PR

光回線を集合住宅で利用する方法と確認方法は?

WiFi

インターネット接続サービスを新しく契約する際には、まずどんな「接続の種類」を選ぶのかを考えなければなりません。

 

現在最も一般的な接続方法は光回線接続サービスと言え、コストやスピード面で優れているのがこの光回線といえます。

 

そのほかにも置くだけでインターネット接続ができる機器や、モバイルルーターを使ったサービスなどもありますが、安定して高速の接続が必要なら光回線がおすすめです。

 

しかしこの光回線は、住んでいる建物によって選べるものや選べないものがあり、例えば集合住宅に住んでいると、お得にインターネット接続ができる光回線を選ぶ際に、事前にある程度の知識が必要となります。

 

そこで今回はそんな「集合住宅で光回線を利用する」ためにはどんな条件があるのか、そしてよりお得に利用するために選ぶべきサービスについて、紹介していきましょう。

 

ある程度の規模の集合住宅なら光回線が使える

まずはこのインターネット光回線は、どんなタイプの集合住宅で利用できるかについて見ていきましょう。

 

そもそも光回線とはどんな回線?

光回線とは、「光ファイバーケーブル」を使ってインターネットを接続する回線です。

 

光ファイバーケーブルが使われる前は、メタル(金属)を使ったアナログ回線が主流でしたが、現在の有線インターネット接続のほとんどは、すでに光回線に切り替わっていると言っても良いでしょう。

 

光回線の特徴は通信スピードが速く、さらに安定していることにあります。動画コンテンツのような容量の大きなデータを手軽に見られるのも、この光回線が普及したことで可能となりました。

 

建物に光回線が既に引き込まれている必要がある

戸建ての住宅の場合はこの光回線を戸別に敷設していくのですが、では集合住宅の場合はどうなるのでしょうか。

 

集合住宅の場合は建物に対して光回線を敷設し、さらに各戸に回線を分配していくことになります。

 

現在では一定規模のマンションなどの集合住宅には光回線が導入されていて、その基準は一般的には「16戸以上」が入っているマンションが目安となります。

 

現実的に新規で光回線を引くことは難しいかも

新築のマンションであれば、ほとんどが引き渡し時には光回線の設備が導入されていることが多く、新たに建物に光回線を敷設するために住人が手続きする必要はないといえます。

 

さらに新築でなくても、光回線が導入されていないマンションに、マンションの住人が新たに光回線を敷くことは、現実的には難しいのです。

 

なぜなら光回線は各戸に敷くのではなく、建物に対して敷設工事を行うからです。そのため回線を建物に導入するかどうかは、オーナーや管理者の仕事となります。

 

とは言っても、よほど古くて小さな集合住宅以外には既に光回線が導入されていることがほとんどです。

 

もし引っ越しなどで集合住宅を選ぶ際に気になるのであれば、事前に光回線の導入状況を確認してみると良いでしょう。

 

光回線の種類は管理組合に問い合わせてみよう

光回線にはいくつかの種類があり、建物によってどの回線が引き込まれているか異なります。この引き込まれている回線によって契約できるサービスが変わってきますので、まずは事前にチェックしておきましょう。

 

光回線の種類は問い合わせが可能

光回線にはよく耳にするサービスの種類だけでも「フレッツ光」「光コラボ」「NURO光」「auひかり」「eo光」「コミュファ光」などがあります。

 

それぞれ光回線を利用するという意味では同じ光接続となりますが、料金やサービスなどにそれぞれの特徴があります。

 

そのため自分が居住する建物にどの光回線が導入されているのかは、転居する前などに事前にチェックしておきたいものです。

 

光回線の種類は管理組合や管理サービス会社が把握していますので、問い合わせてみると良いでしょう。

 

光回線公式サービスから検索も

もしどの光回線が導入されているかを管理組合などに問い合わせるのが面倒だったり、自分で探したいというのであれば、ネットを使って調べることも可能です。

 

フレッツ光の場合はNTT東日本、NTT西日本から自分の住んでいるエリアを選び、郵便番号などから住所を絞り込めば該当する建物を探せます。

 

その中から自分の建物や部屋を選択すれば、利用できるフレッツ光のサービスがチェックできます。

 

後から詳しく説明しますが、回線の有無と一緒に、建物内でどのような配線方式が利用できるかも確認しておくと良いでしょう。

 

フレッツ光」「光コラボ」のサービスエリア検索・マンション導入タイプ確認サイト

 

https://flets.com/app2/cao/

 

サービス提供エリア確認・お申し込み | フレッツ光公式 | NTT西日本

 

NURO光」のサービスエリア検索・マンション導入タイプ確認サイト

 

【公式】NURO 光 現金キャッシュバック45,000円!さらに他社解約費用を最大6万円還元 | NURO 光 2ギガ/10ギガ
NURO 光のお申し込みで現金キャッシュバック45,000円!NURO 光でインターネットライフをより楽しく快適に

 

auひかり」のサービスエリア検索・マンション導入タイプ確認サイト

 

So-netが提供する高速インターネットサービスは基本料金割引特典実施中! | auひかり | So-net (ソネット)
高速インターネットサービスはSo-netのauひかり。安心安定のKDDIが提供するauひかり回線を利用。

