PR

フレッツ光クロスはマンションで利用できる?

WiFi

一般向けインターネット回線は、アナログの電話線を利用して、アナログモデムでデジタル変換を行う、極めて低速の通信速度でスタートしました。

そこから時代の経過と共に、「もっと自由に何処ででも繋がる」「より高速な回線速度」を実現するという二本柱で、飽くなき進化を遂げてきました。

 

現在までの、その進化内容を俯瞰してみましょう。

 

「もっと自由に何処ででも繋がる」は、3大キャリアでは、4G LTE回線で人口カバー率99.9%を超過していて、次世代回線である5Gについても、日々繋がるエリアが増え続けています。

最も遅くキャリアに参入した楽天モバイルも、4Gのエリア拡大に励み、2022年の4月には、人口カバー率が97.2%に達した事を発表しています。

 

どこでも繋がるという部分で、他社に大きく遅れをとっている楽天モバイルは、アメリカのAST SpaceMobile社に出資をしていて、同社と共同で行う、スペースモバイル計画を推進しています。

地球から低軌道に、テニスコートサイズの超大型サイズのアンテナを周回させることで、地上のスマートフォンに向けて、4G・5Gの電波を直接届ける衛星通信を行い、山間部や海上も含めた人口カバー率100%の達成を目論んでいます。

 

既にサービスを開始している、一般向けの衛星通信もあります。

ロシアの侵攻を受けるウクライナで、インターネット回線が維持されているのは、イーロンマスク(Elon Musk)氏が行っている、衛星通信事業の「SpaceX(Space Exploration Technologies Corp)」が関わっています。

 

このサービスは、専用の衛星アンテナにWi-Fiルーターが繋がっていて、衛星からの電波を掴み、送受信する事でインターネットを利用出来る環境が完結します。

地上の回線やアンテナ設備等が災害で利用出来なくなっても、インターネット回線の維持が可能なこのサービスStarlinkは、日本でも最近サービスをスタートさせています。

 

「より高速な回線速度」では、スマホ等の無線回線で4Gに変わる、5Gの広がりが中心になっています。

光回線でも、従来のフレッツ光回線の通信速度1Gbpsを大きく上回る、10Gbpsのサービスの、フレッツ光クロスが開始されています。

新しく登場した10Gbps高速通信のフレッツ光クロスは、マンションで利用出来るのか?解説していきます。

 

マンション集合住宅で光回線を利用する基礎知識

光回線は無線とは異なり、繋がってる光ファイバーケーブルを、利用者に直接接続する必要があります。

一戸建て住宅では、近くまで来ている光回線を、電柱から引き込み工事を行う事で利用するのに対して、マンション集合住宅では、各戸に直接光回線を接続することは基本的に行いません。

 

マンション集合住宅の共同利用方式とは?

 

(出典:NTT東日本

 

マンション集合住宅での光回線利用は、建物内の共有スペースまで引き込んだ光回線を、スプリッタと呼ばれる分配器を利用して、各戸まで配線工事を行って接続します。

 

基本的にマンション集合住宅では、この共有スペース内まで引き込み工事が完了している光回線しか利用することが出来ません。

多くの建物では、既にNTT東西の光回線「フレッツ光」が共有スペース内まで、引き込み工事が完了しています。

 

どの光回線も、共有スペース内まで引き込み工事が完了していない建物では、個人の意向だけで光回線の導入は出来ません。

共有スペースの利用(光回線の機材を恒久的に置く事)について、建物の構造によっては固定用の金具を打ち込んだりする事や、場合によって一部に穴を空けて貫通が必要なケースも出てくるので、賃貸の場合なら大家さん・購入の場合なら管理会社や住民組合等の同意が必要になります。

 

建物によって各戸への配線方式は異なる

マンション集合住宅の共有部分から、各戸への配線は建物によって異なっています。

個人の意向だけで、配線方式は変更や選択は出来ません。

 

 

(出典:NTT東日本公式ページ*一部省略しています)

 

大きく分けて、3つの配線方式があります。

 

このうち、光回線方式でのみ、共有スペースから光回線で各戸を結んでいるため、

回線のポテンシャルの多くを引き出す事が出来ます。

 

光回線方式が利用出来る場合、多くのケースで光コンセントが部屋に備わっています。

 

 

