法人契約におすすめのインターネット回線とは?個人契約との違いは何?

フレッツ光

「法人」と「会社」と「企業」、どれも同じような意味合いで会話や文章の中で使われますが、その違いをご存じですか?

 

「法人」は民法で「自然人以外で権利能力を有するもの」、と定義されています。内容をもう少し柔らかくすれば、「人間と同じように、法的権利や義務が認められている、売ったり買ったり所有したりが可能で、責任も負う格を有する団体」ということです。

 

「会社」は法人の中に含まれていて、会社法に則って設立登記された法人を指します。

「企業」は営利目的で経済活動を継続的に行う組織を指し、法人だけでなく個人事業も「企業」と定義されます。

 

余談になりますが、「法人」の対義語は「個人」と思いがちですが、前述の民法の規定からも明らかなように、「法人」の対義語は「自然人」になります。

 

光回線の契約には、「個人」と「法人」が有ります。全ての光回線サービス、が法人契約に対応はしていません。個人でしか契約出来無い光回線サービスも多く存在します。法人契約を受け付ける多くの光回線サービス契約において、法人契約の「法人」とは「企業」を表し、そのため個人事業主も含まれます。

 

反対に、法人であっても光回線の個人契約は可能です。当然個人事業主でも可能です。

 

法人契約のメリットやデメリットを含め、個人契約との違いに加えて、オススメの法人契約や個人契約の光回線を解説します。

 

そもそも光回線とは?

光回線は本来俗称であり、正確にはFTTH(Fiber To The Home)という通信サービスです。ガラス繊維で出来ている、光ファイバーケーブルを使った通信回線で、従来の銅線と比較して、より多くのデータを、距離による毀損が無いまま、やりとりが可能な最も速い通信回線です。

 

光回線の敷設には莫大な資本はもちろんですが、回線を張り巡らせるのには電柱が必要になります。そのため、実際に光ファイバーケーブルの敷設は、NTT(電話線の電柱)・各地の電力会社(電線の電柱)・各地のケーブルテレビ(有線の電柱)で大半を占めています。

 

光回線のシェア

ICT市場専門のリサーチ会社、株式会社MM総研の2021年3月発表のデータによれば、全国的に広く普及しているのは、NTTグループ(NTT東日本+NTT西日本)の2256.4万件であり、そのシェアは半数を大きく超える7割弱に達しています。

 

 

(出典:MM総研

 

グラフ中のその他は、限られたエリアでのサービス展開です。KDDI(au)もNTTグループに続くシェアですが、実際に施設した光ファイバーケーブルのエリアは限られていて、大半のエリアはNTTの光ファイバーケーブルを使用していて、「ダークファイバー」と呼ばれる、NTTで使われていない部分を利用しています。

 

ソニーネットワークコミュニケーションズが提供する光回線「NURO光」も、auと同様にNTT光ファイバーケーブルを利用した「ダークファイバー」を使っています。

 

次に、プロバイダ別のシェアを見てみましょう。

 

 

(出典:MM総研

 

NTT東西がこのグラフに登場しないのは、接続業者プロバイダとしてのサービスをNTTは直接行っていないからです。プロバイダ業務は、グループ内の別企業が行っています。

 

図の中の「NTTコミュニケーションズ」「NTTぷらら」は、NTTのグループ企業です。上位にある「ソフトバンク」「ビッグローブ」は、NTTグループではありませんが、NTT東西が敷設した光ファイバーケーブル「フレッツ光」を利用したサービスです。

 

ソニーネットワークコミュニケーションズは「So-net」を展開していて、「NURO光」の分と、「フレッツ光」のプロバイダとして提供する「So-net光プラス」の合算値です。

 

「フレッツ光」を利用する形態は、2通り有ります。

 

フレッツ光の契約形態

「フレッツ光」回線を利用するのには、別途にインターネット接続業者であるプロバイダとの契約が必要です。

 

回線利用費はNTT東日本・西日本に支払い、接続料をプロバイダへ支払う事が一般的でした。ユーザーにとっては、「フレッツ光」+「プロバイダ」と2箇所で契約を結んで、月額料金も別々に支払う必要があり、トラブルが発生した時や、要望を伝えたくても窓口が二箇所あるのは、ユーザーにとってデメリットが大きく、ワンストップで契約支払いが出来るシステムを望む声が大きくなってきました。

 

 

出典:NTT西日本*一部改変

 

