PR

マンションでおすすめの光回線はどこ?契約時の注意点や選び方を紹介

光回線

自宅で利用するインターネット回線で、最も快適に利用ができるのは「光回線」です。

直接有線の光ファイバーケーブルを自宅に導入する光回線のインターネット利用は、無線回線とは異なり他の影響を受けにくくロスが抑えられるので、実際に利用できる回線速度の優位性は群を抜いています。

 

光回線を自宅に導入する際に一番のハードルになるのは、回線導入工事です。

一戸建ての場合の光回線導入は、自宅近くまで実際に光回線が来ている提供エリアにさえなっていれば、引き込み工事を行う事で光回線は開通します。

しかし、マンション集合住宅に光回線を導入する場合は少々事情が異なってきます。

 

想像してみて下さい。

多数の入居者が居るマンションで、各戸がおのおので光回線を引き込めば、配線が空中を飛び交い、景観が変わってしまうくらいの状況になりますし、高層階では地上から直接回線を引き込むのは物理的に難しいでしょう。

 

そのため、マンション集合住宅での光回線利用は、建物内の共有スペースまで光回線の引き込み工事を行い、MDFと呼ばれる電話線なども含めた通信回線を建物内に供給する基盤に接続して、そこから建物内部の配線を通して各戸に届く利用方法になります。

 

マンション集合住宅で光回線を利用する場合の、契約時の注意点やコスパを考えた選び方まで解説していきます。

 

 

建物に導入されている光回線を知りましょう

 

数多い光回線サービスが、世の中には多数存在している認識をお持ちの方も多いと思いますが、実際に敷設されている光回線の種類はさほど多くありません。

 

全国レベルで展開している光回線サービスとしては、NTT東西の「フレッツ光」・KDDIの「auひかり」とソニーネットワークコミュニケーションズの「NURO光」の3つです。

 

地域限定の光回線サービスとしては、eo光・コミュファ光などの電力会社が自社管内で展開する「電力系」と、更に狭い地域限定でサービスが提供されているケースが多い「ケーブルテレビ系」です。

 

ほぼ、これだけで日本で利用できる光回線は網羅していると言えます。

 

冒頭でもお伝えしたように、マンションで光回線を利用するためには、これらの光回線がお住まいの建物にある共有スペース内まで、引き込み工事が完了している必要があります。

 

注意点① 建物に導入されている光回線のみ利用できます

実際に利用ができる、共有スペース内まで引き込み工事が完了している光回線があるのか無いのか?入っている光回線は何か?調べてみるのが、マンション集合住宅で光回線を利用するための第一歩になります。

 

入居している建物を調べる場合

建物を管理している管理会社か大家さんに、導入されている光回線の有無と種類を問い合わせてください。

 

オンラインで調べる事もできます。

主な光回線サービスで、建物を入力することで検索できます。

 

NTTフレッツ光

東日本

 

https://flets.com/app2/cao/

 

 

西日本

 

サービス提供エリア確認・お申し込み | フレッツ光公式 | NTT西日本

 

 

auひかり

 

So-netが提供する高速インターネットサービスは基本料金割引特典実施中! | auひかり | So-net (ソネット)
高速インターネットサービスはSo-netのauひかり。安心安定のKDDIが提供するauひかり回線を利用。

 

 

NURO光

 

【公式】NURO 光 現金キャッシュバック45,000円!さらに他社解約費用を最大6万円還元 | NURO 光 2ギガ/10ギガ
NURO 光のお申し込みで現金キャッシュバック45,000円!NURO 光でインターネットライフをより楽しく快適に

 

 

複数の光回線サービスを取り扱っている、オンライン専門代理店も頼りになります。

 

光コラボレーション | BBN
NTTフレッツ光の品質はNTT回線そのままに、価格を安くご利用するなら光コラボレーションが断然おトクです!

