PR

マンションで光回線のインターネットを利用するには?利用可否の判別方法や種類を解説

光回線

どこにいても無線で繋がるスマートフォンとは異なり、光回線でインターネットを行う為には、有線の光ファイバーケーブルを利用する自宅まで引き込む必要があります。

 

そのため、光回線の導入時には工事が必要になります。

面倒くさいなぁ・・・とお考えになる方もいらっしゃるでしょうが、手間はその導入工事の時だけで、後は無線回線では体験できない「無制限のデータ量利用」「安定して高速な通信品質」を家族みんなで享受する事ができて、現在選択できるインターネット回線としては「光回線」が圧倒的にオススメです。

 

光回線を自宅に引き込むためには、利用したい光回線が自宅近くまで開通している必要があります。

一戸建て住宅の場合なら、近くまで来ている(提供エリアになっている)光回線を引き込む工事を行う事で、光回線は利用できるようになりますが、マンション集合住宅の場合には事情が異なります。

 

近くまで来ている光回線をマンション集合住宅の各戸に、地上から各に引き込むのは現実的では無く、建物内の共有スペースまで光回線の引き込み工事を行い、MDFと呼ばれる電話線なども含めた通信回線を建物内に供給する基盤に接続して、建物内部の配線を介して各戸に供給される方法で利用します。

 

そのため、基本的にマンション集合住宅では、共有スペース内まで引き込み工事が完了している光回線だけが利用できる事になっています。

 

マンション集合住宅で光回線のインターネットを利用するには、いったいどうすれば良いのか?利用の可否の判別方法や、お得に利用ができる回線の種類まで解説していきます。

 

 

お住まいの建物で光回線の利用可否を調べる方法

マンション集合住宅で利用できる光回線とは、共有スペース内まで引き込み工事が完了している回線の事です。

 

これから入居する場合の光回線利用可否は?

これから入居する場合は、扱いの不動産業者で確認ができます。

 

建物の物件データに、「インターネット対応」「光ファイバー対応」等の記載があれば、その建物の共有スペース内まで、既に光回線の引き込み工事が完了しています。

 

既に入居している建物の光回線利用可否は?

管理会社や管理人の方、大家さんに光回線が利用できるのか?利用できる光回線の種類は何か?お尋ね頂くのが最も手軽な確認方法です。

 

しかし、その手の話には疎い方も多く、欲しい回答が得られないケースもあります。

そんな場合には、主な光回線サービスで建物を入力する事で利用可否が判別できます。

 

NTTフレッツ光

東日本

 

https://flets.com/app2/cao/

 

 

西日本

 

サービス提供エリア確認・お申し込み | フレッツ光公式 | NTT西日本

 

 

auひかり

 

So-netが提供する高速インターネットサービスは基本料金割引特典実施中! | auひかり | So-net (ソネット)
高速インターネットサービスはSo-netのauひかり。安心安定のKDDIが提供するauひかり回線を利用。

 

 

NURO光

 

【公式】NURO 光 現金キャッシュバック45,000円!さらに他社解約費用を最大6万円還元 | NURO 光 2ギガ/10ギガ
NURO 光のお申し込みで現金キャッシュバック45,000円!NURO 光でインターネットライフをより楽しく快適に

 

 

ドコモ光・ソフトバンク光は?

利用可否を調査する主な対象に、「ドコモ光」や「ソフトバンク光」が無い事に「ダメじゃん!気が利かないライターだなぁ・・・」とお考えになるのは、ちょっとお待ちください。

 

スマホのドコモユーザーの方は、ドコモ光を導入する事で毎月最大スマホ1台に付き1,100円の割引きが受けられ、ソフトバンクでもソフトバンク光で同様の「セット割」を展開していますので、マンションに導入する光回線を、それらに既に決めている方も多いと思います。

 

結論から先に申し上げれば、NTT東西の光回線「フレッツ光」が利用できるマンション集合住宅なら、「ドコモ光」「ソフトバンク光」を利用する事ができます。

 

「いやいや!利用したいのはドコモ光であって、フレッツ光じゃない!」

「ソフトバンク光=フレッツ光・・・なの??」

 

という疑問が出てきた方のために、それらの関係性について、インターネットの基礎知識を含めて簡単にご説明します。

 

 

知っておきたいインターネットの基礎知識

なぜ??「ドコモ光」が、マンションの共有スペース内まで引き込み工事されているわけではないのか?

