PR

通信費を見直したい。ネットとスマホを快適かつ安く利用する方法

WiFi

「デフレ」という言葉は日本人の多くに既に馴染んでいますが、世界中の国を引っ張る指導者達にとって最も恐ろしい言葉であり、それこそどんな手を講じても回避したいものです。

事実、第2次世界大戦以降にはデフレに陥った国は、日本を除いて存在していません。

 

デフレ下では物の値段が下がり続けますが、1990年代以降の数値を見れば、明確に物価が上昇したのは主に消費増税をしたタイミングのみで、当然本質的な解決にはなりません。

少なくとも1998年頃から現在まで、日本経済はデフレを継続しています。

 

自由主義経済の中では経済成長率は欠かせず、デフレはそれを阻害する決定的な要因になります。

20年以上デフレが続いて世界で唯一停滞した日本経済は、経済成長率も当然最下位を独走しています。

コロナ禍を脱出する中で、世界経済は持ち直しの傾向が出る中、為替と資源高が要因の物価値上がりは、本質的なデフレ克服に繋がるのかは、消費税の値上げ同様になる可能性もあり余談を許しません。

 

2023年2月9日に内閣府は、2022年10~12月期の国内総生産(GDP)を前年比0.1%増への下方修正を発表し、実質の0成長を認めました。

先行きの不透明感は払拭どころか増す中でも、国は今後の増税を画策している事を隠しません。

 

日本国民が出来る事は、当分選挙も無い事から、生活防衛の自衛手段をとるしかありません。

物の価格が値上がり傾向にあり、日々の生活費が高騰する中で効果的なのは、毎月継続して支払う固定費の見直しです。

 

同じ金額を払い続ける、保険料やサブスクサービスなどの固定費を見直せば、実質使える金額を増やす事になります。

固定費の中でも占める割合が小さくない、スマホ代などの通信費の見直しは、利用の我慢が強いられる事を伴う事が予想されて、躊躇する方が少なくありません。

 

しかし、それは決して不可能な事ではありません。

3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の利用者が、ネットとスマホを快適かつ安く利用する、通信費を見直す具体的な方法を解説します。

 

(*文中の価格表記は、特に記載の無い限り全て税込です)

 

 

快適に通信費を下げるために知っておきたい事

インターネットの利用は生活の中に浸透していて、この利用が制限される事は大きなストレスになり、それを伴う事で毎月支払う固定である通信費が安くなっても、価値があるとは言えません。

 

快適な通信環境を維持しながら、通信費を下げる見直しのためには、知っておきたいポイントが幾つか有ります。

 

無制限・大容量プランを契約中の方

ドコモ・au・ソフトバンクの無制限・大容量プランは、各社の主力であり顧客獲得に最も力を入れているプランです。

 

特に希望無く携帯電話ショップに行けば、ニーズに関係無く勧められるのがこのプランです。

3大キャリアのプランは、この無制限・大容量プランと小容量の従量制プランの2つで構成されていて、各種割引制度を用いて割安感を強調していますが、結論から言って非常に割高です。

 

小容量プランは言わば撒き餌で、飛び込んできた客には各種割引制度を用いれば、価格的に大差が無い無制限・大容量プランに誘導するのが常套手段で、同様の説明を受けてプラン契約したユーザーが多くなっています。

 

このプランで契約している家族では、家族の人数にもよりますが、概ね15,000円から20,000円前後の程度の金額は、毎月の固定費として支払っているケースが多くなっています。

 

インターネット回線がスマホプランだけの方

自宅に光回線などのWi-Fiが利用出来る別回線が無く、スマホの契約プランだけでインターネットを楽しんでいるなら、動画も自由に楽しめる無制限・大容量プランは利用するメリットがあり、キャリア以外の格安SIMやサブブランドのプランでは無制限利用可能なプランはありません。

 

しかし、通信費の見直しをするなら、自宅にWi-Fiが利用出来る別回線を導入した方が、通信費のトータル費用は下がります。

 

