PR

NURO光からフレッツ光へ乗り換える方法とは?手順や注意点を解説

WiFi

コンビニの棚に「梅干し」「昆布」「おかか」のおにぎりが並んでいれば、それで十分という意見もあるでしょうが、最終的にそこに落ち着くとしても、「ツナマヨ」「明太子」「いくら」など、他の多くの選択肢があった方が良いです。

 

幸福感以上に切実なのは、「ツナマヨ」が食べたくても選択肢に無ければ、絶対に食べられないという事です。

 

「NURO光」をご利用の方が「フレッツ光」に乗り換えるメリットは、選択肢を大きく増やせるという事に外なりません。

 

毎月のスマホ代まで含めた通信費トータル費用を下げる手段として、「セット割」が適用される光回線サービスにスマホも併せて乗り換えるための、豊富な選択肢の手段はNURO光にはありませんが、フレッツ光に乗り換える事で実現できます。

 

店舗やオフィスなどの事業所での法人利用では、「あったらいいな」というサービスが、フレッツ光なら長年の経験とノウハウで豊富に用意されていますし、事業が大きくなって外部の法人サービスのシステムを導入するのも、拠点が広がっていく事にも柔軟に対応出来る、NURO光には無い豊富な選択肢がフレッツ光にはあります。

 

NURO光からフレッツ光へ乗り換える、具体的な手順や方法に加えて注意点も含めて解説していきます。

 

法人利用など業務用途でフレッツ光に乗り換え

 

(出典:NTT西日本*一部改変)

 

店舗やオフィスの現在のビジネスには、インターネットの利用は欠かせないインフラの一つです。

 

個人利用と異なるのは、信頼性やトラブル時のリカバリー体制が、企業看板の信用やビジネスそのものに直接影響するということです。

 

日本で最も古い通信企業としての歴史とノウハウがあり、光回線を知り尽くしたNTT東西の「フレッツ光」を利用する事は、その歴史とノウハウ・技術力がご自身のビジネスにそのまま利用ができるという事です。

 

法人利用のフレッツ光利用形態

フレッツ光お申し込みサイト | BBN
NTTフレッツ光、光コラボのお得なキャンペーンお申し込みサイト。新品パソコン、タブレット、テレビ、PS5デジタルエディションのプレゼントやキャッシュバックなど、公式割引&限定特典で最大9万円以上もおトクです。フレッツ光のお申し込みはブロード...

 

 

フレッツ光は光回線としてNTT東西が敷設管理をしていますが、インターネット回線として利用する場合には接続業者プロバイダが必要です。

 

フレッツ光の利用形態としては2種類があり、法人などビジネス利用では、「フレッツ光」+「プロバイダ契約」の2つの契約を行うのが主流になっています。(個人利用ではこの利用形態は殆どメリットが無く、後述する光コラボが主流です)

 

法人利用のフレッツ光へ乗り換えるメリット

NURO光から、法人利用のフレッツ光に乗り換えるメリットを解説しましょう。

 

支払費用が抑えられる

NURO光の法人利用回線として「NURO Biz」が提供されていますが、導入費用・月額料金は比較的高額になっています。

 

最も安価なスタンダードプランでも、初期費用165,000円・基本工事費55,000円・月額料金20,350円になっています。

 

フレッツ光は安価なマンション集合住宅向けで、初期費用無し・基本工事費用16,500円・月額料金4,070円+プロバイダ料(1,000円前後)になっていて、一般的な個人利用のインターネットにかかる費用と大きく異なりません。

 

フレッツ光なら法人契約の場合は、経費処理がし易い請求書での支払も可能になっています。

 

電話を含めて通信は丸ごとお任せできる

NTTはご存じの通り元々が電話会社の成り立ちですから、ビジネスに不可欠な電話回線を含めた通信回線インフラを、豊富なノウハウと技術力でフレッツ光なら丸ごと応えられます。

