自宅のおすすめWi-Fiは?スマホと一緒に使える回線をご紹介

WiFi

初めて自転車に乗れた時の事、覚えてますか?

 

今までに経験したこと無い浮遊感とでもいうか、感じたことの無い風を速度の中に感じて、何処までも行ける様な錯覚をしました。

 

自転車という翼を得てからは、実際の行動範囲も、それ以前とは比べものにならないほど広範囲になりました。

 

1990年代半ばに差し掛かった頃、自宅の部屋から、イギリスのケンブリッジ大学内にある、研究室のコーヒーポットの状態が解った時には、これは際限の無い自由の翼だと感動しました。

 

21世紀の現代では、人だけで無く物同士が繋がる「IoT」が当たり前になってきました。物同士が繋がる事で、人間の生活の翼は一層広がり便利になります。

 

この繋がりに欠かせないのが、インターネットとWi-Fiです。

 

自宅にインターネットが利用出来るWi-Fiが備わることで、便利になるだけで無く、メインで利用しているスマートフォンもより便利に、しかも組み合わせによって、安価なランニングコストで利用出来る様になります。

 

お得にスマートフォンと一緒に使える、自宅に導入するオススメのWi-Fi回線をご紹介します。

 

Wi-Fiがあると便利が広がる

前述の「IoT」ですが、昨今良く耳にする言葉です。IoTはアイオーティーと呼び、Internet of Thingsの略語です。直訳すると「様々な物のインターネット」です。

 

元々は、パソコンやサーバー等を接続通信するのがインターネットでしたが、それ以外の機器がどんどん繋がっている事で、この「IoT」という言葉が日常に出てくる頻度が増えています。

 

これらの機器は、基本的にWi-Fiを使ってインターネットに接続します。

 

具体的な例を見てみましょう。

 

テレビがWi-Fiに繋がる

機種に依り出来る事は異なりますが、Wi-Fiに接続出来るテレビが増えています。

 

動画視聴

Hulu・Amazonプライムビデオ・abemaTV・YouTube等が見られるようになります。スマートフォンの画面で見るのとは、ひと味もふた味も違う大迫力が楽しめます。

 

双方向

情報を一方的に受け取るだけだったテレビが、Wi-Fiに繋ぐことによって、リアルタイムで番組内のアンケートに参加したり、クイズの解答を答えたりと、従来には無かった楽しみ方が実現します。

 

エアコンがWi-Fiに繋がる

Wi-Fiに繋がっていない状態でもエアコンは使えますが、Wi-Fiに繋がる事でもっと便利になります。

 

遠隔操作

暑い日や寒い日、帰宅前に外からエアコンのオンオフが出来ます。帰宅してドアを開ければ、もう快適な空調が効いています。残してきたペットの環境が気になっても、エアコンの操作が外出先からコントロール出来ます。

 

状態確認

自宅にいてもエアコンがWi-Fiと繋がっていれば、現状の電気代をチェックしたり、空気の汚れ具合を把握したり出来るなど、スマートフォンを利用して、エアコンとコミュニケーションをとることが出来ます。

 

Wi-Fiとは?

このWi-Fiって何?と改めて聞かれると、「インターネットに繋がるやつ」以上は知らなくても問題ありませんが、簡単に説明します。

 

Wi-Fiって何?

Wi-Fiは「ワイファイ」と読みます。

 

Wi-Fiは無線LANの中の登録商標で、米国に本拠地を置く、業界団体「Wi-Fi Alliance」が商標を保有しています。

 

Wi-Fiの語源・意味は諸説有りますが、特に意味は無く、「ハイファイ」の語呂合わせでワイファイ(ワイにはワイヤレスの意味があったと思われます)になったと言われています。

 

Wi-Fiは世界に共通して、最も普及している無線LANの規格です。

 

Wi-Fiの電波種類

Wi-Fiの発信している電波の種類は、複数あります。簡単に説明すると、2.4GHz帯と5GHz帯の周波数帯があり、接続する機器のネットワークに表示されるのは、「g」と「a」の2つが有ります。

 