 

 

電話での対応も取り扱っていますので、導入の可否だけでなく、光回線サービスに対する疑問や不安をご相談する事も可能です。

 

引き込み工事が完了している光回線が無い場合

建物の共有スペース内まで導入されている光回線が無い場合、残念ですが光回線の利用はできません。

 

これを機会に光回線の導入要望をしても良いのですが、分譲の場合は管理組合や入居者の同意が必要になり、それらをとりまとめて導入に漕ぎ着けるのは、労力と時間を要し簡単に導入までには至らず即効性はありません。

 

建物の物理的な都合で、光回線の導入を見送ってきたケースも多く、その場合は諦めざるを得ません。

 

そんな場合の光回線利用の方法論としては、低層階にお住まいの場合なら、建物の近くまで来ている光回線を、直接引き込む事が可能なケースもサービスによってはあります。

その場合は、マンション集合住宅利用よりも、一般的には月額1,000円から1,500円程度高額になる、戸建て料金を支払う必要があります。

 

また、その場合も管理組合や大家さんの許可を取る必要があります。

 

現実的な手段としては、無線回線を使う「ホームルーター」の検討する事をオススメします。

電波が利用できる環境なら、工事不要で利用が可能で建物に一切手を付けないで、家族でインターネットを楽しむWi-Fi環境が構築出来ます。

 

ホームルーターなら、「ソフトバンクエアー」をオススメします。

 

ソフトバンクエアー お申し込みサイト | BBN
コンセントにさすだけ!工事不要ですぐに使える無制限の自宅Wi-Fi『SoftBank Air(ソフトバンクエアー)』のお申し込みサイト。当サイトならキャッシュバックまたはパソコン・タブレット・最新ゲーム機などの豪華特典と選べるキャンペーン実施中♪工事をせずに自宅にWi-Fi環境を導入するなら!

 

 

 

 

これから入居する建物を調べる場合

入居する前だったり、現在引っ越し検討中だったりする場合に、建物の光回線の導入状況を確認するには、不動産会社に問い合わせるか、物件の資料を確認してみましょう。

 

物件データの中に、「インターネット対応」「光ファイバー対応」等の記載がある場合は、建物の共有スペース内まで引き込み工事が完了している光回線があるということです。

 

フレッツ光が導入されている建物が大半

ここまでの手段で調べて頂ければ直ぐに解りますが、全国のマンション集合住宅の共有スペース内まで導入されている光回線は、「フレッツ光」であるケースが大半です。

 

全国展開をしている「auひかり」「NURO光」が、マンション集合住宅に導入されている事は極めて希で、「フレッツ光」だけが導入されているか、規模の大きなマンションでは他に「電力系」「ケーブルテレビ系」が加えて導入されているケースもあります。

 

「え?・・・そうなると、選択肢には無いドコモ光はマンションでは利用ができないの?」

という懸念をお持ちの方もいらっしゃると思います。

 

フレッツ光の個人契約は「光コラボ」

 

(出典:NTT西日本*一部改変)

 

光回線のフレッツ光をインターネット回線として利用するためには、接続業者プロバイダが必要になります。

そのため、フレッツ光をNTT東西と契約するだけでなく、プロバイダと別途契約をする必要があります。

 

ただし、このフレッツ光を利用方法は、現在ではNTTと直接取引をしたい法人ニーズに限られていて、個人契約でこの形態は殆ど利用されていません。

 

プロバイダがNTT東西からフレッツ光の卸し提供を受けて、ワンセットにして光回線サービスを提供する「光コラボ」が、個人契約でフレッツ光を使う契約形態の主流になっています。

別々に契約するよりも月額料金が安くなり、特にマンション利用の場合ではフレッツ光をNTT東西と契約すると、建物内の利用戸数によって料金も変わりますが、光コラボの方が安価な上に戸数に関係無く同一料金で利用ができるメリットがあります。

 

光コラボを提供しているのは、NTT東日本エリアで530社・NTT西日本エリアで235社と多数があります。

つまり、建物に導入されている光回線がフレッツ光だけでも、数多くの選択肢の中から光回線サービスを選ぶ事ができるという事です。

 

