PR

フレッツ光マンションタイプ「光配線」「VDSL」「LAN」3種類の違いを解説

フレッツ光

インターネットの利用には回線と、接続業者プロバイダが必要になります。

プロバイダは回線と一対になっているケースと、選択できるケースがあり、回線の手段としては「光回線」と「無線回線」の2つがあります。

 

ここで言う無線回線とはWi-Fiの事ではなく、通信事業者であるドコモなどの回線を利用したスマートフォンの利用や、ソフトバンクエアーなどの無線で接続するホームルーターの事を指しています。

 

公称値と呼ばれる回線速度の数値は、最新の無線回線が上回っているケースもありますが、実際に利用できる通信速度や安定感では、光回線を上回るインターネット回線は現状無く、インターネットの回線手段として光回線が最適です。

 

言うまでも無く光回線は有線の光ファイバーケーブルを使い、利用には個別の家庭に有線接続が必要になります。

一戸建て住宅では近くまで来ている光回線を、個別に各戸に引き込む事で利用ができる、ある意味シンプルな形態になっていますが、マンション集合住宅では大きく異なります。

 

大規模なマンションで、それぞれ各戸に光回線を個別に入れた状況を想像してみると、各部屋に放たれた光回線が交錯して収拾が付かない状況になるのは明らかですよね。

そのためマンション集合住宅の光回線利用では、建物の共有スペース内まで光回線の引き込み工事を行い、MDFと呼ばれる電話線なども含めた通信回線を建物内に供給する基盤に接続しています。

 

MDFから建物内の各戸までも、有線で回線を届ける必要があります。

建物内に既にある配線回線設備がある場合もありますが、基本的には光回線の契約後に各戸とMDFを有線で繋ぎます。

 

その配線方式は一つではなく、「光配線」「VDSL」「LAN」の3つがあります。

この選択は契約者の任意ではできず、これまでの建物の既存の利用状況と設備内容、契約者数や建物の構造などを勘案してNTT側が判断します。

 

日本中の多くの建物の共有スペース内まで既に引き込まれている光回線は、圧倒的にNTT東西の光回線フレッツ光です。

フレッツ光マンションタイプを利用するには、この「光配線」「VDSL」「LAN」の配線方式によって契約内容が異なるケースがあり、通信速度も異なってきます。

 

3つの違いを解説しながら、フレッツ光のインターネット利用で、コスパの良いお得な利用方法まで解説していきます。

 

 

「光配線方式」

 

出典:NTT東日本 *一部加筆

 

3通りある配線方式で、最も高品質なインターネット利用が出来るのは「光配線」方式です。

一般的に広く利用されているフレッツ光の公称値は1Gbps(1,000Mbps)になっていますが、建物内にある各戸までの配線方式が光回線の場合は、そのまま各戸に光回線のクオリティで届くため、理論上の通信速度上限も同じ1Gbpsになっています。

 

今後に引っ越しを予定している場合にマンションを選ぶのに、各戸に光配線・光コンセント設置済みの記述があれば、後述する無派遣工事が可能になり、転居後に短期間でインターネット回線が開通します。

 

大まかな通信の流れ

近くまで来ている光回線を、建物内の共有スペース内のMDF室まで引き込み工事を行います。上の図では電柱から引き込んでいますが、地下を通っている光回線を引き込む場合もあります。

 

MDF室にあるスプリッタと呼ばれる振り分け機器から、各戸まで光回線で接続されます。

 

各戸に届いた光回線は、直接ONUと呼ばれる回線終端装置に繋がれる場合と、部屋に光コンセントが設置されて、ONUと光回線で接続する場合があります。

 

ONUにパソコンを接続すればインターネットが利用できますが、セキュリティと複数端末を利用するためには、Wi-FiルーターをLANケーブルで接続して、パソコンをLANケーブルでルーターと繋いだり、Wi-Fiを使ってスマートフォンやタブレットなどの端末を繋いだりして、インターネットへの接続を行います。