(出典:SoftBank公式ページ*一部改変しています)

 

それ以外のVDSL方式・LAN配線方式では、残念ながら光回線のポテンシャルを活かす事は難しいです。

1Gbps(=1,000Mbps)の光回線が共有部分まで来ていても、同時利用者によって通信速度は左右されて、場合によっては数Mbpsの速度しか使えないケースもあります。

 

この方式では光コンセントの設置は無く、壁にモジュラージャックが設置されているケースが多くなります。

 

現在マンション集合住宅にお住まいで、光回線を利用しているのにも拘わらず、通信速度が遅い事にお悩みなら、この配線方式がボトルネックになっている可能性が大きくなります。

もし、回線速度の改善を求める手段として、従来の回線速度の10倍にあたる公称値10Gbpsの「フレッツ光クロス」をご検討なさっているなら、このボトルネックの配線方式を変更しない限り、解決する事は無いと言えます。

 

 

 

配線方式は工事で建物全体を変更する事も可能ですが、大がかりな工事が必要になり、前述の光回線を共有スペースまで引き込み工事と同様に、大家さん・管理組合・住民の同意など、超えなくてはならないハードルが多くなります。

時間と手間を考えた現実的な手段として、配線方式に依存しない、無線回線を利用したホームルーターの利用が最適です。

 

 

 

ホームルーターなら回線工事が不要で、コンセントを挿すだけで即、Wi-Fi環境が利用出来るようになります。

ホームルーターは3大キャリアからリリースされていますが、コスパの高さでソフトバンクエアーをオススメします。

キャッシュバックも受け取る事が出来ます。詳細は以下をご覧下さい。

 

ソフトバンクエアーキャッシュバック 最大35,000円を現金還元
当サイトよりSoftBank Air(ソフトバンクエアー)をお申し込みいただくと最大35,000円キャッシュバック!さらにソフトバンク公式の乗り換えキャンペーンや月額料金割引キャンペーンとも併用可能♪お得にソフトバンクエアーを始めるならぜひ当サイトまで!

 

 

フレッツ光クロスとは?

「フレッツ光」は、NTT東西が提供している、1Gbpsの公称値を持つ光回線サービスです。

新しく登場した「フレッツ光クロス」は、それまでの10倍になる10Gbpsの公称値を持つ光回線サービスです。

 

フレッツ光クロス登場の背景

光回線に限らず、インターネット利用時の回線速度は遅いよりも速い方が良く、速すぎて困る事はありません。

しかし、先ほどマンションの配線方式でも触れましたが、利用する中でボトルネックが発生すれば、回線速度を向上させても意味がありません。

 

LAN規格の向上

これまでのLAN規格は、最大1Gbpsの速度を前提に設計されていて、一般的に利用されるWi-Fiルーターでは「1000BASE-T」という規格が使われてきました。

この規格の機器を利用する限り、接続する回線の通信速度が10倍の10Mbpsになっても、1Gbpsが最大通信速度のルーターでは、ユーザーのメリットは皆目ありません。

 

主流の1Gbpsには対応出来るので、通常の光回線の利用に支障は無くても、自社のサーバーやNAS(データの置き場所とお考えください)等の接続には、通常の光回線は関係が無く、よりサイズの大きなデータのやり取りを行える、新しい高速のLAN規格ニーズに対して、従来の10倍の速度を持つ「10GBASE-T」の規格が登場しました。

 

当初、この規格を持つ機器は高額で、企業などの限られたユーザーに向けた商品しかありませんでしたが、量産化が進み一般向けの「10GBASE-T」規格のWi-Fiルーターが、発売されるようになりました。

従来の「1000BASE-T」ルーターと比較すれば高額ですが、現在では無理なく購入出来る価格まで下がってきています。

 

この普及に一役買ったのは、新しいWi-Fiの規格です。

 

Wi-Fi規格の向上

Wi-Fiは無線LANの世界共通規格ですが、時代と共に新しい規格が登場していて、最大通信速度が大幅に向上しています。

 

規格名新名称周波数帯最大通信速度電波干渉障害物
IEEE802.11axWi-Fi 62.4GHz9.6Gbps弱い強い
5GHz9.6Gbps強い弱い
IEEE802.11acWi-Fi 55GHz6.9Gbps強い弱い
IEEE802.11nWi-Fi 42.4GHz600Mbps弱い強い
5GHz600Mbps強い弱い
IEEE802.11g2.4GHz54Mbps弱い強い
IEEE802.11b2.4GHz11Mbps弱い強い
IEEE802.11a5GHz54Mbps強い弱い