 

それは、インターネットが利用できる光回線の種類は、実はそれほど多く無い事と関係しています。

 

実際に敷設されている光回線の数は多くない

 

幅広く全国展開している光回線としては、NTT東西の「フレッツ光」・KDDIの「auひかり」とソニーネットワークコミュニケーションズの「NURO光」の3つしかありません。

 

それ以外の限定されたエリアで展開している光回線としては、電力管内のみでサービスを展開している、eo光・コミュファ光などの「電力系」があります。

 

更に狭い範囲だけで行われているサービスとして、「ケーブルテレビ系」があります。

 

この時点では、数多い契約者が存在しているのにも拘わらず「ドコモ光」も「ソフトバンク光」も出てきません。

 

インターネットの利用には接続業者プロバイダが必要

 

(出典:NTT東日本

 

光回線に限らず、どんな回線を使ってもインターネットを利用するには、「接続業者プロバイダ」が必要になります。

 

スマートフォンのプラン契約では、プロバイダなんて出てこないし、気にしたことが無い方が大半だと思います。

 

たとえば、ドコモのスマホ契約をした場合、回線はドコモの無線回線でプロバイダもドコモという形態で利用し、請求もドコモから一括で行われるので、ユーザーはプロバイダを認識していないだけです。

 

プロバイダが行っている事

どうしてプロバイダが必要なのか?その点について、プロバイダが行っている事も簡単にご説明しましょう。

 

プロバイダを一口に説明するなら、膨大なインターネットの世界で、目的地まで案内してくれる水先案内人です。

 

ユーザーがリクエストした内容は、回線を通してプロバイダに届けられ、プロバイダが目的のサーバーに接続してデータを入手し、その内容は回線を通じてユーザーに送り届けられるのが、インターネット利用の一連の流れになっています。

 

「ドコモ光」「ソフトバンク光」は「光コラボ」の一つ

 

(出典:NTT西日本*一部改変)

 

フレッツ光以外の光回線では、自動的に1社限定になっているプロバイダが決まる事が多く、複数のプロバイダ選択肢が用意されているauひかりでも7社で、請求は回線業者から一括で行われます。

 

しかし、フレッツ光では利用できる接続業者プロバイダ数が膨大にあり、サービス開始当初はフレッツ光をNTT東西と回線の契約をして、別途に接続業者プロバイダと契約を行う利用形態になっていました。

 

しかし、この利用形態よりも安価に1箇所の契約だけで利用できるようになったのが、2015年に登場した「光コラボ」です。

 

光コラボは、NTT東西から光回線フレッツ光の卸し提供を受けた接続業者プロバイダが、回線とプロバイダをワンセットにして提供している光回線サービスです。

フレッツ光を個人利用する契約形態としては、光コラボが主流になっています。

 

NTT東日本エリアで530社・NTT西日本エリアで235社から、光コラボは提供されていて、「ドコモ光」「ソフトバンク光」も数ある光コラボの一つです。

 

そのため、フレッツ光が導入されているマンション集合住宅では、当然「ドコモ光」「ソフトバンク光」を利用できるという事になります。

他の有名どころでは、「楽天ひかり」「ビッグローブ光」「ニフティ光」なども光コラボの一つであり、フレッツ光共有スペース内まで引き込み工事マンション集合住宅で利用が可能です。

 

「フレッツ光」「光コラボ」のメリット

フレッツ光には他の光回線と比較して数多くのメリットがあり、そのメリットは全て「光コラボ」で享受できます。

 

フレッツ光が導入された建物が圧倒的に多い

先にもお伝えしましたが、マンション集合住宅で光回線を利用するには、建物の共有スペース内まで引き込み工事が完了している光回線しか、利用する事が基本的にできません。

 

フレッツ光は、日本中の多くの建物の共有スペース内まで引き込まれている光回線として圧倒的なシェアを誇り、フレッツ光しか光回線は入っていないマンション集合住宅が数多く存在しています。

 

入っている光回線は1本であっても他回線とは異なり、前述のように膨大な数の光コラボの中から、最適なサービスを選択する事が可能になっています。

 

申し込みから開通までの期間が短い

複数の光回線が導入されているマンション集合住宅でも、積極的にフレッツ光を使う光コラボを選択する理由の一つに、開通までの期間が短い事があります。

 