 

フレッツ光の月額料金

フレッツ光の月額料金は、配線方式によって利用出来るプランが変わってきます。

また、同じプランでも同じ建物内での利用者契約者世帯数でも、料金が変わってきます。

 

利用世帯数による区分け

世帯数の区分けから見ていきましょう。

NTT東西ともに区分け名称は同じですが、内容は微妙に異なっています。

 

ミニ

NTT東日本では、同じ建物内で4世帯以上の契約が見込まれる場合になっています。

 

NTT西日本では、同じ建物内で6世帯以上の契約が見込まれる場合になっています。

 

プラン1

NTT東西共に、同じ建物内で8世帯以上の契約が見込まれる場合になっています。

 

プラン2

16世帯以上という世帯数はNTT東西共に同じですが、NTT西日本では他と同様に契約が見込まれる場合になっていますが、NTT東日本では代表者から一括で申込み可能な場合になっています。

 

区分けによる料金の違い

マンション集合住宅では、1本の導入された光回線を共有する利用形態になるため、同時利用する契約者が多いほど月額料金は安価になり、最も高額なのは「ミニ」で最も安価なのは「プラン2」になります。

 

一例として、NTT東日本のギガラインタイプでは、「プラン2」では月額料金3,355円ですが、「ミニ」では月額料金4,455円になり、同じプラン内容でも支払額が変わってきます。

 

同じサービスでも月額1,000円以上の差が出るので、安価な区分けでの利用を希望したくなりますが、NTT側で区分けは決定されるためユーザーの希望は通らず、契約者数が見込めないとNTT側が判断すれば提供されないケースもあります。

 

プラン別の月額料金

光回線方式で建物内に配信できる場合の通信速度は、フレッツ光の公称値1Gbpsをフルに利用する事ができますが、プランによって最大通信速度の制約があります。

 

月額料金は基本的に大きく変わらないか同一のため、敢えて制限のかかるプランを選択する理由は無く、最大通信速度が利用出来るプランの選択が最適です。

一例として、最も安価なプラン2の月額料金を見てみましょう。

 

最大通信速度月額料金
NTT東日本ギガラインタイプ1Gbps3,355円
ハイスピードタイプ200Mbps3,025円
マンションタイプ100Mbps3,025円
NTT西日本スーパーハイスピードタイプ隼1Gbps3,520円
ハイスピードタイプ200Mbps3,520円
マンションタイプ100Mbps3,520円

 

プロバイダ料金が別途必要

光回線を使ってインターネットを利用するには、接続業者プロバイダの契約が別途必要になります。

 

プロバイダは概ね月額1,000円前後で、多くのプロバイダの中から選択する事ができます。

 

「VDSL配線方式」

 

出典:NTT東日本 *一部加筆

 

建物内に光配線で各戸への接続が困難な場合は、多くの建物に設置済みの銅線の電話線を利用する事で各戸に配信する方法が「VDSL」方式です。

 

VDSL方式では通信速度に大幅な制限がかかり、共有スペース内まで1Gbpsの光回線が引き込まれていても、各戸で利用出来るのは100Mbpsが上限です。

 

通信速度が遅くなる事に加えて、同時に利用する契約者が多い場合には、さらに遅くなる可能性があります。

 

大まかな通信の流れ

近くまで来ている光回線を、建物内の共有スペース内のMDF室まで引き込み工事を行うまでは、光回線方式と同じです。

 

光回線がそのまま利用出来るのは、このMDF室までになりますので、ONUと呼ばれる回線終端装置は光回線方式とは異なりMDF室に設けられるだけで、ここから各戸に電話線で配信されるのに集合型回線終端装置が用いられます。

 

電話線を使って各戸に到達した後は、各戸に設置するVDSL宅内装置に繋がります。

固定アナログ電話回線と共用のため、電話機はVDSL宅内装置に接続して、Wi-FiルーターにLANケーブルを使ってVDSL宅内装置に接続します。

 

