PR

新築住宅でインターネット回線を使えるようにするには?

WiFi

このページをご覧になっているという事は、新築住宅への転居を具体的にお考えになっているか、決まったという事ですよね?おめでとうございます。

 

ガス・水道・電気のインフラ整備は基本的に滞りなく進んでいきますが、インターネット回線は今やそれらと同じくらい重要な生活インフラになっていますが、その選定や導入に関しては居住者自らが行動する必要があります。

 

新築住宅でインターネットを行えるようにする手段は、一つではなく何通りもあり、更にその中から最適なサービスを選ぶ必要があります。

 

新築住宅が建つ場所や家族の状況、利用の可否など色々な条件によって選択の範囲はいかようにも変わりますし、長期間に渡って利用する事が多いインターネット回線サービスなので、コスパの良さも重要な選択肢の一つになります。

 

新築住宅でインターネット回線を使えるようにする手段を、具体的なサービスまで交えて解説していきます。

 

 

新築住宅に導入するインターネット回線の種類を選ぶ

 

新築住宅に導入するインターネット回線の意義としては、自宅で自由にWi-Fiを使ってインターネットが利用できる環境を構築するということです。

 

自宅にインターネット環境を構築するための回線種類としては、光ファイバーケーブルを使う「光回線」・無線を使う据え置き型の「ホームルーター」・小型で持ち運びができて無線利用の「モバイルルーター」の3通りがあります。

 

それぞれメリットとデメリットがあり、向き不向きもありますので、それぞれの回線ごとに詳細を見ていきましょう。

 

モバイルルーター

小型の筐体のバッテリー駆動で、持ち運び可能なWi-Fi環境が構築出来るのがモバイルルーターです。

 

メリット

無線を利用するので導入に際して工事は不要であり、持ち運びができるため利用できる場所を選びません。

 

新築住宅が完成する前に入手しておけば、転居前から利用する事ができますし、新居に移る時にモバイルルーターを持ち込めば、当日からインターネット環境が利用できる利便性があります。

 

新居で利用するだけでなく、外出時に鞄に入れておけば行った出先で自宅と同様のWi-Fi環境が利用できる利便性もあります。

 

デメリット

モバイルルーターのサイズが小さい事は持ち運びにはメリットですが、アンテナサイズにも限界が当然出てくるので受信感度は3つの回線の中で最も劣り、回線速度は遅くなる傾向になります。

 

Wi-Fiが飛ぶ範囲も限られてくるため、利用する機器や端末の近くにモバイルルーターを置いて利用する事が基本であり、異なる部屋の家族で同時利用する回線としては不向きです。

 

新居でも単身なら問題は無く、家族が増えるまでの繋ぎとして利用するならOKです。

 

ホームルーター

導入工事不要の無線を利用する据え置き型の機器で、コンセントに挿すだけでインターネット環境が直ぐに構築出来ます。

 

メリット

無線を利用するインターネット回線という意味ではモバイルルーターと同じですが、100Vコンセントを利用するため安定した電源供給が得られるのと、筐体サイズにも自由度があるため受信感度も上がり、光回線に近い環境が簡単に実現出来る手軽さがあります。

 

Wi-Fiが飛ぶ範囲も広くなり、光回線でWi-Fiルーターを導入した場合に遜色がなく、新築住宅でも広い範囲で家族の同時利用が可能です。

 

新築住宅が完成前の住所が確定する前でも、現状お住まいの住所に契約して送ってもらえば、新築住宅に入居するときに利用住所の変更手続きをすれば、当日から新居でインターネット環境が利用できる様になります。

 

デメリット

光回線に近い環境はホームルーターで構築が可能ですが、実際に利用できる回線速度は光回線と比較すれば大きく劣ります。

 

引っ越しが多い生活環境の方に、都度工事が必要無いホームルーターはオススメしますが、新築住宅への転居なら長期間引っ越ししない前提になるため、光回線が近くに来ていないなどの特別な理由が無い限りは、家族で利用するインターネット回線として光回線をオススメします。

 

光回線

有線の光ファイバーケーブルを個別に引き込み工事を行い、安定したインターネット回線が利用できます。

 