周波数帯が2つ用意されているのは、電波特性が異なるためです。

 

g 2.4GHz帯

5GHz帯よりも電波が遠くまで届き、比較的障害物があっても届く事からWi-Fi基地局の有る部屋と別の部屋で利用するのに向いています。

同じ周波数帯に、電子レンジ・ブルートゥース・コードレス電話があり、電波干渉を受けると通信が不安定になります。5GHz帯よりも通信速度は遅くなります。

 

a 5GHz帯

2.4GHz帯よりも通信速度が速く、同じ周波数帯を利用する機器が無く安定しています。

 

壁や天井などの障害物に弱く通信距離も短いため、Wi-Fi基地局の有る部屋と別の部屋での利用には向きません。

 

自宅でWi-Fiを使う手段

スマートフォンにはテザリングと呼ばれるWi-Fi機能が有り、機種や契約によって異なりますが、多くのスマホで利用する事が出来ます。

 

しかし、無制限プランで契約していても、SIMの入っているスマートフォンの利用以外では、容量制限が有る場合が大半です。

 

それだけでなく、テザリングを行う時に電池の消耗が多くなるため、充電しながらの使用が多くなります。利用しながら充電することは、バッテリーの寿命を縮めることに繋がり、コスト的にも見合いません。

 

繋げられる機種にも制限が有り、「IoT」の基地局として利用する事も困難です。

 

そのため、現実的な自宅でWi-Fiを使う手段としては、「モバイルWi-Fiルーター」「据え置き型無線ホームルーター」「光回線にWi-Fiルーターを接続」の3通りになります。

 

 

 

モバイルWi-Fiルーター

 

(出典:楽天モバイル公式)

 

メリット

コンパクトな筐体でバッテリー駆動が可能なことから、自宅だけで無く外出先でも利用する事が出来ます。

 

工事が必要無く、届いた日からWi-Fiが使える様になります。

 

家族で利用するのには向きませんが、単身者が気軽に導入出来る方法です。

 

デメリット

他の手段と比較して、アンテナサイズが小さく電源供給も限られる事で、最も回線速度は遅くなり、回線の安定性にも欠けます。

 

月間の容量制限が有るか、利用方法によって制限が掛かり、無制限には利用できません。
家族が居る場合は、外出時にだれかがモバイルWi-Fiルーターを携帯すると、自宅内からは回線が無くなります。

 

電波を送受信するため、使用する場所によっては、使い物にならないケースもあります。

 

ルーター機能が無いため、前述の家電などを接続する事は、多くの場合で困難で、IoTとの相性は極めて良くありません。

 

据え置き型無線ホームルーター

 

(出典:SoftBank air 公式)

 

メリット

回線工事不要で、届いたその日から使える利便性はモバイルWi-Fiルーターと同じです。

 

加えて、持ち運びが出来ない分だけ機器の筐体サイズに余裕があり、回線スピードや安定性が増します。

 

無線Wi-Fiルーターとしての機能だけで無く、有線LANの接続も可能で利用出来る機器も広がります。「IoT」への対応も可能です。

 

お住まいのマンション集合住宅が、工事できない都合がある場合や、引っ越しが予定されている・多い方には、お勧めするWi-Fi導入方法です。

 

デメリット

通信会社の電波を利用するため、利用方法によっては通信制限が掛かります。

 

使うエリアや、ルーターの置き場所等にも左右され、引っ越す前は快適に使えたのに、引っ越した先では使い物にならないケースもあります。

 

無制限を標榜しているサービスでも、利用の仕方によっては制限が掛かり、完全な「使い放題」とは言えません。

 

光回線

メリット

現状では、インターネットの回線速度が最も速く安定しているのは、圧倒的に光回線です。

 

データ通信量に上限や制限が無く「使い放題」で、高画質な動画・高精度なオンラインゲームなどを存分に楽しめ、在宅ワークやオンライン授業など、複数の家族が同時に利用する場合でも対応できます。

 

デメリット

光回線の利用には、工事が必要になります。

 

春先や秋口など、人の動くタイミングによっては、工事までに時間を要する事があります。

 