Wi-FiルーターにLANケーブルでパソコンを接続したり、スマートフォンやタブレットをWi-Fiで接続したりして、インターネットを利用できるようになります。

 

フレッツ光の月額料金

VDSL方式しか利用出来ない建物では、1Gbpsが最大通信速度になっているプランの契約はできません。

 

また、最大通信速度が200Mpbsになっているプランを契約しても、VDSL方式の建物では最大通信速度が100Mbpsに制限があります。

 

契約者数によってプランの月額料金が変わるのは、光回線方式のところでご説明したのと同様です。

 

プラン別の月額料金

VDSL方式で利用出来るプランと月額料金を、光回線方式と同様にプラン2の月額料金を見てみましょう。

 

最大通信速度月額料金
NTT東日本ハイスピードタイプ100Mbps3,025円
マンションタイプ100Mbps3,025円
NTT西日本マンションタイプ100Mbps3,520円

 

プロバイダ料金が別途必要

接続業者プロバイダの契約が別途必要になるのは、光配線方式と同様です。

 

プロバイダは概ね月額1,000円前後で、多くのプロバイダの中から選択する事ができます。

 

 

「LAN配線方式」

 

出典:NTT東日本 *一部加筆

 

比較的小規模な「インターネット対応」と記述がある集合住宅では、建物内の共有スペースまで引き込まれた光回線と各戸がLANケーブルで接続されているタイプがあり、これが「LAN」配線方式です。

 

光配線が困難な建物で電話線を利用するVDSL方式よりも、安定した回線品質が期待出来るため、LAN方式が用いられる事もあります。

 

この場合の回線速度に関しては、建物内に使われているLANケーブルの性能に大きく依存していて、理論的には1Gpbsに対応したLANケーブルが使われていれば、フレッツ光の公称値である1Gbpsの利用も不足なく利用出来ます。

しかし、設置された時代によっては大きく下回るスペックのケーブルが利用されている事も多く、1つの光回線を擬似的な大家族で利用するイメージになるため、LAN方式の通信速度の上限は100Mbps程度に留まっている事が多くなっています。

 

大まかな通信の流れ

近くまで来ている光回線を、建物内の共有スペース内のMDF室まで引き込み工事を行うまでは、光回線方式と同じです。

 

光回線がそのまま利用出来るのは、このMDF室までになりますので、ONUと呼ばれる回線終端装置は光回線方式とは異なりMDF室に設けられるだけで、ここから各戸に集合型回線終端装置を経て、建物内のLANケーブルで届けられます。

 

LAN方式は他の配線方式とは異なり、各戸にONU(回線終端装置)やVDSL宅内装置が必要ないため、室内に設けられたLANコネクタにWi-FiルーターをLANケーブルで接続すれば、インターネットが利用出来るようになります。

 

フレッツ光の月額料金

ONUやVDSL宅内装置はNTT東西から貸し出されるため、その必要が無いLAN方式では月額料金が他の配線方式と比較して安価になっています。

 

プラン別の月額料金

最大通信速度が100Mまでのプランしか、利用する事はできません。

契約者数によって料金が変わるのは他の配分方法と同様です。

 

LAN方式の月額料金を、他の方式と同様にプラン2の月額料金を見てみましょう。

 

最大通信速度月額料金
NTT東日本ハイスピードタイプ100Mbps2,640円
マンションタイプ100Mbps2,640円
NTT西日本マンションタイプ100Mbps2,860円

 

プロバイダ料金が別途必要

接続業者プロバイダの契約が別途必要になるのは、LAN方式でも他の配線方式と同様です。

 

プロバイダは概ね月額1,000円前後で、多くのプロバイダの中から選択する事ができます。

 

 

フレッツ光マンションタイプの工事費は?

