PR

誰でも契約できるWi-Fiはある?Wi-Fiの種類ごとに審査基準などを考察

WiFi

制限無く「誰でも」契約が出来るWi-Fi環境について、考えてみましょう。

 

一般的にWi-Fiの利用には、インターネットが利用出来る回線の契約が必要です。

その上で、Wi-Fi基地局として機能する機器も必要になります。

通信会社ではこれをワンセットにしたサービスを、数多く展開しています。

 

年齢の制限から考えてみましょう。

通信契約も一般的な契約と同様、明治時代から最近までのおおよそ140年間は、民法で成年年齢が20歳と定められていて、未成年が親の承諾無しに契約を単独で結ぶ事は出来ませんでした。

しかし、2022年4月1日から民法が改正されて、成年年齢が18歳に引き下げられました。

 

そのため、現在の通信会社の契約は18歳以上なら、基本的に契約が可能になっています。

17歳未満での単独契約は、行う事が出来ません。

 

年齢以外の制約としては、平たく言えば支払能力があります。

Wi-Fiを継続的に利用する場合、毎月一定の金額をコンスタントに支払い続ける必要が有ります。

支払う内容としては、毎月の通信料の他に、Wi-Fi基地局になる機器の分割支払いが有り、利用する回線サービスによって機器も異なり、掛かる金額は異なってきます。

 

通信料や機器の代金が高額になるほど、契約時の審査基準は当然厳しくなります。

Wi-Fi回線の契約には、サービスを提供する会社ごとに独自の審査基準が設けられていて、難易度もそれぞれ異なっています。

そのため、契約時の事前審査に通らないケースが発生します。

 

審査基準は一切公開されておらず、審査に落ちた場合の理由についても、一切回答を得ることは出来ません。

しかし、巷で言われているような、各社で共有する情報としての「ブラックリスト」は存在しておらず、回線の種類によっては審査に通らなくても、別の回線なら審査に通るケースは少なくありません。

 

誰でも契約できるWi-Fiはあるのか?回線の種類ごとの審査基準などを考察します。

 

年齢不問で審査が無く、誰でもWi-Fi回線を利用できる方法は?

契約が必要になるWi-Fi利用のための回線は、大なり小なりの審査を完全に避ける事は難しいと言えます。

そのため、年齢も審査も問われない手段としては、契約では無く、回線の利用権と必要な機器の購入する手段が最も近道です。

 

契約ではなく購入

Wi-Fiでインターネットを利用するためには、有効なデータ通信用のSIMを先払いで購入して、そのSIMをWi-Fi基地局として活用する機器を一括購入します。

 

データ通信用のSIM

SIMとは小さなチップで、利用出来る電波の情報が書き込まれていて、「スマートフォン」「モバイルWi-Fiルーター」「ホームルーター」などの機器に差し込む事により、SIMの情報を器機が読み取りインターネットに接続します。

 

SIMの入手は通信会社との契約が一般的ですが、それ以外の手段として、利用出来る容量や期間が決められていて、先に支払いをするプリペイド型のSIMなら、購入するだけで利用が出来るため、審査は不要になります。

 

プリペイド型のSIMの電波は特別なものではなく、概ね3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)のいずれかの電波を利用していて、どれを使うSIMなのかが必ず明記されています。

 

SIMフリーのWi-Fi基地局になる機器

Wi-Fi基地局になる機器の購入は、利用出来る通信会社が限定されない「SIMフリー」タイプを入手します。

一括購入すれば、当然審査も不要です。

 

使える通信会社が限定されているSIMロックの掛かっているタイプは、プリペイド型のSIMが利用出来ない事が多くあります。

 

利用出来る周波数帯にも注意してください。

プリペイド型のSIMで利用する電波の周波数帯に、対応している機種を選ぶ必要が有ります。

 

現在主力で利用されている4Gの、周波数帯は以下の通りです。

 

バンド周波数帯使用するキャリア
12GHz帯docomo・au・SoftBank
31.7GHz帯docomo・au・SoftBank・楽天モバイル
8900MHz帯SoftBank(特に重要なバンド)
111.5GHz帯au・SoftBank
18800MHz帯au
19800MHz帯docomo(特に重要なバンド)
211.5GHz帯docomo
26800MHz帯au(特に重要なバンド)
28700MHz帯アジア太平洋共通バンド(docomo・au・SoftBank)
412.5GHz帯Wireless City Planning・UQ コミュニケーションズ
423.5GHz帯docomo・au・SoftBank