メリット

3つの回線の中で、最も利用できる回線速度が安定して速く、容量の利用制限も一切無く、家族で利用する新築住宅のインターネット回線に最適です。

 

デメリット

回線導入工事が必須であることです。

 

引っ越す都度に工事は必要ですが、新築住宅に転居するなら長期利用する前提なので、基本的にそのデメリットは考える必要が無いと言えます。

 

手間のかかる工事を行ってでも、長期間継続して利用するインターネット回線としては、光回線をオススメします。

 

また、無線回線の2つとは異なり、新築住宅にWi-Fi環境を構築するためには、別途Wi-Fiルーターを準備する必要があります。

 

光回線を代理店で契約すれば、Wi-Fiルーターがプレゼントされます。

 

光コラボレーション Wi-Fiルーターキャンペーン
光コラボレーションの新規加入で、ご希望の方にもれなく、当サイト限定で最大867Mbps対応のIPoE(IPv4 over IPv6)無線LANルーターをプレゼントいたします。標準モデルの無線LANルーターもご用意しておりますので、用途に応じてお選びいただけます。

 

 

新築住宅で利用する「モバイルルーター」のオススメは?

新築住宅に転居する前に入手しておけば、引っ越し当日からインターネット回線が利用できます。

 

モバイルルーターは常に自分の近くに置いておけば、いつでもWi-Fiでインターネット回線が利用する事が可能になるため、スマホプランも最低限の安価なタイプにすればよく、コスパを考えてもメリットがあります。

 

単身世帯が新築住宅で利用するモバイルルーターのオススメなサービスを、具体的にご紹介しましょう。

 

楽天ワイファイポケット

 

(出典:楽天モバイル

 

容量と月額料金

無制限 3,278円

 

本体料金

7,980円(本体購入と同時に回線申込みで1円)

 

現在行われているキャンペーンは、端末と回線の同時申込みで、端末本体価格が7,979円割引きされて1円で購入できます。

 

スマホと同じ、楽天モバイルのプラン「最強プラン」は、3GBまでの利用なら月額1,078円・20GBまでなら2,178円・それ以上は無制限に利用しても3,278円の、従量制プランです。

 

オススメポイント

安価に無制限が利用できる尺度で考えれば、楽天モバイルのポケットWi-Fiはコスパ抜群と言えます。

 

3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)と比較すると、アンテナ基地局の絶対数で大きく劣るため、事前に新築住宅で利用できるか?確認する必要があります。

 

現在のプランに変わるのと同時に、楽天モバイルの回線が利用できない場所でもauのパートナー回線が無制限に利用できる様になったため、以前に比べて懸念材料が大きく払拭されました。

 

GMO WiMAX

 

(出典:GMOとくとくBB WiMAX公式)

 

容量と月額料金

無制限 2ヵ月目まで1,474円・3年まで3,784円・4年目以降4,444円

 

本体料金

21,780円(605円×36回)

 

WiMAXの電波が利用できないエリアではau回線も使う事ができますが、月額1,100円のプラスエリアモードのオプション料金が必要になり、1ヵ月に利用できるデータ量も30GBまでの制限があります。

 

オススメポイント

WiMAXの電波が利用できるエリアに新築住宅があれば、モバイルルーターの中で比較的高速な通信環境が利用できます。

 

WiMAXは色々な企業から提供されていますが、その中でも「GMOとくとくBB WiMAX+5G」は最安値級です。

 

クイックWiFi

 

(出典:クイックWiFi公式

 

容量と月額料金

100GB 3,718円(本体代込)

 

クイックWiFiは本体代も月額料金に込みで、年数に拘わらず料金が一定で安心して利用できます。

 

前述の2つと比較して月に100GBの制限がありますが、多くの単身ユーザーにとっては無制限に近い感覚で利用が可能です。

 

オススメポイント

クイックWiFiは特定の回線だけに限定されない、クラウドSIMという形態で運用されています。

 

これは、3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の全ての電波が利用可能になっていて、利用する場所によって最適な電波を、自動的にモバイルルーターが判断して掴みにいきます。

 

新築住宅だけでなく、日本中をアクティブに動くユーザーに大きなメリットがあり、特定回線の大規模通信障害発生時にもインターネット回線を失いません。

 

新築住宅で利用する「ホームルーター」は?