 

eo光」のサービスエリア検索・マンション導入タイプ確認サイト

 

eo(イオ)|関西でネットを選ぶならeo光で決まり
光インターネットのeoサービス案内です。eoなら一つの回線で光ネット・光電話・光テレビをご提供できます。面倒な契約を一つにすっきりまとめて、ネットライフをお楽しみいただけます。

 

コミュファ光」のサービスエリア検索・マンション導入タイプ確認サイト

 

住宅種別選択|コミュファ光
「コミュファ光」公式サイト。ネット・電話・テレビをまとめておトクなコミュファ光。「サービスエリア検索」のページです。セキュリティや設定など、初心者でも安心のサポートも充実!

 

光回線の中でももっともメジャーなのがNTTフレッツ光

先ほどざっと光回線のサービスの種類をいくつか紹介しましたが、サービスがいくつかあるとはいえ、その基本となるのはNTTのフレッツ光です。

 

フレッツ光お申し込みサイト | BBN
NTTフレッツ光、光コラボのお得なキャンペーンお申し込みサイト。新品パソコン、タブレット、テレビ、PS5デジタルエディションのプレゼントやキャッシュバックなど、公式割引&限定特典で最大9万円以上もおトクです。フレッツ光のお申し込みはブロードバンドナビへ

 

全国くまなくカバーしている光回線は、実質的にはNTTが提供するフレッツ光回線だけと言ってもよく、最もメジャーな光回線となっています。

 

 

 

光回線といえばNTTフレッツ光がメイン

そもそもフレッツ光とは、日本国内で電話や通信インフラを一手に担っていたNTTが提供するインターネット接続回線です。

 

フレッツ光以外にも自前の回線を持っている事業者はありますが、あくまでその回線は部分的なものが多く、全国をネットワークで繋いでいるのはNTTの光回線のみと言ってもよいのです。

 

そのため、フレッツ光以外の回線も最終的には自前回線以外の接続でフレッツ光回線を「借りて」いる場合が多く、やはり光回線といえばフレッツ光というのが実情なのです。

 

NTTの光回線が最も国内では普及している

NTTフレッツ光のアドバンテージは、集合住宅で利用する際にも同様の意味を持ちます。

 

数多く集合住宅に導入されている光回線はNTTのフレッツ光と言ってもよく、もちろんその他のサービスを利用できる集合住宅もありますが、やはりその安心感と安定性では、NTTのフレッツ光が最も普及していると言っても良いでしょう。

 

フレッツ光が使えるなら光コラボも利用可能

さてこのように光回線はNTTのフレッツ光がおすすめということはお分かりになったと思いますが、実はこのフレッツ光回線をNTTとは異なる事業者と契約すると、お得に利用できるのです。

 

 

出典:NTT西日本

 

これが「光コラボ」と呼ばれるサービスです。

 

コスパを考えるなら「光コラボ」も要検討

 

出典:光コラボ申込サイト

 

光コラボとは、NTTから他の事業者が光回線を借りて、光回線接続を提供するというサービスとなっています。

 

光コラボは「光回線コラボレーションモデル」の略で、NTT以外の事業者がフレッツ光回線を借りて提供している光アクセスサービスを指します。

 

他の事業者が提供することでフレッツ光回線をNTTが独占利用せず、いろいろな会社の独自サービが利用できるようになるのが、この光コラボのメリットとなります。

 

さらに、NTTと直接フレッツ光を契約するよりも、この光コラボを利用したほうが基本的には月額料金がリーズナブルになるというのが、光コラボの最大のメリットと言えるでしょう。

 

光コラボにはいくつかの事業者から選択可能

ではこの光コラボは、集合住宅で利用することはできるのでしょうか?

 

実はフレッツ光が集合住宅に導入されていれば、光コラボが利用できるのです。

 

光コラボの種類としては、事業者によって名前が異なり「ドコモ光」「ソフトバンク光」「@TCOMヒカリ」「ニフティ光」など多種の光コラボが用意されています。

 

集合住宅にフレッツ光が開通しているのなら、このような光コラボの中から自分に合った、そしてリーズナブルなサービスが選べるというわけです。

 

配線方式によっては工事不要で利用できる場合も

光回線を集合住宅で使う際には、回線が導入されているかどうかの他に、もう一つチェックしておきたいことがあります。

 

それは、建物に引き込まれている光回線が、各戸にどのような形式で配線されているかということです。

 

建物内の配線方式によって簡単に光コラボが利用可能

この配線の形式には3つの種類があり、それぞれ「光配線方式」「VDSL方式」「LAN配線方式」と呼ばれています。

 

この形式によって、住人が選べる光回線サービスが決まってきますので、もし自分でサービスを選びたいのであれば、それに対応した方式でなければなりません。

 

引っ越しの物件を決める際にこの配線方式を聞いておき、自分が契約したい光インターネットサービスに建物内の配線方式が対応しているかを事前に把握しておくのが確実です。

 

