータル費用は安くなります。

 

LIBMOのセット割

 

(出典:LIBMO公式)

 

セット割適用で、毎月のスマホ代から220円の割引きが最大家族5人の1,100円まで受けられます。

 

〇納得プラン
データ容量通常料金@T COMヒカリ
月額割引額
実質金額
3GBプラン980円1回線 220円/月割引760円
8GBプラン1,518円1回線 220円/月割引1,298円
20GBプラン1,991円1回線 220円/月割引1,771円
30GBプラン2,728円1回線 220円/月割引2,508円

 

キャッシュバック

@TCOMヒカリでは、キャッシュバックキャンペーンを行っています。

キャッシュバック特典の詳細は、以下をご覧下さい。

 

@T COM(アットティーコム)ヒカリ 最短3ヵ月で最大55,000円キャッシュバック
@T COM(アットティーコム)ヒカリの新規加入で最大55,000円を最短3ヵ月で現金キャッシュバック!さらに工事費も最大19,800円が割引で実質無料!おトクに@T COM(アットティーコム)ヒカリを始めるチャンス!

 

 

12ヵ月の間、月額料金割引

契約から12ヵ月間、月額料金が割り引かれます。

戸建てタイプでは月額440円が割引きされ、マンションタイプでは月額330円が12ヵ月割引きされます。

 

戸建てタイプで5,610円が12ヵ月間は5,170円になり、マンション集合住宅タイプでは、4,180円が12ヵ月間は3,850円になります。

 

工事費無料

@TCOMヒカリの場合、最大19,800円の工事費が掛かりますが、今なら工事費が無料になるキャンペーンを行っています。

 

@T COM(アットティーコム)ヒカリ 新規工事費無料特典
@T COM(アットティーコム)ヒカリなら2年バリューパック(24ヵ月の自動更新)を新規でお申込みの方は「新規工事費無料特典」の適用で、最大22,000円(税抜20,000円)の新規工事費が月額料金から毎月割引され実質無料!初期費用がお得に。

 

サポートサービス

光回線の接続だけで無く、パソコン全般やプリンタやスキャナなどの電子機器の接続や、IoT家電の接続設定や操作方法まで、専門スタッフが電話とリモートサポートをする「FOR YOU(フォーユー)」のサービスを行っています。

 

月額料金は550円です。

 

 

法人契約や店舗利用ならフレッツ光

 

(出典:フレッツ光申込サイト)

 

業務に利用する法人契約の場合、多くの企業法人ユーザーを抱えていて、どの通信会社よりも多くのノウハウを持っている、NTTと直接付き合えるメリットがあるため、光コラボよりも「フレッツ光+プロバイダ」の契約をオススメします。

 

実際に法人契約ではこの契約形態が多く、法人登記をしていない個人事業主でも、法人契約が可能です。

フレッツ光を法人契約する、具体的なメリットの一部を見てみましょう。

 

経費としての計上がしやすい

法人契約のフレッツ光では、請求書での支払いが可能になっています。

 

プロバイダの乗り換えが容易

事業が発展して、利用するプロバイダではシステムが対応出来ない場合などでも、光回線はそのままで、容易にその都度、最適な技術力のあるプロバイダに乗り換えるメリットが有ります。

 

24時間サポートが受けられる

個人契約の通常保守は9時から17時の日中保守です。

しかし、法人ではタイムイズマネーで業務を止める事は、大きな損失にも繋がりかねません。

フレッツ光の法人契約では、24時間サポートが受けられるオプションサービスが有ります。

 

キャッシュバック

オンライン代理店では、フレッツ光法人契約のキャッシュバックキャンペーンを行っています。

キャッシュバック特典の詳細は、以下をご覧下さい。

 

フレッツ光キャッシュバック情報 NTT東日本エリア
【NTT東日本エリア】フレッツ光のキャッシュバック条件一覧。当サイトなら最短2ヵ月で最大79,800円のキャッシュバック!さらにプロバイダのみの乗り換えでも5,000円のキャッシュバック♪と加入特典がお得。フレッツ光の加入でキャッシュバックをお得に受け取るならぜひ当サイトまで!

 

フレッツ光キャッシュバック情報 NTT西日本エリア
【NTT西日本エリア】フレッツ光のキャッシュバック条件一覧。当サイトなら最大85,000円のキャッシュバックを最短2ヵ月還元!と還元時期が早いのも魅力♪電話サービスなど便利なオプションサービスの加入でさらにお得に!Web申し込みなら24時間受付中。