ドコモ光・ソフトバンク光・楽天ひかりの、通信キャリアが展開している光回線サービスも「光コラボ」の一つですし、ビッグローブ光もその一つです。

 

フレッツ光が導入されているマンション集合住宅では、フレッツ光のメリットが享受できる上に、ドコモ光などの「光コラボ」を利用する事ができます

 

 

 

 

注意点② 開通までの期間は回線ごとに大きく異なる

光回線サービスを導入する唯一と言えるデメリットは導入工事ですが、申し込んだら直ぐに利用ができる即効性の面でも、無線を利用するインターネット回線と比較するとデメリットになります。

 

無線回線では申し込んで機材が送られてきたら、直ぐにインターネット回線が利用できるようになりますが、光回線の場合は申し込みをしてから工事が行われるまでの期間が必要になり、開通するまでには時間を要します。

 

開通までにかかる期間は、申し込む回線によって大きく異なります。

 

これは、回線ごとに傘下に抱えている、工事を実際に行う業者・技術者に限りがあるためです。

一日に可能な作業数は限られているため、どうしても順番待ちが発生します。

春先や秋口などの引っ越し等で人が移動する時期には、工事にかかれる順番待ちが多くなり、より期間がかかる傾向になります。

 

フレッツ光は長年電話事業を行っている関係で、手の良い工事業者を多数傘下に持っている事で、申し込みから工事完了までの期間が他回線よりも短くなる傾向にあり、概ね2週間から1ヵ月程度で完了しています。

 

時期やエリアによっては他回線の場合、数ヶ月を要するケースもあります。

 

申し込みから開通までの期間を短くするのには、フレッツ光を使う「光コラボ」が最適です。

 

フレッツ光なら更に短期間開通の可能性あり

 

(出典:NTT東日本 一部改変)

 

この図は光回線の工事についてのNTTの資料からですが、マンションで利用する光回線に必要な工事は、どの回線でも殆ど同様です。

 

どの回線工事でも、契約者の立ち会いが必要な「派遣工事」と回線業者が行う「無派遣工事」の2つを行う必要があります。

 

しかし、フレッツ光の場合では、既に建物に光回線が利用できる環境が整っている場合、「無派遣工事」だけで光回線が開通する可能性があります。

 

無派遣工事だけで光回線が開通出来れば、工事完了までの期間が最短1週間程度に短縮される事があり、工事費も状況によりますが大幅に安くなります。

 

無派遣工事で開通が可能なのか?については、実際に申し込みを行ってNTT側の判断を待つ必要がありますが、その目安になるのが部屋に設置されている光コンセントなどの接続パーツの有無です。

 

 

これらが既にマンションの部屋にある場合は、無派遣工事で開通出来る可能性が大きくなります。

 

 

 

 

では、光コラボのコスパの良い利用方法と選び方について解説していきましょう。

 

 

コスパの良い光回線の選び方や利用方法は?

マンション集合住宅でコスパ良く光回線を利用するためには、光回線サービスの月額料金の絶対額だけに注目するのではなく、毎月のスマホ代まで含めて、通信費トータル費用を抑える利用方法を考えた方がお得になります。

 

この考え方は珍しいものではなく、3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)のショップ店頭で、普段から顧客に対して行っている販促の一つです。

 

たとえば、ドコモショップではドコモユーザーに対して、「自宅に光回線導入をお考えならドコモ光にすれば、現在毎月支払っているスマホ代から、1台につき最大1,100円の割引きが家族全員分受けられますよ!」という「セット割」と呼ばれているサービスです。

 

家族4人でドコモを利用している場合、毎月の割引き額は4,400円になり、高速な光回線を利用してもその分の費用が殆ど丸々出るのに等しく、これはお得だ!という事になります。

 

マンションにお住まいのドコモユーザーで、光回線の導入をお考えの方の中には、ドコモ光の利用を念頭に置かれている事も多いと思います。

前述のように、マンション集合住宅にフレッツ光が導入されていれば、ドコモ光の利用は可能です。

 