動画利用など大容量データを消費するのは自宅の傾向が強く、自宅でWi-Fiを利用することにより、通信プランのギガは消費しなくなるため、多くのスマホユーザーは月に3GB未満程度の利用で事足りる事が多いです。

 

光回線サービスを提供している企業は数多くあり、それぞれ価格は異なっていますが、概ね3大キャリアの無制限・大容量プランよりも月額料金は安く、この回線は家族で無制限の利用が定額で出来ますから、この費用が加算されても、スマホは小容量プランで運用が可能になるため、通信費のトータル費用は下げることが可能になります。

 

格安SIMで月に3GB程度のプランなら、月額1,000円前後で用意されています。

 

契約者が閲覧出来る、各社のマイページから月に利用するご自身のデータ量を把握して、数GBしか利用していない様なら、利用している通信会社の小容量プランに乗り換えるよりも、格安SIMに乗り換えるだけで、確実に通信費は安くする事が出来ます。

 

自宅にWi-Fi回線がある方

自宅に光回線などのWi-Fiが利用出来る回線を導入しているユーザーは、かなり多くの割合で無駄な支払を毎月している事になっています。

 

先に述べましたように、大量のデータを消費しているのは自宅のことが多く、マイページで確認出来る1ヵ月のデータ消費量は、外出時の利用に限られているので、多くのユーザーは月に数GBしか消費していない事が大半です。

 

実際に利用しているデータ量に見合ったプランに乗り換える事が、通信費を下げる事に繋がり、快適性も全く阻害しません。

ただ、現在契約している通信キャリアの小容量プランに乗り換えるのは、再度申し上げますが非常に割高であり、格安SIMに乗り換える事で大幅な通信費の節約が可能になります。

 

ここで、「毎月多額の割引きが受けられているセット割が無くなるのは、もったいない!」と思う方もいらっしゃるでしょう。

セット割は、光回線等の自宅Wi-Fi回線とスマホを合わせて利用する事で得られる割引き制度です。

しかし、割り引かれるのはあくまでスマホ代だけであり、割引き制度適用後の価格よりも単純比較して、それよりも安ければ確実に通信費は下がります。

 

最も効果的に通信費を下げる手段として、格安SIMにセット割が適用される光回線に乗り換えれば、安価なスマホ代がセット割で更に安く利用する事が出来ます。

月額料金も通信キャリアが行っている光回線と比較して、安価になるケースの方が多くなります。

 

まとめると、

 

・自宅にWi-Fi回線が無ければ導入した方が、通信費のトータル費用は安くなる

・自宅にWi-Fi用の回線が有れば、スマホは格安SIMの小容量プランに乗り換える

・格安SIMにセット割が適用されるWi-Fi用の回線に乗り換えれば更に安く出来る

 

という事になります。

 

従量制小容量プランを契約中の方

自宅にインターネットが利用出来るWi-Fi回線が導入されれば、無制限・大容量プランは不要と判断して、同じ通信キャリアの従量制小容量プランを利用しているのは、賢明な判断です。

 

しかし、ここまで述べてきたように、通信キャリアの月額料金は従量制の小容量プランも含めて高額であり、格安SIMに乗り換える事で、通信費は大幅に安くする事が可能です。

 

光回線も格安SIMのセット割が適用されるものに乗り換えれば、一層のこと通信費の節約が出来ます。

 

使っている電話番号はMNPでそのまま乗り換える

スマホはインターネット利用が多く、電話通話は減少しています。

 

しかし、電話番号で登録しているサービスは意外と多く、スマホプランを乗り換える事で電話番号が変われば、友人知人にも連絡をする必要があるなど、面倒な事になるのは明らかです。

 

格安SIMへ乗り換える前に手続きをする事で、利用している電話番号は乗り換えた先でも同じものが利用出来る制度が、MNP(Mobile Number Portability)と呼ばれている、電話番号ポータビリティです。

 

