PR

「irumo」「UQモバイル」「ワイモバイル」を比較!お得に利用する方法とは?

WiFi

日本には4社の通信キャリアが存在しています。

 

新規参入の楽天モバイルは巨大な赤字を計上していますので別にして、他の3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)では、官製値下げと言われた国のプラン料金値下げ要請に対して、横並びの従来からあるメインプランとは別に、安価に利用できるプランを発表した事により収益低下を招きましたが、国際会計基準に則った2024年3月期連結業績予想では、3社とも実質的に営業増益になることを発表しています。

 

このところの電気代値上げや半導体不足による部品代の高騰、それ以外の諸物価が高くなる状況を考えれば、各社とも従来のプランだけの継続運営では営業増益になる要素が少なく、できれば月額料金の値上げをしたいのが本音だと言えます。

 

しかし、ユーザーとの契約であるプランの値上げは現実的では無く、単純な月額料金の値上げは、おおよそ受け入れられずに顧客の流出に繋がる事も想像に難くありません。

 

そこで通信各社は、相次いで既存プランの刷新を行っています。

 

ドコモは従来の「ギガホプレミアプラン」「ギガライトプラン」を廃止して、2023年7月から「eximo」「irumo」をスタートさせています。

 

auではサブブランドの「UQモバイル」のプラン内容を、2023年6月から大幅な改訂リニューアルを行っています。

 

ソフトバンクでも、サブブランドの「ワイモバイル」のプランを、2023年10月以降は新プランをスタートさせる事を発表しています。

 

これらのプラン改定で、安価に利用ができる「irumo」「UQモバイル」「ワイモバイル」を考察比較して、お得に利用する方法も解説していきます。

 

「irumo」「UQモバイル」「ワイモバイル」の新プランを考察

各社から登場している新プランを、新旧の比較を交えて考察してみましょう。

 

irumo(ドコモ)

irumo(イルモ)公式
irumo(イルモ)のオフィシャルウェブサイトです。irumo(イルモ)のご契約を検討される方はこちらへ。

 

 

3大キャリアでドコモが他の2社と明快に異なるのは、メインプランよりも安価に利用ができるサブブランドの有無です。

 

irumo誕生の背景

サブブランドは、それほどデータ通信を行っていないユーザーが、メインプランの月額料金の高額さに閉口して乗り換えを考えた場合の対処として、「他の通信会社に流出させるくらいなら、安価に設定した月額料金のサブブランドで自社内で継続利用してもらおう」という通信会社の顧客を繋ぎ止める手段です。

 

auではサブブランドとして「UQモバイル」・ソフトバンクでは「ワイモバイル」があり、これらが有効に機能して契約者を自社内に留め置く役割を果たしています。

 

それに対して、ドコモでは一貫してサブブランドを持たず、安価なプランとしては格安SIMの3社を「エコノミーMVNO」として、全国のドコモショップで取り扱ってきました。

 

転機になったのは、エコノミーMVNOの一つである「OCNモバイルONE」を運営していた、同じグループのNTTレゾナントをドコモが2023年7月に吸収合併した事です。

 

それを機に格安SIMのOCNモバイルONEは新規募集を停止して、同時期に従来のドコモプランの募集も停止して、新プランの「eximo」「irumo」を発表しました。

 

「eximo」が従来からあったドコモのメインプランを集約したプランであるのに対して、「irumo」はOCNモバイルONEの特徴を色濃く残したプランだと言えます。

 

しかし、格安SIMのOCNモバイルONEとは異なり、通常のドコモプランである「irumo」は、相応の値上げが行われている事も確かです。

 

irumoの月額料金

irumo
容量0.5GB3GB6GB9GB
基本月額料金550円2,167円2,827円3,377円

 

以前のOCNモバイルONEの料金体系と比較して、10GBの最大容量が9GBに減少して、1GBの区分が無くなり、月額料金は大幅に値上がりしています。

 

既に新規募集を停止している、OCNモバイルONEのプランをあらためて見てみましょう。

 

OCNモバイルONE
容量0.5GB1GB3GB6GB10GB
基本月額料金550円770円990円1,320円1,760円

 