光回線の工事ができない事情等がある場合、光回線に近い環境がコンセントに挿すだけで簡単に利用ができるホームルーターは、通信キャリア4社からそれぞれサービスが提供されています。

 

新築住宅に転居する前に入手しておけば、転居初日からインターネットが利用できます。

(使用場所の変更手続きが基本的に必要になります)

 

ドコモ home 5G HR02

 

(出典:GMOとくとくBB ドコモ home5G

 

月額料金

4,950円

 

本体価格

71,280円 (月々サポートで毎月分1,980円割代金分を36回割引で実質無料)

 

上記キャンペーンサイトで、「home 5G プラン」新規契約と専用端末の購入で、amazonギフト券18,000円分がプレゼントされるキャンペーンが行われています。

 

オススメポイント

ドコモ回線を使うため、幅広い日本中のエリアで利用ができます。

 

スマホプランにドコモの契約をしているユーザーは、スマホ1台につき最大1,100円のセット割が適用されます。

 

Speed Wi-Fi HOME 5G L13

 

(出典:UQ WiMAX公式

 

月額料金

1年目(13ヵ月)4,268円 2年目以降4,950円

 

本体価格

19,800円(月々550円×36回)*クレジットカードで通信料支払の場合

 

オススメポイント

WiMAXの電波はauとは異なり、提供エリアが限定されるため、新築住宅で利用できるか事前に調べる必要がありますが、利用できる場所なら高速なWiMAX回線が快適に利用できます。

 

auのスマートバリューや、UQモバイルのセット割にも対応しています。

 

ソフトバンクエアー

 

(出典:ソフトバンクエアー公式

 

月額料金

1年目3,278円 2年目以降5,368円

 

本体価格

71,280円 (月々割で毎月分1,980円割代金分を36回割引で実質無料)

 

代理店契約ならキャッシュバックキャンペーンを行っていて、公式で契約するよりもお得です。

 

ソフトバンクエアーキャッシュバック 最大35,000円を現金還元
当サイトよりSoftBank Air(ソフトバンクエアー)をお申し込みいただくと最大35,000円キャッシュバック!さらにソフトバンク公式の乗り換えキャンペーンや月額料金割引キャンペーンとも併用可能♪お得にソフトバンクエアーを始めるならぜひ当サイトまで!

 

 

現在「SoftBank Air ハッピープライスキャンペーン」が行われていますので、1年間通常よりもお得な料金で利用が可能になっています。

 

60歳以上の方は更にお得で、「60歳以上向け!SoftBank Air 割引サポート」では2年間に渡り月額3,080円で利用する事ができます。

 

オススメポイント

オンライン専門代理店で契約して得られるキャッシュバックまで考慮すれば、コスパ良くホームルーターが新築住宅で利用できます。

 

スマホプランにソフトバンクや、ワイモバイルを利用中の方はセット割の適用対象になります。

 

 

Rakuten Turbo5G

 

(出典:楽天モバイル

 

月額料金

1年目1,980円 2年目以降4,840円

 

本体価格

41,580円 (24回払いで月額1,732円・楽天カード支払限定で48回払いも可能になり月額866円 *初回請求分のみ24回は1,744円・48回は878円)

 

現在は、1年間月額料金が割引きになるキャンペーンを行っています。

 

オススメポイント

買い物は楽天市場、利用するクレジットカードは楽天カード、使っているスマホは楽天モバイルなど、楽天経済圏の利用が多いユーザーなら、ポイント還元などでメリットがあります。

 

 

コスパを比較すればオススメは「ソフトバンクエアー」

 

(出典:ソフトバンクエアー申込サイト)

 

ソフトバンクエアーはオンライン専門代理店で契約するとキャッシュバックが得られて、最もコスパ良く新築住宅で利用ができるホームルーターです。

 

キャッシュバック詳細については、以下をご覧下さい。

 

ソフトバンクエアーキャッシュバック 最大35,000円を現金還元
当サイトよりSoftBank Air(ソフトバンクエアー)をお申し込みいただくと最大35,000円キャッシュバック!さらにソフトバンク公式の乗り換えキャンペーンや月額料金割引キャンペーンとも併用可能♪お得にソフトバンクエアーを始めるならぜひ当サイトまで!