手順としては、現在契約している通信キャリアで「MNP予約番号」を取得して、新しく契約する格安SIMなどに同番号を伝える事で完結します。

MNP予約番号には期限があり、MNPの手続きには、概ね7日から10日以上の有効期限が必要になるので、余裕を持ったスケジュールで行ってください。

 

通信キャリアごとの、MNP予約番号の収得方法は以下の通りです。

 

ドコモでMNP予約番号収得

 

MNP予約受付窓口受付時間
携帯電話[ドコモの携帯電話から] 151(無料)9:00~20:00
一般電話0120-800-0009:00~20:00
WebMy docomo → 契約内容・手続き → よく利用される項目 → ドコモオンライン手続き9:00~21:30
店頭ドコモショップ店舗によって異る

 

auでMNP予約番号収得

 

MNP予約受付窓口受付時間
携帯電話・一般電話0077-75470(無料)9:00~20:00
Web■携帯電話9:00~20:00
Ezweb TOP → auお客様サポート → 申し込む/変更する → 携帯電話番号ポータビリティ(MNP)
■スマートフォン・パソコン9:00~20:00
My au TOP → スマートフォン・携帯電話 → ご契約内容/手続き → お問い合わせ/お手続き → MNPご予約
店頭auショップ / トヨタ au取扱店(一部除く)店舗によって異る

 

ソフトバンクでMNP予約番号収得

 

MNP予約受付窓口受付時間
携帯電話*55339:00~20:00
一般電話0800-100-55339:00~20:00
Yahoo!ケータイTOP → My Softbank  → 各種変更手続き → MNP予約関連手続き9:00~20:00
WebMy Softbank → モバイル → サポート → 料金・ご契約関連 → ご契約内容の確認・変更9:00~20:00

 

今利用しているスマホが利用出来るサービスに乗り換える

スマートフォンの価格は、半導体不足もあって全体的に高騰気味です。

スマホプランを安価なものに乗り換えるなら、今利用しているスマホを継続利用する事が、支出を抑えます。

 

スマホが使う電波は全て総務省の管轄下にあり、通信キャリアによって割り当てられている周波数帯(電波)が異なっています。

 

安価に利用出来るサブブランドやオンライン専用プランも、同じ企業によって運営されていて、利用する周波数帯(電波)は全く同じです。

格安SIMは自社で電波は運用しておらず、通信キャリアから回線を借り受けて運用されており、利用する電波は同様にそれぞれ異なっています。

 

4Gの認可されている周波数帯

 

バンド周波数帯使用するキャリア
12GHz帯docomo・au・SoftBank
31.7GHz帯docomo・au・SoftBank・楽天モバイル
8900MHz帯SoftBank
111.5GHz帯au・SoftBank
18800MHz帯au
19800MHz帯docomo
211.5GHz帯docomo
26800MHz帯au
28700MHz帯アジア太平洋共通バンド(docomo・au・SoftBank)
412.5GHz帯Wireless City Planning・UQ コミュニケーションズ
423.5GHz帯docomo・au・SoftBank

 

5Gの認可されている周波数帯

 

「sub6」

バンド周波数使用するキャリア
n773.7~3.8GHzau
n773.8~3.9GHz楽天モバイル
n773.9~4.0GHzSoftBank
n774.0~4.1GHzau
n783.3~3.8GHzdocomo(3.6~3.7GHz)・au
n794.5~4.6GHzdocomo

 

「ミリ波」

バンド周波数使用するキャリア
n25727.00GHz~27.40GHz楽天モバイル
n25727.40GHz~27.80GHzdocomo
n25727.80GHz~28.20GHzau
n25729.10GHz~29.50GHzSoftBank

 

スマホごとに利用出来る電波は異なる可能性がある

通信キャリア各社が販売したスマホは、基本的に自社の利用する周波数帯が利用出来れば問題無く、他社で利用する前提で設計されていないものが多く、スマホプランを格安SIMなどに乗り換える事で利用する電波が変われば、正常に利用出来ない場合が発生します。

 