光回線単独ではWi-Fi利用は出来ず、Wi-Fiルーターを接続して使う必要が有ります。

 

自宅のWi-Fi利用は光回線が最適

無制限に利用が出来て回線速度が速く、快適に使える回線手段として最適なのは「光回線」です。特に家族でインターネットを利用する場合、回線工事という手間を掛ける価値は充分にあります。

 

通信費トータルの出費も下げられる

光回線を自宅に導入する事で、自宅ではスマートフォンも通信会社の回線を利用する事無く、Wi-Fi接続して利用するため、月に消費するギガ数は外出時だけに限定されます。

 

大手キャリアの無制限・大容量プランに加入しているなら、小容量プランに変更する事も可能になります。

 

外出時だけに限定すれば、実際にどれくらいのデータ量を消費しているのか、統計的に見てみましょう。

 

2021年8月26日に株式会社MM総研は最新の「携帯電話の月額利用料金とサービス利用実態(2021年7月時点)」を公表しています。

 

 

(出典:MM総研

 

このデータ使用量は、自宅以外での携帯電話会社の回線を利用した時のみです。

 

「1GB」31.8%・「2GB」11.7%・「3GB」14.1%で、57.6%のユーザーが3GB以下の通信量に留まっていて、約75.2%のユーザーは累計「7GB」までで収まっています。

 

単純に平均をとれば8.72GBになりますが、数値の中央値は3GBになります。

 

多くのユーザーは、大容量・無制限プランを必要とせず、3GB程度の容量で足りる事が解ります。

 

3大キャリアの大容量・無制限プランは、ユーザーに明確な意思の表示が無い場合に勧められるメインプランで、多くの人が加入しており、割引き前の月額料金は7,200円前後に設定されています。

 

それに比較すると、少容量プランは安価に設定されています。3GB程度の使用時料金を見てみましょう。

 

スマホ容量月額料金
ドコモ3GB4,565円
au4GB4,928円
SoftBank3GB5,478円

 

一例としてauの場合、使い放題MAX 4Gプランの料金は月額7,238円ですから、月額2,310円の差額が出ます。

 

家族3人で利用している場合なら、月額の差額は6,930円になります。

 

たとえば、料金がお得な光回線の「@TCOMヒカリ」マンションタイプは月額4,180円なので、光回線を導入する事により、毎月通信費は2,750円下がる計算になります。

 

セット割で更に下がりますが・・・

光回線を導入するなら、スマートフォンの月額料金の割引が受けられる「セット割」も受けられます。

 

ドコモでは「ドコモ光」・auでは「auひかり」・SoftBankでは「SoftBank光」を組み合わせる事で「セット割」が適用されます。(au・SoftBankでは別の光回線が対象になっている場合もあります)

 

スマホ容量月額料金セット割割引き後
ドコモ3GB4,565円550円4,015円
au4GB4,928円550円4,378円
SoftBank3GB5,478円1,100円4,378円

 

スマートフォンと光回線を利用するなら、「セット割」が効く回線を選択した方がお得です。

 

しかし、3大キャリアの小容量プランは割高で、元の絶対価格が高い事から割引きを受けても、節約出来る金額には限界が有ります。

 

もっと合理的に節約出来る、光回線とスマートフォンの組み合わせを考えて見ましょう。

 

光回線にはフレッツ光が最適

 

(出典:フレッツ光申し込みサイト)

 

組み合わせるときの基本になるのは、「光回線」選びです。

 

光回線のシェア

数多いサービスが乱立している様にも見える「光回線」サービスですが、実際に敷設されている光回線の種類は、それほど多く有りません。

 

ICT市場専門のリサーチ会社、株式会社MM総研の2021年3月発表のデータによれば、全国的に広く普及しているのは、NTTグループ(NTT東日本+NTT西日本)の2256.4万件であり、そのシェアは半数を大きく超える7割弱に達しています。

 

 

(出典:MM総研

 

グラフ中のその他は、限られたエリアでのサービス展開です。

 

KDDI(au)もNTTグループに続くシェアですが、実際に施設した光ファイバーケーブルのエリアは限られていて、大半のエリアはNTTの光ファイバーケーブルを使用していて、「ダークファイバー」と呼ばれる、NTTで使われていない部分を利用しています。