 

購入する機器の対応バンドと、購入するプリペイド型のSIMの電波が合っているのか?は非常に大切で、必ずしも全部のバンドが利用出来る必要は有りませんが、複数のバンドに対応している方が、回線速度や安定感が向上します。

 

特に(重要なバンド)と表記しているのは、各社のプラチナバンドと呼ばれている周波数帯で、ここに対応していない場合は、他の周波数帯だけでカバーするのは事実上難しく、避けた方が無難です。

 

たとえば、ドコモの電波を利用するプリペイド型のSIMで、バンド19に対応していない機器は、組みあわせて利用するべきではありません。

 

購入でWi-Fi回線が構築出来れば他の端末でも自由にインターネットが利用出来る

 

購入したプリペイド型のSIMとWi-Fi基地局の機器で、Wi-Fiが利用出来る環境が構築出来ます。

 

Wi-Fiを利用して接続すれば、他の機器(SIM契約していないスマートフォンやパソコンなど)では回線契約の有無に関わらず、インターネットを楽しむ事が可能になります。

 

購入で利用出来るWi-Fiの具体例

契約ではなく、購入する事でWi-Fiを利用する為の、具体的な商品を見てみましょう。

一般的な家電量販店等では簡単に見つかりませんが、Amazonなどの通販では容易にみつかります。

 

Amazonで購入する場合、必ずしもクレジットカードは必要無く、着払いやコンビニ払いにも対応しています。

 

プリペイド型のSIM(先払い)

販売されているプリペイド型のSIMは、利用出来る容量や期間などによっても、価格が変わってきます。

 

プリペイド SIMカード 10gb Softbank

Bitly

 

回線にはソフトバンクを利用する、10GB容量が利用出来る、先払いのプリペイド型のSIMです。

有効期限は設定されていますが、10GBのデータ量は有効期限内なら利用日数の制限は、別途設定されていません。

 

4G-LTE高速回線接続 プリペイドSIMカード

Amazon.co.jp

 

回線にはドコモを利用する、20GB容量が利用出来る、先払いののプリペイド型のSIMです。

有効期限が設定されていて、その期間内に使い切るのと共に、利用開始からの期間も31日間に限定されています。

 

Docomo data sim 日本 SIMカード

Amazon.co.jp

 

回線にはドコモを利用する、50GB容量が利用出来る、先払いののプリペイド型のSIMです。

開通期限は設けられていませんが、利用開始からの有効期間が31日間に限定されています。

 

SIMフリー スマートフォン

プリペイド型のSIMを差し込んで利用するのに、最も簡単な手段がSIMフリースマホを利用する方法です。

 

スマホを利用してインターネットを使う事に限定するなら、別途の機器(Wi-Fi基地局)も必要ありません。

 

プリペイド型のSIMはデータ通信専用であり、電話通話用の電話番号を持っていません。

音声通話の手段としては、既に利用しているLINEやSkypeのIDが有る場合、通話に利用出来る可能性が有ります。

 

スマートフォンをWi-Fi基地局にするテザリング機能を使って、他の機器を接続してインターネットをする事も可能です。

 

SIMフリースマホには、元々SIMフリースマホとして存在しているものと、SIMロックが掛かっている通信会社が販売している機種を、SIMロック解除をしてSIMフリー化したタイプがあります。

 

SIMフリー docomo Xperia Ace III SO-53C

Bitly

 

ドコモで販売されていたスマートフォンを、SIMロック解除した端末です。

ドコモの電波を利用するプリペイド型のSIMとの相性が良く、対応バンドも当然問題が有りません。

 

Amazonに書き込まれているレビューでは、ソフトバンクの電波も問題無く利用出来る様です。

 

SIMフリー SoftBank Redmi Note 9T 128GB

Bitly

 

ソフトバンクで販売されていた機種を、SIMロック解除してSIMフリー化したものです。

ソフトバンクの電波を利用するプリペイド型のSIMとの相性が良く、対応バンドも当然問題が有りません。

 