光回線は申し込みをしたら直ぐ利用ができる事は無く、立ち会いが必要な導入工事が必要になります。

 

フレッツ光の工事を行うNTT東西は、アナログ電話の時代から付き合いのある優良な業者や技術者を多数抱えているため、立ち会いのできる日程のスケジュール調整が行いやすく、概ね2週間から1ヵ月程度で開通しています。

 

フレッツ光以外の光回線では、絶対的な工事業者数が少ないため、スケジュール調整を擦り合わせると数ヶ月先になるケースも珍しくありません。

 

相対的にフレッツ光の開通までの日数は短い傾向にあり、光コラボは申し込みから開通までの期間が他回線に比べて早く導入が可能だと言えます。

 

光回線の工事概要

 

(出典:NTT東日本 一部改変)

 

マンションで光回線を利用する場合、どの光回線でも回線業者が行う「無派遣工事」と、契約ユーザーが立ち会う「派遣工事」が必要になります。

 

フレッツ光なら利用までの期間が短くなる「無派遣工事」だけで開通する可能性がある

フレッツ光は他の光回線と異なり、既に建物に光回線が利用できる環境が整っている場合、「無派遣工事」だけで光回線が開通する可能性があります。

 

無派遣工事だけで完了するケースなら、申し込みをしてから光コラボの開通まで、最短で1週間程度になる事があり、工事費も大幅に安くなります。

 

無派遣工事で完了するかは、光コラボの申し込みを行ってNTT側の判断を待つしか手段がありません。

目安としては、以下の様な光コンセントなどが部屋に設置されている場合、無派遣工事だけで完了する確率が高くなります。

 

 

 

 

 

光回線導入に迷いや不安があるなら「オンライン専門代理店」を利用

建物でフレッツ光が利用できる事が解り、光コラボを具体的に検討するのにも、膨大な数がある光コラボのサービスから、何を選んだら良いのか?判断がつかない方も多いですよね。

 

また、光回線の導入に関して不安のある方や、疑問点がある方も多いと思います。

そんな時には、オンライン専門代理店が頼りになります。

 

光コラボレーション | BBN
NTTフレッツ光の品質はNTT回線そのままに、価格を安くご利用するなら光コラボレーションが断然おトクです!

 

 

複数の光回線サービスを取り扱っているので、ワンストップで疑問や不安についての回答を得られますし、お得に契約する事も可能になっています。

 

光コラボの公式HPでキャンペーンが行われている事がありますが、オンライン専門代理店では独自のキャッシュバックキャンペーンなどが行われており、公式の特典と両取りができてお得に契約できます。

 

光コラボの契約窓口は、どこで行っても月額料金やサポート体制など全く同じなので、契約時の特典分だけオンライン専門代理店で行う方がお得になります。

 

 

「ドコモ光」「ソフトバンク光」のセット割適用利用はホントにお得か?

スマホのドコモユーザーやソフトバンクユーザーは、それぞれ光コラボの「ドコモ光」「ソフトバンク光」を利用する事でセット割が適用されます。

 

大手通信キャリアのスマホ料金はほぼ横並びで、セット割内容も同様に横並びになっています。

 

セット割が適用されることで、現在毎月支払っているスマホ代から、スマホ1台につき最大1,100円の割引きが受けられます。

4人家族なら合計で毎月4,400円の割引きが得られて、「おお!殆ど光回線の料金がタダになるじゃないか!」とお考えの方も多いと思います。

 

ソフトバンクのスマホ+ソフトバンク光でセット割を適用して、家族4人のケースを例に、本当にお得なのか?考察してみましょう。

 

自宅で光コラボが開通すればスマホは3GB未満程度が大半

 

(出典:MM総研

 

具体的にプランの中身を検討する前に、まず押さえておきたいのは自宅に光回線が導入されれば、無制限などの大容量プランは多くのスマホユーザーに不要という事です。

 

このグラフは、2023年3月1日に株式会社MM総研が調査した、「携帯電話の月額利用料金とサービス利用実態(2023年1月調査)」からの引用です。

 

1ヵ月に利用しているスマホプランのギガ消費を、数値別にユーザー数をまとめたもので、Wi-Fi利用で使っているギガは入っていません。

 

グラフから読み取れるのは、多くのスマホユーザーは1ヵ月に3GB未満程度が大半で、最も多いユーザー層は1GB未満になっている事です。

 

最も大量にギガを消費する動画視聴は、自宅で行っているユーザーが多く、外出時に一般的に利用されるLINEやメールでのやり取りや、webチェックなどでは思ったよりも多くのデータを消費していないという事です。

 

最適なのは「メリハリ無制限」か「ミニフィットプラン+」か?

