PR

ワイファイを契約なしで利用する方法とは?簡単で具体的な手順を解説

WiFi

契約なしでワイファイを利用する手段として、真っ先に思い浮かぶのは店舗や人の集まる場所に設置されているフリーWi-Fiです。

しかし、決められている限られた範囲でしか利用はできず、利用できる時間も限定されている事が多く、回線状態も良いものばかりではありません。

 

合理的なインターネットの利用手段として、自分の手元で自由に使えるワイファイ回線を得るためには、何らかの回線手段を構築する必要があり、そのためには回線契約なしでは利用ができません。

回線の利用にあたっては基本的に回線利用料は後払いであり、必要になるワイファイを飛ばす機器も分割払で入手するケースが多く、何らかの審査を経る必要があります。

 

インターネットに接続できるワイファイは現代の生活に欠かすことが出来ないインフラだと言えますが、様々な事情によってワイファイの契約時の審査を避けたい場合は、事実上この大切なインフラが利用できない事態になってしまいます。

 

審査を経ない=契約なし で自分だけのワイファイを開通する方法を簡単で具体的な手順と共に解説していきます。

 

ワイファイを利用するための基本は?

通信回線(携帯キャリアの無線回線)でワイファイを利用するためには色々な方法があります。

 

以下の手段を用いる事でワイファイが構築できれば、スマホやパソコン・タブレットなどでインターネットに接続して利用する事ができるようになります。

 

 

インターネットに接続できるワイファイ機器の種類

携帯キャリアの回線を利用してインターネットに接続する場合は以下の機器があります。

 

スマートフォン

「スマートフォン」自身でインターネットを行う他、テザリング機能を使ってスマホをワイファイ基地局化する事で、他の端末を利用が利用できるようになります。

 

モバイルWi-Fiルーター

持ち運び可能な小型の「モバイルWi-Fiルーター」を使ってワイファイの基地局として、スマホやタブレット・パソコンなどの端末でインターネットを利用する事ができます。

 

ホームルーター

コンセントに挿して利用する「ホームルーター」をワイファイ基地局として、色々な端末を使用してインターネットを使う事が可能です。

 

このように、使用する機器(ワイファイ基地局にする)によって主に3つの手段があります。

 

ただし、これらの機器はワイファイを飛ばす事はできますが、機器を揃えるだけでは、ワイファイを使ってインターネットを利用する事はできません。

インターネットへの接続は通信会社への接続を許可する「SIM」と呼ばれるチップが無くては成り立ちません。(SIMは物理的に機器に差し込んで使うタイプの他に、eSIMと呼ばれる物理的なタイプではないものもあります)

 

SIMの役割

SIMチップ単独では、何の役にも立ちません。

対応している先述の機器に差し込む事で、はじめて機能します。

 

SIMチップの中には、利用できる電波の種類や契約内容が記録されていて、機器がそれらを読み取る事で、インターネットに接続する事が可能になります。

 

契約なしでは何故ワイファイは利用ができないのか?

インターネットの利用ができるワイファイ回線(SIM契約)は、基本的に後払いになっています。

また、ワイファイを利用する機器が高額化する傾向にあり、分割払いをするユーザーが増えている事もあり、審査を伴う契約が伴わない回線サービスは基本的に存在しません。

 

詳細を見ていきましょう。

 

通信サービスの月額支払い金額は上昇している

2022年の11月25日にMMD研究所が発表した「2022年9月通信サービスの料金と容量に関する実態調査」を見てみましょう。

これは、2022年の9月に、スマートフォンを利用している18歳~69歳の男女36,535人を対象としたものです。

 

 

(出典:MMD研究所

 

通信契約者が最も多く、身近にある大手3キャリアのスマホ1台あたりの、月額料金(通信料・通話料・分割端末代の合計)の平均額は、9,526円と1万円に迫る金額になっています。

 

この料金の支払いは、先払い方式ではなく1ヵ月単位で締めて、さらに滞留期間を経て支払うため、タイムラグが生じてしまいます。

言葉を換えて通信会社から見れば、コンスタントに契約者にお金を貸している状態になります。

 

