PR

戸建てで安い光回線をランキング形式で解説

光回線

自分の生活スタイルや収入が変わっても、毎月変わらず出ていく支出があります。

サブスクや新聞代などは、必要に応じて解約する事が簡単に出来ますが、ローンの支払いなど、自己都合では変えられない支払もあります。

 

生命保険に加入する人は多く、最新の調査「生命保険に関する全国実態調査 速報版」では、世帯加入率は89.8%と9割に迫る加入率になっています。

月々の支払額は人によってバラバラですが、割合で最も多いのは、月額1万円から2万円程度で、年間にすると20万円程度ですが、平均値では高額支払者が加算されて38万円程度になります。

 

仮に年間20万円としても、生命保険は長期間支払が継続するので、40年間とすれば、総額800万円を支払うサービスという事になります。

この金額は、多くの人にとって住まいを購入する金額の次に、高額な買い物だと言えます。

 

これほど高額な買い物ならば、丁寧に時間を掛けてリサーチや比較を行い、慎重に吟味を重ねた上で熟考し、最終的な判断をするのが本来の姿だと思いますが、「知り合いに勧められた」「なんとなく勧誘を受けたので」など、比較的安易に契約をしているユーザーが多いという実態があります。

 

そういう意味では、光回線の契約も生命保険に近い契約実態があります。

「馴染みの携帯ショップで勧められた」「訪問営業の話を聞いて導入した」など、比較的安易に導入する事が多いですが、生命保険ほどではないにせよ、光回線は長期利用者の割合が多く、仮に月額6,000円程度の料金を20年間支払えば、総支払額は150万円近くになります。

 

どちらにも共通するのは、内容が解りにくく複雑で、簡単に比較検討が出来ず、支払期間が長期間に渡るということです。

光回線を解りやすく説明しながら、人気のサービスをピックアップして、安い価格順にランキングを付けると共に、僅かな差が長期的には大きな金額差になる、通信費全体の支払まで踏み込んで解説します。

 

一戸建てでの光回線基礎知識

光回線は無線と異なり、有線の光ファイバーケーブルを使用するので、実際に光回線へユーザーが接続して利用する形態です。自宅の近所まで光回線が来ているのが前提条件であり、個々に家の中まで光回線を引き込む事(回線導入工事)が必要です。

 

そのため、市町村単位で対象エリアになっていても、利用出来る場所と、出来ない場所が発生します。

 

各光回線サービスでは、自宅住所から利用の可否を調べることが出来ます。

サービス対象になっていれば、その光回線は利用出来ることになります。

 

実際に敷設されている光回線は?

大型家電店に行けば、色々なカラーの法被(はっぴ)を着たスタッフが待っていますし、多くのノボリが目を惹く事の多い光回線ですが、実際に敷設されている種類は、実のところそれほど多くは有りません。

 

光ファイバーケーブルで幅広いエリアをカバーするためには、既存のインフラである電柱や地下スペースを利用が出来る(または持っている)事が、光回線を敷設が出来る大きな条件になります。もちろん、大きな資本も必要です。

 

条件を満たして事業として光回線を敷設できる企業は限られ、NTT(電話線の電柱)・各地の電力会社(電線の電柱)・各地のケーブルテレビ(有線の電柱)に概ねは集約されています。

 

ICT市場専門のリサーチ会社、株式会社MM総研が2021年9月に発表しているデータでは、NTTグループ(NTT東日本+NTT西日本)が2303.4万件と、他を大きく引き離して大きなシェアを占めています。

 

 

(出典:MM総研

 

次のKDDIは「auひかり」を展開していて、その次のオプテージは関西電力系の企業が、「eo光」を行い、ソニーネットワークコミュニケーションズは、「NURO光」を展開しています。

他のケーブルテレビ系や電力系は、その他に含まれています。

 

インターネットの利用にはプロバイダが必要

プロバイダは「インターネット・サービス・プロバイダー」を省略した呼び方で、ISPとも呼ばれています。

 