乗り換えた先が同じ周波数帯(たとえば、ドコモからドコモ電波を利用する格安SIM)の場合は、利用する事に支障が起きない可能性が非常に高くなります。

通信キャリア縛りのSIMロックが掛かっている機種でも、同じ電波を利用する変更の多くの場合は、そのままで利用が出来ます。

 

iphoneは例外で、SIMロックと呼ばれる端末の通信キャリア縛りを解除すれば、多くの周波数帯に対応しているため、問題無く乗り換えが可能になっています。

 

以前は当たり前のように掛かっていたSIMロックは、総務省の指導で現在は姿を消しています。

2021年10月以降に販売されたスマートフォンは、どのキャリアで販売されていてもSIMロックが掛かっていない、SIMフリーの機種だと言えます。

 

ご利用になっているスマホが、SIMロックが掛かっている状態かを確認するには、携帯電話ショップに尋ねるか、マイページからも確認する事が可能で手続きも出来ます。

費用面から考えれば、オンラインで手続きをした方がお得です。

 

まとめると、

 

・スマホプランの乗り換え先が、同じ企業が運営する場合・同じ電波を使う格安SIMなら、今のスマホが使える

・SIMロックスマホを利用中で、乗り換え先でSIMロック解除が必要な場合は解除手続きをする

 

になります。

 

ドコモユーザーの通信費見直し手段

ドコモユーザーの通信費見直しは、ドコモ回線を使う格安SIMが多いため、比較的容易に乗り換える事が出来ます。

 

自宅に光回線を導入しているドコモユーザーは、ドコモ光を導入しているケースが多く、光回線サービスで格安SIMのセット割が有る事が、乗り換えの大きな指針になります。

 

事業者変更

 

(出典:NTT東日本公式

 

ドコモ光のユーザーは、同じフレッツ光回線を使う「光コラボ」に、事業者変更という手続きで簡単に乗り換えが可能です。

光コラボは多くの事業者があり、格安SIMのセット割を行っているケースも多くなっています。

 

事業者変更では新たな回線工事が必要無く、今の回線をそのまま利用します。

インターネットが利用出来ない期間も生じません。

 

事業者変更の手順も簡単にご紹介しましょう。

 

  • 事業者変更承諾番号の収得を、契約中の光コラボ事業者へ申し込む
  • 新しい光コラボ事業者に、「事業者変更」として申し込む
  • 事業者変更の手続きが完了(概ね1週間から2週間程度)すれば、利用できる様になります。

 

事業者変更承諾番号は15日間の有効期限があります。

 

ドコモ回線を使用している格安SIMと、そのセット割が適用出来る光コラボで、オススメを具体的にご紹介しましょう。

 

ドコモは大手3社の中で唯一サブブランドを持っていないので、安価な月額料金の選択肢を有していません。

そのためドコモは、格安SIM2社をエコノミーMVNOに指定して、言わばお墨付きを付与しています。

 

ドコモユーザーの通信費見直しの乗り換え先として、エコノミーMVNOは最適で、その内の「LIBMO」が一般的なユーザーには最適であり、光回線でセット割が適用されます。

 

 

「@TCOMヒカリ」+「LIBMO」

 

(出典:@TCOMヒカリ申込サイト)

 

@TCOMヒカリの月額料金は、一戸建てタイプ5,610円・マンションタイプ4,180円です。

 

ドコモにエコノミーMVNOに指定されている格安SIM「LIBMO」は@TCOMヒカリと組みあわせて利用する事により、セット割が適用されます。

 

LIBMOのセット割

 

(出典:LIBMO公式)

 

スマホ1契約ごとに月額220円(最大5契約月額1,100円まで)「セット割」が受けられます。

 

〇納得プラン
データ容量通常料金@T COMヒカリ
月額割引額
実質金額
3GBプラン980円1回線 220円/月割引760円
8GBプラン1,518円1回線 220円/月割引1,298円
20GBプラン1,991円1回線 220円/月割引1,771円
30GBプラン2,728円1回線 220円/月割引2,508円

 