 

 

キャッシュバックの金額まで考慮して、2年間の実質支払費用を比較してみましょう。

 

2年間の実質支払額比較

 

ドコモ home 5GHOME 5G L13ソフトバンクエアー楽天モバイル
Rakuten Turbo
基本月額 1年目4,950円4,818円3,278円3,712円
基本月額 2年目4,950円5,500円5,368円6,572円
機種代実質0円19,800円0円41,568円
2年間合計金額118,800円123,816円103,752円123,408円
キャッシュバック18,000円0円33,000円0円
2年間実質合計100,800円123,816円70,752円123,408円
実質月額料金4,200円5,159円2,948円5,142円

 

機種代込みの月額料金2年分の合計費用から、キャッシュバック金額を差し引いたのが実質金額です。

 

他のサービスと比較して、ソフトバンクエアーだけが3,000円を切る実質月額料金は圧巻のコスパで、新築住宅で利用するホームルーターに最適です。

 

公式HPで申し込んでも、携帯電話ショップで申し込んでも、オンライン専門代理店で申し込んでも、月額料金やサポートなどに差違は一切無く、異なるのは契約時のキャッシュバックだけです。

 

 

新築住宅で「光回線」を利用するための準備

無線回線を利用するインターネットは、新居が完成する前でも入手できますが、光回線の場合は完成日を見据えた上で早期に利用するための準備が必要になります。

 

新築住宅ではインターネット回線を長期的に利用するため、回線品質に優れた光回線が最適です。

 

実際の利用者が回線速度を計測している「みんなのネット回線速度」で、直近3ヵ月の回線速度の平均を回線ごとに比較してみましょう。

 

回線Ping下り上り
光回線27.2ms379.8Mbps347.1Mbps
ホームルーター81.4ms167.9Mbps19.2Mbps
モバイルルーター86.0ms53.5Mbps13.1Mbps

 

全ての面で光回線の優位は圧倒的で、新築住宅には工事の手間がかかっても「光回線」が最適です。

 

申込みから開通までは時間が必要

光回線は、申込みから立ち会いが必要な導入工事のスケジュールを調整した上で、工事が完了して初めて利用ができるようになります。

 

光回線はNTT(フレッツ光・光コラボ)・KDDI(auひかり)・ソニーネットワークコミュニケーションズ(NURO光)・電力系(eo光・コミュファ光など)・ケーブルテレビ&有線系が主で、それぞれ工事期間が大きく異なります。

 

また、春先や秋口など人の移動が多くなる時期では、通常よりも工事が行えるまでの時間が掛かるケースが多くなります。

 

NTT(フレッツ光・光コラボ)

フレッツ光お申し込みサイト | BBN
NTTフレッツ光、光コラボのお得なキャンペーンお申し込みサイト。新品パソコン、タブレット、テレビ、PS5デジタルエディションのプレゼントやキャッシュバックなど、公式割引&限定特典で最大9万円以上もおトクです。フレッツ光のお申し込みはブロードバンドナビへ

 

電電公社の時代から多くの工事業者を傘下に持つNTT東西のフレッツ光は、他の回線と比較して工事が完了するまでの期間が短く、概ね2週間から1ヵ月程度になっています。

 

KDDI(auひかり)

So-netが提供する高速インターネットサービスは基本料金割引特典実施中! | auひかり | So-net (ソネット)
高速インターネットサービスはSo-netのauひかり。安心安定のKDDIが提供するauひかり回線を利用。

 

auひかりは、概ね1ヵ月から2ヵ月程度が開通までには必要になります。

 

ソニーネットワークコミュニケーションズ(NURO光)

【公式】NURO 光 現金キャッシュバック45,000円!さらに他社解約費用を最大6万円還元 | NURO 光 2ギガ/10ギガ
NURO 光のお申し込みで現金キャッシュバック45,000円!NURO 光でインターネットライフをより楽しく快適に