最近のスマートフォンは高額化が進み、総務省の指導によって回線と端末が分離されて、以前の様な、契約ユーザーへの端末大幅値引きをする政策がとれなくなっています。

人気の機種では10万円を超えることも珍しく無く、分割払を選択するユーザーが圧倒的に多い為、通信キャリアにとっては貸し出す金額が大きくなっているとも言えます。

 

そのため、契約者が支払いを毎月きちんと行ってもらえるのか?という、契約時の事前審査は厳しくなっている傾向にあります。

 

ホームルーターの契約は比較的審査が厳しい

SIMがセットされていて、コンセントに挿すだけでワイファイが利用できる様になるホームルーターのサービスは通信キャリア3社から発売されていますが、スマホのSIM契約同様に比較的厳しい審査が行われています。

 

ドコモ home 5G HR01

 

(出典:GMOとくとくBB ドコモ home5G

 

〇月額料金 4,950円

〇本体価格 39,600円 (月々サポートで毎月分1,100円が36回に渡り割引されるため、本体費用は実質無料で利用ができます。)

 

上質で高速なドコモ回線を無制限に利用する事ができて5千円を切り、本体代も実質無料で利用ができます。

 

上記キャンペーンサイトにて、「home 5G プラン」の新規契約と専用端末のご購入で、amazonギフト券18,000円分が獲得できます。

 

Speed Wi-Fi HOME 5G L12

 

(出典:UQ WiMAX公式

 

〇月額料金 1・2年目4,268円 3年目以降4,950円

〇本体価格 11,088円

 

本体価格は三社の中で最も安いですが、事実上無料になる割引は無く、36回払いで月額308円を別途支払います。

 

ソフトバンクエアー

 

(出典:SoftBank Air 公式

 

〇月額料金 1年目3,080円 2年目以降5,368円

〇本体価格 71,280円 (月々割で毎月分1,980円が36回に渡り割引されるため、本体費用は実質無料で利用ができます。)

 

現在ソフトバンクエアーでは、「Airターミナル5 GoGoキャンペーン」を行っています。

そのため、1年間の月額料金から毎月2,288円が割引され、1年目の月額料金は3,080円になります。

 

オンライン代理店では、高額のキャッシュバックキャンペーンを行っています。

詳細は以下をご覧下さい。

 

ソフトバンクエアーキャッシュバック 最大35,000円を現金還元
当サイトよりSoftBank Air(ソフトバンクエアー)をお申し込みいただくと最大35,000円キャッシュバック!さらにソフトバンク公式の乗り換えキャンペーンや月額料金割引キャンペーンとも併用可能♪お得にソフトバンクエアーを始めるならぜひ当サイトまで!

 

 

 

 

事前審査は一律ではない

契約者の支払が焦げ付けば、ストレートに通信会社の収益に影響が出るため、金額が上昇する昨今では審査のハードルが高くなっているのは確かですが、審査のハードルを上げるほど、時間や人員に加えて調査料が掛かるため、コストを考えて一律には行われていません。

 

クレジットカードでの契約審査

支払い方法にクレジットカードを選択したユーザーは、そのクレジットカードが有効であり、支払能力に余力があるか?の調査は行いますが、審査は大幅に簡略化されます。

 

端末は一括で先払いするなど、利用する金額が少ない場合も審査は簡略化されます。

 

簡略化された審査は具体的に、まずグループ内のサービスで過去に未支払いが無いか?を確認します。

そこで問題が無ければ、同業者内の通信事業者協会で共有している未支払情報を参照します。

 

契約を申し出ている通信会社とは別の通信会社で、過去の未支払いが放置されている場合、高い確率で審査に通らないのは、これが原因です。

 

口座振替での契約審査

支払方法にクレジットカードでなく、口座振替を選択した場合には、審査基準が大きく上がります。

クレジットカードは入会時にカード会社が審査を行い、その厳しい審査を経た事を信用として、通信会社の審査は簡略化されますが、口座振替ではある意味、真っ新(さら)の状態からの信用調査が必要になります。