My docomoで確認したら、データ量は殆ど使用しておらず、通話が中心のことを改めて確認出来たユーザーなら、LIBMOには通話かけ放題と月に500MBが利用出来る組みあわせプランが有ります。

 

〇ゴーゴープラン
プラン通常料金@T COMヒカリ
月額割引額
実質金額
500MB

5分かけ放題
1,100円1回線 220円/月割引880円
500MB

10分かけ放題
1,320円1回線 220円/月割引1,100円
500MB

かけ放題
1,980円1回線 220円/月割引1,760円

 

どれだけ通話をしてもかけ放題の環境が、セット割を利用すれば月額1,760円で利用する事が出来ます。

 

キャッシュバックキャンペーン

@TCOMヒカリでは、現在代理店申込みでキャッシュバックキャンペーンを行っています。

キャッシュバック特典の詳細は、以下をご覧下さい。

 

@T COM(アットティーコム)ヒカリ 最短3ヵ月で最大55,000円キャッシュバック
@T COM(アットティーコム)ヒカリの新規加入で最大55,000円を最短3ヵ月で現金キャッシュバック!さらに工事費も最大19,800円が割引で実質無料!おトクに@T COM(アットティーコム)ヒカリを始めるチャンス!

 

 

12ヵ月の間、月額料金が割引

戸建てタイプでは月額440円が割引きされ、マンションタイプでは月額330円が12ヵ月割引きされます。

 

工事費無料

@TCOMヒカリの場合、最大19,800円の工事費が掛かりますが、今なら工事費が無料になるキャンペーンを行っています。

 

@T COM(アットティーコム)ヒカリ 新規工事費無料特典
@T COM(アットティーコム)ヒカリなら2年バリューパック(24ヵ月の自動更新)を新規でお申込みの方は「新規工事費無料特典」の適用で、最大22,000円(税抜20,000円)の新規工事費が月額料金から毎月割引され実質無料!初期費用がお得に。

 

 

auユーザーの通信費見直し手段

auユーザーでauひかりをご利用になっている場合、auひかりはフレッツ光を利用していないため、先述の光コラボの様な事業者変更での乗り換えは出来ません。

 

auひかり+auをご利用中の場合なら、auを同社のサブブランドUQモバイル、またはオンライン専用プランのpovoに乗り換える事で、通信費は下げることが出来ます。

 

auのプランだけで運用している場合では、新たにauひかりの導入と共にUQモバイル・povoにスマホも乗り換える事で、通信費は下がる可能性が高くなります。

 

auひかりが提供されているエリアは限られており、東海地方・関西地方では利用が出来ません。また、マンション集合住宅での光回線利用は、共有スペース内まで引き込み工事が完了している回線に限られますが、auひかりが導入されているケースは極めて少ないと言えます。

 

NTT東西のフレッツ光なら、全国47都道府県全てをカバーしている上に、その中でも提供エリアが広く、多くのマンション集合住宅の共有スペースにも、導入工事が完了しています。

前述のフレッツ光を使う光コラボなら、日本中どこでも多くの場所で利用が可能なだけでなく、UQモバイルにセット割が適用できるものもあります。

 

オススメを具体的にご紹介しましょう。

 

「auひかり」+「UQモバイル」または「povo」

 

(出典:So-net auひかり 公式

 

auひかりの月額料金は、戸建てで5,610円マンション集合住宅ではタイプFで4,290円です。

 

auひかりの利用者なら、スマホをauからUQモバイルに乗り換える事で、au回線の利用とセット割適用を受けながら、通信費のトータル費用が安くなります。

 

UQモバイルのセット割

 

(出典:UQモバイル公式

 

UQモバイルはauのサブブランドで、利用する電波は全く同じであり、乗り換えがスムーズです。

 

auひかりとUQモバイルを組みあわせ手利用する事で、セット割が適用されます。

 

通信容量/コース名月額料金セット割支払料金
3GB/S+5Gプラン1,628円638円990円
15GB/M+5Gプラン2,728円638円2,090円
25GB/L+5Gプラン3,828円858円2,970円