しかし、ドコモを含めた3大キャリアの無制限プランで、大きな割引きが毎月できる背景には、元々の金額設定がそもそも高額になっているという事を認識しておく必要があります。

 

光回線が導入されれば無制限プランは必要無い

 

(出典:MM総研

 

このグラフは、2023年3月1日に株式会社MM総研が調査した、「携帯電話の月額利用料金とサービス利用実態(2023年1月調査)」から引用したものです。

 

スマホプランのギガを1ヵ月にどれだけ消費しているのか?という利用者層を表していて、Wi-Fiを利用したデータは含まれていません。

 

自宅に光回線が導入されていれば、自宅でのスマホ利用は全てWi-Fiを利用して光回線で行うので、スマホプランで契約しているギガを自宅では殆ど消費しません。

外出先のWi-Fiが無い場所での一般的なスマホ利用は、webチェックやメール・LINEでのやり取り、MAP利用や天気予報を見るなどが大半で、それほど多くのデータ量は消費していません。

 

グラフで確認しても、3GB未満のスマホユーザーが大半を占めていて、最も多いのは1GB未満の利用者層になっています。

 

これらの事から解るように、自宅に光回線でWi-Fiが使える環境にあるスマホユーザーに、無制限で利用ができる高額のプランは殆ど必要が無く、月に3GB程度の小容量プランで十分なケースが大半です。

 

スマホ小容量プランは格安SIM・サブブランドがお得

3大キャリアからも3GBが利用できる小容量プランは提供されていますが、「格安SIM」や「サブブランド」なら、もっと安価に提供されています。

これは、3大キャリアで「セット割」を適用させても、これらよりコスパは良くなりません。

 

豊富な選択肢がある「光コラボ」では、この格安SIMやサブブランドにも併用すると「セット割」が適用される光回線サービスがあるからです。

 

格安SIMとは?

格安SIMは自社で回線やアンテナ基地局の整備などは行わず、通信キャリアから回線の一部を借り受けて安価に運用されています。

 

MVNOと呼ばれる事もあります。

 

格安SIMで使える周波数帯(電波)やアンテナ基地局はキャリアと全く同一で、繋がりにくい事は一切無く、通信キャリアと同様に日本全国で利用する事ができます。

 

サブブランドとは?

サブブランドとは、通信キャリアが主力のメインプランとは別に、安価な月額料金を設定しているものです。

 

月額料金は安価でも、通信キャリアが自ら運用しているため、利用する回線や電波も全く同じであり、サブブランドは格安SIMではありません。

メインブランドと同様に、MNOと呼ばれる範疇のサービスです。

 

提供されているサブブランドは、auのサブブランドとして「UQモバイル」・ソフトバンクのサブブランドとして「ワイモバイル」があります。

 

マンションでコスパ良く利用する「まとめ」

格安SIM・サブブランドで元々安価に設定されている月額料金が、セット割の適用で更にコスパが良くなります。

 

マンション集合住宅でおすすめする、コスパの良い利用方法は

安価な月額料金でセット割がある「光コラボ」+「格安SIM」 or 「サブブランド」に「セット割」適用

ということになります。

 

 

 

 

これに則って、具体的におすすめの組み合わせをご紹介しましょう。

 

 

マンションにおすすめ①
光回線「@TCOMヒカリ」+格安SIM「LIBMO」にセット割

 

(出典:@TCOMヒカリ申込サイト)

 

「@TCOMヒカリ」は、豊富な技術力と資本力に定評があり、随時を個なわれている適切な回線増強によって快適に利用ができる人気の光コラボです。

 

@TCOMヒカリの月額料金は、マンションタイプで4,180円です。

 

自宅に光回線「@TCOMヒカリ」を導入して、スマホプランを家族で格安SIMの「LIBMO」に乗り換えて併用する事でセット割が適用されて、通信費トータル費用はコスパ抜群です。

 

LIBMOのセット割

 

(出典:LIBMO公式)

 

LIBMOはドコモ回線を使う格安SIMなので、現在ドコモでスマホプランを契約しているユーザーの乗り換え先に最適です。

 