 

ソニーネットワークコミュニケーションズが提供する光回線「NURO光」も、auと同様にNTT光ファイバーケーブルを利用した「ダークファイバー」を使っています。

 

光回線の利用には、回線が自宅近くまで来ているか、マンション集合住宅では共有部分まで引き込まれている必要が有ります。

 

圧倒的なシェアでリードするNTTの「フレッツ光」は、当然利用出来るエリアが最も広くなっています。

 

利用出来るエリア

地域限定ではなく、全国展開している代表的な回線としては、「auひかり」「NURO光」「フレッツ光(光コラボ)」があります。

 

個別に見ていきましょう。

 

auひかり

 

KDDIが全国展開している「auひかり」ホームタイプの提供エリアは、携帯電話回線のauとは異なり、限られたエリアしか展開していません。

 

「auひかり」は、提供している具体的なエリアとして、以下の地域でのみ利用できます。

 

【北海道エリア】 北海道

【東北エリア】 青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島

【関東エリア】 東京都、神奈川、千葉、埼玉、群馬、茨城、栃木

【信越エリア】 新潟、長野

【中部エリア】 山梨

【北陸エリア】 石川、富山、福井

【中国エリア】 鳥取、岡山、島根、広島、山口

【四国エリア】 香川、徳島、愛媛、高知

【九州エリア】 福岡、大分、佐賀、宮崎、熊本、長崎、鹿児島

 

人口が比較的多い、大阪を含む関西エリアと名古屋を含む東海エリアは、提供エリアになっていません。

 

auひかり提供状況の確認

 

NURO光

 

(出典:NURO公式

 

NURO光は、以下の地域でのみ利用できます。

 

【北海道エリア】 北海道

【関東エリア】 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県

【東海エリア】 愛知県、静岡県、岐阜県、三重県

【関西エリア】 大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県

【中国エリア】 広島県、岡山県

【九州エリア】 福岡県、佐賀県

 

エリア内に居住地があっても、必ずしも利用出来るとは限りません。光回線は、住まいのすぐ近くまで、実際にNURO光の回線が来ている必要が有ります。

 

NURO光公式サイト 提供状況の確認

 

フレッツ光

日本で最も広いエリアでサービスを提供しているのは、NTTが敷設した「フレッツ光」です。「フレッツ光」が利用出来るエリアでは、当然「光コラボ」が利用出来ます。

 

NTT西日本エリア

富山県 / 石川県 / 福井県 / 岐阜県 / 静岡県 / 愛知県 / 三重県 / 滋賀県 / 京都府 / 大阪府 / 兵庫県 / 奈良県 / 和歌山県 / 鳥取県 / 島根県 / 岡山県 / 広島県 / 山口県 / 徳島県 / 香川県 / 愛媛県 / 高知県 / 福岡県 / 佐賀県 / 長崎県 / 熊本県 / 大分県 / 宮崎県 / 鹿児島県 / 沖縄県

 

NTT東日本エリア

北海道 / 青森県 / 岩手県 / 宮城県 / 秋田県 / 山形県 / 福島県 / 茨城県 / 栃木県 / 群馬県 / 東京都 / 埼玉県 / 千葉県 / 神奈川県 / 山梨県 / 新潟県 / 長野県

 

フレッツ光キャンペーン一覧 NTT西日本エリア
【NTT西日本エリア】フレッツ光のキャンペーン一覧。当サイトならキャッシュバックまたは豪華特典と選べるキャンペーンに加え、NTT西日本公式キャンペーンとも併用が可能!商品特典には新品パソコンや人気タブレットにPS4や任天堂スイッチなどの最新ゲーム機も!他にはない機器特典を多数ご用意♪

 

フレッツ光キャンペーン一覧 NTT東日本エリア
【NTT東日本エリア】フレッツ光キャンペーン一覧。当サイトならキャッシュバックまたは豪華特典+NTT公式割引♪とキャンペーンの併用が可能!当サイト限定の豪華特典キャンペーンには新品パソコン・人気タブレット・PS4や任天堂スイッチなどの最新ゲーム機などおトクなキャンペーンが勢揃い!