SIMフリー モバイルWi-Fiルーター

バッテリー駆動が可能なWi-Fi基地局としての機能を果たす機器で、鞄に入れてもち運んでも負担にならないため、自宅だけで無く外出先でも、自分だけのWi-Fi基地局を常に持ち運ぶ事が可能になります。

 

NECプラットフォームズ Aterm モバイルルーター MP02LN

Bitly

 

ソフトバンクの重要な周波数帯である、バンド8に未対応になっていて、基本的にはドコモの電波を使うプリペイド型のSIMを利用します。

 

富士ソフト +F FS040W モバイルWi-Fiルーター SIMフリー 端末 FS040WMB1

Bitly

 

数多くの周波数帯に幅広く対応していて、その時々のメリットやニーズで、自由にプリペイド型のSIMを選択が出来ます。

 

バッテリー駆動だけでなく、バッテリーを取り外してUSBでの電源供給にも対応するなど、使い勝手が良く、ホームルーターとしての利用や車載Wi-Fi基地局としても活用出来ます。

 

Aterm (NEC) LTEモバイルルーターSIM付属セット SIMフリー MR10LN

Bitly

 

1GBのデータ容量のプリペイド型のSIMと機器が、セット販売されています。

 

付属のSIMは、日本国内だけの利用に留まらず、170以上の国や地域で利用が出来る様になっていて、機器も幅広いバンドに対応しています。

 

付属のSIMだけでなく、もちろん先述のプリペイド型のSIM等も、自由に利用することが可能です。

 

SIMフリー ホームルーター

筐体サイズがモバイルルーターよりも大きく、アンテナ等のパーツ設計にも余裕があるため、通信品質が向上してWi-Fiの飛ぶ範囲も広くなります。

 

NECプラットフォームズ Aterm PA-HT100LN-SW

Bitly

 

パソコンやタブレットなど、最大10台と接続が可能で、有線LANで接続する事も可能です。

 

アイ・オー・データWN-CS300FR

Bitly

 

パソコンやタブレットなど、最大10台と接続が可能で、有線LANで接続する事も可能です。

 

PIXELA(ピクセラ)  PIX-RT100-AZ

Bitly

 

PCやタブレットなど最大16台と接続が可能で、有線LANで接続する事も可能です。

 

誰でも利用出来るWi-Fi環境の購入手段はコスパが悪い

年齢制限や審査無しで「誰でも」Wi-Fiを利用する手段として、プリペイド型のSIM+端末機器の購入は有効ですが、やはりコスパは悪いと言えます。

 

現代の利用の仕方に合わない可能性

プリペイドSIMの販売価格には幅がありますが、GBあたりの単価で考えれば、比較的割高で使い切りになっているケースが多くなっています。

 

現在のインターネットの利用方法においては、データ通信量は増加の一途です。

総務省が2022年8月に発表しているデータでは、1人あたりに換算して、1ヶ月に70GBから80GBを消費している計算になります。

 

 

(出典:総務省

 

ある程度自由に使える環境としては、月に100GBのデータ利用が出来る必要が有ります。

 

容量が決まっているタイプが中心のプリペイド型のSIMでは、このデータ容量を確保するのに、毎月多大なコストを要します。

 

一部には、無制限で利用が出来るプリペイド型のSIMもあります。

 

日本国内31日間 無制限 4GLTE 使い放題

Bitly

 

しかし、レビューを見る限り積極的にはオススメ出来ません。

 

“他のレビューにもありましたが、通信速度が遅いです。18時頃には1Mbps以下に下がる場合があります。酷いですね。”

 

“速度が遅いですが、たまにならつかえます。“

 

“使いたい時に限って使えない事が多くて安定性ないです。無制限っという割には使えないので注意してください”

 

購入より契約がコスパは上

コストパフォーマンスの観点でいえば、Wi-Fi契約は購入よりも定期契約の方が、大きなメリットがあります。

 

単純なコスパだけで無く、通信品質も期待出来ます。

 

契約時の審査の難易度を考慮して、具体的に見てみましょう。

 

回線別審査の難易度を考える

回線の種類によって、審査の難易度は大きく変わります。

 

スマホ契約 難易度高い

キャリア回線のスマートフォン契約は、審査のハードルが高いと言えます。

 

通信会社を変えたらどうか?