 

高額な機種を分割払するなど、取り扱う金額が高くなれば、審査基準も当然ですが上がります。

 

先の審査内容に加えて、時間とコストを掛けてでも、外部の信用情報機関へ参照を行います。

日本の個人情報機関には、以下があります。

 

全国銀行個人信用情報センター(KSC)

銀行や信用金庫などの、金融機関取引が記録されています。

 

株式会社シー・アイ・シー(CIC)

クレジットカードや信販会社などの、取引が記録されています。

 

株式会社日本信用情報機構(JICC)

主に、消費者金融の取引が記録されています。

 

一律に全部を調査する事は少ないと考えられますが、過去の支払事故が掲載されている場合は、高い確率で審査には通りません。

 

ブラックリストの存在は?

過去に何らかの支払事故を起こしている方は、「この人間とは契約をしてはいけない」という類いの情報が、一覧で掲載されているイメージの、ブラックリストの存在を気にしている方も多いですが、通信会社の社内情報から外部の信用情報機関まで、そのようなリストは実際には存在していません。

 

各段階において、淡々と過去の取引記録が残っていて、支払事故が有った場合もその事実が当然掲載されています。

これらの情報内容を元にして、通信会社ごとに独自の基準で精査を行って、審査の可否を決定しています。

 

これらの情報には、契約を申し込まれたが審査が通らなかった事実は掲載されません。

未支払いについて年数が経過した場合、たとえば5年とか10年が過ぎれば履歴が消えるという巷の噂を聞いたことがありますが、支払が完了してから5年程度で支払い事故の経歴は多くが削除されますが、未支払いのままで通信会社の履歴が消える事は、基本的にありません。

 

格安SIMなら審査はどうなのか?

比較的厳しい審査が行われている通信キャリアですが、SIMを入手する方法は3大キャリアだけに限られず、格安SIMという手段もあります。

 

しかし、自社で回線やアンテナ基地局を持って運営されている、主なキャリア(MNO)と呼ばれる通信会社は、日本にはドコモ・au・ソフトバンク・楽天の4社しかなく、格安SIM(MVNO)と呼ばれる自社設備を持たないで運営されるサービスは、MNOから回線の一部を借りて運営されているため、過去の支払事故情報の多くは共有されていると考えられます。

 

また、コストを掛ける事ができない格安SIMでは、審査コストを掛けないため、支払方法をクレジットカードに限定しているケースが多くあります。

 

ワイファイを契約なしで利用する具体的な方法とは?

ワイファイを契約なしで利用するためには、審査をしないで利用できる、前払い・現金一括払いが有効です。

 

前払い方式のSIMを入手して、それを利用する機器を一括払いで購入すれば、審査不要でワイファイを契約なしで利用する事が可能になります。

 

SIMと機器を組みあわせる時の注意ポイント

通信会社で機器とSIMがワンセットになっている場合は、そのまま簡単に利用する事ができますが、SIMと機器を自分で入手して組みあわせる、ワイファイを契約なしで利用するためには注意するポイントがあります。

 

SIMフリーの端末を購入する

購入する機器は基本的に「SIMフリー」と呼ばれるタイプにする必要があります。

 

過去に通信キャリアが販売してきた機種の多くは、自社のSIMしか利用できない様にロックが掛けてある「SIMロック」タイプです。

これがユーザーの過大な囲い込みを誘発している原因の一つであると、総務省は通信各社に指導を行い、現在では原則SIMフリーという、制限が無くどこの通信会社のSIMでも利用ができる仕様になっています。

 

手元に支払い済みのスマートフォンがある場合は販売した通信会社に申し出て、SIMロックを解除できる可能性があります。

通信会社に申し出られない事情がある場合や、機種がかなりの年数を経過している古いものなら、SIMフリーの機種を一括払いで入手する方が賢明です。

 