 

料金も安くなります。

フレッツ光なら最低月額550円の基本料から電話回線が利用でき、たとえば5回線の電話を導入する場合でも基本料は月額2,100円(おとくラインINS+アナログ1回線)で収まります。

NURO Bizでは利用方法にもよりますが、基本料は9,000円以上が確実にかかります。

 

24時間サポートのオプション

現代のビジネスは世界と連動して動いているため、日本が深夜だからといってトラブル時に翌日まで対応出来ないのは、大きな損失に繋がるリスクがあります。

 

フレッツ光の法人契約ではトラブル発生時に、24時間夜間や早朝を問わずに専門業者が駆けつけてくれるオプションが用意されています。

 

必要なオプションだけを選択できる

NURO Bizでは専用回線や固定IPが標準のため、月額料金が高いという側面がありますが、フレッツ光の法人利用では、セキュリティや機能など必要なオプションだけを豊富な選択肢の中から選ぶ事ができます。

 

店舗向けサービスが充実している

NURO Bizは比較的大きなオフィス向けに設計されていますが、フレッツ光では大企業向けだけでなく、一般的な店舗向けのサービスも充実しています。

 

たとえば、店舗サービスとして集客向上にも大きく影響する顧客向けWi-Fiサービスは、単にインターネットが利用できるWi-Fiスポットとしてだけで無く、売上を向上させるために特定のページを表示させるなど、店舗のアイディアを活かす事が可能です。

 

BGMサービスや、コミックが来店客には読み放題になるサービスなど、店舗形態やニーズによって選択できるオプションが広がっています。

 

豊富なプロバイダが選択できる

企業が大きくなると、必要なシステム要件や中身も大幅に変わってきます。

 

その対応力はプロバイダによっても大きく変わり、できる事とできない事はプロバイダに大きく依存しています。

 

NURO Bizではプロバイダが限定されているのに対して、フレッツ光では数多くの豊富なプロバイダを自由に選択ができて、必要に応じてフレッツ光回線はそのまま継続利用しながら、必要な機能に対応しているプロバイダに乗り換えが可能になっています。

 

提供エリアが広い

フレッツ光は47都道府県全県を幅広くカバーしていて、人口エリアカバー率として、東日本では概ね95%以上、西日本では概ね93%以上と言われています。

 

コロナ禍以降は都心のオフィスを離れるケースも多く、支社や支店を開設する場合でも、フレッツ光なら広い提供エリアで継続利用が可能です。

 

NURO Bizでは以下にエリアが限定されます。

 

関東1都6県:東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/茨城県/栃木県/群馬県

東海4県:愛知県/静岡県/岐阜県/三重県

関西2府3県:大阪府/兵庫県/京都府/滋賀県/奈良県

 

利用可能になっている県内でも、サービスが提供されているのは都心部が中心で、郊外に移転する場合や、地方に支社を開設する場合は利用できない可能性が出てきます。

 

キャッシュバック

オンライン専門代理店でフレッツ光を法人で申し込むと、キャッシュバックがゲットできます。

この場合の法人とは、登記上の法人ではなく個人事業主やSOHOでも可能です。

 

フレッツ光公式では行われていない特典ですが、オンライン専門代理店は独自にキャッシュバックキャンペーンを行っています。

詳細は以下をご覧下さい。

 

フレッツ光キャッシュバック情報 NTT西日本エリア
【NTT西日本エリア】フレッツ光のキャッシュバック条件一覧。当サイトなら最大85,000円のキャッシュバックを最短2ヵ月還元!と還元時期が早いのも魅力♪電話サービスなど便利なオプションサービスの加入でさらにお得に!Web申し込みなら24時間...