 

以前から使われてきた、IEEE802.11の後に小文字のアルフアベットが付く規格名は、現在は解りやすい新名称に変わっています。

 

最新のWi-Fi6では、通常の光回線の通信速度1Gbpsを大きく上回るため、Wi-FiルーターをWi-Fi6のタイプに入れ替えても、そのポテンシャルを引き出す事は、光回線がボトルネックになってしまいます。

 

Wi-Fi5以降のWi-Fiルーターに買い換えて、それに対応する端末機器(スマホなどです)を揃えれば、ボトルネックになっている光回線の通信速度を、より速い(機器に見合った10Gbps程度)を望むニーズが当然出てきます。

 

https://amzn.to/3rUMReY

 

https://amzn.to/3Cu8R5r

 

通信速度10倍が実現できた理由

従来のフレッツ光の10倍の速度を持つ、公称値10Gbpsのフレッツ光クロスは、2020年の4月からサービスをスタートさせています。

 

このサービスを実現するのにあたり、従来のフレッツ光とは別に光回線を敷設しているかというと、そうでは無く同じ回線を利用しています。

 

大企業などの専用回線とは異なり、一般的なユーザーが利用する光回線では、一本の光回線を多くの契約者でシェアしています。

そのことで、現実的に支払可能な月額料金を実現しています。

 

このシェアする技術を「PON」と言いますが、従来からあるフレッツ光では、最大速度公称値1Gbpsの「GE-PON」を使っています。

これに対して、最大通信速度公称値10Gbpsの「10GE-PON」を使うのが、新しいサービスのフレッツ光クロスです。

 

フレッツ光が利用出来るマンションなら、フレッツ光クロスが利用出来る?

NTT東西が敷設しているフレッツ光は、唯一47都道府県全てをカバーしている光回線で、多くのマンション集合住宅の共有スペース内まで、既に引き込み工事が完了しています。

 

同じ回線なら、簡単な手続きだけで、10Gbpsのフレッツ光クロスが利用出来れば良いのですが、残念ながらそうはなっていません。

これは、一戸建て住宅の場合も同様で、フレッツ光が既に導入されていても、電柱等から光回線の引き込みから、全て回線を作り直す工事が基本的に必要になります。

 

マンション集合住宅の場合は、引き込み工事から行う必要がある事が大半で、共有スペースに置いてある内部装置も含めて、入れ替え工事が必要になります。

そのため前述のように、フレッツ光クロスを導入するためには、大家さん・管理組合・住民の同意から始める必要が出てきます。

 

例外的にはなりますが、マンション集合住宅でも低層階にお住まいなら、戸建て住宅と同様の導入方法によって、共有スペースを経由せずに、フレッツ光クロスが利用出来る可能性があります。

ただ、その場合でも当然ですが、大家さん・管理組合・住民の同意等が必要になってきます。

 

マンション集合住宅のフレッツ光クロス対応エリアは極めて限られる

数々のハードルを越える前に確認が必要なのは、フレッツ光クロスが利用出来る提供エリアになっているか?です。

 

フレッツ光クロスのサービスは、「戸建てのみ」「IPoE対応のみ」「限られたエリアのみ」でスタートしました。

そのため、マンション集合住宅ではフレッツ光クロスの利用は出来ませんでした。

 

NTT西日本では、フレッツ光クロスのマンションタイプをスタートさせましたが、

提供エリアは以下の様に、極めて限られています。

 

大阪府

「一部提供エリア」

大阪市

 

愛知県

「一部提供エリア」

名古屋市

 

NTT西日本 フレッツ光クロス 提供エリア検索

 

NTT東日本では、東京23区の一戸建てだけに、フレッツ光クロスの提供は限定されてきましたが、2022年の9月以降は、東京近郊とマンション集合住宅への提供が発表されました。

 

しかし、現状で公表されている提供エリアは一戸建てタイプのみで、マンションタイプのエリアは公開されていません。

お住まいのマンションで、フレッツ光クロスの利用可否については、電話で問い合わせるより手段がありません。

 