 

セット割を展開するサービスの多さ

スマートフォンと光回線の「セット割」は、「auひかり」では「au」と「UQモバイル」・「NURO光」は「SoftBank」に限られます。(NURO光では、スマホ回線をNUROモバイルに同時契約する事で、1年間限定のセット割はあります)

 

「フレッツ光」では、膨大な数の企業がサービスを展開していて、多くの「セット割」があります。

 

それは、「フレッツ光」の契約形態によるものです。

 

「フレッツ光」回線を利用するのには、別途に接続業者プロバイダとの契約が必要です。

 

回線利用費はNTT東日本・西日本に支払い、接続料をプロバイダへ支払う事が一般的でした。ユーザーにとっては、「フレッツ光」+「プロバイダ」と2箇所で契約を結んで、月額料金も別々に支払う必要があり、トラブルが発生した時や、要望を伝えたくても窓口が二箇所あるのは、ユーザーにとってデメリットが大きく、ワンストップで契約支払いが出来るシステムを望む声が大きくなってきました。

 

 

出典:NTT西日本*一部改変

 

光回線をユーザーとの直接契約を結ぶシェアが、巨大企業NTTの独占状態になれば、競争原理が働かなくなり、普及が加速しないと考えた国の意向もあって、NTT東西は、フレッツ光回線の卸業務への移行へ、大幅な方向転換をします。

 

NTTは光回線の卸事業へ注力して、卸し提供を受けたプロバイダを中心とした事業者が、プロバイダ機能と回線をワンセットにしたサービスを提供する「光コラボ」が、2015年2月から開始されました。

 

 

出典:NTT西日本*一部改変

 

現在個人の契約は「光コラボ」・法人の契約は「フレッツ光+プロバイダ」が主流になっています。

 

セット割を合理的に利用するなら「光コラボ」

 

(出典:光コラボ申し込みサイト)

 

日本で光回線を全国に普及させたパイオニアであり、世界的に見ても卓越した技術力があるNTTの「フレッツ光」は、自宅で利用するWi-Fi回線として最適です。

 

「フレッツ光」を利用したサービス「光コラボ」は、数多くの企業サービスから「セット割」が提供されています。

 

スマートフォンと光回線のセット割では、より価格的にメリットがある「格安SIM」も対象になっているサービスが有ります。

 

光コラボレーション キャンペーン一覧
当サイト限定!光コラボレーション新規・転用キャンペーン実施中です。お申し込みプランに応じて、最大50,000円のキャッシュバック

 

この格安SIMとは何か?簡単に解説します。

 

MNOとMVNOの違い

通信会社の回線には、キャリア(MNO)と格安SIM(MVNO)があります。

 

MNOとは?

自社で回線やアンテナ基地局を設置管理するキャリアの事は、MNO(Mobile Network Operator)と総称しています。

 

和訳すると「移動体通信事業者」になります。

 

キャリアは国から免許を受けた事業者だけが、許可を受けた周波数帯でのみ運用出来る認可事業です。

 

全国にアンテナや設備を建設する詳細な工程表を国に提示して、それを実現出来るだけの裏付けとなる資本力が必要です。

 

日本のキャリアは、「ドコモ」「KDDI」「SoftBank」「楽天モバイル」の4社です。

 

MVNOとは?

自社でアンテナ設備や回線を持たず、MNOに回線の一部を間借りする事で運営される通信サービスを提供するのが「格安SIM」で、MVNO(Mobile Virtual Network Operator)と総称しています。

 

和訳すれば「仮想移動体通信事業者」です。

 

自社設備への投資が小さく済み、資金面だけで無く技術面も含めて参入へのハードルが低く、オンラインを中心とした集客・契約を含めて経費を掛けないことにより、比較的安価なサービス提供が可能になっています。

 

その反面、主体的に運用出来る範囲は狭く、顧客に提案できる自由度は低くなります。

 

回線の一部を借りて運用するため(片側4車線の道路で1車線だけ通行出来るイメージ)、朝の通勤時間帯・お昼休み・帰宅時間帯などに、同時に多くのユーザーが利用すれば渋滞が発生して、通信速度は低下する可能性が有ります。

 

サブブランドは?