フレッツ光のマンションタイプの工事費は、配線方式を問わず、22,000円になっています。

 

NTT東西で料金に変わりはありませんが、分割の場合は若干異なってきます。

 

NTT東日本では初回3,300円・2回目以降779円/月×23回、最終回783円になっています。

NTT西日本では初回3,300円・2回目以降813円/月×22回、最終月814円になっています。

 

光回線のフレッツ光が共有スペース内まで引き込まれていても、立ち会いの必要な宅内工事が基本的には必須で、建物の形状や配線状況などにもよって変わりますが、概ね1時間から2時間程度の工事を要します。

 

しかし、条件が揃っていれば工事が必要無い「無派遣工事」で、インターネットが利用出来る可能性があります。

 

無派遣工事とは?

 

(出典:NTT東日本 一部改変)

 

フレッツ光の導入工事には、建物の共有スペース内の工事と個別宅内の工事である、工事業者が出向いて工事を行う「派遣工事」と、NTTの局舎内で行う無派遣工事の2種類が行われます。

 

しかし、建物内では既にインターネットが利用出来る状況が全部整っている場合、派遣工事は必要が無くなり、無派遣工事だけで完了します。

無派遣工事だけで完了する場合は、通常なら2週間から1ヵ月程度を要する工事までの期間が最短1週間程度に短縮される事があり、工事費も状況によって数千円の範囲で収まります。

 

実際に無派遣工事だけで完了するかどうか?については、NTTの判断が必要になり申込みをしてみるまで解りませんが、部屋の中の壁に接続するパーツが設置されている場合は、無派遣工事で利用出来る確率が高くなります。

 

 

光配線方式では「光コンセント」・VDSL方式では「モジュラージャック」・LAN方式では「LANポート」が設置されているのは目安になりますが、完全に活きている状態になっているかは外から判断ができず、NTTの確認が必要になります。

 

 

マンションでフレッツ光の個人契約なら「光コラボ」がメリット大

フレッツ光のマンションタイプを利用するのに、建物内の配線方式の様々な違いを解説してきましたが、ここまで述べてきたのは全て光回線に「フレッツ光」を利用して、接続業者プロバイダは別契約の場合です。

 

 

(出典:NTT西日本*一部改変)

 

しかし、このフレッツ光の利用形態は法人契約が主流になっています。

(フレッツ光の法人契約では登記上の法人である必要は無く、個人事業主や店舗も法人契約が可能です)

 

フレッツ光お申し込みサイト | BBN
NTTフレッツ光、光コラボのお得なキャンペーンお申し込みサイト。新品パソコン、タブレット、テレビ、PS5デジタルエディションのプレゼントやキャッシュバックなど、公式割引&限定特典で最大9万円以上もおトクです。フレッツ光のお申し込みはブロードバンドナビへ

 

 

フレッツ光の利用方法はもう一つ「光コラボ」があり、個人契約ではこちらが主流になっています。

 

 

(出典:NTT西日本*一部改変)

 

フレッツ光をマンション集合住宅で個人契約して、インターネットを利用するには「光コラボ」の方が、メリットが数多くあります。

 

契約先が1箇所にまとまる

光コラボはNTT東西から光回線の卸し提供を受けたプロバイダが、ワンストップのサービスを提供しています。

 

申込み先・契約先が一箇所になる事で煩雑にならず支払も一箇所になり、トラブル時にも窓口が一箇所になり、状況に応じて問い合わせ窓口を変える必要もありません。

 

契約戸数に関係無く月額料金が同じ

フレッツ光では同じプランでも、建物内の利用契約者数に応じて月額料金が変わりますが、光コラボでは戸数に関係無く同一料金で利用ができます。

 

光コラボは建物内の配線方式によって月額料金が変わらないだけでなく、通信速度の制限も無く公称値はフレッツ光と同じ1Gbpsです。

 

ただし、建物内の配線方式によって利用が出来る理論上の通信速度の上限は変わらず、配線方式の制限以上に速くはなりませんが、お住まいの建物内の配線方式が一新されて光回線方式が利用出来る様になれば、プラン変更無く1Gbpsが利用出来るようになります。

 