 

 

個人利用でNURO光からフレッツ光に乗り換え

 

(出典:NTT西日本*一部改変)

 

フレッツ光の利用形態として2つ目は、フレッツ光をNTT東西から卸し提供を受けたプロバイダが、回線とワンセットにしてサービスを提供する光コラボレーションです。

 

個人利用のフレッツ光利用形態

光コラボレーション | BBN
NTTフレッツ光の品質はNTT回線そのままに、価格を安くご利用するなら光コラボレーションが断然おトクです!

 

 

光コラボレーションは略して「光コラボ」と呼ばれています。

光コラボは2015年2月からスタートしたフレッツ光の利用形態で、個人利用ではこちらが主流になっています。

 

NURO光から光コラボに乗り換えるコスパのメリット

NURO光から、フレッツ光を使う光コラボに乗り換えるのに、最も重要なコスパメリットから解説しましょう。

 

通信費トータル費用のコスパが良くなる

家計にかかる通信費は、光回線だけでなく毎月のスマホ代まで含めて、通信費トータル費用を安価にする方法を考えた方が、結果的にコスパは良くなります。

 

ソフトバンク メリハリ無制限プランの月額費用

NURO光を利用しているユーザーは、毎月のスマホ代が安くなるセット割が適用される、ソフトバンクのスマホプランの利用者が多くなっています。

 

ソフトバンクのスマホプランは、無制限に利用が出来る「メリハリ無制限プラン」と従量制の小容量プランである「ミニフィットプラン+」がありますが、ソフトバンクショップでは積極的にメリハリ無制限プランが勧められている傾向にあり、割引制度も充実している事から、多くのユーザーがメリハリ無制限プランを利用しています。

 

また、自宅にNURO光が開通していれば、自宅でのスマホ利用も当然Wi-Fiを使うため、ソフトバンクプランのギガを消費しません。

ギガを消費するのは外出時にWi-Fi環境が無い場所での利用だけで、SNSのチェックや閲覧、天気の確認やメールチェック、webでニュース閲覧やGoogle検索程度では、大きなデータ消費はされず、多くのユーザーは無制限プランを契約していても、月に3GB未満程度しか利用していません。

 

メリハリ無制限プランで月に3GB以下の利用に留まるユーザーは、自動的に毎月1,650円が割引きされ、3人以上の家族利用では毎月1,210円、NURO光との光回線セット割で毎月1,100円が割引きされています。

 

そのため、(メリハリ無制限プラン)7,238円-(家族割)1,210円-(光回線セット割)1,100円-(3GB以下割引き)1,650円=3,288円 が、スマホ1台あたりの月額料金になります。

 

格安SIMならもっと安くなる

NURO光+ソフトバンクのメリハリ無制限プランを利用すると、3GB以下の利用では毎月スマホ1台あたり3,960円の割引きが得られて、たとえば家族3人で利用しているなら3,960円×3人=11,880円 の割引きが毎月得られるので、この利用組みあわせから乗り換えを躊躇する要因の一つになっています。

 

しかし、別の角度から考えれば、月に3GBのプランを3,288円の料金で利用しているとも考えられます。

この価格をシビアに見れば決して安価とは言えず、3GBプランの格安SIMに乗り換えれば、月額料金は概ね1,000円前後で利用ができます。

 

光コラボなら格安SIMにセット割適用が狙える

光コラボを提供しているのは、NTT東日本エリアで530社・NTT西日本エリアで235社に上り、豊富な選択肢がある中から自由に選ぶことができます。

 

その中には、安価に設定されている格安SIMの月額料金を、更にセット割で割り引く光コラボがあります。

家族で乗り換えれば、通信費トータル費用は大幅に抑える事が可能でコスパが良くなります。

 

キャリア回線に拘りがあるなら、通信キャリアのメインブランドではなく、サブブランドも狙い目です。

このサブブランドのセット割が適用される光コラボも、数多くあります。

 

安価に利用できるスマホプランにセット割が適用できる光コラボに乗り換えて、家族も併せてスマホも乗り換える事で、通信費トータル費用は安くなります。

 