ドコモ回線の一部を利用する格安SIMのOCNモバイルONEと、ドコモ回線を全て利用する「irumo」を同格に扱う事に無理がありますが、それでもたとえば同じ3GBのデータ容量で比較した場合、990円から2,167円への大幅値上げになります。

 

しかし、ドコモの旧小容量プラン「ギガライトプラン」で3GB利用のステップ2では、月額料金が4,565円だったため、比較すれば大幅に安くなっているとも言えます。

その引き換えに、「irumo」では家族間の無料通話が無くなり家族割の適用も無くなります。

ドコモメールを利用するには、別途330円の月額費用がかかります。

 

OCNモバイルONEの特徴の一つだった、殆どネット利用をしないユーザー向けの0.5GBプランは、新プランの「irumo」でも据え置きの月額料金で提供されています。

しかし、OCNモバイルONEでは存在した毎月10分までの無料通話は「irumo」では無くなり、利用できる電波に5Gは無く、通信速度の制限も存在するという意味では、実質の値上げとも言えます。

 

UQモバイル

【公式】格安sim・格安スマホ UQ mobile オンラインショップ|KDDI
UQモバイルの公式オンラインショップ。スマートフォン、ケータイなどの最新製品はもちろん、電池パック、充電器などのオプション品のご購入もできるほか、お得なセールなども実施中!

 

 

UQモバイルでは、メインプランのauよりも安価な月額料金で、シンプルな容量別のプランを提供してきました。

 

しかし、2023年6月以降の新プランでは、内容を大幅に変更してきています。

 

UQモバイル新プラン誕生の背景

官製値下げと言われる中心プランは、ドコモのオンライン専用プラン「ahamo」でスタートした、月に20GBのプランで月額料金3,000円(税抜)程度が基準になり、ソフトバンクでは現在の「LINEMO」・KDDIでは「povo」という横並びのプラン内容で追従しました。

 

しかし、povoは新たにpovo2.0へと変貌を遂げて、従来には無かった必要な時だけデータ容量を購入する、トッピングという概念をプランに持ち込み、当初の20GB容量で月額3,000円とは大きく異なるプランに変わりました。

 

そのため、ahamo・LINEMOと直接対峙するプランの存在がau陣営には無くなったため、その役割を「UQモバイル」に担わせる事が、今回の新プランでのトピックになっています。

 

UQモバイルの新プラン月額料金

現行新プラン
トクトクプランコミコミプランミニミニプラン
1GB未満15GB20GB4GB
基本月額料金2,277円3,465円3,278円2,365円

 

旧来のプランでは3GB・15GB・25GBのシンプルな容量別だった事を考えれば、新プランでは随分複雑になっています。

 

最大容量も25GBから20GBに減っていて、20GB以上利用するユーザーは、auの無制限プランにどうぞ!というスタンスを明確にしています。

 

既に新規募集を停止している、UQモバイルの旧プランをあらためて見てみましょう。

 

旧プラン
繰り越しプラン+5G
3GB15GB25GB
基本月額料金1,628円2,728円3,828円

 

シンプルな旧プランと比較すれば、新プランは解りにくいので、簡単にプラン別の解説をします。

 

トクトクプラン

上限15GBのプランで、旧プランで同様の15GBプランは2,728円が新プランでは3,465円になったので、実質的な値上げとも言えます。

 

従来の15GBプランと異なるのは、月の利用量が1GB未満の場合には自動的に1,188円の割引きが受けられ、2,277円の月額料金で利用が可能になっているところです。

 

それほどデータ消費をしないユーザー(月に1GB以下)には、価格メリットがありますが、1GBに達すると月額料金は3,465円になり、後述のミニミニプラン(4GBまで 月額2,365円)の方が安くなります。

 

コミコミプラン

一見すると上限20GBのプランですが、中身はスタート時のpovoと酷似しています。

 

ライバル他社のオンライン専用プラン「ahamo」「LINEMO」に直接対抗するのが、新プランのコミコミプランだと言えます。

 

他社と比較した時のアドバンテージとしては、国内通話5分かけ放題が基準になっているのに対して、コミコミプランでは10分かけ放題になっています。

 

特定の光回線などと組みあわせて割引きが受けられる「セット割」などの、各種割引制度が利用できないオンライン専用プランの特性は、このコミコミプランでも同様ですが、他社ではショップ店舗利用の契約やフォローが受けられないのに対して、コミコミプランはUQモバイルの店舗が利用できるのもメリットの一つです。