フレッツ光お申し込みサイト | BBN
NTTフレッツ光、光コラボのお得なキャンペーンお申し込みサイト。新品パソコン、タブレット、テレビ、PS5デジタルエディションのプレゼントやキャッシュバックなど、公式割引&限定特典で最大9万円以上もおトクです。フレッツ光のお申し込みはブロードバンドナビへ

 

今後は時間の経過と共に提供エリアも広がっていくと考えられますが、現状では利用出来るエリアは少ないと言えます。

 

利用出来るプロバイダも限られる

インターネットの利用には、アナログ回線を使っていた頃も含め現在でも、回線を問わず接続業者プロバイダが必要です。

プロバイダの役割として、契約者のリクエストにより、その都度インターネット上の、目的データが置いてあるコンピュータに繋いで、回線を通じてユーザーにデータを届けています。

 

フレッツ光の契約形態として、現在は主に法人契約で利用される、回線とプロバイダを2箇所で別契約する方法と、回線とプロバイダを一箇所にまとめた主に個人契約で利用される「光コラボ」があります。

 

 

(出典:NTT西日本*一部改変)

 

光コラボは、2箇所で契約する手間が無くなるの他に、月額料金も安価になります。

 

 

(出典:NTT西日本*一部改変)

 

光コラボを扱うプロバイダ事業者は、NTT東日本エリアで530社・NTT西日本エリアで235社が有ります。

しかし、このプロバイダの中で、10Gbpsのフレッツ光クロスに対応している事業者は大幅に少なくなり、その中でマンション集合住宅に対応しているプロバイダは、更に少なくなります。

 

フレッツ光クロスのNTT東西公式サイトで、マンション集合住宅での利用が可能なプロバイダを拾い上げてみると、以下の通りです。

 

PPPoE対応IPoE対応
東京*IIJ FiberAccess/Fサービス@nifty
ASAHIネット
神奈川*IIJ FiberAccess/Fサービス@nifty
ASAHIネット
千葉*IIJ FiberAccess/Fサービス@nifty
ASAHIネット
千葉*IIJ FiberAccess/Fサービス@nifty
ASAHIネット
愛知無し@nifty
ASAHIネット
岐阜無し@nifty
静岡無し@nifty
兵庫無し@nifty
京都無し@nifty
滋賀無し@nifty
大阪*IIJ FiberAccess/Fサービス@nifty
ASAHIネット
*VECTANT
和歌山*IIJ FiberAccess/Fサービス@nifty

 

フレッツ光クロスの提供エリアが、マンション集合住宅でも広がってこれば、利用出来るプロバイダも増えてくると考えられますが、現状は極めて少ないと言えます。

 

フレッツ光クロスのマンション利用の月額料金は?

通常の光回線ではフレッツ光を含めて、マンションタイプと戸建てタイプで、月額料金が異なっている事が一般的で、戸建て料金よりもマンション料金の方が安くなっています。

 

しかし、フレッツ光クロスでは料金の区別が無く、戸建て利用もマンション利用も同一料金です。

 

フレッツ光クロス

NTT東日本 6,050円+プロバイダ料金(1,100円程度から)

NTT西日本 5,720円+プロバイダ料金(1,100円程度から)

 

1Gbpsのフレッツ光の月額料金は、マンション3,575円から・戸建て4,730円ですので、フレッツ光クロスでは大幅に高くなります。

 

ドコモ光 10ギガ

現状では数は少ないですが、契約先が一箇所で収まる光コラボが、フレッツ光クロスでも利用出来ます。

2箇所で契約するよりも、月額料金は安くなります。

一例として、ドコモ光 10ギガの料金を見てみましょう。

 

10ギガ タイプA 6,380円

10ギガ タイプB 6,600円

 

通常のドコモ光と同様に、選択するプロバイダによって、月額料金が変わります。

ドコモ光の月額料金は、マンションタイプで4,400円・戸建てで5,720円ですので、やはり高くなります。

 

【ドコモ光公式】700万回線突破!おトクな公式2大特典/ご相談|NTTドコモ

 

フレッツ光クロスの実際の通信速度は?