MNOではメインプラン以外に、比較的安価に設定されたサブブランドを展開している事が有ります。

 

「au」では「UQモバイル」・「SoftBank」では「Y!mobile」がサブブランドになります。

 

比較的小容量のプランに絞られていて、メインプランと差別化しています。回線はMNOであるため、メインプランと同様です。

 

それ以外にも、MNOにはオンライン専用プランが有ります。「ドコモ」では「ahamo」・「au」では「povo」・「SoftBank」では「LINEMO」になります。

 

これらのオンライン専用プランは、「セット割」を当初から設定していません。

 

では、具体的にスマホと一緒にお得に使える、オススメ回線を紹介していきます。

 

格安SIMとお得な回線 その① LIBMO+@TCOMヒカリ

 

(出典:@TCOMヒカリ申込サイト)

 

「@TCOMヒカリ」は「フレッツ光」を利用した「光コラボ」です。

 

「セット割」が適用される光回線で、最もオススメするのは@TCOMヒカリです。auの「スマートバリュー」、UQモバイルの「自宅セット割」、格安SIMであるLIBMO(リブモ)の「LIBMO×光セット割」など、複数のスマホキャリアとのセット割ができます。

 

@TCOMヒカリは自社データセンターを保有し、自社光ファイバーケーブルを運用するなど、単にプロバイダとしてだけで無く、豊富な技術力が有り人気があります。

 

@TCOMヒカリの月額料金は、一戸建てタイプで5,610円・マンションタイプで4,180円です。

 

格安SIMのLIBMOと組み合わせる事で、通信費トータルは大きな節約が可能です。

 

 

(出典:LIBMO公式)

 

データ容量データ+音声通話+SMSデータ+音声通話+SMS
+10分かけ放題
@T COMヒカリ
月額割引額
3GBプラン980円(税抜891円)1,750円(税抜1,591円)220円(税抜200円)/月割引
8GBプラン1,518円(税抜1,380円)2,453円(税抜2,230円)220円(税抜200円)/月割引
20GBプラン1,991円(税抜1,810円)2,926円(税抜2,660円)220円(税抜200円)/月割引
30GBプラン2,728円(税抜2,480円)3,663円(税抜3,330円)220円(税抜200円)/月割引

 

3GBプラン980円が、@TCOMヒカリと「セット割」を適用することで、月額760円になるので、マンションタイプの場合なら760円+4,180円=4,940円がトータルの通信費になります。

 

さらに、実質の支払い費用はもっと安くなります。

 

キャッシュバック

新規契約だけのオプション無しで、戸建てタイプ30,000円・マンション集合住宅タイプで27,000円のキャッシュバックが受けられるキャンペーンを行っています。Wi-Fiが使える無線Wi-Fiルーターを選ぶ事も出来ます。

 

https://t-hikari.com/campaign/cashback.html

 

それだけでは、ありません。

 

12ヵ月の間、月額料金割引

契約から12ヵ月間、月額料金が割り引かれます。戸建てタイプで5,610円が12ヵ月間は4,290円になり、マンション集合住宅タイプでは、4,180円が12ヵ月間は3,190円になります。

 

https://t-hikari.com/campaign/official/getsugakuwaribiki.html

 

キャッシュバックまで考慮すれば、戸建てタイプの12ヵ月間の月額料金は実質1,790円で、マンション集合住宅タイプは940円になります。

 

しかも、工事費も無料になるキャンペーン中です。

 

工事費無料

光回線の導入には工事が必要で、実際に技術者や工事業者が動く為、工事費が掛かります。@TCOMヒカリの場合、最大19,800円の工事費が掛かりますが、工事費が無料になるキャンペーンを行っています。

 

https://t-hikari.com/campaign/official/koujihi.html

 

格安SIMとお得な光回線 その② OCNモバイルONE+OCN光

 

(出典:OCN光申込サイト)

 