 

ミニミニプラン

最小容量のプランで、旧プランでは3GBだった容量が、新プランでは4GBになり月額料金は値上がりしています。

 

1GBあたりの料金を計算すると、旧プランは542円/1GBに対して、新プランは591円/1GBですから、容量増加以上の値上げとも言えます。

 

ワイモバイル

【公式】ワイモバイル(Y!mobile)- 格安SIM・スマホはワイモバイルで
【公式】ワイモバイル(Y!mobile)、家族で990円からご利用可能なiPhone、Android スマートフォン、SIMの料金・サービスをご紹介します。

 

 

ワイモバイルは、ソフトバンクのサブブランドとして安価なプランを提供してきました。

 

ワイモバイルでも2023年8月下旬になって、従来の「シンプル S/M/L」に変わる新プランの「シンプル2 S/M/L」へ、2023年の10月以降の以降のスタートを発表しています。

 

ワイモバイル新プラン誕生の背景

他の新プランとは異なり、現状は従来のプランも契約ができるため、ワイモバイルの契約を考えているユーザーは、新プランとの違いを見極める必要があります。

 

ワイモバイルの新プランは、一言でまとめるとデータ量が増量されると共に値上げされるという事になります。

 

具体的に新プランの月額料金を見てみましょう。

 

ワイモバイルの新プラン月額料金

新プラン シンプル2
プラン名SML
容量4GB20GB30GB
基本月額料金2,365円40,145円5,115円

 

新プランでもシンプルな容量別なのは変わらず、現状のプランと比較してデータ量が増加しています。

 

現状のプランを見てみましょう。

 

従来プラン シンプル
プラン名SML
容量3GB15GB25GB
基本月額料金2,178円3,278円4,158円

 

たとえば、現状プランの3GBは2,178円がですが、新プランでは4GBで2,365円になっていますので、現状プランでは1GB/726円ですが、新プランでは1GB/591円で実質値下になっています。

 

3GB以上は利用しないユーザーなら、現状プランの方が絶対額は安くなりますが、3GBではちょっと足らない事が多いユーザーには、割安に1GBをプラスした4GBが使えると言えます。

 

しかし、プランLでは話が異なってきます。

現状では25GBが4,158円、新プランでは30GBが5,115円ですから、1GBあたりの単価を比較すると、現状プランが166円/1GBで、新プランが170円/1GBになり割高になります。

 

「irumo」「UQモバイル」「ワイモバイル」は自宅のインターネット回線との「セット割」が前提

メインプランに対して安価に利用ができる、「irumo」「UQモバイル」「ワイモバイル」という新プランの月額料金が出揃いました。

 

ここまで見てきた価格体系を見て、「意外と高いんだな」と感じた方は、現状のスマホプランに3大キャリアを使っていて、自宅にセット割が適用されるインターネット回線を使っているケースが多いと考察できます。

 

スマホプランの長期継続利用に繋がっていた、「2年縛り」とそれに伴う「違約金」・自社購入の端末は自社以外では利用ができない「SIMロック」の手段は、国の法改正により現在は適用する事ができなくなっています。

 

それに変わって安定的にユーザーに長期間利用してもらう手段として、比較的長い期間の利用になる自宅のインターネット回線契約に3大キャリア各社は注目して、自宅のインターネット回線とスマホプランを併用することで、毎月のスマホ代が家族の分まで全て割引きが受けられる「セット割」の拡充に余念がありません。

 

また、ユーザーを囲い込む新たな手段として、自社系列のクレジットカードでの支払いの場合、加えて割り引く制度を導入しています。(支払いにつき187円の割引きで横並び)

 

「irumo」「UQモバイル」「ワイモバイル」は、自宅のインターネット回線と組みあわせて「セット割」を利用する前提になっていると言えます。

 

お得に利用するためには、自宅にインターネット回線を併用する必要がありますが、これは通信キャリアの都合だけとは言えず、ユーザーにとってもメリットが大きく、利用しない手はありません。

 

その理由をご説明しましょう。

 

インターネットのデータ利用は増加傾向

 

(出典:総務省

 