同じプロバイダ利用でも光コラボの方が安価

フレッツ光+プロバイダ契約の合算料金よりも、プロバイダが提供している光コラボの方が月額料金は安くなります。

 

フレッツ光+プロバイダという組みあわせは同じなので、利用できる回線品質も全く同じで、支払だけが安くなります。

 

光コラボを提供しているのは、NTT東日本エリアで530社・NTT西日本エリアで235社がありますが、人気のプロバイダで2箇所契約と光コラボの月額料金を比較してみましょう。

 

@nifty光ビッグローブ光ソフトバンク光@TCOMヒカリ
光コラボマンション 月額4,378円4,378円4,180円4,180円
フレッツ光+プロバイダマンションプロバイダ料金1,045円990円1,045円1,320円
東日本マンション月額計4,400円4,345円4,400円4,675円
西日本マンション月額計4,180円4,125円4,180円4,455円

 

フレッツ光の月額料金は、1Gbpsが利用できる高速プランで、もっとも安価なプラン2で計算しています。

 

たとえば、@TCOMヒカリをプロバイダにした2箇所契約では、東日本エリアで月額合計4,675円・西日本エリアで月額合計4,455円になりますが、光コラボなら4,180円で利用できます。

 

フレッツ光で建物の契約者数がもっと少ないプラン1やミニでは、もっと月額料金の差が広がります。

 

オンライン専門代理店ならキャッシュバックもあり!

光コラボレーション | BBN
NTTフレッツ光の品質はNTT回線そのままに、価格を安くご利用するなら光コラボレーションが断然おトクです!

 

 

法人利用が主流のフレッツ光+プロバイダ契約は、公式でキャンペーンを行っていなくても、オンライン専門代理店では独自特典としてキャッシュバックキャンペーンを行っているケースがあります。

 

しかし、その場合でも個人契約は対象外になりますが、オンライン専門代理店での契約なら光コラボは個人契約でキャッシュバック特典が受け取れます。

 

公式で特典が出ている場合も、オンライン専門代理店で契約すれば、特典の両取りが可能になり更にお得です。

 

通信費トータル費用が下げられる

数多くある光コラボでは、毎月のスマートフォンの料金に割引きを適用する「セット割」を行っているケースが数多くあります。

 

有名どころでは、ドコモのスマホプランを利用している場合に、光コラボの一つであるドコモ光を契約すれば、スマホ1台につき毎月最大1,100円の割引きが現在適用されている割引きに加わり、ソフトバンクのスマホプランを利用している場合には、光コラボの1つであるソフトバンク光を契約すれば、同様に毎月最大1,100円の割引きが受けられます。

 

家族4人で利用しているなら、最大合計4,400円の割引きが毎月受けられるので、新たに契約した光コラボの月額料金の大半が補えるので、高速の光回線が実質無料で利用ができるようなものです。

 

しかし、光回線が自宅に導入されればスマホプランに無制限・大容量プランは不要になります。

最もデータ利用が多い、自宅でのスマホ利用がWi-Fi接続で光回線を利用するためです。

 

自宅に光回線が導入されているスマホユーザーの多くは、月に3GB未満程度の利用が多く、そんな小容量プランで収まるなら月額料金は格安SIMの方が圧倒的に安くなります。

 

更に光コラボには格安SIMにセット割を適用している事もあり、安価な格安SIMの月額料金が更に安くなるため、家族で乗り換えれば通信費トータル費用を大幅に下げる事が可能です。

 

 

通信費トータル費用を下げるマンション利用にオススメの「光コラボ」

マンションで光コラボを利用するのにあたり、前述のメリットを享受できて通信費トータル費用を下げる、オススメの光コラボを具体的にご紹介しましょう。

 

「@TCOMヒカリ」

 

(出典:@TCOMヒカリ申込サイト)

 

@TCOMヒカリの月額料金は、マンションタイプで4,180円です。

 

@TCOMヒカリを運営するTOKAIコミュニケーションズは自社データセンターを保有し、自社光ファイバーケーブルを運用するなど、単にプロバイダとしてだけで無く、豊富な技術力が有り人気です。