「OCN光」は、日本の光回線のパイオニアNTTが敷設した、「フレッツ光」を使った「光コラボ」です。

 

「OCN光」を運営するのは、NTTのグループ会社であるNTTコミュニケーションズで、NTTグループの通信技術の中核を担う会社の一つで、世界的なTier1 IPバックボーンを保有しています。Tier1とは、インターネットの品質を自らコントロール出来る世界規模の広帯域IPバックボーンを有するISPグループの事で、世界で数社しかありません。アジアでは唯一のステータス保持社です。

 

「OCN光」の月額料金は、一戸建てタイプで4,726円・マンションタイプで3,960円です。

 

格安SIM「OCNモバイルONE」は、「OCN光」と組み合わせて「セット割」が適用されます。

 

OCNモバイルONEとは?

 

(出典:OCNモバイルONE公式)

 

「OCN光」回線と同じく、NTTコミュニケーションズが運営する格安SIMです。当然ドコモ回線を利用したMVNOです。

 

高い技術力に裏打ちされた、高品質な回線速度が評判です。

 

月額料金は以下の通りです。

 

通信容量/コース名月額料金
500MB/月コース550円
1GB/月コース770円
3GB/月コース990円
6GB/月コース1,200円
10GB/月コース1,600円

 

格安SIMの契約は、一般的にオンラインになりますが、「OCNモバイルONE」は、全国のドコモショップや、一部の量販店にあるドコモカウンターの店頭で、対面契約する事が出来ます。

 

OCNモバイルONEの割引き

 

(出典:OCNモバイルONE公式)

 

「OCNモバイルONE」と「OCN光」を組み合わせる事で、安価なOCNモバイルONEの料金が更に割引きされます。

 

1契約ごとに月額220円の割引きが受けられます。最大5契約月額1,100円まで「セット割」が受けられます。

 

「500MB/月コース」のみ「セット割」の対象外ですが、このプランのみ最大10分までの国内通話料金が全額割り引かれます。

 

通話料金は30秒で11円なので、通話料金が最大220円割引きされる事になります。

 

「OCN光」とセット割にする事で、月に3GBの契約なら月額990円-220円=770円でスマートフォンを利用出来ます。

 

マンションで家族3人利用した時の通信料トータル金額は、3,960円(OCN光)+2,310円(OCNモバイルONE 3GB)=6,270円になります。

 

設定に不安の有る方も安心

OCN光では、専門スタッフによる訪問設定を初回のみ無料で受けられます。設定は一旦行えば、変更する必要が出る事は基本的に有りませんので、1回の訪問で問題ありません。

 

「インターネット接続設定(有線)、モデム/ルーター設定、ブラウザー設定、メール設定」の基本的な開通設定から、「無線LAN(Wi-Fi)設定(無線LANアクセスポイント設定、PC・タブレット・スマホの無線LANクライアント設定、ゲーム機の無線接続設定)」などのWi-Fi環境の構築と、それに接続する機器の設定もお任せ出来ます。

 

https://ocn-h.com/campaign/

 

サブブランドとお得な光回線 Y!mobile+SoftBank光

 

(出典:ソフトバンク光申込サイト)

 

「SoftBank光」は、フレッツ光を利用した「光コラボ」です。月額料金は、一戸建てタイプで5,720円・マンションタイプで4,180円です。

 

SoftBankのスマートフォンでも「おうち割光セット」適用で、1台あたり月額1,100円の割引きが受けられます。しかし、前述の様に光回線を導入することで無制限プランは必要無く、小容量プランでは割高です。

 

MNOのクオリティをそのまま利用出来る「Y!mobile」を、「SoftBank光」と組み合わせるとで、「おうち割光セット(A)」が適用され、1台あたり毎月1,188円の割引きが受けられます。

 

Y!mobileとは?