このグラフは、2023年8月に総務省が発表している。2023年5月のインターネットの通信量です。

 

インターネットを利用するデータ量は、グラフを見ても一目で解るように右肩上がりで増加しています。

 

このインターネット回線提供社のデータから計算する、一回線あたりの利用データ量は概ね200GB程度になっていて、最新の国勢調査の世帯人数で割れば、一人あたりが1ヵ月に利用しているデータ量は90GB程度になります。

 

インターネットを利用する端末は、スマートフォンが圧倒的に多くなっています。

 

 

(出典:総務省

 

このデータ量をスマホプランだけで賄うためには、無制限プランを契約するしかありませんが、最もデータを消費する自宅のインターネット利用を、別回線を入れて家族で共用する手段を講じるユーザーが多くなっています。

 

自宅のインターネット回線+小容量プランのコスパが良い

新しい回線を導入すれば月額料金が新たに発生しますが、複数の家族で利用する事で一本化したインターネット回線は、一人あたりにすれば思ったよりも割高にならず、スマホプランは外出時に利用するデータ量だけを確保すれば良くなり、多くのスマホユーザーは安価な小容量プランで事足ります。

 

スマホの契約を小容量プランにすることで、スマホ代の月額は大幅に抑える事が可能で、新たな出費になる自宅の回線を加えても、トータルの通信費用は安くなります。

 

実際に小容量プランで大丈夫か?と心配になる方も多いと思います。

しかし、統計データから見ても外出時だけに限れば、スマホプランで大きなデータ量は消費していません。

 

 

(出典:MM総研

 

このグラフは、2023年3月1日に株式会社MM総研が調査した、「携帯電話の月額利用料金とサービス利用実態(2023年1月調査)」です。

 

自宅で別回線を使ったWi-Fi利用はこのデータには含まれず、純粋に契約しているスマホプランのギガ消費量だけを表しています。

 

多くのスマホユーザーが月に3GB未満の利用に留まっており、最も多いのは1GB未満の利用者層です。

 

そのため、自宅に光回線が導入されれば、多くのスマホユーザーに最適なプラン容量は3GB程度でOKという事になります。

 

自宅のインターネット回線に最適なのは?

自宅でWi-Fiが利用できるための回線として、「光回線」「ホームルーター」「モバイルルーター」の3通りが考えられますが、家族でサクサク利用するためには、安定して高速で速く無制限に利用できる光回線がオススメです。

 

実際の利用者が回線速度を計測している「みんなのネット回線速度」で、直近3ヵ月の回線速度の平均を回線ごとに比較すれば、光回線が安定して速い傾向にあるのは明らかです。

 

回線Ping下り上り
光回線27.2ms378.1Mbps349.7Mbps
ホームルーター81.4ms144.6Mbps18.6Mbps
モバイルルーター86.0ms56.1Mbps13.2Mbps

*Ping値は反応速度で数値が小さいほどレスポンスが良く、下り(ダウンロード速度)上り(アップロード速度)は数値が大きいほど速くなります

 

各プランで「セット割」適用の光回線を導入して、家族3人で月に3GBが利用できるプランを使うケースで、通信費トータル費用を計算して比較してみましょう。

 

家族3人プラン別「セット割」適用後の通信費トータル費用を比較

自宅にセット割が適用される光回線+セット割が適用される3GB程度が利用できるプラン×家族3人分=通信費トータル費用 を、プラン事に計算します。

 

特定の系列クレジットカードで支払いをすると、一回の支払いにつき187円の割引きが受けられるのは共通です。

irumo

irumoのセット割後の月額料金

irumo
容量0.5GB3GB6GB9GB
基本月額550円2,167円2,827円3,377円
セット割0円1,100円1,100円1,100円
割引き後月額550円1,067円1,727円2,277円

 

0.5GBプランでは「セット割」の適用は無く、dカードの支払い割引きも適用されません。

 

セット割後の価格は、新規募集を停止したOCNモバイルONEでセット割の適用時の価格にグッと近づきます。

 

3GBでOCNモバイルONEのセット割後770円→irumoのセット割後1,067円

6GBでOCNモバイルONEのセット割後1,100円→irumoのセット割後1,727円

 