SIMフリーの端末機器は、Amazonをはじめとした通販モールで簡単に購入が可能です。

クレジットカードは必ずしも必要が無く、振込やコンビニ払いにも対応しています。

 

利用する電波で利用できる機器が異なる場合がある

先払いで入手するSIMはプリペイド型SIMと呼ばれるもので、期間やデータ容量が決められている使い捨てタイプのSIMです。そのため契約なしで利用する事ができます。

 

基本的に通信キャリアではこのタイプは販売されておらず、先述のMVNOを中心に販売されています。

利用する電波の種類はそれぞれ異なり、周波数帯に対応している機種を使用する必要があります。

 

現在主力の4Gでは、周波数帯は以下のようになっています。

 

バンド周波数帯使用するキャリア
12GHz帯docomo・au・SoftBank
31.7GHz帯docomo・au・SoftBank・楽天モバイル
8900MHz帯SoftBank(特に重要なバンド)
111.5GHz帯au・SoftBank
18800MHz帯au(特に重要なバンド)
19800MHz帯docomo(特に重要なバンド)
211.5GHz帯docomo
26800MHz帯au(特に重要なバンド)
28700MHz帯アジア太平洋共通バンド(docomo・au・SoftBank)
412.5GHz帯Wireless City Planning・UQ コミュニケーションズ
423.5GHz帯docomo・au・SoftBank

 

(特に重要なバンド)と記載がある周波数帯は、電波が遠くまで届くプラチナバンドと呼ばれる、各社で主力になっている周波数帯です。

この周波数帯を軸として複数のバンドを利用する事で、回線速度や安定感が出ます。

 

たとえば、バンド19が利用出来ない機種では、ドコモの電波を使ったプリペイド型SIMは正常に稼働しないと考えられます。

 

注意点を把握した上で、具体的にワイファイを契約なしで利用できる手段を見てみましょう。

 

プリペイド型のSIMを購入する

プリペイド型SIMは、基本的に電話通話には利用できず、電話番号もありません。

 

購入するSIMによって、有効期限は異なってきます。

利用日の有効期限があるタイプや、開通手続きをしてからの期間が定まっているなど様々な種類があります。

 

利用する機種によってSIMを自動的に認識する事もありますが、原則はプリペイド型SIMの購入時に添付されているAPNと呼ばれるアクセスポイントの情報を機器に入力することで開通して利用できる様になります。

 

プリペイド SIMカード 10gb Softbank

https://amzn.to/3F91hyz

 

ソフトバンク回線を利用する、10GB容量のプリペイド型のSIMです。

有効期限は設定されていますが、10GBのデータ量は有効期限内なら利用日数の制限はありません。

 

4G-LTE高速回線接続 プリペイドSIMカード

https://amzn.to/3ON48Bu

 

ドコモ回線を利用する、20GB容量のプリペイド型のSIMです。

有効期限が設定されていて、利用開始からの期間も31日間に限定されています。

 

Docomo data sim 日本 SIMカード

https://amzn.to/3XJKOch

 

ドコモ回線を利用する、50GB容量のプリペイド型のSIMです。

開通期限は設けられていませんが、利用開始からの期間が31日間に限定されています。

 

SIMフリーのスマートフォン

対応しているプリペイド型SIMを差し込んで、APNを設定すれば、スマホ本体でインターネットが利用できるようになります。

 

テザリング機能を利用して、スマホ自体をワイファイの基地局にすれば、他の機種でも契約なしでインターネットが利用できます。

 

SIMフリー docomo Xperia Ace III SO-53C

https://amzn.to/3OKPc6V

 

ドコモから販売されていた端末のSIMフリー版です。

ドコモの電波を使うプリペイド型のSIMを使って、問題無くインターネット利用ができます。

ユーザーのレビューを見る限り、ソフトバンクの電波でも利用が可能な様です。

 

SIMフリー SoftBank Redmi Note 9T 128GB

Amazon.co.jp

 

ソフトバンク版の端末をSIMフリー化した機種です。

ソフトバンクの電波を利用するプリペイド型SIMを問題無く利用する事ができます。

 

