フレッツ光と格安SIM・スマホとのセット割はある?

フレッツ光

フレッツ光などのインターネット回線を契約する際に、スマホとのセットで割引される「セット割」をチェックしている方も多いのではないでしょうか。

 

しかし実は、現在NTTが提供するフレッツ光ではスマホとセットの割引が提供されていません。

 

とは言え、もしフレッツ光と同等品質のインターネット回線の契約をスマホとセットで割引にしたいのであれば、その他の方法がいくつか存在します。

 

今回はそんなインターネット回線とスマホのセット割を賢くゲットするための方法を説明していきましょう。

 

現状は格安SIM・スマホとのセット割が料金的にお得でおすすめ

実は現在フレッツ光では各種キャンペーンはもちろん、スマホとのセット割などを「個人向け」では積極的には行っていません。法人や個人事業者向けには高額なキャッシュバックキャンペーンを実施しているのですが、残念ながら個人としての契約では利用できないのです。

 

ではインターネット接続を今契約したいと考えていても、しばらく待ったりあるいは諦めたほうがいいのかといえば、決してそういうわけではありません。

 

フレッツ光ではなくその他のインターネット接続サービスであれば、スマホとのセット割が用意されているのです。

 

フレッツ光の回線を利用した光コラボとのセット割がオススメ

では具体的に、スマホとのセット割を受けられるサービスとはどんなものなのでしょうか。

 

それは「光コラボ」のインターネット接続サービスと、「格安SIM」と呼ばれるスマホの契約のセットです。

 

光コラボと言う名前をあまり聞いたことがないという方や、格安SIMって何?と疑問を持つ方もいらっしゃるでしょう。そのためまずこの2つがどのようなものなのかを簡単に紹介していきます。

 

光コラボのインターネット接続とはどんなサービスなのか

フレッツ光はNTT東日本・西日本が提供する光回線を使ったインターネット接続サービスです。NTTはそもそも「電電公社」と言う名前で日本国内の電話回線を敷設し、情報通信用に光ファイバーも全国に張り巡らせました。この光ファイバー網を使ってインターネットに接続するのがいわゆる「フレッツ光回線」です。

 

そのため光回線を使ったインターネット接続サービスの代表がフレッツ光となるのですが、この光回線をよりたくさんの人に使ってもらうことを目的として、NTT以外の事業者にフレッツ光の回線を貸し出したのが「光コラボ」と呼ばれるサービス。

 

そのため光コラボには様々な事業者がありそれぞれ独自のサービスやオプションを提供しているのですが、基本となる回線のほとんどはフレッツ光回線となるため、回線自体の性能や速度は同じ仕様となっています。

 

とは言ってもインターネット接続のスピードや回線だけの話ではなく、接続する方法や機器によっても異なりますし、NTTから振り分けられれた回線の「太さ」によっては、同時に接続するユーザーが増えすぎると速度が低下する場合も。

 

ですから光コラボを選択する際には、口コミやあるいは事業者からの情報をチェックして、より質の高い事業者を選ぶことが重要となります。

 

格安SIMとはどんなスマホのサービスなのか

格安SIMもある意味その形態は上記の光コラボと同じイメージです。

 

スマホの電波(回線)を提供しているいわゆるキャリアは、有名所でもあるドコモ、au、ソフトバンク、そして最近楽天が追加されましたが、この4キャリアが自社の通信回線を持っています。

 

その回線を借り受けて、その他の事業者が展開しているのが格安SIMです。そして格安SIMの多くはドコモの回線を借り受けてサービスしているのですが、一部の格安SIMはその他にauやソフトバンクを利用している場合があります。

 

ではなぜ格安SIMの事業者は、格安でスマホ回線を提供しているのでしょうか。上記大手キャリアは販売とサポートの拠点である「実店舗」を多数運営しています。これに対して格安SIMの実店舗は実質的にないか、あるいは主要都市の中心部にあるだけというのがほとんど。つまり格安SIMは店舗などの経費を削ることで格安の料金でSIMを提供しているわけです。

 

当然ですがそうなるとサポートを実店舗で受けることはできず、ほぼオンラインのみでの対応となりますから、オンライン慣れしていない人にはハードルが高くなってしまいます。逆に言えば購入からトラブル時のサポートまでをオンラインで手配できる人にとっては、無駄が少なくお得にスマホが利用できるサービスです。

 

要チェックなセット割キャンペーンはどれ?