光回線をユーザーとの直接契約を結ぶシェアが、巨大企業NTTの独占状態になれば、競争原理が働かなくなり、普及が加速しないと考えた国の意向もあって、NTT東西は、フレッツ光回線の卸業務への移行へ、大幅な方向転換をします。

 

NTTは光回線の卸事業へ注力して、卸し提供を受けたプロバイダを中心とした事業者が、プロバイダ機能と回線をワンセットにしたサービスを提供する「光コラボ」が、2015年2月から開始されました。

 

 

出典:NTT西日本*一部改変

 

現在、個人の契約は「光コラボ」・法人の契約は「フレッツ光+プロバイダ」契約が主流になっています。「光コラボ」を扱う事業者は、現在、NTT東日本エリアで530社・NTT西日本エリアで235社が有ります。

 

 

 

「光コラボ」と「フレッツ光+プロバイダ」契約の違い、メリットとデメリット

何故?契約が2通りあるのか?

 

メリットデメリット含めて、もう少し詳細に違いを説明します。

 

料金の違い

「光コラボ」は、光回線「フレッツ光」と接続業者である「プロバイダ」をワンセットにしたサービスです。

 

そのため、同じプロバイダが提供する「光コラボ」と「フレッツ光+プロバイダ」は、契約方法が異なるだけで、使える回線品質内容は同一になります。しかし、同じ回線内容であっても、月額料金は異なってきます。

 

人気がある光回線の具体的な価格を比較して見ていきましょう。

 

OCN光@nifty光ビッグローブ光So-net光プラス@TCOMヒカリ
光コラボマンション 月額3,960円4,378円4,378円4,928円4,180円
戸建て 月額5,610円5,720円5,478円6,138円5,610円
フレッツ光+プロバイダプロバイダ料金1,210円1,100円1,100円1,100円1,320円
東日本マンション月額計4,565円4,455円4,455円4,455円4,675円
西日本マンション月額計4,345円4,235円4,235円4,235円4,455円
東日本戸建て月額計6,380円6,270円6,270円6,270円6,490円
西日本戸建て月額計5,940円5,830円5,830円5,830円6,050円

 

たとえば、「フレッツ光(光回線)+OCN(プロバイダ契約)」では、東日本エリアで一戸建てにお住まいの場合には、月額6,380円が支払い額合計になりますが、「OCN光(光コラボ契約)」では月額5,610円が支払い額になります。

 

この770円の金額差は、年間に9,240円の通信費節約になり、10年間では約9万円の節約になります。

 

個人契約をするなら、料金的に「光コラボ」がお得です。「光コラボ」では法人契約を受け付けていないサービスも多く、法人契約を行っているサービスは限られますが、法人でも代表者等の個人名で個人契約をすることが可能です。

 

カード決済しか支払い方法が無いサービスで、代表者個人名義のカードを使っても、会社の経費として計上することに問題は有りません。

 

個人事業主でも当然問題無く「光コラボ」の個人契約が可能ですが、自宅に導入するケースでは個人利用でも使う事から、確定申告時に「家事按分」が必要になる場合も有ります。詳細は、税務署・税理士にご相談ください。

 

キャッシュバック特典の違い

光回線の契約時には、キャッシュバックを行っているサービスが有ります。

 

これらの特典は、サービスを提供する企業自身が提供している事も有りますが、それに加えて代理店独自の特典が用意されているサービスも有り、契約は代理店で行う方がお得です。

 

独自特典の財源は回線提供企業から出ていないため、代理店が得る契約成立手数料から出ている事もあり、内容は一律ではありません。

 

魅力ある内容を提供するためには、経費をかけずに集客するオンライン専門の代理店が優位であり、人件費や家賃の掛かるショップ窓口や家電量販店は経費が掛かることから、公式の特典のみであるケースも多くなります。

 

キャッシュバックは代理店の経費負担になるため、当然費用対効果が検討されます。

 

投入するのは主戦場に限られることで、キャッシュバックは「光コラボ」は個人契約・「フレッツ光+プロバイダ」契約は法人契約に特化する事になります。

 

個人契約で「フレッツ光+プロバイダ」契約を結んでも、得られる旨みは少なくなります。

 

結論

法人でも個人事業主でも、単純に事業所オフィスにインターネット回線を導入したいだけなら、個人契約で「光コラボ」を利用した方がメリット大です。

 

429 Too Many Requests

 