現在使っているドコモで購入したスマートフォンを、LIBMOでもそのまま利用が可能です。

 

LIBMOのセット割を適用した月額料金は、以下の通りです。

 

〇納得プラン
データ容量通常料金@T COMヒカリ
月額割引額
実質金額
3GBプラン980円1回線 220円/月割引760円
8GBプラン1,518円1回線 220円/月割引1,298円
20GBプラン1,991円1回線 220円/月割引1,771円
30GBプラン2,728円1回線 220円/月割引2,508円

 

@TCOMヒカリとLIBMOを併用する事で、スマホ1台につき毎月220円の「セット割」が最大5契約まで適用されます。

 

LIBMOはドコモからも認められる「エコノミーMVNO」の認定を受けていて、全国のドコモショップでも取り扱いがあります。

 

自宅に光回線が導入されている場合に、スマホプランとして最適な容量の3GBプランが、LIBMOならセット割を適用すれば月額760円で運用できます。

 

通信費トータル費用シミュレーション

家族4人で利用した場合の、通信費トータル費用を計算してみましょう。

 

(@TCOMヒカリ マンション)4,180円+(LIBMO 3GB 割引き後)760円×4人=7,220円

 

家族4人分のスマホ代+光回線代の合計である通信費トータル費用額でも、3大キャリアの無制限プラン一人分の月額料金並にしかなりません。

 

キャッシュバック

@TCOMヒカリでは、キャッシュバックキャンペーンを行っています。

 

キャッシュバック特典の詳細は、以下をご覧下さい。

 

@T COM(アットティーコム)ヒカリ 最短3ヵ月で最大55,000円キャッシュバック
@T COM(アットティーコム)ヒカリの新規加入で最大55,000円を最短3ヵ月で現金キャッシュバック!さらに工事費も最大19,800円が割引で実質無料!おトクに@T COM(アットティーコム)ヒカリを始めるチャンス!

 

 

工事費無料キャンペーン

今なら、@TCOMヒカリの導入工事費が実質無料になるキャンペーンを行っています。

 

@T COM(アットティーコム)ヒカリ 新規工事費無料特典
@T COM(アットティーコム)ヒカリなら2年バリューパック(24ヵ月の自動更新)を新規でお申込みの方は「新規工事費無料特典」の適用で、最大22,000円(税抜20,000円)の新規工事費が月額料金から毎月割引され実質無料!初期費用がお得に。

 

 

12ヵ月間月額料金の割引

新規契約で契約から12ヵ月間、月額料金が割り引かれます。

戸建てタイプでは月額440円が割引きされ、マンションタイプでは月額330円が12ヵ月割引きされます。

 

 

マンションにおすすめ②
光回線「ビッグローブ光」+サブブランド「UQモバイル」にセット割

 

(出典:ビッグローブ光申込サイト)

 

パソコン通信の時代から日本のインターネット事業を牽引してきた、老舗プロバイダのビッグローブが運営する光コラボが「ビッグローブ光」です。

 

ビッグローブ光の月額料金は、マンションタイプで4,378円です。

 

auのサブブランドであるUQモバイルを組み合わせて利用すると、セット割が適用されて高品質な通信回線がコスパ良く利用ができます。

 

UQモバイルのセット割

 

(出典:UQ mobile公式サイト

 

UQモバイルはauのサブブランドで、auと全く同じ周波数帯(電波)を利用するため、現在auのスマホプランをご契約のユーザー乗り換え先として最適です。

 

auで購入したスマートフォンが、そのままUQモバイルでも快適に利用が可能です。

 

UQモバイルには、3つのプランがあります。

 

トクトクプランコミコミプランミニミニプラン
1GB未満15GB20GB4GB
月額料金2,277円3,465円3,278円2,365円
セット割1,100円1,100円0円1,100円
割引き後1,177円2,365円3,278円1,265円

 

UQモバイルの3つあるプランの中で、自宅に光回線がある場合に最適なのは、4GBが利用できる「ミニミニプラン」です。

セット割を適用後の月額料金は1,265円になります。

 