 

自宅マンションに光コラボ「@TCOMヒカリ」を導入して、セット割が適用されるスマホプランを格安SIMの「LIBMO」に家族で乗り換える事により、通信費トータル費用が下がりコスパが良くなります。

 

LIBMOのセット割

 

(出典:LIBMO公式)

 

LIBMOは@TCOMヒカリと同じ、TOKAIコミュニケーションズによって運営されています。

 

単に格安SIMとして運営されるだけでなく、他社に回線やシステムまで供給するMVNEとしての高い技術力を持ち、全国のドコモショップでも販売される、数多い格安SIMの中で3社しか認められていない、「エコノミーMVNO」の一つになっています。

 

納得プラン

@TCOMヒカリと組みあわせる事で、スマホ1台につき毎月220円のセット割が最大5契約まで適用されます。

 

〇納得プラン
データ容量通常料金@T COMヒカリ
月額割引額
実質金額
3GBプラン980円1回線 220円/月割引760円
8GBプラン1,518円1回線 220円/月割引1,298円
20GBプラン1,991円1回線 220円/月割引1,771円
30GBプラン2,728円1回線 220円/月割引2,508円

 

セット割適用後の3GBプランは、月額760円で利用する事ができます。

 

ゴーゴープラン

スマホのインターネット利用は自宅が主で、外出時には通話が中心という利用の仕方をするユーザーには、かけ放題と最低用量を組みあわせたゴーゴープランが最適です。

 

こちらのプランも@TCOMヒカリと組みあわせる事で、スマホ1台につき毎月220円のセット割が最大5契約まで適用されます。

 

〇ゴーゴープラン
プラン通常料金@T COMヒカリ
月額割引額
実質金額
500MB

5分かけ放題
1,100円1回線 220円/月割引880円
500MB

10分かけ放題
1,320円1回線 220円/月割引1,100円
500MB

かけ放題
1,980円1回線 220円/月割引1,760円

 

セット割を適用させることで、自宅では無制限にスマホ利用ができて、外出先では5分かけ放題が国内通話に何度でも使えるスマホが、月額880円で運用できます。

 

UQモバイルのセット割

【公式】格安sim・格安スマホ UQ mobile オンラインショップ|KDDI
UQモバイルの公式オンラインショップ。スマートフォン、ケータイなどの最新製品はもちろん、電池パック、充電器などのオプション品のご購入もできるほか、お得なセールなども実施中!

 

 

@TCOMヒカリと組みあわせて「セット割」が受けられるのは、格安SIMのLIBMOだけでなく、auのサブブランド「UQモバイル」も対象です。

高品質なauの通信回線をフルに利用する事ができて、メインプランと比較すれば大幅に安価です。

 

@TCOMヒカリにひかり電話オプション(550円)を加える必要がありますが、毎月1,100円のセット割の適用が受けられます。

UQモバイルのプラン内容は2023年6月1日に改定されていて、自宅に光回線がある場合なら、毎月4GBまで利用ができる「ミニミニプラン」(月額2,365円)がオススメです。

 

セット割を入れたスマホ1台の月額料金は、(UQモバイル ミニミニプラン)2,365円-(セット割)1,100円=1,265円 になります。

 

キャッシュバックキャンペーン

@TCOMヒカリでは現在代理店契約で、キャッシュバックキャンペーンを行っています。

キャッシュバック特典の詳細は、以下をご覧下さい。

 

@T COM(アットティーコム)ヒカリ 最短3ヵ月で最大55,000円キャッシュバック
@T COM(アットティーコム)ヒカリの新規加入で最大55,000円を最短3ヵ月で現金キャッシュバック!さらに工事費も最大19,800円が割引で実質無料!おトクに@T COM(アットティーコム)ヒカリを始めるチャンス!

