自宅のおすすめWi-Fiは?スマホと一緒に使える光回線をご紹介

WiFi

新生活が始まり自宅でWi-Fi環境を作ろうと思ったけれど、どれを選んだらよいのか迷ってはいませんか?

 

インターネットの使い道は、ホームページや動画を観るだけでなく、テレビ会議やオンライン飲み会など、ローカルな環境で使用することが増えてきました。より快適に利用するには、安定した通信を確保できるインターネット回線が不可欠です。

 

Wi-Fi事業者には、スマートフォンも一緒に提供している事業者もあるので一緒に使えばよりお得に使うことができます。この記事では、Wi-Fi選びのポイントと安定した通信を安く利用できる方法をご紹介しています。

 

これからWi-Fiを利用しようとしている人や、スマートフォンと一緒に光回線のプロバイダーを検討中の方は、是非参考にしてみて下さい。

 

Wi-Fi接続とは?

Wi-Fi接続とは、パソコンやスマートフォン、タブレットなどの機器を無線でつなぐ接続方式です。

 

Wi-Fiでつながった複数の機器は、線を繋がずに相互でデータのやりとりや共通のソフトウェアを利用することができます。

 

スマートフォンは4GやLTEなどの電話回線を使って接続していますが、Wi-Fi接続を利用することにより通信速度が速くなったり、データ残量を気にせずに動画を楽しむことができるのです。

 

自宅でWi-Fiを使用する3種類の方法

自宅でWi-Fiを利用するには、主に3つの方法があります。それぞれのメリットとデメリットを見ていきましょう。

 

光回線

インターネット回線の中で、最も高速で安定している回線です。電柱まで来ている光ファイバーを(地中化されているところもあり)、自宅に引き込んで使用します。

 

メリット

光ファイバーのケーブルを利用したインターネット回線で、電磁波の影響を受けにくいために安定した通信環境を構築することができます。

 

光回線は距離に依存することがないため、遠距離間でデータをやり取りしても映像が乱れたり音声が途切れることはほとんどありません。

 

さらに通信速度も速く、最近は1Gbps~2Gbpsが主流です。

 

月のデータ使用量も無制限なので、データ量を気にせずにインターネットを楽しめます。

 

デメリット

光回線は、光ファイバーのケーブルを家の中に引き込む工事が必要です。

 

電柱から宅内にケーブルを引きこむため、近くに電柱が無かったり、サービスエリア外の場合は工事ができないこともあります。

 

最近の集合住宅は、建築時に光回線を引き込んでいる場合が多く新たに工事をすることは少なくなっていますが、住居環境によっては利用できない場合があるということは押さえておきましょう。

 

また、固定回線のため持ち運ぶことはできません。

 

インターネットを家よりも外で利用することが多い人は、光回線よりモバイルWi-Fiや携帯電話のデータ通信容量を大容量(10GB~)で契約したほうが良いでしょう。

 

モバイルWi-Fi

持ち運びができる小型のWi-Fi端末を、ポケットWi-FiやモバイルWi-Fi(ルーター)と言います。

 

メリット

モバイルサイズの機器にデータSIMを差すだけの簡単操作で、外出先でもインターネットを接続でき、工事の必要もありません。

 

店舗で契約すればその日から利用できるので、テレワークで急に自宅にWi-Fi環境が必要になった場合でも対応できます。

 

端末は1万円~で家電量販店やネットショップで購入することができますが、データSIMの月額使用料に含まれていたりキャンペーンで1円で購入できるなどの特典があるので、実質無料の場合が多いでしょう。

 

スマートフォンのテザリングに近いイメージですが、テザリングよりも速度が早くバッテリー容量も大きいものが多いので、通信性能はモバイルルーターの方が快適に使用できます。

 

デメリット

通信の安定性は、テザリングよりは安定していますが、固定回線に比べると不安定です。

 

また、通信制限がかかることも大きなデメリットとして考えられます。

 

「月〇GBまで」と1ヵ月で使用できるデータ通信容量を制限しているところがほとんどで、この使用料を超えると128Kbpsなどの低速でしか使えなくなってしまいます。

 

1カ月の容量は無制限であっても、「3日間で〇GB以上を超えると」など短期間で規定を超えるデータ量を使用した場合、同じように制限をかけている事業者もあるので注意が必要です。

 

また、ルーターを持ち出してしまうと家にはWi-Fi環境が無くなってしまうため、家族で利用する場合には向いていません。

 