家族3人で割引きをフルに適用したケースで、通信費トータル費用をシミュレーションしてみましょう。

 

通信費トータル費用シミュレーション

(ビッグローブ光 マンション)4,378円+(UQモバイル ミニミニプラン セット割適用後)1,265円×3人-(au PAYカード支払割)187円=7,986円

 

高品質な回線利用がコスパ良く利用ができて、おすすめの利用方法です。

 

キャッシュバック

ビッグローブ光では代理店契約で、キャッシュバックキャンペーンを行っています。

 

キャッシュバック特典の詳細は、以下をご覧下さい。

 

ビッグローブ光 高額キャッシュバックを現金還元
【当サイト限定】BIGLOBE(ビッグローブ)光を新規でお申し込みの場合、高額キャッシュバックを現金還元!お得にビッグローブ光を始めよう!

 

 

工事費無料キャンペーン

今ならビッグローブ光の工事費が実質無料になるキャンペーンを行っています。

 

ビッグローブ光 新規工事費キャンペーン
BIGLOBE(ビッグローブ)光の工事費が毎月割引される「初期工事費無料キャンペーン」についてご案内。ビッグローブ光ならキャンペーンの適用で最大28,600円の工事費が実質無料に!超高速の光インターネットをお得に始めたい方はこの機会をお見逃しなく♪

 

 

引っ越し移転時の工事費用が無料

ビッグローブ光では何度引っ越しを行っても、その都度必要になる工事費が無料になっています。 

 

 

マンションにおすすめ③
光回線「ソフトバンク光」+サブブランド「ワイモバイル」にセット割

 

(出典:ソフトバンク光申込サイト)

 

「ソフトバンク光」は、ソフトバンクのスマホプランのユーザーにセット割が適用されますが、小容量プランが安価に利用できるサブブランドの「ワイモバイル」でもセット割の適用が受けられ、コスパはその方が良くなります。

 

ソフトバンク光の月額料金は、マンションタイプで4,180円です。

 

ワイモバイルのセット割

 

(出典:ワイモバイル公式)

 

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドで、ソフトバンクと全く同じ周波数帯(電波)を利用するため、現在ソフトバンクのスマホプランをご契約のユーザー乗り換え先として最適です。

 

ソフトバンクで購入したスマートフォンが、そのままワイモバイルでも快適に利用が可能です。

 

ワイモバイルでは、2023年10月以降に新プランへの移行を発表しています。

 

新プラン シンプル2
プラン名SML
容量4GB20GB30GB
基本月額料金2,365円4,015円5,115円
セット割1,100円1,650円1,650円
割引き後1,265円2,365円3,465円

 

現状のプランと比較すると、新プランでは容量が増えて料金は値上げしています。

 

従来プラン シンプル
プラン名SML
容量3GB15GB25GB
基本月額料金2,178円3,278円4,158円
セット割1,188円1,188円1,188円
割引き後990円2,090円2,970円

 

料金改定に伴いセット割の料金も変更されていますが、3GBで足りるユーザーなら旧プランの方がお得ですので、契約できるうちに現行プランで契約を急ぐ必要があります。

 

現状のシンプルプランの3GBで、通信費トータル費用を計算してみましょう。

 

通信費トータル費用シミュレーション

(ソフトバンク光 マンション)4,180円+(ワイモバイル プランS セット割適用後)990円×3人=8,140円

 

高品質なMNO回線利用がコスパ良く利用ができます。

 

キャッシュバック

ソフトバンク光は代理店契約で、キャッシュバックキャンペーンを行っています。

 

キャッシュバック特典の詳細は、以下をご覧下さい。

 

ソフトバンク光キャンペーン一覧 | 豪華加入特典を進呈
SoftBank 光(ソフトバンク光)の新規加入・転用・事業者変更で最大28,000円キャッシュバックまたは新品パソコン・タブレット・人気ゲーム機などの豪華特典♪と選べるキャンペーン実施中!ソフトバンクの公式キャンペーンとも併用可能でダブルでお得。