SIMフリーのモバイルWi-Fiルーター

ワイファイの基地局として利用するなら、スマホのテザリング機能はオススメしません。

通信速度や安定感に欠ける上に、せっかく購入したスマホのバッテリーを毀損するリスクがあるからです。

 

モバイルWi-Fiルーターは当初からワイファイの基地局として設計されているため、スマホを含めた色々な端末で、契約なしでインターネットが利用できるようになります。

 

自宅での利用だけで無く、持ち運ぶ事で自分だけのワイファイ基地局として、出先でも利用ができます。

 

プリペイド型SIMを差し込んでAPN情報を設定すれば、ワイファイ基地局が契約なしで利用が可能になります。

 

NECプラットフォームズ Aterm モバイルルーター MP02LN

https://amzn.to/3gPPz3G

 

SIMフリーですが、ソフトバンクの重要な周波数帯であるバンド8に未対応なので、利用にはドコモの電波を使ったプリペイドSIMを使ってください。

 

富士ソフト +F FS040W モバイル Wi-Fi ルーター SIMフリー 端末 FS040WMB1

Bitly

 

3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の、それぞれの周波数帯に対応しています。

 

バッテリーを取り外す事も可能で、ホームルーターに近い利用方法も可能になっています。

自動車内でUSB電源が供給出来れば、車載Wi-Fi基地局としても機能するなど利用方法が多彩です。

 

Aterm (NEC) LTEモバイルルーターSIM付属セット SIMフリー MR10LN

https://amzn.to/3gKSWsq

 

国内だけでなく、海外170以上の国や地域で利用が出来る様に、11のバンドに対応しています。

本体とセットになっているSIMは、1GBのデータ容量です。

海外でそのまま、契約なしでワイファイを利用する事も可能になっています。

 

利用できるSIMは限定されておらず、付属のSIM以外に、先にご紹介したプリペイド型のSIMも、当然利用する事ができます。

 

SIMフリーのホームルーター

腰を落ち着けてインターネットを使うのは自宅のユーザーが圧倒的に多く、ワイファイを契約なしで利用する手段として、安定した通信回線と速度が期待できるホームルーターは、プリペイド型SIMと組みあわせる手段としてもオススメです。

 

利用するプリペイド型SIMのAPN設定を行えば、ワイファイが契約なしで利用が可能になります。

 

NECプラットフォームズ Aterm PA-HT100LN-SW

https://amzn.to/3OLBm4a

 

AtermはNECグループが販売している人気のブランドです。

パソコンやタブレットなど、最大10台と接続が可能です。

有線LANのジャックも備えていて、LANケーブルを使って機器を接続する事も可能です。

 

アイ・オー・データWN-CS300FR

https://amzn.to/3VltXuM

 

パソコン周辺機器メーカーとして、日本では最大手になります。

パソコンやタブレットなど、最大10台と接続が可能で、有線LANでケーブルを使って接続する事も可能です。

 

PIXELA(ピクセラ)  PIX-RT100-AZ

https://amzn.to/3ENriD5

 

設計が比較的新しく、Wi-Fiの2.4GHzと5GHzの同時利用にも対応していて、使い勝手が良く人気が有ります。

PCやタブレットなど最大16台と接続が可能になっていて、有線LANでケーブルを使って接続する事も可能になっています。

 

契約なしのワイファイはコスパが悪い

プリペイド型SIMの方が、もしも比較してコスパが良いならば、誰も通信会社と審査が必要になる契約は結びません。

 

プリペイド型SIMは元々、訪日する外国人が利用する事が想定されているサービスで、長期間の利用は想定しておらず、使い捨てが基本であり、割高なのは疑問を挟む余地がありません。

 

利用できる期間が経過したり、データ容量を使い切ったりすれば、新たなプリペイド型SIMを入手するまでワイファイの利用手段が無くなり、使い勝手も決して良くはありません。

 

コスパを考えれば、Wi-Fi回線の契約を通常の定期契約した方が、使い勝手も含めてずっと上で、ユーザーにとってのメリットが大きくなります。

 