ソフトバンクのスマホプランは、「メリハリ無制限」と「ミニフィットプラン+」の2つです。

 

メリハリ無制限は2023年10月2日で新規受付は停止していますが、既存の利用者は継続して利用する事が可能になっています。

2023年10月3日からは、新たに「メリハリ無制限+」がスタートしています。

 

メリハリ無制限の場合

旧プランのメリハリ無制限では、家族4人で利用した場合、家族割として毎月スマホ1台に付き1,210円が割引きされています。

 

ソフトバンク光を導入すれば、加えて毎月スマホ1台に付き1,100円が割引きされるようになります。

 

自宅にソフトバンク光を導入すれば、多くのスマホユーザーが3GB未満の利用になるケースが多く、自動的に毎月スマホ1台に付き1,650円が割引きされます。

 

家族4人で利用した場合を計算してみましょう。

 

(メリハリ無制限)7,238円-(家族割)1,210円-(セット割)1,100円-(3GB未満割)1,650円=3,278円 がスマホ1台の月額料金になります。

 

光回線の料金と家族の分の合計では

(ソフトバンク光 マンション)4,180円+(メリハリ無制限 割引き後)3,278円×4人分=17,292円

が、通信費トータル費用になります。

 

ミニフィットプラン+の場合

従量制の小容量プラン「ミニフィットプラン+」でも、同様に考えてみましょう。

 

ミニフィットプラン+では、家族4人で利用しても家族割は適用されません。

ソフトバンク光を導入すれば、加えて毎月スマホ1台に付き1,100円が割引きされるようになります。

 

家族4人で利用した場合を計算してみましょう。

 

(ミニフィットプラン+ 3GB未満)5,478円-(セット割)1,100円=4,378円 がスマホ1台の月額料金になります。

 

光回線の料金と家族の分の合計では

(ソフトバンク光 マンション)4,180円+(ミニフィットプラン+ 3GB未満)4,378円×4人分=21,692円

が、通信費トータル費用になります。

 

無制限のメリハリ無制限よりも、毎月の支払いは高くなってしまいます。

しかし、メリハリ無制限は既に新規受付を停止しているため、新しいメリハリ無制限+を契約するしかありません。

 

メリハリ無制限+の場合

新たなプランメリハリ無制限+での大きな変更点の一つが、旧プランのメリハリ無制限では3GB以下なら適用された割引きが、2GB以下に変更されている事です。

 

前述の1ヵ月に消費するギガ量のグラフを見ても解るように、2GBと3GBの利用者は多く、2GB以下ならスマホ1台に付き毎月1,650円の割引きが受けられ、それを超えると割引きが無くなるのは結構大きな差です。

 

同じ様に家族4人で計算すると、家族全員が2GB以下の場合では

(メリハリ無制限+)7,425円-(家族割)1,210円-(セット割)1,100円-(2GB未満割)1,650円=3,465円 がスマホ1台の月額料金になります。

 

光回線の料金と家族の分の合計では

(ソフトバンク光 マンション)4,180円+(メリハリ無制限+ 割引き後)3,465円×4人分=18,040円

が、通信費トータル費用になります。

 

家族4人が全員2GBを超過した場合は

(メリハリ無制限+)7,425円-(家族割)1,210円-(セット割)1,100円=5,115円 がスマホ1台の月額料金になります。

 

光回線の料金と家族の分の合計では

(ソフトバンク光 マンション)4,180円+(メリハリ無制限+ 割引き後)5,115円×4人分=24,640円

が、通信費トータル費用になります。

 

小容量プランを安価に利用するなら「格安SIM」or「サブブランド」

コスパ良く利用するためには、3GB程度の外出時に利用するプランを、如何に安くするかが鍵になります。

 

ドコモもソフトバンクも大きな割引きでお得感を演出していますが、元々の価格が割高のため、大きな割引きが得られてもコスパは決して良くありません。

 

たとえば、先に計算したソフトバンクの割引き後の最安値は3,278円でしたが、「格安SIM」に乗り換えれば1/3程度の価格で利用する事ができて、光回線のセット割りが適用される光コラボなら、更に安くなります。