 

(出典:NTT東日本

 

光回線だけに限らず、インターネットを利用するのには、プロバイダの存在が不可欠です。

たとえば、ドコモ契約のスマホでインターネット利用する場合、回線がドコモでプロバイダもドコモという形態で、インターネットを使っています。

 

実際の契約は支払がドコモで一本化されているため、ドコモを使っているという認識だけで、プロバイダは具体的に出てはきませんが、実際には利用しています。

 

光回線のインターネットサービスも、支払が複数に分かれない一本化されたサービスが、現在では主流になっています。

 

代表的な光回線

代表的な光回線サービスを、具体的に見ていきましょう。

全国幅広いエリアで展開しているサービスと、限られたエリアでのみ利用出来るサービスがあります。

 

NTT東日本・西日本

NTT東西は「フレッツ光」を敷設して運営しています。

 

フレッツ光お申し込みサイト | BBN
NTTフレッツ光、光コラボのお得なキャンペーンお申し込みサイト。新品パソコン、タブレット、テレビ、PS5デジタルエディションのプレゼントやキャッシュバックなど、公式割引&限定特典で最大9万円以上もおトクです。フレッツ光のお申し込みはブロード...

 

フレッツ光を利用する形態としては、プロバイダを別契約して、回線のNTT東西と2箇所に支払をする方法と、一本化された「光コラボ」での契約があります。

 

フレッツ光はサービス開始以来、「フレッツ光+プロバイダ」で、インターネットを利用するスタイルしかありませんでした。

 

 

(出典:NTT西日本*一部改変)

 

2つの契約先と問い合わせ先・支払い先が存在していても、ユーザーにはメリットがありません。

先に説明したスマホ契約の様に、回線を持つ企業がプロバイダを兼ねれば、大きなシェアを持つNTTが独占状態になり、競争が促進されない事を懸念した、国の意向が強く働いています。

 

一本化を望むユーザーの声に応える形で、回線事業者に一本化するのではなく、NTTがプロバイダに光回線を卸し提供して、プロバイダで一本化する形態が2015年頃から始まりました。

 

 

(出典:NTT西日本*一部改変)

 

これが光コラボレーションで、略して「光コラボ」と呼ばれています。

 

光コラボレーション | BBN
NTTフレッツ光の品質はNTT回線そのままに、価格を安くご利用するなら光コラボレーションが断然おトクです!

 

巷に数多く有るように感じる光回線ですが、その多くは「光コラボ」だということです。

 

フレッツ光が利用可能なエリアは日本最大で、日本中の多くの戸建てで利用が可能になっており、当然「光コラボ」サービスも利用出来ます。

 

 

NTT西日本エリア

富山県 / 石川県 / 福井県 / 岐阜県 / 静岡県 / 愛知県 / 三重県 / 滋賀県 / 京都府 / 大阪府 / 兵庫県 / 奈良県 / 和歌山県 / 鳥取県 / 島根県 / 岡山県 / 広島県 / 山口県 / 徳島県 / 香川県 / 愛媛県 / 高知県 / 福岡県 / 佐賀県 / 長崎県 / 熊本県 / 大分県 / 宮崎県 / 鹿児島県 / 沖縄県

 

NTT東日本エリア

北海道 / 青森県 / 岩手県 / 宮城県 / 秋田県 / 山形県 / 福島県 / 茨城県 / 栃木県 / 群馬県 / 東京都 / 埼玉県 / 千葉県 / 神奈川県 / 山梨県 / 新潟県 / 長野県

 

 

同じプロバイダを利用しても、「光コラボ」の方が合理的な契約と支払い、問い合わせ先の一本化が出来るだけで無く、月額料金も安くなるため、個人契約は「光コラボ」の利用が最適です。

 

NURO光

ソニーネットワークコミュニケーションズが、光回線を独自に運営していますが、実際の利用回線は、NTT東西のフレッツ光回線の中で、利用していない部分のダークファイバーを利用しています。