 

NURO光は、開通までに概ね1ヵ月から3ヵ月が必要になります。

 

福岡県、佐賀県、岐阜県、北海道エリアは工事状況によりますが、さらに1ヵ月から2ヵ月は余分に見積もっておく必要があります。

 

他の回線とは異なり、NURO光は宅内工事と屋外工事が別の日に行われる事が多く(特に関東エリア以外)、立ち会いが必要な工事が2日必要なスケジュールになるため、更に開通までに時間がかかる可能性があります。

 

電力系・ケーブルテレビ系など

超速NETに次世代 AI Wi-Fiがついて、実質月額900円~! | J:COM
J:COMなら超速NETが最短4日ですぐに使える!次世代 AI Wi-Fiで家じゅうサクサクつながるインターネットが、お得にご利用いただけます。

 

数多くの会社があり、それぞれ工事の状況も異なっていますが、概ね1ヵ月から2ヵ月程度は見ておく必要があります。

 

新築住宅でなるべく早く光回線を利用するためには?

新築住宅に転居したら、なるべくインターネット回線が不通の期間は短くしたいもの。

 

そのためには、早い準備をすることが前提になりますが、早ければそれで良いわけではありません。

 

新築住宅の工事の進み具合は前倒しになる事は少なく、どちらかと言えば押し気味になる事が多いですが、開通までの期間が短いフレッツ光なら、引きつけての対応が可能でオススメです。

 

光回線の利用には確定した住所が必要

新築住宅の住所は居住地として確定していない事も多く、市町村役場に新築届を提出する必要があり、そこから住所が確定するまでには2週間から3週間程度がかかる事は計算に入れておく必要があります。

 

住所が確定した上で、初めて光回線の申込みが可能になります。

 

新築届は一般的に施工業者が行いますが、念のため進捗状況を確認しておきましょう。

 

NTTに新築住所の登録を行う

市町村が管理している住民登録の住所とは別に、NTTは居住者の住所管理を行っています。

 

電話回線という公共性が高いインフラをNTTは担っているため、新築住宅への対応力という意味からも光回線はフレッツ光・光コラボをオススメします。

 

NTTのエリアマップに登録されてから、初めてフレッツ光・光コラボの申込みは可能になります。

現地を確認する事も多く、エリアマップに掲載されるまでには数週間から1ヵ月程度がかかる事があります。

 

NTTの窓口

0120-116-000(AM9からPM5)

 

回線工事の日は電気も必須条件

新築住宅に転居する前でも立ち会いができれば、回線工事日を設定する事は可能です。

 

ただし、工事を行う時点で電気工事が完了していて、電気が使えるようになっている事が大前提です。

 

工事を行っても電気が使えなければ開通が確認できないため、電気が開通前には工事日を設定する事はできません。

 

フレッツ光・光コラボの新築住宅導入スケジュール感まとめ

転居したらすぐに光回線が利用できる、フレッツ光・光コラボを新築住宅に導入するための、ザックリとした多少は余力を持ったスケジュール感としては、新居完成前の概ね3ヵ月前程度から居住地登録などの確認を始めて、新居完成予定日の2ヵ月程度前あたりを目処として、完成日の前後に回線工事の日を確定させてください。

 

フレッツ光・光コラボ以外の光回線の場合は、更に1ヵ月から2ヵ月程度を前倒しで進めていく必要があります。

 

既存の光回線は新築住宅でも継続利用ができるのか?

現在利用している光回線がある場合、新築住宅で利用ができるかどうかは回線に依って異なります。

 

光回線の利用には新築住宅のすぐ側まで光回線が来ている必要があり、提供エリアになっていな場所では継続利用ができません。

 

フレッツ光・光コラボでは日本全国全県の広い範囲が提供エリアになっていますが、他の回線では利用できる範囲が大幅に小さくなるため、ご利用中の光回線サービスにお問い合わせをしてください。

 

新築住宅が提供エリアになっている場合は、移転手続きを行えば使っている光回線サービスの継続利用ができます。(一部の回線サービスでは一度解約が必要になるケースもあります)

 

継続利用する場合でも、新築住宅に回線導入工事が必須なのは同じです。

前述のスケジュール感で、転居先でインターネットが利用できない期間を最短にしてください。

 

 

新築住宅で利用するコスパも考慮したオススメ「光回線」は?