それでも法人や個人事業所では、「フレッツ光+プロバイダ」契約を法人契約で結ぶケースが数多く有ります。具体的に見てみましょう。

 

フレッツ光お申し込みサイト | BBN
NTTフレッツ光、光コラボのお得なキャンペーンお申し込みサイト。新品パソコン、タブレット、テレビ、PS4のプレゼントやキャッシュバックなど、公式割引&限定特典で最大9万円以上もおトクです。フレッツ光のお申し込みはブロードバンドナビへ

 

「フレッツ光+プロバイダ」法人契約にする理由

光回線の法人契約を行っているのは、大企業だけではありません。中小企業はもちろん、個人事業主や店舗・SOHOも敢えて「フレッツ光+プロバイダ」の法人契約を選択しているのには、理由があります。

 

プロバイダが簡単に後で変更可能

何らかのシステムを運営している場合、新しく出てきた技術を投入したい事案が出てきても、利用しているプロバイダが対応していない場合、大きな不都合になります。

 

「フレッツ光+プロバイダ」契約の場合は、プロバイダだけを簡単に変更する事が可能で、一体化して契約している「光コラボ」よりも、後に対応できる柔軟性が高くなります。

 

 

 

経費として計上し易い

フレッツ光は法人契約の場合、請求書での支払いが可能になります。会社や事業の経費として税務計上する場合には、請求書と支払い領収書が必要になります。

 

光コラボやフレッツ光でも個人契約の場合には、クレジットカードでの支払いが一般的で、請求書・領収書の発行は有料となります。

 

24時間サポートが受けられる

フレッツ光の法人契約では、24時間サポートが受けられるオプションサービスが有ります。

 

個人契約の通常保守は9時から17時の日中保守ですが、法人契約の場合はオプション加入で夜間や早朝を問わず、不具合があればフレッツ光の業者が駆けつけてくれて、対応が受けられます。ビジネスを止めません。

 

固定IPの利用

フレッツ光の法人契約では、固定IPを利用することが可能です。

 

固定IPとは、インターネット上の住所が固定される事を意味します。個人契約の場合は、接続する度に動的IPアドレスが割り振られて変わります。

 

通常のネット閲覧をするだけなら、IPアドレスを固定するメリットは有りませんが、社外から社内のサーバーにアクセスする場合や自社サーバーでホームページの構築等、自社サーバーを運営する場合には固定IPが必要になります。

 

 

 

VPNの利用

VPN(Virtual Private Network)は、仮想の専用回線構築です。データが暗号化されることでセキュリティが大きく高まり、社外から社内ネットワークに安全に接続するテレワークにも必須の機能です。

 

同時接続機器の台数

フレッツ光の個人契約では、端末の接続台数は10台までが推奨されています。

 

法人契約のオプション契約(NTT東日本ではフレッツ光ネクスト プライオ1やフレッツ光ネクスト プライオ10・NTT西日本ではフレッツ光ネクスト ビジネスタイプ)を結べば、同時接続台数に制限が無くなります。

 

回線占有・帯域優先機能

光スプリッターを経由せずに、光ファイバーケーブルを占有する機能や、優先的にパケットを転送する機能があります。

 

通常の光回線利用よりも高額な費用が掛かりますが、大人数で利用する場合等に、安定した通信回線品質が担保出来ます。

 

具体的に法人契約出来る「フレッツ光」のサービスを見ていきましょう。

 

法人のフレッツ光

事業所のニーズや従業員数で、最適なサービスを選択する事が出来ます。

 

フレッツ光ネクスト

最も多く利用されている、定番の最大通信速度1Gbps回線サービスです。

 

月額料金

◇戸建て

東日本エリア 5,087.5円(*自動更新2年契約等の割引きを加味した30ヵ月目までの料金です)

西日本エリア 2年間4,521円・3年目以降4,521円(*自動更新2年契約等の割引きを加味した料金です)

 

◇マンション

東日本エリア 3,300〜4,400円(*自動更新2年契約等の割引きを加味した30ヵ月目までの料金です)

西日本エリア 3,135円〜4,345円(*自動更新2年契約等の割引きを加味した料金です)

*マンション内の契約数に応じて価格が変動します

*別途プロバイダ料金が必要です

 

解約月(利用期間満了月、その翌月および翌々月の3ヵ月間)以外で解約時には、違約金として、NTT東日本は戸建て10,450円・集合住宅1,650円、NTT西日本は戸建て11,000円・集合住宅7,700円が掛かります。