さてそのような光コラボと格安SIMのセット割引ですが、実際にはどのようなセットがあるのでしょうか。

 

現在ネットなどで目につく光コラボのスマホセット割引には、「OCN光」「ソフトバンク光」「@TCOMヒカリ」「ビッグローブ光」「@nifty光」などの事業者があります。

 

もちろんそれぞれの事業者のスマホセット割は条件が異なりますし、そもそも光コラボとしてのインターネット接続サービスの質や内容、そしてセットになる格安SIMのサービスも異なってきます。そのため、本来であればそれぞれのサービスを詳しくチェックして、内容をよく知っておかなければならないでしょう。

 

とは言っても、すべてのスマホ割がある光コラボサービスを見ていくのもひと手間かかります。ですから次に、その中でも特にオススメな光コラボをピックアップしてご紹介していきましょう。

 

オススメ格安SIM・スマホとのセット割キャンペーン

現在、フレッツ光に関してはスマホとのセット割引が行われていないという状況なのですが、フレッツ光以外ならスマホとのセット割引を見つけられます。

 

しかし個人でインターネット接続サービスを探すのであれば、どうしてもフレッツ光でなければならないという理由はそれほどありません。

 

むしろリーズナブルに利用できる光コラボのほうが、個人ユーザーにとってはメリットが多いはずです。セット割の対象となる格安SIMについても同じことが言えるでしょう。

 

では次にフレッツ光回線を使いながら、NTT以外の事業者が提供するインターネット接続サービスである「光コラボ」と、格安でスマホが使えるサービスのセット割について見ていきます。

 

OCN光とOCNモバイルONE

OCN光はNTT西日本エリアでグループの一翼を担う「NTTコミュニケションズ」と言う企業が提供する光コラボサービスです。

 

https://ocn-h.com/

 

OCN光もまたフレッツ光回線を利用する光コラボサービスなのですが、その特徴はNTTグループとしての信頼と言えます。つまり光コラボでありながらNTTグループであるため、フレッツ光と同等の信頼性を確保しているのです。

 

そんなOCN光は料金的にもお得感があり、2年間の自動更新プランである「2年自動更新型割引」を適用すれば月額料金が毎月割引されます。

 

その他にも最新のインターネット接続形式である「IPoE」が無料で利用できるなど、スペック的にも最新のサービスが提供され、本家のフレッツ光に引けを取らない内容となっているのです。

 

そんなOCN光のスマホセットプランは、同じくNTTコミュニケーションズが提供している格安SIMサービスである「OCNモバイルONE」とのセット割が用意されています。

 

 

 

参考:OCNモバイルONE公式サイト

 

もともとが格安SIMとしてもお得感の高いOCNモバイルONEですが、これをOCN光とセットにすることで1契約あたり220円割り引かれるのです。

 

更にこの割引は最大5契約まで適用されますから、5人家族なら1100円の割引となり1年単位で見ればかなりお得なセットになります。

 

ソフトバンク光とワイモバイル

コマーシャルでも知名度の高いワイモバイルですから、その名前を聞いたことがある方も多い格安SIMの代表ではないでしょうか。

 

https://sb-hikari.com/

 

ワイモバイルは実店舗の少ない格安SIM事業者の中でも貴重な実店舗を持つ事業者ですから、サポート面でも安心できるはずです。

 

そんなワイモバイルはソフトバンクショップと併設されていることからも分かるように、ソフトバンクグループの一員。そのため光コラボサービスの「ソフトバンク光」とのセット割が用意されていますから、光コラボを使ってインターネット接続を考えているのであれば、ワイモバイルと合わせての乗り換えを検討しても良いでしょう。

 

ソフトバンク光のスマホセット割は「おうち割 光セット」と言う名称で、割引は月額最大1188円と大幅な割引となっています。こちらもまた家族4名までの割引が適用されるため全員で割引を受けられれば月額で4752円と非常にお得にワイモバイルのスマホを使うことができます。

 

 

参考:ワイモバイル公式サイト

 

前述の通り、ワイモバイルには他の格安SIM事業者とは違い多くの実店舗がありますから、サポートなどの面で心配だから格安SIMを避けている方も安心して利用できるというメリットも。これを機会にソフトバンク光のインターネと回線とワイモバイルを、セットでお得に契約してみるのも良い選択です。

 

@TCOMヒカリとLIBMOまたはUQmobile

OCNやソフトバンクと比較すると知名度的にはやや弱いものの、だからこそより充実したセット割が用意されているのがこの「@TCOM(アットティーコム)」の光コラボと、格安SIMのセット割引です。@TCOMが提供するインターネット接続サービスは「@TCOMヒカリ」と言う名称で、こちらもまたフレッツ光回線を利用する光コラボの接続サービスです。