ここまで見てきた回線速度の数値は、あくまで計算上の理想値である「公称値」です。

実際の利用に際しては、多種多様なロスが発生するため、公称値が出る事はありません。

 

実際の回線利用者が通信速度を計測している、「みんなのネット回線速度」で、フレッツ光とフレッツ光クロスの回線速度を比較してみましょう。

 

フレッツ光ネクスト 公称値1Gbps

直近3ヶ月に計測された60,648件のフレッツ光ネクストの測定結果から平均値

 

平均Ping値: 20.31ms

平均ダウンロード速度: 274.25Mbps

平均アップロード速度: 220.83Mbps

 

フレッツ光クロス 公称値10Gbps

直近3ヶ月に計測された736件のフレッツ光クロスの測定結果から平均値

 

平均Ping値: 11.33ms

平均ダウンロード速度: 1075.95Mbps

平均アップロード速度: 1218.58Mbps

 

 

速度差は10倍にはなっていませんが、大きな開きが出ています。

 

フレッツ光クロスは現状オススメ出来るか?

現状でのフレッツ光クロスのマンション利用は、極めて限られたエリアで、極めて限られた建物でなら、利用する事が可能になっています。

 

しかし、数々の難題を突破して、高い月額料金を支払う必要の有るフレッツ光クロスは、今のところ積極的にはオススメ出来ません。

 

回線速度が向上する恩恵に乏しい

インターネットの利用時に必要な回線速度は、行う内容によって大きく異なります。

 

メールなどの文字をやり取りする場合では、1Mbpsの通信速度で問題が無く、データの大きめなwebサイト閲覧でも、10Mbps程度の通信速度で基本的には充分です。

 

動画視聴では必要な通信速度が大きく上がりますが、YouTubeなど多くの動画視聴利用には、10Mbps程度の速度で多くがカバー出来て、高密度なハイクオリティの動画視聴の場合でも、多くの場合で20Mbps程度の通信速度が確保できれば充分です。

 

家族揃って別の端末を利用して、高画質の動画視聴を行っても、100Mpbs程度の速度が出ていれば支障無く利用出来ます。

先ほどのフレッツ光のダウンロード速度平均数値274.25Mbpsは、これを大きく上回っています。

 

動画視聴ではダウンロード速度が重要ですが、アップロード速度が必要になるのは、昨今の働き方改革とコロナ禍で増加している、テレワーク・在宅ワークで使うzoomなどのweb会議がその筆頭です。

アップロード速度が遅いと、こちらの画面が固まったり、音声が途切れたり、という状況が発生します。

必要なダウンロード速度は概ね50Mbps程度で、フレッツ光の平均数値220.83Mbpsで楽々クリア出来ますし、夫婦で同時にテレワークの状況でも対応出来ます。

 

光回線の10Gbpsのサービスが広がりを見せて、スマートフォンの5Gが従来の光回線を上回る「ミリ波」が本格的普及すれば、利用するコンテンツが、それに併せて大型化・高密度化していく事は充分考えられますが、現状では10Gbps回線の通信速度を活かしたコンテンツは皆無であり、冷静に見極めれば、導入するタイミングとしては、まだ早いと断言できます。

 

対応機器もまだ高価

前述のように、10Gbpsのポテンシャルを活かすためには、既存の通信機器では意味がありません。

 

ネットワーク周りでは、10GBASE-Tに対応したタイプにルーターを交換する必要があり、Wi-Fi6に対応した、スマートフォンなどの端末も買い換える必要が有ります。

 

これらの機器は買いやすい価格になってきたとは言え、まだ1Gbps対応の既存商品に比べると高価ですが、コンテンツと同様に10Gbps回線が広がってきたタイミングでなら、今よりもずっと、こなれた価格で購入出来るようになります。

 

現状は利用出来るプロバイダが少ないので期待出来ませんが、10Gbpsのサービスを利用出来るプロバイダが増えて、サービスを競い合う環境が出来れば、対応機器の無償貸し出しやプレゼントキャンペーンも考えられます。

その頃には、プロバイダのバックボーンなどに対応した設備投資も行われるはずで、もっと充実したサービスと価格を享受する事が出来るようになるはずです。

 

現状マンションで利用するコスパ重視の光回線は?