建物内の配線方式によっては無派遣工事の場合もあり

もし宅内配線が光配線方式で、既に部屋に「光コンセント」が設置されている場合、工事の立ち合いなしの無派遣工事という方法で契約から開通までがスピーディーに進みます。

 

 

さらにVDSL方式で導入されている場合も同様で、契約後に送られてくるモデムなどの機器を利用開始日に繋げば、素早く利用することも可能となります。

 

 

 

集合住宅ならNTTフレッツ光か光コラボを

光回線を集合住宅で利用するには、導入棟数が全国で最も多いNTTのフレッツ光や光コラボなどを検討することが迅速に解決できる方法のひとつとなります。

 

ではNTTと光コラボはどのような条件で使い分けると良いのでしょうか。

 

安定のNTTフレッツ光は店舗やオフィスで

 

出典:フレッツ光申込サイト

 

インターネット接続で安定性を求める場合は、やはり信頼のおけるNTTを利用するのが良いでしょう。

 

なにしろNTTはフレッツ光回線を自前で管理している大元であるため、トラブルの少なさや安全性においては優位と言えます。

 

そのためネットの安定性が求められる店舗やオフィスなどで利用する場合には、フレッツ光がおすすめとなります。

 

フレッツ光キャンペーン一覧 NTT東日本エリア
【NTT東日本エリア】フレッツ光キャンペーン一覧。当サイトならキャッシュバックまたは豪華特典+NTT公式割引♪とキャンペーンの併用が可能!当サイト限定の豪華特典キャンペーンには新品パソコン・人気タブレット・PS5デジタルエディションや任天堂スイッチなどの最新ゲーム機などおトクなキャンペーンが勢揃い!

 

フレッツ光キャンペーン一覧 NTT西日本エリア
【NTT西日本エリア】フレッツ光のキャンペーン一覧。当サイトならキャッシュバックまたは豪華特典と選べるキャンペーンに加え、NTT西日本公式キャンペーンとも併用が可能!商品特典には新品パソコンや人気タブレットにPS5デジタルエディションや任天堂スイッチなどの最新ゲーム機も!他にはない機器特典を多数ご用意♪

 

多彩なサービスやコスパを求める個人向けには光コラボ

 

出典:光コラボ申込サイト

 

その一方で個人向けには、光コラボがコスパを考えてもおすすめです。

 

光コラボには事業者ごとに色々なサービスが別途用意されていますから、使い方に合わせて選んでも良いでしょうし、月額料金などのコスパを比較して選んでも良いでしょう。

 

さらに光コラボを契約する際に注目したいのが、契約する際のキャンペーンです。

 

このキャンペーンが用意されている光コラボの中から、お得なものをチョイスするというのも、リーズナブルに光回線を利用するための重要なポイントです。

 

例えば「@TCOMヒカリ」は独自のキャンペーンが充実しており、光回線を契約する際により一層お得に利用できるため、ぜひチェックしておきたいものです。

 

光コラボレーション キャンペーン一覧
当サイト限定!光コラボレーション新規・転用キャンペーン実施中です。お申し込みプランに応じて、高額キャッシュバック実施中!

 

万一光回線が使えない場合は置くだけでWi-Fi環境を作る方法も

ここまで集合住宅で光回線を利用するためのチェックポイントを見てきましたが、ほとんどの集合住宅で光回線が利用できると言ったものの、すべての集合住宅で必ずしも光回線が使えるというわけではありません。

 

では、もし自分の住んでいる集合住宅や、これから引っ越そうとしている集合住宅に光回線が用意されていなかった場合、一体どんな接続方法が利用できるのでしょうか。

 

光回線以外のインターネット接続も検討しよう

光回線以外のインターネット接続には、スマホのモバイルネットワークを利用するモバイルルーターや、WiMAX、そして置くだけのWi-Fiサービスなどがあります。

 

建物に光回線が届いていない時は、この中から自分の用途に合わせた方法を選択することになります。

 

「置くだけ」Wi-Fiの利用も

光回線が利用できない場合、その代わりに使うのであれば、置くだけでWiFi環境が作れるホームルーターであるソフトバンクエアーを利用する方法がおすすめとなります。

 

 

出典:ソフトバンクエアー申込サイト

 

ソフトバンクエアーはソフトバンクのモバイルネットワークに接続してインターネットが利用できるサービスのため、光回線が集合住宅に繋がっていなくても、スマホのネットワークを使ってパソコンやゲーム機などをインターネット接続できます。

 

モバイルネットワークを利用していますから、ソフトバンクのスマホが電波を拾える場所であれば利用可能で、一般的な使い方であれば問題なく利用でき、スマホのようなギガの制限も原則的にはありません。

 

さらに名前の通り設置する際に配線や設定がほとんど必要なく、機器が届けば外出先でWi-Fiに接続するのと同じ程度の手軽さで使い始めることが可能です。

 

置くだけWi-Fiの弱点とは

ただし、通信速度や接続の安定性に関しては、やはり有線で繋がる光回線ほどの性能が期待ができなかったり、使い方によってはコストパフォーマンスでは劣るというのも事実です。

 

そのため、集合住宅で光回線が使えるのであれば、置くだけWi-Fiよりは光コラボを利用した方が正解と言えるでしょう。