ホームルーター

モバイルWi-Fiの据え置き型版なのが、ホームルーターです。

 

メリット

モバイルWi-Fiよりも強い電波なので室内でも広い範囲を補えるため、家族で利用する場合や、ルーターがある場所とは別の部屋でもストレスなく利用できることができます。

 

コンセントに差すだけで工事は不要なので、光回線が引けない場合や、引っ越しが多い人には手軽に利用できます。

 

また、同時接続台数も多いので(モバイルルーター:10台前後、ホームルーター:50台前後)、オフィスなど大人数でWi-Fiを使う場合にも困ることはありません。

 

デリット

固定回線とモバイルWi-Fiの中間のような機器なので、持ち運びはできなず、通信速度は光回線より不安定と中途半端な存在でもあります。

 

月額料金は光回線とほとんど変わらない事業者もあり、通信の安定性から考えると少々割高です。

 

自宅が光回線のエリア外であったり、工事をせずに今すぐインターネットを利用したい場合を除き、メリットは少ないかもしれません。

 

このような特徴から、自宅で高速かつ安定したWi-Fiを利用するのなら、光回線が最もお勧めな方法です。

 

高品質なWiFi接続なら光回線

光回線は、安定した速度で高品質な通信環境を構築できます。高額なイメージを持つ人もおられると思いますし、1人暮らしや家庭の通信費を減らしたいと考えた時には、選択肢から外されることもあります。

 

しかし、光回線の月額使用料は他のWi-Fiとさほど変わらず、状況によってはそれよりも安くなることもあるんです。

 

光回線ぷらら光戸建て/5,280円 集合住宅/3,960円
モバイルWi-Fiクイック WiFi3,718円
ホームルーターSoftbank Air5,368円

 

自宅でWi-Fiを使わない&1人暮らしであればモバイルWi-Fiでも良いかと思いますが、月額料金はさほど変わらずに安定した通信を利用できる光回線の方が、容量を気にせずにWi-Fiを利用することができます。

 

今後、テレワークが広まり在宅時間が増えてくることを考えると、光回線を選んでおいた方がテレビ会議や大容量のデータをやり取りする場合にも、容易に対応できます。

 

Wi-Fi接続には無線ルーターが必要

光回線は、電柱まで来ている光回線を自宅に有線で引き込んでいます。この回線を、複数の機器でWi-Fi接続させるには、無線ルーター(Wi-Fiルーター)が必要です。

 

ルーターの役割

ルーターにはいくつかの機能がありますが、代表的なのが複数の機器でインターネット接続をさせることです。

 

ルーター=無線 Wi-Fiと考える人も多くいますが、LANケーブルで有線接続することも可能です。

 

パソコンなどより安定した通信にしたいのであれば、有線接続がいいでしょう。

 

無線ルーターの選び方

無線ルーターは家電量販店やネット通販などで購入することができますが、3,000円~2万円と性能によって価格幅が大きいので、何を基準に選んだらよいのか迷ってしまいますよね。

 

状況よって選択すべき商品は変わってくるので、ここでは無線ルーターを選ぶときのポイントをご紹介いたします。

 

接続台数で選ぶ

無線ルーターは、能力によって接続できるパソコンやスマートフォンなどの台数が決められていています。

 

上限を超えた台数を接続しようとすると、ルーターに負担がかかり繋がらなかったり通信速度が極端に遅くなってしまうのです。

 

パソコン、スマートフォン、タブレット、ゲーム機と複数の機器を持っているのであれば、接続可能な台数は必ず確認をしておきましょう。

 

台数は「目安」なので、使用機器の台数が多くなればなるほど速度遅延が起こりやすくなります。

 

現状でギリギリの対応台数の商品を購入してしまうと、後から機器が増えた時に対応できなくなってしまうので、余裕を持って選ぶことをお勧めします。

 

通信速度で選ぶ

光回線の速度は1Gbpsが主流で、高速をうたっている事業者は2Gbpsやそれ以上のスピードです。

 

しかし、どんなに元の光回線が速くても、ルーターの能力が高速通信に対応していなければ当然遅くなってしまいます。

 

無線ルーターには対応しているWi-Fiの「規格」があり、規格ごとに最大通信速度が決められていて、最新の規格ほど高速通信に対応しています。

 

無線ルーター本体や仕様説明書などに記載がある「IEEE802.11」に続くアルファベットが規格を表していて、最新はWi-Fi6と呼ばれる「ax」です。

 