 

特徴

法人契約が出来ますが、サービス内容は個人向けと同様です。個人で申し込む理由は、基本的にありません。

 

請求書払い等の法人契約・オプション利用のメリットが有る他に、法人限定(個人事業主含む)の特典キャッシュバックが有ります。

 

特典キャッシュバック詳細については、以下をご覧下さい。

 

フレッツ光キャンペーン一覧 NTT西日本エリア
【NTT西日本エリア】フレッツ光のキャンペーン一覧。当サイトならキャッシュバックまたは豪華特典と選べるキャンペーンに加え、NTT西日本公式キャンペーンとも併用が可能!商品特典には新品パソコンや人気タブレットにPS4や任天堂スイッチなどの最新ゲーム機も!他にはない機器特典を多数ご用意♪

 

フレッツ光キャンペーン一覧 NTT東日本エリア
【NTT東日本エリア】フレッツ光キャンペーン一覧。当サイトならキャッシュバックまたは豪華特典+NTT公式割引♪とキャンペーンの併用が可能!当サイト限定の豪華特典キャンペーンには新品パソコン・人気タブレット・PS4や任天堂スイッチなどの最新ゲーム機などおトクなキャンペーンが勢揃い!

 

 

フレッツ光クロス

最大通信速度が10Gbpsのサービスです。

 

【NTT東日本】フレッツ 光クロス(戸建て)料金詳細
「フレッツ 光クロス」は、最大通信速度が約10Gbpsのインターネット接続サービスになります。高画質のストリーミング映像や音楽の配信サービス、オンラインゲーム、SNSへの動画のアップロードなど大容量のコンテンツのやり取りが早くなり、従来(他のフレッツ光プラン)より快適に楽しむことができます。さらに最新の無線通信規格、W...

 

月額料金

東日本エリア 6,930円

西日本エリア 6,930円

 

プロバイダ料金は1Gbpsのサービスよりも高額になり、2,200円からになります。

10G対応のルーターをレンタルすることで、本来の性能を発揮出来ます。(月額550円)

東日本エリアでは契約期間は設けていませんが、西日本エリアでは2年自動更新で、違約金は11,000円です。

 

特徴

対応エリアが限られています。

 

◇東日本エリア

葛飾区/江戸川区/杉並区/世田谷区/足立区/大田区/板橋区/練馬区/目黒区/中野区/品川区/北区/江東区/渋谷区/新宿/文京区/豊島区/墨田区/狛江市/調布市/三鷹市などの東京都一部エリアに限られます。

 

◇西日本エリア

大阪市と名古屋市などの一部に限られます。

 

こちらのプランは、前述のフレッツ光ネクストとは異なり、法人向けのキャッシュバックが基本的には有りません。

 

フレッツ光ネクスト ビジネスタイプ

このプランは、個人向けには提供していません。回線占有型です。

 

月額料金

東日本エリア 45,210円

西日本エリア 40,810円(フレッツ・あっと割引適用時)

 

プロバイダはOCN 固定IPアドレス・サービスになり、月額料金は82,500円が別途必要になります。

 

特徴

通常のフレッツ光ネクストを含む光回線は、光スプリッターと呼ばれる機器を利用して、複数のユーザーが回線をシェアしているため、リーズナブルな利用料金で提供出来ていますが、このプランでは光スプリッターを通さずに、1本の光ファイバーケーブルを占有して利用出来る為、回線線品質が大幅に向上します。その分、利用料金は高額になります。

 

接続台数に制限が無くなり、最低でも10台以上の機器を利用する企業で利用されます。

 

フレッツ光ネクスト プライオ

NTT東日本のみが提供しています。帯域優先機能を備える事で快適な通信環境が構築出来ますが、帯域を確保するタイプではありません。

 

月額料金

プライオ1 (帯域優先送受信1Mbps)22,000円

プライオ10 (帯域優先送受信10Mbps)45,210円

 

特徴

こちらも接続可能端末の制限が無く、占有型よりもリーズナブルに高品質は回線が構築出来ます。プライオ機能に対応したプロバイダとの別途契約が必要になります。

 

法人契約の光回線でベストチョイスは?