格安SIMのOCNモバイルONEから、ドコモの回線を全て利用できるキャリア回線になった事による価格上昇と考えれば、納得のいく範疇になりますね。

 

irumoでセット割が適用される光回線

【ドコモ光公式】700万回線突破!おトクな公式2大特典/ご相談|NTTドコモ

 

 

irumoでセット割が適用される光回線は、「ドコモ光」に限定されます。

ドコモ光は利用するプロバイダの選択によって、月額料金が2タイプあります。

 

安価に利用できるタイプAで、家族4人の通信費トータル費用を計算してみましょう。

 

irumoで通信費トータル費用を計算

ドコモ光スマホ家族合計
マンション4,400円1,067円4人8,668円
戸建て5,720円1,067円4人9,988円

 

自宅では高速な光回線利用して、家族4人のスマホ代まで合わせても安価な費用で済みます。

 

自宅でインターネット回線を利用せずに、家族4人で無制限プランを使う費用と比較すれば半額以下になります。

 

単身世帯でスマホプランだけの運用なら?
ahamo
ahamoのオフィシャルウェブサイトです。ahamoのご契約を検討される方はこちらへ。オンラインで受付可能な条件無しの20GB2,970円(税込)。

 

 

単身世帯で自宅にインターネット回線を利用せず、スマホプランだけで運用するなら、オンライン専用プランの「ahamo」がオススメです。

 

ahamo大盛りオプションで月に100GBが、月額4,950円で利用ができます。

20GBの標準プランなら月額2,970円で利用ができますが、前述の平均90GBのデータ量と比較すれば小さく、動画視聴をコンスタントに行えばすぐ容量不足になります。

 

ドコモ光+irumoの3GBプランにセット割を適用すれば

(マンション ドコモ光)4,400円+(irumo 3GBセット割適用後)880円=5,280円

(一戸建て ドコモ光)5,720円+(irumo 3GBセット割適用後)880円=6,600円

 

で利用ができます。

 

高速で安定したインターネット回線で、パソコンやIoT家電などを自由に接続できる事を考えれば、よりオススメなのは光回線の併用です。

 

UQモバイル

UQモバイルのセット割後の月額料金

現行新プラン
トクトクプランコミコミプランミニミニプラン
1GB未満15GB20GB4GB
月額料金2,277円3,465円3,278円2,365円
セット割1,100円1,100円0円1,100円
割引き後1,177円2,365円3,278円1,265円

 

UQモバイルの3つあるプランで、自宅に光回線がある場合に最適なのは、4GBが利用できる「ミニミニプラン」で、セット割を適用後の月額料金は1,265円になります。

 

旧プランでは、3GBのセット割後の月額料金は990円で提供されていましたから、275円の値上げで1GBの容量がプラスされた事になります。

 

外出時に殆どインターネットを利用しないユーザー(月に1GB未満)なら、「トクトクプラン」の方が安い、月額1,177円で利用ができます。

ただし1GBに達成した瞬間、一気にミニミニプランを超える2,365円になるので、そこは見極めが必要になります。

 

UQモバイルでセット割が適用される光回線

UQモバイルでセット割が適用される光回線は、「光コラボ」「auひかり」「電力系光回線」「ケーブルテレビ系光回線」など全国に多数があります。

 

UQモバイルのセット割対象になっている光回線サービスは、UQ mobile公式ホームページでご覧下さい。

 

その中でオススメするのは、全国の広いエリアやマンション集合住宅で利用ができる、フレッツ光回線を使う「光コラボ」です。

数多い光コラボの中で、UQモバイルのセット割適用のサービスの中では、以下の2つをオススメします。

 

@TCOMヒカリ
@T COM(アットティーコム)ヒカリ新規受付サイト
光回線(フレッツ光)とプロバイダ(@T COM(アットティーコム)がセットになった超高速の光インターネット「@T COM(アットティーコム)ヒカリ」なら月額3,850円(税込)~と低価格!さらに今なら初期費用もお得。

 

 

@TCOMヒカリの月額料金は、一戸建てタイプで5,610円・マンションタイプで4,180円です。

 

キャッシュバック等のキャンペーンも利用できます。

 

ビッグローブ光
ビッグローブ光 申し込みサイト
人気プロバイダBIGLOBEが提供する超高速の光インターネット『ビッグローブ光』ならプロバイダ料金も込みで月額4,378円~!さらにauスマホを利用中の方ならauセット割の適用で光回線の料金が月額3,058円~とさらにお得に始めることも♪