審査に不安のあるユーザーで、過去に支払い事故を起こした方は、通信会社を変えて契約を申し込んでも、通信事業者協会の中で他社での支払事故も考慮されるため、審査に通る事は困難になっています。

 

支払事故の記録はいつまで残る?

ただ、既に未払いを解消していて5年が経過している場合には、支払事故のデータが消えている可能性があります。支払いが完了していない場合には、年数が経過しても支払い事故のデータは原則として消えません。

 

スマホ機器の分割払は審査基準が変わる?

最近のスマートフォンは高額なものも多く、分割払で購入する場合は、審査基準も大幅に上がると考えられます。

 

別の信用情報機関を参照する事も、大いに考えられます。

 

全国銀行個人信用情報センター(KSC)

銀行や信用金庫などの、金融機関取引が記録されています。

 

株式会社シー・アイ・シー(CIC)

クレジットカードや信販会社などの、取引が記録されています。

 

株式会社日本信用情報機構(JICC)

主に消費者金融の取引が記録されています。

 

手間や経費も掛かるので、その都度に全てを参照するとは考えにくいですが、不安材料があれば参照する事があると推察されます。

 

支払い方法による審査基準の変化は?

有効な限度額があるクレジットカードを保有していれば、審査基準は大幅に緩くなると考えられます。

 

口座振替や振込を支払い方法に選択した場合、リスクの担保として審査基準は当然厳しくなります。

 

格安SIMなら?

SIM契約だけなら、キャリアの契約よりも通りやすいと考えられますが、キャリアでの過去の支払事故が有る場合、通らないケースが多くなります。

 

また、格安SIMでは審査コストも掛けられないため、支払い方法がクレジットカードに限られる事が多くなっています。

 

ホームルーターの契約 難易度高い

ホームルーターは、大手3キャリアからサービスが提供されています。

 

月額料金や機器の代金も含めてスマートフォン契約に近いため、審査の難易度も同程度に難しいと考えて間違いありません。

 

モバイルWi-Fiルーターの契約 難易度中

無線を利用したWi-Fi回線としては、モバイルWi-Fiルーターは比較的審査が通りやすいと言えます。

 

扱う機器の単価がそれほど高額にならないのも、その理由の一つです。

 

楽天モバイル

 

(出典:楽天モバイル公式

 

〇月額料金 3,278円(無制限)

〇本体価格 4,401円(楽天ポイントで4,401円分還元されるため、実質0円)

 

無制限に利用が出来て月額料金も比較的安価ですが、無制限利用は楽天モバイルの回線が利用出来る範囲に限られ、パートナー回線と呼ばれるau回線を利用する場合、5GBが上限になっています。

 

楽天カードや格安SIM時代の旧楽天モバイル等のサービスで、支払い事故を起こしていないなら、比較的審査が通りやすいと言えます。

 

楽天モバイルは、デビットカードや口座振替の支払い方法にも対応していて、クレジットカードが無くても契約が可能です。

 

GMOとくとくBB WiMAX

 

(出典:GMOとくとくBB WiMAX公式)

 

〇月額料金 4,444円(無制限)

〇本体価格 605円×36回

 

WiMAXは数多くのプロバイダからサービスが提供されていますが、GMOとくとくBB WiMAXはその中でも最安値級です。

 

新規契約で、25,500円のキャッシュバックキャンペーンも行っています。

 

WiMAX系はKDDI系の企業が管理しているため、auやUQモバイルでの支払事故歴が有る場合、高い確率で審査に通りません。

 

支払い方法は、クレジットカードのみになります。

 

クイックWiFi

 

(出典:クイックWiFi公式

 

〇月額料金 3,718円(月に100GBまで)

〇本体価格 1,100円×24回

 

無制限プランはありませんが、単身利用なら100GBの月容量は、事実上の無制限利用が可能です。

 

クイックWiFiの特徴として、3大キャリアの回線(ドコモ・au・ソフトバンク)を全て使うクラウドSIMがあります。

 

日本全国どこでも最適な電波を利用出来るメリットの他に、通常のモバイルWi-Fiルーターとは異なり、他のSIMを装着して利用する事が不可のため、転売がしにくい事も審査が比較的緩くなる理由と考えられます。

 

光回線の契約 難易度低

光回線は無制限にインターネットの利用が出来て、通信品質も圧倒的に良いと言えます。

家族で利用しても十分なクオリティを、比較的安価に利用出来ます。

 