法人契約が出来る光回線としては、他に「光コラボ」の「OCN光」や「SoftBank光」、フレッツ光回線以外に「auひかり」や「NURO光 Biz」等があります。

 

大前提として言えるのは、マンション集合住宅では光回線が共有部分まで引き込まれていない場合は、基本的に利用する事が出来ません。戸建てでも近くまで光回線が来ていなければ利用する事は出来ません。

 

「auひかり」や「NURO光 Biz」は、利用出来るエリアや建物が限定されているため、何処でも利用出来るわけではありません。

 

「光コラボ」で法人対応しているサービスは、エリアや建物の問題は基本的に少なくなります。展開するサービスエリアが圧倒的に広く、マンション集合住宅に引き込まれているシェアも、圧倒的に「フレッツ光」が多くなるからです。

 

しかし、法人契約で光回線を利用するなら「光コラボ」ではなく、「フレッツ光+プロバイダ」契約をオススメします。

 

フレッツ光お申し込みサイト | BBN
NTTフレッツ光、光コラボのお得なキャンペーンお申し込みサイト。新品パソコン、タブレット、テレビ、PS4のプレゼントやキャッシュバックなど、公式割引&限定特典で最大9万円以上もおトクです。フレッツ光のお申し込みはブロードバンドナビへ

 

その一番の理由は、仕事で利用する為のサポートサービスにあります。

 

ITサポート&セキュリティ

月額2,200円から

 

ITサポート&セキュリティ | NTT東日本エリア
NTT東日本が提供するフレッツ光のオプションサービス「ITサポート&セキュリティ」 のサービス内容や料金についてご案内。パソコン、周辺機器のお困りごとのサポートから、機器故障時の代替機貸し出しまで幅広くサポートしてくれるお得なサービス。

 

光回線に限らず、パソコンの使い方や情報漏洩対策の相談・まるごと見える化機能まで、幅広いITへの疑問や業務効率アップツール等、プロに相談出来る事で得られるメリットは大きく、情報通信企業の雄であるNTT東西のノウハウが自社に活かせます。

 

24時間出張修理オプション

月額2,200円から

 

フレッツ光 24時間出張修理オプション | NTT西日本エリア

 

回線が繋がらなくなれば、仕事が停滞します。24時間対応の修理サービスを利用すれば、レンタルした通信機器も含めてフォローが365日24時間いつでも受けられます。NTT東西だからこそ出来るサービスです。

 

ひかり電話A

月額1,650円

 

ひかり電話 | NTT西日本エリア
「フレッツ光(NTT西日本)」を利用したお得なIP電話「ひかり電話」なら日本全国どこにかけても一律3分8.8円(税込)と通話料も安く、便利で安心なオプションサービスも充実しているため、光インターネットの契約を機に電話もまとめるとさらにお得!

 

ひかり電話の基本機能やナンバーディスプレイ、電話転送・不在着信お知らせメール・迷惑電話対策・キャッチホン・ナンバーリクエストの、オプションが付いたサービスです。

 

ネット時代になっても、仕事で電話が必要なのは変わりません。長年電話サービスを供給してきたNTT東西だからこそ、痒いところに手が届くサービスを展開しています。

 

ギガらくWi-Fi

月額2,200円から

 

ギガらくWi-Fi
フレッツ光のオフィスや店舗に最適のWi-Fiサービス「ギガらくWi-Fi」なら1台のアクセスポイント装置で多くの端末がWi-Fi接続可能!来訪者向けにもWi-Fiを提供することができ、導入から運用までもプロがしっかりサポートしてくれるので安心!

 

オフィスや店舗向けのWi-Fiサービスです。セキュリティを加味した来訪者向けのWi-Fi利用の提供や、クラウド型カメラ等の設置・電子看板によるPRなど、幅広い活用が出来ます。

 

結論

「フレッツ光+プロバイダ契約」なら、大企業から中小企業・店舗・個人事業主まで対応出来る、豊富なプランとオプションが揃っています。

 

数百人規模の従業員がいるなら別ですが、多くの中小企業や店舗・個人事業主・SOHOは、「フレッツ光ネクスト」に、プロバイダと必要なオプションを選択する事が、結果的に無駄の無い必要なニーズを満たす光回線として最適です。

 

魅力あるキャッシュバックも期待出来て、結果的に安価に光回線を利用する事が出来ます。キャシュバック詳細は、以下をご覧下さい。

 

https://bb-navi.jp/west_cb_campaign.html

 

https://bb-navi.jp/east_cb_campaign.html

 

光回線の個人契約をするなら、前述の様に「光コラボ」がオススメです。その中でも特にオススメのサービスを紹介します。

 

スマホのセット割、キャンペーン充実の「@TCOMヒカリ」がオススメ!