通信会社と通常の契約を結ぶには、一定の審査が必要不可欠ですが、審査が比較的厳しくないワイファイの利用手段を考えていきましょう。

 

比較的契約しやすい「モバイルWi-Fiルーター」3選

利用する機器の単価が安いモバイルWi-Fiルーターは、比較的審査基準のハードルが高くありません。

 

楽天モバイル

 

(出典:楽天モバイル公式

 

〇月額料金 3,278円(無制限)

〇本体価格 4,401円(楽天ポイントで4,401円分還元されるため、実質0円)

 

楽天モバイルは自社で通信回線とアンテナ基地局等の設備を持つMNOですが、日本で最も新しいので、先行する3社に追いつくため、比較的審査基準のハードルは低くなる傾向にあります。

 

クレジットカードだけでなく、口座振替での支払(月額110円の手数料別途)にも対応しています。

 

注意が必要なのは、楽天カードや格安SIM時代の楽天モバイルで支払い事故がある場合、高い確率で審査に通りません。

また、先行するキャリア3社に比べるとアンテナ基地局が少ないため、繋がりにくい場所が存在しています。

 

GMOとくとくBB WiMAX

 

(出典:GMOとくとくBB WiMAX公式)

 

〇月額料金 4,444円(無制限)

〇本体価格 605円×36回

 

回線速度に定評があり、無制限に利用できるメリットがあるWiMAX系の中でも、GMOとくとくBB WiMAXは最安値級です。

 

新規契約では、23,000円のキャッシュバックキャンペーンも開催されています。

 

支払方法はクレジットカード限定です。

 

クイックWiFi

 

(出典:クイックWiFi公式

 

〇月額料金 3,718円(月に100GBまで)

〇本体価格 1,100円×24回

 

利用できる電波がドコモ・au・ソフトバンクの3社をカバーしているクラウドSIMを採用していて、使う場所に応じて最適な電波を自動的に選択します。

 

楽天モバイルやWiMAX系では、利用できるエリアが一つのネックになるケースがありますが、クラウドSIMでは日本中どこでも繋がりやすいメリットがあります。

 

デメリットとしては、無制限プランは無く100GBの容量制限がありますが、単身利用者で考えれば100GBの容量は、多くのユーザーにとって、事実上の使い放題と考えて問題ありません。

 

支払方法は、クレジットカードに限定されています。

 

 

 

 

比較的審査基準が甘いのは「光回線」

光回線を自宅に敷設し、Wi-Fiルーターを設置して、ワイファイ環境を整えることができます。

 

現在利用できるインターネット回線の中で、最も実際の利用回線速度が安定して速く、完全無制限に利用ができる光回線は、ちょっと意外にも感じますが、審査基準は比較的甘いと言えます。

 

支払い方法もクレジットカードだけでなく、口座振替も利用できます。

何故そうなのか?理由を見ていきましょう。

 

利用場所が特定される

光回線の利用には導入工事が必要になり、戸別に工事を行った場所でしか利用ができません。

 

利用する場所が限定されない無線回線と比べて比較的審査が甘くなるのは、利用場所が特定される光回線の特性にあります。

 

提供される機器が安価

無線回線で利用する機器は年々高額化が進んでいますが、光回線で回線提供会社から供給されているのは、ONUと呼ばれる市場価値が低い機器のみが大半です。

 

ONUは持ち逃げしても転売できるメリットが無く、光回線が審査のハードルが低くなる原因です。

 

光回線が利用出来ないケース

過去のスマホ代が未払いのままで、今も放置されている場合、審査が通らないケースが出ています。

たとえば、ソフトバンクやワイモバイルに未払いのあるユーザーは、ソフトバンク光を申し込んでも、高い確率で審査が通りません。

 

過去に同じ住所で同じ契約者が光回線の未払い事故を起こしている場合も、審査が通らないケースがあります。

 