しかし、無線回線でなく、有線の光ファイバーケーブルを使用する光回線は、審査の難易度は比較的緩いと言えます。

その理由を見てみましょう。

 

利用場所が限定される

光回線を利用するためには導入工事が必要になり、特定の場所においてしか利用出来ないのは、無線回線を使うWi-Fi回線と最も異なる事です。

 

そのため別の場所に逃げて利用されるリスクが無く、厳しい審査が必要ありません。

 

利用機材が安価

光回線を利用するために、回線企業が提供するのは多くの場合ONUと呼ばれる回線終端装置のみで、転売する価値が殆ど無く費用も高額では無い事が、厳しい審査を必要としていません。

 

光回線が利用出来ないケースは?

支払が必要なスマホ料金が、未納のままになっている場合、審査が通らないケースがあります。

 

特に、キャリア系の光回線では、キャリアの支払事故が有る場合、審査に通らないケースが有ります。(たとえば、ドコモで支払い事故が放置されていて、ドコモ光の申込み等の場合など)

 

また、同じ住所で以前に光回線の未払いが放置されている場合も、審査が通らないケースがあります。

 

審査とは関係無く、光回線は提供エリアになっていない場合、利用が出来ないケースがあります。

マンション集合住宅の場合、共有スペース内まで引き込み工事が完了していない場合、光回線の利用は原則出来ません。

 

個人契約で光回線を利用するなら、日本全国で利用が可能になっていて、多くのマンション集合住宅にも引き込み工事が完了しているフレッツ光を使う、「光コラボ」が安価に利用出来てオススメです。

 

光コラボは数多くの企業からサービスが提供されていますが、その中から特にオススメな光コラボをピックアップします。

 

 

オススメの光コラボ 「@TCOMヒカリ」

 

(出典:@TCOMヒカリ申込サイト)

 

@TCOMヒカリも、NTT東西の光回線「フレッツ光」を利用する「光コラボ」です。

全国の幅広いエリア、日本中の数多くのマンション集合住宅で利用出来ます。

 

キャッシュバック

オンライン専門代理店で@TCOMヒカリを申し込めば、高額なキャッシュバックが受け取れるキャンペーンを行っています。

キャッシュバック特典の詳細は、以下をご覧下さい。

 

@T COM(アットティーコム)ヒカリ 最短3ヵ月で最大55,000円キャッシュバック
@T COM(アットティーコム)ヒカリの新規加入で最大55,000円を最短3ヵ月で現金キャッシュバック!さらに工事費も最大19,800円が割引で実質無料!おトクに@T COM(アットティーコム)ヒカリを始めるチャンス!

 

12ヵ月の間、月額料金割引

契約から12ヵ月間、月額料金が割り引かれます。戸建てタイプでは月額440円が割引きされ、マンションタイプでは月額330円が12ヵ月割引きされます。

 

戸建てタイプでは440円×12ヵ月=5,280円・マンション集合住宅では3,960円が、通常のキャッシュバックとは別途に加算されると考えれば、魅力がありますよね。

 

工事費無料

@TCOMヒカリの場合、最大19,800円の工事費が掛かりますが、今なら工事費が無料になるキャンペーンを行っています。

 

@T COM(アットティーコム)ヒカリ 新規工事費無料特典
@T COM(アットティーコム)ヒカリなら2年バリューパック(24ヵ月の自動更新)を新規でお申込みの方は「新規工事費無料特典」の適用で、最大22,000円(税抜20,000円)の新規工事費が月額料金から毎月割引され実質無料!初期費用がお得に。

 

LIBMOのセット割

 

(出典:LIBMO公式)

 

セット割の格安SIMも提供されています。

@TCOMヒカリと格安SIM「LIBMO」を組みあわせる事で、スマホのセット割が適用されます。

1契約ごとに月額220円の割引きが受けられます。(最大5契約まで)

 

〇納得プラン
データ容量通常料金@T COMヒカリ
月額割引額
実質金額
3GBプラン980円1回線 220円/月割引760円
8GBプラン1,518円1回線 220円/月割引1,298円
20GBプラン1,991円1回線 220円/月割引1,771円
30GBプラン2,728円1回線 220円/月割引2,508円