 

メインブランドよりも安価に月額料金が設定されているサブブランドでは、対応している光コラボを組み合わせる事でセット割りを適用させれば、格安SIM並の月額料金で利用する事が可能です。

 

 

 

 

具体的にマンションで利用するおすすめの光回線と、コスパの良いスマホの組み合わせをご紹介しましょう。

 

 

ドコモユーザーにおすすめ「@TCOMヒカリ」+「LIBMO」

 

(出典:@TCOMヒカリ申込サイト)

 

「@TCOMヒカリ」は、豊富な技術力と資本力に定評がある人気の光コラボです。

 

@TCOMヒカリの月額料金は、マンションタイプで4,180円です。

 

自宅に光回線「@TCOMヒカリ」を導入して、スマホプランを家族でドコモ回線を利用する、格安SIMの「LIBMO」に乗り換えて併用する事でセット割が適用する事で、通信費トータル費用は大幅に節約できます。

 

LIBMOのセット割

 

(出典:LIBMO公式)

 

LIBMOはドコモ回線を使う格安SIMなので、現在ドコモでスマホプランを契約しているユーザーの乗り換え先に最適で、ドコモで購入したスマホがそのまま利用できます。

 

安価に利用ができるだけでなく、LIBMOはドコモからも認められる「エコノミーMVNO」の認定を受けていて、全国のドコモショップでも取り扱いがある信頼できる格安SIMです。

 

LIBMOのセット割を適用した月額料金は、以下の通りです。

 

〇納得プラン
データ容量通常料金@T COMヒカリ
月額割引額
実質金額
3GBプラン980円1回線 220円/月割引760円
8GBプラン1,518円1回線 220円/月割引1,298円
20GBプラン1,991円1回線 220円/月割引1,771円
30GBプラン2,728円1回線 220円/月割引2,508円

 

@TCOMヒカリとLIBMOを併用する事で、スマホ1台につき毎月220円の「セット割」が最大5契約まで適用されます。

 

自宅に光回線が導入されている場合に、スマホプランとして最適な容量の3GBプランが、LIBMOならセット割を適用すれば月額760円で運用できます。

 

同様に家族4人で利用した場合を計算してみましょう。

 

(@TCOMヒカリ マンション)4,180円+(LIBMO 3GB 割引き後)760円×4人=7,220円

 

キャリアのメインプランを利用して割引きを適用するよりも、毎月1万円程度通信費トータル費用は安くなります。

 

キャッシュバック

@TCOMヒカリでは、キャッシュバックキャンペーンを行っています。

 

キャッシュバック特典の詳細は、以下をご覧下さい。

 

@T COM(アットティーコム)ヒカリ 最短3ヵ月で最大55,000円キャッシュバック
@T COM(アットティーコム)ヒカリの新規加入で最大55,000円を最短3ヵ月で現金キャッシュバック!さらに工事費も最大19,800円が割引で実質無料!おトクに@T COM(アットティーコム)ヒカリを始めるチャンス!

 

 

工事費無料キャンペーン

今なら、@TCOMヒカリの導入工事費が実質無料になるキャンペーンを行っています。

 

@T COM(アットティーコム)ヒカリ 新規工事費無料特典
@T COM(アットティーコム)ヒカリなら2年バリューパック(24ヵ月の自動更新)を新規でお申込みの方は「新規工事費無料特典」の適用で、最大22,000円(税抜20,000円)の新規工事費が月額料金から毎月割引され実質無料!初期費用がお得に。

 

 

12ヵ月間月額料金の割引

新規契約で契約から12ヵ月間、月額料金が割り引かれます。

戸建てタイプでは月額440円が割引きされ、マンションタイプでは月額330円が12ヵ月割引きされます。

 

 

auユーザーにおすすめ「ビッグローブ光」+「UQモバイル」

 

(出典:ビッグローブ光申込サイト)

 

auのスマホユーザーは、光回線にauひかりをお考えになる方が多いですが、マンション集合住宅に導入されているケースは極めて少なく、光コラボの「ビッグローブ光」ならフレッツ光が導入されている建物で利用が可能です。

 

ビッグローブ光の月額料金は、マンションタイプで4,378円です。

 

auのスマホプランにもビッグローブ光を併用する事でセット割りが適用されますが、小容量のスマホプラン利用なら、auのサブブランド「UQモバイル」に乗り換えた方がお得です。

