フレッツ光とauひかりを徹底比較!おすすめはどっち?

フレッツ光

自宅でWi-Fiを使うためにインターネット接続サービスを探していると目につくのが、「フレッツ光」と「auひかり」の2つではないでしょうか。

 

どちらも「光(ひかり)」という名前がついていますが、これは「光ファイバー」という「回線」を利用しているからです。光ファイバーが普及する以前は「銅線」を使った電話回線でインターネット接続が行われていましたが、これを光ファイバーに取り替えたことで、現在の高速なインターネット接続が可能となりました。

 

つまり「光(ひかり)」というのは速度の速いインターネット回線の象徴的な単語として、サービス名に使われているのです。

 

さて、ではこの「フレッツ光」と「auひかり」はどのような違いがあり、そしてよりお得に契約するためにはどんなことをチェックすれば良いのでしょうか。

 

フレッツ光とauひかりの基本情報

フレッツ光とはドコモの母体とも言える「NTT」が提供するインターネット接続サービスです。最近ではモバイルが通信の主流となっているためドコモの方が知名度が高いかもしれませんが、NTTはそもそも日本の電話の全てを管理する「日本電信電話公社」であり、その信頼度はずば抜けて高い企業と言えます。

 

一方のauはKDDIを母体としており、こちらはもともと国際電話サービスを提供していたKDDと複数のケータイキャリアの会社が合併してできた企業で、通信に関してはNTTと同様に古い歴史と実績を持っている会社です。

 

まずはこの2社が提供するインターネット接続サービスの概要を知っておきましょう。

 

NTTが提供する光回線がフレッツ光

フレッツ光は先ほど説明した通り、NTTが提供する光回線を使った高速インターネット接続サービスです。この光回線は2001年にスタートした歴史のあるサービスで、その後回線の仕様や機器をアップグレードし、現在では1Gbpsの速度が出せるサービスが基本となっています。

 

この通信速度は今後さらに高速化が進むと見られていて、現在すでに10Gbpsという従来の10倍のスピードを実現したサービスが、地域は限られていますが始まっているのです。

 

さらに最近では個人の契約としては主流でなくなってきましたが、「ひかり電話」というサービスも同時に契約でき、固定電話が必要な場合リーズナブルな料金設定で利用可能できます。

 

auが持つ回線を利用するのがauひかり

一方のauひかりは、auが提供する光インターネト接続サービスです。ではこのauひかりはどこの回線を使っているのでしょうか。

 

auの母体であるKDDIがインターネット接続サービスを開始した当初は、NTTの回線を借りてサービスを提供していましたが、その後東京電力などの電力会社によるインターネット接続サービスで「電力系」とも呼ばれている回線を引き継ぎ、独自のサービスを提供するようになったのが、auひかりなのです。

 

しかし、全ての回線を自前で用意しているのではなく、電力系のサービスエリア外だった地域に関してはNTTの回線を利用しています。また、NTTと同じようにNTTの高速回線を借りて10Gbpsのサービスも開始しているのです。

 

このように自前の回線とNTT回線を使い分けているのがauひかりの特徴とも言えるでしょう。

 

性能的には基本的には大きな違いがない

フレッツ光とauひかりでは回線の種類が異なる場合があるなど、若干の特徴の違いがあります。しかし実際に速度などのスペックを見てもそれほど大きな違いはありません。auひかりも一部回線に関してはNTT回線を利用しているため、品質としては同等の速度が利用できると考えて問題はないでしょう。

 

それでは実際に契約したい際には、どのようなポイントをチェックすれば良いのでしょうか。例えば料金設定や契約する際の条件などに関して、両者は若干異なる設定がされています。どちらが優れているかというわけではなく、自分の使い方などに合わせてよりお得に契約できるようになりますので、その違いを見ていきましょう。

 

フレッツ光とauひかりの料金を比較してみた

このようにおおむね同じような使い勝手のインターネット接続回線である、フレッツ光とauひかりですが、両者にはどのような違いがあるのでしょうか。料金や速度、エリナなどの視点からその違いを見ていきましょう。

 

料金プランの比較

まず料金プランに関しては、フレッツ光とauひかりはそれぞれ独自の料金設定となっていますが、そこまで大きな開きはありません。さらに、インターネット接続料金は特にNTTのフレッツ光の場合、NTT東日本と西日本で料金が異なったり、光回線の契約の他に接続サービスである「プロバイダ」料金が別になっていたり、契約会社ごとに条件が異なるなど、一見してよくわからないことが多いかもしれません。

 

インターネット接続の際の料金には基本的に二つのプランがあり、一つは戸建ての住宅で利用する「ホームプラン」。もうひとつがマンションなどの集合住宅で利用する「マンションプラン」で、このプランによって料金が異なります。