審査とは別の問題で光回線が提供エリアになっていない事で、光回線が利用できない場合もあります。

マンション集合住宅では共有スペース内まで引き込み工事が完了している回線しか、原則として利用する事はできません。

 

NTT東西が敷設している「フレッツ光」とフレッツ光を使う「光コラボ」なら、光回線では唯一全国47都道府県全てをカバーしているだけでなく、人口カバー率も最も高くなっていて、数多くのマンション集合住宅でも共有スペース内まで引き込み工事が完了しています。

 

フレッツ光お申し込みサイト | BBN
NTTフレッツ光、光コラボのお得なキャンペーンお申し込みサイト。新品パソコン、タブレット、テレビ、PS5デジタルエディションのプレゼントやキャッシュバックなど、公式割引&限定特典で最大9万円以上もおトクです。フレッツ光のお申し込みはブロードバンドナビへ

 

フレッツ光を個人契約するなら、契約窓口が一箇所で済み、月額料金も安価な「光コラボ」の利用が最適です。

 

光コラボレーション | BBN
NTTフレッツ光の品質はNTT回線そのままに、価格を安くご利用するなら光コラボレーションが断然おトクです!

 

光コラボは数百にも及ぶ数多い企業からサービスが提供されていますが、その中でオススメの光コラボをご紹介します。

 

 

 

 

オススメの光回線 「@TCOMヒカリ」

 

(出典:@TCOMヒカリ申込サイト)

 

月額料金は、一戸建てタイプで5,610円・マンションタイプで4,180円です。

 

@TCOMヒカリは、クレジットカードが無くても口座振替で支払が可能です。

加えて数多くの特典もあります。

 

LIBMOのセット割

 

(出典:LIBMO公式)

 

安価に利用出来る格安SIMの「LIBMO」と@TCOMヒカリを組みあわせて利用する事で「セット割」が適用されて、通信費のトータル費用を抑える事が可能です。(220円の割引きが最大家族5人の1,100円まで適用)

 

〇納得プラン
データ容量通常料金@T COMヒカリ
月額割引額
実質金額
3GBプラン980円1回線 220円/月割引760円
8GBプラン1,518円1回線 220円/月割引1,298円
20GBプラン1,991円1回線 220円/月割引1,771円
30GBプラン2,728円1回線 220円/月割引2,508円

 

キャッシュバック

@TCOMヒカリはオンライン専門代理店で契約する事により、高額のキャッシュバックがゲットできます。

キャッシュバック特典の詳細は、以下をご覧下さい。

 

@T COM(アットティーコム)ヒカリ 最短3ヵ月で最大55,000円キャッシュバック
@T COM(アットティーコム)ヒカリの新規加入で最大55,000円を最短3ヵ月で現金キャッシュバック!さらに工事費も最大19,800円が割引で実質無料!おトクに@T COM(アットティーコム)ヒカリを始めるチャンス!

 

12ヵ月間月額料金割引

@TCOMヒカリでは、契約から12ヵ月間月額料金が割り引かれるキャンペーンが行なわれています。

戸建てタイプは月額440円が割引・マンションタイプは月額330円を、12ヵ月間の割引が受けられます。

 

@T COM(アットティーコム)ヒカリ 月額料金12ヵ月割引
今なら@T COM(アットティーコム)ヒカリの月額基本料金が12ヵ月間最大550円割引!月額3,850円~と格安料金で光インターネットを始めるなら今!自宅で快適なWi-Fi環境を導入したい方はこの機会にぜひ。

 

工事費が無料

光回線の導入には工事費が掛かります。

@TCOMヒカリの場合、最大19,800円の工事費が掛かりますが、今なら工事費が無料になるキャンペーンが行われています。

 

@T COM(アットティーコム)ヒカリ 新規工事費無料特典
@T COM(アットティーコム)ヒカリなら2年バリューパック(24ヵ月の自動更新)を新規でお申込みの方は「新規工事費無料特典」の適用で、最大22,000円(税抜20,000円)の新規工事費が月額料金から毎月割引され実質無料!初期費用がお得に。