 

https://t-hikari.com/

 

@TOKAIは通信業界や生活インフラ系のグループ企業として安定した知名度があり、静岡を本拠地として全国に展開している「TOKAIグループ」の一員である「TOKAIコミュニケーションズ」が提供する光コラボサービス。この@TOKAIが格安SIMサービスである「LIBMO」(リブモ)を展開していて、こちらもまた光コラボと格安SIMのセット割引を実施しているため要チェックとなっています。

 

 

参考:LIBMO公式サイト

 

こちらの格安SIMであるLIBMOですが、ギガ数によって料金が変わるシステムになっていて、20GBで音声通話もついたコースで1991円というリーズナブルな料金設定の上に、光コラボのインターネット接続とセット割引にするとさらに最大で300円の割引が適用されます。

 

また、au回線を利用した格安スマホサービスであるUQmobileとのセット割「自宅セット割」の対象にもなりました。小容量のデータ通信を契約したい方には通信コストを大幅に削減可能です。

 

 

 

(出典:UQ mobile公式サイト

 

 

@TCOMヒカリは初期工事が無料だったり、各種条件がお得に設定されていますから、スマホと光コラボの摂津割引を狙っているなら必ずチェックしておきたい光コラボサービスです。

 

https://t-hikari.com/campaign/

 

事業用途であれば、フレッツ光もキャッシュバックがお得でおすすめ

ここまでは個人向けにスマホや格安SIMのセット割キャンペーンのご紹介をしてきましたが、はじめに説明したとおり現在フレッツ光では事業者向けのキャッシュバックが大々的に実施されています。もし個人事業主、SOHO、法人で光インターネット回線を契約しようと考えているのであれば、このチャンスを逃す手はありません。

 

フレッツ光はなによりもNTTが提供する安定したサービスですから、不具合などをできるだけ避けたいビジネスに利用する事業者向けには最適のサービスと言えます。

 

そしていまならNTT西日本エリアで法人・SOHO・個人事業者が事業者としてフレッツ光を契約した場合、最大85,000円のキャッシュバックが受けられるキャンペーンが実施されています。

 

しかもキャッシュバックは半年後や場合によっては一年後にしか受け取れられないという条件も多いのですが、今回のキャンペーンではなんと2ヶ月後に受け取れるというスピーディーな特典となっているのです。

 

フレッツ光キャッシュバック情報 NTT東日本エリア
【NTT東日本エリア】フレッツ光のキャッシュバック条件一覧。当サイトなら最短2ヵ月で最大79,800円のキャッシュバック!さらにプロバイダのみの乗り換えでも5,000円のキャッシュバック♪と加入特典がお得。フレッツ光の加入でキャッシュバックをお得に受け取るならぜひ当サイトまで!

 

フレッツ光 NTT西日本エリアトップ
NTT西日本提供の光ファイバーインターネット「フレッツ光」の料金プランやオプションサービス一覧についてご紹介。当サイトなら最大85,000円のキャッシュバックまたはテレビやパソコンなどの豪華特典と加入特典が選べるタイプ♪

 

これだけの大盤振る舞いなキャンペーンは最近ではレアケースとも言えるものですから、もし事業者としてフレッツ光を契約しようとお考えであるのなら、そのタイミングはまさに「今でしょう!」と言えますので、ぜひ詳細をチェックしてみてください。

 

まとめ

今やスマホは生活の一部としてなくてはならない存在となっています。そのため逆に月額費用などのランニングコストに無頓着になり、不要な料金を払っているかもしれません。

 

特にオンラインだけでサポートまで完結できる方なら、キャリアの高い月額料金が必要な契約よりもシンプルで安い格安SIMを利用したほうが、圧倒的にお得で賢い使い方と言えます。

 

インターネット接続の契約も同様で、さらにスマホとセットで割引が適用されるのなら、よりお得な契約を検討する必要があります。格安SIMはそもそもの料金が安いため、それ以上月額費用を削ろうとするなら、光コラボのインターネット接続サービスとセットで割引するのが最もお得な方法なのです。

 

フレッツ光では現在そのようなスマホとのセット割が用意されていませんので、お得な光コラボを利用するのが得策。ぜひ情報をチェックして、納得のいくスマホと光コラボのセット割引を探してみてください。

タイトルとURLをコピーしました