 

UQモバイルのセット割

 

(出典:UQ mobile公式サイト

 

UQモバイルはauと全く同じ周波数帯(電波)を利用するため、現在auのスマホプランをご契約のユーザーが、auで購入のスマートフォンをそのまま利用ができるため、乗り換え先として最適です。

 

UQモバイルには、3つのプランがあります。

 

トクトクプランコミコミプランミニミニプラン
1GB未満15GB20GB4GB
月額料金2,277円3,465円3,278円2,365円
セット割1,100円1,100円0円1,100円
割引き後1,177円2,365円3,278円1,265円

 

UQモバイルの3つあるプランの中で、自宅に光回線がある場合に最適なのは、4GBが利用できる「ミニミニプラン」で、セット割を適用後の月額料金は1,265円になります。

 

家族4人で割引きをフルに適用したケースで、計算してみましょう。

 

(ビッグローブ光 マンション)4,378円+(UQモバイル ミニミニプラン セット割適用後)1,265円×4人-(au PAYカード支払割)187円=9,251円

 

家族4人の通信費トータル費用は、1万円を切るコスパの良さになります。

 

キャッシュバック

ビッグローブ光では代理店契約で、キャッシュバックキャンペーンを行っています。

 

キャッシュバック特典の詳細は、以下をご覧下さい。

 

ビッグローブ光 高額キャッシュバックを現金還元
【当サイト限定】BIGLOBE(ビッグローブ)光を新規でお申し込みの場合、高額キャッシュバックを現金還元!お得にビッグローブ光を始めよう!

 

 

工事費無料キャンペーン

今ならビッグローブ光の工事費が実質無料になるキャンペーンを行っています。

 

ビッグローブ光 新規工事費キャンペーン
BIGLOBE(ビッグローブ)光の工事費が毎月割引される「初期工事費無料キャンペーン」についてご案内。ビッグローブ光ならキャンペーンの適用で最大28,600円の工事費が実質無料に!超高速の光インターネットをお得に始めたい方はこの機会をお見逃しなく♪

 

 

引っ越し移転時の工事費用が無料

ビッグローブ光では何度引っ越しを行っても、その都度必要になる工事費が無料になっています。

 

 

ソフトバンクユーザーにおすすめ「ソフトバンク光」+「ワイモバイル」

 

(出典:ソフトバンク光申込サイト)

 

ソフトバンクユーザーは、ソフトバンク光を導入してセット割りを受けるよりも、ソフトバンクのサブブランド「ワイモバイル」に乗り換えてセット割り適用した方が、コスパは良くなります。

 

ソフトバンク光の月額料金は、マンションタイプで4,180円です。

 

ワイモバイルのセット割

 

(出典:ワイモバイル公式)

 

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドで、ソフトバンクと全く同じ周波数帯(電波)を利用するため、ソフトバンクで購入したスマホがそのまま使えます。

 

ワイモバイルでは、2023年10月3日に新プランへ移行していて、現在の料金と割引は以下になります。

 

新プラン シンプル2
プラン名SML
容量4GB20GB30GB
基本月額料金2,365円4,015円5,115円
セット割1,100円1,650円1,650円
割引き後1,265円2,365円3,465円

 

自宅にソフトバンク光を導入すれば、最適なプランは4GBが利用できるプランSで、1,265円で利用ができます。

 

同様に家族4人で計算してみましょう。

 

(ソフトバンク光 マンション)4,180円+(ワイモバイル プランS セット割適用後)1,265円×4人-(PayPayカード支払い割)187円=9,053円

 

ソフトバンクのメインプランにセット割を適用させた時の価格と比較すれば、半額近くになるコスパの良さです。

 

キャッシュバック

ソフトバンク光は代理店契約で、キャッシュバックキャンペーンを行っています。

 

キャッシュバック特典の詳細は、以下をご覧下さい。

 

ソフトバンク光キャンペーン一覧 | 豪華加入特典を進呈
SoftBank 光(ソフトバンク光)の新規加入・転用・事業者変更で最大28,000円キャッシュバックまたは新品パソコン・タブレット・人気ゲーム機などの豪華特典♪と選べるキャンペーン実施中!ソフトバンクの公式キャンペーンとも併用可能でダブルでお得。