 

(出典:@TCOMヒカリ申込サイト)

 

光コラボ回線で、最もオススメするのは@TCOMヒカリです。auの「スマートバリュー」、UQモバイルの「自宅セット割」、格安SIMであるLIBMO(リブモ)の「LIBMO×光セット割」など、複数のスマホキャリアとのセット割ができます。

 

@TCOMヒカリは自社データセンターを保有し、自社光ファイバーケーブルを運用するなど、単にプロバイダとしてだけで無く、豊富な技術力が有り人気があります。

 

@TCOMヒカリの月額料金は、一戸建てタイプで5,610円・マンションタイプで4,180円です。

 

数ある自宅セット割回線の中から@TCOMヒカリをオススメするのは、キャッシュバックを利用して、自宅セット割に加えてトータルの通信費を節約出来るからです。

 

 

(出典:UQ mobile 公式)

 

1年間の実質支払額を、自宅セット割+キャッシュバックを加えて、シミュレーションしてみましょう。

 

自宅に光回線を導入すれば、外出時だけ携帯電話回線を利用するだけで良く、多くのユーザーは月に3GB程度の通信量で収まっています。UQ mobileの「くりこしプラン +5G」3GBを利用したと仮定します。

 

マンションタイプ戸建てタイプ
月額料金3,190円4,290円
ヒカリ電話 月額料金550円550円
年間料金44,880円58,080円
キャッシュバック27,000円30,000円
UQ mobile 3GB990円990円
スマートフォン年間11,880円11,880円
通信費支払い総額29,760円39,960円
実質支払い月額2,480円3,330円

 

マンションタイプでは、光回線を導入してスマートフォンを維持しても、実質月額費用は2,480円で収まります。

 

表中のキャンペーン詳細については、以下をご覧下さい。

 

https://t-hikari.com/campaign/

 

@TCOMヒカリをオススメする理由

 

工事費無料

光回線の導入には工事が必要で、実際に技術者や工事業者が動く為、工事費が掛かります。@TCOMヒカリの場合、最大19,800円の工事費が掛かりますが、工事費が無料になるキャンペーンを行っています。

 

キャッシュバック

新規契約だけのオプション無しで、戸建てタイプ30,000円・マンション集合住宅タイプで27,000円のキャッシュバックが受けられるキャンペーンを行っています。Wi-Fiが使える無線Wi-Fiルーターを選ぶ事も出来ます。

 

https://t-hikari.com/campaign/cashback.html

 

12ヵ月の間、月額料金割引

契約から12ヵ月間、月額料金が割り引かれます。戸建てタイプで5,610円が12ヵ月間は4,290円になり、マンション集合住宅タイプでは、4,180円が12ヵ月間は3,190円になります。

 

キャッシュバックまで考慮すれば、戸建てタイプの12ヵ月間の月額料金は実質1,790円で、マンション集合住宅タイプは940円になります。

 

auをスマートフォンでご利用中ならお得に

現在auのスマートフォンをお使いなら、auスマートバリューが利用出来ます。1台あたり毎月最大1,100円の割引きが受けられ、年間では13,200円もお得になります。家族で利用していれば、大きなメリットになります。

 

格安SIM「LIBMO」がお得に使える

 

(出典:LIBMO公式)

 

データ容量データ+音声通話+SMSデータ+音声通話+SMS
+10分かけ放題
@T COMヒカリ
月額割引額
3GBプラン980円(税抜891円)1,750円(税抜1,591円)220円(税抜200円)/月割引
8GBプラン1,518円(税抜1,380円)2,453円(税抜2,230円)220円(税抜200円)/月割引
20GBプラン1,991円(税抜1,810円)2,926円(税抜2,660円)220円(税抜200円)/月割引
30GBプラン2,728円(税抜2,480円)3,663円(税抜3,330円)220円(税抜200円)/月割引

 

UQ mobileのプランでは、3GBでちょっと足らないユーザーは次の15GBしか有りませんが、LIBMOでは8GBプランが有ります。

 

外出時に動画視聴などを利用する方は、UQ mobileでは25GBプランが自宅セット割で2,970円になりますが、LIBMOの30GBプランは割引き後2,508円になり、通信費が節約出来ます。

 

今使っているのがau回線プランのユーザーは、LIBMOに乗り換える事で、更に大きな通信費の節約が可能になります。

 

タイトルとURLをコピーしました