 

ここではそのような料金プランの中で、代表的なプランの料金を紹介しておきましょう。フレッツ光の場合もプロバイダ料金を含んだ金額としておきますが、実際の契約の際にはオプションやあるいは割引キャンペーンなどで異なる料金となる場合あがります。

 

NTT東日本 フレッツ光の代表的なプラン(1Gbps)の場合の料金

 

  • 戸建てタイプ フレッツ光 月額利用料(「ギガ・スマート割引」「にねん割」利用時)+プロバイダサービス月額利用料 5,709円~

 

初期費用

 

・契約料 880円

・初期工事費 19,800円(分割可)

 

  • マンションタイプ フレッツ光 月額利用料(「ギガ・スマート割引」「にねん割」利用時)+プロバイダサービス月額利用料 3,894円~

 

初期費用

 

・契約料 880円

・初期工事費 16,500円(分割可)

 

auひかりの代表的なプラン(1Gbps)の場合の料金

 

  • ホームプラン auひかり ホーム1ギガ(契約期間3年間・ずっとギガ得プラン)

1年目 5,100円(税込 5,610円)

2年目 5,000円(税込 5,500円)

3年目以降 4,900円(税込 5,390円)

 

  • マンションプラン auひかり マンションタイプG(G契約)お得プラン 16契約以上 3,800円(税込4,180円)/月

 

これ以外に登録料として3,000円(税込3,300円)が必要になり、初期費用としてはそのほかに初期工事費が必要ですが、この費用は原則実質無料となります。

 

なお、マンションタイプの場合に16契約と書かれているものがありますが、これは1つの建物の中で16世帯との契約ができた場合の料金となりますので、この契約数がそれ以下になると月額料金もそれに応じて高くなります。

 

速度の比較

速度に関してはともに1Gbpsのプランですから、大きな違いはありません。ただし1Gbpsと表記されているものの、これは理論上の最大速度ですから実際に使う際には「これ以上の速度は出ない」というイメージとなり、実際に1Gbpsの速度が使えるわけではありません。

 

そうは言っても1Gbpsの速度が必要な利用シーンというのは現実的にはほとんどなく、例えばYouTubeでの最高画質「4K」を再生するために必要な速度は20Mbpsですから、1Gbpsの約1/5の速度が出ていれば充分ということになります。

 

フレッツ光ネクストの速度測定結果(実測値) | 下り速度・上り速度の平均値を公開中!
フレッツ光ネクストの速度測定結果(583070件)⇒熊本県熊本市南区 下り:302.78Mbps 上り:207.88Mbps 愛知県稲沢市 下り:693.95Mbps 上り:266.04Mbps 熊本県熊本市南区 下り:251.03Mbps

 

auひかりの速度測定結果(実測値) | 下り速度・上り速度の平均値を公開中!
auひかりの速度測定結果(137379件)⇒広島県福山市 下り:516.03Mbps 上り:445.32Mbps 千葉県船橋市 下り:481.03Mbps 上り:454.43Mbps 埼玉県さいたま市浦和区 下り:188.14Mbps 上り

 

対応エリアの比較

対応エリアに関しても、フレッツ光とauひかりでは大きな違いはないといっても良いでしょう。ただし実際に契約する際に自分の居住地が、一方のエリアにしか対応していないという場合もあり得ます。そうなってしまうと選択の余地はなく、対応している方のサービスを利用するしかありません。

 

キャッシュバック特典&月額料金割引 | auひかり | So-net (ソネット)
auひかりは、KDDIが提供するauひかり回線を利用した高速インターネットサービス。

 

フレッツ光とauひかり、それぞれの注意点は

このようにフレッツ光とauひかりはいくつかの相違点があり、それぞれ特徴を持っていることがわかります。ではさらに、どちらと契約すべきか悩んでいる際にはどんな注意点があるのかをチェックしていきましょう。

 

auひかりは途中解約の解約料金が高め

フレッツ光の解約料金は、NTT東日本の場合「にねん割」という2年契約となりますので、2年未満あるいは更新期間を過ぎて解約する場合、戸建てタイプの場合10,450円、マンションタイプの場合1,650円の費用が発生します。

 

au光の場合契約内容にもよりますが、上記で料金を紹介した「契約期間3年間(ずっとギガ得プラン)」の場合ですと、公式サイトには「3年単位(自動更新)の継続利用を条件に、auひかりのネットサービスをご利用期間に応じて割引くおトクな料金プランです」と表記されていて、この契約は自動更新となり、契約から3年未満または更新期間以外に解約やプラン変更をする場合は、契約解除料15,000円(税込16,500円)がかかるということになります。