 

家族3人で、UQモバイルの3GBプランに乗り換えた場合を計算します。

 

・戸建ての場合

(auひかり戸建て)5,610円+(UQモバイル くりこしプランS +5G セット割適用)990円×3人分=8,580円

 

・マンション集合住宅の場合

(auひかりマンション タイプF)4,290円+(UQモバイル くりこしプランS +5G セット割適用)990円×3人分=7,260円

 

同様に、家族3人で使い放題MAX 5G/4Gプランのみで運用していた場合も計算します。

 

・使い放題MAX 5G/4Gプランのみ

(使い放題MAX )7,238円×3人-(家族割)1,100円×3人=18,414円

 

快適に利用出来る光回線とスマホはau回線のままで、月額支払い額の固定費は、大幅に安く出来ます。

 

povoは?

オンライン専用プランのpovoは、auひかりと合わせて利用してもセット割の適用はされません。

 

しかし、設定されている金額が元々安価になっているため、セット割が適用後のUQモバイルと同等の価格で利用する事が可能です。

 

povoは通常のスマホプランとは異なり、基本料金の概念が無く、データ通信が必要な時だけトッピングオプションを支払う事で利用します。

毎月手続きなく利用出来る通常のプランに対して、アプリでオプション購入が必要になる不便さは有りますが、データ通信を利用しない月は0円になり、使い方によっては大きなメリットにもなります。

 

有効期限30日間の3GBトッピングは、990円です。

 

「@TCOMヒカリ」+「UQモバイル」

 

(出典:@TCOMヒカリ申込サイト)

 

ドコモの乗り換えにも出てきた、光コラボの@TCOMヒカリは、UQモバイルのセット割にも対応しています。

 

auひかりが利用出来ないエリアや建物でも、フレッツ光を使う光コラボの@TCOMなら、利用出来る可能性が極めて高くなります。

 

@TCOMヒカリの月額料金は、一戸建てタイプ5,610円・マンションタイプ4,180円です。

 

UQモバイルのセット割

 

(出典:UQモバイル公式

 

auひかりで適用されるセット割と、全く同額の割引きが@TCOM+UQモバイルでも適用されます。

 

その他の特典

キャッシュバックキャンペーンなどの特典も、ドコモ乗り換えでご説明したのと同内容が享受出来ます。

 

「ニフティ光」+「UQモバイル」

 

(出典:ニフティ光申込みサイト

 

月額料金は、一戸建てタイプで5,720円・マンションタイプで4,378円です。

新規契約の場合、3年間毎月割引きが受けられます。(戸建て660円・マンション550円)

 

ニフティ光も光コラボで、先の@TCOMと同様にauひかりが利用出来ないエリアや建物でも、利用出来る可能性が極めて高くなります。

 

UQモバイルのセット割

 

(出典:UQモバイル公式

 

auひかりで適用されるセット割と、全く同額の割引きがニフティ光+UQモバイルでも適用されます。

 

キャッシュバックキャンペーン

ニフティ光では、現在代理店申込みでキャッシュバックキャンペーンを行っています。

キャッシュバック特典の詳細は、以下をご覧下さい。

 

@nifty光(ニフティ光) キャッシュバック | 最大33,000円
当サイトより@nifty(ニフティ)光をお申し込みいただくと最短3ヵ月で最大33,000円キャッシュバック!フレッツ光からの乗り換え(転用)や他社光コラボからの乗り換え(事業者変更)でも当サイトならキャッシュバックがもらえるため@nifty光のお申し込みで加入特典をお得に受け取るならぜひ当サイトまで♪

 

 

移転工事費無料キャンペーン

光回線の利用には、導入工事が必要です。

引っ越し時には引っ越し先での回線工事が必要になりますが、移転工事費が無料になるキャンペーンを行っています。

 

@nifty光 移転工事費無料キャンペーン
@nifty(ニフティ)光なら引っ越し先での工事費がお得になる「移転工事費無料キャンペーン」を実施中!3年プランに契約した場合、NTT東/西日本それぞれのエリア内での移転なら何度でも工事費が無料になるため、引っ越しが多い方も安心して始めることができます。