規格最大通信速度周波数帯
ax(Wi-Fi6)9.6Gbps2.4GHz/5GHz
ac(Wi-Fi5)6.9Gbps5GHz
an(Wi-Fi4)600Mbps2.4GHz/5GHz
g54Mbps2.4GHz
b11Mbps2.4GHz
a54Mbps5GHz

Wi-Fi6に対応している機器は現在はまだ少ないため、Wi-Fi5に対応した無線ルーターで十分に高パフォーマンスを発揮できます。

 

IPoE(IPv6)対応のものを選ぶ

IPoE(IPv6)というのも通信規格の一つでこれまでのIPv4に比べ、通信の際に割り当てられる「IPアドレス」の個数が格段に増量されています。

 

IPアドレスの数には限りがあり、IPv4だけではIPアドレスがいっぱいになり通信遅延の原因にもなりかねません。新規格のIPv6を利用すれば、空いている道路を走るようなイメージで、高速通信を楽しむことができるのです。

 

IPoE(IPv6)を利用するにはルーターが対応していなければならないので、ルーター選びの際には確認をしておきましょう。

 

光回線の事業者には、高速通信に対応したルーターを無料貸し出ししてくれるところもあるので、キャンペーンなどを利用してお得に手に入れることも可能です。

 

 

(参考:ぷらら光お申し込みサイト)

 

光回線のWi-Fiはスマホとセットでお得になる

光回線とスマートフォンを同じ事業者で契約すれば、セット割引が適用され月額の使用料金が安くなります。

OCN光

 

https://ocn-h.com/

 

NTTコミュニケーションズが提供しているOCN光は、格安スマホのOCNモバイルONEとセットで利用すると、毎月200円の割引です。

 

プラン2年自動更新OCNモバイル3GBプラン2年+モバイル+割引合算
戸建てタイプ5,610円990円6,380円
マンションタイプ3,960円990円4,730円

2年更新は長いと感じるかと思いますが、スマートフォンと違って引っ越しや環境が大きく変わらない限り、光回線の事業者を変更することはあまりないでしょう。

 

OCN光では、月額550円で Wi-Fi4(ac)IPv6に対応したルーターと、ホームネットセキュリティがセットになった「OCNv6アルファ」のオプションに加入でき、訪問&遠隔サポートもあるので、設定が不安な場合も安心です。

 

@TCOMヒカリ

 

@T COM(アットティーコム)ヒカリ キャッシュバック
TOKAIコミュニケーションズ提供の光コラボレーションモデル「@T COM(アットティーコム)ヒカリ」の戸建て(ファミリー)、マンションタイプの月額料金・サービス内容。ただいまお得なキャッシュバックキャンペーン実施中!

 

TOKAIコミュニケーションズが提供する@TCOMヒカリは、格安スマホLIBMOとセット利用で110~330円の割引が適用されます。格安スマホで利用者数の多い5GBなら、220円の割引です。

 

プラン2年自動更新LIBMO

5GBプラン

2年+モバイル+割引合算
戸建てタイプ5,610円1,510円6,908円
マンションタイプ4,180円1,510円5,478円

 

ルーターはレンタルもできますが、Wi-Fi4(ac)IPv6に対応したルーターのプレゼントキャンペーンを実施中なので、是非利用しましょう。

 

大手キャリアに比べると割引の金額は少ないですが、その分月額使用料が安いので、合わせて5,000円前後で利用できるのは見逃せませんね。

 

追記:@TCOMヒカリはUQモバイルのスマホセット割「自宅セット割」も対象となりました。

 

 

(出典:UQ mobile公式サイト

 

自宅Wi-Fiはスマホとセットにできる光回線がお勧め

自宅でWi-Fiを利用するなら、光回線を選べば快適なネット環境が手に入ります。

 

容量や通信制限もなく高速通信なので、テレワークや自宅時間が増えるなど、仕事やライフスタイルが変化しても対応可能です。

 

スマートフォンもセットで契約すればさらにお得に利用できるので、得した分をお好きなサブスクリプションサービスに使うなどしても良いですね。

 

お得なキャンペーンも活用し、状況に応じた回線を選んでインターネットを楽しんでください!

 

フレッツ光お申し込みサイト | BBN
NTTフレッツ光、光コラボのお得なキャンペーンお申し込みサイト。新品パソコン、タブレット、テレビ、PS4のプレゼントやキャッシュバックなど、公式割引&限定特典で最大9万円以上もおトクです。フレッツ光のお申し込みはブロードバンドナビへ
タイトルとURLをコピーしました