 

フレッツ光にはスマホとのセット割がない

インターネット回線を契約する際には様々なキャンペーンや特典が用意されている場合が多いものです。例えばauの場合はauのスマホとセットでインターネット回線を契約することで、携帯電話の料金が割り引かれる「auスマートバリュー」というサービスがあり、かなりお得にセットで使えるようになります。

 

一方のフレッツ光では、このようなスマホとのセット割引がありません。フレッツはNTTが提供し、スマホはドコモだからということだからでしょうか。

 

これがフレッツ光とauひかりの大きな違いの一つと言えるでしょう。

 

光コラボレーションなどのキャンペーンをチェックするとかなりお得にも

インターネット光回線を提供している会社はここまで説明してきたフレッツ光やauの他に、「光コラボレーション(光コラボ)」と呼ばれるものがあります。これはauが一部回線をNTTから借りているのと同じように、NTT以外の会社がNTTの光回線を借りてインターネット接続サービスを提供しているものです。

 

この光コラボには様々な種類があるためどれを選べば良いのか分かりにくい場合もありますが、その分競争も激しいため、お得なキャンペーンが用意されている場合もあります。

 

光コラボレーション キャンペーン一覧
当サイト限定!光コラボレーション新規・転用キャンペーン実施中です。お申し込みプランに応じて、最大50,000円のキャッシュバック

 

対応エリア以外の条件で使い分けるには?

ここまで説明してきた内容を吟味すれば、自分がフレッツ光とauひかりのどちらを選べばいいかの概要が見えてきたのではないでしょうか。

 

基本的には対応エリアが該当していなければ契約できませんので、まずはそれぞれのサービスが自分の住む場所、あるいは建物に対応しているかを確認してみましょう。

 

対応エリアがどちらも問題ないのであれば、料金やその他の条件をチェックしていくわけですが、最後にいくつか使い分けの注意点を挙げておきます。

 

auユーザーならスマホセットがお得

前述の通り、auにはスマホとセットで料金が割引になるauスマートバリューというコースがあります。もし今使っているスマホがauだったとしたら、このコースを使えばその他の料金を加味してもお得に利用できるはずです。

 

このようなスマホとのセット割引は、フレッツ光では用意されていないのですが、その他の企業が提供する光コラボなどでは設定されている場合もあるので、光コラボのキャンペーンなどをチェックしてみても良いでしょう。

 

法人ならフレッツ光がオススメ

もし契約しようとしている回線が法人契約であるのなら、オススメするのはフレッツ光です。法人契約は個人契約とは各種条件が異なり、法人向けに領収書が発行されたり、サポート時間が異なったり、あるいは固定IPが使えたりなどの特徴を持っています。

 

法人契約となると何よりネット接続の安定感、あるいは総合的な安心感が求められますので、そうなるとインフラを支えるNTTが提供するフレッツが最適です。

 

もちろんその分費用は個人向けよりは高くなりますが、その分キャッシュバックの金額が高くなっている場合もありますので、一度確認してみると良いでしょう。

 

フレッツ光キャッシュバック情報 NTT東日本エリア
【NTT東日本エリア】フレッツ光のキャッシュバック条件一覧。当サイトなら最短2ヵ月で最大79,800円のキャッシュバック!さらにプロバイダのみの乗り換えでも5,000円のキャッシュバック♪と加入特典がお得。フレッツ光の加入でキャッシュバックをお得に受け取るならぜひ当サイトまで!

 

フレッツ光キャッシュバック情報 NTT西日本エリア
【NTT西日本エリア】フレッツ光のキャッシュバック条件一覧。当サイトなら最大85,000円のキャッシュバックを最短2ヵ月還元!と還元時期が早いのも魅力♪電話サービスなど便利なオプションサービスの加入でさらにお得に!Web申し込みなら24時間受付中。

 

 

 

個人ならリーズナブルな光コラボを

個人の契約であるのなら、料金を重視して選択したい場合は前述の光コラボを探してみても良いでしょう。

 

光コラボレーション | BBN
NTTフレッツ光の品質はNTT回線そのままに、価格を安くご利用するなら光コラボレーションが断然おトクです!

 

光コラボはNTTの光回線を借り受けて提供されるサービスですが、それぞれの特徴的な料金設定や、あるいはスマホとのセット割引、そしてキャッシュバックキャンペーンを展開していますので、自分が使っているスマホのキャリアやキャンペーン時期のタイミングが合えば、非常にお得に契約できる場合もあります。

 

ただし光コラボはかなりたくさんの種類がありますので、その中から自分のマッチしたサービスを見つけるのが非常に重要なポイントです。

タイトルとURLをコピーしました