新築住宅に導入する光回線としては、工事期間の短さや提供エリアの広さも含めて「フレッツ光」が最適です。

 

フレッツ光を個人で契約する利用形態としては、プロバイダとフレッツ光がワンセットになっている「光コラボ」がオススメです。

 

光コラボは数多くのサービスがありますが、コスパを考慮した選び方を考えてみましょう。

 

光回線が自宅にあればスマホプランで無制限・大容量プランは不要

 

(出典:MM総研

 

「光回線サービスを選ぶのに、何でスマホプランの話?」と、疑問に感じる方もいらっしゃると思いますが、通信費トータル費用として支出を考えた場合、大きな割合を占めているのはスマホ代です。

 

特に家族で利用している場合はその傾向が強く、スマホ代を安く抑えられる手段として、一部の光回線サービスで行われている「セット割」が、支出を抑える大きな役割を果たせます。

 

多くのスマホユーザーは3GB程度の利用に留まる

先のグラフは、2023年3月1日に株式会社MM総研が調査した、「携帯電話の月額利用料金とサービス利用実態(2023年1月調査)」です。

 

これはスマホでWi-Fi利用を除く、契約しているプランのギガを消費した量だけを表しています。

 

自宅でのスマホ利用では光回線をWi-Fiで使用する場合、スマホプランのギガを消費するのは外出時のWi-Fiが利用できない場所でのみになり、それほど多くのギガ消費はされていません。

 

グラフで最も多いのは月に1GB未満の利用者層で、3GB未満に多く固まっている事が解ります。

 

新築住宅に光回線を導入するなら、スマホプランで無制限・大容量プランを利用している場合、多くは無駄になっているケースが大半です。

 

そのためスマホプランは3GB程度への乗り換えが最適ですが、小容量プランの利用は3大キャリアではコスパが非常に悪く、格安SIMの利用でコスパは大きく向上します。

 

安価に利用ができる格安SIMに「セット割」が適用される光コラボを選べば、更に支払費用は抑えることが可能になります。

サブブランドはキャリアが提供しているため、基本の月額料金は格安SIMに比べて高額ですが、「セット割」が適用される光コラボを選べば、格安SIMに遜色無い価格で利用ができます。

 

大手キャリアと格安SIMの違いについての詳細は、以下も併せて是非ご覧下さい。

 

404 NOT FOUND | フレッツ光 NEWS
お役立ち情報を随時発信中!

 

 

具体的に新築住宅にオススメの光コラボと、スマホプランにセット割が適用されるコスパの良い組みあわせをご紹介しましょう。

 

新築住宅にオススメ① 「@TCOMヒカリ」+「LIBMO」

 

(出典:@TCOMヒカリ申込サイト

 

フレッツ光を使う光コラボの「@TCOMヒカリ」は、一戸建てタイプで月額5,610円です。

 

安価に利用ができるだけでなく、技術力がある上に回線増強にも熱心で、快適なインターネット回線品質が新居で利用できます。

 

新居に@TCOMヒカリを導入するのに併せて、家族のスマホプランを「セット割」が適用される格安SIMの「LIBMO」へ乗り換える事で、通信費トータル費用は抑える事が可能です。

 

LIBMOのセット割

 

(出典:LIBMO公式)

 

@TCOMヒカリは、格安SIM「LIBMO」で「セット割」が適用されます。(スマホ1台につき毎月220円のセット割が最大5契約まで適用)

 

LIBMOは数ある格安SIMの中で2社しかない「エコノミーMVNO」になっている、ドコモからお墨付きを与えられた格安SIMとして全国のドコモショップでも提供され、安心して利用する事ができます。

 

具体的なプラン内容と、セット割適用後の価格も見てみましょう。

 