 

12ヵ月間月額料金の割引

契約から12ヵ月間、月額料金が割り引かれます。

マンションタイプでは月額330円が12ヵ月割引きされます。

 

初期工事費無料

光コラボである@TCOMヒカリを利用するには、フレッツ光の導入工事が必要になります

が、今なら工事費が実質無料になるキャンペーンを行っています。

 

@T COM(アットティーコム)ヒカリ 新規工事費無料特典
@T COM(アットティーコム)ヒカリなら2年バリューパック(24ヵ月の自動更新)を新規でお申込みの方は「新規工事費無料特典」の適用で、最大22,000円(税抜20,000円)の新規工事費が月額料金から毎月割引され実質無料!初期費用がお得に。

 

 

「ビッグローブ光」

 

(出典:ビッグローブ光申込サイト)

 

ビッグローブ光の月額料金は、マンションタイプで4,378円です。

 

UQモバイルのセット割

【公式】格安sim・格安スマホ UQ mobile オンラインショップ|KDDI
UQモバイルの公式オンラインショップ。スマートフォン、ケータイなどの最新製品はもちろん、電池パック、充電器などのオプション品のご購入もできるほか、お得なセールなども実施中!

 

 

ビッグローブ光でも@TCOMヒカリと同様に、UQモバイルのセット割が適用されます。

この組みあわせで、通信費トータル費用は大幅に下げる事が可能です。

 

工事費無料キャンペーン

光コラボであるビッグローブ光を利用するには、フレッツ光の導入工事が必要になります

が、今なら工事費が実質無料になるキャンペーンを行っています。

 

ビッグローブ光 新規工事費キャンペーン
BIGLOBE(ビッグローブ)光の工事費が毎月割引される「初期工事費無料キャンペーン」についてご案内。ビッグローブ光ならキャンペーンの適用で最大28,600円の工事費が実質無料に!超高速の光インターネットをお得に始めたい方はこの機会をお見逃しなく♪

 

 

引っ越し移転時の工事費用が無料

ビッグローブ光では何度引っ越しを行っても、その都度必要になる工事費が無料になっています。

 

キャッシュバックキャンペーン

オンライン専門代理店で契約を行うと、キャッシュバックが受け取れます。

詳細は以下をご覧下さい。

 

ビッグローブ光 高額キャッシュバックを現金還元
【当サイト限定】BIGLOBE(ビッグローブ)光を新規でお申し込みの場合、高額キャッシュバックを現金還元!お得にビッグローブ光を始めよう!

 

 

「ニフティ光」

 

(出典:@nifty光申込サイト)

 

@nifty光の月額料金は、マンションタイプで4,378円です。

 

3年プランの場合、現在開通月は無料で2ヵ月目から37ヵ月目まで、マンションタイプでは4,268円で利用ができるキャンペーンを行っています。

 

UQモバイルのセット割

【公式】格安sim・格安スマホ UQ mobile オンラインショップ|KDDI
UQモバイルの公式オンラインショップ。スマートフォン、ケータイなどの最新製品はもちろん、電池パック、充電器などのオプション品のご購入もできるほか、お得なセールなども実施中!

 

 

@TCOMヒカリと同様に、@nifty光でもUQモバイルのセット割が適用され、通信費トータル費用を大幅に節約できます。

 

引っ越し移転時の工事費用が無料

ニフティ光でも何度引っ越しを行っても、その都度必要になる工事費が無料になるキャンペーンが行われています。

 

キャッシュバックキャンペーン

オンライン専門代理店で契約を行うと、キャッシュバックが受け取れます。

詳細は以下をご覧下さい。

 

@nifty光(ニフティ光) キャッシュバック | 最大33,000円
当サイトより@nifty(ニフティ)光をお申し込みいただくと最短3ヵ月で最大33,000円キャッシュバック!フレッツ光からの乗り換え(転用)や他社光コラボからの乗り換え(事業者変更)でも当サイトならキャッシュバックがもらえるため@nifty光のお申し込みで加入特典をお得に受け取るならぜひ当サイトまで♪