フレッツ光が品質そのままでもっとお安くご利用いただけます!
光コラボ詳細
フレッツ光が品質そのままもっとお安くご利用いただけます!
▶ 光コラボの詳細はコチラ

BBNブロードバンドナビ㈱    NTT西日本・NTT東日本販売代理店 代理店コード 1001182140 兵庫県西宮市六湛寺町9-8 市役所前ビル5F

フレッツ光

  • F
  • フレッツ光 販売代理店 ブロードバンドナビ株式会社 0120-93-2299

ブロードバンド受付センター 受付時間 10:00~20:00(年中無休)

つながりにくい
場合にはコチラ

▶ 折り返し電話予約

ネット用語辞典

Dictionary of internet terms

サブネットマスクとは?

サブネットマスクとは、IPアドレスのうちネットワークアドレスとホストアドレスを識別するための数値のこと。

同じLAN(同じネットワーク)にいる相手なのかどうかを判断するために利用されます。このサブネットマスクは、パソコンをインターネットにつなぐときに欠かせない設定の一つで、表記方法は「255.255.255.0」のような形が一般的ですが「/24」のように表記することもあります。

電気通信では、通信先が同じネットワーク内にいる場合は、外部に中継しても時間の無駄であり、通信機器にも余計な負担がかかるため、通信先が同じネットワーク内にいるかどうかを判断する仕組みが設けられていることがあります。

たとえば、ホテルや企業内の内線通話では、3~4桁程度の短い番号を回すだけで通話ができます。これに対して外線通話の場合は「0」などの番号を頭につけて発信することになります。同じように、市内通話であれば5~8桁の番号で済みますが、市外通話は市外局番も含めて10桁のダイヤルが必要になります。国際電話であればさらに国番号も必要になり、桁数が増えます。

電話の場合は、頭に別の番号をつけて内線と外線、市内と市外を区別する方法が使われましたが、インターネットの通信では、電話と違ってIPアドレスの桁数は固定なため、同じ方法は使えません。そこで必要になるのがサブネットマスクです。

いま、「192.168.0.1」というIPアドレスから「x.x.x.x」というIPアドレスに通信をすることを考えてみましょう。サブネットマスクの設定によって、同じネットワークの範囲は変わります。

BBN © Broad Band Navi All Rights Reserved.