〇納得プラン
データ容量通常料金@T COMヒカリ
月額割引額
実質金額
3GBプラン980円1回線 220円/月割引760円
8GBプラン1,518円1回線 220円/月割引1,298円
20GBプラン1,991円1回線 220円/月割引1,771円
30GBプラン2,728円1回線 220円/月割引2,508円

 

@TCOMヒカリを併せて利用してセット割を適用すれば、3GBのプランが月額760円で利用する事ができます。

 

3GBプランにセット割を適用させれば、月額760円で利用ができて、家族5人で利用してもスマホ代の合計は3,800円にしかなりません。

 

新築住宅の光回線を加えた、家族5人の通信費トータル費用でも月額9,410円にしかなりません。

 

キャッシュバックキャンペーン

@TCOMヒカリでは現在代理店契約で、キャッシュバックキャンペーンを行っています。

キャッシュバック特典の詳細は、以下をご覧下さい。

 

@T COM(アットティーコム)ヒカリ 最短3ヵ月で最大55,000円キャッシュバック
@T COM(アットティーコム)ヒカリの新規加入で最大55,000円を最短3ヵ月で現金キャッシュバック!さらに工事費も最大19,800円が割引で実質無料!おトクに@T COM(アットティーコム)ヒカリを始めるチャンス!

 

12ヵ月間月額料金の割引

契約から12ヵ月間、月額料金が割り引かれます。

マンションタイプでは月額330円が12ヵ月割引きされます。

 

回線導入工事費無料

新築住宅に光回線の導入工事を行うのにかかる工事費が、今なら実質無料になるキャンペーンを行っています。

 

@T COM(アットティーコム)ヒカリ 新規工事費無料特典
@T COM(アットティーコム)ヒカリなら2年バリューパック(24ヵ月の自動更新)を新規でお申込みの方は「新規工事費無料特典」の適用で、最大22,000円(税抜20,000円)の新規工事費が月額料金から毎月割引され実質無料!初期費用がお得に。

 

 

新築住宅にオススメ② 「ビッグローブ光」+「UQモバイル」

 

(出典:ビッグローブ光申込サイト)

 

フレッツ光を使う光コラボの「ビッグローブ光」は、一戸建てタイプで月額5,478円です。

 

UQモバイルのセット割

【公式】格安sim・格安スマホ UQ mobile オンラインショップ|KDDI
UQモバイルの公式オンラインショップ。スマートフォン、ケータイなどの最新製品はもちろん、電池パック、充電器などのオプション品のご購入もできるほか、お得なセールなども実施中!

 

UQモバイルはauのサブブランドで、auと同様の通信品質を安価に利用ができます。

 

UQモバイルのプラン内容は、2023年6月1日に大幅改定されています。

3GBの利用を考えた場合、毎月4GBまで利用ができる「ミニミニプラン」(月額2,365円)が最適です。

 

ビッグローブ光と併せて利用する事で割引き額を最大にしたスマホ1台の月額料金は、(UQモバイル ミニミニプラン)2,365円-(セット割)1,100円-(au PAYカード支払指定)187円=1,078円 になります。

 

新築住宅の光回線を加えた、家族5人の通信費トータル費用は月額10,868円で利用できます。

 

キャッシュバックキャンペーン

ビッグローブ光を現在代理店契約すれば、キャッシュバックキャンペーンを行っています。

キャッシュバック特典の詳細は、以下をご覧下さい。

 

ビッグローブ光 高額キャッシュバックを現金還元
【当サイト限定】BIGLOBE(ビッグローブ)光を新規でお申し込みの場合、高額キャッシュバックを現金還元!お得にビッグローブ光を始めよう!

 

 

工事費無料キャンペーン

新築住宅に光回線の導入工事を行うのにかかる工事費が、今なら実質無料になるキャンペーンを行っています。

 

ビッグローブ光 新規工事費キャンペーン
BIGLOBE(ビッグローブ)光の工事費が毎月割引される「初期工事費無料キャンペーン」についてご案内。ビッグローブ光ならキャンペーンの適用で最大28,600円の工事費が実質無料に!超高速の光インターネットをお得に始めたい方はこの機会をお見逃しなく♪