いずれ様々な10Gbpsの環境が充実してからでも、フレッツ光クロスの利用は遅くありません。

 

現在のマンション集合住宅で、個人契約のインターネット利用には、利用しやすい価格の1Gbpsの「光コラボ」が最適です。

 

光コラボには多くのプロバイダが参加していて、格安SIMの「セット割」を行っているものがあります。

光回線を自宅で利用する場合、スマホの自宅利用も当然光回線のWi-Fi環境で使うので、スマホ契約しているプランのギガを消費しません。

そのため、多くのユーザーは月に3GB未満程度しか、実際のプランでギガを消費しておらず、小容量なら格安SIMが圧倒的に安価になります。

 

その安価なプランに、セット割を適用させる事で、通信費のトータル費用は大幅に抑える事が出来ます。

 

数ある光コラボの中から、マンション利用でコスパ抜群の光回線をご紹介します。

 

 

マンション利用のオススメ光コラボ「@TCOMヒカリ」+「LIBMO」

 

(出典:@TCOMヒカリ申込サイト)

 

@TCOM(アットティーコム)ヒカリの月額料金は、マンションタイプ4,180円で、10Gbpsのサービスよりも安価に、それに加えて格安SIM「LIBMO」のセット割を適用することや、数々の特典があるため、通信費のトータル費用は大幅に節約が可能になります。

 

LIBMOのセット割

 

(出典:LIBMO公式)

 

スマホ1台ごとに月額220円の割引きが受けられ、最大5契約月額1,100円まで「セット割」が受けられます。

 

〇納得プラン
データ容量通常料金@T COMヒカリ
月額割引額
実質金額
3GBプラン980円1回線 220円/月割引760円
8GBプラン1,518円1回線 220円/月割引1,298円
20GBプラン1,991円1回線 220円/月割引1,771円
30GBプラン2,728円1回線 220円/月割引2,508円

 

外出先でも大きなデータを消費するユーザーには、LIBMOなら中容量の20GB・30GBのプランも用意されていて、セット割を適用する事で安価に利用する事が出来ます。

 

キャッシュバック

@TCOMヒカリでは、キャッシュバックキャンペーンを行っています。

キャッシュバック特典の詳細は、以下をご覧下さい。

 

@T COM(アットティーコム)ヒカリ 最短3ヵ月で最大55,000円キャッシュバック
@T COM(アットティーコム)ヒカリの新規加入で最大55,000円を最短3ヵ月で現金キャッシュバック!さらに工事費も最大19,800円が割引で実質無料!おトクに@T COM(アットティーコム)ヒカリを始めるチャンス!

 

12ヵ月の間、月額料金割引

契約から12ヵ月間、月額料金が割り引かれます。

マンションタイプでは月額330円が12ヵ月割引きされます。

 

マンション集合住宅タイプでは、月額料金の4,180円が12ヵ月間は3,850円になります。

 

@T COM(アットティーコム)ヒカリ 月額料金12ヵ月割引
今なら@T COM(アットティーコム)ヒカリの月額基本料金が12ヵ月間最大550円割引!月額3,850円~と格安料金で光インターネットを始めるなら今!自宅で快適なWi-Fi環境を導入したい方はこの機会にぜひ。

 

工事費無料

@TCOMヒカリの場合、マンションでは最大16,500円の工事費が掛かりますが、今なら工事費が無料になるキャンペーンを行っています。

 

@T COM(アットティーコム)ヒカリ 新規工事費無料特典
@T COM(アットティーコム)ヒカリなら2年バリューパック(24ヵ月の自動更新)を新規でお申込みの方は「新規工事費無料特典」の適用で、最大22,000円(税抜20,000円)の新規工事費が月額料金から毎月割引され実質無料!初期費用がお得に。

 

 

利用出来るマンションなら「NURO光」もオススメ

 

(出典:NURO公式)

 

NURO光はフレッツ光の利用していない部分「ダークファイバー」を使って、サービスを提供しています。

 

フレッツ光とは別管理のため、NURO光は光コラボではありません。

NTT東西が使っている「GE-PON」ではなく、「G-PON」を振り分け技術として登用する事で、フレッツ光の2倍である、2Gbps(公称値です)を実現しています。

 

月額料金は、マンション集合住宅・戸建ても区別が無く、3年契約で月額5,200円・2年契約で5,700円です。

 

ただ、NURO光が利用出来るマンション集合住宅は極めて限られています。

利用出来る環境にあるなら、現在の主流回線スピードよりも速い光回線を、フレッツ光クロスと比較して安価な料金で利用出来ます。