 

 

ビッグローブ光の月額料金は、一戸建てタイプで5,478円・マンションタイプで4,378円です。

 

代理店契約をすれば、キャッシュバック等のキャンペーンが利用できます。

 

ビッグローブ光+UQモバイルのミニミニプランを家族3人で利用した場合の、通信費トータル費用を計算してみます。

 

UQモバイルで通信費トータル費用を計算

ビッグローブ光スマホ家族合計
マンション4,378円1,265円4人9,438円
戸建て5,478円1,265円4人10,538円

 

auユーザーがUQモバイルに乗り換えて光回線を導入すれば、自宅では高速な光回線利用して、家族4人のスマホ代まで合わせても上記の様な安価な費用で済みます。

 

単身世帯でスマホプランだけの運用なら?
【公式】格安sim・格安スマホ UQ mobile オンラインショップ|KDDI
UQモバイルの公式オンラインショップ。スマートフォン、ケータイなどの最新製品はもちろん、電池パック、充電器などのオプション品のご購入もできるほか、お得なセールなども実施中!

 

 

単身世帯で自宅にインターネット回線を利用せず、スマホプランだけで運用するなら、10分までの国内通話が何回でもかけ放題で、20GBのデータ容量が利用できるUQモバイルの「コミコミプラン」がオススメです。

 

しかし、スマホプランの20GBだけの運用では足らないユーザーも多く、やはり自宅で光回線を導入して、容量を気にしないで安価に利用できる、光回線+セット割適用のミニミニプランの利用が最適です。

 

ワイモバイル

UQモバイルのセット割後の月額料金

新プラン シンプル2
プラン名SML
容量4GB20GB30GB
基本月額料金2,365円4,015円5,115円
セット割1,100円1,650円1,650円
割引き後1,265円2,365円3,465円

 

これは、2023年10月以降に予定されている新プランの「シンプル2」です。

 

現状のプラン「シンプル」も見てみましょう。

 

従来プラン シンプル
プラン名SML
容量3GB15GB25GB
基本月額料金2,178円3,278円4,158円
セット割1,188円1,188円1,188円
割引き後990円2,090円2,970円

 

一律に1,188円に設定されていたセット割が、新プランでは容量によって割引き額が変わるように変更されます。

大きな容量を増量して値上げした分、バランスを取るようにセット割の金額を増額している様に見えますね。

 

新プランではPayPayカードで決済する事により、支払いの都度187円が割引きされますが、従来プランでは適用されません。

 

先のデータでも明らかですが、多くのスマホユーザーは自宅に光回線が導入されていれば、旧プランの月に3GBで足りるケースが多く、安価に利用するには現状の従来プランがコスパ良く利用ができます。

 

ワイモバイルでセット割が適用される光回線

ソフトバンク光 お申し込みサイト | BBN
超高速光インターネット『SoftBank 光(ソフトバンク光)』なら月額2,860円~!さらに他社からの乗り換えなら他社の違約金等を満額還元+当サイトなら最大28,000円のキャッシュバックキャンペーン実施中!ソフトバンクユーザーならスマホとのセット割で毎月スマホの料金も割引に♪

 

 

【公式】NURO 光 現金キャッシュバック45,000円!さらに他社解約費用を最大6万円還元 | NURO 光 2ギガ/10ギガ
NURO 光のお申し込みで現金キャッシュバック45,000円!NURO 光でインターネットライフをより楽しく快適に

 

 

ワイモバイルのセット割は、「ソフトバンク光」「NURO光」で適用されます。

 

全国の幅広いエリアや、数多くのマンション集合住宅でも利用ができる、フレッツ光を使う「光コラボ」のソフトバンク光でセット割の適用がオススメです。

 

NURO光は利用できるエリアが限られ、マンション集合住宅では殆ど利用する事ができません。

しかし、高速な回線を安価に利用ができるNURO光は、対象エリアの一戸建て住宅にお住まいなら、検討の余地は十二分にあると言えます。

 

汎用性の高いソフトバンク光+ワイモバイルでセット割を適用して、安価な従来3GBプランを家族3人で利用した場合の、通信費トータル費用を計算してみます。

 

