動的IPアドレスと固定IPアドレス 法人や個人事業主に最適なのは?

ご案内事例

パソコンやタブレットにスマホなどからインターネットに接続する場合、端末ごとにインターネット上の住所のような役割を担う「IPアドレス」が必要となります。

 

IPアドレスには「動的IPアドレス」と「固定(静的)IPアドレス」の2つのタイプがあり、それぞれ用途が異なります。

 

先日株式会社Iの担当者様から「新しい支店がオープンするのでインターネットを新規で申し込みしたい」とご連絡をいただき「今回は新規でインターネット回線と固定電話、さらに固定IPが利用できるプロバイダを契約したい」とのご相談でした。

 

そこで当コラムでは、I様のご案内事例とともに「動的IPアドレス」と「固定IPアドレス」の違いについても解説していきます。

固定IPアドレスを利用したい!

【株式会社I様のご要望】

  • 固定IPアドレスを利用したい
  • できるだけ早く開通したい
  • PCを数台利用するため通信速度が速いものがいい

 

冒頭でもふれたようにIPアドレスには2つのタイプがありますが、株式会社I様は「固定IPアドレス」を利用したいとのことでした。

動的IPアドレスと固定IPアドレスの違いとは?

動的IPアドレスと固定IPアドレス

動的IPアドレス・・・IPアドレスが変動する
固定(静的)IPアドレス・・・IPアドレスが変動しない

 

IPアドレスはプロバイダから割り当てられますが、プロバイダの多くは「動的IPアドレス」となっています。

 

自宅でWebサイトを閲覧したり、動画視聴を楽しむためインターネットを利用する場合は「動的IPアドレス」でもいいですが、オフィスや店舗でインターネットを利用したい法人・個人事業主・SOHO契約の方で、外出先から自宅のパソコンを遠隔操作したり、Webカメラで自宅や店舗などを遠隔監視したい場合は「固定IPアドレス」が必要となります。

 

それでは「固定IPアドレス」のメリットについて、もう少し詳しくチェックしていきましょう。

固定IPアドレスのメリット!

「固定IPアドレス」なら?

  • 外出先から自宅のパソコンを遠隔操作することが可能
  • Webカメラで自宅・店舗などを遠隔監視することが可能
  • 制限付のネットワークに接続することが可能

 

自宅のパソコンにデータを保存したまま「移行するのを忘れていた!」という場合も、固定IPアドレスを使用すれば外出先から自宅のパソコンにアクセスすることができます。

 

さらにWebカメラに固定IPアドレスを設定すると、外出先から映像を確認することができるため、防犯カメラを利用したい方にも魅力的ではないでしょうか。

 

また動的IPアドレスは変動するため、アクセス管理をすることが難しいですが固定IPアドレスならずっと同じため、決まった固定IPアドレスだけをアクセス許可することでセキュリティの強化にもなります。

 

オフィスや店舗など法人契約の方は個人情報や社内データなどの大切なデータを扱うため、やはりセキュリティ面は重要ですよね。

 

株式会社I様も今回「固定IPアドレス」を利用したいと仰っていたように、やはり法人契約の方は検討してもよさそうです。

 

ですが当社取り扱いプロバイダでは固定IPアドレスが利用できないため、株式会社I様には「フレッツ光」回線と固定電話「ひかり電話」のみ当社でお取次し、固定IPアドレスに対応しているプロバイダはご自身で手配していただくことになりました。

 

「フレッツ光」なら好みのプロバイダを契約することが可能

株式会社I様のように固定IPアドレスが利用できるプロバイダを契約したい場合、フレッツ光の回線を利用した「光コラボ」ですとプロバイダがセットになっているため、別途プロバイダを契約することができません。

 

光コラボレーション | BBN
NTTフレッツ光の品質はNTT回線そのままに、価格を安くご利用するなら光コラボレーションが断然おトクです!

 

ですが「フレッツ光」ならプロバイダが別契約のため、ご自身でお好みのプロバイダを契約することができます。

 

プロバイダ乗り換え(変更)キャンペーン
フレッツ光はそのまま!プロバイダのみを変更(乗り換え)の場合、当サイトならプロバイダの乗り換えでキャッシュバックキャンペーンを実施中!また料金の見直しを検討中の方はフレッツ光を利用した「光コラボ」ならお得なキャッシュバックがもらえるためこちらのキャンペーンも必見です♪

 

そのため、株式会社I様のように「固定IPアドレスが利用できるプロバイダを契約したい!」など、ご自身の用途にあったプロバイダを契約することができるのは魅力的ではないでしょうか。

 

【株式会社I様へのおすすめポイント】

  • 法人契約の場合 プロバイダの取次が無くてもキャッシュバック対象
  • NTT提供のインターネット回線のため工事日の取得が早い
  • ひかり電話の番号が選べる

 

法人契約の場合「フレッツ光」なら、回線のみでもキャッシュバックを受け取ることができるため、工事費用を補填することも可能!

 

何より、フレッツ光はNTT提供のインターネット回線(光回線)のため、工事日の調整も直接やり取りできるので、他の光回線(光コラボ)よりもスムーズに工事日を取得することができます。

 

また同じようにひかり電話を利用する場合、フレッツ光なら電話番号も指定ではなくFAX番号など「2番号利用するので連番にしたい」などの融通が利く場合も。

 

そのため、法人契約の方にはやはり人気が高い「フレッツ光」がおすすめです。

 

まとめ

法人・個人事業主・SOHOの場合、個人情報などの大切なデータを扱うことも多いですよね?

 

そのため、セキュリティ上データのやり取りをするのに、制限付のネットワークなどを利用したり、店舗やオフィスに防犯用のWebカメラを利用し遠隔監視したりするには「動的IPアドレス」ではなく「固定IPアドレス」が必須となります。

 

フレッツ光の回線を利用した「光コラボ」は動的IPアドレスが主流となっているため、固定IPアドレスを利用したい方は今回ご紹介したように「フレッツ光」を契約し、固定IPアドレスが利用できるプロバイダを契約するのがおすすめです。

 

当社ブロードバンドナビより「フレッツ光」をお申し込みいただくと、キャッシュバックまたは新品パソコンやタブレットなどの豪華特典とお得なキャンペーンを実施しているため、オフィスや店舗のインターネット回線をご検討中の方はぜひお気軽に当社までお問い合わせくださいね。

 

 

[NTT東日本]フレッツ光 キャッシュバック詳細はこちら

 

フレッツ光キャッシュバック情報 NTT東日本エリア
【NTT東日本エリア】フレッツ光のキャッシュバック条件一覧。当サイトなら最短2ヵ月で最大79,800円のキャッシュバック!さらにプロバイダのみの乗り換えでも5,000円のキャッシュバック♪と加入特典がお得。フレッツ光の加入でキャッシュバックをお得に受け取るならぜひ当サイトまで!

 

[NTT西日本]フレッツ光 キャッシュバック詳細はこちら

 

フレッツ光キャッシュバック情報 NTT西日本エリア
【NTT西日本エリア】フレッツ光のキャッシュバック条件一覧。当サイトなら最大85,000円のキャッシュバックを最短2ヵ月還元!と還元時期が早いのも魅力♪電話サービスなど便利なオプションサービスの加入でさらにお得に!Web申し込みなら24時間受付中。

 

タイトルとURLをコピーしました