 

NTTとは異なる「G-PON」という技術を用いる事で、一般的なNTTの回線の2倍の速度である下り速度2Gbpsに標準対応しています。

 

NURO光のウィークポイントは、提供されているエリアが限られている事です。

 

 

(出典:NURO公式

 

NURO光は、以下の地域でのみ利用できます。

 

【北海道エリア】 北海道

【関東エリア】 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県

【東海エリア】 愛知県、静岡県、岐阜県、三重県

【関西エリア】 大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県

【中国エリア】 広島県、岡山県

【九州エリア】 福岡県、佐賀県

 

NURO光提供状況の確認

 

auひかり

自社で敷設した光ファイバーケーブルは極めて少なく、大半のエリアでNURO光と同じように、フレッツ光のダークファイバーを利用しています。

 

auは全国展開をしていますので意外ですが、「auひかり」の提供エリアは限られています。

 

 

提供している具体的なエリアは、以下の通りです。

 

【北海道エリア】 北海道

【東北エリア】 青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島

【関東エリア】 東京都、神奈川、千葉、埼玉、群馬、茨城、栃木

【信越エリア】 新潟、長野

【中部エリア】 山梨

【北陸エリア】 石川、富山、福井

【中国エリア】 鳥取、岡山、島根、広島、山口

【四国エリア】 香川、徳島、愛媛、高知

【九州エリア】 福岡、大分、佐賀、宮崎、熊本、長崎、鹿児島

 

auひかり提供状況の確認

 

コミュファ光

中部電力系の中部テレコミュニケーション株式会社(ctc)が運営している、東海地方を中心にサービスを展開する電力系光回線です。

 

対応エリアは、愛知県・静岡県・岐阜県・三重県・長野県ですが、全域では無く限られた地域でのみ対応しています。

 

コミュファ光 公式サイト
コミュファのオフィシャルサイト。コミュファ光は、東海地方最速光インターネット回線で「快適」「安全」「安心」「おトク」にインターネットが楽しめます。

 

eo光

関西電力系の、株式会社オプテージが提供している光回線です。

 

関西エリアを中心にサービスを展開していて、大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・和歌山県・滋賀県・福井県が対応エリアです。

 

eo(イオ)|関西でネットを選ぶならeo光で決まり
光インターネットのeoサービス案内です。eoなら一つの回線で光ネット・光電話・光テレビをご提供できます。面倒な契約を一つにすっきりまとめて、ネットライフをお楽しみいただけます。

 

ピカラ光

四国電力のグループである、株式会社STNetが運営しています。

 

対応エリアは、徳島県・香川県・愛媛県・高知県の四国限定です。

 

【公式】ピカラ(Pikara)
四国(香川・徳島・愛媛・高知)で光インターネットならピカラ光、格安スマホならピカラモバイル(旧フィーモ)がおすすめ!光インターネットとスマホ、2つのピカラでわくわくする毎日をあなたに。

 

MEGA EGG

中国地方を中心にした電力系で、株式会社エネルギア・コミュニケーションズが運営しています。

 

対応エリアは、広島県、山口県、岡山県、島根県、鳥取県です。

 

【公式サイト】光ファイバー、インターネット接続サービスのメガ・エッグ(MEGA EGG)
中国電力グループが提供する光ファイバー・インターネットプロバイダMEGA EGG(メガ・エッグ)。光ファイバー、光電話、光テレビ等多数のサービスを取り扱っています。

 

BBIQ

九州電力系の光回線で、株式会社QTnetが運営を行っています。

 

対応エリアは、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県です。

 

BBIQ(ビビック)公式|九州の光インターネット回線&プロバイダー
九州の光インターネット回線&プロバイダーBBIQ(ビビック)公式サイト。光回線とプロバイダー料金の「月額料金」がずっとおトク!料金やサポート、回線品質において多くのお客さまにご満足いただいています。

 

auひかりちゅら

沖縄県限定でービスを提供しているKDDI系列の光回線です。