光コラボなら乗り換えも簡単

 

(出典:NTT東日本公式

 

セット割を上手く利用する事が通信費トータル費用を節約するポイントですが、通常光回線サービスを乗り換える場合、新たな光回線の導入工事を行う事は必須で、撤去工事の手間や費用もかかるケースもあります。

 

家族が増えたりライフスタイルが変化したりする事は、今後誰にでもあるかもしれませんし、利用したいスマホプランが今後出てくる事もあるでしょう。

 

光コラボから別の光コラボへの乗り換えは、「事業者変更」という簡単な手続きだけで可能です。

幅広い選択肢の中からその時々でメリットのある光コラボに、手間無く乗り換えができます。

 

事業者変更を利用して別の光コラボに乗り換えても、同じフレッツ光回線を継続利用するため、新たな回線工事は必要が無く、インターネットが利用できない期間も発生しません。

 

提供エリアが全国に幅広い

NURO光が利用できるエリアは、以下に限定されています。

 

(出典:NURO公式

 

NURO光が利用できる地域は、以下に限定されています。

 

【北海道エリア】 北海道

【関東エリア】 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県

【東海エリア】 愛知県、静岡県、岐阜県、三重県

【関西エリア】 大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県

【中国エリア】 広島県、岡山県

【九州エリア】 福岡県、佐賀県

 

フレッツ光を使う光コラボなら、全国47都道府県全県で利用が可能になっています。

 

単に全県で利用が出来るだけでなく、公式発表はしていませんがフレッツ光が利用できる人口エリアカバー率として、東日本では概ね95%以上・西日本では概ね93%以上と言われています。

NURO光は利用が出来る県内でも、都心部中心に利用が出来るエリアは限られていて、フレッツ光の利用エリアよりも大幅に狭くなっています。

 

また、マンション集合住宅で利用できる光回線は、基本的に建物の共有スペースまで導入工事が済んでいる回線のみで、フレッツ光は多くの建物に既に導入工事済みですが、NURO光が利用できる建物は極めて限定されています。

 

今後、引っ越しや新居購入で転居する場合でも、光コラボなら継続して利用する事が可能になります。

 

このように、NURO光からフレッツ光を使う光コラボに1度だけ乗り換えれば、その後の選択肢が大幅に広がります。

 

オンライン専門代理店ならキャッシュバック特典も

光コラボの申込みは公式HPでも受付を行っていますが、オンライン専門代理店なら、独自のキャッシュバック特典を設けているケースがありお得です。

 

公式HPで特典キャンペーンを行っている場合なら、オンライン専門代理店で申し込む事により、特典の両取りもできて更にお得になります。

 

光コラボ キャッシュバック
当サイト限定!光コラボレーション各社の新規加入・転用契約のキャッシュバック一覧。お申し込みプランに応じて高額キャッシュバック実施中!

 

 

申込みは公式HPでもオンライン専門代理店で行っても、契約時に得られる特典以外には、月額料金やサポート等の差違は一切ありません。

 

また、オンライン専門代理店では複数の光コラボを扱っていて、数多くある光コラボの中からユーザーのニーズに最適な光コラボの提案を受けるなど、光コラボ選びから導入まで無料で相談にのってもらえます。

 

光コラボレーション | BBN
NTTフレッツ光の品質はNTT回線そのままに、価格を安くご利用するなら光コラボレーションが断然おトクです!

 

 

NURO光を乗り換える最適なタイミングは?

NURO光は3年契約と2年契約がありますが、契約期間中に乗り換え・解約を行うと10,450円の違約金が発生します。

2022年7月以降に契約した場合は法改正で違約金が下がっていて、3年契約の違約金は3,850円・2年契約の場合は3,740円になっています。

 

契約期間と違約金

契約期間が終了しても、それで違約金が無くなるのではなく、契約期間終了後に3ヵ月間の違約金がかからない解約月