 

ソフトバンクユーザーの通信費見直し手段

ソフトバンクユーザーで、自宅にソフトバンク光を導入している場合は、スマホプランをサブブランドの「ワイモバイル」に乗り換える事で、ソフトバンクの回線がそのまま利用する事が出来ます。

 

ソフトバンクのプランのみでインターネットを利用している場合なら、ソフトバンク光を導入して、同様にサブブランドの「ワイモバイル」か、オンライン専用プランの「LINEMO」にスマホプランを乗り換えれば、ソフトバンク回線のままで通信費は下げることが可能です。

 

「ソフトバンク光」+「ワイモバイル」

 

(出典:ソフトバンク光申込サイト)

 

ソフトバンク光の月額料金は、一戸建てタイプで5,720円・マンションタイプで4,180円です。

 

ワイモバイルのセット割

 

(出典:ワイモバイル公式)

 

ワイモバイルはソフトバンク光と組みあわせて利用する事で、セット割が適用されます。

 

通信容量/コース名月額料金セット割支払料金
3GB/Sプラン2,178円1,188円990円
15GB/Mプラン3,278円1,188円2,090円
25GB/Lプラン4,158円1,188円2,970円

 

家族3人で、ソフトバンク光+ワイモバイルでセット割を適用させた時の費用をシミュレーションします。

 

・戸建ての場合

(ソフトバンク光 戸建て)5,720円+(ワイモバイル シンプルS 3人分)990円×3=8,690円

 

・マンション集合住宅の場合

(ソフトバンク光 マンション)4,180円+(ワイモバイル シンプルS 3人分)990円×3=7,150円

 

・メリハリ無制限プランだけで運用の場合

(メリハリ無制限プラン)7,238円×3人分-(家族割)1,210円×3人分=18,084円

 

快適に利用出来る光回線とスマホはソフトバンク回線のままで、月額支払い額の固定費は、大幅に安く出来ます。

 

キャッシュバックキャンペーン

オンライン専門代理店でソフトバンク光を新規契約すると、高額のキャッシュバックが手に入ります。

 

 

ソフトバンク光 キャッシュバック条件 | 高額現金還元
SoftBank 光(ソフトバンク光)のお申し込みでキャッシュバックをお得に受け取るならぜひ当サイトまで!当サイトならオプションの加入なしでも25,000円キャッシュバック♪電話サービスなどお得なオプションに加入する場合なら最大28,000円のキャッシュバック!

 

光回線が利用出来ない場合は「ソフトバンクエアー」+「ワイモバイル」

 

(出典:ソフトバンクエアー申込サイト

 

引っ越しの都合や建物の構造など、様々な理由で光回線が導入出来ない場合に、ソフトバンクユーザーならソフトバンクエアーという、ホームルーターを導入する手段があります。

 

回線導入工事が不要で、コンセントを挿すだけで利用が出来て、自宅にWi-Fi環境が構築出来ます。

 

ソフトバンクエアーの月額料金は、公式キャンペーンで1年目が3,080円で利用が出来、2年目以降は5,868円になります。

 

ワイモバイルのセット割

 

(出典:ワイモバイル公式)

 

ソフトバンク光と同様に、ワイモバイルにセット割が適用され、格安SIM並の料金で利用する事が出来ます。

 

キャッシュバックキャンペーン

オンライン専門代理店でソフトバンクエアーを新規契約すると、高額のキャッシュバックが手に入ります。

 

ソフトバンクエアー お申し込みサイト | BBN
コンセントにさすだけ!工事不要ですぐに使える無制限の自宅Wi-Fi『SoftBank Air(ソフトバンクエアー)』のお申し込みサイト。当サイトならキャッシュバックまたはパソコン・タブレット・最新ゲーム機などの豪華特典と選べるキャンペーン実施中♪工事をせずに自宅にWi-Fi環境を導入するなら!