 

(出典:ワイモバイル公式)

 

SoftBankのメイン回線を、そのまま利用するMNOです。サブブランドの位置づけで、オンライン専用プランとは異なり、街にある携帯電話ショップで契約や相談が出来ます。

 

月額料金はメインプランよりも安価で、更に「セット割」が適用されることで格安SIMの価格と比較しても、大きな遜色が無くなります。

 

通信容量/コース名月額料金セット割支払料金
3GB/Sプラン2,178円1,188円990円
15GB/Mプラン3,278円1,188円2,090円
25GB/Lプラン4,158円1,188円2,970円

 

代理店契約で更にお得に

公式に行っているキャンペーン特典に加えて、代理店契約をすることで、更にお得なキャッシュバックや豪華特典がゲット出来ます。

 

詳細は以下をご覧下さい。

 

https://sb-hikari.com/campaign/

 

光回線が利用出来ないなら Y!mobile+SoftBankAir

 

(出典:ソフトバンクエアー申込サイト)

 

光回線の対応エリアでない場合や、マンション集合住宅に光回線が導入されていない場合、据え置き型無線ホームルーターを検討するのが最善策です。

 

「据え置き型無線ホームルーター」はMNO各社から販売されていますが、一押しは「SoftBankAir」です。

 

繋がりやすい

東京とその近郊都市・大阪・名古屋などの人口密集地での無線回線の利用は、同じアンテナ基地局へのユーザー集中という問題が有りますが、「SoftBankAir」は回線品質の悪化する事を避けるために、加入制限を行っています。

 

そのため、加入できない場合も発生しますが、加入できた場合は規定の加入者数内のエリアと考えられ、比較的混みにくい環境で利用することが出来ます。

 

月額料金が安い

もう一つの大きな理由が、月額料金の安さです。5Gでは大きな価格メリットは有りませんが、「SoftBankAir」では他社では行っていない、4Gのサービスを引き続き継続しています。

 

エリアの問題や電波整備の問題も有り、多くのユーザーにとって、4Gと5Gの性能差は現状大きく有りません。逆に価格は大きなメリットが有り、オススメです。

 

特に、店舗や公式ページではなく、申込みに正規代理店を利用する事で、公式の特典に加えて代理店独自の特典も享受出来るので、得られるキャッシュバック金額が大きくなります。

 

キャッシュバック詳細については、以下をご覧下さい。

 

https://s-air.jp/campaign/cashback.html

 

そのキャッシュバック金額を考慮して、他社の据え置き型無線ホームルーターも含めて2年間で実質どれくらいの価格で使えるのか?シミュレーションしてみましょう。

 

ドコモ home 5GWiMAX +5Gソフトバンクエアー
基本月額 1年目4,950円4,268円3,080円
基本月額 2年目4,950円4,268円4,180円
2年間合計金額118,800円102,432円87,120円
キャッシュバック18,000円15,000円35,000円
2年間実質合計100,800円87,432円52,120円
実質月額料金4,200円3,643円2,172円

 

Airターミナル4/4 NEXTでは現在キャンペーンを行っていて、最初の1年間は月額3,080円で利用する事が出来ます。

 

キャッシュバックを含めた計算では、同タイプ他社だけでなく「光コラボ」と比較しても、「ソフトバンクエアー」のお得さが際立ちます。

 

さらに、25歳以下と60歳以上の契約者には、更にお得になるキャンペーンを行っています。

 

ドコモ home 5GWiMAX +5G25歳以下&60歳以上ソフトバンクエアー
基本月額 1年目4,950円4,268円3,168円
基本月額 2年目4,950円4,268円3,168円
2年間合計金額118,800円102,432円76,032円
キャッシュバック18,000円15,000円35,000円
2年間実質合計100,800円87,432円41,032円
実質月額料金4,200円3,643円1,710円

 

以前は25歳以下限定でしたが、60歳以上の方も対象になりました。

 

コンセントを挿すだけの手軽さで、自宅にWi-Fi環境が安価に構築出来て、通信費トータルを大幅に削減することが可能です。

 

Y!mobileで「セット割」が使える

お得に利用出来る「SoftBankAir」の価格に加えて、前述の「Y!mobile」が「SoftBank光」と同様の割引き「おうち割光セット(A)」が適用されます。

 

組み合わせて利用する事で、大幅に通信費の削減が達成出来ます。

 

https://s-air.jp/campaign/

 

タイトルとURLをコピーしました