ワイモバイルで通信費トータル費用を計算

ソフトバンク光スマホ家族合計
マンション4,180円990円4人8,140円
戸建て5,720円990円4人9,680円

 

ソフトバンクユーザーがワイモバイルに乗り換えて光回線を導入すれば、自宅では高速な光回線利用して、家族4人のスマホ代まで合わせても上記の様な安価な費用で済みます。

 

単身世帯でスマホプランだけの運用なら?
https://h.accesstrade.net/sp/cc?rk=0100pkpr00m8wb

 

 

動画視聴をコンスタントに利用しないユーザーなら、月に20GBを「LINEMO」なら月額料金2,728円で利用する事ができます。

 

しかし、スマホプランの20GBだけの運用では足らないユーザーも多く、やはり自宅で光回線を導入して、容量を気にしないで安価に利用できる、光回線+セット割適用のワイモバイルの利用が最適です。

 

更にコスパ重視なら「格安SIM」+「セット割」

 

@TCOMヒカリ + LIBMO

 

(出典:@TCOMヒカリ申込サイト)

 

コスパを更に重視して通信費トータル費用を下げる手段としては、スマホプランにキャリアの提供するサブブランド等よりも安価な「格安SIM」に、自宅では光回線を利用して「セット割」を適用させるのが最適です。

 

光コラボの「@TCOMヒカリ」はau・UQモバイルだけでなく、格安SIMの「LIBMO」にセット割が適用されます。

 

LIBMOのセット割

 

(出典:LIBMO公式)

 

 

〇納得プラン
データ容量通常料金@T COMヒカリ
月額割引額
実質金額
3GBプラン980円1回線 220円/月割引760円
8GBプラン1,518円1回線 220円/月割引1,298円
20GBプラン1,991円1回線 220円/月割引1,771円
30GBプラン2,728円1回線 220円/月割引2,508円

 

安価な「LIBMO」の月額料金が、光回線の@TCOMヒカリを併用する事によりセット割が適用されて、更に安くなります。

 

自宅に光回線がある場合に最適な3GBのプランは、月額760円で利用する事ができます。

(*スマホ1台につき毎月220円のセット割が最大5契約まで適用されます。)

 

安価に利用ができる格安SIMの「LIBMO」ですが、他社に回線やシステムまで供給するMVNEとしての高い技術力を持っていて、全国のドコモショップでも販売されている、数多い格安SIMの中から3社にしか認められていない「エコノミーMVNO」の認定を受けている事からも解るように、安心して利用する事ができます。

 

@TCOMヒカリ+LIBMOで家族4人分の通信費トータル費用を計算

@TCOMヒカリスマホ家族合計
マンション4,180円760円4人7,220円
戸建て5,610円760円4人8,650円

 

同条件で計算した「irumo」「UQモバイル」「ワイモバイル」のいずれの金額よりも、@TCOMヒカリ+LIBMOにセット割適用が安くなります。

 

キャッシュバック

@TCOMヒカリでは、キャッシュバックキャンペーンを行っています。

 

キャッシュバック特典の詳細は、以下をご覧下さい。

 

@T COM(アットティーコム)ヒカリ 最短3ヵ月で最大55,000円キャッシュバック
@T COM(アットティーコム)ヒカリの新規加入で最大55,000円を最短3ヵ月で現金キャッシュバック!さらに工事費も最大19,800円が割引で実質無料!おトクに@T COM(アットティーコム)ヒカリを始めるチャンス!

 

 

工事費無料キャンペーン

今なら、@TCOMヒカリの導入工事費が実質無料になるキャンペーンを行っています。

 

@T COM(アットティーコム)ヒカリ 新規工事費無料特典
@T COM(アットティーコム)ヒカリなら2年バリューパック(24ヵ月の自動更新)を新規でお申込みの方は「新規工事費無料特典」の適用で、最大22,000円(税抜20,000円)の新規工事費が月額料金から毎月割引され実質無料!初期費用がお得に。

 

 

12ヵ月間月額料金の割引

新規契約で契約から12ヵ月間、月額料金が割り引かれます。

戸建てタイプでは月額440円が割引きされ、マンションタイプでは月額330円が12ヵ月割引きされます。